Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software アドミニストレータ ガイド Release 5.2.1
Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 の インストール
Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 459KB) | フィードバック

目次

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストールまたはアップグレードに必要な前提条件の確認方法

Cisco CallManager を Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 とともに使用するための設定方法

Cisco CallManager コンフギュレーション データベースへのCisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 サーバの追加

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Release 5.2.1 サーバをポイントする Cisco CallManager のルート パターンの割り当て

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール方法またはアップグレード方法

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール

Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 5.

Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 4.

Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定

Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定の変更

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のアンインストール

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストールまたはアップグレードに必要な前提条件の確認方法

Release Notes for Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 』に記載されている前提条件をシステムが満たしていることを確認します。

「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール ワークシート」「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のダイヤル プラン ワークシート」に必要事項を記入します。

これらのワークシートには、Release 5.2.1 をインストールし、VoIP デバイスと連動するように設定するために必要な情報が指定されています。

「Cisco CallManager を Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 とともに使用するための設定方法」の手順に従って、ネットワークに Cisco CallManager を設定します。

Cisco MeetingPlace Audio Server システムと IP ゲートウェイ サーバとの間にファイアウォールが設置されている場合は、ポート 5003 を開きます。


ヒント Cisco MeetingPlace GWSIM は、ポート 5003 を使用して Cisco MeetingPlace Audio Server システムと通信します。このポートは、双方向にも単方向にもでき、企業のセキュリティのニーズに応じて、Cisco MeetingPlace Audio Server システムまたは IP ゲートウェイ サーバのどちらかで開くことができます。


以前にインストールされたすべての Cisco MeetingPlace システム サービスを停止します。

Cisco CallManager を Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 とともに使用するための設定方法

発信者が IP 電話機から番号をダイヤルすると、コールはまず Cisco CallManager に誘導されます。その後、Cisco CallManager は、ダイヤルされた番号を、適切な IP ゲートウェイ サーバをポイントするルート パターンに関連付けます。


) IP ゲートウェイ サーバはポート 1024 ~ 65535 を使用してダイナミック TCP と UDP トラフィックを Cisco CallManager に送信するので、トラフィックがそれらのポートを通過できるようにする必要があります。


Release 5.2.1 をインストールおよび設定する前に、Cisco CallManager が目的の IP ゲートウェイ サーバをポイントすように設定する必要があります。 Cisco CallManager を設定するには、最初にゲートウェイを追加し、次にゲートウェイをルート パターンに割り当てる必要があります。

Cisco CallManager を Release 5.2.1 とともに使用するように設定するには、次の手順をこの順番で実行します。

「Cisco CallManager コンフギュレーション データベースへのCisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 サーバの追加」

「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Release 5.2.1 サーバをポイントする Cisco CallManager のルート パターンの割り当て」

Cisco CallManager コンフギュレーション データベースへのCisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 サーバの追加

Cisco CallManager がネットワークの IP ゲートウェイ サーバにコールをルーティングできるようにするには、最初に各 IP ゲートウェイ サーバを Cisco CallManager コンフギュレーション データベースに追加する必要があります。


ステップ 1 Cisco CallManager サーバで、 Start > Programs > Cisco CallManage r > CallManager Administration を選択します。

ステップ 2 ユーザ名とパスワードを対応するフィールドに入力し、 OK をクリックします。

ステップ 3 Cisco CallManager Administration ページで、 System > CallManager を選択します。

ステップ 4 Find/List Gateways ウィンドウを表示するために、 Device > Gateway を選択します。

ステップ 5 Add a New Gateway リンクをクリックします。

Add a New Gateway ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 Gateway ドロップダウン メニューで、 H.323 Gateway を選択します。

Device Protocol ドロップダウン メニューに H.225 デバイス プロトコルが表示されます。

ステップ 7 Next をクリックします。

Gateway Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 8 表2-1 に示すように、Gateway Configuration ウィンドウの各フィールドに情報を入力します。


) 他のすべてのパラメータについては、デフォルトの設定を維持してください。


.

表2-1 Gateway Configuration ウィンドウのフィールド

フィールド
説明
作業

Device Name

Cisco CallManager デバイスを指定します。

IP ゲートウェイ サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。

Device Pool

Cisco CallManager Group、Date/Time Group、Region、Calling Search Space など、このデバイスの自動登録に関する一連のプロパティを指定します。

Default を選択します。

Locations

このロケーションとの間で送受信されるコールに使用できる合計帯域幅を指定します。 ロケーションの設定が None の場合は、このデバイスで消費される帯域幅がロケーションの機能で記録されないことを意味します。

ネットワーク上の IP ゲートウェイ サーバのロケーションを選択します(該当する場合)。

Calling Party Selection

発信コール用の電話番号情報を送信します。 このフィールドの情報により、送信される電話番号が決定されます。 送信される電話番号を指定するオプションは、次のとおりです。

Originator:発信元デバイスの電話番号が送信されます。

First Redirect Number:リダイレクトを行うデバイスの電話番号が送信されます。

Last Redirect Number:最後にコールをリダイレクトするデバイスの電話番号が送信されます。

Originator を選択します。

Presentation Bit

セントラル オフィスで発信者 ID を送信するかブロックするかを決定します。

None を選択します。

Gatekeeper Registration

端末やゲートウェイなどの H.323 準拠デバイス間の接続用に、アドレス変換と LAN へのアクセス制御を可能にします。

None を選択します。

Media Termination Point (MTP) Required

H.323 が MTP 経由でサポートしない機能(保留、転送など)を実装します。 このチェックボックスは、H.245 Empty Capabilities Set メッセージをサポートしない H.323 クライアントと H.323 デバイスだけで使用されます。

このオプションを選択解除します。

ステップ 9 Insert をクリックします。


 

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Release 5.2.1 サーバをポイントする Cisco CallManager のルート パターンの割り当て

Cisco CallManager コンフギュレーション データベースに IP ゲートウェイ サーバを追加した後は、ルート パターンを割り当てる必要があります。ルート パターンは、数字列(アドレス)および関連付けられた番号操作のセットで構成され、IP ゲートウェイ サーバに割り当てることができます。 番号パターンはルート フィルタやルート リストと連動して、IP ゲートウェイ サーバへのコールの誘導、および特定の番号パターンの包含、除外、または変更を行います。


ヒント ゲートウェイに 8XXX を割り当てると、8000 ~ 8999 のすべての電話番号がゲートウェイからルーティングされます。 同様に、82XX の場合は、8200 ~ 8299 の電話番号がルーティングされます。



ステップ 1 Cisco CallManager で次の項目を設定していることを確認します(該当する場合)。

ゲートウェイ

ルート リスト

パーティション

ルート フィルタ

ステップ 2 Cisco CallManager Administration ページで、 Route Plan > Route Pattern を選択します。

ステップ 3 Add a New Route Pattern をクリックします。

ステップ 4 表2-2 の情報を Route Pattern Configuration ウィンドウの対応するフィールドに入力します。

 

表2-2 Route Pattern Configuration ウィンドウのフィールド

フィールド
説明

Route Pattern

「Cisco CallManager コンフギュレーション データベースへのCisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 サーバの追加」で設定した IP ゲートウェイの番号を入力します。 これは、発信者が Cisco MeetingPlace Audio Server システムへの接続に使用する番号です。

Numbering Plan

適切な番号計画オプションを選択します(該当する場合)。

Gateway/Route List

IP ゲートウェイ サーバのホスト名または IP アドレスを選択します。

Route Option

Route this pattern を選択し、 Provide Outside Dial Tone ボックスをオフにします。

 

ステップ 5 設定を保存するには、 Insert をクリックします。


) Insert をクリックしてウィンドウがリフレッシュされると、ウィンドウの Gateway/Route List フィールドの横に (Edit) リンクが表示されます。 このリンクからは、参照用の Gateway Configuration ウィンドウまたは Route List Configuration ウィンドウに移動できます。移動先は、Gateway/Route List フィールドにゲートウェイとルート リストのどちらが入っているかによって異なります。 ルート グループが指定されている場合は、そのルート リストに含まれるルート グループを参照できます。 ルート グループが指定されていない場合は、デバイスが表示されます。



 

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール方法またはアップグレード方法


) Release 5.2.1 をインストールする前に、Cisco CallManager を設定する必要があります。


この項では、次の手順について説明します。

「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール」

「Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 5.x から Cisco MeetingPlace H.323/SIP IPGW Software Release 5.2.1 へのアップグレード」

「Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 4.x から Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 へのアップグレード」

「Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定」

(オプション)「Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定の変更」

(オプション)「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のアンインストール」

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール


ステップ 1 「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストールまたはアップグレードに必要な前提条件の確認方法」の作業を完了します。

ステップ 2 setup.exe ファイルを実行してソフトウェアをインストールするには、IP ゲートウェイ サーバの CD-ROM ドライブに Release 5.2.1 CD-ROM を挿入します。

ステップ 3 Welcome ウィンドウが表示されたら、 Next をクリックします。

Installer ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 (オプション)インストール ユーティリティが起動しない場合は、次の手順を実行します。


注意 ISScript8.Msi ファイルを手動で実行しないでください。

a. Start > Run を選択します。

b. X :\SETUP と入力します。 X は対応する CD-ROM ドライブです。

c. OK をクリックします。

ステップ 5 セットアップ タイプに Complete を選択し、 Next をクリックします。

ステップ 6 Install をクリックします。

インストールが開始されます。

ステップ 7 Cisco MeetingPlace Gateway SIM の InstallShield Wizard が開始された場合は、「Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定」の手順を実行して Cisco MeetingPlace GWSIM をインストールおよび設定します。

ステップ 8 インストールを完了するには、 Finish をクリックします。

ステップ 9 プロンプトで指示された場合は、IP ゲートウェイ サーバをリブートします。

ステップ 10 Release 5.2.1 IP ゲートウェイ サーバに Cisco MeetingPlace システム統合アプリケーションをインストールする予定がある場合は、この時点でそれらのアプリケーションをインストールします。


) IP ゲートウェイ サーバに複数の Cisco MeetingPlace システム統合アプリケーションをインストールする前に、システムが統合の要件を満たしていることを確認してください。 詳細については、『Important Information About Cisco MeetingPlace Products and Cisco Media Convergence Servers』(http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/conf/mtgplace/mpmcs.htm)を参照してください。



 

Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 5. x から Cisco MeetingPlace H.323/SIP IPGW Software Release 5.2.1 へのアップグレード


ステップ 1 「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストールまたはアップグレードに必要な前提条件の確認方法」の作業が完了していることを確認します。また、現在インストールされている Cisco MeetingPlace IP Gateway リリースの設定情報が収集されていることも確認します。

ステップ 2 「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール方法またはアップグレード方法」の手順に従って、Release 5.2.1 をインストールします。

設定内容はインストール時にインポートされます。


 

Cisco MeetingPlace IP Gateway Release 4. x から Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 へのアップグレード


ステップ 1 「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストールまたはアップグレードに必要な前提条件の確認方法」の作業が完了していることを確認します。また、現在インストールされている Cisco MeetingPlace IP Gateway リリースの設定情報が収集されていることも確認します。

ステップ 2 Cisco MeetingPlace IP Gateway 4. x をアンインストールするには、 Start > Settings > Control Panel > Add/Remove Programs を選択します。

ステップ 3 MeetingPlace IP Gateway を選択し、 Remove をクリックします。


) Cisco MeetingPlace IP Gateway 4.x をアンインストールすると、以前の Cisco MeetingPlace GWSIM のリリースもアンインストールされる場合があります。


ステップ 4 「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール方法またはアップグレード方法」の手順に従って、Release 5.2.1 をインストールします。


 

Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定

Cisco MeetingPlace GWSIM を使用すると、Release 5.2.1 などの Cisco MeetingPlace 統合アプリケーションと Cisco MeetingPlace Audio Server システムとの通信が可能になります。 Release 5.2.1 では、Cisco MeetingPlace GWSIM は自動的にインストールまたはアップグレードされます。設定を行うには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Welcome ウィンドウが表示されたら、 Next をクリックします。

ステップ 2 Choose Destination Location ダイアログボックスで、 Next をクリックしてインストールを開始します。

ステップ 3 インストールを完了するには、 Finish をクリックします。

Cisco MeetingPlace Server Entry ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 Cisco MeetingPlace Audio Server システムの名前を入力し、 Next をクリックします。

Installation Key Entry ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 Cisco MeetingPlace Audio Server システムで、以前に該当のゲートウェイに Cisco MeetingPlace GWSIM が設定されていた場合は、設定されていたイーサネット アドレスを入力します。

または

以前に該当のゲートウェイに Cisco MeetingPlace GWSIM が設定されていない場合は、このフィールドを空白のままにします。

ステップ 6 Next をクリックします。

ステップ 7 Cisco MeetingPlace Client IP Address ダイアログボックスで、現在 Cisco MeetingPlace GWSIM をインストールしている IP ゲートウェイ サーバの IP アドレスを入力し、 Next をクリックします。

ステップ 8 Finish をクリックします。

ステップ 9 Release 5.2.1 のインストールを完了するには、「Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のインストール」に進みます。


 

Cisco MeetingPlace Gateway SIM の設定の変更

Cisco MeetingPlace GWSIM の設定を直接変更することはできません。設定を変更するには、次の作業が必要になります。

Cisco MeetingPlace GWSIM の現在の設定を削除する。

Cisco MeetingPlace GWSIM の新規の設定を追加する。


ステップ 1 Cisco MeetingPlace システムのすべてのサービスを停止するには、 Start > Programs > Administrative Tools > Services を選択します。

ステップ 2 Cisco MeetingPlace システムの各サービスを右クリックし、 Stop を選択します。

ステップ 3 Start > Programs > MeetingPlace Applications > MeetingPlace Gateway Configuration を選択します。

Cisco MeetingPlace Gateway Configurations ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 左側にあるリストから Cisco MeetingPlace Audio Server システムの名前を選択します。

ステップ 5 Delete をクリックします。

ステップ 6 Add をクリックします。

Cisco MeetingPlace Server Entry ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 表2-3 の設定情報を対応するフィールドに入力します。

 

表2-3 MeetingPlace Server Entry ダイアログボックス

フィールド
説明

Server Name

Cisco MeetingPlace Audio Server システムのホスト名を入力します。

Shadow Server

このフィールドは空白のままにします。Release 5.2.1 では使用されませんが、他のゲートウェイで使用されることがあります。

Client IP Address

Cisco MeetingPlace GWSIM がインストールされているコンピュータの IP アドレスを入力します。

Transfer Destination

このフィールドは空白のままにします。Release 5.2.1 では使用されませんが、他のゲートウェイで使用されることがあります。

Link Encryption Disabled


) Link Encryption Disabled は推奨しません。


Cisco MeetingPlace GWSIM と Cisco MeetingPlace Audio Server システムとの間の通信を暗号化する場合は、このオプションを選択しないでください。 暗号化では、秘密鍵による 56 ビット Data Encryption Standard(DES)アルゴリズムが使用されます。

通信をクリア テキストで送信する場合は、このオプションをクリックします。

ステップ 8 OK をクリックします。

ステップ 9 設定内容を適用するには、もう一度 OK をクリックします。

ステップ 10 Cisco MeetingPlace GWSIM を再起動するには、 Start > Programs > Administrative Tools > Services を選択します。

ステップ 11 MeetingPlace GWSIM を右クリックし、 Start を選択します。


 

Cisco MeetingPlace H.323/SIP IP Gateway Software Release 5.2.1 のアンインストール


注意 Release 5.2.1 をアンインストールする前に、別の IP ゲートウェイにコールをルーティングするように Cisco CallManager を設定したことを確認してください。


ステップ 1 Cisco MeetingPlace のすべてのサービスを停止するには、 Start > Programs > Administrative Tools > Services を選択します。

ステップ 2 Cisco MeetingPlace の各サービスを右クリックし、 Stop を選択します。

ステップ 3 Start > Settings > Control Panel > Add/Remove Programs を選択します。

ステップ 4 MeetingPlace IP Gateway を選択し、 Remove をクリックします。

ステップ 5 IP ゲートウェイ サーバを再起動します。

ステップ 6 Release 5.2.1 が正常にアンインストールされたことを確認するには、Add/Remove Programs でプログラムのリストを確認します。