Cisco Unified MeetingPlace for Microsoft Outlook アドミニストレーション ガイド Release 6.x
通知項目
通知項目
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 581KB) | フィードバック

目次

通知項目

通知項目

表A-1 に、会議通知に追加できるタグをリストします。これらのタグの使用方法については、「テキストベースの会議通知のカスタマイズ」を参照してください。

Outlook でスケジュールされた会議に関する通知のタグは、Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing または MeetingTime でスケジュールされた会議に関する通知で同じ機能を実行するタグと似ていますが、同一ではありません。これらのタグには互換性がないため、.rtf テンプレートから .tpl テンプレートにタグをコピーして貼り付けることはできません。


) 5.4 以前のリリースで使用されている構文 <!--#LATD は、.tpl テンプレートのタグに下位互換性があるため、<!--#Cisco の代わりに使用できます。


特に指定がない限り、これらのタグは、会議のスケジュール担当者が会議のスケジューリングで追加した情報から値を取得するか、または会議がスケジュールされたときに自動的に生成されます。

指定がある場合、タグは MeetingTime に入力された値から情報を取得します。これらのタグのいずれかを使用する場合は、MeetingTime に有効な値を入力していることを確認してください。MeetingTime およびその値の詳細については、Cisco Unified MeetingPlace Audio Server のマニュアルを参照してください。

テンプレートにタグを追加する前に、そのタグの説明で示されている要件がすべて満たされていることを確認してください。

 

表A-1 通知項目

名前
Cisco Unified MeetingPlace for Outlook でスケジュールされた会議に関する通知のタグ(.rtf ファイル)
Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing または MeetingTime でスケジュールされた会議に関する通知のタグ(.tpl ファイル)
説明

このタグには、ラベルは設定されません。

--

<!--#Cisco AttendMeetingHint -->

[How to Attend Meeting] に MeetingTime で入力したテキストを挿入します。

Scheduler

<!--#Cisco FirstName -->
<!--#Cisco LastName -->

<!--#Cisco SchedulerFirstName -->
<!--#Cisco SchedulerLastName -->

MeetingTime のスケジュール担当者のプロファイルから、スケジュール担当者の氏名を挿入します。

Scheduler Phone

<!--#Cisco OutdialPhone -->

<!--#Cisco SchedulerTelephoneNum -->

MeetingTime のスケジュール担当者のプロファイルから、スケジュール担当者の電話番号を挿入します。

Scheduler Fax

<!--#Cisco FaxNum -->

<!--#Cisco SchedulerFaxNum -->

MeetingTime のスケジュール担当者のプロファイルから、スケジュール担当者のファックス番号を挿入します。

Scheduler E-Mail

<!--#Cisco C_SchedEmailAdd -->

<!--#Cisco SchedulerEmail -->

MeetingTime のスケジュール担当者のプロファイルから、スケジュール担当者の電子メール アドレスを挿入します。

このタグには、ラベルは設定されません。

--

<!--#Cisco MultiServerHelpText

This meeting will be held on the following Cisco Unified MeetingPlace systems:

Dial the phone number of the system closest to your location. -->

[MultiServerHelpText]
MeetingTime で入力したテキストを挿入します。このタグに推奨されるテキストをイタリック体で示しています。

このタグは、マルチサーバ会議の通知だけに表示されます。このタグは 「<!--#Cisco ListMultiServers -->」 タグと併用してください。

このタグには、ラベルは設定されません。

--

<!--#Cisco ListMultiServers -->

マルチサーバ会議に関連する他の Cisco Unified MeetingPlace Audio Server の名前および電話番号を挿入します。このタグは、「<!--#Cisco MultiServerHelpText」 タグの後ろに続ける必要があります。

Number of ports

<!--#Cisco nLoc -->

<!--#Cisco nLoc -->

会議のオーディオ ポートの数を挿入します。

Cisco Unified MeetingPlace Phone Number

<!--#Cisco Mtg_TelephoneNum -->

<!--#Cisco Mtg_TelephoneNum -->

[Main phone number] で MeetingTime に入力した会議アクセスのメイン電話番号を挿入します。

このタグには、ラベルは設定されません。

<!--#Cisco C_AltPhoneNumName1 -->
<!--#Cisco C_AlternatePhoneNum1 -->

<!--#Cisco AltPhoneLabel_1-->
<!--#Cisco AltPhone_1-->

最初の [Label for
Notifications]
に MeetingTime で入力したテキストを挿入し、 [1st Alternate Ph Number] に任意の電話番号を挿入します。

ラベルが電話番号を示します(「Toll-free phone number」または「Internal callers dial」など)。

使用可能な電話番号が実際にシステムに割り当てられている場合に限り、これらのタグを使用します。

このタグには、ラベルは設定されません。

<!--#Cisco C_AltPhoneNumName2 -->
<!--#Cisco C_AlternatePhoneNum2 -->

<!--#Cisco AltPhoneLabel_2-->
<!--#Cisco AltPhone_2-->

最初の [Label for Notifications] に MeetingTime で入力したテキストを挿入し、 [2nd Alternate Ph Number] に任意の電話番号を挿入します。

ラベルが電話番号を示します(「Toll-free phone number」または「Internal callers dial」など)。

使用可能な電話番号が実際にシステムに割り当てられている場合に限り、これらのタグを使用します。

このタグには、ラベルは設定されません。

<!--#Cisco C_AltPhoneNumName3 -->
<!--#Cisco C_AlternatePhoneNum3 -->

<!--#Cisco AltPhoneLabel_3-->
<!--#Cisco AltPhone_3-->

最初の [Label for Notifications] に MeetingTime で入力したテキストを挿入し、 [3rd Alternate Ph Number] に任意の電話番号を挿入します。

ラベルが電話番号を示します(「Toll-free phone number」または「Internal callers dial」など)。

使用可能な電話番号が実際にシステムに割り当てられている場合に限り、これらのタグを使用します。

Meeting ID

<!--#Cisco MTGID -->

<!--#Cisco MTGID -->

会議 ID を挿入します。

Meeting Date 1

<!--#Cisco Month -->
<!--#Cisco Day -->,
<!--#Cisco Year -->

<!--#Cisco Month -->
<!--#Cisco Day -->,
<!--#Cisco Year -->

会議の日付を挿入します。

Start Time (hh:mm) 1

<!--#Cisco Hour -->:
<!--#Cisco Min -->
<!--#Cisco AMPM -->
<!--#Cisco TimeZone -->

<!--#Cisco Hour -->:
<!--#Cisco Min -->
<!--#Cisco AMPM -->
<!--#Cisco TimeZone -->

会議の開始時刻を挿入します。

Frequency

--

<!--#Cisco ReOccuringConference -->

会議の頻度(毎週、毎月など)および開催数を挿入します。

Recurrence Pattern

<!--#Cisco ReOccuringConference -->

--

頻度(毎週、毎月など)を挿入します。

Occurrences

<!--#Cisco MaxDaysReOccuring -->

--

会議の開催数を挿入します。

Meeting Name

<!--#Cisco TextName -->

<!--#Cisco TextName -->

会議名を挿入します。

Meeting Length (min)

<!--#Cisco Len -->

<!--#Cisco Len -->

会議の所要時間を挿入します。

このタグには、ラベルは設定されません。 2

[Internal CTA]

<!--#Cisco AttendConference -->

参加(Click-to-Attend)リンク(会議の参加者がクリックして会議に参加できる URL)を挿入します。

これらのタグは、Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing を必要とします。

これらのタグは、ConfigClient ユーティリティの [Notification Options] タブにある [Web Host Name] フィールドと [External Web Host Name] フィールドから情報を取得します。

Meeting Password

<!--#Cisco C_Password -->

<!--#Cisco C_Password -->

会議パスワードを挿入します(割り当てられている場合)。

Allow Internet Access

<!--#Cisco C_fAllowInternetAccess-->

<!--#Cisco C_fAllowInternetAccess-->

会議のスケジュール担当者が、ファイアウォールの外側のユーザに対して会議への参加を許可したかどうかを示す情報を挿入します。

Meeting Description

<!--#Cisco AttList_MeetingDesc -->

<!--#Cisco AttList_MeetingDesc -->

会議のスケジュール担当者が[Meeting Description]ボックスに入力したテキストをすべて挿入します。

Meeting Participants

--

<!--#Cisco ListInvitees -->

会議に招待されている参加者のリストを挿入します。

Who can attend meeting

<!--#Cisco EntryRestriction -->

<!--#Cisco EntryRestriction -->

会議に参加できるユーザ(全員、Cisco Unified MeetingPlace ユーザ、または招待ユーザ)を挿入します。

Screened Introduction

<!--#Cisco fScreenedIntroduction -->

<!--#Cisco fScreenedIntroduction -->

会議に参加しようとしているユーザの入席が、すでに会議に参加しているユーザによって選別されるかどうかを示す情報を挿入します。

Default Ability

<!--#Cisco DefaultAbility -->

<!--#Cisco DefaultAbility -->

ディスカッション形式の会議か講義形式の会議かを示す情報を挿入します。

MeetingNotes

--

<!--#Cisco MeetingNotesHint -->

MeetingTime の [How to Access MeetingNotes] パラメータのすべてのテキストを挿入します。

Record Conference

<!--#Cisco fRecordConference -->

<!--#Cisco fRecordConference -->

会議が記録されるようにスケジュールされているかどうかを示す情報を挿入します。

Who can access the recording

<!--#Cisco WhoCanListen -->

<!--#Cisco WhoCanListen -->

会議の記録にアクセスできるユーザ(なし、全員、Cisco Unified MeetingPlace ユーザ、または招待ユーザ)を挿入します。

このタグには、ラベルは設定されません。

--

<!--#Cisco ReschedReason -->

新しい日付、時刻、または添付など、事前にスケジュールされた会議に関する変更内容を説明するテキストを挿入します。

Previous meeting month 2

--

<!--#Cisco MonthPrev -->

前回の会議の月を挿入します。

Previous meeting day 2

--

<!--#Cisco DayPrev -->

前回の会議の日を挿入します。

Previous meeting year 2

--

<!--#Cisco YearPrev -->

前回の会議の年を挿入します。

Previous meeting hour 2

--

<!--#Cisco HourPrev -->

前回の会議の時刻(時間)を挿入します。

Previous meeting minute 2

--

<!--#Cisco MinPrev -->

前回の会議の時刻(分)を挿入します。

Previous meeting time of day 2

--

<!--#Cisco AMPMPrev -->

前回の会議の時刻(午前/午後)を挿入します。

Recurring meeting change 2

--

<!--#Cisco AllOrOne -->

一連の定例会議の 1 つまたはすべての機能が変更またはキャンセルされたかどうかを示す情報を挿入します。

Video conferencing phone number for callers dialing in using IP -based video endpoints

<!--#Cisco VideoServiceCode--><!--#Cisco MTGID -->

<!--#Cisco MCUServiceCode--><!--#Cisco MTGID -->

会議 ID に加えて、 [Video Service Code] で MeetingTime に入力した番号を挿入します。

表示される両方のタグは、指定した順序になっている必要があります。

これは、ビデオ会議に参加する際に IP ベースのビデオ エンドポイントへの入力が必要な番号です。

これらのタグは、システムに Cisco Unified MeetingPlace Video Integration がある場合に限り使用できます。

この番号の説明およびビデオ会議への参加方法に関するテキストで、これらのタグを優先する必要があります。

Video conferencing phone number for callers dialing in using ISDN-based video endpoints

<!--#Cisco VideoTelephoneNum --> + <!--#Cisco VideoServiceCode--><!--#Cisco MTGID -->

<!--#Cisco VideoPhoneMain --> + <!--#Cisco MCUServiceCode--><!--#Cisco MTGID -->

[Video Service Code] およびスケジュールされた会議の 会議 ID に加えて、 [Main video ph number] で MeetingTime に入力した電話番号を挿入します。

表示されるタグはすべて、指定した順序になっている必要があります。

これは、ダイヤルインしてビデオ会議に参加する際にビデオ エンドポイントへの入力が必要な番号です。

Cisco Unified MeetingPlace システムにビデオ会議があり、システムがビデオ会議への参加に ISDN ビデオ エンドポイントを許可するよう設定されている場合に限り、このタグを使用します。

この番号の説明およびビデオ会議への参加方法に関するテキストで、これらのタグを優先する必要があります。

Invited terminals

--

<!--#Cisco ListTerminals -->

会議に招待されているビデオ端末のリストを挿入します。

Video management

<!--#Cisco RadInSessionCtrlUrl -->

<!--#Cisco RadInSessionCtrlUrl -->

会議中にセッション中のビデオ コントロール機能を追加するために使用できる Cisco Unified MeetingPlace Video Administration のハイパーリンクを挿入します。

Meeting category

<!--#Cisco MeetingCategory -->

<!--#Cisco MeetingCategory -->

会議のカテゴリを挿入します(スケジュール担当者は Cisco Unified MeetingPlace Web Conferencing または MeetingTime でスケジュールされた会議のカテゴリを選択できます)。

1.このタグは、mpMsgRsvl.rtf テンプレート ファイルに追加しないでください。

2.このタグは、MPmessage.rtf テンプレート ファイルに追加しないでください。