Cisco Unified Application Environment アドミニストレーション ガイド Release 2.5
使用する前に
使用する前に
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 974KB) | フィードバック

目次

使用する前に

開始する前に

ログイン

Cisco Unified Application Environment Administration の概要

Cisco Unified Application Environment の設定

使用する前に

この章では、Cisco Unified Application Environment の設定およびアプリケーションのインストールに必要となる作業について説明します。

この章では、次のトピックを扱います。

「開始する前に」

「ログイン」

「Cisco Unified Application Environment Administration の概要」

「Cisco Unified Application Environment の設定」

開始する前に

Cisco Unified Application Environment を設定する前に、必ず次の作業を行ってください。

1. Cisco MCS サーバをインストールします。「関連資料」に記載されている『 Cisco Unified Application Environment Hardware Compatibility Matrix, Release 2.5 』を参照してください。

2. サーバに付属している DVD を使用して、オペレーティング システムと Cisco Unified Application Environment をインストールします。「関連資料」に記載されている『 Installation Guide for the Cisco Unified Application Environment, Release 2.5 』を参照してください。

3. サポートされている次のいずれかのブラウザを使用して、Cisco Unified Application Environment Administration にアクセスします。

Microsoft Internet Explorer(IE)6.0 または 7.0

Mozilla Firefox

「関連資料」に記載されている『 Installation Guide for the Cisco Unified Application Environment, Release 2.5 』を参照してください。

4. サーバに付属している Claim Certificate 内の Product Authorization Key(PAK)を使用して、必要なライセンス ファイルをすべて取得します。

Cisco Unified Application Environment を注文すると、シスコから Product Authorization Key(PAK)が記載された Claim Certificate が送付されます。Claim Certificate には、PAK を登録してライセンスを取得するための手順が記載されています。次の手順に従う必要があります。

a. 次の URL の Cisco.com に用意されている License Registration Web ツールを使用して、受け取った PAK を登録します。https://tools.cisco.com/SWIFT/Licensing/PrivateRegistrationServlet

b. 要求するライセンスの対象となるサーバの MAC アドレスと、有効な電子メール アドレスを入力します。

購入したライセンス設定ごとにライセンス ファイルが生成され、入力した電子メール アドレスを使用してライセンス ファイルが送信されます。

ログイン

Cisco Unified Application Environment Administration にログインするには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 ログインしていない状態で、Web ブラウザのアドレス バーに http:// < serverIPaddress > /mceadmin という URL を入力します。

ステップ 2 ログイン ページで、ユーザ名 administrator とパスワードを入力します。このパスワードは、インストールの完了後、コンソールに最初にアクセスしたときに設定したものです。

ステップ 3 Log In をクリックします。


 

Cisco Unified Application Environment Administration の概要

Cisco Unified Application Environment Administration には、 表2-1 で説明するメニュー オプションが用意されています。

 

表2-1 Cisco Unified Application Environment Administration のメニュー オプション

メニュー オプション
サブメニュー オプション
参照先

System

Global Parameters

License Management

Redundancy

「システム設定の管理」

Users

List Users

Add User

「ユーザの管理」

Applications

List Applications

List Triggers

「アプリケーションの管理」

Plugins

List Plugins

「プラグインの管理」

Connections

List Connections

Add Connection

Groups

「接続の管理」

Serviceability

Server Logs

Services

Trace Configuration

Usage Statistics

Diagnostics

Alarms

「Serviceability」

Cisco Unified Application Environment の設定

表2-2 に示す作業が完了すると、Cisco Unified Application Environment を使用して、音声およびデータ統合型アプリケーションを展開および実行できるようになります。

 

表2-2 Cisco Unified Application Environment の設定

作業
目的
関連項目

1.

ライセンス ファイルをアップロードします。

「ライセンスのアップロード」を参照してください。

2.

(オプション)Cisco Unified Media Engine を設定します。メディア機能を使用するアプリケーションがある場合は、メディア ソフトウェアのアクティブ化とライセンス付与が完了しているサーバを指定する必要があります。

「接続の管理」を参照してください。

「Cisco Unified Media Engine のパラメータの設定」を参照してください。

3.

(オプション)テレフォニー サーバを設定します。

すべての IP テレフォニー システムは、テレフォニー サーバを 1 つ以上含む必要があります。テレフォニー操作を実行するアプリケーションがある場合は、Cisco Unified Application Server に対するコールの発信および受信を行うためのエンドポイントとして機能する接続を 1 つ以上設定する必要があります。

「接続の管理」を参照してください。

4.

アプリケーションをインストールします。

「アプリケーションのインストール」を参照してください。