Visual Voicemail インストレーション コンフィギュ レーション ガイド リリース 8.5
電話機への Cisco Visual Voicemail のイン ストール
電話機への Cisco Visual Voicemail のインストール
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 800KB) | フィードバック

目次

電話機への Cisco Visual Voicemail のインストール

電話機に サービスをインストールする方法

Cisco Unified Communications システムのサービス プロビジョニングの有効化

エンタープライズ登録によるインストール

各電話機の への登録

一括管理によるインストール方法

BAT 電話テンプレートの作成

一括管理を使用した電話機の更新

電話機更新のスケジューリング

エクステンション モビリティ用のデバイス プロファイルに をインストールする方法

UDP ファイル形式の作成

UDP テンプレートの作成

プロファイル情報のエクスポート

プロファイル情報のインポート

プロファイルが サービスに登録されていることの確認

をボイスメールと相互運用する方法

ボイスメール サービスの非エンタープライズ登録への変更

ボイスメール サービスの無効化

TFTP サービスとデバイスの再起動

電話機に Visual Voicemail サービスをインストールする方法

次の表に、Visual Voicemail に適用できるインストール方法を示します。

インストール方法
メリット
デメリット

エンタープライズ登録

この方法では、Visual Voicemail をサポートする すべての 電話機でボイスメール サービスを Visual Voicemail に置き換えます。これは簡単なインストール方法です。

例外的な要件を持つユーザに合わせてインストールをカスタマイズすることはできません。

個別登録

例外的な要件を持つユーザに合わせてインストールをカスタマイズできます。

すべてのユーザに対してこの方法を使用すると、インストール時間が非常に長くなる可能性があります。

一括管理

例外的な要件を持つユーザ(ボイスメール サービスしか使用できないユーザなど)に合わせてインストールをカスタマイズできます。

インストール処理はより複雑になります。

Visual Voicemail サービスのサービス パラメータを変更した場合は、サービスを削除してから、もう一度サービスを作成する必要があります。このトピックの詳細については、「Visual Voicemail サービス パラメータの更新」を参照してください。

関連項目

「Cisco Unified Communications システムのサービス プロビジョニングの有効化」

「エンタープライズ登録によるインストール」

「各電話機の Visual Voicemail への登録」

「一括管理によるインストール方法」

「エクステンション モビリティ用のデバイス プロファイルに Visual Voicemail をインストールする方法」

「ボイスメール サービスの非エンタープライズ登録への変更」

「ボイスメール サービスの無効化」

Cisco Unified Communications システムのサービス プロビジョニングの有効化

Visual Voicemail を Cisco Unified Communications システムにインストールする前に、電話機が Cisco Unified Communications Manager からサービスを受け取れるようにする必要があります。内部のサービス プロビジョニングを許可する必要があります。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[システム(System)] > [エンタープライズ パラメータ(Enterprise Parameters)] を選択します。

ステップ 2 [サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)] リスト ボックスの値を次の表に示すように設定します。

現在の値
変更後の値

両方(Both)

設定を変更しません。

内部(Internal)

設定を変更しません。

外部 URL(External URL)

両方(Both)

ステップ 3 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 4 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] を選択します。

ステップ 5 [共通の電話プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Common Phone Profiles)] ウィンドウでプロファイルを検索します。

ステップ 6 共通の電話プロファイルを選択します。

ステップ 7 [サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)] パラメータの値を次の表に示すように設定します。

現在の値
変更後の値

両方(Both)

設定を変更しません。

デフォルト(Default)

設定を変更しません。

外部(External)

両方(Both)

内部(Internal)

設定を変更しません。

ステップ 8 [保存(Save)] を選択します。

これで、[サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)] の値が [デフォルト(Default)] に設定されているすべての電話機に設定の変更が反映されます。

ステップ 9 Visual Voicemail をインストールする各電話機の [サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)] の値を [デフォルト(Default)] に設定します。

たとえば、Bulk Administration Tool(BAT; 一括管理ツール)を使用して各電話機の [サービスのプロビジョニング(Services Provisioning)] パラメータを設定できます。BAT の詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html


 

エンタープライズ登録によるインストール

エンタープライズ登録による Visual Voicemail のインストールは、次の特徴を持つシステムにのみ適しています。

システム内の Visual Voicemail をサポートする電話機のユーザ全員が Visual Voicemail を使用する場合。エンタープライズ登録を使用すると、Visual Voicemail をサポートする電話機を Visual Voicemail のインストールから除外できません。

Visual Voicemail のユーザがボイスメール メッセージ サービスを使用する場合、各ユーザの電話機にこのサービスを追加できます。このトピックの詳細については、「Visual Voicemail をボイスメールと相互運用する方法」を参照してください。

どの電話機が Visual Voicemail をサポートするかについては、次の URL にあるリリース ノートを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9829/prod_release_notes_list.html

電話機が Cisco Virtual Office ルータまたはその他のハードウェア VPN デバイスの背後にある場合は、Cisco Unity または Cisco Unity Connection サーバのアドレスをブロックしてはいけません。場合によっては、特定のトラフィックが音声 Virtual Local Area Network(VLAN; 仮想ローカル エリア ネットワーク)で送受信されなくなる可能性があります。管理者とともに、Cisco Unity または Cisco Unity Connection サーバのアドレスをブロックするアクセス コントロール リストやファイアウォール デバイスがないかどうかを確認します。

エンタープライズ登録を使用するときは、サービスのパラメータをサービスの URL に次の形式で入力します。

http://< IP-address-or-host-name-of-server >/midlets/VisualVoicemail/VisualVoicemail.jad?< name-of-parameter-1 >=< value-of-parameter-1 >&< name-of-parameter-2 >=< value-of-parameter-2 >

たとえば、次のサービス パラメータの値を入力するとします。

パラメータ

use_secure_https_connection

1

voicemail_server

example_hostname

vmserver_is_unity_connection

1

上記の値を入力するには、次の URL を使用します。

http://209.165.200.225/midlets/VisualVoicemail/VisualVoicemail.jad?use_secure_https_connection=1&voicemail_server=example_hostname&vmserver_is_unity_connection=1


) [エンタープライズ登録(Enterprise Subscription)] チェックボックスは、サービスを初めて設定するときだけ表示されます。サービスを保存した後は、Cisco Unified CM の管理の [IP Phone サービスの設定(IP Phone Services Configuration)] ウィンドウにこのチェックボックスが表示されません。


IP Phone サービス設定の詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Administration Guide 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

各電話機の Visual Voicemail への登録

手順


ステップ 1 [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

ステップ 2 [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウで電話機を検索します。

ステップ 3 電話機を選択します。

ステップ 4 [関連リンク(Related Links)] から [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 5 [サービスの選択(Select a Service)] ダイアログボックスから Visual Voicemail サービスを選択します。

ステップ 6 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 7 [登録(Subscribe)] を選択します。

サービスの登録を解除するには、[登録解除(Unsubscribe)] を選択します。


 

一括管理によるインストール方法

一括管理によって Visual Voicemail MIDlet をインストールするには、次の手順を実行する必要があります。

1. BAT 電話テンプレートを作成します。

2. Visual Voicemail サービスを電話テンプレートに登録します。

Bulk Administration Tool(BAT; 一括管理ツール)で Cisco Unified Communications Manager データベースに対する一括更新を実行します。BAT の詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

次の項を参照してください。

「BAT 電話テンプレートの作成」

「一括管理を使用した電話機の更新」

「電話機更新のスケジューリング」

BAT 電話テンプレートの作成

BAT 電話テンプレートの詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話テンプレート(Phone Template)] を選択します。

ステップ 2 [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 適切な電話のタイプを選択し、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 4 ステップ 3 で 7900 シリーズ電話機を選択した場合は、選択した電話のタイプに対応するデバイス プロトコルを選択し、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 5 [電話テンプレートの設定(Phone Template Configuration)] ウィンドウで電話テンプレートに必要な情報を入力し、[保存(Save)] を選択します。

ステップ 6 [関連リンク(Related Links)] から [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 7 [サービスの選択(Select a Service)] ダイアログボックスから Visual Voicemail サービスを選択します。

ステップ 8 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 9 [登録(Subscribe)] を選択します。


 

一括管理を使用した電話機の更新

BAT のクエリー機能を使用して Visual Voicemail をサポートする電話機を更新し、Visual Voicemail サービスを反映します。

始める前に

サイト内の Visual Voicemail をサポートする電話機を特定します。Visual Voicemail をサポートする電話機については、次の URL にあるリリース ノートを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9829/prod_release_notes_list.html

手順


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理で、[一括管理(Bulk Administration)] > [電話(Phones)] > [電話の更新(Update Phones)] > [クエリー(Query)] を選択します。

ステップ 2 Visual Voicemail サービスの追加先となる電話機を指定するクエリーを作成します。

たとえば、9971、9951、8961 などを含むデバイス タイプを持つ電話機を指定できます。

ステップ 3 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 4 [電話のリスタート(Restart phones)] を選択します。

ステップ 5 [IP Phone サービスの割り当て(Assign IP Phone Services)] セクションで、[このテンプレートからすべてのサービスを追加(Add all services from this template)] を選択し、作成した BAT 電話テンプレートをリスト ボックスから選択します。

ステップ 6 [ジョブ情報(Job Information)] セクションで、[後で実行(Run later)] を選択します。

ステップ 7 [送信(Submit)] を選択します。

クエリーを使用して一括管理を実行する方法の詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html


 

電話機更新のスケジューリング

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ジョブ スケジューラ(Job Scheduler)] を選択します。

ステップ 2 [ジョブの検索と一覧表示(Find and List Jobs)] ウィンドウでジョブを検索します。

ステップ 3 ジョブを開始するには、ジョブ ID の左側のチェックボックスをオンにして、[選択項目のアクティブ化(Activate Selected)] を選択します。

ジョブを後で実行するようにスケジュールするには、そのジョブ ID を選択します。[ジョブ スケジューラ(Job Scheduler)] ウィンドウでジョブの詳細を入力し、[ジョブのアクティブ化(Activate Job)] を選択します。

一括管理ジョブのスケジューリングの詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html


 

エクステンション モビリティ用のデバイス プロファイルに Visual Voicemail をインストールする方法

エクステンション モビリティを必要とするシステム内の電話機に Visual Voicemail サービスをインストールするときは、Visual Voicemail を次の両方にインストールする必要があります。

エクステンション モビリティ サービスが登録されているすべての電話機。これらの電話機に Visual Voicemail MIDlet をインストールすると、ユーザの使用中にエラーが発生する可能性が低くなります。

エクステンション モビリティ プロファイルに関連付けられたすべてのデバイス プロファイル。

次の手順を実行します。

「UDP ファイル形式の作成」

「UDP テンプレートの作成」

「プロファイル情報のエクスポート」

「プロファイル情報のインポート」

「プロファイルが Visual Voicemail サービスに登録されていることの確認」

電話システム内の SIP 電話機と SCCP 電話機の両方に Visual Voicemail をインストールする場合は、上記の手順をプロトコルごとに個別に実行する必要があります。

UDP ファイル形式の作成

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ デバイス プロファイル(User Device Profiles)] > [UDP ファイル形式(UDP File Format)] > [UDP ファイル形式の作成(Create UDP File Format)] を選択します。

ステップ 2 [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [形式名(Format Name)] フィールドに、ファイル形式の一意の名前を入力します。

ステップ 4 [デバイス フィールド(Device Fields)] リスト ボックスのすべてのフィールドを [選択済みのデバイス フィールド(Selected Device Fields)] リスト ボックスに追加します。

ステップ 5 次のリスト ボックスが空であることを確認します。

[選択済みの回線フィールド(Selected Line Fields)]

[選択済みのインターコム DN フィールド(Selected Intercom DN Fields)]

ステップ 6 [IP Phone サービスの最大数(IP Phone Service Maximums)] セクションに含まれるすべてのフィールドの値がゼロ(0)であることを確認します。

ステップ 7 [保存(Save)] を選択します。


 

UDP テンプレートの作成

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ デバイス プロファイル(User Device Profiles)] > [UDP テンプレート(UDP Template)] を選択します。

ステップ 2 [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 3 [デバイス プロファイル タイプ(Device Profile Type)] リスト ボックスから適切な電話機モデルを選択し、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 4 ステップ 3 で電話機タイプとして 7900 シリーズを選択した場合は、Visual Voicemail をインストールするプロファイルのプロトコルに応じて [デバイス プロトコル(Device Protocol)] リスト ボックスから [SCCP] または [SIP] を選択し、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 5 [ユーザ デバイス プロファイル テンプレート名(User Device Profile Template Name)] フィールドに、テンプレートの一意の名前を入力します。

ステップ 6 [電話ボタン テンプレート(Phone Button Template)] から標準電話ボタン テンプレートを選択します。

ステップ 7 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 8 [関連リンク(Related Links)] から [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] を選択します。

ステップ 9 [サービスの選択(Select a Service)] ダイアログボックスから Visual Voicemail サービスを選択し、[次へ(Next)] を選択します。

ステップ 10 [登録(Subscribe)] を選択します。


) この手順で指定された項目以外の UDP テンプレートのデフォルト値は変更しないでください。



 

プロファイル情報のエクスポート

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ デバイス プロファイル(User Device Profiles)] > [UDP のエクスポート(Export UDP)] > [固有の詳細(Specific Details)] を選択します。

ステップ 2 Visual Voicemail サービスの追加先となるプロファイルを指定するクエリーを作成します。

Visual Voicemail サービスの追加先となるプロファイルだけがクエリーで検出されることを確認してください。Visual Voicemail は VPN ルータをサポートしていないため、VPN によってシステムに接続するプロファイルはクエリーから必ず除外してください。

プロファイルからサービスの登録を解除するのは困難なため、Visual Voicemail サービスの追加先となるプロファイルだけがクエリーで検出されることを確認してください。

たとえば、8961、9951、9971 などを含むデバイスタイプを持つプロファイルを指定できます。

ステップ 3 SIP プロファイルまたは SCCP プロファイルのみを指定する条件をクエリーに追加します。そのためには、次のように条件を作成します。

フィールド
設定

[ユーザ デバイス プロファイルの検索先を指定する(Find User Device Profile where)] リスト ボックス

[デバイス プロトコル(Device Protocol)] を選択します。

[条件(Condition)] リスト ボックス

[が次の文字列と等しい(is exactly)] を選択します。

[値(Value)] テキスト ボックス

SIP または SCCP と入力します。

クエリーを使用して一括管理を実行する方法の詳細については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

ステップ 4 [検索(Find)] を選択します。

クエリーで検出されたプロファイルのリストを調べて、Visual Voicemail サービスの追加先となるプロファイルだけがクエリーで検出されることを確認します。

ステップ 5 [次へ(Next)] を選択します。

ステップ 6 [ユーザ デバイス プロファイルのエクスポート(Export User Device Profiles)] ウィンドウで、次のように情報を入力します。

フィールド
設定

ファイル名(File Name)

エクスポートするファイルの名前を入力します。

ファイル形式(File Format)

「UDP ファイル形式の作成」で作成したファイル形式を選択します。

ステップ 7 [ジョブ情報(Job Information)] セクションで、[今すぐ実行(Run Immediately)] を選択します。

ステップ 8 [送信(Submit)] を選択します。

ステップ 9 [一括管理(Bulk Administration)] > [ジョブ スケジューラ(Job Scheduler)] を選択します。

エクスポート操作が正常に実行されたことを確認します。ジョブ ID を選択すると、操作の詳細(指定したファイル名など)が表示されます。


 

プロファイル情報のインポート

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[一括管理(Bulk Administration)] > [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] を選択します。

ステップ 2 [ファイルの検索と一覧表示(Find and List Files)] ウィンドウで、「プロファイル情報のエクスポート」 で作成したファイルを検索します。

ステップ 3 ファイルを選択し、[選択項目のダウンロード(Download Selected)] を選択します。

ステップ 4 ダウンロードしたファイルの名前を変更します。

ステップ 5 [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 6 [ファイルのアップロード(File Upload Configuration)] ウィンドウで、次のように情報を入力します。

フィールド
設定

ファイル(File)

ダウンロードして名前を変更したファイルを選択します。

ターゲットの選択(Select The Target)

[UDP] を選択します。

トランザクション タイプの選択(Select Transaction Type)

[UDP の挿入 - 特定の詳細(Insert UDP - Specific Details)] を選択します。

ステップ 7 [保存(Save)] を選択します。

ステップ 8 [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ デバイス プロファイル(User Device Profiles)] > [UDP の挿入(Insert UDP)] を選択します。

ステップ 9 [ユーザ デバイス プロファイルの設定(User Device Profiles Configuration)] ウィンドウで、次のように情報を入力します。

フィールド
設定

ユーザ デバイス プロファイルの固有の詳細の挿入(Insert User Device Profiles Specific Details)

このオプションを選択します。

ファイル名(File Name)

[ファイルのアップロード(File Upload Configuration)] ウィンドウで、次のように情報を入力します。で指定したファイルを選択します。

ユーザ デバイス プロファイル テンプレート名(User Device Profiles Template Name)

「UDP ファイル形式の作成」で作成したファイル形式を選択します。

既存の設定の上書き(Override the existing configuration)

このオプションを選択します。

ステップ 10 [ジョブ情報(Job Information)] セクションで、[今すぐ実行(Run Immediately)] を選択します。

ステップ 11 [送信(Submit)] を選択します。


 

プロファイルが Visual Voicemail サービスに登録されていることの確認

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [プロファイル(Profile)] を選択します。

ステップ 2 [デバイス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Device Profiles)] ウィンドウでデバイス プロファイルを検索します。

ステップ 3 デバイス プロファイルを選択します。

ステップ 4 [関連リンク(Related Links)] から [サービスの登録/登録解除(Subscribe/Unsubscribe Services)] を選択し、[移動(Go)] を選択します。

Visual Voicemail サービスがデバイス プロファイルに登録されていることを確認します。

ステップ 5 エクステンション モビリティで使用される電話機にサインインし、メッセージ ボタンを押します。

Visual Voicemail アプリケーションが起動することを確認します。


 

次の作業

「TFTP サービスとデバイスの再起動」

Visual Voicemail をボイスメールと相互運用する方法

標準の Cisco Unity および Cisco Unity Connection ボイスメール サービスは、Cisco Unified Communications Manager では Voicemail という名前の電話サービスとして設定されています。このサービスはエンタープライズ登録として有効になっているため、すべての電話機がこのサービスに登録されています。

Visual Voicemail はボイスメール サービスと共存できます。Visual Voicemail を導入するときに、次のオプションを選択できます。

既存のボイスメール サービスを変更しません。すべての電話機を Visual Voicemail サービスに登録します。ユーザがメッセージ ボタンを押すと、次のようにサービスのリストが表示されます。

Voicemail

VisualVoicemail

ユーザは使用するサービスを選択できます。

既存のボイスメール サービスをエンタープライズ登録にならないように変更します。次に、一部の電話機をボイスメール サービスだけに登録し、一部の電話機を Visual Voicemail サービスだけに登録します。ユーザがメッセージ ボタンを押すと、その電話機が登録されているサービスが開始されます。

ボイスメール サービスを無効にして、すべての電話機を Visual Voicemail サービスに登録します。ユーザがメッセージ ボタンを押すと、Visual Voicemail が開始されます。

関連項目

「ボイスメール サービスの非エンタープライズ登録への変更」

「ボイスメール サービスの無効化」

ボイスメール サービスの非エンタープライズ登録への変更

始める前に

既存のボイスメール サービスをエンタープライズ登録にならないように変更するには、サービスを削除してから再度追加する必要があります。

手順


ステップ 1 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。

ステップ 2 [IP Phone サービスの検索と一覧表示(Find and List IP Phone Services)] ウィンドウで、 Voicemail という名前のサービスを検索します。

ステップ 3 Voicemail サービスのチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [選択項目の削除(Delete Selected)] を選択し、確認のため [OK] を選択します。

ステップ 5 [新規追加(Add New)] を選択します。

ステップ 6 次の表に従って、[IP Phone サービスの設定(IP Phone Services Configuration)] ウィンドウの各フィールドに値を入力します。

フィールド

サービス名(Service Name)

Voicemail と入力します。

ASCII サービス名(ASCII Service Name)

Voicemail と入力します。

サービス URL(Service URL)

Application:Cisco/Voicemail と入力します。

サービス カテゴリ(Service Category)

[XML サービス(XML Service)] を選択します。

サービス タイプ(Service Type)

[メッセージ(Messages)] を選択します。

その他のフィールドは空のままにします。

ステップ 7 [保存(Save)] を選択します。


 

ボイスメール サービスの無効化

始める前に

Visual Voicemail をインストールした後で、ボイスメール サービスを無効にすることもできます。ボイスメール サービスを無効にした後で再度有効にすると、ユーザがメッセージ ボタンを押したときに、ボイスメール サービスと Visual Voicemail を含むサービスのリストが表示されます。

手順


ステップ 1 [デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [IP Phone サービス(Phone Services)] を選択します。

ステップ 2 ボイスメール サービスを検索します。

ステップ 3 サービスを選択します。

ステップ 4 [有効(Enable)] の選択を解除します。

ステップ 5 [保存(Save)] を選択します。


 

TFTP サービスとデバイスの再起動

登録を更新したら、クラスタに含まれるすべての TFTP サービスを再起動し、次に Cisco Unified Communications Manager に含まれるすべてのデバイスを再起動します。

TFTP サービスを再起動する方法については、次の URL にある『 Cisco Unified Serviceability Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

デバイスを再起動するには、クラスタ内の各デバイス プールのデバイスをリセットします。Cisco Unified Communications Manager 内のデバイスを再起動する方法については、次の URL にある『 Cisco Unified Communications Manager Administration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html