Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence Service Release 10.0(1) のインストール
IM and Presence Service のインストール後のタスク
IM and Presence Service のインストール後のタスク

IM and Presence Service のインストール後のタスク

この章で説明する内容は、次のとおりです。

インストール後のタスクの実行

IM and Presence Service クラスタにインストールするサーバごとに、次のタスクを順番に実行します。

図 1. インストール後のフローチャート

手順
    ステップ 1   Cisco.com で IM and Presence Service にソフトウェアのアップデートやファームウェアのアップデートがないか確認します。
    ステップ 2   IM and Presence Service サーバをプレゼンス冗長グループに追加します。
    ステップ 3   デフォルト ドメイン名を変更します。
    (注)     

    DNS なしの導入の場合、この手順は必須です。DNS 導入の場合、この手順はオプションです。

    ステップ 4   (任意)IM and Presence Service の IM アドレス スキームを変更します。
    ステップ 5   (任意)IM and Presence Service ノード名を変更します。
    ステップ 6   プレゼンス ゲートウェイとして Cisco Unified Communications Manager を設定します。
    ステップ 7   Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定します。
    ステップ 8   ユーザをサーバに割り当てます。
    ステップ 9   サービスをアクティブにします。


    注意    


    IM and Presence Service サブスクライバ ノードをインストールする前に、IM and Presence Service データベース パブリッシャ ノードに対してインストール後のチェックリストを実行したことを確認してください。


    ソフトウェア アップデート

    IM and Presence のインストール後は、シスコからソフトウェア アップデート、重要なパッチ、またはサービスのアップデートがリリースされていないか確認してください。

    ソフトウェア アップグレードの確認

    ソフトウェア アップグレードには、当初のリリースの時点では適用されていなかった修正が含まれています。多くの場合、動作の改善につながるサービス アップデート、セキュリティ修正、ファームウェア アップデート、重要なパッチ、その他のソフトウェア修正なども含まれています。

    ソフトウェア アップグレードを確認するには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   www.cisco.com を参照します。
      ステップ 2   [サポート(Support)] > [ソフトウェアのダウンロード(Download Software)] の順に選択します。
      ステップ 3   [製品(Products)] > [Voice and Unified Communications] > [Unified Communications アプリケーション(Unified Communications Applications)] > [Cisco Unified Presence] > [Cisco Unified Presence のバージョン(Cisco Unified Presence Version)] > <ご使用の導入のバージョン> に移動します。
      ステップ 4   ソフトウェア アップグレードがある場合は、ソフトウェアのダウンロード指示に従ってください。

      次の作業

      プレゼンス ゲートウェイとして Cisco Unified Communications Manager を設定します。

      プレゼンス冗長グループと高可用性

      プレゼンス冗長グループは、同じクラスタの 2 つの IM and Presence サービス ノードから構成され、IM and Presence サービスのクライアントとアプリケーションに冗長化とリカバリを提供します。[Cisco Unified CMの管理(Cisco Unified CM Administration)] を使用して、ノードをプレゼンス冗長グループに割り当て、高可用性を可能にします。
      • フェールオーバー:プレゼンス冗長グループ内の IM and Presence サービス ノード上で 1 つ以上の重要なサービスが失敗した場合、またはグループ内のノードが失敗した場合、プレゼンス冗長グループ内で行われます。クライアントは、そのグループ内のもう 1 つの IM and Presence サービス ノードに自動的に接続します。

      • フォールバック:以下のいずれかの状況で、フォールバック コマンドが CLI(コマンド ライン インターフェイス)または Cisco Unified Communications Manager から発行されると行われます。

        • 失敗した IM and Presence サービス ノードがサービスを再開し、すべての重要なサービスが動作している場合。そのグループ内のフェールオーバーしていたクライアントは、回復したノードが使用可能になると、そのノードと再接続します。

        • 重要なサービスの不具合のために、アクティブ化されていたバックアップ IM and Presence サービス ノードが失敗し、ピア ノードがフェールオーバー状態であり、自動回復フォールバックをサポートしている場合。

      たとえば、ローカルの IM and Presence サービス ノードのサービスまたはハードウェアで障害が発生した場合、Cisco Jabber クライアントは、プレゼンス冗長グループを使用してバックアップ用 IM and Presence サービス ノードにフェールオーバーします。失敗したノードがオンラインに戻ると、クライアントはローカルの IM and Presence サービス ノードに自動的に再接続します。失敗したノードがオンラインに戻ったときに、自動フォールバック オプションを設定していない場合は、手動のフォールバック操作を行う必要があります。

      プレゼンス冗長グループの IM and Presence サービス ノードのノード フェールオーバー、フォールバック、および回復は手動で開始できます。自動フォールバック オプションを設定していない場合は、手動のフォールバック操作を行う必要があります。

      デフォルト ドメイン名の変更

      DNS なしの導入の場合は、デフォルト ドメイン名を変更する必要があります。DNS 導入の場合は、ドメイン名の変更はオプションです。

      IM and Presence Service の導入で DNS を使用しない場合は、インストール時に IM and Presence Service ノードのドメイン名が DOMAIN.NOT.SET に設定されます。インストールの完了後にこの値をエンタープライズ ドメイン値に変更することを推奨します。

      ドメイン名を変更する前にクラスタ内のすべてのノードで次のサービスを停止し、変更後にそれらのサービスを再起動する必要があります。

      • Cisco Client Profile Agent

      • Cisco Presence Engine

      • Cisco SIP Proxy

      • Cisco Sync Agent

      • Cisco XCP Router

      デフォルト ドメイン名の変更方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      Cisco Unified Communications Manager およびシステム管理対象コンポーネントによるドメイン名の使用の詳細については、ご使用のリリースに対応する『Cisco Unified Communications System Solution Reference Network Design (SRND)』ガイドを参照してください。

      IM アドレス スキーム

      クラスタでの IM アドレスに関して IM and Presence Service が使用するスキームを選択できます。IM アドレス スキームを設定するには、Cisco Unified CM IM and Presence Administration の GUI を使用します。次の 2 つの IM アドレス スキームを使用できます。
      • UserID@Default_Domain

      • Directory URI


      (注)  


      選択したIM アドレス スキームは、IM and Presence Service クラスタ全体で一貫している必要があります。


      IM and Presence Service クラスタの IM アドレス スキームの設定とディレクトリ URI 要件の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      UserID@Default_Domain を使用した IM アドレス

      UserID@Default_Domain の IM アドレス スキームは、IM and Presence Service を新規インストールまたは以前のバージョンからアップグレードする場合の、デフォルトのオプションです。デフォルトのドメインを設定するには、[Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] > [プレゼンス(Presence)] > [設定(Settings)] > [詳細設定(Advanced Configuration)] を選択します。

      ディレクトリ URI を使用した IM アドレス

      ディレクトリ URI のアドレス スキームを使用して、ユーザの IM アドレスを Cisco Unified Communications Manager のディレクトリ URI に合わせます。

      ディレクトリ URI の IM アドレス スキームには、次の IM アドレス指定機能があります。
      • 複数ドメインのサポート。IM アドレスは、1 つの IM and Presence Service ドメインだけを使用する必要はありません。

      • ユーザのメール アドレスの調整。ユーザのメール アドレスと合わせるように Cisco Unified Communications Manager のディレクトリ URI を設定することで、メール、IM、音声、および動画の通信にユーザの ID を一貫して指定できるようになります。

      • Microsoft SIP URI の調整。Microsoft SIP URI と合わせるように Cisco Unified Communications Manager のディレクトリ URI を設定することで、Microsoft OCS/Lync から IM and Presence Service への移行時に、ユーザの ID を確実に維持できるようになります。

      Cisco Unified CM の IM and Presence の管理 GUI を使用してディレクトリ URI を設定するには、次の 2 つの方法があります。
      • LDAP ディレクトリ ソースからディレクトリ URI を同期します。

        Cisco Unified Communications Manager で LDAP ディレクトリ ソースを追加する場合、ディレクトリ URI の値を設定できます。その後で、ディレクトリ ソースからユーザ データを同期するときに、Cisco Unified Communications Manager はディレクトリ URI を追加します。


        (注)  


        Cisco Unified Communications Manager で LDAP ディレクトリとの同期が有効な場合は、電子メール アドレス(mailid)または Microsoft OCS/Lync SIP URI(msRTCSIP-PrimaryUserAddress)にディレクトリ URI をマップできます。


      • Cisco Unified Communications Manager でディレクトリ URI の値を手動で指定します。

        Cisco Unified Communications Manager で LDAP ディレクトリ ソースを追加しない場合、ディレクトリ URI を自由形式の URI として手動で入力できます。


      注意    


      ディレクトリ URI を IM アドレス スキームとして使用するようにノードを設定する場合、シスコはディレクトリ URI をサポートするクライアントのみを展開することを推奨します。ディレクトリ URI の IM アドレス スキームが有効な場合、ディレクトリ URI をサポートしていないクライアントは動作しません。ディレクトリ URI をサポートしていないクライアントを展開している場合、シスコは、ディレクトリ URI の IM アドレス スキームではなく、UserID@Default_Domain の IM アドレス スキームを使用することを推奨します。


      LDAP ディレクトリでディレクトリ URI を設定する場合の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

      ディレクトリ URI IM アドレスの考慮事項

      ディレクトリ URI IM アドレス スキームを使用する場合は、次の条件を順守します。

      • すべてのユーザに Cisco Unified Communications Manager に有効なディレクトリ URI 値が設定されています。

      • 展開されたすべてのクライアントが、IM アドレスとしてディレクトリ URI をサポートする必要があります。

      • IM アドレス スキームは、すべての IM and Presence Service クラスタ全体で一貫している必要があります。

      ディレクトリ URI IMアドレスの要件と連携の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      IM and Presence ノード名の解決可能な値への変更

      インストール時に DHCP を使用しない選択をした場合は、IM and Presence サーバのホスト名と IP アドレスを入力する必要があります。ホスト名は、ヌル、localhost、IP アドレスのいずれにもできません。IM and Presence ノード名の値は、DNS ドメインをこのホスト名の値に連結して完全修飾ドメイン名(FQDN)を形成することによって得られます。この FQDN は解決可能である必要があります。導入環境で DNS を使用していない場合は、IM and Presence ノード名(デフォルトでサーバのホスト名に設定される)を解決できません。この状態を解消するには、インストールの完了後に IM and Presence ノード名をサーバの IPアドレスに変更する必要があります。

      IM and Presence ノード名の変更方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      プレゼンス ゲートウェイとしての Cisco Unified Communications Manager の設定


      (注)  


      IM and Presence クラスタをインストールするサーバごとに、このタスクを実行する必要があります。


      • Cisco Unified Communications Manager と IM and Presence との間でプレゼンス情報交換を処理する SIP 接続を有効にするには、IM and Presence で Cisco Unified Communications Manager をプレゼンス ゲートウェイとして設定する必要があります。

      • IM and Presence でのプレゼンス ゲートウェイの設定方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      次の作業

      Cisco Unified Communications Manager に SIP トランクを設定します。

      Cisco Unified Communications Manager での SIP トランクの設定

      Cisco Unified Communications Manager をプレゼンス ゲートウェイとして設定したら、Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定する必要があります。詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      Cisco Unified Communications Manager に SIP パブリッシュ トランクを設定した場合、IM and Presence で SIP パブリッシュを有効にする必要があります。

      詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

      ユーザおよびサーバの割り当て

      IM and Presence Service の初期インストール後は、[ユーザ割り当てモード(User Assignment Mode)] エンタープライズ パラメータがデフォルトで [平衡化(Balanced)] に設定されます。平衡化モードでは、ユーザは、ユーザをクラスタに追加するときにプレゼンス冗長グループで設定されている IM and Presence Service サーバに自動的に割り当てられます。[ユーザ割り当てモード(User Assignment Mode)] エンタープライズ パラメータが [平衡化(Balanced)] に設定されているときは、手動でのユーザの割り当ては不要です。


      (注)  


      IM and Presence Service の可用性およびインスタント メッセージ(IM)サービスを受けるエンド ユーザについては、Cisco Unified CM Administration を使用して、エンド ユーザをノードおよびクラスタ上の IM and Presence Service サーバに割り当てます。


      平衡化および手動ユーザ割り当ての詳細と、ユーザに関する IM and Presence Service サーバのセットアップ方法については、『Cisco Unified Communications ManagerAdministration Guide』を参照してください。

      サービスのアクティブ化

      次のサービスをアクティブにする必要があります。

      • Cisco SIP Proxy
      • Cisco Presence Engine
      • Cisco XCP Connection Manager
      • Cisco XCP Authentication Service

      サービスをアクティブにするには、Cisco Unified Serviceability で、[ツール(Tools)] > [サービス アクティベーション(Service Activation)] を選択します。


      (注)  


      IM and Presence クラスタをインストールするサーバごとに、このタスクを実行する必要があります。