Cisco Unified Communications Manager、リリース 10.0(1) の IM and Presence サービスでの Microsoft Office Communicator コール制御と Microsoft OCS の使用
Cisco Unified Communications Manager を Microsoft OCS と統合するための設定
Cisco Unified Communications Manager を Microsoft OCS と統合するための設定

Cisco Unified Communications Manager を Microsoft OCS と統合するための設定


(注)  


メニュー オプションおよびパラメータは、Cisco Unified Communications Manager リリースごとに異なる可能性があるため、リリースに適した Cisco Unified Communications Manager マニュアルを参照してください。


Cisco Unified Communications Manager でのユーザおよびデバイスの設定

Microsoft OCS と統合するために Cisco Unified Communications Manager を設定する場合は、事前に Cisco Unified Communications Manager でユーザとデバイスの設定を完了しておく必要があります。電話デバイスを設定し、ユーザを設定し、各ユーザにデバイスを関連付ける必要があります。

回線をデバイスに関連付ける必要もあります。ただし、拡張モビリティ機能のユーザの場合は、回線をデバイス プロファイルに関連付けます。この関連付けがライン アピアランスとなります。ユーザをデバイスまたはデバイス プロファイルに関連付けると、ライン アピアランスがユーザに関連付けられます。

タスク

メニュー パス

電話デバイスを設定し、プライマリ内線を各デバイスに関連付ける

[Cisco Unified Communications Manager][管理(Administration)] > [デバイス(Device)] > [電話(Phone)]

ユーザを設定し、各ユーザにデバイスを関連付ける

[Cisco Unified Communications Manager Administration] > [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)]

ユーザをライン アピアランスに関連付ける

[Cisco Unified Communications Manager][管理(Administration)] > [デバイス(Device)] > [電話(Phone)]


(注)  


IM and Presence サービス リリース 9.0 以降を実行している場合は、Cisco Unified Communications Manager で各デバイスにプライマリ内線を関連付ける必要がなくなりました。


標準 CCM アクセス コントロール グループへのユーザの追加

はじめる前に

Cisco Unified Communications Manager で、前提条件であるユーザとデバイスの設定を完了しておきます。

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] > [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [アクセス コントロール グループ(Access Control Group)] を選択します。
    ステップ 2   [検索(Find)] をクリックします。
    ステップ 3   [標準 CCM エンド ユーザ(Standard CCM End Users)] を選択します。
    ステップ 4   標準 CCM アクセス コントロール グループに追加するエンド ユーザを選択します。
    ステップ 5   [選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。
    ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

    次の作業

    CTI ゲートウェイのためのアプリケーション ユーザの設定

    CTI ゲートウェイのためのアプリケーション ユーザの設定

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] > [ユーザ管理(User Management)] > [アプリケーション ユーザ(Application User)] を選択します。
      ステップ 2   [新規追加(Add New)] をクリックします。
      ステップ 3   [ユーザ ID(User ID)] フィールドに、アプリケーション ユーザ名(「CtiGW」など)を入力します。
      ステップ 4   このアプリケーション ユーザのパスワードを入力し、パスワードを確認します。
      ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。

      次の作業

      CTI 対応アクセス コントロール グループへのアプリケーション ユーザの追加

      CTI 対応アクセス コントロール グループへのアプリケーション ユーザの追加

      次の手順を実行し、CTI 対応アクセス コントロール グループへアプリケーション ユーザを追加します。

      はじめる前に

      CTI ゲートウェイを使用できるようにアプリケーション ユーザを設定します。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] > [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [アクセス コントロール グループ(Access Control Group)] を選択します。
        ステップ 2   [検索(Find)] をクリックします。
        ステップ 3   [標準 CIT 対応(Standard CTI Enabled)] をクリックします。
        ステップ 4   [アプリケーション ユーザをグループに追加(Add App Users to Group)] をクリックします。
        ステップ 5   CTI ゲートウェイ用に作成したアプリケーション ユーザを選択します。
        ステップ 6   [選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。
        ステップ 7   [保存(Save)] をクリックします。

        次の作業

        アプリケーション ユーザへの CTI デバイス制御の割り当て

        アプリケーション ユーザへの CTI デバイス制御の割り当て

        次の手順を実行し、CTI デバイス コントロールをアプリケーション ユーザに割り当てます。

        はじめる前に

        CTI ゲートウェイを使用できるようにアプリケーション ユーザを設定します。

        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] > [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [アクセス コントロール グループ(Access Control Group)] を選択します。
          ステップ 2   [検索(Find)] をクリックします。
          ステップ 3   [標準 CTI によるすべてのデバイスの制御(Standard CTI Allow Control of All Devices)] を選択します。Cisco Unified IP Phone の RT モデルを配置している場合は、[標準 CTI による接続時の転送および会議をサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf)] を選択します。
          ステップ 4   [アプリケーション ユーザをグループに追加(Add App Users to Group)] をクリックします。
          ステップ 5   CTI ゲートウェイ用に作成したアプリケーション ユーザを選択します。
          ステップ 6   [選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。