Cisco UC Integration for Cisco WebEx Connect C7 コンフィギュレーション ガイド
Cisco Unified Communications Manager の設定とボイスメールの要件
Cisco Unified Communications Manager の設定とボイスメールの要件
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/07/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 584KB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Communications Manager の設定とボイスメールの要件

DTMF アクセス コードに関する重要な情報

ボイスメールの要件

Cisco Unified Communications Manager の設定とボイスメールの要件

DTMF アクセス コードに関する重要な情報

Cisco Unified Communications Manager で設定するすべての DTMF アクセス コードは、相互に排他的である必要があります。デフォルトのモビリティ DTMF アクセス コードが、他の通話中の DTMF アクセス コードと重複しないようにしてください。

たとえば、デフォルトで、モビリティ機能と Cisco Unity の両方で通話中の機能にアスタリスク(*)が使用されると、両アプリケーションの DTMF 機能が正しく動作しなくなります。

これは Cisco Unified Mobility Advantage に固有の問題ではありませんが、Cisco Unified Mobile Communicator のユーザがボイスメールにアクセスする場合、または通話中の機能を使用する場合に悪影響を与えます。

DTMF アクセス コードを設定するには、ご使用のリリースの Cisco Unified Communications Manager マニュアルを参照してください。

ボイスメールの要件

ビジュアル ボイスメールを使用するための前提条件は次のとおりです。

サポートされるトランスコーディング プロトコルをシステムで使用できることを確認します。互換性マトリクスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps7270/products_device_support_tables_list.html

IMAP が有効になっていることを確認します。

Cisco Unity の場合:
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_configuration_example09186a00809d8c91.shtml
にある『Using IMAP4 to Access Voice Messages in Cisco Unity System with Exchange 2007』を参照してください。

Cisco Unity Connection を使用する場合:
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6509/prod_maintenance_guides_list.html の『System Administration Guide Cisco Unity Connection Release 7.x』の「Configuring IMAP Settings」を参照してください。

ボイスメールにアクセスするための DTMF コードが Cisco Unified Communications Manager 内で固有であることを確認します。「 DTMF アクセス コードに関する重要な情報 (P.3) を参照してください。

複数の Exchange サーバまたはボイスメール サーバのユーザを扱う場合は、Exchange サーバまたはボイスメール ストアごとに個別のボイスメール アダプタを作成します。