Cisco Unified Communications Integration for Microsoft Office Communicator Release 8.0 イン ストレーション ガイド
OCS に対応した正規化規則
OCS に対応した正規化規則
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/07/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

OCS に対応した正規化規則

OCS に対応した正規化規則

Active Directory の各ユーザについて、電話番号を +E.164 形式で定義しない場合は、それらの Active Directory の番号が、Office Communications Server(OCS)のアドレス帳として使用できるように処理され、Cisco Unified Communications Manager のダイヤリング規則によってダイヤル処理できる形式になるように、その他の作業を実行する必要があります。

Active Directory の番号がすべて +E.164 形式の場合は、OCS 正規化規則を設定する必要はありません。Cisco UC Integration for Microsoft Office Communicator を導入するうえで、この方法が最も簡単です。

Active Directory の番号が +E.164 形式でない場合は、OCS 正規化規則を設定して、Microsoft Office Communicator が OCS から +E.164 形式の番号をダウンロードするようにする必要があります。

正規化規則を設定しない限り、OCS は +E.164 形式の番号を要求するため、この作業が必要となります。このトピックの詳細については、次の URL を参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb964002.aspx


) OCS での正規化規則の設定は間違いを引き起こしやすい作業であり、国際電話番号および企業でのダイヤル プランでは特にその傾向が顕著です。


関連トピック

「Cisco UC Integration for Microsoft Office Communicator のダイヤル プラン オプション」

「Cisco UC Integration for Microsoft Office Communicator で必要なダイヤリング規則」