音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco UC Integration(TM) for IBM Sametime

Cisco UC Integration for IBM Sametime アクセシビリティ ガイド

Cisco UC Integration for IBM Sametime のアクセシビリティ情報
発行日; 2012/12/21 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック

Cisco UC Integration for IBM Sametime のアクセシビリティ情報

Cisco UC Integration for IBM Sametime のナビゲーションと一般的なコントロール

このマニュアルでは、Cisco UC Integration for IBM Sametime に固有のキーボード アクセシビリティ手順を示します。 使用可能なキーボード ショートカットは、どの統合機能をインストールしたかによって異なります。

表 1  標準のキーボード ショートカット(Cisco UC Integration for IBM Sametime のメイン ウィンドウがアクティブである必要があります)
アクション キーボード アクセス

連絡先に移動して選択する

Ctrl+Tab(タブを順番に表示し、Enter キーを押して選択)

ハブの主要なアイコンに移動して選択する(電話制御および通話転送)

Tab([電話制御(Phone Control)] と [通話転送(Call Forwarding)] ボタンを切り替え、Enter キーを押して選択)

連絡先に対して発信する

連絡先を選択して(Ctrl+Tab)、Ctrl+Shift+C で発信

[ヘルプ(Help)] メニューの [シスコヘルプ(Cisco help)] と [バージョン情報(About)] に移動して選択する

Ctrl+Shift+H

[通話(Calls)] タブに移動して選択する

[ボイスメール(Voicemail)] タブに移動して選択する

表 2  ボイス メールおよび通話履歴のキーボード ショートカット(Cisco UC Integration with IBM Sametime のメイン ウィンドウがアクティブである必要があります)
アクション キーボード アクセス

経過時間([表示(View)])およびメッセージ タイプ([タイプ(Type)])のフィルタ メニューを使用する

Ctrl+Tab で 2 つのメニューを切り替え、↑と↓でメッセージ間を移動

メッセージの再生と一時停止

Ctrl+Shift+P

メッセージを削除する

Delete

ボイスメールのごみ箱を空にする(すべてのメッセージを完全に削除)

Ctrl+Shift+Delete

(注)     

このコマンドは、削除されたメッセージを表示しているときにだけ機能します。 コマンドを 2 回入力し、目的を確認する必要があります。

表 3 Sametime のメイン ウィンドウの [ツール(Tools)] メニュー
アクション キーボード アクセス

会議を開始する

Ctrl+Shift+C

表 4  着信コールのキーボード ショートカット(Cisco UC Integration with IBM Sametime のメイン ウィンドウがアクティブである必要があります)
アクション キーボード アクセス

チャット

Ctrl+R(チャット ウィンドウを開きます)

応答

Ctrl+L

拒否

Ctrl+D

ウィンドウを閉じる(拒否と同等)

Alt+F4

表 5  アクティブな会話のキーボード ショートカット(Cisco UC Integration with IBM Sametime のメイン ウィンドウがアクティブである必要があります)
アクション キーボード アクセス

ビデオを開始する

Ctrl+Shift+V

全画面モードを開始する

Ctrl+Shift+F

全画面モードを終了する

Esc

セルフビュー ビデオの表示と非表示を切り替える

Ctrl+Shift+B

マイクのミュートとミュート解除を切り替える

Ctrl+↓

キーパッドを表示する

Ctrl+Shift+K

[詳細(More)](セカンダリ)メニューを開く

Ctrl+Shift+プラス(+)キー

音量を上げる

Ctrl+Shift+↑

音量を下げる

Ctrl+Shift+↓

通話の保留と再開を切り替える

Ctrl+Shift+H

通話をマージする

Ctrl+M

通話を転送する

Ctrl+Shift+T

通話をパークする

Ctrl+Shift+R

参加者を追加する

Ctrl+Shift+A

ビデオ表示のスタンドアロン ウィンドウとチャット ウィンドウを切り替える

Ctrl+Alt+P


(注)  


マージ、転送、またはパークに Tab キーを使用するには、最初に [詳細(More)](セカンダリ)メニューを開く必要があります。


表 6  ビデオ コールのキーボード ショートカット(Cisco UC Integration with IBM Sametime のメイン ウィンドウがアクティブである必要があります)
アクション キーボード アクセス

ビデオの開始と停止を切り替える

Ctrl+Shift+V

全画面モードを開始する

Ctrl+Shift+F

全画面モードを終了する

Esc

セルフビュー ビデオの表示と非表示を切り替える

Ctrl+Shift+F

表 7  グローバルなキーボード ショートカット(Cisco UC Integration for IBM Sametime のウィンドウは非アクティブ)
アクション キーボード アクセス

コールへの応答

Ctrl+L

マイクのミュートとミュート解除を切り替える(デスク フォン モードのみ)

Ctrl+↓

表 8  Cisco UC Integration for IBM Sametime ウィンドウがバックグラウンドにある場合のグローバルなキーボード ショートカット
アクション キーボード アクセス

コールへの応答

Ctrl+L

マイクのミュートとミュート解除を切り替える(デスク フォン モードのみ)

Ctrl+↓

 

このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。 このマニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。 このマニュアルに記載されている製品の使用は、すべてユーザ側の責任になります。

対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されています。 添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。

The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating system. All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.

ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されます。 シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をはじめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものとします。

Cisco and the Cisco logo are trademarks or registered trademarks of Cisco and/or its affiliates in the U.S. and other countries. To view a list of Cisco trademarks, go to this URL: http:/​/​www.cisco.com/​go/​trademarks. Third-party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1110R)

このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。 マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。 説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。