Cisco UC Integration for IBM Sametime インテグレーションガイド 9.1(1)
Integration のサイトの設定手順
Integration のサイトの設定手順
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Integration のサイトの設定手順

ローカル ディレクトリの設定

手順
    ステップ 1   ユーザが自分のワークステーションにインストールする Integration のファイルを保持するためのローカル作業ディレクトリを作成します。
    ステップ 2   次の URL にある Cisco Unified Communications with IBM Sametime のダウンロード ページへ移動します。

    https:/​/​communities.cisco.com/​community/​technology/​collaboration/​usergroups/​collaboration/​cuciibmeap/​downloads

    登録済み Cisco.com ユーザとしてサインインします。

    ステップ 3   Integration のファイルが格納された zip ファイルをダウンロードします。
    ステップ 4   この zip ファイルから「ステップ 1」で作成したディレクトリへファイルを抽出します。

    CD で Cisco UC Integration for IBM Sametime をシスコから注文することもできます。


    次の作業

    「コンフィギュレーション ツールでの Phone Control and Presence の設定」セクションに移動します。

    ファイルのアップロード

    アップロード サイトにファイルをアップロードするには、次の手順に従います。 アップデート サイトにコピーするファイルおよびフォルダは、新しいサイトを設定するか既存のサイトを修正するかによって異なります。

    • 新しいサイトへのファイルのアップロード
    • 既存のサイトへのファイルのアップロード

    新しいサイトへのファイルのアップロード

    ローカル作業ディレクトリ CUCIIBM_RELEASE_9.0.X(X は現在のリリース番号)にある UpdateSite ディレクトリ全体を、アップデート サイトをホストする Web サーバにコピーします。

    既存のサイトへのファイルのアップロード

    手順
      ステップ 1   アップデート サイト上の site.xml ファイルを、ローカル作業ディレクトリ CUCIIBM_RELEASE_9.0.X/UpdateSite(X は現在のリリース番号)にある site.xml ファイルのコピーに置き換えます。
      ステップ 2   ローカル作業ディレクトリ CUCIIBM_RELEASE_9.0.X/UpdateSite/features 内のすべてのファイルを、アップデート サイトの features ディレクトリにコピーします。
      ステップ 3   ローカル作業ディレクトリ CUCIIBM_RELEASE_9.0.X/UpdateSite/plugins 内のすべてのファイルを、アップデート サイトの plugins ディレクトリにコピーします。