Cisco UC Integration for IBM Sametime インテグレーション ガイド
Cisco UC Integration for IBM Sametime
Cisco UC Integration for IBM Sametime
発行日;2012/12/19   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco UC Integration for IBM Sametime

はじめに

Cisco Unified Communications Integration for IBM Sametime では、IBM Sametime 用にネイティブの音声と HD ビデオ機能が統合されるため、生産性が向上します。 また、Cisco Phone Control and Presence のステータスと、統合されたボイスメールおよび会話履歴も含まれます。 この統合により、スタンドアロンと IBM Lotus Notes 埋め込みクライアントの両方に対し、Cisco Call Control と IBM Sametime の IM および利用状況へのアクセスが可能になります。

この統合では、Sametime ユーザは次の Cisco UC の機能を利用できます。
  • 音声通話およびビデオ通話のための自分のコンピュータの利用
  • 自分の電話機を制御するための Cisco UC Integration for IBM Sametime の利用
  • XMPP を介した電話の利用状況
  • IBM Sametime クライアントからの Click to Call 機能
  • 統合されたビジュアル ボイスメールおよび会話履歴
  • ユーザは音声およびビデオ会議を簡単に作成および管理可能

マニュアル リソース

次のマニュアル リソースをユーザに提供します。

  • 問題、警告、製品の互換性に関する最新情報については、『Release Notes for Cisco UC Integration for IBM Lotus Sametime』を参照してください。
  • Integration のインストールおよび使用方法の詳細については、『Quick Start Guide for Cisco UC Integration for IBM Sametime』を参照してください。

検索のヒント

追加的な情報の検索には外部の検索サイト Google(http://www.google.com)を使用することを推奨します。 検索フィールドには、次の形式で文字列を入力してください。

<product name> <release number> <topic keywords> site:cisco.com

  • meetingplace 7.0 録音ディスク容量 site:cisco.com
  • mobility advantage 7.0 互換性マトリクス site:cisco.com
  • presence 7.0 ディザスタ リカバリ site:cisco.com