Cisco Jabber IM for iPhone アドミニストレーション ガイド
既知の問題
既知の問題
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

既知の問題

次の既知の問題は、Cisco Jabber IM for iPhone で発生します。

  • Cisco Jabber IM for iPhone を使用しているユーザが Cisco Jabber IM for BlackBerry を使用しているユーザに会議への招待を送信しても、BlackBerry ユーザはその招待を受け取りません。
  • Cisco Jabber にコールを発信しても、プレゼンスは [通話中(On a call)] に変化しません。 [通話中(On a call)] プレゼンスの状態が表示されるのは、ユーザが自分の iPhone を使用してコールを発信した場合のみです。
  • アプリケーションをバックグラウンドで実行中にネットワークが切断されると、接続を再確立するまでに最大 10 分間を要します。 これは iOS のバックグラウンド処理の制限です。
  • ユーザがアプリケーションをバックグラウンドに移行すると、プレゼンスの更新に最大 10 分間を要します。 これは iOS のバックグラウンド処理の制限です。
  • ユーザが完全にログインする前にアプリケーションをバックグラウンドにすると、ログイン プロセスが停止します。
  • 長い名前(Jabber ID やドイツ語の単語)は切り捨てられます。
  • アプリケーションへのログイン中にユーザがプロキシ設定を変更した場合、その設定を反映するため、ユーザはログアウトしてからログインし直す必要があります。
  • ネットワーク接続に問題がある場合、ユーザが自分のデバイス上で到達可能に見えても、実際にはアプリケーションがそのユーザに再接続しようとしていることがあります。 アプリケーションが再接続を試行している間、他のユーザは自分がオフラインと表示されます。
  • ユーザが社内の連絡先に VoIP で通話をしているときに GSM ネットワークで携帯電話の通話を受信し、その携帯電話の通話を拒否した場合、VoIP 通話は再開されますが音声が聞こえなくなります。
  • Cisco Unified Personal Communicator ユーザのみ:
    • ユーザがデスクトップとモバイルの両方にログインし、サードパーティ製 XMPP ユーザ(OCS/Sametime/AOL)とチャットしている場合、メッセージのルーティングとプレゼンス動作はクライアント側の実装であるため、一定ではありません。
    • 連絡先リストは、名と姓ではなく、完全修飾ドメイン名付きのユーザ名で表示されます。
    • ユーザが Cisco Unified Personal Communicator でステータスを [オフライン(Offline)] または [不在(Out of Office)] に設定して、Cisco Jabber IM for iPhone にログインすると、モバイル ステータスの更新が表示されません。 モバイル プレゼンスの変更は表示されません。 プレゼンスの状態は [不在(Out of Office)] のままになります。
  • Cisco WebEx Messenger のユーザのみ:
    • SSO 組織が CAS を通過するようにポリシーを設定した場合、ユーザは自分のユーザ名とパスワードを使用して CAS からログインできません。 ユーザは社内の IDMS ページからログインする必要があります。
  • iOS6 のみ:
    • すべてのボタンでアクセシビリティのためのボイス オーバーをサポートしているわけではありません。 これは、パッチ リリースで解決されます。