Cisco Jabber IM for iPhone アドミニストレーション ガイド
Cisco Jabber IM for iPhone の設定
Cisco Jabber IM for iPhone の設定
発行日;2013/02/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco Jabber IM for iPhone の設定

Setup Assistant は、最初に Cisco Jabber IM for iPhone を開始するか、新しい情報を追加するためにアカウント情報を削除した後で表示されます。 このアシスタントは設定プロセスを示し、Cisco Jabber IM for iPhone の設定に役立ちます。 この項には、この機能の使用に関する情報および手順が記載されています。

Cisco Jabber IM for iPhone の設定

Setup Assistant は、最初に Cisco Jabber IM for iPhone を開始するか、新しい情報を追加するためにアカウント情報を削除した後で表示されます。 このアシスタントは設定プロセスを示し、Cisco Jabber IM for iPhone の設定に役立ちます。 この項には、この機能の使用に関する情報および手順が記載されています。

アカウントの設定

ユーザは、Cisco Jabber IM for iPhone を使用して開始するアカウントを設定する必要があります。 アカウントの設定は、アプリケーションを初めて起動したとき、または既存のアカウントを削除した後で行います。 アカウントを設定するには、次の手順を使用します。

手順
    ステップ 1   アカウントの種類を選択します。

    Cisco Jabber IM for iPhone では Cisco WebEx Messenger または Cisco Unified Presence アカウントがサポートされます。 使用するアカウントの種類がわからない場合は、システム管理者にお問い合わせください。

    ステップ 2   アカウント資格情報を入力します。
    • Cisco WebEx Messenger アカウントではユーザ名とパスワードを指定する必要があります。
    • Cisco Unified Presence アカウントではユーザ名、パスワード、およびサーバ アドレスを指定する必要があります。

    一部の情報がない場合は、システム管理者にお問い合わせください。

    ステップ 3   [サインイン(Sign In)] を選択します。

    設定プロセス

    アプリケーションを初めて設定するユーザには、プロセスを順に示すアシスタントが表示されます。 アシスタントによって次のことが求められます。

    • [ユーザ情報(User Information)]:ユーザは完全修飾ユーザ名を指定します。 完全修飾ユーザ名は、電子メール アドレスのようです。 完全修飾ユーザ名の例には、example@cisco.comexample@alpha-cup.cisco.com があります。 この情報が不明な場合は、システム管理者にお問い合わせください。 アプリケーションは、ユーザ名に基づいてシングル サインオン(SSO)対応の組織があるかどうかを判別します。

      (注)  


      SSO は、Cisco WebEx Messenger の導入のみでサポートされます。


    • [シングル サインオン(Single Sign-On)]:アプリケーションが必要であると判断した場合、組織の SSO 認証ページが表示されます。 ページの指示に従って、SSO 資格情報を入力します。
    • [パスワード サインオン(Password Sign-On)]:SSO 環境以外のユーザは、SSO 認証ページが表示される代わりに、パスワードの入力を求められます。 Cisco Unified Presence ユーザは、サーバ アドレスの入力も求められます。 この情報が不明な場合は、システム管理者にお問い合わせください。

    すべての情報を正しく入力した場合、設定完了メッセージがユーザに表示されます。 情報を誤って入力した場合、ユーザは前の画面に移動できます。 アカウント情報は、[設定(Settings)] > [アカウント(Account)] > [アカウントを削除(Delete Account)] を選択することにより、いつでも変更できます。

    設定時のアカウントの管理

    ユーザは、設定プロセス中にアカウント管理の前のセクションに戻ることができます。 ユーザは、アカウントの種類を切り替えたり、[設定(Settings)] > [アカウント(Account)] > [アカウントを削除(Delete Account)] を選択してすべてのアカウント情報を削除したりできます。

    導入と配布

    Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションは Apple App Store から入手できます。 これは、Cisco Unified Presence ライセンスまたは Cisco WebEx Messenger アカウントを持つお客様用の無料のアプリケーションです。

    Cisco Unified Presence および VPN の設定

    次のものに VPN 設定を追加できます。

    • Cisco AnyConnect Secure Mobility Client:App Store から Cisco AnyConnect Secure Mobility Client アプリケーションをダウンロードします。 起動して、Cisco Unified Presence サーバ アドレスを入力します。
    • オンボード VPN:デバイスで [設定(Settings)] > [ネットワーク(Network)] > [VPN] > [設定の追加(Add Configuration)] を選択して、[IPSec] を選択します。 サーバ アドレスおよび Cisco Unified Presence 資格情報を入力します。

    複数リソースのログイン

    Cisco Jabber IM for iPhone では、ユーザは、Cisco WebEx Messenger または Cisco Unified Presence を使用して、デスクトップおよびモバイルの両方の IM クライアントに同時にログインできます。 これは、各クライアントに別々のリソース ID を送信することで実現されます。 Cisco WebEx Messenger のリソース ID は wbxconnectiphone です。 Cisco Unified Presence のリソース ID は JABBERIPHONE です。 リソース ID の使用については、Cisco WebEx Messenger または Cisco Unified Presence のマニュアルを参照してください。

    デスクトップ アプリケーションとモバイル アプリケーションに同時にログインした場合、両方のデバイスでメッセージを受信します。 チャットは、その後の応答に使用するデバイスに残ります。 ユーザがデスクトップからモバイル、またはモバイルからデスクトップに切り替えると、メッセージがそのリソースに送信されます。

    通知とアクセシビリティの設定変更

    Cisco Jabber IM for iPhone は、アプリケーションの通知およびアクセシビリティ オプションを制御します。 これらの制御を設定するには、次の手順を使用します。

    手順
      ステップ 1   [設定(Settings)] > [サウンド(Sounds)] を選択します。
      ステップ 2   サウンド オプションを設定します。
      ステップ 3   [設定(Settings)] > [バイブレーション(Vibrate)] を選択します。
      ステップ 4   バイブレーション通知オプションを設定します。
      ステップ 5   [設定(Settings)] > [ユーザ補助アイコン(Accessibility Icons)] を選択して、ユーザ補助アイコンをイネーブルまたはディセーブルにします。

      設定および通知

      Cisco Jabber IM for iPhone での設定および通知に関する次の項目に注意してください。

      • ユーザ設定の大部分はローカルに格納されます。 これらは、デスクトップ アプリケーションと Cisco Jabber IM for iPhone 間で共有されません。
      • ユーザは、その機能がイネーブルの場合、Cisco Jabber IM for iPhone がバックグラウンドで実行されているときにチャットや会議への招待などの通知を受信します。
      • Cisco Jabber IM for iPhone は、デフォルト デバイスのカレンダーを調べて、[ミーティング中(In a meeting)] ステータスを表示するタイミングを判別します。
      • アプリケーションがバックグラウンドに送信されると、[退席中に自動変更(Automatic Away)] ステータスの設定を制御するタイマーが開始されます。
      • [セッションのタイムアウト(Session Timeout)] 設定は、バッテリの消費を減らすために使用できます。 アプリケーションはこの設定を使用して、バックグラウンドでの実行が指定した分数経過した後でログアウトします。 この設定を行うには、[設定(Setting)] > [セッションのタイムアウト(Session Timeout)] に移動します。

      言語サポート

      Cisco Jabber IM for iPhone は次の言語をサポートします。

      • 英語
      • フランス語
      • イタリア語
      • ドイツ語
      • スペイン語(スペイン)
      • 中国語(繁体字)
      • 中国語(簡体字)
      • オランダ語(オランダ)
      • ポルトガル語(ブラジル)
      • 日本語
      • 韓国語
      • ロシア語

      Cisco Jabber IM for iPhone は、デフォルトでデバイスのオペレーティング システムの言語に設定されます。 デバイスのオペレーティング システムの言語がサポートされていない場合、Cisco Jabber IM for iPhone はデフォルトで英語に設定されます。 デバイスのオペレーティング システムの言語を変更するには、[設定(Settings)] > [一般(General)] > [国際(International)] > [言語(Language)] を選択します。