Cisco Jabber Guest Server 10.6 インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
Cisco Jabber Guest Server のアップグレード
Cisco Jabber Guest Server のアップグレード

Cisco Jabber Guest Server のアップグレード

Cisco Jabber Guest Server のアップグレード

Cisco Jabber Guest Server は、Microsoft Windows プラットフォームの vSphere 経由でアップグレードされます。 アップグレードは ISO ファイルとして提供され、ISO イメージに接続できる CD または DVD ドライブが必要です。

手順
    ステップ 1   JabberGuest-10.x.x.x.iso をダウンロードします。
    ステップ 2   vSphere を開きます。
    ステップ 3   アップグレードする仮想マシンを参照します。
    ステップ 4   仮想マシンを右クリックし、[コンソールを開く(Open console)] を選択します。
    ステップ 5   CD/DVD ドライブを ISO イメージに接続します。
    1. 仮想マシンのコンソールで、アイコン イメージがレンチ付きのディスクの [CD/DVD(CD/DVD)] ボタンをクリックします。
    2. [CD/DVD ドライブ 1(CD/DVD drive 1)] メニュー項目をクリックして、[ローカル ディスクの ISO イメージに接続...(Connect to ISO image on local disk...)] メニュー項目を選択します。
    3. [開く(Open)] ウィンドウで、ステップ 1 でダウンロードした ISO イメージを参照し、それをダブルクリックします。
    ステップ 6   仮想マシン コンソール内をクリックし、root としてサインインします。
    ステップ 7   /mnt ディレクトリの下に、CD/DVD ドライブのマウント場所として使用する cdrom という名前の新しいディレクトリを作成します。
    mkdir /mnt/cdrom
    ステップ 8   /mnt/cdrom に CD/DVD ドライブをマウントします。
    mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
    ステップ 9   ディレクトリを /mnt/cdrom に変更します。
    cd /mnt/cdrom
    ステップ 10   アップグレード スクリプトを実行します。
    bash upgrade
    ステップ 11   Cisco Jabber Guest Administration の最新バージョンがブラウザにロードされていることを確認するには、Cisco Jabber Guest Administration にサインインしている、または、Cisco Jabber Guest Administration サインイン ページがロードされているブラウザ インスタンスを更新します。