Cisco Jabber Guest Server 10.6 インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
Cisco Jabber Guest Server のインストール
Cisco Jabber Guest Server のインストール

Cisco Jabber Guest Server のインストール

概要

Cisco Jabber Guest は仮想サーバとして導入され、VMware サーバがホストとして機能する必要があります。 サーバのオペレーティング システムが、CentOS です。 Cisco Jabber Guest はオンプレミスの導入です。すべてのサービスがエンタープライズ ネットワークで設定、管理、維持されます。

Cisco Jabber Guest が OVA イメージとして提供され、手動で導入されます。

Cisco Expressway に対する Cisco Unified Communications Manager の設定の要約については、「Cisco Unified Communications Manager/Cisco Expressway 設定チェックリスト」の項を参照してください。

サーバのインストール

vCenter Server へのサーバのインストール

手順
    ステップ 1   vSphere にアクセス可能なドライブ上の場所に、.OVA をダウンロードするか、コピーします。
    ステップ 2   [vSphere Client(vSphere Client)] を開きます。
    ステップ 3   [ファイル(File)] > [OVF テンプレートの展開(Deploy OVF Template)] を選択します。
    ステップ 4   [ソース(Source)] 画面で、OVA パッケージの場所を参照して、[次へ(Next)] をクリックします。

    わかっていれば、URL を入力できます。

    ステップ 5   [OVF テンプレートの詳細(OVF Template Details)] 画面の詳細を確認し、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 6   [名前と場所(Name and Location)] 画面で仮想マシンの名前を入力し、場所を選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 7   [ホスト/クラスタ(Host/Cluster)] 画面で、仮想マシンの展開クラスタを選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 8   [ストレージ(Storage)] 画面で、仮想マシンのストレージ使用率を選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 9   [ディスク形式(Disk Format)] 画面で、仮想マシン ディスク(VMDK)のプロビジョニング形式を選択し、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 10   [ネットワーキングマッピング(Networking Mapping)] 画面で、OVA 導入の適切な宛先ネットワークを選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
    ステップ 11   [プロパティ(Properties)] 画面で、ネットワーク設定を入力し、[次へ(Next)] をクリックします。

    仮想マシンで DHCP がデフォルト値に設定されます。 スタティック IP アドレスを使用して仮想マシンを設定するには、以下の内容を入力してください。

    • IP アドレス

    • ネットワーク マスク

    • ホストネーム

    • ゲートウェイ IP アドレス:

    • 少なくとも 1 つの DNS サーバの IP アドレス

    重要:

    IP アドレスに先行ゼロを追加しないでください。 アドレスが意図したとおりに解決されません。

    ステップ 12   [終了(Finish)] をクリックします。

    次の作業

    作成後に仮想マシンを起動するには、コンソール ウィンドウで [電源オン(Power On)] を選択します。

    ネットワーク内に設置されたサーバの種類に応じて Cisco TelePresence Video Communication Server の適切な SIP トランクまたは Cisco Unified Communications Manager の適切なゾーンを設定します。


    (注)  


    仮想マシンが VLAN の IP アドレスを取得できない場合、これはネットワーク eth0 に関連しているブートアップ障害を示します。


    ESXi ハイパーバイザにサーバをインストール

    手順
      ステップ 1   vSphere にアクセス可能なドライブ上の場所に、.OVA をダウンロードするか、コピーします。
      ステップ 2   [vSphere Client(vSphere Client)] を開きます。
      ステップ 3   [ファイル(File)] > [OVF テンプレートの展開(Deploy OVF Template)] を選択します。
      ステップ 4   [ソース(Source)] 画面で、OVA パッケージの場所を参照して、[次へ(Next)] をクリックします。

      わかっていれば、URL を入力できます。

      ステップ 5   [OVF テンプレートの詳細(OVF Template Details)] 画面の詳細を確認し、[次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 6   [名前と場所(Name and Location)] 画面で仮想マシンの名前を入力し、場所を選択して、[次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 7   [ディスク形式(Disk Format)] 画面で、仮想マシン ディスク(VMDK)のプロビジョニング形式を選択し、[次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 8   [終了(Finish)] をクリックします。

      次の作業

      作成後に仮想マシンを起動するには、コンソール ウィンドウで [電源オン(Power On)] を選択します。


      (注)  


      仮想マシンで DHCP がデフォルト値に設定されます。 スタティック IP アドレスを使用して仮想マシンを設定する場合は、IP アドレス、ネットワーク マスク、ホスト名、ゲートウェイ IP アドレスと、少なくとも 1 つの DNS サーバの IP アドレスのプロパティの編集が必要です。


      ネットワーク内に設置されたサーバの種類に応じて Cisco TelePresence Video Communication Server の適切な SIP トランクまたは Cisco Unified Communications Manager の適切なゾーンを設定します。


      (注)  


      仮想マシンが VLAN の IP アドレスを取得できない場合、これはネットワーク eth0 に関連しているブートアップ障害を示します。


      Cisco Jabber Guest Administration へのサインイン

      Cisco Jabber Guest サーバはデフォルト クレデンシャルでセットアップされます。

      はじめる前に

      Windows 上の Cisco Jabber Guest Administration には次を使用してアクセスできます。

      • Google Chrome 18 以降

      • Microsoft Internet Explorer 8 以降(32 ビットのみ)

      • Mozilla Firefox 10 以降

      Mac 上の Cisco Jabber Guest Administration には次を使用してアクセスできます。

      • Apple Safari 5 以降

      • Google Chrome 18 以降

      • Mozilla Firefox 10 以降

      セッションは、非アクティブな状態が 30 分続くとタイムアウトします。

      手順
        ステップ 1   互換性のあるブラウザから、Cisco Jabber Guest サーバの IP アドレスまたはホスト名に移動し、URL に /admin/ を追加します。
        ステップ 2   [エイリアス(Alias)] に対して、「admin」と入力します。
        ステップ 3   [パスワード(Password)] に対して、「jabbercserver」と入力します。 パスワードは、初回サインイン時に変更する必要があります。
        ステップ 4   新しいパスワードを入力します。

        証明書のインストール

        Cisco Jabber Guest をインストールすると、自己署名証明書がデフォルトでインストールされます。 必要に応じて、次を実行できます。

        • 第三者(信頼できる認証局)によって署名された証明書をインストールする。

        • 追加の識別名情報を含む証明書をインストールする。

        • 中間証明書または全体証明書信頼チェーンを含む証明書をインストールする。

        Cisco Jabber Guest DER をインストールするサポートは証明書をエンコードし、証明書を PEM エンコードされた。

        重要:

        証明書署名要求は、証明書をインストールしたサーバ上で生成する必要があります。 そのため、Cisco Jabber Guest の新しいインストール用の新しい CA 署名証明書を取得するか、自己署名証明書を使用することをお勧めします。

        デフォルトでインストールされている証明書を使用する場合は、サーバのホスト名を変更した場合、新しい自己署名証明書を生成します。

        認証局によって署名された証明書をインストール

        次の手順は、識別名(DN)情報が Common Name=<ip address> のみで構成されている証明書署名要求を作成します。 組織から要求内に追加の DN 情報を含めるように要求されている場合は、手順「追加の識別名情報を含む証明書のインストール」内の指示に従ってください。

        Cisco Jabber Guest クラスタを導入済みの場合は、クラスタ内の各サーバに証明書をインストールする必要があります。

        新しい証明書署名要求を作成した場合、現在の証明書が無効になります。

        手順
          ステップ 1   管理者としての管理にCisco Jabber Guestログインします。
          ステップ 2   [設定(Settings)] をクリックして、[ローカルSSL証明書(Local SSL Certificate)] をクリックします。
          ステップ 3   [証明書署名要求オプション(Certificate Signing Request Options)] の下で、[証明書署名要求の新規作成(Create a New Certificate Signing Request)] をクリックします。
          ステップ 4   [証明書署名要求のダウンロード(Download a certificate signing request)] をクリックします。 csr.pem という名前の 4096 ビット証明書署名要求がダウンロードされます。
          ステップ 5   信頼できる認証局に証明書署名要求を送信します。
          ステップ 6   認証局から署名付き証明書を受信した後、
          1. [ファイルの選択(Choose File)] をクリックします。
          2. 署名付き証明書を開きます。
          3. [認証局の署名付き証明書をインストール(Install a Certificate Authority Signed Certificate)] をクリックします。
          [証明書のステータス(Certificate Status)] に、次のメッセージが表示されます。

          このシステムには、認証局の署名付き証明書があります(This system has a certificate authority signed certificate)

          ステップ 7   仮想マシンを再起動します。
          1. vSphere Client を開きます。
          2. 仮想マシンとテンプレートのインベントリ ツリーで、仮想マシンを右クリックします。
          3. [電源(Power)] > [ゲストをリスタート(Restart Guest)] を選択します。

          追加の識別名情報を含む証明書のインストール

          Cisco Jabber Guest Administration を使用して証明書署名要求を作成する場合は、要求内の識別名(DN)情報が Common Name=<ip address> のみで構成されます。 組織から組織名や地域名などの追加の DN 情報を含めるように要求されている場合は、次の手順を使用します。

          Cisco Jabber Guest クラスタを導入済みの場合は、クラスタ内の各サーバに証明書をインストールする必要があります。

          新しい証明書署名要求を作成した場合、現在の証明書が無効になります。

          手順
            ステップ 1   root としてサーバにログインします。
            ステップ 2   ディレクトリを /opt/cisco/webcommon/scripts に変更します。
            /opt/cisco/webcommon/scripts
            
            ステップ 3   createcsr スクリプトを実行します。
            ./createcsr.sh
            
            ステップ 4   画面上の指示に従って、国名、都道府県名、地域名、組織名、組織ユニット名、共通名などの追加の DN 情報を入力します。 情報を入力したら、csr ファイルがステップ 7 でダウンロードした場所に保存されます。
            ステップ 5   Cisco Jabber Guest Administration に管理者としてサインインします。
            ステップ 6   [設定(Settings)] をクリックして、[ローカルSSL証明書(Local SSL Certificate)] をクリックします。
            ステップ 7   [証明書署名要求オプション(Certificate Signing Request Options)] で、[証明書署名要求のダウンロード(Download a certificate signing request)] をクリックします。 csr.pem という名前の 4096 ビット証明書署名要求がダウンロードされます。
            ステップ 8   信頼できる認証局に証明書署名要求を送信します。
            ステップ 9   認証局から署名付き証明書を受信した後、
            1. [ファイルの選択(Choose File)] をクリックします。
            2. 署名付き証明書を開きます。
            3. [認証局の署名付き証明書をインストール(Install a Certificate Authority Signed Certificate)] をクリックします。
            [証明書のステータス(Certificate Status)] に、次のメッセージが表示されます。

            このシステムには、認証局の署名付き証明書があります(This system has a certificate authority signed certificate)

            ステップ 10   仮想マシンを再起動します。
            1. vSphere Client を開きます。
            2. 仮想マシンとテンプレートのインベントリ ツリーで、仮想マシンを右クリックします。
            3. [電源(Power)] > [ゲストをリスタート(Restart Guest)] を選択します。

            中間証明書または証明書信頼チェーン全体を含む証明書のインストール

            Cisco Jabber Guest サーバ証明書と中間証明書を含む、または、Cisco Jabber Guest サーバ証明書、中間証明書、およびルート証明書を含む複合証明書ファイルをアップロードできます。

            Cisco Jabber Guest クラスタを導入済みの場合は、クラスタ内の各サーバに証明書をインストールする必要があります。

            新しい証明書署名要求を作成した場合、現在の証明書が無効になります。

            手順
              ステップ 1   管理者としての管理にCisco Jabber Guestログインします。
              ステップ 2   [設定(Settings)] をクリックして、[ローカルSSL証明書(Local SSL Certificate)] をクリックします。
              ステップ 3   [証明書署名要求オプション(Certificate Signing Request Options)] の下で、[証明書署名要求の新規作成(Create a New Certificate Signing Request)] をクリックします。
              ステップ 4   [証明書署名要求のダウンロード(Download a certificate signing request)] をクリックします。 csr.pem という名前の 4096 ビット証明書署名要求がダウンロードされます。
              ステップ 5   信頼できる認証局に証明書署名要求を送信します。
              ステップ 6   認証局から署名付き証明書を受け取ったら、メモ帳などのテキスト エディタで開きます。
              ステップ 7   中間証明書をダウンロードします。
              ステップ 8   Cisco Jabber Guest 証明書で、-----END CERTIFICATE----- の後ろに、中間証明書の本文全体を貼り付けます。
              (注)     
              両方の証明書の開始タグと終了タグが含まれていることを確認します。 結果は次のようになります。
              ----BEGIN CERTIFICATE----- 
              (Cisco Jabber Guest certificate) 
              -----END CERTIFICATE----- 
              -----BEGIN CERTIFICATE----- 
              (Your intermediate certificate) 
              -----END CERTIFICATE----- 
              
              ステップ 9   (任意)複合証明書ファイルにルート証明書を追加する場合:
              1. ルート証明書をダウンロードします。
              2. Cisco Jabber Guest 証明書で、中間ファイルの -----END CERTIFICATE----- の後ろに、ルート証明書の本文全体を貼り付けます。
                (注)     
                3 つすべての証明書の開始タグと終了タグが含まれていることを確認します。 結果は次のようになります。
                ----BEGIN CERTIFICATE----- 
                (Cisco Jabber Guest certificate) 
                -----END CERTIFICATE----- 
                -----BEGIN CERTIFICATE----- 
                (Your intermediate certificate) 
                -----END CERTIFICATE----- 
                -----BEGIN CERTIFICATE----- 
                (Your root certificate) 
                -----END CERTIFICATE-----
                
              ステップ 10   ファイル内に他の書式設定が含まれていないことを確認します。
              ステップ 11   複合証明書ファイルを保存します。
              ステップ 12   Cisco Jabber Guest Administration に管理者としてサインインします。
              ステップ 13   [設定(Settings)] をクリックして、[ローカルSSL証明書(Local SSL Certificate)] をクリックします。
              ステップ 14   [ファイルの選択(Choose File)] をクリックして、複合証明書ファイルを開き、[認証局の署名付き証明書をインストール(Install a Certificate Authority Signed Certificate)] をクリックします。 [証明書のステータス(Certificate Status)] に、次のメッセージが表示されます。

              このシステムには、認証局の署名付き証明書があります(This system has a certificate authority signed certificate)

              ステップ 15   仮想マシンを再起動します。
              1. vSphere Client を開きます。
              2. 仮想マシンとテンプレートのインベントリ ツリーで、仮想マシンを右クリックします。
              3. [電源(Power)] > [ゲストをリスタート(Restart Guest)] を選択します。

              自己署名証明書を生成

              デフォルトでインストールされる自己署名証明書を使用していて、サーバのホスト名を変更する場合は、新しい自己署名証明書を生成しなければなりません。

              新しい自己署名証明書を生成する場合、現在の証明書が無効になります。

              手順
                ステップ 1   管理者としての管理にCisco Jabber Guestログインします。
                ステップ 2   [設定(Settings)] をクリックして、[ローカルSSL証明書(Local SSL Certificate)] をクリックします。
                ステップ 3   [新しい自己署名証明書を生成(Generate a New Self-Signed Certificate)] を新しく生成します。 「Update Successful(正常に更新されました)」というメッセージが表示されます。
                ステップ 4   仮想マシンを再起動します。
                1. vSphere Client を開きます。
                2. 仮想マシンとテンプレートのインベントリ ツリーで、仮想マシンを右クリックします。
                3. [電源(Power)] > [ゲストをリスタート(Restart Guest)] を選択します。

                Cisco Jabber Guest サーバの CLI にサインイン

                Cisco Jabber Guest サーバのコマンドライン インターフェイス(CLI)は、デフォルト クレデンシャルでセットアップされます。

                手順
                  ステップ 1   ユーザ ID に root と入力します。
                  ステップ 2   パスワードに jabbercserver と入力します。 パスワードは、初回サインイン時に変更する必要があります。
                  ステップ 3   新しいパスワードを入力します。

                  サーバのタイムゾーンを変更

                  デフォルトでは、サーバのタイム ゾーンは協定世界時(UTC)に設定されます。 タイム ゾーンを変更するには、次の手順を実行します。

                  タイム ゾーンの変更はすぐに反映されます。

                  手順
                    ステップ 1   root としてサーバにログインします。
                    ステップ 2   date コマンドを実行して、現在のタイム ゾーンを確認します。 日時が以下の形式で表示されます。ddd mmm dd hh:mm:ss UTC yyyy。 例: Fri Dec 20 16:57:18 UTC 2013
                    ステップ 3   ディレクトリを /opt/cisco/webcommon/scripts に変更します。
                    cd /opt/cisco/webcommon/scripts
                    ステップ 4   timezone スクリプトを実行します。
                    ./timezone
                    ステップ 5   画面の指示に従います。
                    ステップ 6   確認メッセージで、「はい」に対して 1 と入力します。
                    ステップ 7   date コマンドを実行して、サーバがタイム ゾーンに設定されていることを確認します。
                    ステップ 8   Tomcat を再起動します。
                    service tomcat-as-standalone.sh restart