Cisco Jabber Guest Server 10.0 インストレーション/コンフィギュレーション ガイド
はじめる前に
はじめる前に

はじめる前に

インフラストラクチャの要件

サポートするインフラストラクチャは、Cisco Jabber Guest を導入し、構成する前に配置されている必要があります。 既存の Cisco Jabber Guest のインストール用として Cisco Unified Communications Manager を導入する必要があります。

次の項では、Cisco Jabber Guest インフラストラクチャ要件の概要を説明します。 これらの要素はアプリケーションを導入する前に配置されている必要があります。

次のものを、Cisco Jabber Guest が企業ファイアウォールの内側にあるエンドポイントにアクセスできるように配置する必要があります。
  • Cisco Expressway-C 8.2 以降

  • Cisco Expressway-E 8.2 以降


    (注)  


    • 同じ Cisco Expressway-CCisco Expressway-E の組み合わせ、あるいは Cisco Jabber Guest と Expressway for Mobile and Remote Access の両方のクラスタを使用できません。

    • Cisco Jabber Guest は、Cisco Expressway-ECisco Expressway-C の組み合わせで導入するか、代わりにCisco VCS-E および VCS-C の組み合わせで導入できます。 ドキュメントを簡素化するため、このマニュアル全体を通じて、Cisco Expressway-ECisco Expressway-C だけを参照します。


  • Cisco Jabber Guest サーバ

  • Cisco Unified Communications Manager 8.6 x 以降。

仮想マシンのインフラストラクチャ

Cisco Jabber Guest は、仮想環境で稼働する仮想アプライアンスをパッケージ化し、配信するオープン仮想フォーマット(OVF)を使用する仮想サーバとして導入されます。 また、ハイパーバイザとして VMware vSphere が必要です。 シスコは、配信をファイル拡張子 .OVA のある OVF ファイルとして公開します。 このファイルには、アプリケーション向けの OVF テンプレートが含まれます。 OVF テンプレートは、仮想マシンのハードウェアを定義するもので、必要なソフトウェアが事前に読み込まれています。

ハードウェアおよびシステム要件

VMware vSphere 5. x 以降の VMware の互換性ガイドに適合するサーバ プラットフォームが必要です。 Cisco Jabber Guest 仮想マシンは CentOS 6.5 の 64 ビットの分配を使用します。 サーバ プラットフォームは 64 ビットの指示が可能な CPU を使用する必要があります。

Cisco Jabber Guest は、2.53 GHz 以上の最小物理コア速度の Intel Xeon プロセッサ 5600 で始まる任意のフル UC パフォーマンス CPU でサポートされます。 Cisco Jabber Guest は、制限された UC パフォーマンス CPU ではサポートされません。 フル UC パフォーマンス CPU および制限された UC CPU パフォーマンス CPU の詳細については、「UC Virtualization Supported Hardware」「Processors/CPUs」のセクションを確認してください。http:/​/​docwiki.cisco.com/​wiki/​UC_​Virtualization_​Supported_​Hardware#Processors_​.2F_​CPUs

Cisco Jabber Guest が必要な仕様を満たすサーバ モデルで許可されていますが、Cisco Jabber Guest のサポートは UCS ルールの UC と同じで、アプリケーションの混在/TRC サポート ポリシーの対象となります。 パフォーマンスの問題が Cisco Business Edition 6000(BE6000)、Cisco Business Edition 7000(BE7000)またはその他のコンテキストで発生した場合、Cisco Jabber Guest がOff-Boxを移動する必要があります。

BE6000 または BE7000 の導入では、Cisco Jabber Guest が非 Business Edition アプリケーションと見なされます。 詳細については、「Cisco Business Edition 6000 and Cisco Business Edition 7000 Co-residency Policy Requirements」を確認してください。http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​td/​docs/​voice_ip_comm/​cucm/​BE6000/​Coresidency/​10-x/​BE6K_​coRes.html

設定とハードウェア要件の詳細については、VMware 開発者のマニュアルを参照してください。 パフォーマンスを簡素化し、最大化するために、Cisco Unified Computing System (CUCS) を使用することを強く推奨します。

関連情報

サポートされるストレージ モデル

Cisco Jabber Guest は次のバックエンド ストレージ モデルをサポートします。
  • ダイレクト アタッチト ストレージ

  • SAN

  • NAS

iSCSI を使用する場合、1 Gb/秒以上のネットワーク接続が必要です。 10 Gb/秒の Fibre Channel over Ethernet 接続が優先されます。

仮想マシン(OVA)仕様

表 1 仮想マシンの仕様

RAM

CPU

ストレージ

オペレーティング システム(Operating System)

CPU リソースの割り当て

メモリ リソースの割り当て

4 GB

1 台のコアそれぞれに対して 2 個の論理 CPU

100 GB

CentOS 6.5 64 ビット

デフォルト(定義されません)

デフォルト(定義されません)

VMware vSphere 機能のサポート

次の VMware vSphere 機能がサポートされます。
  • VM の OVA テンプレート導入(シスコが提供する Cisco Jabber Guest OVA を使用)

  • VMware vMotion

  • VMware vSphere Distributed Switch(vDS)

  • VMware Dynamic ResourceScheduler(DRS)

  • VMware Storage vMotion(ストレージ DRS)

  • VMware 仮想マシンのスナップショット

スナップショットを移動するか作成する前にアプリケーションが問題なくシャットダウンされた場合、VMware ESXi の別のホストで Cisco Jabber Guest をリスタートし、VMware スナップショットを作成または復帰することができます。

次の VMware vSphere 機能は、Cisco Jabber Guest でテストされていません。
  • VMware Site Recovery Manager(SRM)

  • VMware Consolidated Backup(VCB)

  • VMware Data Recovery(VDR)

  • VMware Dynamic Power Management(Cisco Jabber Guest を 24 時間/週 7 日実行できるように設定する必要があります)

  • Long Distance vMotion (WAN を介した vMotion)

  • VMware Fault Tolerance(FT)

次の VMware vSphere およびサードパーティ機能は、Cisco Jabber Guest ではサポートされません。
  • VMware Hot Add

  • Cisco Jabber Guest 仮想マシンのコピー(OVA を使用して新しいサーバを導入する必要があります)

  • 複数の仮想ネットワーク インターフェイス コントローラ(vNIC)によって Cisco Jabber Guest を設定

  • サード パーティの V2P 移行ツール

  • サードパーティの導入ツール

ユニファイド コミュニケーションのインフラストラクチャ

Cisco Jabber Guest では、Cisco Unified Communications ManagerCisco TelePresence Video Communication Server と連携するように設定されている必要があります。 Cisco Jabber GuestCisco Unified Communications Manager 8.6 x 以降とともに導入する必要があります。

Cisco Expressway-CCisco Expressway-E

Cisco Jabber Guest サーバを導入する前に、Cisco Expressway-ECisco Expressway-C を用意する必要があります。 Cisco Expressway-CCisco Expressway-E を使用しないと、Cisco Jabber Guest サーバがホーム接続されているネットワークに直接アクセスできるクライアントのテストに限定されます。

詳細については、『Cisco Expressway Administrator Guide』、導入ガイド、リリース ノートをダウンロードしてください。Cisco Expressway で使用可能なオプションの設定の詳細については、オンライン ヘルプを参照してください。

リバース プロキシ サーバ

Cisco Expressway-ECisco Expressway-CCisco Jabber Guestクライアントから Cisco Jabber Guest サーバへ HTTP のトンネリングを実行するために使用できます。 ただし、サード パーティのリバース プロキシを使用する場合、次の URL タイプだけのプロキシを行うように設定する必要があります。
  • /call

  • /jabberc

  • /jc

任意の HTTP リクエストを HTTPS にリダイレクトするよう、リバース プロキシを設定する必要があります。

ライセンス要件

Cisco Jabber Guest のライセンスは、User Connect Licensing(UCL)、Cisco Unified Workspace Licensing(CUWL)、および他の注文メカニズムを使用して取得されます。 オーダーの詳細については、シスコ パートナーまたはシスコの営業担当者にお問い合わせください。 Cisco Jabber Guest ソフトウェアには、ライセンス キーは提供されていないか、必須ではありません。

次の表では、Cisco Expressway を Cisco Jabber Guest とともに使用するためのライセンス要件について説明します。

表 2 Cisco Expressway を Cisco Jabber Guest とともに使用するためのライセンス要件

ライセンス

要件

コメント

リッチ メディア セッション ライセンス

2 つのリッチ メディア セッション ライセンスが各 Cisco Jabber Guest セッションに必要です。
  • Cisco Expressway-E セッションに対応する Cisco Jabber Guest の 1 つのリッチ メディア セッション ライセンス

  • Cisco Expressway-C セッションに対応する Cisco Jabber Guest の 1 つのリッチ メディア セッション ライセンス

 

TURN リレー ライセンス

Cisco Expressway でライセンスされる TURN

Cisco Expressway を注文すると、TURN リレー ライセンスが含まれます。

Advanced Networking(AN)ライセンス

Cisco Jabber Guest がデュアル NIC の導入時にインストールされる場合、Cisco Expressway に AN ライセンスが必要です。

Cisco Expressway を注文すると、AN ライセンスが含まれます。

次の表では、Cisco Jabber Guest とともに Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)を使用するためのライセンス要件について説明します。

表 3 Cisco VCS を Cisco Jabber Guest とともに使用するためのライセンス要件

ライセンス

要件

コメント

トラバーサル コール ライセンス

2 つのトラバーサル コールのライセンスが Cisco Jabber Guest セッションごとに必要です。
  • Cisco Jabber Guest セッションの VCS-E の 1 つのトラバーサル コール ライセンス

  • Cisco Jabber Guest セッションの VCS-C の 1 つのトラバーサル コール ライセンス

 

TURN リレー ライセンス

Cisco VCS でライセンスされる TURN

Cisco VCS を注文すると、TURN リレー ライセンスが含まれます。

デュアル ネットワーク インターフェイス(DI)ライセンス

Cisco Jabber Guest がデュアル NIC の導入時にインストールされる場合、Cisco VCS に DI ライセンスが必要です。

Cisco VCS を注文すると、DI リレー ライセンスは含まれません。 明確に本ライセンスを選択する必要があります。

Cisco Jabber Guest クライアントの要件

発信者には、以下のソフトウェアとハードウェアの要件をサポートするカメラとマイクを備えたマルチメディア対応コンピュータが必要です。
表 4 クライアントの要件
 

PC 要件

Mac 要件

オペレーティング システム

Microsoft Windows Vista Service Pack 2 (SP2)以降

Apple Mac OS X 10.7(Lion)以降

ハードウェア

OpenGL 1.2 以降で対応可能な GPU

SSE2 Pentium IV(またはそれ以降)をサポートする最小 CPU

720p 30fps 符号化には Intel Core2Duo @ 1.2 GHz またはそれ以上が必要です。

VGA 30fps 符号化は Intel Atom(1.6 GHz)といった低コストの CPU で対応可能です。

Intel x86 プロセッサ搭載の Apple コンピュータ

720p 30fps 符号化には Intel Core2Duo @ 1.2 GHz またはそれ以上が必要です。 最適なエクスペリエンスのためにコアあたり 2 MB L2 キャッシュの Core2Duo @ 2GHz を推奨します。

ブラウザ

Mozilla Firefox 10 以降

Google Chrome 18 以降

Microsoft Internet Explorer 8 以降(32 ビットのみ)
(注)      Windows 8 以降は、デスクトップ バージョンのみサポートされます。 Metro バージョンは動作しません。
1

Apple Safari 5 以降

Mozilla Firefox 10 以降2

Google Chrome 18 以降

1 デスクトップ バージョンを開くために、Windows 8 以降の Internet Explorer を設定するには、以下の手順に従ってください。
  1. Microsoft Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール(Tools)] メニューの [インターネット オプション(Internet options)] をクリックします。
  3. [プログラム(Programs)] タブをクリックします。
  4. [Internet Explorer を起動(Opening Internet Explorer)] で、[デスクトップでは常に Internet Explorer(Always in Internet Explorer on the desktop)] を選択します。
2 現在、Mac OS X 上の Firefox の既知の問題により、全画面ビデオが機能しません。 このオプションは、ブラウザとオペレーティング システムのこの組み合わせに対して提供されていません。

ブラウザ プラグイン

Cisco Jabber Guest ソリューションには、発信者がローカル マシンにダウンロードおよびインストールするブラウザ プラグインが含まれます。 Cisco Jabber Guest Web ページでは、発信者が初めてサービスを利用するときに、プラグインをダウンロードするよう促すメッセージが表示されます。

修正プログラムや新機能に伴い、定期的に新しいプラグインをご利用になれます。 次回、電話をかけようとすると、新しいプラグインをダウンロードしてインストールするようメッセージが表示されます。

サポートされる言語

Cisco Jabber Guest のモバイルと Web のクライアントは次の言語で利用可能です。Cisco Jabber Guest Administration は、英語のみで提供されます。

(注)  


ブラウザ プラグインのインストールはローカライズされていません。


  • アラビア語

  • 中国語(中国)

  • 中国語(台湾)

  • チェコ語

  • デンマーク語

  • オランダ語

  • フィンランド語

  • フランス語

  • ドイツ語

  • ギリシャ語

  • ヘブライ語

  • イタリア語

  • 日本語

  • 韓国語

  • ノルウェー語

  • ポーランド語

  • ポルトガル語(ブラジル)

  • ポルトガル語(ポルトガル)

  • ロシア語

  • スペイン語

  • スウェーデン語

  • トルコ語

サポートされているモバイル デバイス

iOS 向けの Cisco Jabber Guest が iOS 7.0 以降でサポートされています。

次の iOS モバイル デバイスがサポートされます。
  • iPad 4

  • iPad 3

  • iPad 2

  • iPad Air

  • iPad mini

  • iPad mini Retina ディスプレイ

  • iPhone 5S

  • iPhone 5C

  • iPhone 5

  • iPhone 4S