Cisco Jabber Guest 10.0 Administration ガイド
機能
機能

機能

通話リンク

Cisco Jabber Guest の通話リンクを使用すると、アカウントの作成、パスワードの設定、あるいは別の方法による認証を行う必要がなく、誰でも企業のエンドポイントにクリックツーコールを実行できるようになります。

Cisco Jabber Guest Web クライアントはリンクをクリックすると立ち上がります。 このプロセスにより、ユーザが電話をかける方法が大幅に効率化します。提供されたリンクをクリックするだけです。 リンクに関連付けられた宛先にビデオ通話を簡単にかけられるようになります。

Cisco Jabber Guest サーバは、これを使用して電話をかけるときに、リンクがデータベースに存在するかどうかを判断します。 リンクが存在する場合、通話に対応する以下の動作パラメータがデータベースから取得されます。

  • 宛先エンドポイント

  • 発信者 ID

  • 受信者 ID

  • 時刻

リンクがデータベースに登録されていない場合、サーバは [アドホック リンクを許可(Allow Adhoc Links)] 設定をオンにします。 アドホック リンクが有効な場合、サーバは /call/ の右側にストリングをルート ストリングとして使用して Cisco Expressway または Cisco Unified Communications Manager へ発信します。 設定が無効な場合、リンクがデータベースに存在しない限り、通話はルーティングされません。 アドホック リンクは、Cisco Jabber Guest Administration から有効化されます。

通話は、任意の Cisco Unified Communications Manager エンドポイントに電話番号 (DN) をダイヤルすることで行うことができます。 URI のダイヤルが有効になっている場合は、URI を使用して電話をかけることもできます。

通話リンクは次の形式で構築されます。

https://example-jabberc/call/DN または UserID@example.com

次の表は、リンクが構築される方法の例をいくつか示したものです。

表 1 リンク URL の例
URL 注記

http://example-jabberc.com/call/janedoe@example.com

URI のリンクは、URI のダイヤルが有効なエンドポイントでのみ動作します。

http://example-jabberc.com/call/5309@example.com

4 桁の DN は、同じクラスタにホームされるエンドポイントでのみ動作します。

http://example-jabberc.com/call/17011701@example.com

8 桁の DN は、同じドメイン内のすべてのエンドポイントで動作します。


(注)  


ドメイン選択は任意です。 提供されている場合、Cisco Unified Communications Manager で設定されているエンタープライズ ドメインに一致させる必要があります。 ドメインがアドホック リンクで指定されていない場合、このサーバの SIP ドメイン([設定(Settings)] > [コール制御とメディア(Call Control and Media)])が使用されます。


アドホック通話リンク

アドホック リンクはデフォルトで無効であり、Cisco Jabber Guest Administration から有効にできます。

通話リンクは Cisco Jabber Guest サーバのデータベースのエントリ、またはデータベースに存在しないアドホック リンクです。