音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for iPhone

よく寄せられる質問(FAQ):Cisco Jabber Voice 9.1(6) for iPhone

Cisco Jabber Voice for iPhone
発行日; 2014/04/24 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック

Frequently Asked Questions

Cisco Jabber Voice for iPhone

Cisco Jabber Voice for iPhone は iPhone および iPod touch のためのアプリケーションであり、App Store から入手できます。 Cisco Jabber Voice for iPhone では、インターネットまたはモバイル ボイス ネットワークを使用して仕事の通話を管理できます。

重要:

このリリースでは、Cisco Jabber for iPhone は Cisco Jabber Voice for iPhone という名称に変更されています。

Cisco Jabber Voice は近々リリースされる Cisco Jabber for iPhone アプリケーションとは異なる製品です。Cisco Jabber for iPhone アプリケーションでは、チャット、プレゼンス、音声およびビデオ通話、ボイス メール、会議のエスカレーションが提供されます。

オフィスにいるときは、社内ネットワークに直接接続します。 オフィスから離れているときは、任意の Wi-Fi 接続を使用できますが、会社のネットワークへの VPN 接続も使用する必要があります。 Cisco Jabber Voice for iPhone を使用するには、この VPN 接続を設定しておく必要があります。 サポートが必要な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

この FAQ で説明されている機能は Cisco Jabber Voice for iPhone の設定によって異なります。 組織によっては、このマニュアルで説明する機能の一部をサポートしていない場合があります。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

通話の音声品質は、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク接続によって異なります。 モバイル データ ネットワークまたは社外 Wi-Fi ネットワークを使用した場合、Cisco Technical Assistance Center(TAC)は、音声の品質の問題を解決できません。

基本


Q. 

Cisco Jabber Voice の機能について教えてください。

A. 

Cisco Jabber Voice を使用して、次のことが可能です。

  • ネットワーク番号を使用して、通話を発信および受信する。
  • 電話会議、コール転送、コール パークなど、高度な通話機能を使用する。
  • 仕事用のボイスメール システムにアクセスする。
  • 社内ディレクトリを検索する。
  • 連絡先のレポート構造に関する情報を表示する。
  • 連絡先との IM チャット セッションを起動する。
  • Cisco Jabber Voice を使用して管理した通話の通話履歴を表示する。
  • デスクフォンと iOS デバイス間で通話を移動する。
  • 音声ダイヤルを使用し、相手の名前を発音して同僚にコールする。

Q. 

Cisco Jabber Voice を初めて設定する場合、どうしたらよいですか。

A. 

Jabber がまだ設定されていない場合、Cisco Jabber Voice の設定を手動で入力できます。

会社で利用する次の機能の設定に必要な情報については、システム管理者に確認してください。

  • 電話機サービス
  • ボイスメール
  • 社内ディレクトリ

Cisco Jabber Voice をインストールした後、次の手順を実行してアプリケーションを設定します。


(注)  


システム管理者は、会社の Cisco Jabber Voice 設定に応じて、一部またはすべてのフィールドの値を事前に入力できます。


  1. [ようこそ(Welcome)] 画面で、[アカウント設定の入力(Enter Account Settings)] をタップします。
  2. [開始(Begin)] をタップします。
  3. Unified Communications Manager の設定画面で、[続行(Continue)] をタップして次の手順を実行します。
    1. [デバイス ID(Device ID)] フィールドに、デバイス ID を入力します。
    2. [TFTP サーバ(TFTP Server)] フィールドに、TFTP サーバの IP アドレスを入力します。
    3. [保存(Save)] をタップします。
    4. プロンプトが表示されたら、SIP ダイジェスト認証のユーザ名とパスワードを入力します。 SIP ダイジェスト認証とは、社内の通話システムがデバイスの認証に使用するセキュリティ方式です。
  4. [はい(Yes)] をタップして [ボイスメール(Voicemail)] の設定を入力します。
    • ユーザ名(Username)
    • パスワード(Password)
    • サーバ(Server)
    • ポート(Port)
  5. [保存(Save)] をタップします。
  6. [はい(Yes)] をタップして [社内ディレクトリ(Corporate Directory)] の設定を入力します。
    • サーバ(Server)
    • ポート(Port)
    • 検索ベース(Search Base)
    • ユーザ名(Username)
    • パスワード(Password)
  7. 必要に応じて [SSL を使用(Use SSL)] をオンにします。
  8. [保存(Save)] をタップします。

Q. 

画面の下にあるアイコンは、何のアイコンですか。

A. 

アイコン 説明



[お気に入り(Favorites)]:頻繁に電話をかける仕事用の連絡先を Cisco Jabber Voice の [お気に入り(Favorites)] に追加します。



[履歴(Recents)]:Cisco Jabber Voice を使用して発信および受信した通話、不在着信の履歴を表示します。



[連絡先(Contacts)]:iOS デバイスの [連絡先(Contacts)] へのアクセスや社内ディレクトリの検索を行います。



[キーパッド(Keypad)]:番号を直接ダイヤルします。



[ボイスメール(Voicemail)]:仕事用のボイス メッセージを表示および再生します。

Q. 

新しい Cisco Jabber Voice で通話とボイス メッセージが通知されません。 どうすればいいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice の通知が表示されるようにするには、次の手順を実行します。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。
  5. Cisco Jabber Voice のアイコンに不在着信またはボイス メッセージの件数を表示するには、[App アイコン バッジ表示(Badge App Icon)] をオンにします。
  6. バックグラウンドで実行中の Cisco Jabber Voice の呼び出し音を鳴らす場合は、[サウンド(Sounds)] をオンにします。
  7. 電話のロック時に Cisco Jabber Voice の呼び出し音を鳴らすかアラートを表示する場合は、[ロック画面に表示(View in Lock Screen)] をオンにします。

Q. 

Cisco Jabber Voice の一部の機能が表示されません。 どうすればアクセスできますか。

A. 

システム管理者に問い合わせてください。 あらかじめ管理者による設定が必要な機能が多く存在します。

Q. 

ステータス バーのアイコンの意味を教えてください。

A. 

アイコンは、接続ステータスを示します。 アイコンをタップすると、その接続ステータスの詳細が表示されます。

アイコン 説明



接続中で(管理者がアクティブにした)すべての Cisco Jabber Voice の機能を使用できます。

電話機サービス機能は使用できますが、ボイスメール、社内ディレクトリ、または統合されたデスクフォンなど、他のサービスのいずれかとの接続中にエラーが発生しています。 アイコンをタップすると、どの機能が使用できないかの詳細が表示されます。 システム管理者に問い合わせて、サポートを依頼してください。

Cisco Jabber Voice で電話機サービスとの接続を確立できません。

デバイスがモバイル データ ネットワークに接続されているため、電話機サービスは無効です。 このインジケータは、管理者がオフィス経由のダイヤル機能を有効にしなかった場合にのみ適用されます。 モバイル データ ネットワークで電話機サービスを使用するには、[モバイルデータネットワークの接続(Mobile Data Network Connections)] の下で、[設定(Settings)] アイコン をタップし、[許可(Allow)] をオンにします。

(注)     

通話の音声品質は、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク接続によって異なります。 モバイル データ ネットワークまたは社外 Wi-Fi ネットワークを使用した場合、Cisco Technical Assistance Center(TAC)は、接続または音声の品質の問題を解決できません。


(注)  


iOS デバイスの再起動時には、iOS は Cisco Jabber Voice を自動的に起動しません。 通話の発信と受信を行うには、電話の起動時に Cisco Jabber Voice を起動します。


Q. 

正しく接続されていない機能の詳細を表示するには、どうしたらよいですか。

A. 

次のいずれかを実行して、接続ステータスを表示します。

  • ステータスバーのアイコンをタップする
  • [設定(Settings)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [接続ステータス(Connection Status)] をタップします。

デスクフォンの統合、ディレクトリ、電話機サービス、ボイスメールを設定している場合、接続ステータスに次のステータス メッセージのいずれかが表示されます。

  • [接続中(Connected)]:機能は正しく設定され、接続されています。
  • [接続しています(Connecting)]:機能は現在接続試行中です。
  • [切断(Disconnected)]:機能は設定されていますが、現在接続されていません。 ネットワークに正しく接続されていないか、サーバが停止している可能性があります。
  • [エラー(Error)]:機能は現在設定されていないか、接続されていません。 入力したパスワードが正しくない可能性があります。
  • [不明(Unknown)]:機能ステータスが不明です。 システム管理者に問い合わせて、アカウント設定を確認してください。

Q. 

システム管理者が社内 Wi-Fi ネットワークとして設定したネットワークに関する詳細を表示するには、どうしたらよいですか。

A. 

[設定(Settings)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [設定済みの Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-Fi Networks)] をタップします。

この画面で、管理者が社内 Wi-Fi ネットワークとして設定したネットワークのリストを確認できます。

管理者が自動 VPN 接続で Cisco AnyConnect Secure Mobility Client を使用するように設定した場合、Cisco Jabber Voice は、[設定済みの Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-Fi Networks)] 画面に表示されるネットワークから VPN への自動接続を試行しません。

Q. 

Cisco Jabber Voice で有線ヘッドセットは使用できますか。

A. 

使用できます。サポートされた有線ヘッドセットを iPhone に接続すると、Cisco Jabber Voice のすべての機能で使用できます。

ヒント


Cisco Jabber Voice をバックグラウンドで実行している場合、通話中にヘッドセットを接続したり接続解除したりすると、通話が自動的に保留になることがあります。 通話を続行するには、[再開(Resume)] をタップします。


Q. 

Cisco Jabber Voice で Bluetooth ヘッドセットは使用できますか。

A. 

サポートされている iPhone デバイスを使用している場合は、Cisco Jabber Voice で Bluetooth ヘッドセットを使用できます。

ただし、Cisco Jabber Voice をエンタープライズクラスや音声通信対応の Wi-Fi ネットワークで使用する場合や、電子レンジ、コードレス電話といった他のデバイスの干渉を受けない場所で使用する場合にのみ、Bluetooth ヘッドセットを使用することを推奨します。

  1. [設定(Settings)] をタップして [Bluetooth] をオンにし、Cisco Jabber Voice の Bluetooth を有効にします。
  2. Bluetooth デバイスと iPhone をペアリングします。
  3. 通話を発信します。 Bluetooth の音声が完全に接続されるまで 2 秒かかることがあります。
  4. 通話または Voicemail 中に、Bluetooth デバイス、スピーカーフォン、iPhone 間で切り替えることができます。

(注)  


Cisco Jabber Voice では、Bluetooth ヘッドセットのボタンを使用することはできません。


Q. 

インターネット通話中、Bluetooth ヘッドセットを接続しているときに音声ルート ボタン()が表示されないのはなぜですか。

A. 

iPhone の他のアプリケーションで音声設定が変更されました。 次の手順を実行して、音声を Bluetooth ヘッドセットに戻してください。

  1. ホーム ボタンを 2 回押して、マルチタスク トレイを表示します。
  2. 指を右に 2 回スライドして、音量スライダを表示します。
  3. 音声ボタンをタップし、Bluetooth デバイスを選択します。

Q. 

ヘッドセットを使用して通話しているときに、ヘッドセットの音量を上げても通話相手の声が聞こえないのはなぜですか。

A. 

ヘッドセットの音量と Cisco Jabber Voice の音量は、それぞれ独立しています。 Cisco Jabber Voice の音量設定を上げる必要があります。 Cisco Jabber Voice を起動し、ヘッドセットを接続した状態で iPhone の音量ボタンを使用して音量設定を調整します。

Q. 

Cisco Jabber Voice を使用すると、iOS デバイスのバッテリの消耗が早く感じます。 なぜですか。

A. 

他の iOS アプリケーションと同様、Cisco Jabber Voice を実行して使用するだけで、バッテリ電力を消費します。 ただし、Cisco Jabber Voice の一部の設定を変更して、バッテリ電力の消費を抑えることができます。 次の点をチェックします。

  • [詳細ログ(Detailed logging)]:このオプションは、Cisco Jabber Voice の使用上の問題を解決するためのトラブルシューティングに必要な詳細情報を収集するときにのみ有効にします。 それ以外のときは、無効にしてください。 [設定(Settings)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] をタップして、[詳細ログ(Detailed logging)] をオフにします。
  • Wi-Fi の接続状態が悪いと、バッテリ寿命に影響を与えることがあります。 ネットワーク信号が強い場所に移動してください。

アカウント設定


Q. 

サインインするには、どうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice を開いた後、[サインイン(Sign In)] ウィンドウが表示されたら、次の手順を実行してサインインします。

  1. ユーザ名と暗証番号を入力します。
  2. [サインイン(Sign In)] をタップします。

Q. 

サインアウトするには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. [設定(Settings)] アイコン をタップします。
  2. [サインアウト(Sign Out)] をタップします。

Q. 

[設定(Settings)] で [サインイン(Sign In)] および [サインアウト(Sign Out)] ボタンが表示されません。 なぜですか。

A. 

管理者は、設定メニューの [サインイン(Sign In)] および [サインアウト(Sign Out)] ボタンを表示する前にエクステンション モビリティのサインイン/アウト機能を有効にする必要があります。

詳細については、管理者に問い合わせてください。

Q. 

初めて Cisco Jabber Voice を使用します。 アカウント設定の情報は、どこにありますか。

A. 

電子メール メッセージを確認します。 システム管理者は、Cisco Jabber Voice を初めて使用するユーザに対し、設定方法の詳細を含む電子メール メッセージを送信しておく必要があります。 社内 Wi-Fi ネットワークで、この初期設定を実行します。

通常、次のいずれかの方法でアプリケーションを設定します。

  • 電子メール メッセージに記載されたリンクをクリックする:リンクをクリックする前に、iOS デバイスに Cisco Jabber Voice をインストールしてください。 次に、iOS メール アプリケーションを使用して、電子メール メッセージに記載されたリンクをクリックします。Cisco Jabber Voice アプリケーションが iOS デバイスで自動的に起動します。 システム管理者からの指示に従い、プロンプトに応答して、アカウントを設定します。
  • Cisco Jabber Voice を直接開く:最初に Cisco Jabber Voice を開いたとき、アカウント設定の開始を求めるプロンプトが自動的に表示されます。 システム管理者からの指示に従い、アカウントを設定します。 設定を追加または変更する必要がある場合は、大文字と小文字の区別やスペースの有無を含めて、システム管理者から指示された情報を正確に入力します。

Q. 

受信した電子メール メッセージにあるリンクをクリックして Cisco Jabber Voice を設定しようとしましたが、動作しません。 どうしたらよいですか。

A. 

  1. iOS デバイスに Cisco Jabber Voice がインストールされていることを確認します。
  2. iOS デバイスを再起動し、再びリンクをクリックします。
  3. それでも動作しない場合は、Cisco Jabber Voice を起動し、手動で設定を入力します。
  4. さらにサポートが必要な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

Q. 

[設定(Settings)] にアクセスするには、どうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice の画面右上にある [設定(Settings)] アイコン をタップします。

Q. 

手動でアカウント設定を入力するには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. アカウントの設定を、システム管理者に問い合わせます。
  2. [設定(Settings)] アイコン をタップします。
  3. いずれかのアカウントを選択して、情報を入力します。
    • [電話サービス(Phone Services)]:仕事用の電話システム、デスクフォンの統合の設定
    • [ボイスメール(Voicemail)]:仕事用のボイスメール システムの設定
    • [ディレクトリ(Directory)]:社内ディレクトリの設定

Q. 

アカウントを削除するには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. 社内でこの機能がサポートされている場合は、[設定(Settings)] をタップします。
  2. いずれかのアカウントを選択します。
    • [電話サービス(Phone Services)]:仕事用の電話システム、デスクフォンの統合の設定
    • [ボイスメール(Voicemail)]:仕事用のボイスメール システムの設定
    • [ディレクトリ(Directory)]:社内ディレクトリの設定
  3. [アカウントの削除(Delete Account)] をタップし、削除を確定します。

ヒント


アカウントの削除後に値を変更すると、前の設定に基づいて一部の値が自動的に更新されることがあります。 保存する前に、値と現在のアカウント設定が一致していることを確認してください。


Q. 

Jabber 通話オプションを設定するには、どうしたらよいですか。

A. 

管理者がオフィス経由のダイヤル機能を有効にしている場合は、別の Jabber 通話オプションを表示および選択できます。

これらの通話オプションを使用し、インターネットまたはモバイル ボイス ネットワーク経由で Jabber が仕事用の番号に通話を発信するかどうかを選択します。

Jabber 通話オプションを設定するには、次の手順を実行します。

  1. [設定(Settings)] をタップします。
  2. [全般(General)] セクションで、[通話オプション(Calling Options)] をタップします。
  3. 次の通話オプションのいずれかを選択します。
    • [常にインターネットを使用(Always use Internet)]:Cisco Jabber Voice はインターネット電話として動作し、Wi-Fi またはモバイル データ プランを使用してインターネット経由で仕事用の番号に通話を発信します。
    • [常に DVO を使用(Always use DVO)]:Cisco Jabber Voice が仕事用の番号に通話を発信します。ただし、すべての通話用デバイスにボイス プランを使用します。
    • [自動選択(Automatically select)]:ネットワーク接続に基づき、Cisco Jabber Voice がインターネットまたは DVO の使用を自動的に選択します。 Wi-Fi 上では、このアプリケーションはインターネット電話として機能しますが、モバイル データ ネットワーク上では、デバイスに対してボイス プランを使用します。
  4. DVO コールバック番号を入力します。 DVO を使用すると、社内の通話システムからコールバックが返され、すべての通話が開始されます。 DVO コールバック番号は通常、携帯電話番号です。

通話


通話機能

Q. 

Cisco Jabber Voice では、どのような通話機能がサポートされていますか。

A. 

Cisco Jabber Voice では、Cisco Unified IP Phone にもある次の通話機能がサポートされています。


(注)  


Survivable Remote Site T elephony(SRST)ネットワークの切り替え時に、一部の機能がサポートされません。


  • 電話会議:複数の発信者が、同時に会話できます。
  • 転送:電話機に接続された通話を別の番号にリダイレクトできます。
  • 保留:アクティブ コールを保留状態にできます。
  • コール パーク:電話機を使用して通話をパーク(一時的に保管)し、別の電話機から取得できます。
  • 共有回線(制限あり):1 つの電話番号をデスクフォンと iOS デバイスで使用できます。
  • 2 通話:同時に 2 件の通話をサポートし、それぞれの通話間で切り替えることができます。
  • デスクフォンの統合:デスクフォンと iOS デバイス間で通話を移動できます。
  • モバイル ボイス ネットワーク上での VoIP:Wi-Fi ネットワークの範囲外で、モバイル ボイス ネットワークを使用して VoIP コールを利用できます。
  • オフィス経由のダイヤル:iOS デバイスのボイス プランを使用して、仕事用の番号に通話を発信できます。

Q. 

Cisco Jabber Voice が同時にサポートする通話数は何件ですか。

A. 

Cisco Jabber Voice は、管理者によってオフィス経由のダイヤル機能が有効にされているかどうかに応じて、1 つまたは 2 つの通話をサポートします。

DVO が有効にされていない場合:

Cisco Jabber Voice は、2 回線を持つ電話機のように動作します。 すでに通話に接続している場合に、もう 1 件の通話を受信または発信できます。 同時にアクティブにできる通話は 1 件だけです。もう 1 件は自動的に保留になります。

DVO が有効にされている場合:

仕事の着信コールは、ネイティブ電話アプリケーションで開かれます。 このような場合、Cisco Jabber Voice は単一回線の電話機のように動作します。

Q. 

Cisco Jabber Voice を使用して仕事の通話を行うには、どうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice を使用して仕事の通話を行うには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Jabber Voice を起動します。
  2. 画面の左上の電話機アイコンが緑色になっていれば、Cisco Jabber Voice が社内電話システム接続されています。
  3. キーパッドを使用して番号をダイヤルします。または、[お気に入り(Favorites)]、[履歴(Recents)]、[連絡先(Contacts)]、[ボイスメール(Voicemail)] から連絡先を選択します。
  4. インターネットを使用して仕事の通話を発信する場合は、通話が完全に接続されるまで待ってから、Cisco Jabber Voice をバックグラウンドに移動します。
  5. オフィス経由のダイヤル通話を発信する場合は、社内通話システムによりモバイル ボイス ネットワークを介してコールバックが返されます。
    1. [応答(Answer)] をタップして通話を受け入れます。
    2. プロンプトが表示されたら、キーパッドの数字を押します。
    通話を受け入れると、ダイヤルした番号を社内通話システムが発信します。 オフィス経由のダイヤル通話は、ネイティブ電話アプリケーションで開かれます。

Q. 

通話に応答するには、どうしたらよいですか。

A. 

通話に応答するには、次の手順を実行します。

  1. 電話機がロックされている場合は、ロックを解除します。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • 新しい着信コールを受信したときに通話状態ではない場合は、[応答(Answer)] をタップします。
    • Cisco Jabber Voice アプリケーションですでに仕事の通話を行っているときに、仕事の着信コールを新しく受信した場合は、新しい通話を無視することも、受け入れることもできます。 受け入れる場合は、最初の通話を保留にするか終了するかを選択できます。
    • ネイティブ電話アプリケーションですでに仕事の通話を行っているときに、仕事の着信コールを新しく受信した場合は、新しい通話を無視するか、最初の通話を終了して新しい通話を受け入れることができます。
    Cisco Jabber Voice アプリケーションへの通話に応答すると、Cisco Jabber Voice は自動的にフォアグラウンドに移動し、他のアプリケーションをバックグラウンドに送信します。

iOS デバイスで Cisco Jabber Voice を実行している場合、着信コールをバックグラウンドまたはフォアグラウンドで受信することができます。

Cisco Jabber Voice への着信コールにはシスコ独自の呼び出し音が使用されるため、他の着信コールと区別できます。

Q. 

Cisco Jabber Voice への着信コールの呼び出し音を止めるには、どうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice がバックグラウンドで実行されている場合は、音量ボタンを下に押し、呼び出し音を止めてバイブレーションを停止します。 Cisco Jabber Voice がフォアグラウンドで実行されている場合は、[無視(Ignore)] をタップします。 Cisco Jabber Voice への着信コールを無視しても、iOS デバイスの呼び出し音が鳴らなくなるだけです。 通話がボイスメールに転送されるか、発信者が電話を切るか、通話に応答するまで、デスクトップフォンの呼び出し音は鳴り続けます。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションでのインターネット通話中に、画面の上部に表示されるアイコンにはどのような機能がありますか。

A. 

アイコン 説明



ミュート:音声入力をブロックし、発信者にこちらの音声が聞こえないようにします。



スピーカー:スピーカーフォンを使用します。



音声ルート:Bluetooth、スピーカーフォン、iPhone の間で切り替えます。



保留:アクティブ コールを保留状態にします。



通話の切り替え:接続されている通話の間で切り替えます。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションから 2 件めの通話を発信するには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. 通話中に [アクション表示(Show Actions)] をタップします。
  2. [通話を追加(Add Call)] をタップします。
  3. 新しい通話を発信します。 Cisco Jabber Voice は最初の通話を自動的に保留にし、両方の通話のステータスを表示します。
  4. 通話の切り替えのアイコンをタップして、接続されている通話を切り替えます。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションから電話会議を発信するには、どうしたらよいですか。

A. 

電話会議を開始するには、まず 2 件のインターネット通話を Cisco Jabber Voice に接続する必要があります。


(注)  


社内で設定された Cisco Jabber Voice では、通話の受信者が電話会議を開始することを許可していない場合があります。


  1. 通話中に [アクション表示(Show Actions)] をタップします。
  2. [通話を追加(Add Call)] をタップします。
  3. 新しい通話を発信し、接続されるまで待ちます。
  4. [アクション表示(Show Actions)] をタップしてから、[会議(Conference)] をタップします。 この手順を繰り返すと、参加者を追加できます。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションで電話会議に追加した参加者のリストを表示するには、どうしたらよいですか。

A. 

会議参加者のリストを表示するには、画面の下部にある をタップします。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションから電話会議を開始できないのはなぜですか。

A. 

[低帯域幅モード(Low Bandwidth Mode)] が無効になっていることを確認してください。

  1. [設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] をタップします。
  2. [低帯域幅モード(Low Bandwidth Mode)] をオフにします。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションからインターネット通話を転送するには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. 通話中に [アクション表示(Show Actions)] をタップします。
  2. [転送(Transfer)] をタップします。
  3. 新しい通話を発信し、その通話の応答前、または応答後に [転送完了(Complete Transfer)] をタップします。

転送が完了すると、元の通話は自動的に切断されます。

Q. 

Cisco Jabber Voice アプリケーションからインターネット通話をパークするには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. 通話中に [アクション表示(Show Actions)] をタップします。
  2. [パーク保留(Park)] をタップして、現在の通話を保留にします。 画面上の番号をメモします。 これは、通話がパークされている場所です。
  3. オフィスの別の電話機から通話を取得するには、[OK] をタップします。 また、Cisco Jabber Voice で通話を継続するには、[通話の復帰(Retrieve Call)] をタップします。

約 1 分以内に通話を取得しなかった場合、呼び出し音が鳴ります。

  1. Cisco Jabber Voice で通話を取得するには、[応答(Answer)] をタップします。
  2. または、デスクトップフォンから通話に応答します。

通話を取得しなかった場合、通常はボイスメールに転送されます。

通話処理

Q. 

仕事の着信コールに応答できるよう、Cisco Jabber Voice を起動したたままにしておくにはどうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice ではマルチタスクがサポートされています。 Cisco Jabber Voice をバックグラウンドで実行している間も、仕事の着信コールを受信することができます。


(注)  


Cisco AnyConnect Secure Mobility Client を経由して接続している場合、Cisco Jabber Voice は iPod Touch でマルチタスクをサポートしません。 iPod Touch のバックグラウンドで Cisco Jabber Voice を実行している場合、発信者はボイス メッセージを残すことができます。


仕事の通話中に Cisco Jabber Voice を閉じた場合、Cisco Jabber Voice をバックグラウンドで実行している間は、通話が継続されます。 電話画面上部のステータス バーに、Cisco Jabber Voice ラベルを含む赤いバーが表示されます。 このバーをタップすると、Cisco Jabber Voice に戻ります。


(注)  


このオプションが表示されない場合は、システム管理者が無効にしている可能性があります。 システム管理者に問い合わせて、サポートを受けてください。


Q. 

すでに Cisco Jabber Voice でインターネット通話をしているときに iPhone の呼び出し音が鳴った場合、どうしたらよいですか。

A. 

通話は拒否することを推奨します。 iPhone が着信通話を受信すると、自動的に他のすべてのアプリケーションでマイクが無効になります。 着信コールによる呼び出し音が鳴るとすぐに、Cisco Jabber Voice のマイクが無効になります。 着信通話を拒否すると、現在の通話相手に再び音声が聞こえるようになります。 ネイティブ電話アプリケーションは自動的にマイクの制御を取得するため、別の通話に応答する必要があることを、現在の通話相手に知らせる時間がありません。

新しい通話を受け入れると、Cisco Jabber Voice のインターネット通話が自動的に保留になり、iPhone の通話を終了するまで元の通話に戻ることはできません。

Cisco Jabber Voice を使用しており、電話がロックされているときに iPhone の通話を受信した場合は、スリープ/スリープ解除ボタンを 2 回すばやく押して、通話を拒否します。


ヒント


社内で iPhone の自動ロック機能(一定の時間が経過すると自動的に画面がロックされる機能)の使用が強制されている場合、スライダをドラッグして通話に応答すると、Cisco Jabber Voice の通話が保留になります。

この問題を回避するには、Cisco Jabber Voice の通話の自動ロック機能をフォアグラウンドで無効にしてください。

[設定(Settings)] をタップします。 [全般(General)] セクションで、[環境設定(Preferences)] をタップして [自動ロックの無効化(Disable Auto-Lock)] をオンにします。


Q. 

iPhone での通話中に Cisco Jabber Voice でのインターネット通話を受けた場合、どうなりますか。

A. 

iPhone でマイクを使って通話しているため、Cisco Jabber Voice では通話に応答できません。 発信者がコールを終了するか、コールが仕事用のボイスメールに転送されたら、すぐに不在着信の通知が表示されます。

Q. 

仕事の通話で iPhone の電話番号の呼び出し音がなるのはなぜですか。

A. 

次の状況では、iPhone の電話番号で仕事の通話の呼び出し音が鳴ります。

  • Cisco Jabber Voice が動作し、DVO が有効な場合。
  • Cisco Jabber Voice が動作していないか、または接続が切断されていて、Mobile Connect により仕事の通話が iPhone の電話番号に転送された場合。

次のいずれかの方法を使用して、仕事の通話の転送をオフにすることができます。

  • デスクフォンの [モビリティ(Mobility)] ソフトキーを使用して、モビリティ ID およびリモートの宛先に対して Mobile Connect を無効にします。 詳細については、デスクフォンのマニュアルを参照してください。
  • モバイル ボイス アクセス(IVR)またはエンタープライズ機能アクセス(DTMF)の 2 ステージ ダイヤリングを使用します。 詳細については、『Cisco Unified Communications System 9.x SRND』の「Mobile Unified Communications」の章の「Mobile Connect」を参照してください。
  • [Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options)] Web ページを次のように使用します。
    1. ユーザ オプションの URL、ユーザ ID、およびデフォルトのパスワードをシステム管理者から取得します。
    2. コンピュータで Web ブラウザを開き、URL を入力します。
    3. ユーザ名とパスワードを入力し、[ログイン(Login)] を選択します。
    4. [ユーザ オプション(User Options)] > [モビリティ設定(Mobility Settings)] > [リモート接続先(Remote Destinations)] を選択します。
    5. [検索(Find)] を選択して、仕事用の番号に関連付けられたすべてのデバイスを検索します。
    6. iPhone の電話番号に関連付けられたデバイスを選択します。
    7. [モバイル コネクトの有効化(Enable Mobile Connect)] オプションを選択解除します。 または、Mobile Connect を有効にしたまま、スケジュールと設定を調整します。
    8. [保存(Save)] を選択します。

Q. 

Cisco Jabber Voice への着信コールを無視した場合、自動的にボイスメールに転送されますか。

A. 

転送されません。Cisco Jabber Voice への着信コールを無視した場合は、iOS デバイスの呼び出し音が鳴らなくなるだけです。 通話がボイスメールに転送されるか、発信者が電話を切るか、通話に応答するまで、デスクトップフォンの呼び出し音は鳴り続けます。

Q. 

Cisco Jabber Voice の通話に使用する呼び出し音は変更できますか。

A. 

はい。 この機能が社内でサポートされていれば、周辺のノイズによりデフォルトの呼び出し音では音量が足りない場合に、より大きな呼び出し音を選択できます。

  1. [設定(Settings)] をタップします。
  2. [全般(General)] セクションで、[環境設定(Preferences)] をタップします。
  3. [着信音(Ringtone)] をタップして、使用する呼び出し音を選択します。

Q. 

iPhone で着信コールを受信すると、Cisco Jabber Voice のインターネット通話の音声が消えるのはなぜですか。

A. 

iPhone が着信通話を受信すると、自動的に他のすべてのアプリケーションでマイクが無効になります。 着信コールによる呼び出し音が鳴るとすぐに、Cisco Jabber Voice のマイクが無効になります。 着信通話を拒否すると、現在の通話相手に再び音声が聞こえるようになります。

社内で iPhone の自動ロック機能(一定の時間が経過すると自動的に画面がロックされる機能)の使用が強制されている場合は、通話を拒否できません。 スライダをドラッグして通話に応答すると、Cisco Jabber Voice のインターネット通話がドロップされます。

この問題を回避するには、Cisco Jabber Voice のインターネット通話中に、自動ロック機能を無効にしてください。 [設定(Settings)] をタップします。 [全般(General)] セクションで、[環境設定(Preferences)] をタップして [自動ロックの無効化(Disable Auto-Lock)] をオンにします。

Q. 

Cisco Jabber Voice がバックグラウンドで実行されている場合、インターネット通話に応答したり、無視したりすることはできますか。

A. 

はい。 次の手順を実行して、Cisco Jabber Voice のインターネット通話の通知が有効になっていることを確認します。

  1. iOS デバイスの [設定(Settings)] アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。

Q. 

デバイスがロックされている場合、Cisco Jabber Voice によるインターネット通話の呼び出しを無視し、デバイスのロックを解除して使用するには、どうしたらよいですか。

A. 

通知を受信する他の iPhone アプリケーションの動作と同様、デバイスのロック中に Cisco Jabber Voice から新しいインターネット通話の通知を受信したときには、スライダーをずらす操作が応答になります。

着信コールを無視するには、ハンドセットのボリューム ダウン ボタンを押します。 次の手順を実行して、着信コールを無視します。

  1. デバイスの電源ボタンを押して、表示をオフにします。
  2. もう一度電源ボタンを押して、ロック画面を表示します。 スライダーをずらす操作が応答ではなくロック解除となります。

Q. 

Cisco Jabber Voice から緊急通話を発信することはできますか。

A. 

はい。 iPhone から 911、999、112 などの緊急電話番号をダイヤルすると、Cisco Jabber Voice はモバイル ネットワーク上で通話するためのネイティブ電話アプリケーションを起動します。

iPod から緊急電話番号をダイヤルすると、Cisco Jabber Voice は社内の通話システムを通してインターネット経由で通話を発信しますが、制限が適用されます。

注意    


緊急時、たとえば 911、999、112 番などにコールする場合、ソフトフォン テクノロジーでは適時かつ正確な位置データを提供できない可能性があります。 不適切な緊急応答センターにコールが発信されたり、緊急応答センターで正確な位置が把握できない場合があります。 緊急時には、自己の責任においてソフトフォンをお使いください。 シスコは、発生したエラーまたは遅延の責任を負いません。


Q. 

Cisco Jabber Voice のインターネット通話の音質を改善する方法はありますか。

A. 

はい。 次の手順を実行して、Cisco Jabber Voice のインターネット通話をモバイル ボイス ネットワークに移動します。

  1. [アクション表示(Show Actions)] をタップします。
  2. [モバイル ネットワークを使用(Use Mobile Network)] をタップします。
  3. もう一度、[モバイル ネットワークを使用(Use Mobile Network)] をタップします。
  4. iPhone の呼び出し音が鳴ったら、[応答(Answer)] をタップします。

連絡先とディレクトリ検索


Q. 

どの連絡先が表示されますか。

A. 

Cisco Jabber Voice の [連絡先(Contacts)] には、iOS デバイスの連絡先に保存されているリストと同じリストが表示されます。 社内ディレクトリは Cisco Jabber Voice の [連絡先(Contacts)] から検索でき、検索結果を iOS デバイスの連絡先に追加できます。

Q. 

社内ディレクトリの連絡先の画像が表示されないのはなぜですか。

A. 

  1. Cisco Jabber Voice で、関連付けられている画像の表示が有効になっていることを確認してください。 [設定(Settings)] をタップします。 [全般(General)] セクションで、[環境設定(Preferences)] をタップして [連絡先のピクチャ(Contact Pictures)] をオンにします。
  2. [設定(Settings)] > [ディレクトリ(Directory)] をタップし、[ポート(Port)] フィールドに「389」と入力されていることを確認してください。
  3. システム管理者に、プロファイルで写真が有効であることを確認してください。

Q. 

電話がかかってきたときに、その発信者の連絡先に割り当てたカスタム呼び出し音が鳴らないのはなぜですか。

A. 

Cisco Jabber Voice は iPhone と同じ [連絡先(Contacts)] リストを使用していますが、カスタム呼び出し音はサポートしていません。

Q. 

Cisco Jabber Voice の [お気に入り(Favorites)] に連絡先を追加するには、どうしたらよいですか。

A. 

[お気に入り(Favorites)] に連絡先を追加するには、次の手順に従ってください。

  1. Cisco Jabber Voice を起動し、[連絡先(Contacts)] をタップします。
  2. 連絡先を選択します。
  3. [お気に入りに追加(Add to Favorites)] をタップして、追加する番号を選択します。

ヒント


[履歴(Recents)] および [ボイスメール(Voicemail)] から [お気に入り(Favorites)] に連絡先を追加することもできます。 [履歴(Recents)] または [ボイスメール(Voicemail)] をタップし、発信者の横の矢印をタップして、[お気に入りに追加(Add to Favorites)] をタップします。


Q. 

Cisco Jabber Voice の [お気に入り(Favorites)] が、iOS デバイスのアプリケーションの [お気に入り(Favorites)] と異なるのはなぜですか。

A. 

iOS デバイス上の Cisco Jabber Voice アプリケーションでは、まったく別の 2 つの [お気に入り(Favorites)] リストに連絡先を保存できます。 Cisco Jabber Voice の [お気に入り(Favorites)] には頻繁に電話をかける仕事上の連絡先が含まれ、iOS デバイスのネイティブ アプリケーションで表示される [お気に入り(Favorites)] には、iPhone 本体に保存した連絡先が含まれます。

Q. 

[お気に入り(Favorites)] のリストが空なのはなぜですか。

A. 

iOS デバイスから Cisco Jabber Voice アプリケーションを削除すると、[お気に入り(Favorites)] も削除されます。 Cisco Jabber Voice を(はじめに Cisco Jabber Voice を削除せずに)アップグレードすると、[お気に入り(Favorites)] が維持されます。

Q. 

社内ディレクトリを検索するには、どうしたらよいですか。

A. 

社内ディレクトリを検索するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Jabber Voice を起動し、[連絡先(Contacts)] をタップします。
  2. [ディレクトリ(Directory)] をタップします。
  3. 検索フィールドに名前を入力して、[検索(Search)] をタップします。 検索結果では、同僚の名前をタップして、電話番号、レポート構造、電子メール アドレスなどの詳細を表示することができます。

    (注)  


    社内ディレクトリの検索で見つけた連絡先を iPhone のネイティブの連絡先に追加すると、仕事用の連絡先と個人の連絡先を区別するために、電話番号と電子メール アドレスには「work」というラベルが付けられます。


Q. 

ディレクトリ検索結果に、検索対象が表示されないのはなぜですか。

A. 

ディレクトリ検索結果に表示される項目の数は、25 件までに制限されています。 検索範囲が広すぎる場合、目的の相手が 25 件に含まれない可能性があります。 入力の文字数を増やして、検索範囲を狭めてください。

Q. 

音声ダイヤルとは何ですか。 どのように使用すればよいですか。

A. 

音声ダイヤルとは、Cisco Jabber Voice と統合された社内ディレクトリおよびボイスメール システムの機能です。

社内で音声ダイヤルを利用している場合、同僚の名前または内線番号を発音することで、その相手に通話を発信できます。 たとえば、「Call Harriet Smith」と発音すると、システムが Harriet の内線を社内ディレクトリで検索し、通話を発信します。

音声ダイヤルを使用するには、Cisco Jabber Voice をフォアグラウンドに移動し、iPhone を耳に当てます。

図 1. 音声ダイヤルのジェスチャー



Cisco Jabber Voice が自動的に音声ダイヤル アクセス番号にダイヤルし、接続します。 プロンプトが再生されたら、システムに向かって「Call <名前>」または「Call <番号>」と発音します。音声ダイヤルできるのは、社内ディレクトリにある連絡先だけです。

音声ダイヤルのアクセスに問題がある場合は、設定が有効になっていることを確認してください。

  1. [設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] > [ボイス ダイヤル(Voice Dialing)] をタップします。
  2. [電話番号(Phone Number)] に電話番号が入力されていることを確認します。 この設定が空の場合は、システム管理者に問い合わせて、サポートを依頼してください。
  3. [モーションの有効化(Motion Activated)] をオンにします。

Q. 

連絡先とチャットできますか。

A. 

Cisco Jabber IM アプリケーションをデバイスにインストールした場合、次の手順を実行して連絡先とチャットすることができます。

  1. チャットする相手の連絡先情報を表示します。
  2. [チャット(Chat)] をタップして、Cisco Jabber IM アプリケーションを起動します。

ボイスメール


Q. 

ボイス メッセージの横に表示されるさまざまなアイコンには、どのような意味がありますか。

A. 

アイコン 説明



新しいボイス メッセージ



プライベート ボイス メッセージ



緊急ボイス メッセージ

Q. 

Cisco Jabber Voice のボイスメールと iPhone のボイスメールには、どのような違いがありますか。

A. 

iPhone 上の Cisco Jabber Voice アプリケーションから、まったく別の 2 つのボイスメール システムにアクセスできるようになりました。 発信者が個人用の iPhone 番号にかけた場合、iPhone にメッセージを残すことができます。 このメッセージは、iPhone アプリケーションを使用して再生できます。

一方、仕事用の番号にかけた場合、オフィスのボイスメール システムにメッセージを残すことができます。 これらのメッセージは、Cisco Jabber Voice を使用して iPhone で再生できます。

Q. 

仕事用のボイス メッセージがあるかどうかは、どのようにしてわかりますか。

A. 

新しいボイス メッセージを受信した場合、アプリケーション バッジ カウンタには、不在着信とボイス メッセージの合計数が自動的に表示されます。 Cisco Jabber Voice では、[ボイスメール(Voicemail)] タブにボイス メッセージの新着件数が表示されます。 [ボイスメール(Voicemail)] タブをタップすると、青い丸で示される新規メッセージが表示されます。

Q. 

社内ネットワークに接続していなくても、自分のボイス メッセージを再生できますか。

A. 

ボイス メッセージの更新、およびセキュアなボイス メッセージの再生を行うには、Cisco Jabber Voice を社内ネットワークに接続する必要があります。 保存済みボイス メッセージは、社内ネットワークに接続していなくても再生できます。

Q. 

Cisco Jabber Voice を使用するたびに、いくつかのボイス メッセージがダウンロードされるのはなぜですか。

A. 

セキュア ボイス メッセージは、iOS デバイスに保存されません。したがって、毎回ダウンロードする必要があります。

Q. 

ボイスメールが機能しません。 「ユーザ名またはパスワードが間違っています(Incorrect username or password)」というエラー メッセージが表示されますが、正しいパスワードを入力しています。

A. 

システム管理者に問い合わせて、サポートを受けてください。 管理者がサーバの設定の確認やパスワードのリセットを行います。

履歴


Q. 

項目の横に表示されるさまざまなアイコンには、どのような意味がありますか。

A. 

アイコン 説明



通話の受け損ない



通話の発信



通話の受信

Q. 

Cisco Jabber Voice とネイティブ電話アプリケーションで [履歴(Recents)] リストに表示される通話が異なるのはなぜですか。

A. 

iPhone の Cisco Jabber Voice アプリケーションで、複数の [履歴(Recents)] リストにアクセスできるようになりました。

  • Cisco Jabber Voice の [履歴(Recents)]:Cisco Jabber Voice アプリケーションを使用して発信および受信したすべての通話が含まれます。
  • ネイティブな電話の [履歴(Recents)]:モバイル サービス プロバイダー(AT&T など)を使用して発信および受信した通話が含まれます。

Q. 

通話を [履歴(Recents)] リストに残す期間を変更するにはどうしたらよいですか。

A. 

[設定(Settings)] をタップします。 [全般(General)] セクションで、[環境設定(Preferences)] をタップします。 [有効期限日(Days to Expire)] をタップし、値として 1 ~ 30 日間を選択します。

Q. 

古い通話がまだ [履歴(Recents)] リストに表示されるのはなぜですか。

A. 

有効期間を変更した場合、設定の更新は、変更後の履歴だけに適用されます。 以前の通話は、元の有効期間設定に従って消去されます。

[消去(Clear)] をタップし、すべての履歴レコードを削除することもできます。

接続


Q. 

ネイティブ電話アプリケーションでの通話の発信と iPhone の Cisco Jabber Voice での通話の発信には、どのような違いがありますか。

A. 

ネイティブ電話アプリケーションで電話をかける場合、アプリケーションは携帯電話番号とモバイル サービス プロバイダーのボイス ネットワークを使用します。 アプリケーションはモバイル ボイス プランを使用して通話を発信し、コールの相手のデバイスにモバイル ボイス番号を表示します。

iPhone の Cisco Jabber Voice で電話をかけると、アプリケーションは仕事用の電話番号を使用し、コールの相手のデバイスにその番号を表示します。 Cisco Jabber Voice は、管理者がオフィス経由のダイヤル(DVO)機能を有効にしているかどうかに応じて、異なるネットワークを使用してこれらの仕事用の番号で通話を発信することができます。

  • DVO を使用しない場合、Cisco Jabber Voice は Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークを使用して仕事用の番号で通話を発信します。 この場合、Cisco Jabber Voice はインターネット電話として機能します。
  • DVO を使用する場合、Cisco Jabber Voice はモバイル ボイス プランを使用してモバイル ボイス ネットワーク経由で通話を発信します。 これらの通話はモバイル データ プランを使用し、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク経由で開始されます。

Q. 

オフィスにいないときに Cisco Jabber Voice を使用するには、どうすればよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice を使用するには、社内ネットワークに接続する必要があります。 オフィスにいるときは、社内ネットワークに直接接続します。 オフィスから離れているときは、通常、社内ネットワークへの VPN 接続が必要です。 Cisco Jabber Voice を使用するには、この VPN 接続を設定しておく必要があります。 管理者がオフィス経由のダイヤル機能を設定している場合は、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークで VPN を使用できます。 管理者がオフィス経由のダイヤル機能を設定していない場合は、Wi-Fi ネットワークで VPN を使用できます。 サポートが必要な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

Q. 

管理者が、Cisco AnyConnect Secure Mobility Client をインストールして社内ネットワーク外で Cisco Jabber Voice を使用することを勧めています。 どうしたらよいですか。

A. 

iPhone で Cisco AnyConnect Secure Mobility Client をインストールおよび使用する方法については、ユーザ ガイド リストにある Cisco AnyConnect Secure Mobility Client の最新の iPhone エンド ユーザ ガイドを参照してください。

Q. 

Wi-Fi ネットワークに接続していますが、Cisco Jabber Voice が動作しません。 何が問題でしょうか。

A. 

Cisco Jabber Voice を使用するには、社内の Wi-Fi ネットワークに接続する必要があります。 一般的に、社内にいる場合は直接接続し、社外にいる場合は VPN 接続を使用します。 Cisco Jabber Voice を使用する前に、iOS デバイスを使用して VPN 接続を確立する必要があります。 方法がよくわからない場合は、システム管理者にサポートを依頼してください。

社内ネットワークに正しく接続されているかどうかをテストするには、iOS デバイスで Safari ブラウザを開き、社内の Web サイトに接続します。

Q. 

モバイル データ ネットワークを介して Cisco Jabber Voice に接続できますか。

A. 

はい。 モバイル データ ネットワークを介した接続を有効にする方法は、管理者によって DVO が有効にされているかどうかによって異なります。

DVO が有効にされていない場合:

デフォルトでは、モバイル データ ネットワークを介した接続は無効になっていますが、モバイル データ ネットワークを使用して接続するように Cisco Jabber Voice を設定できます。

  1. [設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] をタップします。
  2. [モバイル データ ネットワークで接続しますか(Connect Over Mobile Data Network)] をオンにします。

    (注)  


    モバイル データ ネットワークを介して接続した場合、音声品質はネットワーク接続の質によって異なるため、シスコではモバイル データ ネットワーク接続の問題に関するトラブルシューティングはサポートしていません。 モバイル データ ネットワークの接続に問題がある場合は、[モバイル データ ネットワークで接続しますか(Connect Over Mobile Data Network)] の設定をオフにしてください。


DVO が有効にされている場合:

管理者がオフィス経由のダイヤル機能を有効にしている場合、Cisco Jabber Voice にはモバイル ネットワークの接続をオンまたはオフにするオプションが表示されません。 アプリケーションにより自動的にモバイル データ ネットワークを使用して DVO 通話を登録できるようになりますが、デバイスではすべてのコールの発信にボイス プランが使用されます。

Q. 

インターネットにアクセスできる場所から離れる場合、モバイル サービス プロバイダーに通話を移動できますか。

A. 

はい。 モバイル サービス プロバイダーに通話を移動すると、通話は Cisco Jabber Voice からネイティブ電話アプリケーションに移動します。 この機能を iPod touch で使用している場合、アカウントに関連付けられている携帯番号に通話が転送されます。

  1. モバイル ネットワーク シグナルが十分に強く、通話が可能なことを確認します。
  2. Cisco Jabber Voice を使用した通話中に、[アクションを表示(Show Actions)] をタップします。
  3. [モバイル ネットワークを使用(Use Mobile Network)] をタップします。
  4. もう一度、[モバイル ネットワークを使用(Use Mobile Network)] をタップします。
  5. iPhone の呼び出し音が鳴ったら、[応答(Answer)] をタップします。

Q. 

Cisco Jabber Voice の通話をモバイル ネットワークに転送できません。 信号強度は十分あります。何が問題でしょうか。

A. 

電話で [発信者番号通知(Show My Caller ID)] の設定が有効になっていることを確認してください。iPhone のホーム画面で [設定(Settings)] > [電話(Phone)] > [発信者番号通知(Show My Caller ID)] をタップし、オンになっていることを確認します。

デスクフォンの統合


Q. 

デスクフォンを使用して通話しているときに、その通話を iOS デバイスに移動できますか。

A. 

はい。次の移動方法から選択できます。

  • デスクフォンで、モビリティ ソフトキーを押します。 iOS デバイスで Cisco Jabber Voice を実行している場合、着信コールは Cisco Jabber Voice に届きます。 Cisco Jabber Voice を実行していない場合、着信コールは iOS デバイスの番号に届きます。 デスクフォンへの転送を完了するには:
    • 通話に応答します。
    • プロンプトが表示されたら、キーパッドの数字を押します。
  • iOS デバイスで Cisco Jabber Voice を起動するたびに、デスクフォンのアクティブ コールが自動的に検出されます。 [はい(Yes)] をタップすると、デスクフォンから iOS デバイスに通話が移動します。
  • デスクフォンで、通話を保留にします。 Cisco Jabber Voice では、保留状態の通話が自動的に検出されます。 iOS デバイスで [はい(Yes)] をタップすると、デスクフォンから iOS デバイスに通話が移動します。 この機能は、Cisco Jabber Voice をフォアグラウンドで実行している場合に使用可能です。

Q. 

Cisco Jabber Voice を起動したときに、デスクフォンを使用していた通話が検出されませんでした。 なぜですか。

A. 

次の設定を確認してください。

  1. [設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] をタップします。
  2. [デスクの電話統合(Desk Phone Integration)] セクションでステータスを確認します。
    • [接続中(Connected)]:正しく設定されています。 問題が解消しない場合は、システム管理者に問い合わせてください。
    • [無効(Disabled)]:[ステータス(Status)] をクリックして、[統合を使用(Use Integration)] をオンにします。
    • [設定されていません(Not Configured)]:[ステータス(Status)] をクリックして [統合を使用(Use Integration)] をオンにし、Cisco Unified Communications Manager のユーザ名とパスワードを入力します。

Q. 

着信コールを Cisco Jabber Voice で受信しているときに、デスクフォンの呼び出し音が鳴るのはなぜですか。

A. 

Cisco Jabber Voice と Cisco Unified IP Phone は、どちらも同じ回線または内線に割り当てられます。 その番号に着信があったときは、どちらの電話機でも通話に応答できます。

2 台の電話機が同じ内線を共有している場合、この機能は一般的に共有回線と呼ばれます。これは、一部のオフィスでは一般的な機能です。 たとえば、重役と秘書がそれぞれの電話機で、回線を共有することがあります。 それぞれのデスクトップフォンに、共有回線のステータスに関する情報が表示され、それぞれのデスクトップフォンで共有回線の通話を保留および復帰できます。

Cisco Jabber Voice は、実際の共有回線とは少し違う方法で、デスクフォンと連携して動作します。 Cisco Jabber Voice で通話をしているときは、電話機の共有回線ボタンが赤く点灯し、回線が使用中であることが示されます。 これは、共有回線で一般的な動作です。 それに対して、デスクフォンにアクティブ コールがある場合、Cisco Jabber Voice には同じタイプのステータス情報が表示されません。

Cisco Jabber Voice で保留にした通話は、デスクフォンで再開できます。 デスクフォンで通話を保留にすると、Cisco Jabber Voice がこの通話を検出します。

Q. 

iOS デバイスで Cisco Jabber Voice を使用して通話しているときに、デスクフォンの回線が使用中として表示されるのはなぜですか。

A. 

Cisco Jabber Voice と Cisco Unified IP Phone は、共有回線と同様、どちらも同じ内線電話番号に割り当てられます。 Cisco Jabber Voice を使用して通話していると、対応するデスクフォンの回線が使用中と表示されます。

実際の共有回線とは異なり、Cisco Jabber Voice にはこのような表示がありません。 デスクフォンを使用して通話しているときに、Cisco Jabber Voice には回線が使用中と表示されません。

ただし、デスクフォンで通話を保留にすると、Cisco Jabber Voice がこの通話を検出します。

Q. 

通話を iOS デバイスからデスクフォンに移動できますか。

A. 

はい。Cisco Jabber Voice で通話しているときに、通話を保留にします。 デスクトップフォンの対応する回線ボタンが点滅し、通話が保留中であることが示されます。 デスクトップフォンの [再開(Resume)] ソフトキーを押して、通話に接続します。

Q. 

Cisco Jabber Voice への着信コールを無視しても、デスクフォンの呼び出し音が鳴り続けるのはなぜですか。

A. 

Cisco Jabber Voice を使用して着信コールを無視しても、iOS デバイスの呼び出し音が鳴らなくなるだけです。 通話に応答するか、通話がボイスメールに切り替わるか、発信者が切るか、ボイスメールに自動転送されるまで、デスクフォンの呼び出し音は鳴り続けます。

フィードバックとトラブルシューティング


Q. 

Cisco Jabber Voice を設定できないのですが、システム管理者から問題のレポートを送信するよう求められました。 Cisco Jabber Voice が動作しない場合、どうしたらよいですか。

A. 

Cisco Jabber Voice が動作していない場合でも、問題のレポートを送信できます。 [バージョン情報とトラブルシューティング(About & Troubleshooting)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [問題レポートツール(Problem Reporting)] をタップします。

Q. 

システム管理者から、問題のレポートを電子メールで送信するよう求められました。 どうしたらよいですか。

A. 

  1. [設定(Settings)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [問題レポートツール(Problem Reporting)] をタップします。
  2. [データ アーカイブ(Data Archives)] と [ボイスメール ファイル(Voicemail Files)] をオンにします。
  3. [問題レポートを E メールで送信(Email Problem Report)] をタップします。

ヒント


問題を再現できる場合は、問題のレポートを送信する前に、[トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [詳細ログ(Detailed Logging)] をタップしてから問題を再現すると、詳細なロギングが可能になります。


Q. 

システム管理者から、設定済みの Wi-Fi ネットワークを確認するよう求められました。 どうしたらよいですか。

A. 

[設定(Settings)] > [トラブルシューティング(Troubleshooting)] > [設定済みの Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-Fi Networks)] をタップします。

この画面で、管理者が社内 Wi-Fi ネットワークとして設定したネットワークのリストを確認できます。

管理者が自動 VPN 接続で Cisco AnyConnect Secure Mobility Client を使用するように設定した場合、Cisco Jabber Voice は、[設定済みの Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-Fi Networks)] 画面に表示されるネットワークから VPN への自動接続を試行しません。

Q. 

通話中に通話統計情報を表示するには、どうしたらよいですか。

A. 

通話中に iOS デバイスを振ると、通話統計情報が表示されます。

Q. 

Cisco Jabber Voice でのインターネット通話中に、相手から音声がよく聞こえないと言われることがあります。 なぜですか。

A. 

狭帯域幅のワイヤレス ネットワークで Cisco Jabber Voice を使用している可能性があります。 通話相手からよく聞こえないと報告される場合は、狭帯域幅ネットワーク用に接続を最適化してください。

  1. [設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] をタップします。
  2. [低帯域幅モード(Low Bandwidth Mode)] をオンにします。

(注)  


このオプションが表示されない場合は、システム管理者に問い合わせてください。


Q. 

音質が低い、突然音が聞こえなくなる、通話がドロップされるといった問題の原因は何ですか。

A. 

次のことをチェックします。

  • 無線信号が弱い:iOS デバイスのバーを調べて、Wi-Fi 接続が強固なことを確認してください。 信号が弱い場合は、モバイル ネットワークに通話を移動することを検討してください。 通話中に、[アクション表示(Show Actions)] > [モバイル ネットワークを使用(Use Mobile Network)] をタップしてください。
  • モバイル データ ネットワーク接続:モバイル データ ネットワークを介して Cisco Jabber Voice を使用している場合、接続と通話品質は大幅に異なります。 問題が解消しない場合は、モバイル データ ネットワーク接続を無効にしてください。
    • 管理者が DVO を有効にしていない場合:[設定(Settings)] > [電話サービス(Phone Services)] > [モバイル データ ネットワークで接続しますか(Connect Over Mobile Data Network)] をタップして、モバイル データ ネットワーク接続をオフにします。
    • 管理者が DVO を有効にしている場合:[設定(Settings)] をタップします。 [全般(General)] セクションで、[通話オプション(Calling Options)] をタップします。 通話オプションが [自動選択(Automatically select)] または [常に DVO を使用(Always use DVO)] のいずれかに設定されていることを確認します。 DVO コールバック番号が入力されていることを確認します。
  • Bluetooth と Wi-Fi の干渉:最適に設計された Wi-Fi ネットワークでも、Bluetooth ヘッドセットなどの他のデバイスによる干渉が発生することがあります。この干渉が Cisco Jabber Voice での通話のドロップや低音質の原因となっていることがあります。 Bluetooth ヘッドセットをオフにして、問題が解消するかどうかを確認します。
  • Wi-Fi アクセス ポイント間でのハンドオフ:職場内を移動すると、Wi-Fi 接続が異なるアクセス ポイント間で転送されることがあります。 接続がアクセス ポイント間で転送される間に通話に応答すると、音声が数秒間不明瞭になったり聞こえなくなったりすることがあります。 ハンドオフが完了すると、この問題は解決します。
  • Cisco Unified Communications Server への接続が失われた:ネットワークに問題が発生したか、サーバが一時的に停止した可能性があります。 問題が解消しない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

Q. 

「Cisco Jabber Voice は起動していません。 通話を受ける場合は、アプリケーションを起動してください。(Cisco Jabber Voice is no longer running. Please launch the application if you would like to receive calls)」というメッセージが表示されるのはなぜですか。

A. 

このメッセージは、Cisco Jabber Voice がバックグラウンドで実行されていないことを通知するものです。 デバイスのメモリが不足している場合や、アプリケーションをマルチタスク トレイから削除して終了した場合など、Cisco Jabber Voice は、さまざまな理由で停止する可能性があります。 このメッセージが表示された場合は、無視するか、Cisco Jabber Voice を起動して着信コールを受信します。

デバイスのロック中にこのメッセージを無視するには、次の手順を実行します。

  1. デバイスの電源ボタンを押して、表示をオフにします。
  2. もう一度電源ボタンを押して、ロック画面を表示します。 スライダを「再起動」の位置ではなく「ロック解除」の位置にスライドします。

Q. 

サインインしようとしたときに「ログインできません(25)(Login is unavailable (25))」というエラー メッセージが表示されるのはなぜですか。

A. 

すでにサインインしている状態です。 システム管理者に問い合わせてください。

Q. 

Cisco Jabber Voice アイコンに不在着信の件数が表示されないのはなぜですか。

A. 

次の手順を実行して、バッジ アプリによる通知を有効にします。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。
  5. Cisco Jabber Voice のアイコンに不在着信またはボイス メッセージの件数を表示するには、[App アイコン バッジ表示(Badge App Icon)] をオンにします。

Q. 

インターネット通話を受信しても、Cisco Jabber Voice の呼び出し音が鳴らないのはなぜですか。

A. 

次の手順を実行して、サウンドの通知を有効にします。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。
  5. バックグラウンドで実行中の Cisco Jabber Voice の呼び出し音を鳴らす場合は、[サウンド(Sounds)] をオンにします。

Q. 

電話のロック時に Cisco Jabber Voice の呼び出し音が鳴らないのはなぜですか。

A. 

次の手順を実行して、ロック画面の通知を有効にします。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。
  5. 電話のロック時に Cisco Jabber Voice の呼び出し音を鳴らす場合は、[ロック画面に表示(View in Lock Screen)] をオンにします。

Q. 

Cisco Jabber Voice の通話受信時に電話の呼び出し音が鳴らないのはなぜですか。

A. 

デバイスが「おやすみモード」になっている場合、そのデバイスは Cisco Jabber Voice の受信通話またはボイスメッセージの音声を再生しません。 この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [おやすみモード(Do Not Disturb)] をタップします。
  3. 通知の再生を妨げる可能性のある設定をすべて調整します。

Q. 

Cisco Jabber Voice のインターネット通話をモバイル ボイス ネットワークに移動しようとしましたが、[モバイルネットワークを使用(Use mobile network)] オプションが使用できない状態でした。 なぜですか。

A. 

モバイル データ ネットワークまたは社外 Wi-Fi ネットワークを介して VPN を使用して社内ネットワークに接続している場合は、Cisco Jabber Voice のインターネット通話をモバイル ボイス ネットワークに移動するオプションは使用できません。

Q. 

Cisco Jabber Voice が通知センターに表示されないのはなぜですか。

A. 

次の手順を実行して、Cisco Jabber Voice を通知センターに追加します。

  1. iOS デバイスのネイティブの設定アイコンをタップします。
  2. [通知センター(Notifications)] をタップします。
  3. [Jabber Voice] をタップします。
  4. [通知センター(Notification Center)] をオンにします。
  5. [ダイアログ(Alerts)] をタップします。

Q. 

設定メニューに Jabber の通話オプションが表示されないのはなぜですか。

A. 

管理者がオフィス経由のダイヤル機能を有効にしていないと、設定メニューに Jabber 通話オプションは表示されません。 詳細については、管理者に問い合わせてください。

Q. 

Cisco Jabber Voice が DVO コールバック番号を要求しています。 これは何ですか。

A. 

DVO コールバック番号は、オフィス経由のダイヤル(DVO)機能で通話を開始するときに使用する電話番号です。 DVO を使用すると、デバイスのボイス プランを使用して仕事用の電話番号で通話を発信できます。 管理者がオフィス経由のダイヤル(DVO)機能を有効にしている場合、デフォルト設定は「自動選択」です。これにより、Wi-Fi ネットワークに接続していなくても DVO が有効になります。 Cisco Jabber Voice は、DVO 通話を行う前にコールバック番号が指定されているかどうかを確認します。 このコールバック番号を指定していない場合、指定するようにアプリケーションから求められます。 DVO コールバック番号は通常、携帯電話番号です。

DVO を使用するには、次の手順を実行します。

  1. [DVO コールバック番号(DVO Callback Number)] フィールドに、DVO コールバック番号を入力します。 これは通常、携帯電話番号です。
  2. [保存(Save)] をタップします。

DVO を使用しない場合は、次の手順を実行します。

  1. [設定(Settings)] をタップします。
  2. [全般(General)] セクションで、[通話オプション(Calling Options)] をタップします。
  3. [常にインターネットを使用(Always use Internet)] を選択します。 このオプションでは、Cisco Jabber Voice はインターネット電話として動作し、Wi-Fi またはモバイル データ プランを使用してインターネット経由で仕事用の番号で通話を発信します。

Q. 

DVO 通話を発信しようとしましたが、コールの相手はボイスメール システムまたは別の番号から通話を受信しました。 なぜですか。

A. 

DVO 通話を発信すると、コールの相手は次の場合にボイスメール システムまたは別の番号から通話を受信します。

  • モバイル ボイス ネットワーク接続が弱い。 この問題を回避するには、DVO 通話を発信する前にモバイル ボイス ネットワーク接続が強固であることを確認します。
  • 携帯電話番号とは異なる電話番号を使用して DVO コールバック番号を設定します。 この問題を回避するには、Cisco Jabber Voice の設定で DVO コールバック番号を携帯電話番号に変更します。 [設定(Settings)] > [通話オプション(Calling Options)] を選択し、新しい DVO コールバック番号を入力します。
  • これで、コールバックに応答しなくなり、デバイスはボイスメールに設定されます。

Q. 

DVO 通話を発信した後、数秒間の無音状態の後で通話がドロップされました。 何が問題でしょうか。

A. 

企業の電話システムの制限により、無効な電話番号に DVO 通話を発信した後に音声メッセージが再生されない場合があります。 この問題を解決するには、発信した電話番号が有効な電話番号であるかどうかを確認します。

 

このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。 このマニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。 このマニュアルに記載されている製品の使用は、すべてユーザ側の責任になります。

対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されています。 添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。

The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating system. All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.

ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されます。 シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をはじめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものとします。

このマニュアルで使用している IP アドレスおよび電話番号は、実際のアドレスおよび電話番号を示すものではありません。 マニュアル内の例、コマンド出力、ネットワーク トポロジ図、およびその他の図は、説明のみを目的として使用されています。 説明の中に実際のアドレスおよび電話番号が使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

Cisco and the Cisco logo are trademarks or registered trademarks of Cisco and/or its affiliates in the U.S. and other countries. To view a list of Cisco trademarks, go to this URL: http:/​/​www.cisco.com/​go/​trademarks. Third-party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1110R)