Cisco Jabber Voice for iPhone Release 9.1(6) アドミニストレーション ガイド
概要
概要

概要

Cisco Jabber Voice for iPhone は、エンタープライズ コール、ビジュアル ボイスメール、および iOS デバイスからの企業ディレクトリへのアクセスをユーザに提供します。


(注)  


VoIP 通話の音声品質は、Wi-Fi またはモバイル データ ネットワーク接続によって異なります。 Cisco AnyConnect Secure Mobility Client を利用した Cisco Jabber Voice への接続にモバイル データ ネットワークまたは社外 Wi-Fi ネットワークを使用する場合、Cisco Technical Assistance Center(TAC)では音声品質のトラブルシューティングは行えません。


Cisco Jabber Voice for iPhone では、次の操作を行えます。
  • Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)を介し、iOS デバイスを使用して社内の電話番号でコールを発信および受信する。 VoIP またはモバイル ボイス ネットワークを使用して、コールを発信できます。

    (注)  


    Cisco Jabber Voice では、オフィス経由のダイヤル - リバース(DVO-R)機能を持つモバイル ボイス ネットワークを使用して仕事用の通話を発信します。 DVO-R 機能には以下が必要です。

    • Cisco Jabber for iPhone クライアント、Release 9.1(x) または Cisco Jabber Voice for iPhone クライアント、Release 9.1(5)
    • Unified CM 8.6.2SU3 (8.6.2.23900-10) または 9.1(1a)

  • Cisco Jabber Voice が実行されていないか、企業ネットワークに接続されていないときに、一般のモバイル電話番号で通話を受信する。
  • 複数の VoIP コール(コール ウェイティング、新しい通話の追加、アクティブ コール間の切り替え)。
  • Unified CM が提供する通話中の機能の多くを使用する。 通話中の機能には、保留、転送、会議などがあります。
  • アクティブな Cisco Jabber Voice VoIP コールをデバイスからデスク フォンに、またはその逆に転送する。
  • アクティブな Cisco Jabber Voice VoIP コールをモバイル ネットワークに転送する。
  • iPhone を耳に当て、通話相手の名前を発音することで、その番号にダイヤルする(日本語には対応していません)。
  • 社内ディレクトリを検索する。
  • ビジュアルなボイスメールのリストからそれぞれのメッセージにアクセスする。
  • 自動セットアップ リンクにセカンダリまたはバックアップ TFTP サーバを設定する。
  • アプリケーションは Cisco Jabber Voice によってバックグラウンドで実行され、Unified CM が利用可能な場合は自動的に登録され、会社の電話番号へのコールを受信できる状態を保つ。
  • 別の Unified CM または Cisco Unified Survival Remote Site Telephony(SRST)でサービスのバックアップをする。
  • Cisco Jabber Voice for iPhone を Cisco Jabber IM for iPhone アプリケーションと連携して使用するときに、Cisco Jabber の連絡先との IM セッションを開始する。
  • サポートされる iPhone デバイスで Bluetooth ヘッドセットを使用する。
  • 安全なリモート アクセスのための VPN クライアントは次の目的に使用できます。
    • 社外の Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークを使用して、社内の電話番号から VoIP コールを発信および受信する。
    • モバイル ボイス ネットワークを経由して社内の電話番号から Dial via Office コールを発信する。 これらのコールは社外の Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークを使用して呼のセットアップを行います。

関連資料

次の資料には Cisco Jabber Voice に関連した情報が記載されています。