Cisco Jabber for Windows 9.6 アクセシビリティ ガイド
Cisco Jabber for Windows のアクセシビリティ機能
Cisco Jabber for Windows のアクセシビリティ機能

Cisco Jabber for Windows のアクセシビリティ機能

キーボード ショートカットやマーク表示のプレゼンス アイコンなど、アクセシビリティ機能を確認します。

グレースケールのステータス アイコン

グレースケールのステータス アイコンはモノクロで、記号を使用してアベイラビリティを示します。

グレースケールのステータス アイコンを使用するには、[表示] > [ステータスをグレースケールで表示] を選択します。

次の表に、標準的なステータス アイコンとグレースケールのステータス アイコンを示します。
標準的なアイコン グレースケール アイコン 説明

応答可能

退席中

応答不可

応対不可

フォントのスムージング

Cisco Jabber for Windows をインストールして設定する管理者はフォントのスムージングが発生する方法を制御できます。

ForceFontSmoothing パラメータでは、クライアントまたはオペレーティング システムによってテキストへのアンチエイリアスが適用されるかどうかを指定します。 デフォルトでは、テキストをスムースにするためのアンチエイリアスがクライアントによって適用されます。

オペレーティング システムでテキストにアンチエイリアスを適用する場合は、クライアント設定の ForceFontSmoothing パラメータを次のように設定します。

<Policies>
  <ForceFontSmoothing>false</ForceFontSmoothing>
</Policies>

詳細については、インストールおよび設定ガイドを参照してください。

キーボード ショートカット

グローバル ショートカット

動作 キーボードのショートカット

固定ウィンドウにアクセス

ヒント   
固定ウィンドウを表示する
  1. メイン Cisco Jabber ウィンドウを開きます。
  2. [表示] > [ドックウィンドウを表示] を選択します。
Ctrl+Shift+?
コンテキスト メニューを開く [メニュー] キー

Shift+F10

着信コール

動作 キーボードのショートカット
コールに応答する Ctrl+L
コールを拒否する Ctrl+D
チャットでコールに応答する Ctrl+R

アクティブ コール

動作 キーボードのショートカット
コールの終了 Ctrl+K
全画面表示モードのオンとオフを切り替える Ctrl+Shift+F
セルフビュー ビデオを表示または非表示にする Ctrl+Shift+B
オーディオをミュートまたはミュート解除する Ctrl+下矢印
ビデオを開始または停止する Ctrl+Shift+V
コール ウィンドウをドッキングまたはドッキング解除する Ctrl+Alt+P
コールを保留または再開する Ctrl+Shift+H
キーパッドを開くまたは閉じる Ctrl+Shift+K
ヒント    キーボードでキーパッドの数字を入力します。
音量を上げる Ctrl+Shift+上矢印
音量を下げる Ctrl+Shift+下矢印
詳細なメニューを開くか閉じる Ctrl+Shift+プラス
コールが保留中のときに [マージ] メニューを開く Ctrl+M
コールを転送する Ctrl+Shift+T
電話会議を開始する Ctrl+Shift+C
通話をパークする Ctrl+Shift+R

インスタント メッセージ

動作 キーボードのショートカット
太字フォント Ctrl+B
イタリック体 Ctrl+I
下線 Ctrl+U
コピー Ctrl+C
貼り付け Ctrl+V
切り取り Ctrl+X
元に戻す Ctrl+Z
やり直し Ctrl+Y
参加者の追加 スペースバー
ヒント    Tab キーを使用して、[会話] ウィンドウの [参加者の追加] コントロールに移動します。

スクリーン キャプチャ

キーボードでスクリーン キャプチャを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Tab キーを使用して、[会話] ウィンドウの [スクリーンキャプチャの送信] コントロールに移動します。
  2. スペースバーを押し続けます。
  3. 矢印キーを使用して、キャプチャする画面の領域をハイライト表示します。
  4. スペースバーを押してスクリーン キャプチャを取得します。

キーボード ナビゲーション

次の画面では、Tab キーと矢印キーを押して項目を切り替えます。
  • メインCisco Jabber ウィンドウ
  • チャット ウィンドウ
  • コール ウィンドウ
  • 連絡先リスト
  • オプション ウィンドウ
  • 固定ウィンドウ

ヒント


  • 矢印キーを使用して、リストと個別のコンポーネントにアクセスします。
  • Tab キーを使用して、一般領域を操作します。
  • ウィンドウ上の項目を選択したり、連絡先リストの連絡先とのチャットを開始するには、Enter を押します。

コール制御の操作

コール ウィンドウのコール制御を操作するには、次の手順を実行します。
  1. Tab キーを使用して、コール制御を切り替えます。
  2. Space または Enter キーを押して、2 番めの制御メニューを開きます。
  3. 矢印キーで設定を調整します。
  4. Esc キーを押して、2 番めの制御メニューを終了します。

連絡先リストの操作

Tab キーで連絡先リストを表示すると、グループと連絡先が表示されます。 グループと連絡先を操作します。
  • 左右矢印を使って、グループを展開して折りたたみます。
  • 下矢印を使って、グループを操作します。
  • 右矢印を使って、グループを表示します。
  • 左矢印を使って、グループを閉じます。
  • 上下矢印を使って、グループの連絡先を操作します。

Microsoft Windowsメニュー

メイン ウィンドウ上の Microsoft Windows メニューを切り替えるには、次の手順を実行します。
  1. F10 を押して、[ファイル] メニューを選択します。
  2. Alt を押して、メニューを切り替えます。
  3. 矢印キーを使用して、メニュー項目を切り替えます。
  4. Enter を押して、メニュー項目を選択します。