Cisco Jabber 11.5 パラメータ リファレンス ガイド
共通のポリシー
共通のポリシー

目次

共通のポリシー

LogWritingDesktop

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ログをデスクトップ クライアントのディスクに書き込むかどうかを指定して、PRT ロギングのセキュリティ レベルを定義します。
  • Always(デフォルト):ログは常にディスクに書き込まれます。クライアントの [ヘルプ(Help)] メニューにはオプションが表示されません。

  • UserCanEnable:ログをディスクに書き込むかどうかをユーザが設定できます。この値を設定すると、ユーザが有効化または無効化できる [詳細ログの有効化(Enable Detailed Logging)] オプションが、クライアントの [ヘルプ(Help)] メニューに表示されます。

  • Never:ログはディスクに書き込まれません。PRT を手動で生成する場合は、内部メモリのログが一時ファイルに書き込まれます。この一時ファイルは、PRT の生成後に削除されます。

例:<LogWritingDesktop>UserCanEnable</LogWritingDesktop>

DetailedLogDurationDesktop

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

LogWritingDesktop パラメータに値 UserCanEnable を設定すると、デスクトップ クライアントがディスクにログを書き込む時間数を定義できます。定義した期間が経過すると、すべてのログがディスクから消去されます。

このパラメータの値を指定しない場合(デフォルト)、クライアントはログをディスクに無期限で書き込むか、またはユーザが詳細ロギングを無効にするまで書き込みます。

例:<DetailedLogDurationDesktop>10</DetailedLogDurationDesktop>

LogWritingMobile

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ログをモバイル クライアントのディスクに書き込むかどうかを指定します。これにより、PRT ロギングのセキュリティ レベルが定義されます。
  • Always(デフォルト):ログは常にディスクに書き込まれます。クライアントの [ヘルプ(Help)] メニューにはオプションが表示されません。

  • UserCanEnable:ログをディスクに書き込むかどうかをユーザが設定できます。この値を設定すると、ユーザが有効化または無効化できる [詳細ログ(Detailed Logging)] ボタンがモバイル クライアントに表示されます。

  • Never:ログはディスクに書き込まれません。PRT を手動で生成する場合は、内部メモリのログが一時ファイルに書き込まれます。この一時ファイルは、PRT の生成後に削除されます。

例:<LogWritingMobile>UserCanEnable</LogWritingMobile>

DetailedLogDurationMobile

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

LogWritingMobile パラメータに値 UserCanEnable を設定すると、モバイル クライアントがディスクにログを書き込む時間数を定義できます。定義した期間が経過すると、すべてのログがディスクから消去されます。

このパラメータの値を指定しない場合(デフォルト)、クライアントはログをディスクに無期限で書き込むか、またはユーザが詳細ロギングを無効にするまで書き込みます。

例:<DetailedLogDurationMobile>10<DetailedLogDurationMobile>

Disallow_File_Transfer_On_Mobile

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ユーザがモバイル上でファイルを送受信できるかどうかを指定します。

  • true:ユーザはモバイルでファイルを送受信できません。

  • false(デフォルト):ユーザはモバイルでファイルを送受信できます。

例:<Disallow_File_Transfer_On_Mobile>true</Disallow_File_Transfer_On_Mobile>

Disable_MultiDevice_Message

クラウド展開でのすべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

複数のデバイスのメッセージング機能を無効にします。

  • true:複数のデバイスのメッセージング機能を無効にします。

  • false(デフォルト):複数のデバイスのメッセージング機能が有効です。ユーザは、サインインしているすべてのデバイスのすべての送信メッセージと受信メッセージを確認できます。


(注)  


複数のデバイスのメッセージングはファイル転送または画面キャプチャをサポートしていません。ファイルは、ファイルを送信または受信したアクティブなデバイスでのみ使用できます。


例:<Disable_MultiDevice_Message>true</Disable_MultiDevice_Message>

EnableVideo

ビデオ機能を有効または無効にします。

  • true(デフォルト):ユーザはビデオ コールを発信したり受信したりできます。

  • false:ユーザはビデオ コールを発信したり受信したりできません。

例:<EnableVideo>false</EnableVideo>

InitialPhoneSelection

クライアント初回起動時のユーザの電話タイプを設定します。初回起動後、ユーザは電話タイプを変更できます。クライアントは、ユーザ設定を保存し、以降の起動でその設定を使用します。

  • deskphone:コールにデスクフォン デバイスを使用します。

  • softphone(デフォルト):コールにソフトフォン(CSF)デバイスを使用します。

クライアントは次の順序でデバイスを選択します。
  1. ソフトフォン デバイス

  2. デスクフォン デバイス

ユーザにソフトフォン デバイスをプロビジョニングしない場合、クライアントはデスクフォン デバイスを自動的に選択します。

例:<InitialPhoneSelection>deskphone</InitialPhoneSelection>

UserDefinedRemoteDestinations

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザは、クライアント インターフェイスを使用してリモート接続先を追加、編集、および削除できます。拡張機能と接続機能をプロビジョニングしてデフォルトの動作を変更するには、このパラメータを使用します。

デフォルトでは、ユーザのデバイス リストに CTI リモート デバイスだけが含まれる場合、クライアントはユーザがリモート接続先を追加、編集、または削除できないようにします。これは、割り当てられた専用のリモート デバイスをユーザが変更できないようにするためです。ただし、ユーザのデバイス リストにソフトフォン デバイスまたはデスクフォン デバイスが含まれる場合、クライアントはユーザがリモート接続先を追加、編集、および削除できるようにします。

  • true:ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できます。

  • false(デフォルト):ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できません。

例:<UserDefinedRemoteDestinations>true</UserDefinedRemoteDestinations>

RemoteDestinationEditingWithMultipleDevices

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

複数のデバイスを使用するユーザが、リモート接続先を編集または追加できるかどうかを決定できます。

  • true (デフォルト):複数のデバイスを使用するユーザが、リモート接続先を編集または追加できます。

  • false:複数のデバイスを使用するユーザが、リモート接続先を編集または追加できません。

例:<RemoteDestinationEditingWithMultipleDevices>false</RemoteDestinationEditingWithMultipleDevices>

EnableLocalAddressBookSearch

Cisco Jabber for Windows と Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザがローカル Microsoft Outlook または IBM Notes(リリース 11.1)の連絡先を検索して自分の連絡先リストに追加できるかどうかを指定します。

  • true(デフォルト):ユーザはローカル連絡先を検索して自分の連絡先リストに追加できます。

  • false:ユーザは、ローカル連絡先を検索することも、自分の連絡先リストに連絡先を追加することもできません。

例:<EnableLocalAddressBookSearch>false</EnableLocalAddressBookSearch>

EnableLotusNotesContactResolution

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがローカル IBM Notes 連絡先を検索して自分の連絡先リストに追加できるようにします。

  • true:ユーザは、IBM Notes のローカル連絡先を検索し、自分の連絡先リストに追加できます。


    (注)  


    EnableLocalAddressBookSearch パラメータも true に設定する必要があります。


  • false(デフォルト):ユーザは IBM Notes のローカル連絡先を検索することも、自分の連絡先リストに追加することもできません。

例:<EnableLotusNotesContactResolution>true</EnableLotusNotesContactResolution>

EnableAccessoriesManager

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントでアクセサリ API を有効にします。この API は、アクセサリのベンダーがヘッドセットなどのコール管理機能を有効にするプラグインを作成できるようにします。
  • true(デフォルト):アクセサリ API を有効にします。

  • false:アクセサリ API を無効にします。

例:<EnableAccessoriesManager>false</EnableAccessoriesManager>

BlockAccessoriesManagerPlugins

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

Jabra や Logitech などのサードパーティ ベンダーからの特定のアクセサリ マネージャ プラグインを無効にします。プラグイン DLL ファイルの名前は、値として設定する必要があります。複数の値はカンマで区切ります。

Microsoft Windows の例:
<BlockAccessoriesManagerPlugins> JabraJabberPlugin.dll,lucpcisco.dll </BlockAccessoriesManagerPlugins>

ForceFontSmoothing

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントがスムーズ テキストにアンチエイリアシングを適用するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントがテキストにアンチエイリアスを適用します。

  • false:オペレーティング システムがテキストにアンチエイリアスを適用します。

例:<ForceFontSmoothing>false</ForceFontSmoothing>

EnableBFCPVideoDesktopShare

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

BFCP ビデオ デスクトップ共有機能を有効にします。
  • true(デフォルト):クライアント上の BFCP ビデオ デスクトップ共有を有効にします。

  • false:BFCP ビデオ デスクトップ共有を無効にします。

例:<EnableBFCPVideoDesktopShare>false</EnableBFCPVideoDesktopShare>

EnableP2PDesktopShare

ユーザは、通話中でない場合に、画面を共有できます。
  • true(デフォルト):ユーザは画面を共有できます。

  • false:ユーザは一対一画面共有を実行できません。

例:<EnableP2PDesktopShare>false</EnableP2PDesktopShare>

PreferP2PDesktopShare

一対一画面共有がビデオ共有より優先されるように指定します。
  • true:一対一画面共有が優先されます。

  • false(デフォルト):ビデオ共有が優先されます。

例:<PreferP2PDesktopShare>true</PreferP2PDesktopShare>

ScreenShareAuditMessages

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

Cisco Jabber クライアントが、コンプライアンスおよび監査の目的ですべてのユーザ アクションに関する情報を プレゼンス サーバに送信できるようにします。

ScreenShareAuditMessages
  • true:Cisco Jabber は、IM 限定画面共有中のユーザ アクションに関する情報をプレゼンス サーバに送信します。

  • false(デフォルト):Cisco Jabber は、IM 限定画面共有中のユーザ アクションに関する情報をプレゼンス サーバに送信しません。


(注)  


この機能を有効にするには、稼働しているすべての Cisco Jabbber クライアントがリリース 11.0(1) 以上であることを確認します。古いバージョンのクライアントが実行されている場合、IM 限定画面共有中に収集された情報が、インスタント メッセージとして古い Cisco Jabber クライアントに送信されます。


例:<ScreenShareAuditMessages>true</ScreenShareAuditMessages>

Meetings_Enabled

クライアントのミーティング機能を有効にします。CalendarIntegrationType パラメータと連携して機能します。
  • true(デフォルト):ミーティング機能を有効にし、ミーティングの作成およびミーティング参加のリマインダの受け取りを可能にします。

  • false:ミーティング機能を無効にします。

例:<Meetings_Enabled>false</Meetings_Enabled>

Telephony_Enabled

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

クライアントで音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを有効にします。
  • true(デフォルト):音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを有効にします。

  • false:音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを無効にします。

クライアントが IM 専用モードに対して有効になっている場合は、このパラメータを false に設定します。IM 限定モード展開でこのパラメータを設定しない場合、ユーザ インターフェイスではテレフォニー機能が無効であると表示される場合があります。

例:<Telephony_Enabled>false</Telephony_Enabled>

Voicemail_Enabled

クライアントでボイスメール機能とユーザ インターフェイスを有効にします。
  • true(デフォルト):ボイスメール機能とユーザ インターフェイスを有効にします。

  • false:ボイスメール機能とユーザ インターフェイスを無効にします。

例:<Voicemail_Enabled>false</Voicemail_Enabled>

EnableSaveChatToFile

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがチャットを HTML でファイル システムに保存できるようにします。
  • true(デフォルト):ユーザはチャットをファイルに保存できます。

  • false:ユーザはファイルにチャットを保存できません。

例:<EnableSaveChatToFile>false</EnableSaveChatToFile>

PrintIMEnabled

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがチャット ウィンドウの会話を印刷できるようにするかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):右クリックして [印刷(Print)] を選択することで、チャット ウィンドウの会話を印刷できます。

  • false:ユーザはチャット ウィンドウの会話を印刷できません。ウィンドウ内を右クリックしても、メニューに [印刷(Print)] オプションは表示されません。

例:<PrintIMEnabled>false</PrintIMEnabled>

InstantMessageLabels

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

インスタント メッセージを送信する前にユーザが適用すべき、SECRET や CONFIDENTIAL などのセキュリティ ラベルのカタログを定義します。ラベルは、送信されるメッセージの前に表示されます。たとえば、「SECRET: メッセージ テキスト」のように表示されます。

最大 20 のラベルを指定できます。

Cisco Jabber はこれらのラベルに基づいてメッセージ配信を制御しません。このような制御には、コンプライアンス サーバなどの XEP-0258 ラベル ヘッダーをサポートするサードパーティ製品を使用する必要があります。

XEP-0258 がセキュリティ ラベルの実装に使用されます。詳細については、『XEP-0258: Security Labels in XMPP』を参照してください。

セキュリティ ラベルの jabber-config.xml の例:

<InstantMessageLabels> <item selector="Classified|SECRET"> <securitylabel xmlns='urn:xmpp: sec-label:0'> <displaymarking fgcolor='black' bgcolor='red'>SECRET </displaymarking> </securitylabel> </item> <item…> … </item> </InstantMessageLabels> 

EnableSIPURIDialling

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

Cisco Jabber で URI ダイヤルを有効にして、ユーザが URI にコールを発信できるようにします。
  • true:ユーザは URI を使用してコールを発信できます。

  • false(デフォルト):ユーザは URI を使用してコールを発信できません。

例:<EnableSIPURIDialling>true</EnableSIPURIDialling>

DirectoryURI / BDIDirectoryURI

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

ユーザの SIP URI を保持するディレクトリ属性を指定します。
  • オンプレミス展開:値として次のいずれかを設定します。
    • mail

    • msRTCSIP-PrimaryUserAddress

  • クラウドベース展開:値として次のいずれかを設定します。
    • mail

    • imaddress

    • workphone

    • homephone

    • mobilephone

デフォルトでは、mail 属性が使用されます。

重要:

指定した値は、Cisco Unified Communications Manager または Cisco WebEx 管理ツールのユーザのディレクトリ URI 設定と一致する必要があります。

EDI の例:<DirectoryURI>mail</DirectoryURI>

BDI の例:<BDIDirectoryURI>mail</BDIDirectoryURI>

ForceC2XDirectoryResolution

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザが click-to-x アクションを実行したときに、連絡先情報を解決するためにクライアントがディレクトリのクエリーを実行するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):ユーザが click-to-x アクションを実行したときに、クライアントはディレクトリのクエリーを実行します。

  • false:click-to-x アクションが実行されても、クライアントはディレクトリのクエリーを実行しません。


(注)  


このパラメータは、ユーザが Expressway for Mobile and Remote Access 経由で社内ネットワークに接続している場合は効果がありません。この場合は、UDS が連絡先を解決し、クライアントがディレクトリを照会できません。


例:<ForceC2XDirectoryResolution>false</ForceC2XDirectoryResolution>

AlertOnAvailableEnabled

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがアベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加できるようにします。
  • true(デフォルト):ユーザはアベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加できます。

  • false:ユーザは、アベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加することができません。

例:<AlertOnAvailableEnabled>false</AlertOnAvailableEnabled>

ServiceDiscoveryExcludedServices

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

サービス ディスカバリから特定のサービスを除外するかどうかを指定します。
  • WEBEX:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

    • CAS 検索を実行しません。

    • _cisco-uds_cuplogin_collab-edge を検索します。

  • CUCM:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

    • _cisco_uds を検索しません。

    • _cuplogin_collab-edge を検索します。

  • CUP:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

    • _cuplogin を検索しません。
    • _cisco-uds_collab-edge を検索します。

カンマで区切った複数の値を指定して、複数のサービスを除外できます。

例:<ServiceDiscoveryExcludedServices> WEBEX,CUCM </ServiceDiscoveryExcludedServices>

VoiceServicesDomain

_collab-edge_cisco-uds の DNS SRV レコードを設定する DNS ドメインを表す完全修飾ドメイン名を指定します。

例:次のような DNS SRV レコードがある場合
  • _collab-edge._tls.voice.example.com

  • _cisco-uds._tcp.voice.example.com

VoiceServicesDomain の値は voice.example.com になります。

CTIWindowBehaviour

Cisco Jabber for Mac で使用します。

ユーザがデスクフォン制御モード(CTI モード)でコールに応答したときの会話ウィンドウの動作を指定します。
  • OnCall(デフォルト):コールへの応答時に常に [会話(Conversation)] ウィンドウが表示されます。

  • Never:コールへの応答時に [会話(Conversation)] ウィンドウは表示されません。

Cisco Jabber for Windows の以前のバージョンでこのパラメータを設定した場合は、このリリースでも引き続き使用できます。ただし、代わりに DeskPhoneModeWindowBehavior パラメータを使用することを推奨します。

例:<CTIWindowBehaviour>Never</CTIWindowBehaviour>

DeskPhoneModeWindowBehavior

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがデスクフォン制御モード(CTI モード)でコールに応答したときの会話ウィンドウの動作を指定します。
  • OnVideo:[会話(Conversation)] ウィンドウはビデオ コールに対してのみ表示されます。

  • OnCall(デフォルト):コールへの応答時に常に [会話(Conversation)] ウィンドウが表示されます。

  • Never:コールへの応答時に [会話(Conversation)] ウィンドウは表示されません。

例:<DeskPhoneModeWindowBehavior>Never</DeskPhoneModeWindowBehavior>

SoftPhoneModeWindowBehavior

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザがソフトフォン制御モードでコールに応答したときの会話ウィンドウの動作を指定します。
  • OnVideo:[会話(Conversation)] ウィンドウはビデオ コールに対してのみ表示されます。

  • OnCall(デフォルト):コールへの応答時に常に [会話(Conversation)] ウィンドウが表示されます。

  • Never:コールへの応答時に [会話(Conversation)] ウィンドウは表示されません。

例:<SoftPhoneModeWindowBehavior>Never</SoftPhoneModeWindowBehavior>

EnableCallPickup

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ユーザが自分のコール ピック アップ グループ内のコールをピックアップできるかどうか指定します。
  • true:コール ピックアップを有効にします。

  • false(デフォルト):コール ピックアップを無効にします。

例:<EnableCallPickup>true</EnableCallPickup>

EnableGroupCallPickup

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

コール ピック アップ グループ番号を入力して、ユーザが別のコール ピックアップ グループの着信コールをピックアップできるかどうか指定します。
  • true:グループ コール ピック アップを有効にします。

  • false(デフォルト):グループ コール ピックアップを無効にします。

例:<EnableGroupCallPickup>true</EnableGroupCallPickup>

EnableOtherGroupPickup

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ユーザが、自分のコール ピック アップ グループに関連付けられたグループ内の着信コールをピックアップできるかどうか指定します。
  • true:別グループ コール ピック アップを有効にします。

  • false(デフォルト):別グループ コール ピックアップを無効にします。

例:<EnableOtherGroupPickup>true</EnableOtherGroupPickup>

EnableHuntGroup

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ユーザがハント グループにログインできるかどうか指定します。
  • true:ユーザは、ハント グループにログインできます。

  • false(デフォルト):ユーザはハント グループにログインできません。

例:<EnableHuntGroup>true</EnableHuntGroup>

PreventDeclineOnHuntCall

デスクトップ クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ハント グループに着信コールがあった場合に、[拒否(Decline)] ボタンを表示するかどうかを指定します。
  • true:ハント グループの着信コールに対して [拒否(Decline)] ボタンは表示されません。

  • false(デフォルト):[拒否(Decline)] ボタンがハント グループの着信コールで表示されます。

例:<PreventDeclineOnHuntCall>true</PreventDeclineOnHuntCall>

TelemetryEnabled

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

分析データを収集するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):分析データが収集されます。

  • false:分析データは収集されません。

例:<TelemetryEnabled>false</TelemetryEnabled>

TelemetryCustomerID

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

分析情報の送信元を指定します。これは、個々のお客様を明示的に識別する文字列またはお客様を識別することなく共通送信元を識別するう文字列です。Global Unique Identifier(GUID)生成ユーティリティを使用して、36 文字の一意の ID を生成するか、逆ドメイン名を使用することをお勧めします。次のユーティリティで GUID を生成できます。
  • Mac OS X:uuidgen

  • Linux:uuidgen

  • Microsoft Windows:[guid]::NewGuid().ToString() または(cmd.exe から)powershell -command "[guid]::NewGuid().ToString()"

  • オンライン:guid.us

GUID を作成する方法にかかわらず、この ID はグローバルに一意である必要があります。

例:<TelemetryCustomerID>customerIdentifier</TelemetryCustomerID>

TelemetryEnabledOverCellularData

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

分析データを Wi-Fi 経由で送信するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):分析データが Wi-Fi とモバイル データ接続経由で送信されます。

  • false:分析データは Wi-Fi 接続経由でのみ送信されます。

例:<TelemetryEnabledOverCellularData>false</TelemetryEnabledOverCellularData>

EnableMediaStatistics

コール中のリアルタイム音声およびビデオ統計情報の表示を許可します。
  • ON(デフォルト):コール中にリアルタイム音声およびビデオ統計情報を表示できます。

  • OFF(デフォルト):コール中にリアルタイム音声およびビデオ統計情報を表示できません。

例:<EnableMediaStatistics>OFF</EnableMediaStatistics>

EnableTelProtocolPopupWindow / CiscoTelProtocolPermissionEnabled

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザが ciscotel:uri 有効化番号をオンにした後に、コールの発信について確認を求めるダイアログ ボックスを有効にするか無効にするかを指定します。
  • true(デフォルト):ダイアログボックスが有効にされ、ユーザはコールの発信を確認するように要求されます。

  • false:ダイアログ ボックスが無効になり、確認を求めることなくコールが発信されます。これは、間違い電話や迷惑電話の原因になる場合があります。


(注)  


CiscoTelProtocolPermissionEnabled パラメータは EnableTelProtocolPopupWindow パラメータに置き換わります。どちらのパラメータもクライアント内でサポートされますが、どちらかのパラメータが false に設定されるとダイアログ ボックスが無効になります。


例:<CiscoTelProtocolPermissionEnabled>false</CiscoTelProtocolPermissionEnabled>

ClickToCallProtocolPermissionEnabled

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザが clicktocall: URI リンクをクリックしたときに、Cisco Jabber を使用してコールを発信することを確認するダイアログ ボックスを有効にするか無効にするかを指定します。
  • true(デフォルト):ダイアログ ボックスが有効になり、Cisco Jabber を使用してコールを発信することについてユーザに確認を求めます。

  • false:ダイアログ ボックスが無効になり、確認を求めることなくコールが発信されます。

例:<ClickToCallProtocolPermissionEnabled>false</ClickToCallProtocolPermissionEnabled>

ClickToCallWithEditProtocolPermissionEnabled

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

ユーザが clicktocall: URI リンクをクリックしたときに、Cisco Jabber を使用して編集されたコールを発信することを確認するダイアログ ボックスが表示されるかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):ダイアログ ボックスが有効になり、Cisco Jabber を使用して編集されたコールを発信することについてユーザに確認を求めます。

  • false:ダイアログ ボックスが無効になり、確認を求めることなくコールが発信されます。

例:<ClickToCallWithEditProtocolPermissionEnabled>false</ClickToCallWithEditProtocolPermissionEnabled>

CiscoTelProtocolCrossLaunchBackNotificationEnabled

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

コールが終了したときに、元のアプリケーションに戻るか Jabber に留まるかをユーザに確認するダイアログボックスを表示するかどうかを指定します。

  • true(デフォルト):ダイアログボックスが表示されます。

  • false:ダイアログボックスは表示されません。

例:<CiscoTelProtocolCrossLaunchBackNotificationEnabled>false</CiscoTelProtocolCrossLaunchBackNotificationEnabled>

CiscoTelProtocolCrossLaunchBackSchema

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

ユーザは、元のアプリケーションの起動に使用される URL にパラメータを指定できます。CrossLaunchBackSchema は、相互起動できる許可アプリケーション スキーマのホワイト リストです。各スキーマに追加のパラメータを指定して、そのパラメータを使ってアプリケーションを起動できます。元のアプリケーションを起動するためのスキーマに特定のパラメータを設定できます。たとえば、http に対して Webサイト「www.cisco.com」を設定できます。スキーマと追加パラメータを指定した後、追加のスキーマを指定するにはセミコロンを使用します。

  • none(デフォルト):リストはありません。

  • schema_names:許可されたアプリケーション タイプをセミコロンで区切ったリスト。

例:<CiscoTelProtocolCrossLaunchBackSchema>AppSchema1://parameter1; AppSchema2</CiscoTelProtocolCrossLaunchBackSchema>

SSO_Enabled

ユーザがシングルサインオン(SSO)を使用してサインインするかどうかを指定します。

  • TRUE(デフォルト):ユーザは SSO を使用してサインインします。

  • FALSE:ユーザはサインインに SSO を使用しません。

例:<SSO_Enabled>FALSE</SSO_Enabled>

ServicesDomainSsoEmailPrompt

ユーザのホーム クラスタを決定する際に、ユーザに対して電子メール プロンプトを表示するかどうかを指定します。
  • ON:プロンプトが表示されます。

  • OFF(デフォルト):プロンプトは表示されません。

例:<ServicesDomainSsoEmailPrompt>ON</ServicesDomainSsoEmailPrompt>

EnableForensicsContactData

連絡先に関連する問題を報告する際、ユーザの連絡先フォルダが Problem Reporting Tool(PRT)によって収集されるかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):連絡先フォルダが PRT ツールによって収集されます。

  • false:連絡先フォルダは RRT ツールによって収集されません。

例:<EnableForensicsContactData>false</EnableForensicsContactData>

SharePortRangeStart

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

このパラメータは、ユーザが Cisco Jabber for Windows のチャット ウィンドウで画面を共有するときに使用すべきポート範囲を指定する SharePortRangeSize と一緒に使用されます。

これらのパラメータを設定しなかった場合は、クライアントが IM 画面共有のデフォルトのポート範囲(49152 ~ 65535)を使用します。デフォルト ポート範囲の詳細については、『Cisco Jabber 11.0 Planning Guide』の「Ports and Protocols for Cisco Jabber for Windows and Cisco Jabber for Mac」に関するトピックを参照してください。

ユーザが入力した値によって、ポート範囲の先頭が指定されます。最小値は 1024 です。65535 - SharePortRangeSize を超える値は指定できません。

例:
<Policies> 
<SharePortRangeStart>45130</SharePortRangeStart> 
<SharePortRangeSize>100</SharePortRangeSize> 
</Policies> 
この例では、ポート範囲 45130 ~ 45230 が設定されます。

SharePortRangeSize

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

SharePortRangeStart パラメータと一緒に使用された場合にポート範囲のサイズを指定します。最小値は 40 です。SharePortRangeStart パラメータに加算されたときの値は 65535 を超えることができません

ポート範囲の詳細については、『Cisco Jabber 11.0 Planning Guide』の「Ports and Protocols for Cisco Jabber for Windows and Cisco Jabber for Mac」に関するトピックを参照してください。

例:
<Policies> 
<SharePortRangeStart>45130</SharePortRangeStart> 
<SharePortRangeSize>100</SharePortRangeSize> 
</Policies> 

EnableTelProtocol

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

クライアントを tel: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは tel: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは tel: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableTelProtocol>false</EnableTelProtocol>

EnableCiscoTelProtocol

Cisco Jabber for Android, Cisco Jabber for iPhone 、Cisco Jabber for iPad、および Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを ciscotel: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは ciscotel: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは ciscotel: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableCiscoTelProtocol>false</EnableCiscoTelProtocol>

EnableClickToCallProtocol

Cisco Jabber for Android, Cisco Jabber for iPhone 、Cisco Jabber for iPad、および Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを clicktocall: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは clicktocall: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは clicktocall: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableClickToCallProtocol>false</EnableClickToCallProtocol>

EnableSIPProtocol

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

クライアントを sip: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは sip: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは sip: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableSIPProtocol>false</EnableSIPProtocol>

EnableIMProtocol

すべての Cisco Jabber クライアントに適用されます。

クライアントを im: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは im: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは im: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableIMProtocol>false</EnableIMProtocol>

EnableXMPPProtocol

Cisco Jabber for Android, Cisco Jabber for iPhone 、Cisco Jabber for iPad、および Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを xmpp: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは xmpp: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは xmpp: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableXMPPProtocol>false</EnableXMPPProtocol>

EnableCiscoIMProtocol

Cisco Jabber for Android, Cisco Jabber for iPhone 、Cisco Jabber for iPad、および Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを ciscoim: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは ciscoim: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは ciscoim: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableCiscoIMProtocol>false</EnableCiscoIMProtocol>

EnableCiscoTelConfProtocol

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを ciscotelconf: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは ciscotelconf: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは ciscotelconf: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableCiscoTelConfProtocol>false</EnableCiscoTelConfProtocol>

EnableCiscoIMGroupProtocol

Cisco Jabber for Windows に適用されます。

クライアントを ciscoimgroup: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは ciscoimgroup: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは ciscoimgroup: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableCiscoIMGroupProtocol>false</EnableCiscoIMGroupProtocol>

EnableProvisionProtocol

Cisco Jabber for Android、Cisco Jabber for iPhone and iPad、および Cisco Jabber for Mac に適用されます。

クライアントを URL プロビジョニングのプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは URL プロビジョニングのプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは URL プロビジョニングのプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableProvisionProtocol>false</EnableProvisionProtocol>

EnableShareProtocol

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

クライアントを share: URI のプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。share: URI は、Cisco Jabber を介して他のアプリケーションのファイルやメッセージを連絡先と共有します。
  • true(デフォルト):クライアントは share: URI のプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは share: URI のプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableShareProtocol>false</EnableShareProtocol>

ShareProtocolRateLimit

Cisco Jabber for Android に適用されます。

ファイルまたはメッセージの共有を開始できる回数を指定します。たとえば、ShareProtocolRateLimit が 3 で ShareProtocolTimeLimit が 15 秒の場合、ユーザは 15 秒の間に 3 回まで Cisco Jabber によるファイルまたはメッセージの共有を開始できます。

1 ~ 100 の値を設定できます。デフォルト値は 3 です。

例:<ShareProtocolRateLimit>10</ShareProtocolRateLimit>

ShareProtocolTimeLimit

Cisco Jabber for Android に適用されます。

ファイルまたはメッセージの共有を開始できる制限時間を指定します。1 ~ 300 秒の値を設定できます。デフォルト値は 15 秒です。

例:<ShareProtocolTimeLimit>10</ShareProtocolTimeLimit>

EnableCiscoChatProtocol

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

クライアントを ciscochat: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。
  • true(デフォルト):クライアントは ciscochat: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは ciscochat: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableCiscoChatProtocol>false</EnableCiscoChatProtocol>

EnableStatusProtocol

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

クライアントを status: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。status: プロトコルは、他のアプリケーションから [プレゼンス(Presence)] または [プレゼンスの編集(Edit Presence)] 画面を表示します。
  • true(デフォルト):クライアントは status: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは status: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableStatusProtocol>false</EnableStatusProtocol>

EnableProfileProtocol

モバイル クライアント向け Cisco Jabber に適用されます。

クライアントを profile: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録するかどうかを指定します。profile: プロトコルは、他のアプリケーションから連絡先の [プロファイル(Profile)] 画面を表示します。
  • true(デフォルト):クライアントは profile: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されます。

  • false:クライアントは profile: プロトコルのプロトコル ハンドラとして登録されません。

例:<EnableProfileProtocol>false</EnableProfileProtocol>

EnableTelephonyProtocolRateLimit

Cisco Jabber for Mac で使用します。

テレフォニー プロトコル ハンドラを実行するためのレート制限を有効にするかどうかを指定します。

  • true(デフォルト):テレフォニー プロトコル ハンドラを実行するためのレート制限が有効です。

  • false:テレフォニー プロトコル ハンドラを実行するためのレート制限が無効です。

例:<EnableTelephonyProtocolRateLimit>false</EnableTelephonyProtocolRateLimit>

TelephonyProtocolRateLimit

Cisco Jabber for Windows、Cisco Jabber for Mac および Cisco Jabber for Android に適用されます。

テレフォニー プロトコル ハンドラ(tel、ciscotel、sip)のいずれかからコールを開始できる回数を指定します。たとえば、TelephonyProtocolRateLimit が 2 で、TelephonyProtocolTimeLimit が 10 秒の場合、ユーザは、10 秒ごとに 2 回、テレフォニー プロトコル ハンドラのいずれかからコールを開始できます。

1 ~ 100 までの値を設定できます。デフォルト値は 2 です。

注意:同時に 1 つのプロトコル ハンドラのみを処理できます。ユーザがすでにコール アラートを受信している場合、着信した他のプロトコル ハンドラは破棄されるかキューに収容されます。

例:<TelephonyProtocolRateLimit>10</TelephonyProtocolRateLimit>

TelephonyProtocolTimeLimit

Cisco Jabber for Windows、Cisco Jabber for Mac および Cisco Jabber for Android に適用されます。

TelephonyProtocolRateLimit がヒットまたはリセットされる前に、ユーザがテレフォニー プロトコル ハンドラ(sip、tel、ciscotel)のいずれかからコールを開始できる制限時間を指定します。テレフォニー プロトコル ハンドラのいずれかからコールを開始するまでの時間のデフォルト値は、2 回の試行ごとに 10 秒です。1 ~ 300 秒までの値を設定できます。

例:<TelephonyProtocolTimeLimit>10</TelephonyProtocolTimeLimit>

ProvisionProtocolRateLimit

Cisco Jabber for Android に適用されます。

URL プロビジョニングを開始できる回数を指定します。たとえば、ProvisionProtocolRateLimit が 3 で、ProvisionProtocolTimeLimit が 15 秒の場合、ユーザは、15 秒ごとに 3 回、URL プロビジョニングにより Cisco Jabber を起動できます。

1 ~ 100 までの値を設定できます。デフォルト値は 3 です。

例:<ProvisionProtocolRateLimit>10</ProvisionProtocolRateLimit>

ProvisionProtocolTimeLimit

Cisco Jabber for Android に適用されます。

URL プロビジョニング プロトコルを開始できる制限時間を指定します。1 ~ 300 秒までの値を設定できます。デフォルト値は 15 秒です。

例:<ProvisionProtocolTimeLimit>10</ProvisionProtocolTimeLimit>

AddContactProtocolRateLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが URL 付きの連絡先を連絡先リストに追加した後に相互起動できる回数を指定します。Add Contact スキーマを使用して、ユーザの連絡先リストに URL 付きの連絡先を追加できます(contact= username@cisco.com など)。たとえば、AddContactProtocolRateLimit が 3 で、AddContactProtocolTimeLimit が 15 秒の場合、ユーザは、15 秒ごとに 3 回、Cisco Jabber で Add Contact スキーマを相互起動できます。

1 ~ 100 までの値を設定できます。デフォルト値は 3 です。

例:<AddContactProtocolRateLimit>10</AddContactProtocolRateLimit>

AddContactProtocolTimeLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが URL 付きの連絡先を連絡先リストに追加した後に相互起動できる制限時間を指定します。1 ~ 300 秒までの値を設定できます。デフォルト値は 15 秒です。

例:<AddContactProtocolTimeLimit>10</AddContactProtocolTimeLimit>

PresenceProtocolRateLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが他のアプリケーションから [プレゼンス(Presence)] または [プレゼンスの編集(Edit Presence)] 画面を起動できる回数を指定します。たとえば、PresenceProtocolRateLimit が 3 で、PresenceProtocolTimeLimit が 15 秒の場合、ユーザは、15 秒ごとに 3 回、他のアプリケーションから [プレゼンス(Presence)] または [プレゼンスの編集(Edit Presence)] 画面の起動を開始できます。

1 ~ 100 の値を設定できます。デフォルト値は 3 です。

例:<PresenceProtocolRateLimit>10</PresenceProtocolRateLimit>

PresenceProtocolTimeLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが他のアプリケーションから [プレゼンス(Presence)] または [プレゼンスの編集(Edit Presence)] 画面を起動できる制限時間を指定します。1 ~ 300 秒までの値を設定できます。デフォルト値は 15 秒です。

例:<PresenceProtocolTimeLimit>5</PresenceProtocolTimeLimit>

ProfileProtocolRateLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが他のアプリケーションから連絡先の [プロファイル(Profile)] 画面を起動できる回数を指定します。たとえば、ProfileProtocolRateLimit が 3 で、ProfileProtocolTimeLimit が 15 秒の場合、ユーザは、15 秒ごとに 3 回、他のアプリケーションから連絡先の [プロファイル(Profile)] 画面の起動を開始できます。

1 ~ 100 の値を設定できます。デフォルト値は 3 です。

例:<ProfileProtocolRateLimit>10</ProfileProtocolRateLimit>

ProfileProtocolTimeLimit

Synergy デバイスの Cisco Jabber for Android に適用されます。

ユーザが他のアプリケーションから連絡先の [プロファイル(Profile)] 画面を起動できる制限時間を指定します。1 ~ 300 秒までの値を設定できます。デフォルト値は 15 秒です。

例:<ProfileProtocolTimeLimit>10</ProfileProtocolTimeLimit>

selfcareURL

Cisco Unified Communications Manager サービスの完全修飾ドメイン名(FQDN)を指定します。

Cisco Unified Communications Manager でデフォルトのサービス プロファイルが選択されなかった場合のセルフケア ポータルの URL を定義します。

例:<selfcareURL>http://server_name/selfcareURL</selfcareURL>