Cisco Jabber 11.5 パラメータ リファレンス ガイド
設定ファイル
設定ファイル

設定ファイル

設定ファイルの構造

次の要素を含む XML 形式でクライアント コンフィギュレーション ファイルを作成します。

XML 宣言

設定ファイルは XML 標準に準拠し、次の宣言が含まれている必要があります。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

ルート要素

ルート要素の config にはすべてのグループ要素が含まれます。次のようにしてルート要素にバージョン属性を追加する必要もあります。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<config version="1.0">
</config>

グループ要素

グループ要素には設定パラメータと値が含まれます。ルート要素内にグループ要素をネストする必要があります。

XML 構造

次のスニペットは、クライアントの設定ファイルの XML 構造を示します。
<Client>
  <parameter>value</parameter>
</Client>
<Directory>
  <parameter>value</parameter>
</Directory>
<Options>
  <parameter>value</parameter>
</Options>
<Phone>
  <parameter>value</parameter>
</Phone>
<Policies>
  <parameter>value</parameter>
</Policies>
<Presence>
  <parameter>value</parameter>
</Presence>
<Voicemail>
  <parameter>value</parameter>
</Voicemail>

設定例

以下は、オンプレミス展開ですべてのクライアントに対して使用される設定ファイルの例です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<config version="1.0">
 <Client>
  <PrtLogServerUrl>http://server_name:port/path/prt_script.php</PrtLogServerUrl>
  <jabber-plugin-config>
   <browser-plugin>
    <page refresh="true" preload="true">
     <tooltip>Cisco</tooltip>
     <icon>http://www.cisco.com/web/fw/i/logo.gif</icon>
     <url>www.cisco.com</url>
    </page>
   </browser-plugin>
  </jabber-plugin-config>
  </Client>
  <Options>
    <Set_Status_Inactive_Timeout>20</Set_Status_Inactive_Timeout>
    <StartCallWithVideo>false</StartCallWithVideo>
  </Options>
  <Policies>
    <Disallowed_File_Transfer_Types>.exe;.msi</Disallowed_File_Transfer_Types>
  </Policies>
  <Directory>
  <BDIPresenceDomain>example.com</BDIPresenceDomain>
    <BDIPrimaryServerName>dir.example.com</BDIPrimaryServerName>
    <BDISearchBase1>ou=staff,dc=example,dc=com</BDISearchBase1>
    <BDIConnectionUsername>ad_jabber_access@example.com</BDIConnectionUsername>
    <BDIConnectionPassword>jabber</BDIConnectionPassword>
    <BDIPhotoUriSubstitutionEnabled>True</BDIPhotoUriSubstitutionEnabled>
    <BDIPhotoUriSubstitutionToken>sAMAccountName</BDIPhotoUriSubstitutionToken>
    <BDIPhotoUriWithToken>http://example.com/photo/sAMAccountName.jpg
      </BDIPhotoUriWithToken> 
  </Directory>
</config>