Cisco Jabber for Windows 9.6 サーバ セットアップ ガイド
Cisco Unified Communications Manager のボイスメールのセットアップ
Cisco Unified Communications Manager のボイスメールのセットアップ

Cisco Unified Communications Manager のボイスメールのセットアップ

ボイスメールをセットアップするには、Cisco Unity Connection を設定してから、Cisco Unified Communications Manager でボイスメールの サービスを追加する必要があります。 また、ユーザがクライアント ユーザ インターフェイスのボイスメール メッセージにアクセスし、ボイスメールに着信コールを送信することが可能になるようにボイスメールの取得とリダイレクションを設定できます。

この章は、Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.0 以降に適用されます。

Cisco Unity Connection の設定

Cisco Jabber がボイスメール サービスにアクセスできるように、Cisco Unity Connection を設定するための特定の手順を実行する必要があります。 ユーザ、パスワードの作成、ユーザへのボイスメール アクセスのプロビジョニングなどの一般タスクの手順については、Cisco Unity Connection のマニュアルを参照してください。

メモ:

Cisco Jabber は REST インターフェイスを介してボイスメール サービスに接続し、Cisco Unity Connection バージョン 8.5 以降をサポートしています。

手順
    ステップ 1   [Connection Jetty] および [Connection REST Service] サービスが開始していることを確認します。
    1. [Cisco Unity Connection のサービスアビリティ(Cisco Unity Connection Serviceability)] インターフェイスを開きます。
    2. [ツール(Tools)] > [サービスの管理(Service Management)] を選択します。
    3. [オプションのサービス(Optional Services)] セクションで、次のサービスを検索します。
      • Connection Jetty
      • Connection REST Service
    4. 必要に応じて、サービスを開始します。
    ステップ 2   [Cisco Unity Connection の管理(Cisco Unity Connection Administration)] インターフェイスを開きます。
    ステップ 3   ユーザのパスワード設定を編集します。
    1. [ユーザ(Users)] を選択します。
    2. 適切なユーザを選択します。
    3. [編集(Edit)] > [パスワードの設定(Password Settings)] を選択します。
    4. [パスワードの選択(Choose Password)] メニューから [Web アプリケーション(Web Application)] を選択します。
    5. [次回サインイン時に、ユーザによる変更が必要(User Must Change at Next Sign-In)] をオフにします。
    6. [保存(Save)] を選択します。
    ステップ 4   ユーザに Web Inbox へのアクセスを付与します。
    1. [サービス クラス(Class of Service)] を選択します。

      [サービス クラスの検索(Search Class of Service)] ウィンドウが開きます。

    2. 適切なサービス クラスを選択するか、サービスの新しいクラスを追加します。
    3. [Web Inbox と RSS フィードの使用をユーザに許可する(Allow Users to Use the Web Inbox and RSS Feeds)] を選択します。
    4. 必要に応じて、その他のすべてのオプションを選択します。
    5. [保存(Save)] を選択します。
    ステップ 5   [API の設定(API configuration)] を選択します。
    1. [システム設定(System Settings)] > [詳細設定(Advanced)] > [API 設定(API Settings)] を選択します。

      [API の設定(API Configuration)] ウィンドウが開きます。

    2. 次のオプションを選択します。
      • CUMI を介したセキュア メッセージ録音へのアクセスを許可する(Allow Access to Secure Message Recordings through CUMI)
      • CUMI を介してセキュア メッセージのメッセージ ヘッダー情報を表示する(Display Message Header Information of Secure Messages through CUMI)
      • CUMI 経由のメッセージ添付ファイルを許可する(Allow Message Attachments through CUMI)
    3. [保存(Save)] を選択します。

    ボイスメール サービスを追加する

    ユーザがボイス メッセージを受信できるようにします。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
      ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

      [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

      [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [ボイスメール(Voicemail)] を選択します。
      ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
      ステップ 6   ボイスメール サービスの詳細を次のように指定します。
      製品のタイプ(Product Type)

      [Unity Connection] を選択します。

      名前(Name)

      サーバのわかりやすい名前(たとえば、PrimaryVoicemailServer)を入力します。

      説明(Description)

      任意で説明を入力します。

      ホスト名/IP アドレス(Hostname/IP Address)
      次のいずれかの形式で、ボイスメール サーバのアドレスを入力します。
      • ホストネーム(Hostname)
      • IP アドレス(IP Address)
      • FQDN
      ポート(Port)

      ポート番号を指定する必要はありません。 デフォルトでは、クライアントは常にポート 443 を使用して、ボイスメール サーバに接続します。 そのため、ユーザが指定する値は有効になりません。

      プロトコル タイプ(Protocol Type)

      値を指定する必要はありません。 デフォルトでは、クライアントは常に HTTPS を使用して、ボイスメール サーバに接続します。 そのため、ユーザが指定する値は有効になりません。

      ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

      次の作業

      サービス プロファイルにボイスメール サービスを追加します。

      ボイスメール サービスを適用する

      Cisco Unified Communications Manager でボイスメール サービスを追加した後、クライアントがその設定を取得できるようにするために、そのボイスメール サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

      はじめる前に

      すでに存在しないか、ボイスメール用に別のサービス プロファイルが必要な場合は、サービス プロファイルを作成します。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

        [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

        [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 4   [ボイスメール プロファイル(Voicemail Profile)] セクションで、以下のような設定を行います。
        1. 次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
          • プライマリ(Primary)
          • セカンダリ(Secondary)
          • ターシャリ(Tertiary)
        2. クレデンシャルとボイスメール サービスを同期させる場合は、[ボイスメール サービスのクレデンシャル ソース(Credentials source for voicemail service)] ドロップダウン リストから [Unified CM - IM/Presence] を選択します。

          [Unified CM - IM/Presence] を選択した場合、ボイスメール サービスへのログインにはインスタント メッセージおよびプレゼンスのクレデンシャルが使用されます。 このため、ユーザはクライアントでボイスメール サービスのクレデンシャルを入力する必要ありません。

          (注)     

          [Web 会議(Web conferencing)] は選択しないでください。 このオプションを選択した場合、ボイスメール サービスへのログインには、会議のクレデンシャルが使用されます。 現時点では、会議クレデンシャルとは同期できません。

        ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

        取得とリダイレクションの設定

        ユーザがクライアント インターフェイスでボイスメール メッセージにアクセスできるようにするために、取得を設定します。 ユーザが着信コールをボイスメールに送信できるようにするために、リダイレクションを設定します。 Cisco Unified Communications Manager で取得とリダイレクションを設定します。

        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
          ステップ 2   ボイスメール パイロットを設定します。
          1. [拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [ボイスメール パイロット(Voice Mail Pilot)] の順に選択します。

            [ボイスメール パイロットの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Pilots)] ウィンドウが開きます。

          2. [新規追加(Add New)] を選択します。

            [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウが開きます。

          3. [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウで必要な詳細情報を指定します。
          4. [保存(Save)] を選択します。
          ステップ 3   ボイスメール パイロットをボイスメール プロファイルに追加します。
          1. [拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [ボイスメール プロファイル(Voice Mail Profile)] の順に選択します。

            [ボイスメール プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Profiles)] ウィンドウが開きます。

          2. [次のボイスメール プロファイル名でボイスメール プロファイルを検索(Find Voice Mail Profile where Voice Mail Profile Name)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してプロファイルの一覧を取得します。
          3. 対象のプロファイルを一覧から選択します。

            [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウが開きます。

          4. [ボイスメール パイロット(Voice Mail Pilot)] ドロップダウン リストでボイスメール パイロットを選択します。
          5. [保存(Save)] を選択します。
          ステップ 4   電話番号設定でボイスメール プロファイルを指定します。
          1. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。

            [電話の検索/一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

          2. [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してデバイスの一覧を取得します。
          3. 対象のデバイスを一覧から選択します。

            [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

          4. [割り当て情報(Association Information)] セクションを探します。
          5. 適切なデバイス番号を選択します。

            [電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

          6. [電話番号の設定(Directory Number Settings)] セクションを探します。
          7. [ボイスメール プロファイル(Voice Mail Profile)] ドロップダウン リストからボイスメール プロファイルを選択します。
          8. [保存(Save)] を選択します。

          ボイスメールのクレデンシャル ソースの設定

          ユーザのボイスメールのクレデンシャル ソースを指定できます。


          ヒント


          ハイブリッド クラウドベース展開では、VoiceMailService_UseCredentialsFrom パラメータを使用して、設定ファイルの一部としてボイスメールのクレデンシャル ソースを設定できます。 詳細については、『Installation and Configuration Guide』を参照してください。


          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。
            ステップ 3   適切なサービス プロファイルを選択し、[サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウを開きます。
            ステップ 4   [ボイスメールのプロファイル(Voicemail Profile)] セクションの [ボイスメール サービスの認証情報ソース(Credentials source for voicemail service)] ドロップダウン リストから、[Unified CM - IM およびプレゼンス(Unified CM - IM and Presence)] を選択します。
            (注)     

            [ボイスメール サービスの認証情報ソース(Credentials source for voicemail service)] ドロップダウン リストから [Web カンファレンシング(Web Conferencing)] を選択しないでください。 ボイスメール サービスのクレデンシャル ソースとして会議のクレデンシャルは現時点では使用できません。


            ユーザのインスタント メッセージングおよびプレゼンスのクレデンシャルは、ユーザのボイスメール クレデンシャルに一致します。 このため、ユーザは、クライアント ユーザ インターフェイスでボイスメール クレデンシャルを指定する必要はありません。

            次の作業

            重要:

            サーバ間でクレデンシャルを同期するメカニズムはありません。 クレデンシャル ソースを指定する場合、それらのクレデンシャルがユーザのボイスメール クレデンシャルに一致することを確認する必要があります。

            たとえば、ユーザのインスタント メッセージングおよびプレゼンスのクレデンシャルが、ユーザの Cisco Unity Connection クレデンシャルに一致するように指定します。 ユーザのインスタント メッセージおよびプレゼンスの各クレデンシャルが変更されたとします。 この場合、そのユーザの Cisco Unity Connection クレデンシャルは、変更内容に合わせて更新する必要があります。