Cisco Jabber 11.5 のクラウドおよびハイブリッド展開
デスクフォン制御の設定
デスクフォン制御の設定

デスクフォン制御の設定

前提条件

Cisco CTIManager サービスが Cisco Unified Communications Manager クラスタで実行されている必要があります。

デスクフォン制御設定のタスクフロー

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1CTI サービスを追加する
     

    CTI サービスにより、ユーザはデバイスを制御できます。

     
    ステップ 2CTI 用のデバイスの有効化
     

    Cisco Jabber デスクトップ クライアントがユーザのデスクフォンを制御することを可能にします。

     
    ステップ 3デスクフォン ビデオの設定
     

    ユーザがクライアントを介してコンピュータ上のデスクフォン デバイスに転送されたビデオを受信することを可能にします。

     
    ステップ 4ビデオ レート アダプテーションの有効化
     

    クライアントはビデオ レート アダプテーションを利用し、最適なビデオ品質をネゴシエートします。

     
    ステップ 5ユーザの関連付けに関する設定
     

    ユーザとデバイスを関連付け、ユーザをアクセス コントロール グループに割り当てます。

     
    ステップ 6デバイスのリセット
     

    ユーザの関連付けを設定した後にデバイスをリセットする必要があります。

     

    CTI サービスを追加する

    CTI サービスにより、ユーザはデバイスを制御できます。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
      ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

      [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

      [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [CTI] を選択します。
      ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
      ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
      1. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

        入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

      2. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、CTI サービスのアドレスを入力します。
      3. [ポート(Port)] フィールドに、CTI サービスに使用するポート番号を入力します。
      ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

      次の作業

      サービス プロファイルに CTI サービスを追加します。

      CTI サービスの適用

      Cisco Unified Communications Manager で CTI サービスを追加した後、クライアントがその設定を取得できるようにするために、その CTI サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

      はじめる前に
      • まだ存在していないか、CTI 用に別のサービス プロファイルが必要な場合は、サービス プロファイルを作成します。

      • CTI サービスを追加します。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。
        ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。
        ステップ 4   [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウの [CTI プロファイル(CTI Profile)] セクションで、次のドロップダウン リストからサービスを最大 3 つまで選択します。
        • プライマリ(Primary)

        • セカンダリ(Secondary)

        • ターシャリ(Tertiary)

        ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

        CTI 用のデバイスの有効化

        Cisco Jabber デスクトップ クライアントでユーザのデスクフォンを制御できるようにするには、ユーザのデバイスを作成するときに [CTI からのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)] オプションを選択する必要があります。

        手順
          ステップ 1   In Cisco Unified CM Administration で、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] をクリックし、電話機を検索します。
          ステップ 2   [デバイス情報(Device Information)] セクションで、[CTI からのデバイスの制御を許可(Allow Control of Device from CTI)] にマークを付けます。
          ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。

          デスクフォン ビデオの設定

          デスクフォンのビデオ機能を使用すると、ユーザはクライアントを介してコンピュータ上のデスクフォン デバイスに転送されたビデオを受信できます。

          デスクフォン ビデオを設定する

          デスクフォンのビデオを設定する手順は次のとおりです。
          1. コンピュータをデスクフォン デバイス上のコンピュータ ポートへ物理的に接続します。

            クライアントがデスクフォン デバイスへの接続を確立できるようにするためには、そのデバイスに対してコンピュータをコンピュータ ポート経由で物理的に接続する必要があります。デスクフォン デバイスへのワイヤレス接続によりデスクフォンのビデオ機能を使用することはできません。


            ヒント


            ワイヤレス接続と有線接続の両方を使用できる場合、ユーザは有線接続がワイヤレス接続よりも優先されるように Microsoft Windows を設定する必要があります。詳細については、『An explanation of the Automatic Metric feature for Internet Protocol routes』という Microsoft マニュアルを参照してください。


          2. Cisco Unified Communications Manager でビデオのデスクフォン デバイスを有効化します。

          3. コンピュータに Cisco メディア サービス インターフェイスをインストールします。

            Cisco メディア サービス インターフェイスによって提供される Cisco Discover Protocol(CDP)ドライバによって、クライアントは以下を行えます。
            • デスクフォン デバイスを検出します。

            • CAST プロトコルを使用してデスクフォン デバイスへの接続を確立して維持します。


            (注)  


            cisco.com のダウンロード サイトから Cisco メディア サービス インターフェイスのインストール プログラムをダウンロードします。


          デスクフォン ビデオでの考慮事項

          ユーザにデスクフォン ビデオ機能をプロビジョニングする前に、以下の考慮事項および制限事項を確認してください。
          • Cisco Unified IP Phone 9971 などのデバイスにビデオ カメラが接続されていると、デバイスでデスクフォンのビデオ機能を使用できません。デバイスからビデオ カメラを取り外すと、デスクフォンのビデオ機能が使用できるようになります。

          • CTI をサポートしていないデバイスでは、デスクフォン ビデオ機能を使用することはできません。

          • デスクフォン ビデオでは、BFCP プロトコルを使用したビデオ デスクトップ共有はサポートされていません。

          • SCCP を使用するエンドポイントでビデオの受信のみを行うことはできません。SCCP エンドポイントでは、ビデオの送信と受信を行う必要があります。SCCP エンドポイントからビデオが送信されないインスタンスでは、コールが音声のみとなります。

          • 7900 シリーズ電話機は、デスクフォンのビデオ機能に SCCP を使用する必要があります。7900 シリーズ電話機は、デスクフォンのビデオ機能に SIP を使用できません。

          • ユーザがデスクフォン デバイスのキーパッドからコールを開始した場合、コールはデスクフォン デバイスの音声コールとして開始されます。クライアントは、次にコールをビデオにエスカレーションします。したがって、エスカレーションをサポートしない H.323 エンドポイントなどのデバイスにはビデオ コールは発信できません。エスカレーションをサポートしないデバイスでデスクフォンのビデオ機能を使用するには、ユーザは、クライアントからコールを開始する必要があります。

          • ファームウェア バージョン SCCP45.9-2-1S を使用する Cisco Unified IP Phone には、互換性の問題があります。デスクフォンのビデオ機能を使用するには、ファームウェアのバージョンを SCCP45.9-3-1 にアップグレードする必要があります。

          • Symantec EndPoint Protection など、一部のアンチウイルスまたはファイアウォール アプリケーションによって受信 CDP パケットがブロックされ、デスクフォンのビデオ機能が無効になる場合があります。受信 CDP パケットを許可するようにアンチウイルスまたはファイアウォール アプリケーションを設定する必要があります。

            この問題の詳細については、Symantec の技術文書『Cisco IP Phone version 7970 and Cisco Unified Video Advantage is Blocked by Network Threat Protection』を参照してください。

          • Cisco Unified Communications Manager の SIP トランク設定で [メディア ターミネーション ポイントが必須(Media Termination Point Required)] チェックボックスを選択しないでください。このチェックボックスを選択すると、デスクフォンのビデオ機能を使用できなくなります。

          デスクフォン ビデオのトラブルシューティング

          デスクフォンのビデオ機能を使用できない、またはデスクフォン デバイスが不明であることを示すエラーが発生した場合は、次の手順を実行します。
          1. Cisco Unified Communications Manager でビデオのデスクフォン デバイスが有効になっていることを確認します。

          2. デスクフォン自体をリセットします。

          3. クライアントを終了します。

          4. クライアントをインストール済みのコンピュータで services.msc を実行します。

          5. Cisco メディア サービス インターフェイスを再起動します。

          6. クライアントを再起動します。

          ビデオ レート アダプテーションの有効化

          クライアントはビデオ レート アダプテーションを利用し、最適なビデオ品質をネゴシエートします。ビデオ レート アダプテーションは、ネットワークの状態に合わせてビデオ品質を動的に向上または低下させます。

          ビデオ レート適合を使用するには、Cisco Unified Communications Manager で Real-Time Transport Control Protocol(RTCP)を有効にする必要があります。

          (注)  


          ソフトフォン デバイスでは、デフォルトで RTCP が有効になっています。ただし、デスクフォン デバイスでは RTCP を有効にする必要があります。


          共通の電話プロファイルに対する RTCP の有効化

          共通の電話プロファイルで RTCP を有効にし、そのプロファイルを使用するすべてのデバイスでビデオ レート アダプテーションを有効にできます。

          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] の順に選択します。

            [共通の電話プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Common Phone Profiles)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 3   [共通の電話プロファイルを次の条件で検索(Find Common Phone Profile where)] フィールドで対象のフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してプロファイルの一覧を取得します。
            ステップ 4   対象のプロファイルを一覧から選択します。

            [共通の電話プロファイルの設定(Find and List Common Phone Profiles)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 5   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションを探します。
            ステップ 6   [RTCP] ドロップダウン リストから [有効(Enabled)] を選択します。
            ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

            デバイス設定に対する RTCP の有効化

            共通の電話プロファイルの代わりに、特定のデバイス設定で RTCP を有効化できます。共通の電話プロファイルで指定したすべての設定は、特定のデバイス設定で上書きされます。

            手順
              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
              ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。

              [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

              ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択して電話の一覧を取得します。
              ステップ 4   対象の電話を一覧から選択します。

              [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

              ステップ 5   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションを探します。
              ステップ 6   [RTCP] ドロップダウン リストから [有効(Enabled)] を選択します。
              ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

              ユーザの関連付けに関する設定

              ユーザをデバイスに関連付けると、ユーザにデバイスがプロビジョニングされます。

              はじめる前に

              Cisco Jabber デバイスを作成および設定します。

              手順
                ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。

                [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

                ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                ステップ 4   対象のユーザをリストから選択します。

                [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                ステップ 5   [サービスの設定(Service Settings)] セクションを探します。
                ステップ 6   [ホーム クラスタ(Home Cluster)] を選択します。
                ステップ 7   [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストから、ユーザの適切なサービス プロファイルを選択します。
                ステップ 8   [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
                ステップ 9   [デバイスの割り当て(Device Associations)] を選択します。

                [ユーザ デバイス割り当て(User Device Association)] ウィンドウが開きます。

                ステップ 10   ユーザを割り当てるデバイスを選択します。
                ステップ 11   [選択/変更の保存(Save Selected/Changes)] を選択します。
                ステップ 12   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択し、[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウに戻ります。
                ステップ 13   一覧から同じユーザを探し、選択します。

                [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                ステップ 14   [権限情報(Permissions Information)] セクションを探します。
                ステップ 15   [アクセス コントロール グループに追加(Add to Access Control Group)] を選択します。

                [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ダイアログボックスが開きます。

                ステップ 16   ユーザを割り当てるアクセス コントロール グループを選択します。
                ユーザを、少なくとも次のアクセス コントロール グループに割り当てる必要があります。
                • [標準CCMエンドユーザ(Standard CCM End Users)]

                • [標準CTIを有効にする(Standard CTI Enabled)]

                メモ:

                セキュア電話機能をユーザにプロビジョニングする場合、Standard CTI Secure Connection グループにユーザを割り当てないでください。

                電話機のモデルによっては、次のコントロール グループが追加で必要となります。
                • Cisco Unified IP Phone 9900、 8900、8800 シリーズ、または DX シリーズでは、[標準 CTI による接続時の転送および会議をサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf)] を選択します。

                • Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズでは、[標準 CTI によるロールオーバー モードをサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode)] を選択します。

                ステップ 17   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ウィンドウが終了します。

                ステップ 18   [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。

                デバイスのリセット

                ユーザを作成し、デバイスに関連付けた後、それらのデバイスをリセットする必要があります。

                手順
                  ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                  ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。

                  [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                  ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してデバイスの一覧を取得します。
                  ステップ 4   対象のデバイスを一覧から選択します。

                  [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                  ステップ 5   [割り当て情報(Association Information)] セクションを探します。
                  ステップ 6   対象の電話番号設定を選択します。

                  [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                  ステップ 7   [リセット(Reset)] を選択します。

                  [デバイス リセット(Device Reset)] ダイアログボックスが開きます。

                  ステップ 8   [リセット(Reset)] を選択します。
                  ステップ 9   [閉じる(Close)] を選択して、[デバイス リセット(Device Reset)] ダイアログボックスを閉じます。