Cisco Jabber 11.5 のクラウドおよびハイブリッド展開
クライアントの設定
クライアントの設定

目次

クライアントの設定

クライアント設定のワークフロー

クライアント設定の概要

Cisco Jabber は、次のソースから設定を取得できます。
  • サービス プロファイル:Cisco Unified Communications Manager リリース 9 以降の UC サービス プロファイルで一部のクライアント設定を構成できます。ユーザがクライアントを起動すると、クライアントは DNS SRV レコードを使用して Cisco Unified Communications Manager ホーム クラスタを検出し、自動的に UC サービス プロファイルから設定を取得します。

    これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

  • 電話の設定:Cisco Unified Communications Manager リリース 9 以降の電話の設定で一部のクライアント設定を構成できます。クライアントは、UC サービス プロファイルの設定に加え、電話の設定から設定を取得します。

    これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

  • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービス:インスタント メッセージおよびプレゼンスの機能を有効にして、プレゼンス サブスクリプション要求などの特定の設定を構成できます。

    [詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで [Cisco IM & Presence] を選択すると、クライアントが Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスから UC サービスを取得します。クライアントはサービス プロファイルまたは SSO 検出を使用しません。

    これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

  • クライアント コンフィギュレーション ファイル:設定パラメータを含む XML ファイルを作成できます。その後、TFTP サーバで XML ファイルをホストします。ユーザがサインインすると、クライアントは TFTP サーバから XML ファイルを取得して設定を適用します。

    これは、オンプレミス展開およびクラウドベース展開に適用されます。

  • Cisco WebEx 管理ツール:Cisco WebEx 管理ツールを使用して一部のクライアント設定を構成できます。

    jabber-config.xml クライアント設定ファイルを Cisco WebEx 管理ツールにアップロードできます。Cisco WebEx Messenger 管理ツール内の各グループに別個の設定ファイルを適用できます。クライアントが Cisco WebEx Messenger に接続すると、XML ファイルがダウンロードされ、設定ファイルが適用されます。

    クライアントは、次の順序で設定を行います。
    1. Cisco WebEx Messenger 管理ツールの設定

    2. Cisco WebEx Messenger 管理ツールの jabber-config.xml ファイルの設定


      (注)  


      グループ設定ファイルの設定は、Cisco WebEx Messenger 管理ツールの設定ファイルに優先します。


    3. TFTP サーバの jabber-config.xml ファイルの設定

    設定が競合する場合は、Cisco WebEx 管理ツールでの設定がその設定ファイルに優先します。

    これは、クラウドベース展開にのみ適用されます。

クライアント設定ファイルの作成とホスト

オンプレミス展開とハイブリッド クラウドベース展開では、クライアント コンフィギュレーション ファイルを作成して、それらを Cisco Unified Communications Manager TFTP サービス上でホストします。

クラウドベース展開では、Cisco WebEx 管理ツールでクライアントを設定します。ただし、オプションで、Cisco WebEx 管理ツールで使用できない設定値でクライアントを設定するために TFTP サーバをセットアップすることができます。

Cisco Jabber for iPhone and iPad と Cisco Jabber for Android では、以下をセットアップするためにグローバル コンフィギュレーション ファイルを作成する必要があります。

  • オンプレミス展開のディレクトリ統合

  • ハイブリッドクラウド展開のボイスメール サービス クレデンシャル


(注)  


ほとんどの環境で、Cisco Jabber for Windows と Cisco Jabber for Mac は、サービスに接続するための設定を必要としません。自動更新、問題報告、ユーザ ポリシーとオプションなどのカスタム コンテンツが必要な場合にのみ、コンフィギュレーション ファイルを作成します。


はじめる前に

次のコンフィギュレーション ファイル要件に注意してください。

  • コンフィギュレーション ファイル名には大文字と小文字の区別があります。エラーを回避し、クライアントが TFTP サーバからファイルを取得できるよう、ファイル名には小文字を使用してください。
  • 設定ファイルには、utf-8 エンコーディングを使用する必要があります。
  • クライアントは、有効な XML 構造のない設定ファイルは読み込めません。コンフィギュレーション ファイルの構造で終了要素をチェックし、その要素が正しくネストされていることを確認します。
  • コンフィギュレーション ファイルでは、有効な XML 文字エンティティ参照のみが許可されます。たとえば、& ではなく & を使用します。XML に無効な文字が含まれている場合は、クライアントは設定ファイルを解析できません。

    コンフィギュレーション ファイルを検証するには、Microsoft Internet Explorer でそのファイルを開きます。

    • Internet Explorer に XML 構造全体が表示された場合、コンフィギュレーション ファイルは有効です。

    • Internet Explorer に XML 構造の一部しか表示されない場合は、コンフィギュレーション ファイルに無効な文字またはエンティティが含まれている可能性があります。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1TFTP サーバ アドレスの指定
     

    クライアントがコンフィギュレーション ファイルにアクセスできるようにするための TFTP サーバ アドレスを指定します。

     
    ステップ 2グローバル設定の作成
     

    展開でユーザ用のクライアントを設定します。

     
    ステップ 3グループ設定の作成
     

    ユーザのセットごとに異なる設定を適用します。

     
    ステップ 4コンフィギュレーション ファイルのホスティング
     

    TFTP サーバ上でコンフィギュレーション ファイルをホストします。

     
    ステップ 5TFTP サーバの再起動
     

    TFTP サーバを再起動して、クライアントがコンフィギュレーション ファイルにアクセスできるようにします。

     

    TFTP サーバ アドレスの指定

    クライアントは、TFTP サーバから設定ファイルを取得します。クライアントを設定する最初のステップは、クライアントが設定ファイルにアクセスできるように TFTP サーバのアドレスを指定することです。

    注目:

    Cisco Jabber が DNS クエリーから _cisco-uds SRV レコードを取得すれば、自動的にユーザのホーム クラスタを特定できます。その結果、クライアントは Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスを特定することもできます。

    _cisco-uds SRV レコードを展開する場合は、TFTP サーバ アドレスを指定する必要はありません。

    電話モードでの TFTP サーバの指定
    電話モードでクライアントを展開する場合、TFTP サーバのアドレスを次のように指定できます。
    • ユーザはクライアントの起動時に、TFTP サーバ アドレスを手動で入力します。

    • TFTP 引数を使用してインストール時に TFTP サーバ アドレスを指定します。

    • Microsoft Windows レジストリで TFTP サーバ アドレスを指定します。

    グローバル設定の作成

    クライアントは、ログイン シーケンスの間に TFTP サーバからグローバル設定ファイルをダウンロードします。展開に含まれるすべてのユーザに対してクライアントを設定します。

    はじめる前に

    設定ファイルの構造が有効でない場合、クライアントは設定した値を読み取ることができません。詳細については、この章の XML サンプルを確認してください。

    手順
      ステップ 1   任意のテキスト エディタで jabber-config.xml という名前のファイルを作成します。
      • ファイル名には小文字を使用してください。

      • UTF-8 エンコーディングを使用してください。

      ステップ 2   jabber-config.xml で必要な設定パラメータを定義します。
      ステップ 3   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

      環境内に複数の TFTP サーバが存在する場合は、すべての TFTP サーバのコンフィギュレーション ファイルが同じであることを確認します。


      グループ設定の作成

      グループ コンフィギュレーション ファイルは、ユーザのサブセットに適用され、Cisco Jabber for Windows(CSF デバイス)上と Cisco Jabber for mobile devices 上でサポートされます。グループ設定ファイルは、グローバル設定ファイルよりも優先されます。

      CSF デバイスでユーザをプロビジョニングする場合は、デバイス設定の [シスコサポートフィールド(Cisco Support Field)] フィールドでグループ コンフィギュレーション ファイル名を指定します。ユーザが CSF デバイスを所有していない場合は、インストール中に TFTP_FILE_NAME 引数を使用してグループごとに一意のコンフィギュレーション ファイル名を設定します。

      はじめる前に
      • 設定ファイルの構造が有効でない場合、クライアントは設定した値を読み取ることができません。詳細については、この章の XML サンプルを確認してください。

      手順
        ステップ 1   任意のテキスト エディタを使用して XML グループ設定ファイルを作成します。

        グループ設定ファイルには、適切な名前を指定できます(例:jabber-groupa-config.xml)。

        ステップ 2   グループ設定ファイルで必須の設定パラメータを定義します。
        ステップ 3   該当する CSF デバイスにグループ コンフィギュレーション ファイルを追加します。
        1. [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        2. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
        3. グループ設定ファイルを適用する適切な CSF デバイスを検索して選択します。
        4. [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] > [デスクトップクライアント設定(Desktop Client Settings)] に移動します。
        5. [シスコサポートフィールド(Cisco Support Field)] フィールドに、configurationfile=group_configuration_file_name.xml と入力します。たとえば、configurationfile=groupa-config.xml と入力します。
          (注)     

          TFTP サーバ上でデフォルト ディレクトリ以外の場所にあるグループ設定ファイルをホストする場合は、パスとファイル名を指定する必要があります(例:configurationfile=/customFolder/groupa-config.xml)。

          複数のグループ設定ファイルは追加しないでください。クライアントは [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドの最初のグループ設定のみを使用します。

        6. [保存(Save)] を選択します。
        ステップ 4   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

        コンフィギュレーション ファイルのホスティング

        設定ファイルは任意の TFTP サーバでホストできます。ただし、デバイス コンフィギュレーション ファイルが存在する Cisco Unified Communications Manager TFTP サーバでコンフィギュレーション ファイルをホストすることをお勧めします。

        手順
          ステップ 1   Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified OS の管理インターフェイスを開きます。
          ステップ 2   [ソフトウェアのアップグレード(Software Upgrades)] > [TFTP ファイル管理(TFTP File Management)] を選択します。
          ステップ 3   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。
          ステップ 4   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションで [参照(Browse)] を選択します。
          ステップ 5   ファイル システム上の設定ファイルを選択します。
          ステップ 6   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションの [ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスに値を指定しないでください。

          コンフィギュレーション ファイルが TFTP サーバ上のデフォルト ディレクトリに存在するようにするため、[ディレクトリ(Directory)] テキストボックスには空の値を残す必要があります。

          ステップ 7   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。

          TFTP サーバの再起動

          クライアントが設定ファイルにアクセスできるようにするには、その前に TFTP サーバを再起動する必要があります。

          手順
            ステップ 1   Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified Serviceability インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。
            ステップ 3   [CM サービス(CM Services)] セクションから [Cisco Tftp] を選択します。
            ステップ 4   [リスタート(Restart)] を選択します。

            再起動の確認を求めるウィンドウが表示されます。

            ステップ 5   [OK] を選択します。

            「Cisco Tftp サービスの再起動操作が成功しました(Cisco Tftp Service Restart Operation was Successful)」というステータスが表示されます。

            ステップ 6   [更新(Refresh)] を選択し、Cisco Tftp サービスが正常に起動していることを確認します。

            次の作業

            設定ファイルが TFTP サーバで使用できることを確認するには、任意のブラウザで設定ファイルを開きます。通常、http://tftp_server_address:6970/jabber-config.xml の URL にあるグローバル設定ファイルにアクセスできます。

            設定ファイル

            jabber-config.xml 設定ファイルの構造、グループ要素、パラメータの詳細、および例については、『Jabber Parameters Reference guide(Jabber パラメータ リファレンス ガイド)』を参照してください。

            電話の設定でのパラメータの設定:デスクトップ クライアント向け

            クライアントは、Cisco Unified Communications Manager 上の次の場所から電話の各種設定を取得できます。

            Enterprise Phone Configuration

            クラスタ全体に適用されます。


            (注)  


            IM and Presence サービス機能のみを使用しているユーザ(IM 専用)の場合は、[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウで電話の設定パラメータを設定する必要があります。


            Common Phone Profile Configuration

            デバイスのグループに適用され、クラスタの設定よりも優先されます。

            Cisco Unified Client Services Framework (CSF) Phone Configuration

            個別の CSF デバイスに適用され、グループの設定よりも優先されます。

            電話の設定のパラメータ

            次の表は、電話の設定の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションで設定できる、およびクライアントの設定ファイルからの対応するパラメータをマッピングできる設定パラメータを示します。
            デスクトップ クライアントの設定 説明
            ビデオ コール(Video Calling)
            ビデオ機能を有効または無効にします。
            有効(デフォルト)
            ユーザはビデオ通話を送受信できます。
            無効
            ユーザはビデオ通話を送受信できません。
            制約事項:

            このパラメータは、CSF のデバイス構成でのみ使用可能です。

            ファイル転送でブロックするファイル タイプ(File Types to Block in File Transfer)

            ユーザによる特定のファイル タイプの転送を制限します。

            値として、.exe などのファイル拡張子を設定します。

            複数のファイル拡張子を区切るには、セミコロンを使用します。例:

            .exe;.msi;.rar;.zip
            電話制御で自動的に開始(Automatically Start in Phone Control)
            クライアント初回起動時のユーザの電話タイプを設定します。初回起動後、ユーザは電話タイプを変更できます。クライアントは、ユーザ設定を保存し、以降の起動でその設定を使用します。
            有効
            通話にデスクフォン デバイスを使用します。
            無効(デフォルト)
            通話にソフトフォン(CSF)デバイスを使用します。
            Jabber For Windows ソフトウェア アップデート サーバ URL(Jabber For Windows Software Update Server URL)

            クライアント アップデート情報を保持する XML 定義ファイルへの URL を指定します。クライアントは、この URL を使用して Web サーバから XML ファイルを取得します。

            ハイブリッド クラウドベース展開では、自動更新を設定するために Cisco WebEx 管理ツール を使用する必要があります。

            問題レポート サーバ URL(Problem Report Server URL)

            ユーザが問題レポートを送信できるようにするカスタム スクリプトの URL を指定します。

            電話の設定でのパラメータの設定:モバイル クライアント向け

            クライアントは、Cisco Unified Communications Manager 上の次の場所から電話の各種設定を取得できます。
            • [Cisco Dual Mode for iPhone(TCT)設定(Cisco Dual Mode for iPhone (TCT) Configuration)]:個別の TCT デバイスに適用され、グループ設定より優先されます。

            • [Cisco Jabber for Tablet(TAB)設定(Cisco Jabber for Tablet (TAB) Configuration)]:個別の TAB デバイスに適用され、グループ設定より優先されます。

            電話の設定のパラメータ

            次の表は、電話の設定の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションで設定できる、およびクライアントの設定ファイルからの対応するパラメータをマッピングできる設定パラメータを示します。

            パラメータ

            説明

            オンデマンド VPN の URL(On-Demand VPN URL)

            オンデマンド VPN を開始するための URL です。
            (注)      iOS にのみ適用されます。

            プリセット Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-fi Networks)

            組織が承認する Wi-Fi ネットワークの SSID(SSID)を入力します。SSID はスラッシュ(/)で区切ります。入力した Wi-Fi ネットワークのいずれかに接続されている場合、デバイスはセキュア コネクトに接続しません。

            デフォルトの着信音(Default Ringtone)

            デフォルトの着信音を [Normal] または [Loud] に設定します。

            ビデオ機能(Video Capabilities)

            ビデオ機能を有効または無効にします。
            • 有効(デフォルト):ユーザはビデオ コールを送受信できます。

            • 無効:ユーザはビデオ コールを送受信できません。

            Dial via Office
            (注)     

            TCT および BOT デバイスのみ。

            Dial via Office を有効または無効にします。
            • 有効:ユーザはオフィス経由でダイヤルできます。

            • 無効(デフォルト):ユーザはオフィス経由でダイヤルできません。

            プロキシの設定

            クライアントは、プロキシ設定を使用してサービスに接続します。

            次の制限は、これらの HTTP 要求にプロキシを使用する場合に適用されます。
            • プロキシ認証はサポートされていません。
            • バイパス リストのワイルドカードはサポートされています。
            • Cisco Jabber は、HTTP CONNECT を使用した HTTP 要求に対してプロキシをサポートしますが、HTTPS CONNECT が使用された場合はプロキシをサポートしません。

            Cisco Jabber for Windows のプロキシ設定

            インターネットプロパティのローカル エリア ネットワーク(LAN)設定での、Windows のプロキシ設定を行います。

            手順
              ステップ 1   [接続(Connections)] タブを選択し、[LAN の設定(LAN Settings)] を選択します。
              ステップ 2   次のいずれかのオプションを使用してプロキシを設定します。
              • 自動設定の場合は、.pac ファイルの URL を指定します。
              • プロキシ サーバの場合は、明示的なプロキシ アドレスを指定します。

              Cisco Jabber for Mac のプロキシ設定

              [システム設定(System Preferences)] で Mac のプロキシ設定を行います。

              手順
                ステップ 1   [システム設定(System Preferences)] > [ネットワーク(Network)]の順に選択します。
                ステップ 2   リストからネットワーク サービスを選択して、[詳細(Advanced)] > [プロキシ(Proxies)] の順に選択します。
                ステップ 3   次のいずれかのオプションを使用してプロキシを設定します。
                • 自動設定の場合は、.pac ファイルの URL を指定します。
                • プロキシ サーバの場合は、明示的なプロキシ アドレスを指定します。

                Cisco Jabber iPhone and iPad のプロキシ設定

                iOS デバイスの Wi-Fi 設定で、次のいずれかの方法でプロキシ設定を構成します。

                手順
                  ステップ 1   [Wi-Fi] > [HTTP プロキシ(HTTP PROXY)] > [自動(Auto)]の順に選択し、.pac ファイルの URL を自動設定スクリプトとして指定します。
                  ステップ 2   [Wi-Fi] > [HTTP プロキシ(HTTP PROXY)] > [手動(Manual)]の順に選択し、明示的なプロキシ アドレスを指定します。

                  Cisco Jabber for Android のプロキシ設定

                  手順
                  Android デバイスの Wi-Fi 設定で、次のいずれかの方法でプロキシ設定を構成します。
                  • [Wi-Fi] > [ネットワークを変更(Modify Network)] > [詳細オプションを表示(Show Advanced Options)] > [プロキシ設定(Proxy Settings)] > [自動(Auto)] タブで、自動設定スクリプトとして .pac ファイルの URL を指定します。
                    (注)     

                    この方法は、Android OS 5.0 以降および Cisco DX シリーズのデバイスでのみサポートされます。

                  • [Wi-Fi ネットワーク(Wi-Fi Networks)] > [ネットワークを変更(Modify Network)] > [詳細オプションを表示(Show Advanced Options)] > [プロキシ設定(Proxy Settings)] > [自動(Auto)] タブで、明示的なプロキシ アドレスを指定します。