Cisco Jabber 11.5 のクラウドおよびハイブリッド展開
リモート アクセスのためのサービス検出の設定
リモート アクセスのためのサービス検出の設定

リモート アクセスのためのサービス検出の設定

サービス検出の要件

サービス ディスカバリにより、クライアントは自動的に企業のネットワークでサービスを検出することができます。Expressway for Mobile and Remote Access を使用すると、企業のネットワーク上のサービスにアクセスできます。クライアントが Expressway for Mobile and Remote Access 経由で接続し、サービスを検出するには、次の要件が満たされている必要があります。
  • DNS の要件

  • 証明書の要件

  • 外部 SRV _collab-edge のテスト

DNS 要件

リモート アクセスによるサービス検出のための DNS 要件は次のとおりです。
  • 外部 DNS サーバで _collab-edge DNS SRV レコードを設定します。

  • 内部ネーム サーバで _cisco-uds DNS SRV レコードを設定します。

  • オプションで、IM and Presence サーバのドメインが音声サーバのドメインと異なるハイブリッド クラウド ベース アーキテクチャを展開する場合は、_collab-edge レコードを含む DNS サーバを検索するように音声サービス ドメインを設定するようにします。

証明書の要件

リモート アクセスを設定する前に、Cisco VCS Expressway と Cisco Expressway-E のサーバ証明書をダウンロードします。このサーバ証明書は、HTTP と XMPP の両方に使用されます。

Cisco VCS Expressway 証明書の設定の詳細については、『Configuring Certificates on Cisco VCS Expressway』を参照してください。

_collab-edge SRV レコードのテスト

手順
    ステップ 1   コマンド プロンプトを開きます。
    ステップ 2   nslookup と入力します。 デフォルトの DNS サーバおよびアドレスが表示されます。これが想定された DNS サーバであることを確認してください。
    ステップ 3   set type=SRV と入力します。
    ステップ 4   各 SRV レコードの名前を入力します。

    例:_collab-edge.exampledomain

    • サーバとアドレスが表示される:SRV レコードにアクセスできます。

    • _collab-edge.exampledomain: Non-existent domain」と表示される:SRV レコードに関する問題が存在します。