Cisco Jabber 11.5 のクラウドおよびハイブリッド展開
拡張および接続機能の設定
拡張および接続機能の設定

拡張および接続機能の設定

拡張および接続機能の設定のワークフロー

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1ユーザ モビリティの有効化
     
     
    ステップ 2CTI リモート デバイスの作成
     
     
    ステップ 3ユーザの関連付けに関する設定
     
     

    ユーザ モビリティの有効化

    この作業は、デスクトップ クライアント専用です。

    CTI リモート デバイスをプロビジョニングするには、ユーザ モビリティを有効にする必要があります。ユーザのモビリティが有効でない場合、そのユーザを CTI リモート デバイスの所有者として割り当てることはできません。

    はじめる前に

    この作業は、次の場合にのみ該当します。

    • CTI リモート デバイスに Cisco Jabber for Mac または Cisco Jabber for Windows のユーザを割り当てる予定である。

    • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.x 以降である。

    手順
      ステップ 1   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。

      [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 2   [ユーザを次の条件で検索(Find Users where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
      ステップ 3   ユーザを一覧から選択します。

      [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

      ステップ 4   [モビリティ情報(Mobility Information)] セクションを探します。
      ステップ 5   [モビリティの有効化(Enable Mobility)] を選択します。
      ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。

      CTI リモート デバイスの作成

      CTI リモート デバイスは、ユーザのリモート接続先をモニタリングし、通話を制御する仮想デバイスです。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。

        [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
        ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから[CTI リモート デバイス(CTI Remote Device)] を選択します。続いて [次へ(Next)] を選択します。

        [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 5   [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] ドロップダウン リストから対象のユーザ ID を選択します。
        (注)     

        [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] ドロップダウン リストには、モビリティの有効化が利用可能なユーザのみが表示されます。詳細については、「ユーザ モビリティの有効化」を参照してください。

        Cisco Unified Communications Manager は [デバイス名(Device Name)] フィールドをユーザ ID と [CTIRD] 接頭辞から生成します。例としては、[CTRID ユーザ名(CTIRDusername)] となります。

        ステップ 6   必要に応じて、[デバイス名(Device Name)] フィールドのデフォルト値を編集します。
        ステップ 7   [プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)] セクションの [再ルーティング コーリング サーチ スペース(Rerouting Calling Search Space)] ドロップダウン リストから、適切なオプションを選択してください。

        [再ルーティング コーリング サーチ スペース(Rerouting Calling Search Space)] ドロップダウン リストは、再ルーティングのコーリング サーチ スペースを定義します。これにより、ユーザは CTI リモート デバイスからコールを発信および受信できるようになります。

        ステップ 8   必要に応じて、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのその他の設定も指定します。

        詳細については、Cisco Unified Communications Managerの「CTI リモート デバイスのセットアップ」のトピックを参照してください。

        ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。

        電話番号を関連付け、リモート接続先を追加するには、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのフィールドから設定します。


        ユーザの関連付けに関する設定

        ユーザをデバイスに関連付けると、ユーザにデバイスがプロビジョニングされます。

        はじめる前に

        Cisco Jabber デバイスを作成および設定します。

        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
          ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。

          [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
          ステップ 4   対象のユーザをリストから選択します。

          [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 5   [サービスの設定(Service Settings)] セクションを探します。
          ステップ 6   [ホーム クラスタ(Home Cluster)] を選択します。
          ステップ 7   [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストから、ユーザの適切なサービス プロファイルを選択します。
          ステップ 8   [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
          ステップ 9   [デバイスの割り当て(Device Associations)] を選択します。

          [ユーザ デバイス割り当て(User Device Association)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 10   ユーザを割り当てるデバイスを選択します。
          ステップ 11   [選択/変更の保存(Save Selected/Changes)] を選択します。
          ステップ 12   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択し、[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウに戻ります。
          ステップ 13   一覧から同じユーザを探し、選択します。

          [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

          ステップ 14   [権限情報(Permissions Information)] セクションを探します。
          ステップ 15   [アクセス コントロール グループに追加(Add to Access Control Group)] を選択します。

          [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ダイアログボックスが開きます。

          ステップ 16   ユーザを割り当てるアクセス コントロール グループを選択します。
          ユーザを、少なくとも次のアクセス コントロール グループに割り当てる必要があります。
          • [標準CCMエンドユーザ(Standard CCM End Users)]

          • [標準CTIを有効にする(Standard CTI Enabled)]

          メモ:

          セキュア電話機能をユーザにプロビジョニングする場合、Standard CTI Secure Connection グループにユーザを割り当てないでください。

          電話機のモデルによっては、次のコントロール グループが追加で必要となります。
          • Cisco Unified IP Phone 9900、 8900、8800 シリーズ、または DX シリーズでは、[標準 CTI による接続時の転送および会議をサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf)] を選択します。

          • Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズでは、[標準 CTI によるロールオーバー モードをサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode)] を選択します。

          ステップ 17   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

          [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ウィンドウが終了します。

          ステップ 18   [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。