Cisco Jabber 11.5 用のオンプレミス展開
サービス ディスカバリの設定
サービス ディスカバリの設定

目次

サービス ディスカバリの設定

サービス ディスカバリのオプション

サービス ディスカバリにより、クライアントは自動的に企業のネットワークでサービスを検出することができます。次のいずれかのオプションを使用してサービス ディスカバリを設定できます。

オプション

説明

DNS SRV レコードの確認

クライアントはサービスを自動的に検出して接続します。

これは推奨オプションです。

カスタマイゼーション

インストール パラメータ、URL の設定、または企業モビリティ管理を使用してサービス検出をカスタマイズできます。

手動接続設定

手動接続設定は、サービス ディスカバリが使用されていない場合にフォールバック メカニズムを提供します。

DNS SRV レコードの確認

はじめる前に

Planning Guide for Cisco Jabber』の「サービス ディスカバリ(Service Discovery)」の章で、SRV レコードの要件を確認してください。

手順
展開用のSRV レコードの作成:
オプション 説明
_cisco_uds

Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.0 以降の場所を提供します。クライアントは Cisco Unified Communications Manager からサービス プロファイルを取得してオーセンティケータを特定できます。

_collab-edge

Cisco VCS Expressway または Cisco Expressway-E の場所を提供します。クライアントは Cisco Unified Communications Manager からサービス プロファイルを取得してオーセンティケータを特定できます。


SRV レコードの例

_cisco_uds._tcp.DOMAIN service location:
priority = 0
weight = 0
port = 8443
svr hostname=192.168.0.26
次の作業

SRV レコードのテスト

SRV レコードのテスト

SRV レコードの作成後にテストして、それらが動作するかどうかを確認します。

手順
    ステップ 1   コマンド プロンプトを開きます。
    ステップ 2   nslookup と入力します。 デフォルトの DNS サーバとアドレスが表示されます。これが想定された DNS サーバであることを確認します。
    ステップ 3   set type=SRV と入力します。
    ステップ 4   それぞれの SRV レコードの名前を入力します。

    例:_cisco-uds.exampledomain

    • サーバとアドレスが表示される:SRV レコードにアクセスできます。

    • _cisco-uds.exampledomain: Non-existent domain:SRV レコードに問題があります。


    カスタマイゼーション

    Windows のカスタマイゼーション

    インストーラ スイッチ:Cisco Jabber for Windows

    Cisco Jabber をインストールするときに、オーセンティケータとサーバ アドレスを指定できます。インストーラは、ブートストラップ ファイルにこれらの詳細を保存します。ユーザがクライアントを初めて起動した際に、ブートストラップ ファイルを読み取ります。サービス ディスカバリが展開されている場合は、ブートストラップ ファイルが無視されます。

    ブートストラップ ファイルは、サービス ディスカバリが展開されていない場合やユーザに手動で自分の接続設定を指定させたくない場合に、サービス ディスカバリのフォールバック メカニズムを提供します。

    クライアントは、最初に起動したときのみ、ブートストラップ ファイルを読み取ります。クライアントは、最初の起動後にサーバ アドレスと設定をキャッシュし、以降の起動ではキャッシュからロードします。

    Cisco Unified Communications Manager リリース 9.x 以降を使用したオンプレミス展開では、ブートストラップ ファイルを使用せず、代わりに、サービス ディスカバリを使用することをお勧めします。

    オンプレミスでの展開のブートストラップの設定
    次の表は、さまざまな展開タイプの引数値を示します。

    製品モード

    サーバのリリース

    引数値

    フル UC(デフォルト モード)

    リリース 9 以降:
    • Cisco Unified Communications Manager

    • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service

    次のインストーラ スイッチと値を使用する。

    • AUTHENTICATOR=CUP
    • CUP_ADDRESS=

      <presence_server_address>

    IM 専用(デフォルト モード)

    リリース 9 以降:
    • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service

    次のインストーラ スイッチと値を使用する。

    • AUTHENTICATOR=CUP
    • CUP_ADDRESS=

      <presence_server_address>

    次の図は、クライアントがオンプレミスでの展開の場合、ブートストラップ設定の使用法を示しています。




    ユーザがクライアントを初めて起動する際に、次が実行されます。
    1. クライアントは、ブートストラップ ファイルから設定を取得します。

      クライアントが、デフォルト モードで起動して、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスがオーセンティケータであると判断します。クライアントは、サービス ディスカバリの結果により、その他の指示がなされない限り、プレゼンス サーバのアドレスを取得します。

    2. クライアントが Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスから認証され、設定を取得します。

    3. クライアントは、プレゼンス サーバからサービス プロファイルを取得します。

    電話モードのオンプレミスの展開におけるブートストラップの設定
    インストール中に、次のように引数の値を設定します。
    • AUTHENTICATOR の値として CUCM を設定します。

    • PRODUCT_MODE の値として phone_mode を設定します。

    • TFTP の値として TFTP サーバ アドレスを設定します。

    • CTI の値として CTI サーバ アドレスを設定します。

    • CCMCIP の値として CCMCIP サーバ アドレスを設定します。

      Cisco Unified Communications Manager リリース 9.x 以前:Cisco Extension Mobility を有効にする場合は、CCMCIP に使用される Cisco Unified Communications Manager ノードで Cisco Extension Mobility サービスをアクティブにする必要があります。Cisco Extension Mobility の詳細については、使用している Cisco Unified Communications Manager のリリースに応じた『Feature and Services』ガイドを参照してください。

    次の図は、電話モードの展開において、クライアントがブートストラップ設定をどのように使用できるかを示したものです。


    ユーザがクライアントを初めて起動する際に、次プロセスが実行されます。
    1. クライアントは、ブートストラップ ファイルから設定を取得します。

      クライアントが電話モードで起動して、Cisco Unified Communications Manager がオーセンティケータであると判断します。クライアントは、サービス ディスカバリの結果が定まらない場合に、TFTP サーバ(および Jabber for Windows と Jabber for Mac の場合の CTI サーバ)のアドレスも取得します。

    2. クライアントが Cisco Unified Communications Manager から認証され、設定を取得します。

    3. クライアントは、デバイスおよびクライアント設定を取得します。

    Mac およびモバイル のカスタマイゼーション

    構成 URL ワークフロー

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1構成 URL の作成
       

       

      ステップ 2Web サイトからの構成 URL のユーザへの提供
       

       

      構成 URL の作成

      ユーザが手動でサービス ディスカバリ情報を入力しなくても Cisco Jabber を起動できるようにするには、構成 URL を作成してユーザに配布します。

      電子メールで直接、ユーザにリンクを送信するか、Web サイトにリンクを掲載することで、ユーザに構成 URL リンクを提供できます。

      URL には次のパラメータを含めて指定できます。

      • ServicesDomain:必須。すべての構成 URL に Cisco Jabber でのサービス ディスカバリに必要な IM and Presence サーバのドメインを含める必要があります。

      • VoiceServiceDomain:IM and Presence サーバのドメインが音声サーバのドメインと異なるハイブリッド クラウドベースのアーキテクチャを展開する場合にのみ必要です。Cisco Jabber が音声サービスを検出できるようにするために、このパラメータを設定する必要があります。

      • ServiceDiscoveryExcludedServices:任意。サービス ディスカバリ プロセスから次のサービスを除外できます。

        • WEBEX:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。
          • CAS 検索を実行しません。

          • 検索:

            • _cisco-uds

            • _cuplogin

            • _collab-edge

        • CUCM:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。
          • _cisco-uds を検索しません。

          • 検索:

            • _cuplogin

            • _collab-edge

        • CUP:この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。
          • _cuplogin を検索しません。

          • 検索:

            • _cisco-uds

            • _collab-edge

        カンマで区切った複数の値を指定して、複数のサービスを除外できます。

        3 つのサービスをすべて除外した場合、クライアントはサービス ディスカバリを実行せず、手動で接続設定を入力することをユーザに求めます。

      • ServicesDomainSsoEmailPrompt:任意。ユーザのホーム クラスタを決定する際に、ユーザに対して電子メール プロンプトを表示するかどうかを指定します。

      • EnablePRTEncryption:任意。PRT ファイルの暗号化を指定します。Cisco Jabber for Mac にのみ適用されます。

        • true

        • false

      • PRTCertificateName:任意。証明書の名前を指定します。Cisco Jabber for Mac にのみ適用されます。

      • InvalidCertificateBehavior:任意。無効な証明書に対するクライアントの動作を指定します。

        • RejectAndNotify:警告ダイアログが表示され、クライアントはロードされません。

        • PromptPerSession:警告ダイアログが表示され、ユーザは無効な証明書を受け入れるか、または拒否できます。

      • PRTCertificateUrl:信頼できるルート認証局の証明書ストアの公開キーと共に証明書の名前を指定します。Cisco Jabber for iPhone and iPad および Cisco Jabber for Android に適用されます。

      • Telephony_Enabled:ユーザに対して電話機能を有効にするかどうかを指定します。デフォルトは true です。

      • ForceLaunchBrowser:ユーザに外部ブラウザの使用を強制する場合に使用されます。

        (注)  


        ForceLaunchBrowser は、クライアント証明書の展開および Android OS 5.0 よりも前のデバイスに使用されます。


      構成 URL は次の形式で作成します。

      ciscojabber://provision?ServicesDomain=<domain_for_service_discover>
      &VoiceServicesDomain=<domain_for_voice_services>
      &ServiceDiscoveryExcludedServices=<services_to_exclude_from_service_discover>
      &ServicesDomainSsoEmailPrompt=<ON/OFF>

      (注)  


      パラメータには大文字と小文字の区別があります。構成 URL を作成する際は、次の表記を使用する必要があります。
      • ServicesDomain

      • VoiceServicesDomain

      • ServiceDiscoveryExcludedServices

      • ServicesDomainSsoEmailPrompt

      • EnablePRTEncryption

      • PRTCertificateName

      • InvalidCertificateBehavior


      • ciscojabber://provision?ServicesDomain=cisco.com

      • ciscojabber://provision?ServicesDomain=cisco.com
        &VoiceServicesDomain=alphauk.cisco.com
      • ciscojabber://provision?ServicesDomain=service_domain
        &VoiceServicesDomain=voiceservice_domain&ServiceDiscoveryExcludedServices=WEBEX
      • ciscojabber://provision?ServicesDomain=cisco.com
        &VoiceServicesDomain=alphauk.cisco.com&ServiceDiscoveryExcludedServices=CUCM,CUP
      • ciscojabber://provision?ServicesDomain=cisco.com
        &VoiceServicesDomain=alphauk.cisco.com&ServiceDiscoveryExcludedServices=CUCM,CUP
        &ServicesDomainSsoEmailPrompt=OFF
      Web サイトからの構成 URL のユーザへの提供

      電子メールで直接、ユーザにリンクを送信するか、Web サイトにリンクを掲載することで、ユーザに構成 URL リンクを提供できます。


      (注)  


      Android オペレーティング システムの制約により、Cisco Jabber for Android ユーザが Android アプリケーションから直接構成 URL を開くと、問題が発生することがあります。この問題を回避するために、Web サイトを使用して構成 URL リンクを配布することをお勧めします。


      URL プロビジョニングのために Web サイト探索オプションを使用する場合は、Mozilla Firefox を使用することをお勧めします。

      Web サイトからリンクを配布するには、次の手順を実行します。

      手順
        ステップ 1   HTML ハイパーリンクとして構成 URL を含む内部 Web ページを作成します。
        ステップ 2   内部 Web ページへのリンクを電子メールでユーザに送信します。
        その電子メールのメッセージで、次の手順を実行するようにユーザに指示します。
        1. クライアントをインストールします。

        2. 電子メール メッセージ内のリンクをクリックして、内部 Web ページを開きます。

        3. 内部 Web ページ上のリンクをクリックして、クライアントを設定します。


        企業モビリティ管理によるモバイルの設定

        企業モビリティ管理(EMM)を使用する前に、以下を確認してください。
        • EMM ベンダーが Android for Work または Apple Managed App Configuration をサポートしている。

        • Android デバイスに Android OS 5.0 以降が搭載されているか、IOS デバイスに iOS 8.0 以降が搭載されている。

        EMM を使用して、Cisco Jabber for Android や Cisco Jabber for iPhone and iPad に Cisco Jabber を設定します。URL 設定によって実行するすべての設定を、EMM を使用して実行します。EMM の設定の詳細については、EMM プロバイダーから提供される管理者用の説明書を参照してください。

        サポートされる EMM ソフトウェア:
        • Airwatch by VMware

        手動接続設定

        手動接続設定は、サービス ディスカバリが使用されていない場合にフォールバック メカニズムを提供します。

        Cisco Jabber を起動すると、[詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウでオーセンティケータとサーバ アドレスを指定できます。クライアントは、その後の起動時にロードするローカル アプリケーション設定にサーバ アドレスをキャッシュします。

        Cisco Jabber は、次のような場合に、最初の起動時にこれらの詳細設定を入力するようにユーザに要求します。
        • Cisco Unified Communications Manager リリース 9.x 以降を使用したオンプレミス:クライアントがサービス プロファイルからオーセンティケータとサーバ アドレスを取得できない場合。

        ユーザが [詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで入力した設定は、SRV レコードやブートストラップの設定を含め、その他のソースよりも優先されます。

        [Cisco IM & Presence] を選択すると、クライアントは Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスから UC サービスを取得します。クライアントはサービス プロファイルまたは SSO 検出を使用しません。

        サービス ディスカバリの自動接続設定

        [詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで [自動(Automatic)] オプションを選択することによって、サーバを自動で検出できます。

        この自動オプションにより、ユーザがサービス接続の詳細を手動で設定する方法から、サービス ディスカバリを使用する方法に変更することができます。たとえば、最初の起動時に、[詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで、手動でオーセンティケータを設定し、サーバ アドレスを指定します。

        クライアントは、手動設定のキャッシュを常にチェックします。手動設定は、SRV レコードより優先され、Cisco Jabber for Windows ではブートストラップ ファイルより優先されます。したがって SRV レコードを配置し、サービス ディスカバリを使用する場合は、最初の電源投入から手動設定を上書きする必要があります。

        オンプレミスでの展開における手動接続設定

        ユーザは、[詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで、Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスをオーセンティケータとして設定し、サーバ アドレスを指定できます。

        メモ:

        _cuplogin SRV レコードを使用して、デフォルトのサーバ アドレスを自動的に設定することもできます。

        次の図は、オンプレミスの展開において、クライアントが手動接続設定をどのように使用できるかを示したものです。


        1. ユーザが [詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで手動で接続設定を入力します。

        2. クライアントが Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスの認証を受けます。

        3. クライアントは、プレゼンス サーバからサービス プロファイルを取得します。

        電話モードのオンプレミスの展開における手動接続設定

        ユーザは、[詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで、Cisco Unified Communications Manager をオーセンティケータに設定し、次のサーバ アドレスを指定できます。

        • TFTP サーバ(TFTP server)

        • CCMCIP サーバ(CCMCIP server)

        • CTI サーバ(Cisco Jabber for Windows と Cisco Jabber for Mac)

        次の図は、電話モードの展開において、クライアントが手動接続設定をどのように使用できるかを示したものです。


        1. ユーザが [詳細設定(Advanced settings)] ウィンドウで手動で接続設定を入力します。

        2. クライアントが Cisco Unified Communications Manager から認証され、設定を取得します。

        3. クライアントは、デバイスおよびクライアント設定を取得します。