Cisco Jabber 11.5 用のオンプレミス展開
ソフトフォンの設定
ソフトフォンの設定

ソフトフォンの設定

ソフトフォンのワークフローの設定

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1Cisco Jabber デバイスの作成と設定
     

    Cisco Jabber にアクセスするユーザごとに 1 つ以上のデバイスを作成します。

     
    ステップ 2ユーザの関連付けに関する設定
     

     

    ステップ 3モバイルの SIP プロファイルの作成. 

    この作業は、Cisco Unified Communications Manager リリース 9を使用して、デバイスをモバイル クライアント用に設定する場合に実行します。

     
    ステップ 4電話セキュリティ プロファイルの設定
     

    この作業は、すべてのデバイスのセキュアな電話機能をセットアップするために実行します。

     
    ステップ 5ユーザへの認証文字列の提供
     
     

    Cisco Jabber デバイスの作成と設定

    Cisco Jabber にアクセスするユーザごとに 1 つ以上のデバイスを作成します。ユーザは複数のデバイスを所有することができます。


    (注)  


    ユーザは、ソフトフォン(CSF)デバイスを使用して通話する場合のみ、電話会議から参加者を削除できます。


    はじめる前に
    • COP ファイルをインストールします。

    • CTI リモート デバイスに割り当てるユーザのモビリティを有効にします。

    • Cisco Unified Communications Manager リリース 9 以前を使用してモバイル クライアント用のデバイスを設定する場合は、SIP プロファイルを作成します。

    • すべてのデバイスにセキュアな電話機能を設定する場合は、電話セキュリティ プロファイルを作成します。

    • Cisco Unified Communications Manager リリース 10 以降の場合は、[エンドポイントへの証明書発行者(Certificate Issuer to Endpoint)] の Cisco Certificate Authority Proxy Function(CAPF)サービス パラメータの値が [Cisco Certificate Authority Proxy Function] に設定されていることを確認します。CAPF サービス パラメータの設定については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』の「Update CAPF Service Parameters」の項を参照してください。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスにログインします。
      ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
      ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
      ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストで、設定しているデバイス タイプに適したオプションを選択してから、[次へ(Next)] を選択します。
      • [Cisco Unified Client Services Framework]:このオプションは、Cisco Jabber for Mac または Cisco Jabber for Windows 用の CSF デバイスを作成する場合に選択します。
      • [Cisco Dual Mode for iPhone]:このオプションは、iPhone 用の TFT デバイスを作成する場合に選択します。
      • [Cisco Jabber for Tablet]:このオプションは、iPad または Android タブレット用の TAB デバイスを作成する場合に選択します。
      • [Cisco Dual Mode for Android]:このオプションは、Android デバイス用の BOT デバイスを作成する場合に選択します。
      • [CTI リモートデバイス(CTI Remote Device)]:このオプションは、CTI リモート デバイスを作成する場合に選択します。

        CTI リモート デバイスは、ユーザのリモート接続先をモニタリングし、通話を制御する仮想デバイスです。

      ステップ 5   [オーナーのユーザID(Owner User ID)] ドロップダウン リストで、デバイスを作成するユーザを選択します。

      電話モード展開での [Cisco Unified Client Services Framework] オプションの場合は、[ユーザ(User)] が選択されていることを確認します。

      ステップ 6   [デバイス名(Device Name)] フィールドで、適切な形式を使用してデバイスの名前を指定します。

      選択肢

      必要な形式

      [CTI リモートデバイス(CTI Remote Device)]

      • [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] を選択すると、デバイス名フィールドに CTIRD<owner user ID> と入力されます。この値は変更できます。デバイス名を CTIRD から始める必要はありません。

      • 有効な文字:a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、ピリオド(.)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)。

      • 文字数の上限は 15 文字です。

      [Cisco Unified Client Services Framework]

      • 有効な文字:a ~ z、A ~ Z、0 ~9。

      • 文字数の上限は 15 文字です。

      [Cisco Dual Mode for iPhone]

      • デバイス名は TCT から始める必要があります。

        たとえば、ユーザ名が tadams であるユーザ Tanya Adams の TCT デバイスを作成する場合は、「TCTTADAMS」と入力します。

      • すべて大文字でなければなりません。

      • 有効な文字:A ~ Z、0 ~ 9、ピリオド(.)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)。

      • 文字数の上限は 15 文字です。

      [Cisco Jabber for Tablet]

      • デバイス名は TAB から始める必要があります。

        たとえば、ユーザ名が tadams であるユーザ Tanya Adams の TAB デバイスを作成する場合は、「TABTADAMS」と入力します。

      • すべて大文字でなければなりません。

      • 有効な文字:A ~ Z、0 ~ 9、ピリオド(.)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)。

      • 文字数の上限は 15 文字です。

      [Cisco Dual Mode for Android]

      • デバイス名は BOT から始める必要があります。

        たとえば、ユーザ名が tadams であるユーザ Tanya Adams の BOT デバイスを作成する場合は、「BOTTADAMS」と入力します。

      • すべて大文字でなければなりません。

      • 有効な文字:A ~ Z、0 ~ 9、ピリオド(.)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)。

      • 文字数の上限は 15 文字です。

      ステップ 7   CTI リモート デバイスを作成している場合は、[プロトコル固有情報(Protocol Specific Information)] セクションで、[再ルーティング用コーリングサーチスペース(Rerouting Calling Search Space)] ドロップダウン リストから適切なオプションを選択します。

      再ルーティング用コーリング サーチ スペースは、再ルーティング用のコーリング サーチ スペースを定義し、ユーザが CTI リモート デバイスからコールを送受信できるようにします。

      ステップ 8   エンド ユーザが自分のデバイスにアクセスして、安全に Cisco Unified Communications Manager に登録できるようにするための認証文字列を生成するには、[Certification Authority Proxy Function(CAPF)の情報(Certification Authority Proxy Function (CAPF) Information)] セクションに移動します。
      ステップ 9   [証明書の操作(Certificate Operation)] ドロップダウン リストで、[インストール/アップグレード(Install/Upgrade)] を選択します。
      ステップ 10   [認証モード(Authentication Mode)] ドロップダウン リストで、[認証ストリング(By Authentication String)] または [Null ストリング(By Null String)] を選択します。
      ステップ 11   [文字列を生成(Generate String)] をクリックします。 [認証文字列(Authentication String)] に文字列値が自動的に入力されます。これがエンド ユーザに提供する文字列です。
      ステップ 12   [キーのサイズ(ビット)(Key Size (Bits))] ドロップダウン リストで、電話セキュリティ プロファイルで設定したものと同じキー サイズを選択します。
      ステップ 13   [操作の完了期限(Operation Completes By)] フィールドで、認証文字列の有効期限値を指定するか、デフォルトのままにします。
      ステップ 14   必要に応じて、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで残りの設定を指定します。

      残りの設定の詳細については、メニュー バーで、[ヘルプ(Help)] > [このページ(This Page)] の順にクリックします。[プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクション内の設定の詳細については、疑問符アイコンをクリックします。

      ステップ 15   [保存(Save)] を選択します。
      ステップ 16   [設定の適用(Apply Config)] をクリックします。

      次の作業

      デバイスに電話番号を追加します。

      デバイスに電話番号を追加する

      各デバイスを作成して設定したら、そのデバイスに電話番号を追加する必要があります。ここでは、[デバイス(Device)] > [電話機(Phone)] メニュー オプションを使用して、電話番号を追加する手順について説明します。

      はじめる前に

      デバイスを作成します。

      手順
        ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] セクションに移動します。
        ステップ 2   [新規DNを追加(Add a new DN)] をクリックします。
        ステップ 3   [電話番号(Directory Number)] フィールドで、電話番号を指定します。
        ステップ 4   [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)] セクションで、[エンドユーザの関連付け(Associate End Users)] をクリックします。
        ステップ 5   [ユーザの検索(Find User where)] フィールドで、適切なフィルタを指定してから、[検索(Find)] をクリックします。
        ステップ 6   表示されたリストから、該当するユーザを選択して、[選択項目の追加(Add Selected)] をクリックします。
        ステップ 7   その他に必要な設定があれば、それらをすべて指定します。
        ステップ 8   [設定の適用(Apply Config)] を選択します。
        ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。

        リモート接続先の追加

        リモート接続先とは、ユーザが利用できる CTI 制御可能デバイスです。

        ユーザに専用 CTI リモート デバイスをプロビジョニングする場合、Cisco Unified CM Administration インターフェイスを使用してリモート接続先を追加する必要があります。このタスクにより、クライアントの起動時に、ユーザは自動的に電話を制御し、コールを発信できます。

        ユーザにソフトフォン デバイスおよびデスクフォン デバイスとともに CTI リモート デバイスをプロビジョニングする場合、[Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを使用してリモート接続先を追加しないでください。ユーザは、クライアント インターフェイスを使用してリモート接続先を入力できます。


        (注)  


        • ユーザ 1 人につき 1 つのリモート接続先を作成する必要があります。ユーザに対して複数のリモート接続先を追加しないでください。

        • Cisco Unified Communications Manager は、Cisco Unified CM Administration インターフェイスで追加したリモート接続先がルーティング可能かどうかを確認しません。そのため、追加するリモート接続先を Cisco Unified Communications Manager がルーティングできることを確認する必要があります。

        • Cisco Unified Communications Manager は、自動的に CTI リモート デバイスのすべてのリモート接続先番号にアプリケーション ダイヤル ルールを適用します。


        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
          ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。

          [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択して電話の一覧を取得します。
          ステップ 4   一覧から CTI リモート デバイスを選択します。

          [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 5   [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。
          ステップ 6   [新規リモート接続先の追加(Add a New Remote Destination)] を選択します。

          [リモート接続先情報(Remote Destination Information)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 7   JabberRD を [名前(Name)] フィールドに指定します。
          制約事項:

          [名前(Name)] フィールドに JabberRD を指定する必要があります。クライアントは JabberRD リモート接続先のみ使用します。JabberRD 以外の名前を指定した場合、ユーザはそのリモート接続先にアクセスできません。

          ユーザがクライアント インターフェイスを使用してリモート接続先を追加すると、クライアントは JabberRD 名を自動的に設定します。
          ステップ 8   [接続先番号(Destination Number)] フィールドに接続先番号を入力します。
          ステップ 9   必要に応じて他の値をすべて指定します。
          ステップ 10   [保存(Save)] を選択します。

          次の作業

          次の手順を実行してリモート接続先を確認し、CTI リモート デバイスに設定を適用します。
          1. 手順を繰り返し、CTI リモート デバイスの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを開きます。

          2. [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。

          3. リモート接続先が利用可能であることを確認します。

          4. [設定の適用(Apply Config)] を選択します。


          (注)  


          [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [デバイス情報(Device Information)] セクションには、[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] フィールドが含まれています。

          ユーザがクライアントでリモート接続先を選択すると、そのリモート接続先は [アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] の値として表示されます。

          次の場合、[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] の値として [none] が表示されます。
          • ユーザがクライアントでリモート接続先を選択しない場合。

          • ユーザが退出した場合、またはクライアントにサインインしていない場合。


          ユーザの関連付けに関する設定

          ユーザをデバイスに関連付けると、ユーザにデバイスがプロビジョニングされます。

          はじめる前に

          Cisco Jabber デバイスを作成および設定します。

          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。

            [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
            ステップ 4   対象のユーザをリストから選択します。

            [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 5   [サービスの設定(Service Settings)] セクションを探します。
            ステップ 6   [ホーム クラスタ(Home Cluster)] を選択します。
            ステップ 7   [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストから、ユーザの適切なサービス プロファイルを選択します。
            ステップ 8   [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
            ステップ 9   [デバイスの割り当て(Device Associations)] を選択します。

            [ユーザ デバイス割り当て(User Device Association)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 10   ユーザを割り当てるデバイスを選択します。
            ステップ 11   [選択/変更の保存(Save Selected/Changes)] を選択します。
            ステップ 12   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択し、[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウに戻ります。
            ステップ 13   一覧から同じユーザを探し、選択します。

            [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

            ステップ 14   [権限情報(Permissions Information)] セクションを探します。
            ステップ 15   [アクセス コントロール グループに追加(Add to Access Control Group)] を選択します。

            [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ダイアログボックスが開きます。

            ステップ 16   ユーザを割り当てるアクセス コントロール グループを選択します。
            ユーザを、少なくとも次のアクセス コントロール グループに割り当てる必要があります。
            • [標準CCMエンドユーザ(Standard CCM End Users)]

            • [標準CTIを有効にする(Standard CTI Enabled)]

            メモ:

            セキュア電話機能をユーザにプロビジョニングする場合、Standard CTI Secure Connection グループにユーザを割り当てないでください。

            電話機のモデルによっては、次のコントロール グループが追加で必要となります。
            • Cisco Unified IP Phone 9900、 8900、8800 シリーズ、または DX シリーズでは、[標準 CTI による接続時の転送および会議をサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf)] を選択します。

            • Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズでは、[標準 CTI によるロールオーバー モードをサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode)] を選択します。

            ステップ 17   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

            [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ウィンドウが終了します。

            ステップ 18   [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。

            モバイルの SIP プロファイルの作成

            この手順は、Cisco Unified Communications Manager リリース 9のリリースを使用していて、デバイスをモバイル クライアント用に設定している場合にのみ必要です。デスクトップ クライアント用に提供されているデフォルトの SIP プロファイルを使用してください。モバイル クライアント用にデバイスを作成して設定する前に、Cisco Unified Communications Manager に接続した状態で Cisco Jabber をバックグラウンドで動作させる SIP プロファイルを作成する必要があります。

            Cisco Unified Communications Manager リリース 10 を使用する場合は、モバイル クライアント用にデバイスを作成および設定するときに、[モバイル デバイス用標準 SIP プロファイル(Standard SIP Profile for Mobile Device)] デフォルト プロファイルを選択します。

            手順
              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
              ステップ 2   [デバイス(Device)] > [デバイス設定(Device Settings)] > [SIP プロファイル(SIP Profile)] を選択します。

              [SIP プロファイルの検索と一覧表示(Find and List SIP Profiles)] ウィンドウが開きます。

              ステップ 3   次のいずれかを実行し、新規 SIP プロファイルを作成します。
              • デフォルトの SIP プロファイルを検索し、編集可能なコピーを作成します。
              • [新規追加(Add New)] を選択し、新規 SIP プロファイルを作成します。
              ステップ 4   新しい SIP プロファイルに次の値を設定します。
              • [レジスタの再送間隔の調整値(Timer Register Delta)] に「120」
              • [レジスタのタイムアウト値(Timer Register Expires)] に「720」
              • [キープアライブのタイムアウト値(Timer Keep Alive Expires)] に「720」
              • [サブスクライブのタイムアウト値(Timer Subscribe Expires)] に「21600」
              • [サブスクライブの再送間隔の調整値(Timer Subscribe Delta)] に「15」
              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

              システムの SIP パラメータの設定

              狭帯域ネットワークに接続しており、モバイル デバイスで着信コールの受信が困難な場合は、システム SIP パラメータを設定して状況を改善できます。[SIP デュアル モード アラート タイマー(SIP Dual Mode Alert Timer)] の値を大きくして、Cisco Jabber 内線へのコールがモバイル ネットワーク電話番号に途中でルーティングされないようにします。

              はじめる前に

              この設定は、モバイル クライアント専用です。

              ビジネス通話を受信するには、Cisco Jabber が実行されている必要があります。

              SIP プロファイルの作成

              手順
                ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                ステップ 2   [システム(System)] > [サービス パラメータ(Service Parameters)] の順に選択します。
                ステップ 3   ノードを選択します。
                ステップ 4   [Cisco CallManager(アクティブ)(Cisco CallManager (Active))] サービスを選択します。
                ステップ 5   [クラスタ全体のパラメータ(システム - モビリティ)(Clusterwide Parameters (System - Mobility))] セクションまでスクロールします。
                ステップ 6   [SIP デュアル モード アラート タイマー(SIP Dual Mode Alert Timer)] の値を 10000 ミリ秒まで増やします。
                ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。
                (注)     

                [SIP デュアル モード アラート タイマー(SIP Dual Mode Alert Timer)] の値を増やしても、Cisco Jabber に到着する着信コールが引き続き切断され、モバイル コネクトを使用して転送される場合は、[SIP デュアル モード アラート タイマー(SIP Dual Mode Alert Timer)] の値を 500 ミリ秒単位でさらに増やします。


                電話セキュリティ プロファイルの設定

                オプションで、すべてのデバイスに対してセキュアな電話機能をセットアップできます。セキュア電話機能により、セキュア SIP シグナリング、セキュア メディア ストリーム、および暗号化デバイス設定ファイルが提供されます。

                ユーザのセキュアな電話機能を有効にした場合は、Cisco Unified Communications Manager へのデバイス接続がセキュアになります。ただし、他のデバイスとのコールは、両方のデバイスがセキュアな接続を備えている場合にのみセキュアになります。

                はじめる前に
                • Cisco CTL クライアントを使用して Cisco Unified Communications Manager のセキュリティ モードを設定します。最低限、混合モード セキュリティを使用する必要があります。

                  Cisco CTL クライアントを使用した混合モードの設定方法については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide(Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド)』を参照してください。

                • 電話会議の場合は、会議ブリッジがセキュアな電話機能をサポートしていることを確認します。会議ブリッジがセキュア電話機能をサポートしていない場合、そのブリッジへのコールは安全ではありません。同様に、クライアントが電話会議でメディアを暗号化できるようにするために、すべての参加者が共通の暗号化アルゴリズムをサポートしている必要があります。

                手順
                  ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager で、[システム(System)] > [セキュリティ(Security)] > [電話セキュリティプロファイル(Phone Security Profile)] の順に選択します。
                  ステップ 2   [新規追加(Add New)] を選択します。
                  ステップ 3   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストで、設定しているデバイス タイプに適したオプションを選択してから、[次へ(Next)] を選択します。
                  • [Cisco Unified Client Services Framework]:このオプションは、Cisco Jabber for Mac または Cisco Jabber for Windows 用の CSF デバイスを作成する場合に選択します。
                  • [Cisco Dual Mode for iPhone]:このオプションは、iPhone 用の TFT デバイスを作成する場合に選択します。
                  • [Cisco Jabber for Tablet]:このオプションは、iPad または Android タブレット用の TAB デバイスを作成する場合に選択します。
                  • [Cisco Dual Mode for Android]:このオプションは、Android デバイス用の BOT デバイスを作成する場合に選択します。
                  • [CTI リモートデバイス(CTI Remote Device)]:このオプションは、CTI リモート デバイスを作成する場合に選択します。

                    CTI リモート デバイスは、ユーザのリモート接続先をモニタリングし、通話を制御する仮想デバイスです。

                  ステップ 4   [電話セキュリティプロファイルの設定(Phone Security Profile Configuration)] ウィンドウの [名前(Name)] フィールドで、電話セキュリティ プロファイルの名前を指定します。
                  ステップ 5   [デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)] で、次のオプションのいずれかを選択します。
                  • [認証済み(Authenticated)]:SIP 接続が NULL-SHA 暗号化を使用した TLS 経由になります。
                  • [暗号化済み(Encrypted)]:SIP 接続が AES 128/SHA 暗号化を使用した TLS 経由になります。クライアントは、Secure Realtime Transport Protocol(SRTP)を使用して、暗号化されたメディア ストリームを提供します。
                  ステップ 6   [転送タイプ(Transport Type)] は、TLS のデフォルト値のままにします。
                  ステップ 7   TFTP サーバ上に存在するデバイス コンフィギュレーション ファイルを暗号化するには、[TFTP暗号化(TFTP Encrypted Config)] チェックボックスをオンにします。
                  (注)     

                  TCT/BOT/Table デバイスの場合、ここでは [TFTP 暗号化(TFTP Encrypted Config)] チェックボックスをオンにしないでください。[認証モード(Authentication Mode)] で、[認証ストリング(By Authentication String)] または [Null ストリング(Null String)] を選択します。

                  ステップ 8   [認証モード(Authentication Mode)] で、[認証ストリング(By Authentication String)] または [Null ストリング(By Null String)] を選択します。
                  ステップ 9   [キーサイズ(ビット)(Key Size (Bits))] で、証明書に適したキー サイズを選択します。キー サイズは、CAPF 登録プロセス中にクライアントが生成する公開キーと秘密キーのビット長を示します。

                  Ciso Jabber クライアントは 1024 ビット長のキーを含む認証文字列を使用してテストされています。Cisco Jabber クライアントは、1024 ビット長のキーではなく、2048 ビット長のキーを生成するため、より長い時間が必要になります。このため、2048 を選択した場合、CAPF 登録プロセスを完了するためにより多くの時間がかかります。

                  ステップ 10   [SIP電話ポート(SIP Phone Port)] は、デフォルト値のままにします。

                  このフィールドで指定したポートは、[デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)] の値として [非セキュア(Non Secure)] を選択した場合にのみ有効になります。

                  ステップ 11   [保存(Save)] をクリックします。

                  ユーザへの認証文字列の提供

                  ユーザは、クライアント インターフェイスで認証文字列を指定してデバイスにアクセスし、Cisco Unified Communications Manager に安全に登録する必要があります。

                  ユーザがクライアント インターフェイスで認証文字列を入力すると、CAPF 登録プロセスが開始されます。

                  (注)  


                  登録プロセスが完了するまでにかかる時間は、ユーザのコンピュータまたはモバイル デバイス、および Cisco Unified Communications Manager の現在の負荷によって異なります。クライアントが CAPF 登録プロセスを完了するまでに、最大 1 分間かかる場合があります。


                  次の場合、クライアントはエラーを表示します。
                  • ユーザが誤った認証文字列を入力した場合。

                    ユーザは、CAPF 登録を完了するために、認証文字列の入力をもう一度試行できます。ただし、ユーザが連続して誤った認証文字列を入力すると、文字列が正しい場合でも、クライアントはユーザが入力した文字列を拒否する場合があります。その場合は、ユーザのデバイスに対して新しい認証文字列を生成し、それをユーザに提供する必要があります。

                  • [操作の完了期限(Operation Completes By)] フィールドに設定した有効期限が過ぎた後、ユーザが認証文字列を入力した場合。

                    その場合は、ユーザのデバイスに対して新しい認証文字列を生成する必要があります。ユーザは、有効期間内にその認証文字列を入力する必要があります。

                  重要:
                  Cisco Unified Communications Manager でエンド ユーザを設定する場合、次のユーザ グループに追加する必要があります。
                  • [標準CCMエンドユーザ(Standard CCM End Users)]

                  • [標準CTIを有効にする(Standard CTI Enabled)]

                  ユーザは Standard CTI Secure Connection ユーザ グループに属していてはなりません。