ユーザの設定を行う
ユーザの設定を行う

目次

ユーザの設定を行う

クライアント設定の概要

Cisco Jabber は次のソースから設定を取得できます。
サービス プロファイル

Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降では、UC サービス プロファイルで一部のクライアントの設定を構成できます。 ユーザがクライアントを起動すると、クライアントは DNS SRV レコードを使用して Cisco Unified Communications Manager ホーム クラスタを検出し、UC サービス プロファイルから設定を自動的に取得します。

これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

電話機設定

Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降では、電話の設定で一部のクライアントの設定を構成できます。 クライアントは、UC サービス プロファイルの設定に加え、電話の設定から設定を取得します。

これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

Cisco Unified PresenceまたはCisco Unified Communications Manager IM and Presence Service

インスタント メッセージとプレゼンス機能を有効にして、プレゼンス サブスクリプション要求などの特定の設定を構成できます。

Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降でサービス ディスカバリを使用しない場合、クライアントは Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service から UC サービスを取得します。

これは、オンプレミス展開にのみ適用されます。

クライアントの設定ファイル

設定パラメータを含む XML ファイルを作成できます。 その後、TFTP サーバで XML ファイルをホストします。 ユーザがサインインすると、クライアントは TFTP サーバから XML ファイルを取得して設定を適用します。

これは、オンプレミス展開およびクラウドベース展開に適用されます。

Cisco WebEx 管理ツール

Cisco WebEx Administration Tool で、一部のクライアントの設定を構成できます。

これは、クラウドベース展開にのみ適用されます。

Cisco Unified Communications Manager でのクライアント設定

Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降では、UC サービス プロファイルで一部のクライアントの設定を構成できます。

重要:
  • Cisco Jabber はクライアントが _cisco-uds SRV レコードを DNS クエリーから取得する場合のみ、Cisco Unified Communications Manager のサービス プロファイルから設定を取得します。

    サービス ディスカバリの DNS 環境を設定しない場合は、サービス プロファイルでクライアントを設定できません。

    ハイブリッド環境では、CAS URL ルックアップが成功した場合、Cisco Jabber は設定内容を Cisco WebEx Messenger サービスから取得し、_cisco-uds SRV レコードは無視されます。

  • 複数の Cisco Unified Communications Manager クラスタを使用した環境では、クラスタ間検索サービス(ILS)を設定する必要があります。 ILS は、クライアントがユーザのホーム クラスタを検索して、サービスを検出できるようにします。

    ILS を設定する方法については、適切なバージョンのCisco Unified Communications Manager Features and Services Guide』を参照してください。

サービス プロファイルでのパラメータの設定

クライアントはサービス プロファイルから UC サービス設定や他の設定を取得できます。

サービス プロファイルのパラメータ

サービス プロファイルで設定できる設定パラメータについて説明します。 クライアントの設定ファイルで該当する設定パラメータを確認してください。

IM/プレゼンス プロファイル
次の表は、インスタント メッセージとプレゼンスのプロファイルで設定できる設定パラメータを示します。
IM and Presence サービスの設定 説明
製品のタイプ(Product type)
Cisco Jabber に認証ソースを提供し、次の値があります。
Unified CM(IM and Presence)

Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service がオーセンティケータです。

WebEx(IM and Presence)

Cisco WebEx Messenger サービスがオーセンティケータです。

(注)     

このリリースでは、クライアントは、SRV レコードのクエリーに加え、HTTP クエリーを発行します。 HTTP クエリーは、クライアントが Cisco WebEx Messenger サービスの認証を受けるかどうかを決定できるようにします。

HTTP クエリーの結果、クライアントは _cisco-uds SRV レコードを取得する前に、クラウドベース展開の Cisco WebEx Messenger サービスに接続します。 [製品のタイプ(Product type)] フィールドの値を [WebEx] に設定しても、WebEx サービスが CAS ルックアップによってすでに検出されている場合、実質的な効果はない可能性があります。

未設定(Not set)

サービス プロファイルに IM およびプレゼンス サービスの設定を含めない場合は、Cisco Unified Communications Manager がオーセンティケータです。

プライマリ サーバ(Primary server)
プライマリ プレゼンス サーバのアドレスを指定します。
オンプレミス展開

Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service の完全修飾ドメイン名(FQDN)を指定する必要があります。

クラウドベース展開

[WebEx] を [製品のタイプ(Product type)] パラメータの値として選択すると、クライアントは次の URL をデフォルトとして使用します。

https://loginp.webexconnect.com/cas/auth.do

このデフォルトの URL は、設定した値を上書きします。

ボイスメール プロファイル
次の表は、ボイスメールのプロファイルで設定できる設定パラメータを示します。
ボイスメール サービスの設定 説明
ボイスメール サーバ(Voicemail server)

ボイスメール サーバの接続設定を指定します。

ボイスメール サービスのクレデンシャル ソース(Credentials source for voicemail service)

ボイスメール サービスの認証を受けるために、クライアントがインスタント メッセージおよびプレゼンスまたは会議サービスのクレデンシャルを使用することを指定します。

設定するクレデンシャル ソースがユーザのボイスメールのクレデンシャルと一致することを確認します。 このパラメータの値を設定すると、ユーザはクライアント ユーザ インターフェイスで自分のボイスメール サービスのクレデンシャルを指定できません。

会議プロファイル
次の表は、会議のプロファイルで設定できる設定パラメータを示します。
会議サービスの設定 説明
会議サーバ(Conferencing server)

会議サーバの接続設定を指定します。

Web 会議サービスのクレデンシャル ソース(Credentials source for web conference service)

会議サービスの認証を受けるために、クライアントがインスタント メッセージおよびプレゼンスまたはボイスメール サービスのクレデンシャルを使用することを指定します。

設定するクレデンシャル ソースがユーザの会議のクレデンシャルと一致することを確認します。

ディレクトリ プロファイル

サービス プロファイルでディレクトリ統合を設定する方法の詳細については、「ディレクトリ統合のためのクライアント設定」の章を参照してください。

CTI プロファイル
次の表は、CTI プロファイルで設定できる設定パラメータを示します。
CTI サービスの設定 説明
CTI サーバ(CTI server)

CTI サーバの接続設定を指定します。

UC サービスの追加

UC サービスを追加し、インスタント メッセージやプレゼンス、ボイスメール、会議、ディレクトリなどのサービスのアドレス、ポート、プロトコル、および他の設定を指定します。

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
    ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

    [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

    ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

    [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

    ステップ 4   追加する UC サービスのタイプを選択し、[次へ(Next)] を選択します。
    ステップ 5   必要に応じて、UC サービスを設定し、[保存(Save)] を選択します。

    次の作業

    UC サービスをサービス プロファイルに追加します。

    サービス プロファイルの作成

    UC サービスを追加して設定したら、これらのサービスをサービス プロファイルに追加します。 サービス プロファイルで追加の設定を適用できます。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
      ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

      [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

      [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 4   [名前(Name)] フィールドにサービス プロファイルの名前を入力します。
      ステップ 5   サービス プロファイルをクラスタのデフォルトにする場合は、[システム デフォルトのサービス プロファイルに設定(Make this the default service profile for the system)] を選択します。
      (注)     

      Cisco Unified Communications Managerバージョン 9.x では、インスタント メッセージ(IM)機能だけを持つユーザはデフォルトのサービス プロファイルを使用する必要があります。 このため、IM のみのユーザにサービス プロファイルを適用する場合は、サービス プロファイルをデフォルトとして設定する必要があります。

      ステップ 6   UC サービスを追加して追加の設定を適用し、[保存(Save)] を選択します。

      次の作業

      エンド ユーザ設定にサービス プロファイルを適用します。

      サービス プロファイルの適用

      UC サービスを追加してサービス プロファイルを作成したら、ユーザにサービス プロファイルを適用します。 ユーザが Cisco Jabber にサインインすると、クライアントはそのユーザのサービス プロファイルを Cisco Unified Communications Manager から取得できます。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。

        [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 3   既存のユーザを見つけるために適切な検索条件を入力して、リストからユーザを選択します。

        [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

        ステップ 4   [サービスの設定(Service Settings)] セクションを探します。
        ステップ 5   [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストからユーザに適用するサービス プロファイルを選択します。
        重要:

        Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x のみ:インスタント メッセージとプレゼンス機能だけを持つユーザ(IM 専用)の場合、[デフォルトを使用(Use Default)] を選択する必要があります。 IM 専用のユーザの場合、Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x は [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストで選択した内容と関係なく、常にデフォルトのサービス プロファイルを適用します。

        ステップ 6   必要に応じて、その他の設定を適用し、[保存(Save)] を選択します。

        ユーザとデバイスの関連付け

        Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x の場合のみ、クライアントはユーザのサービス プロファイルの取得を試行するときに、最初に Cisco Unified Communications Manager からデバイス構成ファイルを取得します。 その後、クライアントはデバイス構成を使用してユーザに適用されたサービス プロファイルを取得します。

        たとえば、Adam McKenzie に CSFAKenzi という名前の CSF デバイスをプロビジョニングしたとします。 クライアントは Adam がサインインすると、Cisco Unified Communications Manager から CSFAKenzi.cnf.xml を取得します。 その後、クライアントは CSFAKenzi.cnf.xml で次を探します。

        <userId  serviceProfileFile="identifier.cnf.xml">amckenzi</userId>
        このため、Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x を使用する場合、ユーザに適用するサービス プロファイルをクライアントが正常に取得できることを確実にするため、次を実行する必要があります。
        • ユーザとデバイスを関連付けます。

        • デバイス構成の [ユーザのオーナー ID(User Owner ID)] フィールドを適切なユーザに設定します。 この値が設定されていない場合、クライアントはデフォルトのサービス プロファイルを取得します。

        手順
          ステップ 1   ユーザとデバイスを関連付けます。
          1. [Unified CM の管理(Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
          2. [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] を選択します。
          3. 適切なユーザを探して選択します。 [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。
          4. [デバイス情報(Device Information)] セクションで [デバイスの割り当て(Device Association)] を選択します。
          5. 必要に応じて、ユーザとデバイスを関連付けます。
          6. [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウに戻り、[保存(Save)] を選択します。
          ステップ 2   デバイス構成で [ユーザのオーナー ID(User Owner ID)] フィールドを設定します。
          1. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
          2. 適切なデバイスを探して選択します。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。
          3. [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
          4. [ユーザ(User)] を [オーナー(Owner)] フィールドの値として選択します。
          5. [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] フィールドから適切なユーザ ID を選択します。
          6. [保存(Save)] を選択します。

          電話の設定でのパラメータの設定:デスクトップ クライアント向け

          クライアントは、Cisco Unified Communications Manager の次の場所から電話の設定を取得できます。

          Enterprise Phone Configuration

          クラスタ全体に適用されます。


          (注)  


          インスタント メッセージとプレゼンス機能のみのユーザ(IM 専用)の場合、[エンタープライズ電話の設定(Enterprise Phone Configuration)] ウィンドウで電話の設定パラメータを設定する必要があります。


          Common Phone Profile Configuration

          デバイスのグループに適用され、クラスタの設定よりも優先されます。

          Cisco Unified Client Services Framework (CSF) Phone Configuration

          個別の CSF デバイスに適用され、グループの設定よりも優先されます。

          電話の設定のパラメータ

          次の表は、電話の設定の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションで設定できる、およびクライアントの設定ファイルからの対応するパラメータをマッピングできる設定パラメータを示します。
          デスクトップ クライアントの設定 説明
          ビデオ コール(Video Calling)
          ビデオ機能を有効または無効にします。
          有効(Enabled)
          ユーザはビデオ通話を送受信できます。 これがデフォルト値です。
          無効
          ユーザはビデオ通話を送受信できません。
          制約事項:

          このパラメータは、CSF のデバイス構成でのみ使用可能です。

          ファイル転送でブロックするファイル タイプ(File Types to Block in File Transfer)

          ユーザによる特定のファイル タイプの転送を制限します。

          値として、.exe などのファイル拡張子を設定します。

          複数のファイル拡張子を区切るには、セミコロンを使用します。例:

          .exe;.msi;.rar;.zip
          電話制御で自動的に開始(Automatically Start in Phone Control)
          クライアント初回起動時のユーザの電話タイプを設定します。 初回起動後、ユーザは電話タイプを変更できます。 クライアントは、ユーザ設定を保存し、以降の起動でその設定を使用します。
          有効(Enabled)
          通話にデスクフォン デバイスを使用します。
          無効
          通話にソフトフォン(CSF)デバイスを使用します。 これがデフォルト値です。
          Jabber For Windows ソフトウェア アップデート サーバ URL(Jabber For Windows Software Update Server URL)

          クライアント アップデート情報を保持する XML 定義ファイルへの URL を指定します。 クライアントは、この URL を使用して Web サーバから XML ファイルを取得します。

          ハイブリッド クラウドベース展開では、自動更新を設定するために Cisco WebEx Administration Tool を使用する必要があります。

          問題レポート サーバ URL(Problem Report Server URL)

          ユーザが問題レポートを送信できるようにするカスタム スクリプトの URL を指定します。

          電話の設定でのパラメータの設定:モバイル クライアント向け

          クライアントは、Cisco Unified Communications Manager の次の場所から電話の設定を取得できます。

          Cisco Dual Mode for iPhone (TCT) Configuration

          個別の TCT デバイスに適用され、グループの設定よりも優先されます。

          Cisco Jabber for Tablet (TAB) Configuration

          個別の TAB デバイスに適用され、グループの設定よりも優先されます。

          電話の設定のパラメータ

          次の表は、電話の設定の [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションで設定できる、およびクライアントの設定ファイルからの対応するパラメータをマッピングできる設定パラメータを示します。
          モバイル クライアントの設定 説明
          オンデマンド VPN の URL(On-Demand VPN URL)

          オンデマンド VPN を開始するための URL です。

          プリセット Wi-Fi ネットワーク(Preset Wi-fi Networks)

          組織が承認する Wi-Fi ネットワークの SSID(SSID)を入力します。 SSID はスラッシュ(/)で区切ります。 入力した Wi-Fi ネットワークのいずれかに接続されている場合、デバイスはセキュア コネクトに接続しません。

          デフォルトの着信音(Default Ringtone)

          デフォルトの着信音を [Normal] または [Loud] に設定します。

          ビデオ機能(Video Capabilities)

          ビデオ機能を有効または無効にします。

          有効(Enabled)
          ユーザはビデオ通話を送受信できます。 これがデフォルト値です。
          無効
          ユーザはビデオ通話を送受信できません。
          Dial via Office
          (注)      これは、TCT デバイスのみを対象としています。

          Dial via Office を有効または無効にします。

          有効(Enabled)
          ユーザは Dial Via Office を使用できます。
          無効
          ユーザは Dial Via Office を使用できません。 これがデフォルト値です。

          クライアント設定ファイルの作成とホスト

          オンプレミス展開やハイブリッド クラウドベース展開では、クライアント設定ファイルを作成し、これらのファイルを Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスでホストすることができます。

          クラウドベース展開では、Cisco WebEx Administration Toolでクライアントを設定する必要があります。 ただし、Cisco WebEx Administration Toolで使用できない設定でクライアントを設定するためにオプションで TFTP サーバをセットアップすることができます。

          重要:
          ほとんどの環境では、サービスに接続するためにクライアントを設定する必要はありません。 次のようなカスタム コンテンツを必要とする場合のみ、設定ファイルを作成する必要があります。
          • 自動アップデート

          • 問題のレポート

          • ユーザ ポリシーとオプション

          重要:
          次を設定するには、グローバル設定ファイルを作成する必要があります。
          • オンプレミス展開のディレクトリ統合。

          • ハイブリッドクラウド展開のボイスメール サービス クレデンシャル。

          クライアントの設定ファイル

          設定ファイルを展開する前に、グローバル設定ファイルとグループ設定ファイルの違いを確認してください。 設定ファイルを正しく展開するには、サポートされる符号化などの設定ファイルの要件を確認する必要もあります。

          設定ファイルの詳細を確認し、サポートされる符号化などの要件を把握してください。

          グローバル設定ファイル

          グローバル設定ファイルは、すべてのユーザに適用されます。 クライアントは、ログイン シーケンスの間に TFTP サーバからグローバル設定ファイルをダウンロードします。

          グローバル設定ファイルのデフォルト名は、jabber-config.xml です。

          グループ設定ファイル


          (注)  


          グループ設定ファイルは Cisco Jabber for Windows でのみサポートされます。


          グループ設定ファイルは、ユーザのサブセットに適用されます。 グループ設定ファイルは、グローバル設定ファイルよりも優先されます。

          Cisco Jabber は、ユーザが電話アカウントに初めてサインインした後に、グループ設定ファイルを取得します。 クライアントは、その後、ユーザにサインアウトするよう指示します。 2 回目のログイン シーケンスの間、クライアントは TFTP サーバからグループ設定ファイルをダウンロードします。

          Cisco Jabber は、グループ設定ファイルを次の手順で読み込みます。
          ユーザがサインインしていない場合
          1. ユーザがサインインすると、クライアントは設定が変更されたことをユーザに通知します。

          2. ユーザがサインアウトします。

          3. ユーザがサインインすると、クライアントはグループ設定を読み込みます。

          ユーザがサインインしており、ソフトフォンでコールしている場合
          1. クライアントは、設定が変更されたことをユーザに通知します。

          2. ユーザがサインアウトします。

          3. ユーザがサインインすると、クライアントはグループ設定を読み込みます。

          ユーザがサインインしており、デスクフォンでコールしている場合
          1. ユーザがサインアウトします。

          2. ユーザがサインインすると、クライアントは設定が変更されたことをユーザに通知します。

          3. ユーザがサインアウトします。

          4. ユーザがサインインすると、クライアントはグループ設定を読み込みます。

          ユーザがサインアウトする前に、ソフトフォンを使用してコールするオプションを選択した場合、クライアントはユーザにサインアウトしてからサインインし直すよう指示し、グループ設定を読み込みます。

          グループ設定ファイル名

          Cisco Unified Communications Manager の CSF デバイス設定の [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] で、グループ設定ファイルの名前を指定します。

          Cisco Unified Communications Manager の CSF デバイス設定のグループ設定ファイルの名前を削除すると、クライアントが変更を検出し、ユーザにサインアウトするよう指示し、グローバル設定ファイルを読み込みます。 CSF デバイス設定のグループ設定ファイル名を削除するには、configurationFile=group_configuration_file_name.xml 文字列全体を削除するか、文字列からグループ設定ファイル名を削除します。

          設定ファイルの要件

          • 設定ファイル名は、大文字と小文字を区別します。 エラーを回避し、クライアントが TFTP サーバからファイルを取得できるよう、ファイル名には小文字を使用してください。
          • 設定ファイルには、utf-8 エンコーディングを使用する必要があります。
          • クライアントは、有効な XML 構造のない設定ファイルは読み込めません。 設定ファイルの構造で終了要素をチェックし、要素が正しく入れ子になっていることを確認します。
          • XML には、有効な XML 文字エンティティ参照しか含めることができません。 たとえば、& ではなく &amp; を使用してください。 XML に無効な文字が含まれている場合は、クライアントは設定ファイルを解析できません。

            ヒント


            Microsoft Internet Explorer で設定ファイルを開き、無効な文字やエンティティがないことを確認します。

            Internet Explorer に XML 構造の全体が表示される場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティは含まれていません。

            Internet Explorer に XML 構造の一部しか表示されない場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティが含まれている可能性があります。


          TFTP サーバ アドレスの指定

          クライアントは、TFTP サーバから設定ファイルを取得します。 クライアントを設定する最初のステップは、クライアントが設定ファイルにアクセスできるように TFTP サーバのアドレスを指定することです。

          注目:

          Cisco Jabber が DNS クエリーから _cisco-uds SRV レコードを取得すると、ユーザのホーム クラスタを自動的に検出できます。 そのため、クライアントは Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスを見つけることができます。

          _cisco-uds SRV レコードを導入する場合は、TFTP サーバのアドレスを指定する必要はありません。

          Cisco Unified Presence での TFTP サーバの指定

          Cisco Unified Communications Managerバージョン 8.x を使用している場合は、次の手順を実行して、Cisco Unified Presence で TFTP サーバのアドレスを指定します。 Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x を使用している場合は、次の手順を実行する必要はありません。

          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [Cisco Jabber] > [設定(Settings)] の順に選択します。
            (注)     

            Cisco Unified Presence のバージョンによっては、パスは次のようになります。[アプリケーション(Application)] > [Cisco Unified Personal Communicator] > [設定(Settings)]

            [Cisco Jabber の設定(Cisco Jabber Settings)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 3   次のセクションの 1 つで TFTP サーバを指定するフィールドを探します。セクションは、Cisco Unified Presence のバージョンにより異なります。
            • Cisco Jabber のセキュリティ設定(Cisco Jabber Security Settings)

            • CUPC グローバル設定(CUPC Global Settings)

            ステップ 4   次のフィールドで、プライマリおよびバックアップの TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
            • プライマリ TFTP サーバ(Primary TFTP Server)

            • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)

            • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)

            (注)     

            ホスト名の代わりに、完全修飾ドメイン名(FQDN)または TFTP サーバの IP アドレスを入力することを確認します。

            ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

            Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスの TFTP サーバの指定

            Cisco Unified Communications Managerバージョン 8.x を使用している場合は、次の手順を実行して、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service で TFTP サーバのアドレスを指定します。 Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x を使用している場合は、次の手順を実行する必要はありません。

            手順
              ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
              ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [レガシー クライアント(Legacy Clients)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

              [レガシー クライアントの設定(Legacy Client Settings)] ウィンドウが開きます。

              ステップ 3   [レガシー クライアントのセキュリティ設定(Legacy Client Security Settings)] セクションを探します。
              ステップ 4   次のフィールドで、プライマリおよびバックアップの TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
              • プライマリ TFTP サーバ(Primary TFTP Server)

              • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)

              • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)

              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

              電話モードでの TFTP サーバの指定

              電話モードでクライアントを展開する場合、TFTP サーバのアドレスを次のように指定できます。
              • ユーザはクライアントの起動時に、TFTP サーバ アドレスを手動で入力します。

              • TFTP 引数を使用してインストール時に TFTP サーバ アドレスを指定する。

              • Microsoft Windows レジストリで TFTP サーバ アドレスを指定する。

              Cisco WebEx Administration Tool を使用した TFTP サーバの指定

              クライアントが Cisco WebEx Messenger サービスに接続する場合は、Cisco WebEx Administration Tool を使用して TFTP サーバのアドレスを指定します。

              手順
                ステップ 1   Cisco WebEx Administration Tool を開きます。
                ステップ 2   [設定(Configuration)] タブを選択します。
                ステップ 3   [追加サービス(Additional Services)] セクションで [Unified Communications] を選択します。 [Unified Communications] ウィンドウが開きます。
                ステップ 4   [クラスタ(Clusters)] タブを選択します。
                ステップ 5   適切なクラスタをリストから選択します。 [クラスタの編集(Edit Cluster)] ウィンドウが開きます。
                ステップ 6   [Cisco Unified Communications Manager サーバの設定(Cisco Unified Communications Manager Server Settings)] セクションで [サーバの詳細設定(Advanced Server Settings)] を選択します。
                ステップ 7   [TFTP サーバ(TFTP Server)] フィールドでプライマリ TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
                ステップ 8   [バックアップ サーバ 1(Backup Server #1)] フィールドと [バックアップ サーバ 2(Backup Server #2)] フィールドでバックアップ TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
                ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。 [クラスタの編集(Edit Cluster)] ウィンドウが閉じます。
                ステップ 10   [Unified Communications] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。

                グローバル設定の作成

                展開に含まれるすべてのユーザに対してクライアントを設定します。

                メモ:

                複数の TFTP サーバがある環境の場合、すべての TFTP サーバで設定ファイルを同じにする必要があります。

                手順
                  ステップ 1   任意のテキスト エディタを使用して jabber-config.xml という名前のファイルを作成します。
                  • ファイル名には小文字を使用してください。

                  • UTF-8 エンコードを使用してください。

                  ステップ 2   jabber-config.xml で必須の設定パラメータを定義します。
                  • 設定ファイルの構造が有効でない場合、クライアントは設定した値を読み取ることができません。 詳細については、この章の XML サンプルを確認してください。
                  ステップ 3   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

                  グループ設定の作成

                  異なるセットのユーザに異なるクライアントの設定を適用します。

                  CSF デバイスをユーザにプロビジョニングする場合、デバイス構成の [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドでグループ設定ファイル名を指定します。

                  ユーザが CSF デバイスを持っていない場合は、TFTP_FILE_NAME 引数を使用したインストール時に各グループに一意の設定ファイル名を設定します。

                  はじめる前に
                  [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドは、Cisco Unified Communications Managerバージョン 8.6.x 以前には存在しません。 次のように COP ファイルを適用する必要があります。
                  1. Cisco Jabber 管理パッケージ をダウンロードします。
                  2. ciscocm.addcsfsupportfield.copCisco Jabber 管理パッケージからファイル システムにコピーします。
                  3. Cisco Unified Communications Managerciscocm.addcsfsupportfield.cop を展開します。

                    COP ファイルを展開する手順については、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

                  COP ファイルは、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [デスクトップ クライアントの設定(Desktop Client Settings)] セクションの CSF デバイスに [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドを追加します。
                  手順
                    ステップ 1   任意のテキスト エディタを使用して XML グループ設定ファイルを作成します。

                    グループ設定ファイルには、適切な名前を指定できます(例:jabber-groupa-config.xml)。

                    • ファイル名には小文字を使用してください。

                    • UTF-8 エンコードを使用してください。

                    ステップ 2   グループ設定ファイルで必須の設定パラメータを定義します。
                    • 設定ファイルの構造が有効でない場合、クライアントは設定した値を読み取ることができません。 詳細については、この章の XML サンプルを確認してください。
                    ステップ 3   グループ設定ファイルの名前を指定します。
                    1. [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                    2. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
                    3. グループ設定ファイルを適用する適切な CSF デバイスを検索して選択します。

                      [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                    4. [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] > [デスクトップ クライアントの設定(Desktop Client Settings)] に移動します。
                    5. configurationfile=group_configuration_file_name.xml を [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] に入力します。

                      たとえば、configurationfile=groupa-config.xml を入力します。

                      • 複数のエントリを区切るには、セミコロンを使用します。 複数のグループ設定ファイルは追加しないでください。 クライアントは [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドの最初のグループ設定のみを使用します。
                      • TFTP サーバ上でデフォルト ディレクトリ以外の場所にあるグループ設定ファイルをホストする場合は、パスとファイル名を指定する必要があります(例:configurationfile=/customFolder/groupa-config.xml)。
                    6. [保存(Save)] を選択します。
                    ステップ 4   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

                    設定ファイルのホスト

                    設定ファイルは任意の TFTP サーバでホストできます。 ただし、デバイス コンフィギュレーション ファイルが格納されているのと同じ Cisco Unified Communications Manager TFTP サーバで設定ファイルをホストすることを推奨します。

                    手順
                      ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の [Cisco Unified OS の管理(Cisco Unified OS Administration)] インターフェイスを開きます。
                      ステップ 2   [ソフトウェアのアップグレード(Software Upgrades)] > [TFTP ファイル管理(TFTP File Management)] を選択します。
                      ステップ 3   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。
                      ステップ 4   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションで [参照(Browse)] を選択します。
                      ステップ 5   ファイル システム上の設定ファイルを選択します。
                      ステップ 6   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションの [ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスに値を指定しないでください。

                      設定ファイルが TFTP サーバのデフォルト ディレクトリに格納されるように、[ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスの値は空のままにします。

                      ステップ 7   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。

                      TFTP サーバの再起動

                      クライアントが設定ファイルにアクセスできるようにするには、その前に TFTP サーバを再起動する必要があります。

                      手順
                        ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の [Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] インターフェイスを開きます。
                        ステップ 2   [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。
                        ステップ 3   [CM サービス(CM Services)] セクションから [Cisco Tftp] を選択します。
                        ステップ 4   [リスタート(Restart)] を選択します。

                        再起動の確認を求めるウィンドウが表示されます。

                        ステップ 5   [OK] を選択します。

                        「Cisco Tftp サービスの再起動操作が成功しました(Cisco Tftp Service Restart Operation was Successful)」というステータスが表示されます。

                        ステップ 6   [更新(Refresh)] を選択し、Cisco Tftp サービスが正常に起動していることを確認します。

                        次の作業

                        設定ファイルが TFTP サーバで使用できることを確認するには、任意のブラウザで設定ファイルを開きます。 通常、http://tftp_server_address:6970/jabber-config.xml の URL にあるグローバル設定ファイルにアクセスできます。

                        設定ファイルの構造

                        次の要素を含む XML 形式でクライアントの設定ファイルを作成します。

                        XML 宣言

                        設定ファイルは XML 標準に準拠し、次の宣言が含まれている必要があります。
                        <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

                        ルート要素

                        ルート要素、config にはすべてのグループ要素が含まれます。 次のようにしてルート要素にバージョン属性を追加する必要もあります。
                        <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                        <config version="1.0">
                        </config>

                        グループ要素

                        グループ要素には設定パラメータと値が含まれます。 ルート要素内にグループ要素をネストする必要があります。

                        グループ要素

                        次の表で、クライアントの設定ファイルで指定できるグループ要素について説明します。
                        要素 説明
                        Client

                        クライアントの設定パラメータが含まれます。

                        Directory

                        ディレクトリ統合の設定パラメータが含まれます。

                        Options

                        ユーザ オプションの設定パラメータが含まれます。

                        Phone

                        電話サービスの設定パラメータが含まれます。

                        Policies

                        ポリシーの設定パラメータが含まれます。

                        Presence

                        プレゼンス オプションの設定パラメータが含まれます。

                        Voicemail

                        ボイスメール サービスの設定パラメータが含まれます。

                        XML 構造

                        次のスニペットは、クライアントの設定ファイルの XML 構造を示します。
                        <Client>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Client>
                        <Directory>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Directory>
                        <Options>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Options>
                        <Phone>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Phone>
                        <Policies>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Policies>
                        <Presence>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Presence>
                        <Voicemail>
                          <parameter>value</parameter>
                        </Voicemail>

                        設定パラメータの概要

                        次の表は、クライアントの設定に含めることができるすべてのパラメータを示します。
                        パラメータ グループ要素
                        UpdateUrl Client
                        Forgot_Password_URL Client
                        Persistent_Chat_Enabled Client
                        Mention_P2Pchat Client
                        Mention_GroupChat Client
                        Mention_PersistentChat Client
                        spell_check_enabled Client
                        Set_Status_Away_On_Inactive Options
                        Set_Status_Inactive_Timeout Options
                        Set_Status_Away_On_Lock_OS Options
                        StartCallWithVideo Options
                        ShowContactPictures Options
                        ShowOfflineContacts Options
                        Callhistory_Expire_Days Options
                        DeviceAuthenticationPrimaryServer Phone
                        DeviceAuthenticationBackupServer Phone
                        TftpServer1 Phone
                        TftpServer2 Phone
                        CtiServer1 Phone
                        CtiServer2 Phone
                        useCUCMGroupForCti Phone
                        CcmcipServer1 Phone
                        CcmcipServer2 Phone
                        Meeting_Server_Address Phone
                        Meeting_Server_Address_Backup Phone
                        Meeting_Server_Address_Backup2 Phone
                        EnableDSCPPacketMarking Phone
                        EnableVideo Policies
                        InitialPhoneSelection Policies
                        UserDefinedRemoteDestinations Policies
                        Screen_Capture_Enabled Policies
                        File_Transfer_Enabled Policies
                        Disallowed_File_Transfer_Types Policies
                        EnableBFCPVideoDesktopShare Policies
                        Meetings_Enabled Policies
                        Telephony_Enabled Policies
                        Voicemail_Enabled Policies
                        EnableSIPURIDialling Policies
                        BDIDirectoryURI Policies
                        AlertOnAvailableEnabled Policies
                        ServiceDiscoveryExcludedServices Policies
                        VoiceServicesDomain Policies
                        ctiwindowbehaviour Policies
                        EnableCallPickup Policies
                        EnableGroupCallPickup Policies
                        EnableOtherGroupPickup Policies
                        EnableHuntGroup Policies
                        PreventDeclineOnHuntCall Policies
                        TelemetryEnabled Policies
                        TelemetryCustomerID Policies
                        TelemetryEnabledOverCellularData Policies
                        EnableTelProtocolPopupWindow Policies
                        EnableP2PDesktopShare Policies
                        Customize_Phone_Server Policies
                        Customize_Voicemail_Server Policies
                        ServicesDomainSsoEmailPrompt Policies
                        LoginResource Presence
                        PresenceServerAddress Presence
                        PresenceServerURL Presence
                        VoiceMailService_UseCredentialsFrom Voicemail
                        VVM_Mailstore_Server_0 Voicemail

                        設定例

                        以下は、オンプレミス展開ですべてのクライアントに対して使用される設定ファイルの例です。

                        <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                        <config version="1.0">
                         <Client>
                          <PrtLogServerUrl>http://server_name:port/path/prt_script.php</PrtLogServerUrl>
                          <jabber-plugin-config>
                           <browser-plugin>
                            <page refresh="true" preload="true">
                             <tooltip>Cisco</tooltip>
                             <icon>http://www.cisco.com/web/fw/i/logo.gif</icon>
                             <URL>www.cisco.com</URL>
                            </page>
                           </browser-plugin>
                          </jabber-plugin-config>
                          </Client>
                          <Options>
                            <Set_Status_Inactive_Timeout>20</Set_Status_Inactive_Timeout>
                            <StartCallWithVideo>false</StartCallWithVideo>
                          </Options>
                          <Policies>
                            <Disallowed_File_Transfer_Types>.exe;.msi</Disallowed_File_Transfer_Types>
                          </Policies>
                          <Directory>
                          <BDIPresenceDomain>example.com</BDIPresenceDomain>
                            <BDIPrimaryServerName>dir.example.com</BDIPrimaryServerName>
                            <BDISearchBase1>ou=staff,dc=example,dc=com</BDISearchBase1>
                            <BDIConnectionUsername>ad_jabber_access@example.com</BDIConnectionUsername>
                            <BDIConnectionPassword>jabber</BDIConnectionPassword>
                            <BDIPhotoUriSubstitutionEnabled>True</BDIPhotoUriSubstitutionEnabled>
                            <BDIPhotoUriSubstitutionToken>sAMAccountName</BDIPhotoUriSubstitutionToken>
                            <BDIPhotoUriWithToken>http://example.com/photo/sAMAccountName.jpg
                              </BDIPhotoUriWithToken> 
                          </Directory>
                        </config>

                        クライアント パラメータ

                        次の表に、Client要素内で指定できるパラメータを示します。
                        パラメータ 説明
                        UpdateUrl

                        URL

                        HTTP サーバ上の自動更新 XML 定義ファイルへの URL を指定します。 クライアントは、この URL を使用して更新 XML ファイルを取得します。

                        ハイブリッド クラウドベース展開では、自動更新を設定するために Cisco WebEx Administration Tool を使用する必要があります

                        Forgot_Password_URL

                        URL

                        パスワードを忘れた場合に、パスワードをリセットまたは取得するための Web ページの URL を指定します。

                        ハイブリッド クラウドベース展開では、Cisco WebEx Administration Tool を使用して、忘れてしまったパスワードをリセットまたは取得できる Web ページをユーザに指示する必要があります。

                        Persistent_Chat_Enabled

                        true

                        false

                        クライアントで [パーシステント チャット(Persistent Chat)] 機能を使用できるようにするかどうかを指定します。
                        true
                        値を true に設定すると、[パーシステント チャット(Persistent Chat)] インターフェイスがクライアントに表示されます。
                        false
                        デフォルト値は false です。 デフォルト値は設定ファイルに設定がない場合に使用されます。
                        Mention_P2Pchat

                        true

                        false

                        一対一のチャットで発言を有効にするかどうかを指定します。
                        true
                        一対一のチャットで発言を有効にします。
                        false
                        一対一のチャットで発言を無効にします。
                        Mention_GroupChat

                        true

                        false

                        グループ チャットで発言を有効化するかどうかを指定します。
                        true
                        グループ チャットで発言を有効にします。
                        false
                        グループ チャットで発言を無効にします。
                        Mention_PersistentChat

                        true

                        false

                        パーシステント チャットで発言を有効化するかどうかを指定します。
                        true
                        パーシステント チャットで発言を有効にします。
                        false
                        パーシステント チャットで発言を無効にします。
                        spell_check_enabled

                        true

                        false

                        クライアントでスペル チェックを有効にするかどうかを指定します。 スペル チェックは自動修正機能を備えており、ユーザは推奨リストから正しい単語を選択し、その単語を辞書に追加できます。 スペル チェックには次の制限があります。
                        • Cisco Jabber for Windows は Windows 8 でスペル チェックをサポートしています。

                        • スペル チェックでは、オペレーティング システムの言語の内蔵機能が使用されます。 Cisco Jabber for Windows クライアントの言語がオペレーティング システムの言語と異なる場合、スペル チェックではオペレーティング システムの言語が使用されます

                        • スペル チェックが有効になっている場合、「元に戻す」と「やり直し」用のショートカット キー(Ctrl+Z と Ctrl+Y)は機能しません。

                        true

                        スペル チェックは有効です。

                        false

                        スペルチェックは無効です。 これがデフォルト値です。

                        オプション パラメータ

                        次の表に、Options要素内で指定できるパラメータを示します。
                        パラメータ 説明
                        Set_Status_Away_On_Inactive

                        true

                        false

                        ユーザが非アクティブになったときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更するかどうかを指定します。
                        true

                        ユーザが非アクティブになると、アベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        ユーザが非アクティブになっても、アベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更されません。

                        Set_Status_Inactive_Timeout

                        分単位での時間

                        ユーザが非アクティブになった場合にアベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更される前の時間を分単位で設定します。

                        デフォルト値は 15 です。

                        Set_Status_Away_On_Lock_OS

                        true

                        false

                        ユーザがオペレーティング システムをロックしたときにアベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更するかどうかを指定します。
                        true

                        ユーザがオペレーティング システムをロックすると、アベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        ユーザがオペレーティング システムをロックしても、アベイラビリティ ステータスは [退席中(Away)] に変更されません。

                        StartCallWithVideo

                        true

                        false

                        ユーザがコールを発信するときに、コールがどのように開始されるかを指定します。 コールは、音声のみ、または音声とビデオにより開始できます。
                        true
                        コールは常に音声およびビデオで始まります。 これがデフォルト値です。
                        false
                        コールは常に音声のみで始まります。
                        重要:

                        サーバの設定は、このクライアントの設定ファイルのパラメータよりも優先されます。 ただし、ユーザがクライアントのユーザ インターフェイスでデフォルトのオプションを変更した場合、その設定はサーバとクライアントの両方よりも優先されます。

                        次のように、この設定をサーバで構成します。
                        Cisco Unified Presence
                        1. [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] インターフェイスを開きます。

                        2. [アプリケーション(Application)] > [Cisco Jabber] > [設定(Settings)] の順に選択します。

                        3. [ビデオは常にミュート状態で通話を開始(Always begin calls with video muted)] パラメータを選択または選択解除し、[保存(Save)] を選択します。

                        Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x 以降
                        1. [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。

                        2. [システム(System)] > [エンタープライズパラメータ(Enterprise Parameters)] を選択します。

                        3. [ビデオで通話を開始しない(Never Start Call with Video)] パラメータの値を設定し、[保存(Save)] を選択します。

                        ShowContactPictures

                        true

                        false

                        連絡先リストに連絡先画像を表示するかどうかを指定します。
                        true

                        連絡先リストに連絡先画像が表示されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        連絡先リストに連絡先画像が表示されません。

                        ShowOfflineContacts

                        true

                        false

                        連絡先リストにオフラインの連絡先を表示するかどうかを指定します。
                        true

                        連絡先リストにオフラインの連絡先が表示されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        連絡先リストにオフラインの連絡先は表示されません。

                        Callhistory_Expire_Days

                        日数

                        コール履歴が削除されるまでの日数を設定します。

                        値が 0 か、設定ファイルで値が指定されていない場合は、カウントが保存コールの最大数を超えるまでコール履歴は削除されません。

                        電話パラメータ

                        次の表に、Phone要素内で指定できるパラメータを示します。
                        パラメータ 説明
                        DeviceAuthenticationPrimaryServer

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        電話機モードの展開でユーザが認証を受ける Cisco Unified Communications Manager のプライマリ インスタンスのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                        • ホスト名(hostname

                        • IP アドレス(123.45.254.1

                        • FQDN(hostname.domain.com

                        DeviceAuthenticationBackupServer

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        電話機モードの展開でユーザが認証を受ける Cisco Unified Communications Manager のバックアップ インスタンスのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                        • ホスト名(hostname

                        • IP アドレス(123.45.254.1

                        • FQDN(hostname.domain.com

                        TftpServer1

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        デバイス コンフィギュレーション ファイルが配置されるプライマリ Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                        • ホスト名(hostname

                        • IP アドレス(123.45.254.1

                        • FQDN(hostname.domain.com

                        このパラメータは、次の場合にのみクライアントの設定で設定する必要があります。
                        • 電話機モードでクライアントを展開する場合。

                        • デバイス構成の TFTP サーバ アドレスは、クライアント設定の TFTP サーバ アドレスと異なります。

                          インストール時に、次の引数 TFTP を使用してクライアントの設定ファイルが配置される TFTP サーバのアドレスを設定する必要があります。

                        TftpServer2

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        セカンダリ Cisco Unified Communications Manager TFTP サービスのドレスを指定します。

                        このパラメータはオプションです。

                        CtiServer1

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        プライマリ CTI サーバのアドレスを指定します。

                        ユーザがデスクフォン デバイスを所有している場合は、クライアントの設定で CTI サーバ アドレスを指定する必要があります。

                        CtiServer2

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        セカンダリ CTI サーバのアドレスを指定します。

                        このパラメータはオプションです。

                        useCUCMGroupForCti

                        true

                        false

                        Cisco Unified CM グループが CTI サーバのロード バランシングを処理するかどうかを指定します。 次のいずれかの値を設定します。
                        true

                        Cisco Unified CM グループは CTI サーバのロード バランシングを処理します。

                        この値は、電話機モードの展開でのみ設定する必要があります。 フル UC モードでは、プレゼンス サーバが CTI ロード バランシングを自動的に処理します。

                        false

                        Cisco Unified CM グループは CTI サーバのロード バランシングを処理しません。 これがデフォルト値です。

                        CcmcipServer1

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        プライマリ CCMCIP サーバのアドレスを指定します。

                        このパラメータは、次の場合に必須です。
                        • CCMCIP サーバのアドレスが TFTP サーバのアドレスと異なる場合のみ。

                          CCMCIP サーバのアドレスが TFTP サーバのアドレスと同じ場合、クライアントは CCMCIP サーバに接続するために TFTP サーバのアドレスを使用できます。

                        • Cisco Unified Communications Manager バージョン 8.x での展開の場合。

                          Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降の展開では、_cisco-uds SRV レコードをプロビジョニングした場合、クライアントは CCMCIP サーバを検出できます。

                        CcmcipServer2

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        セカンダリ CCMCIP サーバのアドレスを指定します。

                        このパラメータはオプションです。

                        Meeting_Server_Address

                        Cisco WebEx 会議サイト URL

                        ユーザのプライマリ Cisco WebEx 会議サイト URL を指定します。

                        クライアントは、この会議サイトを [オプション(Options)] ウィンドウのユーザのホスト アカウントに入力します。 会議サイトでクレデンシャルが必要な場合、ユーザは自分のクレデンシャルを入力してホスト アカウントをセット アップし、自分の Cisco WebEx 会議にアクセスできます。

                        クライアントは、[設定(Preferences)] > [会議(Meetings)] ウィンドウにある、ユーザのホスト アカウントに会議サイトを入力します。 Cisco WebEx 会議サイトでクレデンシャルが必要な場合、ユーザは自分のクレデンシャルを入力してホスト アカウントをセット アップし、自分の会議サイトにアクセスできます。

                        重要:

                        無効な会議サイトを指定すると、ユーザはクライアント ユーザ インターフェイスで会議サイトを追加または編集できません。

                        このパラメータはオプションです。

                        Meeting_Server_Address_Backup

                        Cisco WebEx 会議サイト URL

                        ユーザのセカンダリ Cisco WebEx 会議サイト URL を指定します。

                        このパラメータはオプションです。

                        Meeting_Server_Address_Backup2

                        Cisco WebEx 会議サイト URL

                        ユーザのターシャリ Cisco WebEx 会議サイト URL を指定します。

                        このパラメータはオプションです。

                        EnableDSCPPacketMarking

                        true

                        false

                        DSCP マーキングがパケットに適用されるかどうか指定します。
                        true

                        DSCP マーキングは有効で、クライアントのチェックボックスは表示されません。

                        false

                        DSCP マーキングはパケットに対して実行されず、クライアントのチェックボックスは表示されません。

                        関連コンセプト

                        ポリシー パラメータ

                        ポリシー パラメータは特定のクライアントの機能を制御できるようにします。

                        社内ポリシー

                        オンプレミス展開において、Policies 要素内で指定できるパラメータを次の表で説明します。
                        パラメータ 説明
                        Screen_Capture_Enabled

                        true

                        false

                        ユーザが画面キャプチャを取得できるかどうかを指定します。
                        true
                        ユーザは画面キャプチャを取得できます。 これがデフォルト値です。
                        false
                        ユーザは画面キャプチャを取得できません。
                        File_Transfer_Enabled

                        true

                        false

                        ユーザが他のユーザとファイルを交換できるかどうかを指定します。
                        true
                        ユーザは他のユーザとファイルを交換できます。 これがデフォルト値です。
                        false
                        ユーザは他のユーザとファイルを交換できません。
                        Disallowed_File_Transfer_Types

                        ファイル拡張子

                        ユーザによる特定のファイル タイプの転送を制限します。

                        値として、.exe などのファイル拡張子を設定します。

                        複数のファイル拡張子を区切るには、セミコロンを使用します(例:.exe;.msi;.rar;.zip)。

                        Customize_Phone_Server

                        true

                        false

                        オンプレミス展開のクライアントで、ユーザは電話のサーバ設定を変更できます。 SAML SSO を展開する場合は、このパラメータを true に設定しないでください。電話のサーバ設定を変更すると、SSO の適切な動作が妨げられる可能性があるからです。
                        True

                        ユーザは電話のサーバ設定を変更できます。

                        False(デフォルト)

                        ユーザは電話のサーバ設定を変更できません。

                        Customize_Voicemail_Server

                        true

                        false

                        オンプレミス展開のクライアントで、ユーザはボイスメールのサーバ設定を変更できます。 SAML SSO を展開する場合は、このパラメータを true に設定しないでください。ボイスメールのサーバ設定を変更すると、SSO の適切な動作が妨げられる可能性があるからです。
                        True

                        ユーザはボイスメールのサーバ設定を変更できます。

                        False(デフォルト)

                        ユーザはボイスメールのサーバ設定を変更できません。

                        共通のポリシー

                        オンプレミス展開とハイブリッド クラウドベース展開の両方において、Policies 要素内で指定できるパラメータを次の表で説明します。
                        パラメータ 説明
                        EnableVideo

                        true

                        false

                        ビデオ機能を有効または無効にします。
                        true
                        ユーザはビデオ コールを発信および受信できます。 これがデフォルト値です。
                        false
                        ユーザはビデオ コールを発信または受信できません。
                        InitialPhoneSelection

                        デスクフォン

                        ソフトフォン

                        クライアント初回起動時のユーザの電話タイプを設定します。 初回起動後、ユーザは電話タイプを変更できます。 クライアントは、ユーザ設定を保存し、以降の起動でその設定を使用します。
                        デスクフォン
                        通話にデスクフォン デバイスを使用します。
                        ソフトフォン
                        通話にソフトフォン(CSF)デバイスを使用します。 これがデフォルト値です。
                        クライアントは次の順序でデバイスを選択します。
                        1. ソフトフォン デバイス

                        2. デスクフォン デバイス

                        ユーザにソフトフォン デバイスをプロビジョニングしない場合、クライアントはデスクフォン デバイスを自動的に選択します。
                        UserDefinedRemoteDestinations

                        true

                        false

                        ユーザは、クライアント インターフェイスを使用してリモート接続先を追加、編集、および削除できます。 拡張機能と接続機能をプロビジョニングしてデフォルトの動作を変更するには、このパラメータを使用します。

                        デフォルトでは、ユーザのデバイス リストに CTI リモート デバイスだけが含まれる場合、クライアントはユーザがリモート接続先を追加、編集、または削除できないようにします。 これは、割り当てられた専用のリモート デバイスをユーザが変更できないようにするためです。 ただし、ユーザのデバイス リストにソフトフォン デバイスまたはデスクフォン デバイスが含まれる場合、クライアントはユーザがリモート接続先を追加、編集、および削除できるようにします。

                        true
                        ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できます。
                        false
                        ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できません。 これがデフォルト値です。
                        EnableBFCPVideoDesktopShare

                        true

                        false

                        BFCP ビデオ デスクトップ共有機能を有効にします。
                        true

                        クライアントで BFCP ビデオ デスクトップ共有を有効にします。 これがデフォルト値です。

                        false

                        BFCP ビデオ デスクトップ共有を無効にします。

                        (注)      サーバで BFCP ビデオ デスクトップ共有を次の手順に従って有効にします。
                        • Cisco Unified Communications Manager バージョン 8.x 以降では、[BFCP を使用するプレゼンテーション共有を許可(Allow Presentation Sharing using BFCP)] チェックボックスを選択する必要があります。

                        • Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.x 以降では、BFCP ビデオ デスクトップ共有はデフォルトで有効になります。

                        Meetings_Enabled

                        true

                        false

                        クライアントで会議機能とユーザ インターフェイスを有効にします。
                        true

                        会議機能とユーザ インターフェイスを有効にします。 これがデフォルト値です。

                        false

                        会議機能とユーザ インターフェイスを無効にします。

                        Telephony_Enabled

                        true

                        false

                        クライアントで音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを有効にします。
                        true

                        音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを有効にします。 これがデフォルト値です。

                        false

                        音声およびビデオ機能とユーザ インターフェイスを無効にします。

                        本リリースにアップグレード中で、クライアントで IM 専用モードが有効になっている場合は、このパラメータを false に設定する必要があります。 IM 専用モードの展開でこのパラメータを設定しないと、ユーザ インターフェイスに無効化されたテレフォニー機能が表示されることがあります。

                        Voicemail_Enabled

                        true

                        false

                        クライアントでボイスメール機能とユーザ インターフェイスを有効にします。
                        true

                        ボイスメール機能とユーザ インターフェイスを有効にします。 これがデフォルト値です。

                        false

                        ボイスメール機能とユーザ インターフェイスを無効にします。

                        EnableSIPURIDialling

                        true

                        false

                        Cisco Jabber で URI ダイヤルを有効にして、ユーザが URI を使用して通話できるようにします。
                        true

                        ユーザは URI を使用して通話できます。

                        false

                        ユーザは URI を使用して通話できません。 これがデフォルト値です。

                        BDIDirectoryURI

                        ディレクトリ属性

                        ユーザの SIP URI を保持するディレクトリ属性を指定します。
                        オンプレミス展開
                        値として次のいずれかを設定します。
                        • mail

                        • msRTCSIP-PrimaryUserAddress

                        クラウドベース展開
                        値として次のいずれかを設定します。
                        • mail

                        • imaddress

                        • workphone

                        • homephone

                        • mobilephone

                        デフォルトでは、mail 属性が使用されます。

                        重要:

                        指定する値は Cisco Unified Communications Manager または Cisco WebEx Administration Tool のユーザのディレクトリ URI 設定と一致する必要があります。

                        AlertOnAvailableEnabled

                        true

                        false

                        ユーザがアベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加できるようにします。
                        true

                        ユーザはアベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加できます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        ユーザはアベイラビリティ ウォッチ リストに連絡先を追加できません。

                        ServiceDiscoveryExcludedServices

                        WEBEX

                        CUCM

                        CUP

                        サービス ディスカバリから特定のサービスを除外するかどうかを指定します。
                        WEBEX

                        この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

                        • CAS 検索を実行しません。

                        • _cisco-uds_cuplogin_collab-edge を検索します。

                        CUCM

                        この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

                        • _cisco_uds を検索しません。

                        • _cuplogin_collab-edge を検索します。

                        CUP

                        この値を設定すると、クライアントは次のように動作します。

                        • _cuplogin を検索しません。

                        • _cisco-uds_collab-edge を検索します。

                        カンマで区切った複数の値を指定して、複数のサービスを除外できます。 次に例を示します。
                        <ServiceDiscoveryExcludedServices>
                        WEBEX,CUCM
                        </ServiceDiscoveryExcludedServices>
                        
                        VoiceServicesDomain

                        FQDN

                        _collab-edge_cisco-uds の DNS SRV レコードを設定する DNS ドメインを表す完全修飾ドメイン名を指定します。
                        例:
                        次の DNS SRV レコードがあるとします。
                        • _collab-edge._tls.voice.example.com

                        • _cisco-uds._tcp.voice.example.com

                        VoiceServicesDomain の値は voice.example.com になります。

                        ctiwindowbehaviour

                        OnVideo

                        OnCall

                        なし(Never)

                        ユーザがデスクフォン制御モード(CTI モード)のときに着信コールに対して表示される通知ウィンドウの動作を指定します。
                        OnVideo
                        [通知(Notification)] ウィンドウが着信ビデオ コールについてだけ表示されます。

                        このオプションは Cisco Jabber for Mac ではサポートされません。

                        OnCall
                        [通知(Notification)] ウィンドウが着信コールについて常時表示されます。
                        なし(Never)
                        [通知(Notification)] ウィンドウは着信コールについて表示されません。
                        EnableCallPickup

                        true

                        false

                        ユーザが自分のコール ピック アップ グループ内のコールをピックアップできるかどうか指定します。
                        true

                        コール ピック アップを有効にします

                        false

                        コール ピック アップを無効にします

                        EnableGroupCallPickup

                        true

                        false

                        コール ピック アップ グループ番号を入力して、ユーザが別のコール ピックアップ グループの着信コールをピックアップできるかどうか指定します。
                        true

                        グループ コール ピック アップを有効にします

                        false

                        グループ コール ピック アップを無効にします

                        EnableOtherGroupPickup

                        true

                        false

                        ユーザが、自分のコール ピック アップ グループに関連付けられたグループ内の着信コールをピックアップできるかどうか指定します。
                        true

                        別グループ コール ピック アップを有効にします

                        false

                        別グループ コール ピック アップを無効にします

                        EnableHuntGroup

                        true

                        false

                        ユーザがハント グループにログインできるかどうか指定します。
                        true

                        ユーザは、ハント グループにログインできます。

                        false

                        ユーザは、ハント グループにログインできません。

                        PreventDeclineOnHuntCall

                        true

                        false

                        ハント グループの着信コールに対して [拒否(Decline)] ボタンを表示するかどうかを指定します。
                        true

                        ハント グループの着信コールに対して [拒否(Decline)] ボタンは表示されません。

                        false

                        ハント グループの着信コールに対して [拒否(Decline)] ボタンが表示されます。

                        TelemetryEnabled

                        true

                        false

                        分析データを収集するかどうかを指定します。
                        true

                        分析データが収集されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        分析データは収集されません。

                        TelemetryCustomerID

                        文字列

                        分析情報のソースを指定します。 これは、個々の顧客を明示的に識別する文字列、または顧客を識別することなく共通のソースを識別する文字列です。 Global Unique Identifier(GUID)生成ユーティリティを使用して 36 文字の一意の ID を生成するか、逆ドメイン名を使用することをお勧めします。 次のユーティリティで GUID を生成できます。
                        • Mac OS X:uuidgen

                        • Linux:uuidgen

                        • Microsoft Windows:[guid]::NewGuid().ToString() または(cmd.exe から)powershell -command "[guid]::NewGuid().ToString()"

                        • オンライン:guid.us

                        GUID の作成方法にかかわらず、この ID はグローバルに一意である必要があります。

                        TelemetryEnabledOverCellularData

                        true

                        false

                        分析データを Wi-Fi でのみ送信するかどうかを指定します。
                        true

                        分析データは Wi-Fi およびモバイル データ接続で送信されます。 これがデフォルト値です。

                        false

                        分析データは Wi-Fi 接続でのみ送信されます。

                        このパラメータはオプションです。
                        EnableTelProtocolPopupWindow

                        true

                        false

                        ユーザが ciscotel:uri 有効化番号をオンにした後に、コールの発信について確認を求めるポップアップ ウィンドウを有効にするか無効にするかを指定します。
                        true

                        ポップアップ ウィンドウを有効にした場合は、コールの発信についてユーザに確認を求めます。

                        false

                        ポップアップ ウィンドウを無効にすると、最初に確認を求めることなく、コールが発信されます。 これにより、予想外または不要なコールが発生する可能性があります。

                        ServicesDomainSsoEmailPrompt

                        オン

                        オフ

                        ユーザのホーム クラスタを決定する際に、ユーザに対して電子メール プロンプトを表示するかどうかを指定します。
                        オン

                        プロンプトが表示されます。 これがデフォルト値です。

                        オフ

                        プロンプトは表示されません。

                        EnableP2PDesktopShare

                        true

                        false

                        コール中でない場合、ユーザは画面を共有できます。
                        True(デフォルト)

                        ユーザは画面を共有できます。

                        いいえ(False)

                        ユーザはピアツーピアで画面を共有できません。

                        Cisco WebEx ポリシー

                        インスタント メッセージとプレゼンス機能のために Cisco WebEx Messenger サービスを使用する場合は、Cisco WebEx Administration Tool を介してクライアントのポリシーを設定できます。 使用可能なポリシーと説明の一覧については、「Using policy actions available in Cisco WebEx」を参照してください。

                        プレゼンス パラメータ

                        次の表に、Presence要素内で指定できるパラメータを示します。
                        パラメータ 説明
                        LoginResource

                        multiResource

                        wbxconnect

                        複数のクライアント インスタンスへのユーザ ログインを制御します。
                        multiResource

                        ユーザはクライアントの複数インスタンスに同時にログインできます。 これがデフォルト値です。

                        wbxconnect

                        ユーザは一度に 1 つのクライアントのインスタンスにログインできます。

                        クライアントはユーザの ID に wbxconnect サフィックスを付加します。 ユーザは、wbxconnect サフィックスを使用する他の Cisco Jabber クライアントにログインできません。

                        PresenceServerAddress

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        オンプレミス展開のプレゼンス サーバのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                        • ホスト名(hostname

                        • IP アドレス(123.45.254.1

                        • FQDN(hostname.domain.com

                        PresenceServerURL

                        CAS の URL

                        Cisco WebEx Messenger サービスの Central Authentication Service(CAS)の URL を指定します。 次の例は、値として設定できる URL です。

                        https://loginp.webexconnect.com/cas/sso/ex_org/orgadmin.app

                        サービス クレデンシャル パラメータ

                        ユーザが特定のサービスで認証を受ける必要をなくすために、サービス クレデンシャル パラメータを指定できます。

                        ボイスメール サービスのクレデンシャル

                        Voicemail 要素内で、ボイスメール サービスのクレデンシャルを設定するために、次のパラメータを指定できます。
                        パラメータ 説明
                        VoiceMailService_UseCredentialsFrom

                        phone

                        ボイスメール サービスにアクセスするために、クライアントが電話サービスのクレデンシャルを使用することを指定します。

                        ユーザの電話サービスのクレデンシャルが、ボイスメール サービスのクレデンシャルに一致することを確認します。 この設定を行うと、ユーザはクライアント インターフェイスでボイスメール サービスのクレデンシャルを指定できません。

                        デフォルトで、このパラメータは設定されていません。

                        このパラメータは、次の展開でのみ設定する必要があります。
                        • ハイブリッド クラウドベース展開。

                        • 電話機モードの展開。

                        オンプレミス展開では、プレゼンス サーバのボイスメール サービスのためにクレデンシャル ソースを設定する必要があります。

                        以下は、ボイスメール サービスのクレデンシャル パラメータの例です。
                        <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                        <config version="1.0">
                          <Voicemail>
                            <VoicemailService_UseCredentialsFrom>phone</VoicemailService_UseCredentialsFrom>
                          </Voicemail>
                        </config>

                        ボイスメール パラメータ

                        次の表に、Voicemail要素内で指定できるボイスメール サービスの設定パラメータを示します。
                        キー 説明
                        VVM_Mailstore_Server_0

                        ホストネーム

                        IP アドレス

                        FQDN

                        ボイスメール サーバのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                        • ホスト名(hostname

                        • IP アドレス(123.45.254.1

                        • FQDN(hostname.domain.com

                        ディレクトリ同期および認証のセットアップ

                        オンプレミス展開をセット アップするときは、次の両方を実行するように Cisco Unified Communications Manager を設定する必要があります。
                        • ディレクトリ サーバと同期する。

                        • ディレクトリ サーバで認証する。



                        ディレクトリ サーバと同期すると、連絡先データがディレクトリから Cisco Unified Communications Manager に複製されます。

                        ディレクトリ サーバによる認証を有効にすると、クライアントからディレクトリ サーバへの Cisco Unified Communications Manager プロキシ認証が可能になります。 これにより、ユーザは Cisco Unified Communications Manager やプレゼンス サーバではなく、ディレクトリ サーバで認証を受けます。

                        ディレクトリ サーバとの同期

                        ディレクトリ サーバとの同期により、ディレクトリ サーバ内の連絡先データが Cisco Unified Communications Manager に複製されます。

                        同期の有効化

                        ディレクトリ サーバと同期するための最初の手順は、Cisco Unified Communications Manager で同期を有効にすることです。
                        手順
                          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                          ステップ 2   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP システム(LDAP System)] を選択します。

                          [LDAP システムの設定(LDAP System Configuration)] ウィンドウが開きます。

                          ステップ 3   [LDAP システム情報(LDAP System Information)] セクションに移動します。
                          ステップ 4   [LDAP サーバからの同期を有効にする(Enable Synchronizing from LDAP Server)] を選択します。
                          ステップ 5   [LDAP サーバ タイプ(LDAP Server Type)] ドロップダウン リストから、データの同期元となるディレクトリ サーバのタイプを選択します。

                          次の作業

                          ユーザ ID の LDAP 属性を指定します。

                          ユーザ ID とディレクトリ URI の入力

                          LDAP ディレクトリ サーバと Cisco Unified Communications Manager を同期する場合、Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified Communications Manager IM and Presence Service の両方のデータベースのエンド ユーザの設定テーブルに次の値を含む属性を入力できます。
                          ユーザ ID

                          Cisco Unified Communications Manager でユーザ ID の値を指定する必要があります。 この値はデフォルトの IM アドレス スキームおよびユーザのログインに必要です。 デフォルト値は sAMAccountName です。

                          ディレクトリ URI(Directory URI)
                          次を予定している場合は、ディレクトリ URI の値を指定する必要があります。
                          • Cisco Jabber で URI ダイヤルを有効にする。

                          • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service バージョン 9.1(1) 以降でディレクトリ URI アドレス スキームを使用する。



                          Cisco Unified Communications Manager はディレクトリ ソースと同期するときに、ディレクトリ URI とユーザ ID の値を取得し、これらの値を Cisco Unified Communications Manager データベースのエンド ユーザの設定テーブルに入力します。

                          その後、Cisco Unified Communications Manager データベースは、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service データベースと同期されます。 このため、ディレクトリ URI とユーザ ID の値が Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service データベースのエンド ユーザの設定テーブルに入力されます。

                          ユーザ ID の LDAP 属性の指定

                          ディレクトリ ソースからユーザを Cisco Unified Communications Manager に同期する場合、ディレクトリ内の属性からユーザ ID を入力できます。 ユーザ ID を保持するデフォルトの属性は、sAMAccountName です。

                          手順
                            ステップ 1   [LDAP システムの設定(LDAP System Configuration)] ウィンドウで [ユーザ ID 用 LDAP 属性(LDAP Attribute for User ID)] ドロップダウン リストを探します。
                            ステップ 2   必要に応じて、ユーザ ID の属性を指定し、[保存(Save)] を選択します。
                            重要:

                            ユーザ ID の属性が sAMAccountName 以外で、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service でデフォルトの IM アドレス スキームを使用している場合は、次のようにクライアントの設定ファイルで BDIUserAccountName パラメータの値として属性を指定する必要があります。

                            <BDIUserAccountName>attribute-name</BDIUserAccountName>

                            設定で属性を指定せず、属性が sAMAccountName 以外の場合、クライアントはディレクトリ内の連絡先を解決できません。 この結果、ユーザはプレゼンスを取得せず、インスタント メッセージを送信または受信できません。


                            ディレクトリ URI の LDAP 属性の指定

                            Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.0(1) 以降では、ディレクトリの属性からディレクトリ URI に入力できます。 デフォルトの属性は msRTCSIP-primaryuseraddress です。

                            手順
                              ステップ 1   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] を選択します。
                              メモ:

                              LDAP ディレクトリを追加または編集するには、まず同期を有効にする必要があります。

                              ステップ 2   適切な LDAP ディレクトリを選択するか、[新規追加(Add New)] を選択して LDAP ディレクトリを追加します。
                              ステップ 3   [同期対象の標準ユーザ フィールド(Standard User Fields To Be Synchronized)] セクションを探します。
                              ステップ 4   [ディレクトリ URI(Directory URI)] ドロップダウン リストで、適切な LDAP 属性を選択します。
                              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                              同期の実行

                              ディレクトリ サーバを追加し、必要なパラメータを指定した後、Cisco Unified Communications Manager をディレクトリ サーバと同期できます。
                              はじめる前に
                              ご使用の環境にプレゼンス サーバが含まれる場合は、ディレクトリ サーバと同期する前に次の機能サービスがアクティブになっていて、開始されていることを確認する必要があります。
                              • Cisco Unified Presence:[Cisco UP Sync Agent]

                              • Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service:[Cisco Sync Agent]

                              このサービスは、プレゼンス サーバと Cisco Unified Communications Manager 間のデータの同期を維持します。 ディレクトリ サーバとの同期を実行すると、Cisco Unified Communications Manager は次にプレゼンス サーバとデータを同期します。 ただし、[Cisco Sync Agent] サービスがアクティブになっていて、開始されている必要があります。

                              手順
                                ステップ 1   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] を選択します。
                                ステップ 2   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] ウィンドウが開きます。

                                ステップ 3   [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] ウィンドウで必要な詳細情報を指定します。

                                指定できる値およびフォーマットの詳細については、Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

                                ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。
                                ステップ 5   [完全同期を今すぐ実施(Perform Full Sync Now)] を選択します。
                                (注)     

                                同期プロセスの完了までに要する時間は、ディレクトリ内のユーザの数によって異なります。 ユーザ数が数千にもなる大規模なディレクトリの同期を実施する場合、そのプロセスにはある程度の時間がかかると予想されます。


                                ディレクトリ サーバのユーザ データは、Cisco Unified Communications Manager データベースに同期されます。 Cisco Unified Communications Manager は、その後、プレゼンス サーバ データベースにユーザ データを同期します。

                                ディレクトリ サーバでの認証

                                ディレクトリ サーバで認証するために、Cisco Unified Communications Manager を設定する必要があります。 ユーザがクライアントにログインすると、プレゼンス サーバはその認証を Cisco Unified Communications Manager にルーティングします。 Cisco Unified Communications Manager は、その後、その認証をディレクトリ サーバに委任します。
                                手順
                                  ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                  ステップ 2   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP 認証(LDAP Authentication)] を選択します。
                                  ステップ 3   [エンドユーザ用 LDAP 認証の使用(Use LDAP Authentication for End Users)] を選択します。
                                  ステップ 4   必要に応じて、LDAP クレデンシャルとユーザ検索ベースを指定します。

                                  [LDAP 認証(LDAP Authentication)] ウィンドウのフィールドの詳細については、Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』を参照してください。

                                  ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                  ディレクトリ統合のためのクライアント設定

                                  ディレクトリ統合は、Cisco Unified Communications Manager 9 以降を使用してサービス プロファイルを介して、または設定ファイルで設定できます。 ここでは、ディレクトリ統合のためにクライアントを設定する方法について説明します。


                                  (注)  


                                  サービス プロファイルと設定ファイルがある場合は、サービス プロファイルの設定が優先されます。

                                  (注)  


                                  Cisco Unified Presence 8 のプロファイルは、ディレクトリ統合に使用することはできません。

                                  ディレクトリ統合を設定するタイミング


                                  ワンポイント アドバイス


                                  Active Directory ドメインに登録されているワークステーションに Cisco Jabber for Windows をインストールします。 この環境では、ディレクトリに接続するために Cisco Jabber for Windows を設定する必要はありません。 クライアントはディレクトリを自動的に検出し、そのドメインの グローバル カタログ サーバに接続します。


                                  連絡先ソースとして次のいずれかを使用する場合にのみ、ディレクトリに接続するように Cisco Jabber for Windows を設定する必要があります。
                                  • ドメイン コントローラ

                                  • Cisco Unified Communications Manager ユーザ データ サービス

                                  • OpenLDAP

                                  • Active Directory Lightweight Directory Service

                                  • Active Directory Application Mode

                                  必要に応じて、展開のニーズに合わせてディレクトリ統合を設定できます。これには、次のタスクが含まれます。
                                  • デフォルト属性マッピングを変更します。

                                  • ディレクトリのクエリー設定を調整します。

                                  • クライアントが連絡先写真を取得する方法を指定します。

                                  • イントラドメイン フェデレーションを実行します。

                                  サービス プロファイルでのディレクトリ統合の設定

                                  Cisco Unified Communications Manager バージョン 9 以降では、サービス プロファイルを使用してユーザをプロビジョニングし、_cisco-uds SRV レコードを内部ドメイン ネーム サーバ上に展開できます。

                                  その後、クライアントは Cisco Unified Communications Manager を自動的に検出し、ディレクトリ統合の設定を得るためにサービス プロファイルを取得できます。

                                  サポート サービス プロファイルにサービス ディスカバリをセット アップするには、次のことが必要になります。
                                  • 内部ドメインサーバに _cisco-uds SRV レコードを展開する。

                                  • クライアントがドメイン ネーム サーバ アドレスを解決できることを確認する。

                                  • クライアントが Cisco Unified Communications Manager のホスト名を解決できることを確認する。

                                  • クライアントが Cisco Unified Communications Manager の完全修飾ドメイン名(FQDN)を解決できることを確認する。

                                  Cisco Jabber は、Cisco Unified Communications Manager ユーザ データ サービス(UDS)をサポートしました。 LDAP を使用した Active Directory への接続による展開に加え、Jabber を Cisco Unified Communications Manager ユーザ データ サービス コンタクト検索サービスで展開することも可能になりました。 UDS サーバ使用時は、サーバのサイズ設定を考慮する必要があります。 Cisco Unified Communication ノードは、サーバがサポートする最大デバイス登録数の 50 % の UDS コンタクト サービス接続をサポートできます。

                                  サービス プロファイルでのディレクトリ統合を設定するには、次を実行します。

                                  手順
                                    ステップ 1   [Unified CM の管理(Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                    ステップ 2   ディレクトリ サービスを追加します。
                                    1. [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。 [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。
                                    2. [新規追加(Add New)] を選択します。 [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。
                                    3. [UC サービス タイプ(UC Service Type)] メニューから [ディレクトリ(Directory)] を選択し、[次へ(Next)] を選択します。
                                    4. ディレクトリ サービスの値をすべて適切に設定したら、[保存(Save)] を選択します。
                                    ステップ 3   サービス プロファイルにディレクトリ サービスを適用します。
                                    1. [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。 [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。
                                    2. [新規追加(Add New)] を選択します。 [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。
                                    3. ディレクトリ プロファイルにディレクトリ サービスを追加します。
                                    4. [保存(Save)] を選択します。

                                    [コンタクト解決に UDS を使用(Use UDS for Contact Resolution)] および [ログインしたユーザのクレデンシャルを使用(Use Logged On User Credential)] チェックボックスをオンにする必要はありません。

                                    ディレクトリ プロファイルと jabber-config.xml ファイルの両方を同時に使用する場合は、手動のサインインおよびサービス ディスカバリを除き、ディレクトリ プロファイルの設定が優先されて使用されます。

                                    手動でサインインすると、連絡先の検索のために LDAP サーバに接続する際にディレクトリ プロファイルから [ユーザ名(Username)] と [パスワード(Password)] を使用します。 [コンタクト解決に UDS を使用(Use UDS for Contact Resolution)] および [ログインしたユーザのクレデンシャルを使用(Use Logged On User Credential)] チェックボックスをオンにする必要はありません。 サービス ディスカバリの場合、オプション [コンタクト解決に UDS を使用(Use UDS for Contact Resolution)] は [DirectoryServerType] に影響を与えます。 チェックがオンの場合、UDS 検索が使用されます。それ以外の場合、BDI 検索が使用されます。

                                    サービス ディスカバリでは、連絡先を検索するために。ディレクトリ プロファイルの [ユーザ名(Username)][パスワード(Password)][SearchBase1][PrimaryServerName][ServerPort1][UriPrefix][UseJabberCredentials][BaseFilter][PredictiveSearchFilter][DirectoryServerType] を使用して LDAP サーバに接続します。

                                    一貫して動作させるために、ディレクトリ プロファイルと jabber-config.xml の両方の [ユーザ名(Username)] および [パスワード(Password)] をまったく同じものにすることを強く推奨します。


                                    ディレクトリ プロファイル パラメータ

                                    次の表は、ディレクトリ プロファイルで設定する必要のある設定パラメータを示します。

                                    ディレクトリ サービスの設定 説明
                                    プライマリ サーバ(Primary server)

                                    プライマリ ディレクトリ サーバのアドレスを指定します。

                                    このパラメータは、クライアントが自動的にディレクトリ サーバを検出できない手動接続に必要です。

                                    ユーザ名

                                    ディレクトリ サーバでの認証にクライアントが使用できる共有ユーザ名を手動で指定できるようにします。 このパラメータは、Microsoft Windows クレデンシャルを使用してディレクトリ サーバで認証できない展開でのみ使用する必要があります。

                                    このパラメータを使用する必要がある場合は、有名なクレデンシャルやパブリック セットのクレデンシャルのみを使用する必要があります。 また、クレデンシャルは読み取り専用権限を持つアカウントにリンクする必要があります。

                                    パスワード(Password)

                                    ディレクトリ サーバでの認証にクライアントが使用できる共有パスワードを手動で指定できるようにします。 このパラメータは、Microsoft Windows クレデンシャルを使用してディレクトリ サーバで認証できない展開でのみ使用する必要があります。

                                    このパラメータを使用する必要がある場合は、有名なクレデンシャルやパブリック セットのクレデンシャルのみを使用する必要があります。 また、クレデンシャルは読み取り専用権限を持つアカウントにリンクする必要があります。

                                    検索ベース 1(Search Base 1)

                                    検索が開始されるディレクトリ サーバの場所を指定します。 つまり、検索ベースはクライアントが検索を実行するルートです。

                                    デフォルトの場合、クライアントはディレクトリ ツリーのルートから検索を行います。 デフォルトの動作を上書きする場合は、最大 3 つの検索ベースの値を OU に指定することができます。

                                    Active Directory は通常、検索ベースを必要としません。 特定のパフォーマンス要件がある場合にのみ、Active Directory の検索ベースを指定します。

                                    ディレクトリ内の特定の場所へのバインディングを作成するには、Active Directory 以外のディレクトリ サーバに関しては検索ベースを指定する必要があります。

                                    ヒント   

                                    OU を指定すると、検索対象を特定のユーザ グループに制限することができます。

                                    たとえば、ユーザのサブセットがインスタント メッセージの機能だけを持っているとします。 これらのユーザを OU に含め、この OU を検索ベースとして指定します。

                                    属性のマッピング

                                    サービス プロファイルでデフォルトの属性マッピングを変更することはできません。 デフォルトの属性マッピングを変更するには、クライアントの設定ファイルで必要なマッピングを定義しなければなりません。

                                    ディレクトリ統合設定パラメータの概要

                                    次の表は、すべてのディレクトリ統合パラメータの概要を示しています。

                                    属性のマッピング

                                    次のパラメータは、LDAP ディレクトリ サーバでの属性のマッピングに使用されます。

                                    BDI パラメータ EDI パラメータ
                                    • BDICommonName

                                    • BDIDisplayName

                                    • BDIFirstname

                                    • BDILastname

                                    • BDIEmailAddress

                                    • BDISipUri

                                    • BDIPhotoSource

                                    • BDIBusinessPhone

                                    • BDIMobilePhone

                                    • BDIHomePhone

                                    • BDIOtherPhone

                                    • BDIDirectoryUri

                                    • BDITitle

                                    • BDICompanyName

                                    • BDIUserAccountName

                                    • BDIDomainName

                                    • BDICountry

                                    • BDILocation

                                    • BDINickname

                                    • BDIPostalCode

                                    • BDICity

                                    • BDIState

                                    • BDIStreetAddress

                                    • CommonName

                                    • DisplayName

                                    • Firstname

                                    • Lastname

                                    • EmailAddress

                                    • SipUri

                                    • PhotoSource

                                    • BusinessPhone

                                    • MobilePhone

                                    • HomePhone

                                    • OtherPhone

                                    • DirectoryUri

                                    • Title

                                    • CompanyName

                                    • UserAccountName

                                    • DomainName

                                    • Country

                                    • Location

                                    • Nickname

                                    • PostalCode

                                    • City

                                    • State

                                    • StreetAddress

                                    ディレクトリ サーバの接続

                                    これらのパラメータは、LDAP ディレクトリ サーバへの接続に使用されます。

                                    BDI パラメータ EDI パラメータ
                                    • BDILDAPServerType

                                    • BDIPresenceDomain

                                    • BDIPrimaryServerName

                                    • BDIServerPort1

                                    • BDIUseJabberCredentials

                                    • BDIConnectionUsername

                                    • BDIConnectionPassword

                                    • BDIEnableTLS

                                    • DirectoryServerType

                                    • ConnectionType

                                    • PrimaryServerName

                                    • SecondaryServerName

                                    • ServerPort1

                                    • ServerPort2

                                    • UseWindowsCredentials

                                    • ConnectionUsername

                                    • ConnectionPassword

                                    • UseSSL

                                    • UseSecureConnection

                                    連絡先の解決とディレクトリ クエリー

                                    これらのパラメータは、LDAP ディレクトリ サーバでの連絡先の解決とディレクトリ クエリーに使用されます。

                                    BDI パラメータ EDI パラメータ
                                    • BDIBaseFilter

                                    • BDIUseANR

                                    • BDIPredictiveSearchFilter

                                    • BDISearchBase1

                                    • BDIPhotoUriSubstitutionEnabled

                                    • BDIPhotoUriSubstitutionToken

                                    • BDIPhotoUriWithToken

                                    • BDIUseSIPURIToResolveContacts

                                    • BDIUriPrefix

                                    • BDIDirectoryUri

                                    • BDIDirectoryUriPrefix

                                    • BaseFilter

                                    • PredictiveSearchFilter

                                    • DisableSecondaryNumberLookups

                                    • PhoneNumberMasks

                                    • SearchTimeout

                                    • UseWildcards

                                    • MinimumCharacterQuery

                                    • SearchBase1、SearchBase2、SearchBase3、SearchBase4、SearchBase5

                                    • PhotoUriSubstitutionEnabled

                                    • PhotoUriSubstitutionToken

                                    • PhotoUriWithToken

                                    • UseSIPURIToResolveContacts

                                    • UriPrefix

                                    • DirectoryUri

                                    • DirectoryUriPrefix

                                    • IMAddresses

                                    • IMAddress

                                    UDS

                                    これらのパラメータは、連絡先ソースとして UDS とやり取りするために使用されます。

                                    • DirectoryServerType

                                    • PresenceDomain

                                    • UdsServer

                                    • UdsPhotoUriWithToken

                                    ディレクトリ サーバ タイプ パラメータ

                                    次のパラメータを使用して、ディレクトリ サーバ タイプを指定します。
                                    パラメータ 説明
                                    DirectoryServerType

                                    BDI

                                    EDI

                                    UDS

                                    使用するディレクトリ サーバの種類を指定します。
                                    BDI

                                    LDAP サーバに接続します。

                                    EDI

                                    LDAP サーバに接続します。

                                    UDS

                                    UDS に接続します。

                                    ディレクトリ統合パラメータ

                                    ここでは、LDAP ベースのディレクトリ統合に設定できるパラメータの詳細を示します。

                                    属性マッピングのパラメータ

                                    次の表に、LDAP ディレクトリ属性をマッピングするためのパラメータを示します。
                                    BDI パラメータ EDI パラメータ ディレクトリ属性 デフォルトで グローバル カタログ にある デフォルトでインデックス化されている デフォルトで Ambiguous Name Resolution(ANR)に設定されている
                                    BDICommonName CommonName cn Yes Yes No
                                    BDIDisplayName displayName displayName Yes Yes Yes
                                    BDIFirstname Firstname givenName Yes Yes Yes
                                    BDILastname Lastname sn Yes Yes Yes
                                    BDIEmailAddress EmailAddress mail Yes Yes Yes
                                    BDISipUri
                                    (注)     

                                    クライアントは、URI ダイヤルではなく、ドメイン内フェデレーションにこのパラメータを使用します。

                                    SipUri
                                    (注)     

                                    クライアントは、URI ダイヤルではなく、ドメイン内フェデレーションにこのパラメータを使用します。

                                    msRTCSIP-PrimaryUserAddress Yes Yes Yes
                                    BDIPhotoSource PhotoSource thumbnailPhoto No No No
                                    BDIBusinessPhone BusinessPhone telephoneNumber Yes No No
                                    BDIMobilePhone MobilePhone mobile Yes No No
                                    BDIHomePhone HomePhone homePhone Yes No No
                                    BDIOtherPhone OtherPhone otherTelephone Yes No No

                                    BDIDirectoryUri

                                    (注)      クライアントは、URI ダイヤルにこのパラメータを使用します。
                                    DirectoryURI
                                    (注)      クライアントは、URI ダイヤルにこのパラメータを使用します。
                                    mail Yes No No
                                    BDITitle Title title Yes No No
                                    BDICompanyName CompanyName company Yes Yes No
                                    BDIUserAccountName UserAccountName sAMAccountName Yes Yes Yes
                                    BDIDomainName DomainName

                                    EDI - userPrincipalName

                                    BDI - dn

                                    Yes Yes No
                                    BDICountry co Yes No No
                                    BDILocation Location

                                    EDI - co

                                    BDI - location

                                    Yes No No
                                    BDINickname Nickname displayName Yes Yes Yes
                                    BDIPostalCode PostalCode postalCode Yes No No
                                    BDICity City l Yes Yes No
                                    BDIState State st Yes Yes No
                                    BDIStreetAddress StreetAddress StreetAddress Yes No No
                                    ディレクトリ サーバの属性

                                    クライアントがコンタクトを解決できるように、LDAP ディレクトリ サーバの属性のインデックスを作成する必要があります。

                                    デフォルトの属性マッピングを使用する場合は、次の属性がインデックス化されていることを確認します。
                                    • sAMAccountName

                                    • displayName

                                    • sn

                                    • name

                                    • proxyAddresses

                                    • mail

                                    • department

                                    • givenName

                                    • telephoneNumber

                                      さらに、セカンダリ番号クエリーについては、次の属性もインデックス化する必要があります。
                                      • otherTelephone

                                      • mobile

                                      • homePhone


                                      (注)  


                                      セカンダリ番号クエリーは Cisco Jabber ではデフォルトで有効になっています。 セカンダリ番号クエリーは、DisableSecondaryNumberLookups パラメータで無効にすることができます。


                                    • msRTCSIP-PrimaryUserAddress

                                      ドメイン内フェデレーションのみ、msRTCSIP-PrimaryUserAddress をインデックス化する必要があります。

                                    クラインとはデフォルトで グローバル カタログ サーバに接続するため、すべての属性が グローバル カタログ サーバに常駐することを確認する必要があります。 Microsoft Active Directory Schema スナップインなどの適切なツールを使用すると、属性を グローバル カタログ サーバに複製できます。

                                    グローバル カタログ サーバに属性を複製すると、ドメイン内の Active Directory サーバ間にトラフィックが発生します。 このため、ネットワーク トラフィックが余分な負荷を処理できる場合は、グローバル カタログ サーバに属性を複製する必要があります。

                                    属性を グローバル カタログ サーバに複製しない場合は、Cisco Jabberドメイン コントローラ に接続するように設定できます。 ただし、クライアントが ドメイン コントローラ に接続するときは単一のドメインのみのクエリーを実行します。

                                    ディレクトリ接続パラメータ

                                    次の表に、LDAP ディレクトリ接続を設定するためのパラメータを示します。
                                    BDI パラメータ EDI パラメータ 説明
                                    ConnectionType

                                    0

                                    1

                                    クライアントが グローバル カタログ または ドメイン コントローラ に接続するかどうかを指定します。
                                    0
                                    グローバル カタログ に接続します。 これがデフォルト値です。
                                    1
                                    ドメイン コントローラ に接続します。
                                    (注)     
                                    デフォルト ポートは次のとおりです。
                                    • グローバル カタログ:3268

                                    • ドメイン コントローラ:389

                                    BDILDAPServerType

                                    AD

                                    OpenLDAP

                                    クライアントが接続する LDAP ディレクトリ サーバのタイプを指定します。
                                    AD

                                    Active Directory に接続します。 これがデフォルト値です。

                                    OpenLDAP

                                    OpenLDAP に接続します。

                                    BDIPresenceDomain

                                    プレゼンス サーバのドメイン

                                    必須パラメータです。 プレゼンス サーバのドメインを指定します。

                                    クライアントは、IM アドレスを作成するために、このドメインをユーザ ID に付加します。 たとえば、Adam McKenzie という名前のユーザのユーザ ID が amckenzie であるとします。 プレゼンス サーバ ドメインとして example.com を指定します。

                                    ユーザがログインすると、クライアントは Adam McKenzie 用に amckenzie@example.com という IM アドレス を作成します。

                                    BDIPrimaryServerName PrimaryServerName

                                    IP アドレス(IP Address)

                                    FQDN

                                    必須パラメータです。 プライマリ ディレクトリ サーバのアドレスを指定します。

                                    このパラメータは、クライアントが自動的にディレクトリ サーバを検出できない手動接続に必要です。

                                    (注)     
                                    クライアントは、起動するたびにプライマリ サーバに接続しようと試行します。 クライアントは次の場合に、セカンダリ サーバに接続しようと試行します。
                                    • プライマリ サーバが使用できない。

                                    • クライアントが接続すると、プライマリ サーバに障害が発生する。

                                    セカンダリ サーバに正常に接続できれば、クライアントは次回再起動されるまでセカンダリ サーバへの接続を保持します。

                                    クライアントが接続されているときに、セカンダリ サーバに障害が発生すると、クライアントはプライマリ サーバに接続しようと試行します。

                                    SecondaryServerName

                                    IP アドレス

                                    FQDN

                                    バックアップ ディレクトリ サーバのアドレスを指定します。

                                    このパラメータは、クライアントが自動的にディレクトリ サーバを検出できない手動接続に必要です。

                                    BDIServerPort1 ServerPort1

                                    ポート番号

                                    プライマリ ディレクトリ サーバのポートを指定します。

                                    ServerPort2

                                    ポート番号

                                    バックアップ ディレクトリ サーバのポートを指定します。

                                    UseWindowsCredentials

                                    0

                                    1

                                    クライアントが Microsoft Windows のユーザ名とパスワードを使用するかどうかを指定します。
                                    0
                                    Windows 認証情報を使用しないでください。

                                    クレデンシャルを BDIConnectionUsernameBDIConnectionPassword パラメータで指定します。

                                    1
                                    Windows 認証情報を使用します。 これがデフォルト値です。
                                    BDIUseJabberCredentials

                                    true

                                    false

                                    クライアントがプレゼンス サーバを使用してディレクトリ サーバにサイン インできるかどうかを指定します。

                                    True

                                    クライアントは次の順序でユーザ名とパスワードを検索します。

                                    1. クライアント設定ファイル(BDIConnectionUsername および BDIConnectionPassword)

                                    2. プレゼンス サーバ

                                    クレデンシャルが存在しない場合、クライアントは匿名サインインを試みます。

                                    False

                                    これがデフォルト値です。 クライアントは、設定ファイルの BDIConnectionUsername および BDIConnectionPassword の値を使用してサインインを試行します。 これらのパラメータが存在しない場合、クライアントは匿名サインインを試行します。

                                    BDIConnectionUsername ConnectionUsername

                                    ユーザ名(Username)

                                    ディレクトリ サーバでの認証にクライアントが使用できる共有ユーザ名を手動で指定できるようにします。

                                    重要:

                                    クライアントは、このユーザ名をプレーン テキストとして転送して保存します。

                                    デフォルトでは、Cisco Jabber for Windows は、ディレクトリ サーバに接続するときに統合 Windows 認証を使用します。 このパラメータは、ユーザの Microsoft Windows クレデンシャルを使用してディレクトリ サーバで認証できないシナリオで、ユーザ名を手動で指定できるようにします。

                                    このパラメータを使用する必要がある場合は、有名なクレデンシャルやパブリック セットのクレデンシャルのみを使用する必要があります。 統合に使用するアカウントは、ディレクトリに対する読み取り専用権限を持っている必要があります。

                                    BDIConnectionPassword ConnectionPassword

                                    パスワード

                                    ディレクトリ サーバでの認証にクライアントが使用できる共有パスワードを手動で指定できるようにします。

                                    重要:

                                    クライアントは、このパスワードをプレーン テキストとして転送して保存します。

                                    デフォルトでは、Cisco Jabber for Windows は、ディレクトリ サーバに接続するときに統合 Windows 認証を使用します。 このパラメータは、ユーザの Microsoft Windows クレデンシャルを使用してディレクトリ サーバで認証できないシナリオで、パスワードを手動で指定できるようにします。

                                    このパラメータを使用する必要がある場合は、有名なクレデンシャルやパブリック セットのクレデンシャルのみを使用する必要があります。 統合に使用するアカウントは、ディレクトリに対する読み取り専用権限を持っている必要があります。

                                    BDIEnableTLS

                                    true

                                    false

                                    ディレクトリの接続を保護するために TLS を使用します。
                                    true

                                    TLS を使用

                                    false

                                    TLS を使用しません。 これがデフォルト値です。

                                    UseSSL

                                    0

                                    1

                                    ディレクトリへのセキュア接続に SSL を使用します。
                                    0
                                    SSL を使用しません。 これがデフォルト値です。
                                    1
                                    SSL を使用します。
                                    SSL 接続の証明書が次の場所に存在する必要があります。
                                    • Microsoft Windows 証明書ストア。

                                    • クライアントが接続するディレクトリ サーバ。

                                    SSL 接続を確立するために、サーバはクライアントに証明書を提示します。 その後、クライアントはサーバの証明書をクライアント コンピュータのストアにある証明書に対して検証します。
                                    SSL 接続のデフォルト プロトコルおよびポートは、次のとおりです。
                                    グローバル カタログ
                                    • プロトコル:TCP
                                    • ポート番号:3269
                                    ドメイン コントローラ
                                    • プロトコル:TCP
                                    • ポート番号:636
                                    UseSecureConnection

                                    0

                                    1

                                    ディレクトリ サーバとの認証のメカニズムを指定します。
                                    0

                                    単純な認証を使用します。

                                    簡易バインドを使用してディレクトリ サーバに接続するには、この値を設定します。

                                    (注)     

                                    Simple Authentication では、クライアントはクレデンシャルをプレーン テキストとして転送します。 SSL を有効にして、UseSSL パラメータでクレデンシャルを暗号化できます。

                                    1

                                    Generic Security Service API(GSS-API)を使用します。 これがデフォルト値です。

                                    GSS-API はシステムの認証メカニズムを利用します。 Microsoft Windows 環境では、GSS-API は Kerberos ベースの Windows 認証を使用してディレクトリ サーバに接続できるようにします。

                                    ディレクトリ クエリー パラメータ

                                    次の表に、クライアントによる LDAP ディレクトリへのクエリー方法を設定するためのパラメータを示します。
                                    BDI パラメータ EDI パラメータ 説明
                                    BDIBaseFilter BaseFilter

                                    基本フィルタ

                                    Active Directory クエリーの基本フィルタを指定します。

                                    ディレクトリのサブキー名のみを指定し、ディレクトリへのクエリーの実行時にユーザ オブジェクト以外のオブジェクトを取得します。

                                    Cisco Jabber for iPhone and iPad のデフォルト値は、(&(objectCategory=person) です。

                                    他のクライアントのデフォルト値は、(&amp;(objectCategory=person)) です。

                                    設定ファイルには、有効な XML 文字実体参照のみを含めることができます。 カスタム基本フィルタを指定する場合には、& の代わりに &amp; を使用します。

                                    BDIUseANR

                                    true

                                    false

                                    予測検索の実行時に、Cisco Jabber が Ambiguous Name Resolution(ANR)を使用してクエリーを発行するかどうかを指定します。
                                    true

                                    予測検索に ANR を使用します。 これがデフォルト値です。

                                    OpenLDAP を使用する場合、デフォルト値は false です。

                                    false

                                    予測検索に ANR を使用しません。

                                    Active Directory 以外のディレクトリ ソースと統合する場合は、値を false に設定する必要があります。

                                    重要:

                                    クライアントがその属性を探すようにするためには、ディレクトリ サーバを設定して、ANR の属性を設定する必要があります。

                                    BDIPredictiveSearchFilter PredictiveSearchFilter

                                    サーチ フィルタ

                                    予測検索クエリーに適用するフィルタを定義します。

                                    検索クエリーをフィルタするために、複数のカンマ区切り値を定義できます。

                                    (注)      このキーは、BDIUseANR が false に設定されている場合に、Cisco Jabber for iPhone and iPad でのみ使用されます。 BDIPredictiveSearchFilter が設定されていない場合は、デフォルトの検索フィルタが使用されます。

                                    デフォルトの EDI 値は anr= です。

                                    Cisco Jabber for Windows では、予測検索が実行される際、Ambiguous Name Resolution(ANR)を使用したクエリーが発行されます。 このクエリーにより、検索文字列が明確化され、ディレクトリ サーバ上で ANR に対して設定された属性に合致する結果が返されます。
                                    重要:

                                    クライアントがその属性を探すようにするためには、ディレクトリ サーバを設定して、ANR の属性を設定する必要があります。

                                    DisableSecondaryNumberLookups

                                    0

                                    1

                                    携帯電話番号、自宅の電話番号、他の電話番号などの仕事用の番号を使用できない場合に、ユーザが代替連絡先番号を検索できるかどうかを指定します。
                                    0
                                    ユーザは代替連絡先番号を検索できます。 これがデフォルト値です。
                                    1
                                    ユーザは代替連絡先番号を検索できません。
                                    SearchTimeout

                                    秒数

                                    クエリのタイムアウト時間を秒数で指定します。

                                    デフォルト値は 5 です。

                                    UseWildcards

                                    0

                                    1

                                    ワイルドカード検索を有効にします。
                                    0
                                    ワイルドカードを使用しません。 これがデフォルト値です。
                                    1
                                    ワイルドカードを使用します。

                                    ワイルドカードを使用すると、ディレクトリの検索に時間がかかる場合があります。

                                    MinimumCharacterQuery

                                    数値

                                    ディレクトリのクエリーを行うために連絡先名の最小文字数を指定します。

                                    たとえば、このパラメータの値として 2 を設定した場合、ユーザが検索フィールドに少なくとも 2 文字を入力するとクライアントはディレクトリを検索します。

                                    デフォルト値は 3 です。

                                    BDISearchBase1 SearchBase1

                                    SearchBase2

                                    SearchBase3

                                    SearchBase4

                                    SearchBase5

                                    ディレクトリ ツリーで検索可能な組織単位(OU)

                                    検索が開始されるディレクトリ サーバの場所を指定します。 つまり、検索ベースはクライアントが検索を実行するルートです。

                                    デフォルトの場合、クライアントはディレクトリ ツリーのルートから検索を行います。 デフォルトの動作を上書きする場合は、最大 5 つの検索ベースの値を OU に指定することができます。

                                    Active Directory は通常、検索ベースを必要としません。 特定のパフォーマンス要件がある場合にのみ、Active Directory の検索ベースを指定します。

                                    ディレクトリ内の特定の場所へのバインディングを作成するには、Active Directory 以外のディレクトリ サーバに関しては検索ベースを指定する必要があります。

                                    ヒント   

                                    OU を指定すると、検索対象を特定のユーザ グループに制限することができます。

                                    たとえば、ユーザのサブセットがインスタント メッセージの機能だけを持っているとします。 これらのユーザを OU に含め、この OU を検索ベースとして指定します。

                                    基本フィルタの例

                                    次は、特定のロケーションやオブジェクトを検索する場合に使用できる基本フィルタの例です。

                                    特定のグループのみを検索する場合:

                                    (&amp;(objectClass=user)(memberOf=cn=group-name,ou=Groups,dc=example,dc=com))

                                    グループ内のネストされたグループを検索する場合:

                                    (&amp;(objectClass=user)(memberOf:search-oid:=cn=group-name,ou=Groups,dc=example,dc=com))

                                    有効なアカウントと管理者以外のアカウントのみを検索する場合:

                                    (&amp;(objectCategory=person)(objectClass=user)(!(userAccountControl:search-oid:=2))
                                    (!(sAMAccountName=*_dbo))(!(sAMAccountName=*-admin)))

                                    電話番号マスク パラメータ

                                    次の表に、電話番号の解決のためのマスクを設定するパラメータについて説明します。
                                    パラメータ 説明
                                    PhoneNumberMasks

                                    マスク文字列

                                    ユーザが電話番号を検索するときに使用するマスクを指定します。

                                    たとえば、ユーザが +14085550100 からのコールを受信するとします。 ディレクトリでは、この番号は +(1) 408 555 0100 です。

                                    +14081+(#) ### ### #### のマスクにより、番号を解決します。

                                    マスク文字列の長さは、レジストリ サブキー名のサイズ制限を超えることはできません。

                                    電話マスクは、クライアントでディレクトリを検索する前に電話番号に適用されます。 電話マスクを正しく設定すると、クエリーが完全に一致するため、ディレクトリ検索が成功し、ディレクトリ サーバのパフォーマンスへの影響が回避されます。

                                    次の表に、電話マスクに含めることができる要素を示します。
                                    要素 説明
                                    電話番号パターン

                                    番号パターンを設定してディレクトリから電話番号を取得します。

                                    電話マスクを追加するには、マスクを適用する番号パターンを指定します。

                                    たとえば、+1408 で始まる検索に対してマスクを指定するには、+1408|+(#) ### ### #### のマスクを使用します。

                                    桁数が同じでもパターンが異なる電話番号をマスクで処理できるようにするには、桁数が同じ複数のマスクを使用します。

                                    たとえば、会社にサイト A とサイト B があるとします。 各サイトでは、次のように電話番号の形式が異なる個別のディレクトリを管理します。
                                    • +(1) 408 555 0100
                                    • +1-510-5550101
                                    +1408|+(#) ### ### ####|+1510|+#-###-####### のマスクにより、両方の番号を正しく使用できます。
                                    パイプ記号(|

                                    番号パターンとマスクを区切ります。

                                    たとえば、+1408|+(#) ### ### ####|+34|+(##) ### #### です。

                                    ワイルドカード文字

                                    一致すると思われる文字のサブセットの代わりに 1 つ以上の文字を使用します。

                                    電話マスクで任意のワイルドカード文字を使用できます。

                                    たとえば、アスタリスク(*)は、1 つ以上の文字を表し、+3498|+##*##*###*#### のようにマスクに適用できます。 ワイルドカードとともにこのマスクを使用すると、電話番号検索で次のいずれかの形式と一致します。
                                    • +34(98)555 0199
                                    • +34 98 555-0199
                                    • +34-(98)-555.0199
                                    逆マスク

                                    番号パターンを右から左に適用します。

                                    たとえば、+34985590199 に +3498|R+34 (98) 559 #### のマスクを適用すると、+34 (98) 559 0199 が取得されます。

                                    順マスクと逆マスクの両方を使用できます。

                                    連絡先の写真のパラメータ

                                    次の表に、クライアントが LDAP ディレクトリから連絡先の写真を取得する方法を設定するパラメータを示します。
                                    BDI パラメータ EDI パラメータ 説明
                                    BDIPhotoUriSubstitutionEnabled PhotoUriSubstitutionEnabled

                                    true

                                    false

                                    写真 URI の代替が有効であるかどうかを指定します。
                                    true
                                    写真 URI の代替が有効。
                                    false
                                    写真 URI の代替が無効であるかどうかを指定します。 これがデフォルト値です。
                                    BDIPhotoUriSubstitutionToken PhotoUriSubstitutionToken

                                    ディレクトリ属性

                                    写真 URI に挿入するディレクトリ属性を指定します(sAMAccountName など)。

                                    PhotoURISubstitutionToken パラメータとの使用がサポートされているのは次の属性だけです。
                                    • Common Name

                                    • 表示名(Display Name)

                                    • Nickname

                                    • 電子メール アドレス(Email Address)

                                    • フォト ソース(Photo Source)

                                    • 会社電話(Business Phone)

                                    • 携帯電話(Mobile Phone)

                                    • 自宅電話(Home Phone)

                                    • 連絡先電話番号

                                    • 他の電話(Other Phone)

                                    • 役職(Title)

                                    • Company Name(会社名)

                                    • ユーザ アカウント名(User Account Name)

                                    • ドメイン名(Domain Name)

                                    • 参照先

                                    • 郵便番号(Post Code)

                                    • State

                                    • 市区町村郡(City)

                                    • 道路の

                                    BDIPhotoUriWithToken PhotoUriWithToken

                                    URI

                                    変数値として、ディレクトリ属性が付いた写真 URI を指定します。 次に例を示します。

                                    http://staffphoto.example.com/sAMAccountName.jpg

                                    パラメータは LDAP ディレクトリ統合に適用されます。

                                    写真 URI の代替を設定するには、BDIPhotoUriSubstitutionToken の値としてディレクトリ属性を設定します。

                                    制約事項:

                                    クライアントはクレデンシャルなしで、Web サーバから画像を取得できる必要があります。

                                    BDIPhotoSource PhotoSource ディレクトリ属性 連絡先の写真をバイナリ オブジェクトとしてまたは写真の URI の形で格納するディレクトリ属性の名前。
                                    連絡先の写真の取得

                                    Cisco Jabber では、次の方法で連絡先写真を取得して表示します。


                                    (注)  


                                    Active Directory で写真を変更すると、Cisco Jabber で写真が更新されるまで最大 24 時間かかることがあります。


                                    URI 置換

                                    Cisco Jabber によって、ディレクトリ属性と URL テンプレートを使用して連絡先写真の URL が動的に作成されます。

                                    この方法を使用するには、設定ファイルで次の値を設定します。
                                    1. BDIPhotoUriSubstitutionEnabled または PhotoUriSubstitutionEnabled パラメータの値として true を指定します。
                                    2. 動的トークンとして使用するディレクトリ属性を BDIPhotoUriSubstitutionToken または PhotoUriSubstitutionToken パラメータの値として指定します。 次の例を参考にしてください。
                                      <BDIPhotoUriSubstitutionToken>sAMAccountName</BDIPhotoUriSubstitutionToken>
                                      <PhotoUriSubstitutionToken>sAMAccountName</PhotoUriSubstitutionToken>
                                    3. BDIPhotoUriWithToken または PhotoUriWithToken パラメータの値として URL と動的トークンを指定します。 次の例を参考にしてください。
                                      <BDIPhotoUriWithToken>http://staffphoto.example.com/sAMAccountName.jpg</BDIPhotoUriWithToken>
                                      <PhotoUriWithToken>http://staffphoto.example.com/sAMAccountName.jpg</PhotoUriWithToken>

                                    上記の手順で例として示した値の場合、sAMAccountName 属性はディレクトリの msmith と解決されます。その後、 Cisco Jabber では、この値を取得してトークンを置換し、http://staffphoto.example.com/msmith.jpg の URL を作成します。

                                    バイナリ オブジェクト

                                    Cisco Jabber によって、データベースから写真のバイナリ データが取得されます。

                                    Active Directory のバイナリ オブジェクトを使用する場合は、BDIPhotoUriWithToken も PhotoUriWithToken も設定しません。

                                    この方法を使用して連絡先の写真を取得するには、設定で BDIPhotoSource または PhotoSource パラメータの値としてバイナリ データを含む属性を指定します。 次の例を参考にしてください。
                                    <BDIPhotoSource>jpegPhoto</BDIPhotoSource>
                                    <PhotoSource>thumbnailPhoto</PhotoSource>
                                    PhotoURL 属性

                                    Cisco Jabber によって、ディレクトリ属性から URL が取得されます。

                                    この方法を使用して連絡先の写真を取得するには、設定で BDIPhotoSource または PhotoSource パラメータの値として写真の URL を含む属性を指定します。 次の例を参考にしてください。
                                    <BDIPhotoSource>photoUri</BDIPhotoSource>
                                    <PhotoSource>photoUri</PhotoSource>

                                    UDS パラメータ

                                    次の表に、UDS への接続、および連絡先の解決とディレクトリのクエリーに使用できるパラメータを示します。
                                    パラメータ 説明

                                    PresenceDomain

                                    プレゼンス サーバのドメイン

                                    必須パラメータです。 プレゼンス サーバのドメインを指定します。

                                    クライアントは、IM アドレスを作成するために、このドメインをユーザ ID に付加します。 たとえば、Adam McKenzie という名前のユーザのユーザ ID が amckenzie であるとします。 プレゼンス サーバ ドメインとして example.com を指定します。

                                    ユーザがログインすると、クライアントは Adam McKenzie に amckenzie@example.com という IM アドレスを構築します。

                                    UdsServer

                                    IP アドレス

                                    FQDN

                                    Cisco Unified Communications Manager ユーザ データ サービスUDS)サーバのアドレスを指定します。

                                    このパラメータは、クライアントが自動的に UDS サーバを検出できない手動接続に必要です。

                                    UdsPhotoUriWithToken

                                    URI

                                    変数値としてディレクトリ属性を使用する、写真 URI を指定します(http://www.photo/url/path/%%uid%%.jpg など)。

                                    このパラメータは、UDS ディレクトリ統合に適用されます。 次のいずれかのケースで連絡先の写真をダウンロードするには、このパラメータを指定する必要があります。
                                    • DirectoryServerType パラメータを設定して UDS を使用する場合。 この設定では、企業のファイアウォールの内側または外側の場合に、クライアントは連絡先の解決に UDS を使用します。

                                    • Expressway for Mobile and Remote Access を導入した場合。 この設定では、企業のファイアウォールの内側または外側の場合に、クライアントは連絡先の解決に自動で UDS を使用します。

                                    制約事項:

                                    クライアントはクレデンシャルなしで、Web サーバから画像を取得できる必要があります。

                                    UDS を使用した連絡先写真の取得

                                    UDS によって、ディレクトリ属性と URL テンプレートを使用して連絡先写真の URL が動的に作成されます。

                                    UDS を使用して連絡先写真を解決するには、UdsPhotoUriWithToken パラメータの値として連絡先写真の URL の形式を指定します。 また、%%uid%% トークンを挿入して URL の連絡先のユーザ名を置換します。例:
                                    <UdsPhotoUriWithToken>http://server_name/%%uid%%.jpg</UdsPhotoUriWithToken>

                                    UDS によって、%%uid%% トークンが UDSuserName 属性に置換されます。 たとえば、Mary Smith という名前のユーザがディレクトリに存在するとします。 Mary Smith の userName 属性は msmith です。 Mary Smith の連絡先写真を解決するために、Cisco Jabber では userName 属性を取得して %%uid%% トークンを置換し、http://staffphoto.example.com/msmith.jpg の URL を作成します。


                                    (注)  


                                    Active Directory で写真を変更すると、Cisco Jabber で写真が更新されるまで最大 24 時間かかることがあります。


                                    重要:
                                    • Expressway for Mobile and Remote Access を導入している場合、ユーザが企業ネットワークの外部からサービスに接続するときに、クライアントは自動的に UDS を連絡先の解決に使用します。 UDS 連絡先の解決を Expressway for Mobile and Remote Access にセットアップする場合、連絡先写真をホストする Web サーバをご使用の Cisco Expressway-C サーバ コンフィギュレーションにある HTTP サーバの許可リストに追加する必要があります。 HTTP サーバの許可リストは、クライアントが社内ネットワーク内の Web サービスにアクセスできるようにします。

                                    • すべての連絡先写真は、UdsPhotoUriWithToken の値として指定した URL の形式に従っている必要があります。

                                    連絡先の写真の形式と寸法

                                    Cisco Jabber で最適な結果を得るには、連絡先の写真は特定の形式と寸法にする必要があります。 サポートされる形式と最適な寸法を確認してください。 クライアントが連絡先の写真に対して行う調整について説明します。

                                    連絡先の写真の形式

                                    Cisco Jabber では、ディレクトリ内の連絡先写真について次の形式をサポートしています。
                                    • JPG

                                    • PNG

                                    • BMP

                                    重要:

                                    Cisco Jabber では、GIF 形式の連絡先写真のレンダリングを向上させるための変更は適用されません。 その結果、GIF 形式の連絡先写真が不正にレンダリングされたり最適な品質にならない場合があります。 最適な品質を得るには、連絡先の写真として PNG 形式を使用する必要があります。

                                    連絡先の写真の寸法


                                    ヒント


                                    連絡先写真の最適な寸法は、アスペクト比 1:1 の 128 x 128 ピクセルです。

                                    Microsoft Outlook でのローカルの連絡先写真の最大寸法は 128 x 128 ピクセルです。


                                    次の表に、Cisco Jabber での連絡先写真のさまざまな寸法を示します。
                                    参照先 寸法

                                    音声コール ウィンドウ

                                    128 x 128 ピクセル

                                    次のような招待やリマインダ
                                    • 着信コール ウィンドウ

                                    • 会議リマインダ ウィンドウ

                                    64 x 64 ピクセル

                                    次のような連絡先のリスト
                                    • 連絡先リスト

                                    • 参加者リスト

                                    • コール履歴

                                    • ボイスメール メッセージ

                                    32 x 32 ピクセル

                                    連絡先の写真の調整

                                    Cisco Jabber は、次のように連絡先の写真を調整します。
                                    サイズ変更

                                    ディレクトリ内の連絡先写真が 128 x 128 ピクセル以外のサイズである場合、クライアントによって写真のサイズが自動的に変更されます。 たとえば、ディレクトリ内の連絡先写真が 64 x 64 ピクセルであるとします。 Cisco Jabber でディレクトリから連絡先写真を取得すると、その写真のサイズが 128 x 128 ピクセルに変更されます。


                                    ヒント


                                    連絡先写真のサイズ変更により、最適な解像度が得られない場合があります。 このため、クライアントによって連絡先写真のサイズが自動的に変更されないように、128 x 128 ピクセルの連絡先写真を使用してください。


                                    トリミング

                                    Cisco Jabber では、四角形以外の写真を四角形のアスペクト比(つまり、幅が高さと同じアスペクト比 1:1)に自動的にトリミングします。

                                    縦方向

                                    ディレクトリ内の連絡先写真が縦方向である場合、クライアントは上端から 30 %、下端から 70 % をトリミングします。

                                    たとえば、ディレクトリ内の連絡先写真が幅 100 ピクセル、高さ 200 ピクセルである場合、アスペクト比が 1:1 となるように Cisco Jabber で高さから 100 ピクセルをトリミングする必要があります。 この場合、クライアントは写真の上端から 30 ピクセルを、写真の下端から 70 ピクセルをトリミングします。

                                    横方向

                                    ディレクトリ内の連絡先写真が横方向である場合、クライアントは両方の側から 50 % をトリミングします。

                                    たとえば、ディレクトリ内の連絡先写真が幅 200 ピクセル、高さ 100 ピクセルである場合、アスペクト比が 1:1 となるように Cisco Jabber で幅から 100 ピクセルをトリミングする必要があります。 この場合、クライアントは写真の右側から 50 ピクセルを、写真の左側から 50 ピクセルをトリミングします。

                                    ディレクトリ サーバ設定の例

                                    ここでは、サポートされている統合シナリオについて説明し、設定の例を示します。

                                    ドメイン コントローラの接続

                                    ドメイン コントローラ に接続するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    ConnectionType 1
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <ConnectionType>1</ConnectionType>
                                    </Directory>

                                    手動のサーバ接続

                                    手動でディレクトリ サーバに接続するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    BDIPrimaryServerName

                                    FQDN

                                    IP アドレス

                                    BDIServerPort1 ポート番号
                                    SecondaryServerName

                                    FQDN

                                    IP アドレス

                                    ServerPort2 ポート番号
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>primary-server-name.domain.com</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIServerPort1>1234</BDIServerPort1>
                                      <SecondaryServerName>secondary-server-name.domain.com</SecondaryServerName>
                                      <ServerPort2>5678</ServerPort2>
                                    </Directory>

                                    UDS の統合

                                    UDS と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType UDS
                                    UdsServer UDS サーバの IP アドレス
                                    UdsPhotoUriWithToken 連絡先写真の URL
                                    PresenceDomain
                                    (注)      このパラメータを使用するのは、電話機モードだけです。
                                    既存ドメインのサーバ アドレス

                                    (注)  


                                    すべての連絡先(企業ファイアウォール内外)の解決に UDS を使用する場合にのみ、DirectoryServerType パラメータを UDS に設定することが必要です。


                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>UDS</DirectoryServerType>
                                      <UdsServer>11.22.33.444</UdsServer>
                                      <UdsPhotoUriWithToken>http://server-name/%%uid%%.jpg</UdsPhotoUriWithToken>
                                    </Directory>

                                    Expressway for Mobile and Remote Access の LDAP 統合

                                    LDAP ディレクトリを使用して Expressway for Mobile and Remote Access を展開する場合、クライアントは次のものを使用します。
                                    • 企業ファイアウォール内では LDAP

                                    • 企業ファイアウォール外では UDS


                                    (注)  


                                    LDAP はデフォルト設定であるため、クライアント コンフィギュレーション ファイルに DirectoryServerType パラメータを含める必要はありません。


                                    クライアントが企業ファイアウォールの内側でも外側でも連絡先写真を解決できるよう、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    BDIPhotoUriWithToken 企業ファイアウォール内での連絡先写真 URL
                                    UdsPhotoUriWithToken 企業ファイアウォール外での連絡先写真 URL
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <BDIPhotoUriWithToken>http://staffphoto.example.com/sAMAccountName.jpg
                                          </BDIPhotoUriWithToken>
                                      <UdsPhotoUriWithToken>http://server-name/%%uid%%.jpg</UdsPhotoUriWithToken>
                                    </Directory>

                                    単純な認証:デスクトップ クライアント向け

                                    単純な認証では、次の設定例のように簡易バインドを使用してディレクトリ サーバに接続することができます。
                                    <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                    <UseSSL>0</UseSSL>
                                    <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                                    <BDIConnectionUsername>username</BDIConnectionUsername>
                                    <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    この設定は、クライアントに対して次を指定します。
                                    • Microsoft Windows クレデンシャルを使用しない。

                                    • SSL を使用しない。

                                    • 単純な認証を使用する。

                                    • カスタム クレデンシャルを使用する。

                                    簡易バインドのため、クライアントはバインド要求のペイロード内のクレデンシャルをプレーン テキストで送信します。

                                    単純な認証:モバイル クライアント向け

                                    単純な認証では、次の設定例のように簡易バインドを使用してディレクトリ サーバに接続することができます。

                                    <BDIEnableTLS>False</BDIEnableTLS>
                                    <BDIConnectionUsername>username</BDIConnectionUsername>
                                    <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    <BDIServerPort1>389/3268</BDIServerPort1>
                                    この設定は、クライアントに対して次を指定します。
                                    • SSL を使用しない。

                                    • 単純な認証を使用する。

                                    • カスタム クレデンシャルを使用する。

                                    • TLS 以外にポート 389/3268 を使用する。

                                    簡易バインドのため、クライアントはバインド要求のペイロード内のクレデンシャルをプレーン テキストで送信します。

                                    SSL を使用した単純な認証:デスクトップ クライアント向け

                                    UseSSL パラメータを使用し、ディレクトリ サーバ接続で SSL を有効にします。 単純な認証の使用時には、次の設定例のようにクレデンシャルの暗号化に SSL を使用できます。
                                    <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                    <UseSSL>1</UseSSL>
                                    <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                                    <BDIConnectionUsername>username</BDIConnectionUsername>
                                    <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    この設定は、クライアントに対して次を指定します。
                                    • Microsoft Windows クレデンシャルを使用しない。

                                    • SSL を使用する。

                                    • 単純な認証を使用する。

                                    • カスタム クレデンシャルを使用する。

                                    このため、クライアントは、クライアントの設定でクレデンシャルの暗号化に SSL を使用します。

                                    SSL を使用した単純な認証:モバイル クライアント向け

                                    BDIEnableTLS パラメータを使用し、ディレクトリ サーバ接続で SSL を有効にします。 単純な認証の使用時には、次の設定例のようにクレデンシャルの暗号化に SSL を使用できます。
                                    <BDIEnableTLS>True</BDIEnableTLS>
                                    <BDIConnectionUsername>username</BDIConnectionUsername>
                                    <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    <BDIServerPort1>636/3269</BDIServerPort1>
                                    この設定は、クライアントに対して次を指定します。
                                    • SSL を使用する。

                                    • 単純な認証を使用する。

                                    • カスタム クレデンシャルを使用する。

                                    • TLS にポート 636/3269 を使用する。

                                    このため、クライアントは、クライアントの設定でクレデンシャルの暗号化に SSL を使用します。

                                    OpenLDAP の統合

                                    匿名バインドや認証済みバインドを使用して、OpenLDAP と統合できます。

                                    デスクトップ クライアントの匿名バインド
                                    匿名バインドを使用して、OpenLDAP と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    ConnectionType 1
                                    BDIPrimaryServerName IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    UseWindowsCredentials 0
                                    UseSecureConnection 1
                                    BDISearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート
                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDIBaseFilter ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。
                                    BDIPredictiveSearchFilter uid または他の検索フィルタ
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <ConnectionType>1</ConnectionType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                      <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                      <BDIUserAccountName>uid</BDIUserAccountName>
                                      <BDIBaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BDIBaseFilter>
                                      <BDIPredictiveSearchFilter>uid</BDIPredictiveSearchFilter>
                                    </Directory>
                                    モバイル クライアントの匿名バインド
                                    匿名バインドを使用して、OpenLDAP と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType BDI
                                    BDILDAPServerType OpenLDAP
                                    BDIPrimaryServerName

                                    IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    BDIEnableTLS True
                                    BDISearchBase1

                                    ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート

                                    BDIServerPort1 プライマリ ディレクトリ サーバのポート
                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDIBaseFilter

                                    ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。

                                    BDIPredictiveSearchFilter (任意) uid または他の検索フィルタ
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>BDI</DirectoryServerType>
                                      <BDILDAPServerType>OpenLDAP</BDILDAPServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIEnableTLS>True</BDIEnableTLS>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                      <BDIServerPort1>636/3269</BDIServerPort1>
                                      <BDIUserAccountName>uid</BDIUserAccountName>
                                      <BDIBaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BDIBaseFilter>
                                      <BDIPredictiveSearchFilter>uid</BDIPredictiveSearchFilter>
                                    </Directory>
                                    デスクトップ クライアントの認証済みバインド
                                    認証済みバインドを使用して、OpenLDAP と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    ConnectionType 1
                                    BDIPrimaryServerName IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    UseWindowsCredentials 0
                                    UseSecureConnection 0
                                    BDISearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート
                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDIBaseFilter ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。
                                    BDIPredictiveSearchFilter uid または他の検索フィルタ
                                    BDIConnectionUsername ユーザ名
                                    BDIConnectionPassword パスワード
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <ConnectionType>1</ConnectionType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                      <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                      <BDIUserAccountName>uid</BDIUserAccountName>
                                      <BDIBaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BDIBaseFilter>
                                      <BDIPredictiveSearchFilter>uid</BDIPredictiveSearchFilter>
                                      <BDIConnectionUsername>cn=lds-read-only-user,dc=cisco,dc=com</BDIConnectionUsername>
                                      <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    </Directory>
                                    モバイル クライアントの認証済みバインド
                                    認証済みバインドを使用して、OpenLDAP と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType BDI
                                    BDILDAPServerType OpenLDAP
                                    BDIPrimaryServerName

                                    IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    BDIEnableTLS False
                                    BDISearchBase1

                                    ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート

                                    BDIServerPort1

                                    プライマリ ディレクトリ サーバのポート

                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDIBaseFilter

                                    ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。

                                    BDIPredictiveSearchFilter (任意) uid または他の検索フィルタ
                                    BDIConnectionUsername ユーザ名
                                    BDIConnectionPassword パスワード
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>BDI</DirectoryServerType>
                                      <BDILDAPServerType>OpenLDAP</BDILDAPServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIEnableTLS>False</BDIEnableTLS>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                      <BDIServerPort1>389/3268</BDIServerPort1>
                                      <BDIUserAccountName>uid</BDIUserAccountName>
                                      <BDIBaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BDIBaseFilter>
                                      <BDIPredictiveSearchFilter>uid</BDIPredictiveSearchFilter>
                                      <BDIConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</BDIConnectionUsername>
                                      <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                    </Directory>

                                    AD LDS の統合

                                    特定の設定を使用すると、AD LDS または ADAM と統合できます。

                                    匿名バインド
                                    匿名バインドを使用して、AD LDS または ADAM と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    BDIPrimaryServerName IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    BDIServerPort1 ポート番号
                                    UseWindowsCredentials 0
                                    UseSecureConnection 1
                                    BDISearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIServerPort1>50000</BDIServerPort1>
                                      <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                      <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                                      <BDISearchBase1>dc=adam,dc=test</BDISearchBase1>
                                    </Directory>
                                    Windows のプリンシパル ユーザ認証
                                    Microsoft Windows プリンシパル ユーザの認証を使用して、AD LDS または ADAM と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    BDIPrimaryServerName IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    BDIServerPort1 ポート番号
                                    UseWindowsCredentials 0
                                    UseSecureConnection 1
                                    BDIConnectionUsername ユーザ名
                                    BDIConnectionPassword パスワード
                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDISearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIServerPort1>50000</BDIServerPort1>
                                      <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                      <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                                      <BDIConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</BDIConnectionUsername>
                                      <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                      <BDIUserAccountName>cn</BDIUserAccountName>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                    </Directory>
                                    AD LDS のプリンシパル ユーザ認証
                                    AD LDS プリンシパル ユーザの認証を使用して、AD LDS または ADAM と統合するには、次のパラメータを設定します。
                                    パラメータ
                                    DirectoryServerType EDI
                                    BDIPrimaryServerName IP アドレス

                                    ホストネーム

                                    BDIServerPort1 ポート番号
                                    UseWindowsCredentials 0
                                    UseSecureConnection 0
                                    BDIConnectionUsername ユーザ名
                                    BDIConnectionPassword パスワード
                                    BDIUserAccountName uid または cn などの固有識別子
                                    BDISearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート
                                    設定例を次に示します。
                                    <Directory>
                                      <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                                      <BDIPrimaryServerName>11.22.33.456</BDIPrimaryServerName>
                                      <BDIServerPort1>50000</BDIServerPort1>
                                      <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                                      <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                                      <BDIConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</BDIConnectionUsername>
                                      <BDIConnectionPassword>password</BDIConnectionPassword>
                                      <BDIUserAccountName>cn</BDIUserAccountName>
                                      <BDISearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</BDISearchBase1>
                                    </Directory>

                                    フェデレーション

                                    フェデレーションは Cisco Jabber ユーザが、異なるシステムでプロビジョニングされたユーザや Cisco Jabber 以外のクライアント アプリケーションを使用しているユーザと通信できるようにします。

                                    ドメイン間フェデレーション

                                    ドメイン間フェデレーションでは、エンタープライズ ドメイン内の Cisco Jabber ユーザは、他のドメイン内のユーザとアベイラビリティを共有し、それらのユーザにインスタント メッセージを送信できます。

                                    • Cisco Jabber ユーザは、他のドメインの連絡先を手動で入力する必要があります。
                                    • Cisco Jabber では、以下とのフェデレーションがサポートされています。
                                      • Microsoft Office Communications Server
                                      • Microsoft Lync
                                      • IBM Sametime
                                      • XMPP 標準ベースの環境Google Talk など)

                                      • AOL Instant Messenger

                                    Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service 上に Cisco Jabber のドメイン間フェデレーションを設定します。 詳細については、該当するサーバのドキュメントを参照してください。

                                    ドメイン内フェデレーション

                                    ドメイン内フェデレーションでは、同じドメイン内のユーザはアベイラビリティを共有し、Cisco Unified PresenceMicrosoft Office Communications ServerMicrosoft Live Communications Server、または他のプレゼンス サーバ間でインスタント メッセージを送信できます。

                                    ドメイン内フェデレーションを使用すると、ユーザを別のプレゼンス サーバから Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications IM and Presence に移行できます。 このため、プレゼンス サーバ上で Cisco Jabber のドメイン内フェデレーションを設定します。 詳細については、次のマニュアルを参照してください。
                                    • Cisco Unified Presence『Integration Guide for Configuring Partitioned Intradomain Federation for Cisco Unified Presence Release 8.6 and Microsoft LCS/OCS』

                                    • Cisco Unified Communications IM and Presence『Partitioned Intradomain Federation for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』

                                    イントラドメイン フェデレーションの設定

                                    プレゼンス サーバでのイントラドメイン フェデレーションの設定に加えて、Cisco Jabber 設定ファイルでいくつかの設定が必要になる場合があります。

                                    連絡先の検索時に連絡先を解決したり、ディレクトリから連絡先情報を取得したりするには、Cisco Jabber で各ユーザの連絡先 ID が必要です。 Cisco Unified Presence では、Microsoft Office Communications ServerMicrosoft Live Communications Server などの他のプレゼンス サーバの形式と常に一致するとは限らない連絡先情報を解決するために特定の形式を使用します。

                                    手順
                                      ステップ 1   BDIUseSIPURIToResolveContacts パラメータの値を true に設定します。
                                      ステップ 2   Cisco Jabber で使用する連絡先 ID が含まれている属性を指定し、連絡先情報を BDISipUri パラメータの値として取得します。 デフォルト値は msRTCSIP-PrimaryUserAddress です。
                                      (注)     
                                      イントラドメイン フェデレーションを展開し、クライアントがファイアウォールの外から Expressway for Mobile and Remote Access に接続する場合、連絡先の検索はコンタクト ID が次のいずれかのフォーマットを使用している場合にのみサポートされます。
                                      • sAMAccountName@domain

                                      • UserPrincipleName(UPN)@domain

                                      • EmailAddress@domain

                                      • employeeNumber@domain

                                      • telephoneNumber@domain

                                      ステップ 3   各連絡先 ID のプレフィックスとなるテキストを BDIUriPrefix パラメータの値として設定します。

                                      プレフィックスとは、連絡先 ID のユーザ名の前にあるテキストです。

                                      たとえば、msRTCSIP-PrimaryUserAddressBDISipUri の値として指定します。 ディレクトリにおける各ユーザの msRTCSIP-PrimaryUserAddress の値は、sip:username@domain の形式になります。


                                      次の XML スニペットに、設定の例を示します。
                                      <Directory>
                                        <BDIUseSIPURIToResolveContacts>true</BDIUseSIPURIToResolveContacts>
                                        <BDISipUri>non-default-attribute</BDISipUri>
                                        <BDIUriPrefix>sip:</BDIUriPrefix>
                                      </Directory>

                                      ドメイン内フェデレーションの例

                                      このトピックでは、BDISipUriBDIUseSIPURIToResolveContacts、および BDIUriPrefix の各パラメータを使用したドメイン内フェデレーションの連絡先を解決する例について説明します。

                                      この例では、次のように設定されています。
                                      • BDISipUri パラメータの値は msRTCSIP-PrimaryUserAddress です。

                                      • BDIUseSIPURIToResolveContacts パラメータの値は true です。

                                      • BDIUriPrefix パラメータの値は sip: です。

                                      • ディレクトリには、Mary Smith という名前のユーザの msRTCSIP-PrimaryUserAddress 属性の値として sip:msmith@domain.com が含まれています。

                                      Cisco Jabber によるディレクトリに接続した連絡先情報の解決
                                      1. プレゼンス サーバが msmith@domain.comCisco Jabber に渡します。

                                      2. Cisco Jabber により、sip:msmith@domain.com に付加されてから、ディレクトリへのクエリーが実行されます。

                                      3. sip:msmith@domain.commsRTCSIP-PrimaryUserAddress 属性の値と一致します。

                                      4. Cisco Jabber により、Mary Smith の連絡先情報が取得されます。

                                      Cisco Jabber による Mary Smith の検索

                                      Cisco Jabber により、sip:msmith@domain.com から sip: のプレフィックスが削除され、msmith@domain.com の連絡先 ID が取得されます。

                                      常設チャット ルームの管理とモデレータ管理


                                      (注)  


                                      常設チャット ルームとその管理は、オンプレミス展開専用です。

                                      ルームの作成、モデレータの委任、メンバーの指定を行うことで、Jabber クライアントから常設チャット ルームを管理します。 ルームを作成するノードは自動的に作成されます。ただし、上書きや、特定のノードの指定が可能です。 管理者およびモデレータは常設チャット ルーム内の特権ユーザです。 Cisco Unified Presence サーバ上にある、管理者として担当しているサービス ノードの常設チャット ルームを管理できます。

                                      管理者機能

                                      管理者は、ハブ クライアント ウィンドウの [パーシステント チャット(Persistent Chat)] の [すべてのルーム(All Rooms)] タブから次のタスクを実行できます。
                                      • ルームの作成。 ルームを作成すると、作成者は自動的にルーム管理者になります。

                                      • チャット ルームの最大 30 名のモデレータ(ルームのオーナーになる)の定義および変更

                                      • ルーム名の指定および変更。

                                      • ルームの最大参加者数の定義。 この数は、すでにルームに参加している参加者数未満にはできません。

                                      • ルーム メンバーの追加および削除。

                                      • [メンバー(Members)] タブで名前を照会して拒否リストに追加することにより、ルームからそれらの参加者をブロックする。

                                      • ルームの破棄(サーバから削除されますが、履歴は削除されません)。

                                      ルームの作成

                                      ルームを作成する際は、次の情報を指定する必要があります。
                                      • ルーム名

                                      • 説明(Description)

                                      • ルームのタイプ(パブリックまたは限定的)

                                        (注)  


                                        注:ルームのタイプを定義した後は、変更できません。


                                      • [マイルーム(My Rooms)] タブにルームを追加かするかどうかを指定(デフォルトではオフ)

                                      • 最大 30 名のモデレータを追加(追加するには、対象者の名前を検索しますが、対象者は有効な Jabber ID を持っている必要があります)。

                                      ルームを作成すると、ルームが作成されたこと、およびメンバーをただちに追加するか後で追加するかを尋ねる通知が表示されます。

                                      モデレータの機能

                                      管理者によって、1 つの常設チャットルームごとに最大 30 名のモデレータを定義できます。 モデレータは次のタスクを実行できます。
                                      • ルームの主題の変更
                                      • メンバーの編集(追加、削除、入出禁止など)

                                      Cisco Jabber for Windowsr のカスタム埋め込みタブ

                                      カスタム埋め込みタブは、クライアント インターフェイスで HTML コンテンツを表示します。 Cisco Jabber のカスタム埋め込みタブ定義を作成する方法について説明します。

                                      カスタム埋め込みタブの定義

                                      次の XML コードは、

                                      次の表は、カスタム埋め込みタブ定義のパラメータについて説明します。
                                      パラメータ 説明
                                      browser-plugin

                                      カスタム タブのすべての定義

                                      カスタム埋め込みタブのすべての定義が含まれます。

                                      page

                                      カスタム タブの 1 つの定義

                                      カスタム埋め込みタブの 1 つの定義が含まれます。

                                      refresh

                                      true

                                      false

                                      コンテンツが更新されるタイミングを制御します。
                                      true

                                      ユーザがタブを選択するたびに、コンテンツが更新されます。

                                      false

                                      ユーザがクライアントを再起動またはサインインすると、コンテンツが更新されます。 これがデフォルト値です。

                                      このパラメータはオプションであり、page 要素の属性です。

                                      preload

                                      true

                                      false

                                      コンテンツがロードされるタイミングを制御します。
                                      true

                                      クライアントが起動すると、コンテンツがロードされます。

                                      false

                                      ユーザがタブを選択すると、コンテンツがロードされます。 これがデフォルト値です。

                                      このパラメータはオプションであり、page 要素の属性です。

                                      tooltip

                                      Unicode 文字の文字列

                                      カスタム埋め込みタブのマウス オーバー テキストを定義します。

                                      このパラメータはオプションです。 ヒント テキストを指定しない場合、クライアントはカスタム タブを使用します。

                                      icon

                                      URL

                                      タブのアイコンを指定します。 次のように、ローカル アイコンまたはホステッド アイコンを指定できます。
                                      ローカル アイコン

                                      file://file_path/icon_name のように URL を指定します。

                                      ホステッド アイコン

                                      http://path/icon_nameのように URL を指定します。

                                      Microsoft Internet Explorer で描画可能なアイコン(.JPG、.PNG、.GIF 形式など)を使用できます。

                                      このパラメータはオプションです。 アイコンが指定されていない場合、クライアントは HTML ページからお気に入りアイコンをロードします。 お気に入りアイコンが使用できない場合、クライアントはデフォルトのアイコンをロードします。

                                      URL

                                      URL

                                      埋め込みタブのコンテンツが格納される URL を指定します。

                                      クライアントは、Internet Explorer レンダリング エンジンを使用して埋め込みタブのコンテンツを表示します。 このため、Internet Explorer でサポートされているコンテンツを指定できます。

                                      (注)     

                                      Cisco Jabber for Windows では、Internet Explorer バージョン 9 またはそれ以前のバージョンをサポートしています。 クライアントは、ワークステーションにバージョン 9 以降のバージョンが存在する場合は、Internet Explorer をバージョン 9 モードで使用します。

                                      このパラメータは必須です。

                                      ユーザのカスタム タブ

                                      ユーザはクライアント ユーザ インターフェイスを介して独自のカスタム埋め込みタブを作成できます。

                                      ユーザによるカスタム埋め込みタブの作成を有効にする必要があります。 設定ファイルの AllowUserCustomTabs パラメータの値として次のように true を設定します。
                                      <Options>
                                        <AllowUserCustomTabs>true</AllowUserCustomTabs>
                                      </Options>

                                      (注)  


                                      ユーザのカスタム組み込みタブは、デフォルトで true に設定されます。


                                      カスタム アイコン

                                      カスタム埋め込みタブのアイコンには、1 つのイメージ ファイル内の各状態に対して 10 個のフレームがあります。


                                      (注)  


                                      最適な結果を得るには、カスタム アイコンは次のガイドラインに準拠する必要があります。
                                      • 寸法:20 x 20 ピクセル

                                      • 各フレーム間に 1 ピクセルのパディング。 1 ピクセルのパディングにより、実際に使用できるアイコンの領域は 19 x 19 ピクセルになります。

                                      • 透明な背景

                                      • PNG ファイル形式


                                      アイコンの各フレームは次の状態を示します。
                                      1. 標準
                                      2. 押されている
                                      3. ホバー
                                      4. 無効
                                      5. フォーカス済み
                                      6. 選択済みおよび標準
                                      7. 選択済みおよび押されている
                                      8. 選択済みおよびホバー
                                      9. 選択済みおよびディセーブル
                                      10. 選択済みおよびフォーカス済み
                                      次はアイコンの例です。




                                      以下は、前述のアイコンの各フレームの 16 進数のカラー コードです。 これらのカラー コードを使用し、カスタム アイコンを一貫した外観にします。
                                      1. #4f6b7c
                                      2. #2aa6c7
                                      3. #99b5c7
                                      4. #FFFFFF
                                      5. #19bae3
                                      6. #19bae3
                                      7. #2aa6c7
                                      8. #99b5c7
                                      9. #FFFFFF
                                      10. #19bae3

                                      カスタム タブからのチャットとコール

                                      プロトコル ハンドラを使用し、カスタム埋め込みタブからチャットやコールを開始できます。
                                      • チャットを開始するには、XMPP: または IM: プロトコル ハンドラを使用します。
                                      • 音声通話やビデオ通話を開始するには、TEL: プロトコル ハンドラを使用します。

                                      UserID トークン

                                      ${UserID} トークンを URL パラメータの値の一部として指定できます。 ユーザがサインインすると、クライアントにより、${UserID} トークンがログインしたユーザのユーザ名に置き換えられます。


                                      ヒント


                                      また、クエリー文字列に ${UserID} トークンを指定することもできます(例:www.cisco.com/mywebapp.op?url=${UserID})。


                                      次の例は、${UserID} トークンの使用方法を示しています。
                                      1. カスタム埋め込みタブで次の内容を指定します。

                                        <URL>www.cisco.com/${UserID}/profile</URL>
                                      2. Mary Smith がサインインします。 Mary のユーザ名は msmith です。

                                      3. クライアントにより、${UserID} トークンが次のように Mary のユーザ名に置き換えられます。

                                        <URL>www.cisco.com/msmith/profile</URL>

                                      JavaScript 通知

                                      カスタム埋め込みタブに JavaScript 通知を実装できます。 ここでは、JavaScript 通知用にクライアントが提供するメソッドについて説明します。 また、通知のテストに使用できる JavaScript フォームの例についても説明します。 非同期サーバ コールに対する JavaScript 通知の実装方法と他のカスタム実装に関する説明は、このマニュアルでは取り扱いません。 詳細については、該当する JavaScript のマニュアルを参照してください。

                                      通知メソッド

                                      Cisco Jabber には、JavaScript 通知の次のメソッドを提供するインターフェイスが含まれています。
                                      SetNotificationBadge
                                      JavaScript でクライアントからこのメソッドを呼び出します。 このメソッドの文字列の値は、次のいずれかになります。
                                      • 空の値は、既存の通知バッジをすべて削除します。

                                      • 0 ~ 999 の数字

                                      • 2 桁の英数字の組み合わせ(例:A1)

                                      onPageSelected

                                      クライアントは、ユーザがカスタム埋め込みタブを選択すると、このメソッドを呼び出します。

                                      onPageDeselected

                                      クライアントは、ユーザが別のタブを選択するとこのメソッドを呼び出します。

                                      onHubResized()

                                      クライアントは、ユーザがハブ クライアント ウィンドウを移動またはそのサイズを変更すると、このメソッドを呼び出します。

                                      onHubActivated()

                                      クライアントは、クライアント ハブ ウィンドウがアクティブになると、このメソッドを呼び出します。

                                      onHubDeActivated()

                                      クライアントは、クライアント ハブ ウィンドウ が非アクティブになると、このメソッドを呼び出します。

                                      カスタム タブでのプレゼンスの登録

                                      次の JavaScript 関数を使用して、連絡先のプレゼンスを登録し、クライアントからプレゼンスの更新情報を受信することができます。

                                      SubscribePresence()

                                      このメソッドにユーザの IM アドレスを使用して、ストリング値を指定します。

                                      OnPresenceStateChanged

                                      このメソッドを使用すると、ユーザは連絡先のプレゼンスに関してクライアントから更新情報を取得できます。 文字列として次の値のいずれか 1 つを指定できます。

                                      • IM アドレス

                                      • 基本プレゼンス(Available(対応可)、Away(不在)、Offline(オフライン)、Do Not Disturb(着信拒否))

                                      • 高度なプレゼンス(会議中、コール中、カスタム プレゼンス状態)

                                      注:連絡先リストに含まれていない人物のプレゼンスを登録すると(一時プレゼンス登録)、その登録は 68 分後に期限切れになります。 登録が期限切れになった後、プレゼンスの更新情報を受信し続けるには、その人物のプレゼンスを再登録する必要があります。

                                      Custom タブでのロケール情報の取得

                                      次の JavaScript 関数を使用すると、連絡先の現在のロケール情報をクライアントから取得できます。

                                      GetUserLocale()

                                      このメソッドを使用して、クライアントにロケール情報を要求できます。

                                      OnLocaleInfoAvailable

                                      このメソッドを使用して、クライアントからロケール情報を取得できます。

                                      クライアントのロケール情報を含む文字列値を使用できます。

                                      JavaScript の例

                                      次のコードは、1 ~ 999 の数字を入力できるフォームを JavaScript を使用して表示する、HTML ページの例を示しています。
                                      <html>
                                                     <head>
                                                           <script type="text/javascript">   
                                                                            function OnPresenceStateChanged(jid, basicPresence, localizedPresence) 
                                                                            {
                                                                                     var cell = document.getElementById(jid);
                                                                                     cell.innerText = basicPresence.concat(", ",localizedPresence);                                                   
                                                                            }              
                                                                                                      
                                                                            function GetUserLocale()
                                                                            {
                                                                                     window.external.GetUserLocale();
                                                                            }
                                                                                                      
                                                                            function SubscribePresence() 
                                                                            {
                                                                                     window.external.SubscribePresence('johndoe@example.com');
                                                                            }
                                                                                                      
                                                                            function OnLocaleInfoAvailable(currentLocale)
                                                                            {
                                                                                     var cell = document.getElementById("JabberLocale");
                                                                                     cell.innerText = currentLocale;
                                                                            }
                                       
                                                                            function onHubActivated()
                                                                            {
                                                                                     var cell = document.getElementById("hubActive");
                                                                                     cell.innerText = "TRUE";
                                                                            }
                                                                                                      
                                                                            function onHubDeActivated()
                                                                            {
                                                                                     var cell = document.getElementById("hubActive");
                                                                                     cell.innerText = "FALSE";
                                                                            }
                                       
                                                                            function onHubResized()
                                                                            {
                                                                                      alert("Hub Resized or Moved");
                                                                            }                              
                                                                                                      
                                                                            function OnLoadMethods()
                                                                            {
                                                                                      SubscribePresence();
                                                                                      GetUserLocale();
                                                                            }
                                                           </script>
                                                     </head>
                                       
                                                     <body onload="OnLoadMethods()">
                                                           <table>
                                                                            <tr>
                                                                                        <td>John Doe</td>
                                                                                        <td id="johndoe@example.com">unknown</td>
                                                                            </tr>
                                                            </table>
                                                            <table>
                                                                            <tr>
                                                                                        <td>Jabber Locale: </td>
                                                                                        <td id="JabberLocale">Null</td>
                                                                            </tr>
                                                                            <tr>
                                                                                        <td>Hub Activated: </td>
                                                                                        <td id="hubActive">---</td>
                                                                            </tr>     
                                                           </table>
                                                     </body>
                                       
                                      </html>

                                      この例の JavaScript フォームをテストするには、前述の例を HTML ページにコピーしてから、そのページをカスタム埋め込みタブとして指定します。

                                      カスタム タブでのコール イベントの表示

                                      カスタム タブでコール イベントを表示するために次の JavaScript 関数を使用できます。
                                      OnTelephonyConversationStateChanged

                                      テレフォニー サービスの API は、クライアントがカスタム埋め込みタブでコール イベントを表示できるようにします。 カスタム タブに OnTelephonyConversationStateChanged JavaScript 関数を実装できます。 クライアントはテレフォニーのカンバセーションの状態が変化するたびに、この関数を呼び出します。 この関数は、クライアントがコール イベントを取得するために解析する JSON 文字列を受け入れます。

                                      次のスニペットは、コール イベントを保持する JSON を示します。

                                      {
                                            "conversationId": string,
                                            "acceptanceState": "Pending" | "Accepted| | "Rejected",
                                            "state": "Started" | "Ending" | "Ended",
                                            "callType": "Missed" | "Placed" | "Received" | "Passive" | "Unknown",
                                            "remoteParticipants": [{participant1}, {participant2}, …, {participantN}],
                                            "localParticipant": {
                                            }
                                      }

                                      JSON の各参加者オブジェクトには、次のプロパティを含めることができます。

                                      {
                                            "voiceMediaDisplayName": "<displayName>",
                                            "voiceMediaNumber": "<phoneNumber>",
                                            "translatedNumber": "<phoneNumber>",
                                            "voiceMediaPhoneType": "Business" | "Home" | "Mobile" | "Other" | "Unknown",
                                            "voiceMediaState": "Active" | "Inactive" | "Pending" | "Passive" | "Unknown",
                                      }

                                      次に、この関数のカスタム埋め込みタブでの実装例を示します。 この例では、stateacceptanceState プロパティの値を取得し、これらの値をカスタム タブに表示します。

                                          function OnTelephonyConversationStateChanged(json) {
                                            console.log("OnTelephonyConversationStateChanged");
                                            
                                            try {
                                              var conversation = JSON.parse(json);
                                              
                                              console.log("conversation id=" + conversation.conversationId);
                                              console.log("conversation state=" + conversation.state);
                                              console.log("conversation acceptanceState=" + conversation.acceptanceState);
                                              console.log("conversation callType=" + conversation.callType);        
                                            }
                                            catch(e) {
                                              console.log("cannot parse conversation:" + e.message);
                                            }
                                          }

                                      次に、この関数の考えられるすべてのフィールドでの実装例を示します。

                                          function OnTelephonyConversationStateChanged(json) {
                                            console.log("OnTelephonyConversationStateChanged");
                                            
                                            try {
                                              var conversation = JSON.parse(json);
                                              
                                              console.log("conversation state=" + conversation.state);
                                              console.log("conversation acceptanceState=" + conversation.acceptanceState);
                                              console.log("conversation callType=" + conversation.callType);
                                              
                                              for (var i=0; i<conversation.remoteParticipants.length; i++) {
                                                console.log("conversation remoteParticipants[" + i + "]=");
                                                console.log("voiceMediaDisplayName=" + conversation.remoteParticipants[i].voiceMediaDisplayName);
                                                console.log("voiceMediaNumber=" + conversation.remoteParticipants[i].voiceMediaNumber);
                                                console.log("translatedNumber=" + conversation.remoteParticipants[i].translatedNumber);
                                                console.log("voiceMediaPhoneType=" + conversation.remoteParticipants[i].voiceMediaPhoneType);
                                                console.log("voiceMediaState=" + conversation.remoteParticipants[i].voiceMediaState);
                                              }
                                                
                                              console.log("conversation localParticipant=");
                                              console.log("  voiceMediaDisplayName=" + conversation.localParticipant.voiceMediaDisplayName);
                                              console.log("  voiceMediaNumber=" + conversation.localParticipant.voiceMediaNumber);
                                              console.log("  translatedNumber=" + conversation.localParticipant.translatedNumber);
                                              console.log("  voiceMediaPhoneType=" + conversation.localParticipant.voiceMediaPhoneType);
                                              console.log("  voiceMediaState=" + conversation.localParticipant.voiceMediaState);
                                            }
                                            catch(e) {
                                              console.log("cannot parse conversation:" + e.message);
                                            }
                                          }
                                      

                                      カスタム埋め込みタブの例

                                      次に、1 つの埋め込みタブを含む設定ファイルの例を示します。
                                      <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                                      <config version="1.0">
                                       <Client>
                                        <jabber-plugin-config>
                                         <browser-plugin>
                                          <page refresh="true" preload="true">
                                           <tooltip>Cisco</tooltip>
                                           <icon>http://www.cisco.com/web/fw/i/logo.gif</icon>
                                           <URL>www.cisco.com</URL>
                                          </page>
                                         </browser-plugin>
                                        </jabber-plugin-config>
                                       </Client>
                                      </config>