Cisco Jabber for Windows 9.7 サーバ セットアップ ガイド
クラウドベース展開の会議のセットアップ
クラウドベース展開の会議のセットアップ

クラウドベース展開の会議のセットアップ

クラウドベース展開では、Cisco WebEx 管理ツール でユーザに会議機能をプロビジョニングできます。 会議機能をユーザに割り当てる方法について説明します。 また、会議サーバによる認証を設定する方法を確認してください。

Cisco WebEx Meeting Center の設定

Cisco WebEx 管理ツールで適切な設定を行い、適切なユーザにミーティング機能と会議機能を割り当てる必要があります。

ユーザは、Cisco Jabber クライアントで Cisco WebEx ミーティング サイトを追加できます。 ただし、ユーザは SSO 用に設定されたミーティング サイトは追加できません。このサイトは Cisco WebEx 管理ツール で作成する必要があります。

Cisco WebEx Meeting Center による認証

Cisco WebEx Meeting Center では次のタイプの認証を使用できます。
Cisco WebEx Messenger サービスとの密結合統合

密結合統合とは、Cisco WebEx MessengerCisco WebEx Meeting Center の間に実現される統合形態の 1 つです。

ユーザが Cisco WebEx Messenger で認証を受けるとき、認証トークンはクライアントに戻されます。 クライアントは、その認証トークンを Cisco WebEx Meeting Center に渡します。

詳細については、「Overview of Tightly Coupled Integration」のトピックを参照してください。

直接認証

クライアントは、ユーザ クレデンシャルを Cisco WebEx Meeting Center に直接渡すことができます。

直接認証を有効にする手順は次のとおりです。
  1. Cisco WebEx 管理ツールを使用して、Cisco WebEx Meeting Center 用のユーザ アカウントを作成します。 直接認証の場合は、Cisco WebEx Meeting Center でユーザ クレデンシャルの確認を行う必要があります。 クライアントが認証を試行するとき、Cisco WebEx Meeting Center がクレデンシャルを確認できるようにするために、ユーザ アカウントにクレデンシャルが保持されます。
  2. クライアント インターフェイスで Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルを指定します。

詳細については、「Overview of Loosely Coupled Integration」のトピックを参照してください。

アイデンティティ プロバイダーによる認証

クライアントは、Cisco WebEx Meeting Center からアイデンティティ プロバイダーへ認証をリダイレクトできます。

アイデンティティ プロバイダーによる認証を有効にする手順は次のとおりです。
  1. それぞれの目的に応じたアイデンティティ プロバイダーを設定します。 ユーザが Cisco WebEx Meeting Center で認証を受けようとすると、クライアントはその認証をアイデンティティ プロバイダーにリダイレクトします。 アイデンティティ プロバイダーはクレデンシャルを確認し、認証トークンをクライアントに戻します。 クライアントは、そのトークンを Cisco WebEx Meeting Center に渡して、認証プロセスを完了します。
  2. クライアント インターフェイスで Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルを指定します。

Cisco WebEx Messenger サービスを使用したユーザ アイデンティティの管理の詳細については、「Using SSO with the Cisco WebEx and Cisco WebEx Meeting applications」のトピックを参照してください。

クライアントでの会議クレデンシャルの指定

ユーザは、[オプション(Options)] ウィンドウの [ミーティング(Meetings)] タブで、ユーザ自身のクレデンシャルを指定します。

[オプション(Options)] ウィンドウを開くには、[ファイル(File)] > [オプション(Options)] を選択します。