Cisco Jabber for Windows 9.2.x インストレーション コンフィギュレーション ガイド
Cisco Jabber for Windows の設定
Cisco Jabber for Windows の設定
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Cisco Jabber for Windows の設定

Cisco Jabber for Windows を設定する方法について説明します。 設定できる設定パラメータを確認します。

設定の概要

クライアントは TFTP サーバ上にある XML ファイルから設定を取得します。 カスタム設定の作成が必要なタイミングと、作成できるさまざまなタイプの設定ファイルについて理解します。

Cisco Jabber for Windows を設定するタイミング

ほとんどの環境では、Cisco Jabber for Windows には連絡先ソースまたはその他のサービスに接続するための設定は必要ありません。 デフォルト設定が環境に適していないか、カスタム設定が必要とされているに場合だけ、Cisco Jabber for Windows の設定ファイルを作成する必要があります。

次の場合に Cisco Jabber for Windows を設定する必要があります。
  • クライアント ワークステーションが Windows ドメインにない。
  • 連絡先ソースとして次のいずれかに接続している。
    • ドメイン コントローラ
    • LDAP ディレクトリ(OpenLDAP または AD LDS など)
    • UDS
  • 属性マッピングを設定する必要がある。
  • ドメイン内フェデレーションのセットアップを計画している。
  • 次のようなカスタム コンテンツの導入を計画している。
    • カスタム埋め込みタブ
    • 自動更新
    • 問題のレポート
  • ユーザのポリシーの設定を計画している。

グローバル設定ファイル

グローバル設定ファイルは、すべての Cisco Jabber for Windows ユーザに適用されます。 Cisco Jabber for Windows は、ログイン シーケンスの間に TFTP サーバからグローバル設定ファイルをダウンロードします。

グローバル設定ファイルのデフォルト名は、jabber-config.xml です。

関連コンセプト

グループ設定ファイル

グループ設定ファイルは、Cisco Jabber for Windows ユーザのサブセットに適用されます。 グループ設定ファイルは、グローバル設定ファイルよりも優先されます。

Cisco Jabber for Windows は、ユーザが電話アカウントに初めてサインインした後に、グループ設定ファイルを取得します。 Cisco Jabber for Windows は、その後、ユーザにサインアウトするよう指示します。 2 回目のログイン シーケンスの間、Cisco Jabber for Windows は TFTP サーバからグループ設定ファイルをダウンロードします。

Cisco Jabber for Windows は、グループ設定ファイルを次の手順で読み込みます。
ユーザがサインインしていない場合
  1. ユーザがサインインすると、Cisco Jabber for Windows は設定が変更されたことをユーザに通知します。
  2. ユーザがサインアウトします。
  3. ユーザがサインインすると、Cisco Jabber for Windows はグループ設定を読み込みます。
ユーザがサインインしており、ソフトフォン でコールしている場合
  1. Cisco Jabber for Windows が、設定が変更されたことをユーザに通知します。
  2. ユーザがサインアウトします。
  3. ユーザがサインインすると、Cisco Jabber for Windows はグループ設定を読み込みます。
ユーザがサインインしており、デスクフォン でコールしている場合
  1. ユーザがサインアウトします。
  2. ユーザがサインインすると、Cisco Jabber for Windows は設定が変更されたことをユーザに通知します。
  3. ユーザがサインアウトします。
  4. ユーザがサインインすると、Cisco Jabber for Windows はグループ設定を読み込みます。

ユーザがサインアウトする前に、ソフトフォンを使用してコールするオプションを選択した場合、Cisco Jabber for Windows はユーザにサインアウトしてからサインインし直すよう指示し、グループ設定を読み込みます。

グループ設定ファイル名

グループ設定ファイルの名前は、Cisco Unified Communications Manager の CSF デバイス設定の [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドで指定します。

Cisco Unified Communications Manager の CSF デバイス設定のグループ設定ファイルの名前を削除すると、Cisco Jabber for Windows が変更を検出し、ユーザにサインアウトするよう指示し、グローバル設定ファイルを読み込みます。 CSF デバイス設定のグループ設定ファイル名を削除するには、configurationFile=group_configuration_file_name.xml 文字列全体を削除するか、文字列からグループ設定ファイル名を削除します。

ユーザに デスクフォン デバイスだけがある場合は、次のコマンドライン引数を使用して、グループごとに一意の名前の設定ファイルを指定します。
  • TFTP_FILE_NAME
コマンドライン引数の詳細については、「Cisco Jabber for Windows のインストール」の章を参照してください。
関連コンセプト

設定ファイルの要件

  • 設定ファイル名は、大文字と小文字を区別します。 エラーを回避し、Cisco Jabber for Windows が TFTP サーバからファイルを取得できるよう、ファイル名には小文字を使用してください。
  • 設定ファイルには、utf-8 エンコーディングを使用する必要があります。
  • クライアントは、有効な XML 構造がない設定ファイルを読み込めません。 設定ファイルの構造で終了要素をチェックし、要素が正しく入れ子になっていることを確認します。
  • XML には、有効な XML 文字エンティティ参照しか含めることができません。 たとえば、& ではなく & を使用してください。 XML に無効な文字が含まれている場合は、クライアントは設定ファイルを解析できません。

    ヒント


    Microsoft Internet Explorer で設定ファイルを開き、無効な文字やエンティティがないことを確認します。

    Internet Explorer に XML 構造の全体が表示される場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティは含まれていません。

    Internet Explorer に XML 構造の一部しか表示されない場合は、設定ファイルには無効な文字やエンティティが含まれている可能性があります。


クライアントの設定

オンプレミス およびハイブリッド クラウドベース 導入にカスタム設定ファイルを作成できます。 クラウドベース 導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用して Cisco Jabber for Windows を設定します。

TFTP サーバ アドレスの指定

クライアントは、TFTP サーバから設定ファイルを取得します。 このため、設定ファイルを作成する際は TFTP サーバ アドレスを指定する必要があります。

Cisco Unified Presence での TFTP サーバの指定

Cisco Unified Presence で TFTP サーバ アドレスを指定するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
    ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [Cisco Jabber][設定(Settings)] の順に選択します。
    (注)     

    Cisco Unified Presence のバージョンによっては、パスは次のようになります。[アプリケーション(Application)] > [Cisco Unified Personal Communicator] > [設定(Settings)]

    [Cisco Jabber の設定(Cisco Jabber Settings)]Cisco Jabber Settingsウィンドウが開きます。

    ステップ 3   次のセクションの 1 つで TFTP サーバを指定するフィールドを探します。セクションは、Cisco Unified Presence のバージョンにより異なります。
    • Cisco Jabber のセキュリティ設定(Cisco Jabber Security Settings)
    • CUPC グローバル設定(CUPC Global Settings)
    ステップ 4   次のフィールドで、プライマリおよびバックアップの TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
    • プライマリ TFTP サーバ(Primary TFTP Server)
    • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
    • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
    ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

    Cisco Unified Communications IM and Presence での TFTP サーバの指定

    Cisco Unified Communications IM and Presence で TFTP サーバ アドレスを指定するには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
      ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [レガシー クライアント(Legacy Clients)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

      [レガシー クライアントの設定(Legacy Client Settings)] ウィンドウが開きます。

      ステップ 3   [レガシー クライアントのセキュリティ設定(Legacy Client Security Settings)] セクションを探します。
      ステップ 4   次のフィールドで、プライマリおよびバックアップの TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
      • プライマリ TFTP サーバ(Primary TFTP Server)
      • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
      • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
      ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

      電話機モード での TFTP サーバの指定

      クライアントを 電話機モード で導入する場合、次のようにして TFTP サーバのアドレスを提示できます。
      • ユーザはクライアントの起動時に、[接続設定(Connection Settings)] ウィンドウで TFTP サーバ アドレスを入力します。
      • TFTP 引数を使用してインストール時に TFTP サーバ アドレスを指定します。

      ハイブリッド クラウドベース 導入での TFTP サーバの指定

      ハイブリッド クラウドベース 導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用して TFTP サーバ アドレスを指定できます。

      手順
        ステップ 1   Cisco WebEx 管理ツール を開きます。
        ステップ 2   [設定(Configuration)] タブを選択します。
        ステップ 3   [追加サービス(Additional Services)] セクションで [Unified Communications] を選択します。 [Unified Communications] ウィンドウが開きます。
        ステップ 4   [クラスタ(Clusters)] タブを選択します。
        ステップ 5   適切なクラスタをリストから選択します。 [クラスタの編集(Edit Cluster)] ウィンドウが開きます。
        ステップ 6   [Cisco Unified Communications Manager サーバの設定(Cisco Unified Communications Manager Server Settings)] セクションで [サーバの詳細設定(Advanced Server Settings)] を選択します。
        ステップ 7   [TFTP サーバ(TFTP Server)] フィールドでプライマリ TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
        ステップ 8   [バックアップ サーバ 1(Backup Server #1)] フィールドと [バックアップ サーバ 2(Backup Server #2)] フィールドでバックアップ TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
        ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。 [クラスタの編集(Edit Cluster)] ウィンドウが閉じます。
        ステップ 10   [Unified Communications] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。

        グローバル設定の作成

        導入のすべてのユーザにクライアントを設定します。

        メモ:

        複数の TFTP サーバがある環境の場合、すべての TFTP サーバで設定ファイルを同じにする必要があります。

        手順
          ステップ 1   任意のテキスト エディタを使用して jabber-config.xml という名前のファイルを作成します。
          • ファイル名には小文字を使用してください。
          • UTF-8 エンコードを使用してください。
          ステップ 2   jabber-config.xml で必須の設定パラメータを定義します。
          • 設定ファイルの構造が有効でない場合、Cisco Jabber for Windows は設定された値を読み取ることができません。 詳細については、本章の XML の例を参照してください。
          ステップ 3   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

          手順については、「ホスト設定ファイル」を参照してください。


          グループ設定の作成

          異なるユーザのセットには異なるクライアント設定を適用します。

          CSF のデバイスを持つユーザをプロビジョニングする場合、デバイス設定の [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドにグループ設定ファイル名を指定します。

          ユーザに CSF のデバイスがない場合は、インストール時に TFTP_FILE_NAME 引数を使用して、各グループの一意の設定ファイル名を設定します。

          はじめる前に
          [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドは、Cisco Unified Communications Manager バージョン 8.6.x 以前にはありません。 次のように COP ファイルを適用する必要があります。
          1. Cisco.com から Cisco Jabber for Windows 管理パッケージをダウンロードします。
          2. ciscocm.addcsfsupportfield.copCisco Jabber for Windows 管理パッケージからファイル システムにコピーします。
          3. Cisco Unified Communications Managerciscocm.addcsfsupportfield.cop を展開します。 COP ファイルを展開する手順については、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。
          COP ファイルにより、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [デスクトップ クライアントの設定(Desktop Client Settings)] セクションの CSF デバイスに [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドが追加されます。
          手順
            ステップ 1   任意のテキスト エディタを使用して XML グループ設定ファイルを作成します。

            グループ設定ファイルには、適切な名前を指定できます(例:jabber-groupa-config.xml)。

            • ファイル名には小文字を使用してください。
            • UTF-8 エンコードを使用してください。
            ステップ 2   グループ設定ファイルで必須の設定パラメータを定義します。
            • 設定ファイルの構造が有効でない場合、Cisco Jabber for Windows は設定された値を読み取ることができません。 詳細については、本章の XML の例を参照してください。
            ステップ 3   グループ設定ファイル名を指定します。
            1. [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
            2. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] の順に選択します。
            3. グループ設定ファイルを適用する適切な CSF デバイスを検索して選択します。

              [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

            4. [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] > [デスクトップ クライアントの設定(Desktop Client Settings)] に移動します。
            5. [シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドに configurationfile=group_configuration_file_name.xml と入力します。

              たとえば、次のように入力します。configurationfile=groupa-config.xml

              • 複数のエントリを区切るには、セミコロンを使用します。 複数のグループ設定ファイルを追加しないでください。 クライアントは、[シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドの最初のグループ設定だけを使用します。
              • TFTP サーバ上でデフォルト ディレクトリ以外の場所にあるグループ設定ファイルをホストする場合には、[シスコ サポート フィールド(Cisco Support Field)] フィールドにパスとファイル名を指定する必要があります(例:configurationfile=/customFolder/jabber-groupa-config.xml)。
            6. [保存(Save)] を選択します。
            ステップ 4   TFTP サーバ上でグループ設定ファイルをホストします。

            手順については、「ホスト設定ファイル」を参照してください。


            ホスト設定ファイル

            任意の TFTP サーバの設定ファイルをホストできます。 ただし、Cisco Unified Communications Manager TFTP サーバ上の設定ファイルをホストすることを推奨します。このファイルは、デバイス コンフィギュレーション ファイルと同じ場所にあります。

            手順
              ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の [Cisco Unified OS の管理(Cisco Unified OS Administration)] インターフェイスを開きます。
              ステップ 2   [ソフトウェアのアップグレード(Software Upgrades)] > [TFTP ファイル管理(TFTP File Management)] を選択します。
              ステップ 3   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。
              ステップ 4   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションで [参照(Browse)] を選択します。
              ステップ 5   ファイル システムにある jabber-config.xml を選択します。
              ステップ 6   [ファイルのアップロード(Upload File)] セクションの [ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスに値を指定しないでください。

              設定ファイルが TFTP サーバのデフォルト ディレクトリに存在するように、[ディレクトリ(Directory)] テキスト ボックスを空白にしておく必要があります。

              ステップ 7   [ファイルのアップロード(Upload File)] を選択します。

              TFTP サーバの再起動

              Cisco Jabber for Windows が設定ファイルにアクセスする前に、TFTP サーバを再起動する必要があります。

              手順
                ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager の [Cisco Unified サービスアビリティ(Cisco Unified Serviceability)] インターフェイスを開きます。
                ステップ 2   [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。
                ステップ 3   [CM サービス(CM Services)] セクションから [Cisco Tftp] を選択します。
                ステップ 4   [リスタート(Restart)] を選択します。

                再起動の確認を求めるウィンドウが表示されます。

                ステップ 5   [OK] を選択します。

                「Cisco Tftp サービスの再起動操作が成功しました(Cisco Tftp Service Restart Operation was Successful)」というステータスが表示されます。

                ステップ 6   [更新(Refresh)] を選択し、Cisco Tftp サービスが正常に起動していることを確認します。

                次の作業

                設定ファイルが TFTP サーバで使用できることを確認するには、任意のブラウザで設定ファイルを開きます。 通常、http://tftp_server_address:6970/jabber-config.xml の URL にあるグローバル設定ファイルにアクセスできます。

                設定ファイルの構造

                Cisco Jabber for Windows 設定ファイルを XML 形式で作成します。 XML 設定ファイルは、次の要素を含みます。
                XML 宣言
                設定ファイルは、標準的な XML 形式に準拠する必要があります。 次の例に示すとおり、設定ファイルの最初の要素は宣言である必要があります。
                <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                ルート要素
                ルート要素にはすべてのグループ要素が含まれます。 またルート要素には、次の例に示すとおりにバージョン属性も含める必要があります。
                <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                <config version="1.0">
                </config>
                グループ要素

                グループ要素には、指定した値および設定パラメータが含まれます。

                グループ要素

                次の表に、Cisco Jabber for Windows 設定ファイルで指定できるグループ要素を示します。
                要素 説明
                クライアント

                Cisco Jabber for Windows の設定パラメータが含まれます。

                詳細については、クライアント パラメータを参照してください。

                ディレクトリ

                ディレクトリ統合の設定パラメータが含まれます。

                詳細については、ディレクトリ パラメータを参照してください。

                オプション

                ユーザ オプションの設定パラメータが含まれます。

                詳細については、オプション パラメータを参照してください。

                電話

                電話機モード の設定パラメータが含まれます。

                詳細については、電話パラメータを参照してください。

                ポリシー

                ポリシーの設定パラメータが含まれます。

                詳細については、ポリシー パラメータを参照してください。

                プレゼンス

                プレゼンス オプションの設定パラメータが含まれます。

                詳細については、プレゼンス パラメータを参照してください。

                ボイスメール

                ボイスメール サービスの設定パラメータが含まれます。

                詳細については、サービス認証情報パラメータボイスメール サービス パラメータを参照してください。

                関連資料

                XML 構造

                次の抜粋は、クライアント コンフィギュレーション ファイルの XML 構造を示します。

                <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                <config version="1.0">
                 <Client>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Client>
                 <Directory>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Directory>
                 <Options>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Options>
                 <Presence>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Presence>
                 <Policies>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Policies>
                 <Phone>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Phone>
                 <Voicemail>
                  <parameter_name>value</parameter_name>
                 </Voicemail> 
                </config>
                関連資料

                設定パラメータの概要

                次の表に、Cisco Jabber for Windows 設定ファイルで指定できるパラメータの要約を示します。

                パラメータ グループ要素
                ProductMode クライアント
                PrtLogServerUrl クライアント
                UpdateUrl クライアント
                jabber-plugin-config クライアント
                Forgot_Password_URL クライアント
                Set_Status_Away_On_Inactive オプション
                Set_Status_Inactive_Timeout オプション
                Set_Status_Away_On_Lock_OS オプション
                StartCallWithVideo オプション
                Start_Client_On_Start_OS オプション
                AllowUserCustomTabs オプション
                ShowContactPictures オプション
                ShowOfflineContacts オプション
                DockedWindowVisible オプション
                DockedWindowPosition オプション
                TftpServer1 電話
                CtiServer1 電話
                CcmcipServer1 電話
                Screen_Capture_Enabled ポリシー
                File_Transfer_Enabled ポリシー
                Disallowed_File_Transfer_Types ポリシー
                EnableVideo ポリシー
                InitialPhoneSelection ポリシー
                UserDefinedRemoteDestinations ポリシー
                enableLocalAddressBookSearch ポリシー
                EnableAccessoriesManager ポリシー
                ForceFontSmoothing ポリシー
                PresenceServerType プレゼンス
                PresenceServerAddress プレゼンス
                PresenceServerDomain プレゼンス
                VoiceMailService_UseCredentialsFrom ボイスメール
                VVM_Mailstore_Server_0 ボイスメール
                VVM_Mailstore_PollingInterval ボイスメール

                ディレクトリ パラメータ

                ディレクトリ グループ要素内の次のパラメータを指定するには、オンプレミス 導入でディレクトリ統合を設定します。

                • DirectoryServerType
                • CommonName
                • DisplayName
                • Firstname
                • Lastname
                • EmailAddress
                • SipUri
                • PhotoSource
                • BusinessPhone
                • MobilePhone
                • HomePhone
                • OtherPhone
                • Title
                • CompanyName
                • UserAccountName
                • DomainName
                • Location
                • Nickname
                • PostalCode
                • City
                • State
                • StreetAddress
                • ConnectionType
                • PrimaryServerName
                • SecondaryServerName
                • ServerPort1
                • ServerPort2
                • UseWindowsCredentials
                • ConnectionUsername
                • ConnectionPassword
                • UseSSL
                • UseSecureConnection
                • BaseFilter
                • PredictiveSearchFilter
                • DisableSecondaryNumberLookups
                • PhoneNumberMasks
                • SearchTimeout
                • UseWildcards
                • MinimumCharacterQuery
                • SearchBase1
                • SearchBase2
                • SearchBase3
                • SearchBase4
                • SearchBase5
                • PhotoUriSubstitutionEnabled
                • PhotoUriSubstitutionToken
                • PhotoUriWithToken
                • UseSIPURIToResolveContacts
                • UriPrefix

                設定ファイルの例

                次に、Cisco Jabber for Windowsオンプレミス導入の設定ファイルの例を示します。
                <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                <config version="1.0">
                  <Client>
                    <PrtLogServerUrl>http://server_name.domain.com/prt_script.php</PrtLogServerUrl>
                    <UpdateUrl>http://server_name.domain.com/update.xml</UpdateUrl>
                    <Forgot_Password_URL>http://server_name.domain.com/password.html</Forgot_Password_URL>
                    <jabber-plugin-config>
                      <browser-plugin>
                        <page refresh="false" preload="true">
                          <tooltip>Cisco WebEx</tooltip>
                          <icon>http://server_name.cisco.com/icon.png</icon>
                          <url>http://www.webex.com</url>
                        </page>
                        <page refresh="true" preload="true">
                          <tooltip>Cisco</tooltip>
                          <icon>http://server_name.cisco.com/logo.gif</icon>
                          <url>http://www.cisco.com</url>
                        </page>
                        <page refresh="true" preload="false">
                          <tooltip>Cisco Jabber for Windows</tooltip>
                          <icon>http://server_name.cisco.com/jabber.png</icon>
                          <url>http://www.cisco.com/en/US/prod/voicesw/ps6789/jabber_windows.html</url>
                        </page>
                        <page refresh="false" preload="false">
                          <tooltip>Cisco Jabber</tooltip>
                          <icon>http://server_name.cisco.com/jabber.png</icon>
                          <url>http://www.cisco.com/web/products/voice/jabber.html</url>
                        </page>
                      </browser-plugin>
                    </jabber-plugin-config>
                  </Client>
                  <Directory>
                    <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                    <BusinessPhone>aNonDefaultTelephoneNumberAttribute</BusinessPhone>
                    <PhotoUriSubstitutionEnabled>true</PhotoUriSubstitutionEnabled>
                    <PhotoUriSubstitutionToken>cn</PhotoUriSubstitutionToken>
                    <PhotoUriWithToken>http://staffphoto.example.com/cn.jpg</PhotoUriWithToken>
                  </Directory>
                  <Policies>
                    <Disallowed_File_Transfer_Types>.exe;.msi</Disallowed_File_Transfer_Types>
                  </Policies>
                </config>
                

                クライアント パラメータ

                次の表に、クライアント要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                ProductMode

                Default

                Phone_Mode

                Cisco Jabber for Windows の製品モードを指定します。 次のいずれかの値を設定します。
                Default

                Cisco Jabber for Windows ユーザが、プライマリ ログインとしてプレゼンス サーバへの認証を行う場合は、この値を設定します。

                基本機能としてインスタント メッセージおよびプレゼンスを備えたユーザのプロビジョニングを行う場合は、この値を選択する必要があります。

                Phone_Mode

                Cisco Jabber for Windows ユーザが、プライマリ ログインとして Cisco Unified Communications Manager への認証を行う場合にこの値を設定します。

                基本機能としてオーディオ デバイスを備えたユーザをプロビジョニングする場合は、この値を選択する必要があります。

                PrtLogServerUrl

                URL

                問題レポートを送信するためのカスタム スクリプトを指定します。

                問題レポートの詳細については、「問題レポートの設定」を参照してください。

                UpdateUrl

                URL

                HTTP サーバ 上の自動更新 XML 定義ファイルへの URL を指定します。 Cisco Jabber for Windows では、この URL を使用して HTTP サーバ から更新 XML ファイルを取得します。

                自動更新の詳細については、「自動更新の設定」を参照してください。

                ハイブリッド クラウドベース 導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用して自動更新を設定する必要があります。

                jabber-plugin-config

                プラグイン定義

                プラグイン設定要素が含まれます。

                カスタム埋め込みタブを定義し、Cisco Jabber for Windows の HTML コンテンツを表示できます。 詳細については、カスタム埋め込みタブを参照してください。

                Forgot_Password_URL

                URL

                パスワードを忘れた場合に、パスワードをリセットまたは取得するための Web ページの URL を指定します。

                ハイブリッドクラウドベース導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用して、忘れたパスワードをリセットまたは取得するには Web ページを参照するようユーザに指示する必要があります。

                ディレクトリ パラメータ

                ここでは、ディレクトリ 要素内で指定できるパラメータについて説明します。

                ディレクトリ サーバ タイプ パラメータ

                次のパラメータを使用してディレクトリ サーバ タイプを指定します。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType

                EDI

                UDS

                使用するディレクトリ サーバのタイプを指定します。

                UDS
                Cisco Unified Communications Manager User Data Service は連絡先を解決します。
                EDI
                サポート対象の LDAP ディレクトリ サーバに接続します。

                これがデフォルト値です。

                ディレクトリ統合の詳細については、オンプレミス導入のディレクトリ サービスを参照してください。

                属性マッピングのパラメータ

                クライアントは、ディレクトリ属性をユーザ プロファイルのフィールドにマッピングします。 たとえば、デフォルトでは、BusinessPhoneパラメータは telephoneNumber 属性にマッピングされます。

                その結果、クライアントは各ユーザのディレクトリから telephoneNumber 属性の値を取得します。 その後、ユーザ プロファイルの職場の電話番号としてこの値が表示されます。 職場の電話番号に対し、telephoneNumber 以外の属性が使用されている組織では、設定ファイルのマッピングを変更する必要があります。

                次の表に、ディレクトリ属性をマッピングするためのパラメータを説明します。
                パラメータ デフォルト値
                CommonName cn
                DisplayName displayName
                Firstname givenName
                Lastname sn
                EmailAddress mail
                SipUri msRTCSIP-PrimaryUserAddress
                PhotoSource thumbnailPhoto
                BusinessPhone telephoneNumber
                MobilePhone mobile
                HomePhone homePhone
                OtherPhone otherTelephone
                Title title
                CompanyName company
                UserAccountName sAMAccountName
                DomainName userPrincipalName
                Location co
                Nickname displayName
                PostalCode postalCode
                City l
                State st
                StreetAddress StreetAddress
                重要:

                デフォルトでは、クライアントは、sAMAccountName 属性を使用して、ディレクトリの連絡先を解決します。

                ディレクトリからのユーザを Cisco Unified Communications Manager と同期すると、ユーザ ID の属性を指定できます。 その属性が sAMAccountName ではない場合、次のように設定ファイルで属性を指定する必要があります。

                <UserAccountName>attribute-name</UserAccountName>

                詳細については、「ユーザ ID の LDAP 属性の指定」のトピックを参照してください。

                ディレクトリ接続パラメータ

                次の表に、ディレクトリ接続を設定するためのパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                ConnectionType

                0

                1

                クライアントが グローバル カタログ または ドメイン コントローラ へ接続する場合に指定します。

                0
                グローバル カタログ に接続します。 これがデフォルト値です。
                1
                ドメイン コントローラ に接続します。
                PrimaryServerName

                IP アドレス

                FQDN

                プライマリ ディレクトリ サーバのアドレスを指定します。

                このパラメータは、クライアントが自動的にディレクトリ サーバを検出できない手動接続に必要です。

                SecondaryServerName

                IP アドレス

                FQDN

                バックアップ ディレクトリ サーバのアドレスを指定します。

                このパラメータは、クライアントが自動的にディレクトリ サーバを検出できない手動接続に必要です。

                ServerPort1

                ポート番号

                プライマリ ディレクトリ サーバのポートを指定します。

                ServerPort2

                ポート番号

                バックアップ ディレクトリ サーバのポートを指定します。

                UseWindowsCredentials

                0

                1

                クライアントが Microsoft Windows のユーザ名とパスワードを使用する場合に指定します。

                0
                Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。

                ConnectionUsername および ConnectionPassword パラメータを使用して認証情報を指定します。

                1
                Microsoft Windows 認証情報を使用します。 これがデフォルト値です。
                ConnectionUsername

                ユーザ名

                ディレクトリ サーバに接続するためのユーザ名を指定します。

                重要: クライアントはプレーン テキストとしてログ ファイルにユーザ名を書き込みます。

                設定で認証情報を指定する場合、すべてのユーザに読み取り専用の共有ディレクトリ アカウントを使用する必要があります。

                ConnectionPassword

                パスワード

                ディレクトリ サーバに接続するためのパスワードを指定します。

                重要: クライアントはプレーン テキストとしてログ ファイルにパスワードを書き込みます。

                設定で認証情報を指定する場合、すべてのユーザに読み取り専用の共有ディレクトリ アカウントを使用する必要があります。

                UseSSL

                0

                1

                ディレクトリへのセキュア接続に SSL を使用します。

                0
                SSL を使用しません。 これがデフォルト値です。
                1
                SSL を使用します。
                UseSecureConnection

                0

                1

                ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用します。
                0
                単純な認証を使用します。 これがデフォルト値です。
                1
                単純な認証を使用しません。

                ディレクトリ クエリー パラメータ

                次の表に、Cisco Jabber for Windows でのディレクトリへのクエリー方法を設定するためのパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                BaseFilter

                基本フィルタ

                Active Directory クエリーの基本フィルタを指定します。

                ディレクトリのサブキー名のみを指定し、Active Directory へのクエリーの実行時にユーザ オブジェクト以外のオブジェクトを取得します。

                デフォルト値は (&amp;(objectCategory=person) です。

                設定ファイルには、有効な XML 文字実体参照のみを含めることができます。 カスタム基本フィルタを指定する場合には、& の代わりに &amp; を使用します。

                PredictiveSearchFilter

                サーチ フィルタ

                予測検索クエリーに適用するフィルタを定義します。

                複数のカンマ区切り値を定義して、検索クエリーをフィルタすることができます。

                デフォルト値は anr= です。

                詳細については、「予測検索」のトピックを参照してください。

                DisableSecondaryNumberLookups

                0

                1

                携帯電話番号、自宅の電話番号、他の電話番号などの仕事用の番号を使用できない場合に、ユーザが代替連絡先番号を検索できるかどうかを指定します。

                0
                ユーザは代替連絡先番号を検索できます。 これがデフォルト値です。
                1
                ユーザは代替連絡先番号を検索できません。
                PhoneNumberMasks

                マスク文字列

                ユーザが電話番号を検索するときに使用するマスクを指定します。

                たとえば、ユーザが +14085550100 からのコールを受信するとします。 ディレクトリでは、この番号は +(1) 408 555 0100 です。

                次のマスクにより番号を解決します。+14081+(#) ### ### ####

                マスク文字列の長さは、レジストリ サブキー名のサイズ制限を超えることはできません。

                詳細については、「電話マスク」のトピックを参照してください。

                SearchTimeout

                秒数

                クエリのタイムアウト時間を秒数で指定します。

                デフォルト値は 5 です。

                UseWildcards

                0

                1

                ワイルドカード検索を有効にします。

                0
                ワイルドカードを使用しません。 これがデフォルト値です。
                1
                ワイルドカードを使用します。

                ワイルドカードを使用する場合、ディレクトリの検索により長い時間がかかる場合があります。

                MinimumCharacterQuery

                数値

                ディレクトリを照会するための連絡先名に最小文字数を設定します。

                たとえば、このパラメータの値として 2 を設定した場合、ユーザが検索フィールドに少なくとも 2 文字を入力すると、クライアントによりディレクトリ検索が行われます。

                デフォルト値は 3 です。

                SearchBase1

                SearchBase2

                SearchBase3

                SearchBase4

                SearchBase5

                ディレクトリ ツリーで検索可能な組織単位(OU)

                検索が開始されるディレクトリ サーバの場所を指定します。 つまり、検索ベースは、クライアントが検索を実行するルートです。

                デフォルトでは、クライアントはディレクトリ ツリーのルートから検索します。 OU 内で最大 5 つの検索ベースの値を指定し、デフォルトの動作を無効にすることができます。

                Active Directory は通常、検索ベースを必要としません。 特定のパフォーマンス要件にのみActive Directory に検索ベースを指定する必要があります。

                ディレクトリの特定の場所にバインディングを作成するには、Active Directory 以外のディレクトリ サーバに対して検索ベースを指定する必要があります。

                ヒント   

                特定のユーザ グループに検索を制限するには、OU を指定します。

                たとえば、ユーザのサブセットにはインスタント メッセージング機能だけがあります。 これらのユーザを OU に含め、それを検索ベースとして指定します。

                関連資料

                電話マスク

                Cisco Jabber for WindowsPhoneNumberMasks パラメータを使用して電話番号のディレクトリを検索するときに使用するマスクを設定できます。

                電話マスクは、Cisco Jabber for Windows でディレクトリを検索する前に電話番号に適用されます。 電話マスクを正しく設定すると、クエリーが完全に一致するため、ディレクトリ検索が成功し、ディレクトリ サーバのパフォーマンスへの影響が回避されます。

                次の表に、電話マスクに含めることができる要素を示します。
                要素 説明
                電話番号パターン

                番号パターンを設定してディレクトリから電話番号を取得します。

                電話マスクを追加するには、マスクを適用する番号パターンを指定します。

                たとえば、+1408 で始まる検索に対してマスクを指定するには、+1408|+(#) ### ### #### のマスクを使用します。

                桁数が同じでもパターンが異なる電話番号をマスクで処理できるようにするには、桁数が同じ複数のマスクを使用します。

                たとえば、会社にサイト A とサイト B があるとします。 各サイトでは、次のように電話番号の形式が異なる個別のディレクトリを管理します。
                • +(1) 408 555 0100
                • +1-510-5550101
                +1408|+(#) ### ### ####|+1510|+#-###-####### のマスクにより、両方の番号を正しく使用できます。
                パイプ記号(|

                番号パターンとマスクを区切ります。

                たとえば、+1408|+(#) ### ### ####|+34|+(##) ### #### です。

                ワイルドカード文字

                一致すると思われる文字のサブセットの代わりに 1 つ以上の文字を使用します。

                電話マスクで任意のワイルドカード文字を使用できます。

                たとえば、アスタリスク(*)は、1 つ以上の文字を表し、+3498|+##*##*###*#### のようにマスクに適用できます。 ワイルドカードとともにこのマスクを使用すると、電話番号検索で次のいずれかの形式と一致します。
                • +34(98)555 0199
                • +34 98 555-0199
                • +34-(98)-555.0199
                逆マスク

                番号パターンを右から左に適用します。

                たとえば、+34985590199 に +3498|R+34 (98) 559 #### のマスクを適用すると、+34 (98) 559 0199 が取得されます。

                順マスクと逆マスクの両方を使用できます。

                連絡先の写真のパラメータ

                次の表に、Cisco Jabber for Windows が連絡先の写真を取得する方法を設定するパラメータについて説明します。
                パラメータ 説明
                PhotoUriSubstitutionEnabled

                true

                false

                写真 URI の代替が有効であるかどうかを指定します。

                true
                写真 URI の代替は有効です。
                false
                写真 URI の代替が無効であるかどうかを指定します。 これがデフォルト値です。

                写真 URI の代替は、ディレクトリ統合に EDI を使用する場合にのみサポートされます。

                PhotoUriSubstitutionToken

                ディレクトリ属性

                写真 URI に挿入するディレクトリ属性を指定します(sAMAccountName など)。

                PhotoUriWithToken

                URI

                変数値としてディレクトリ属性を使用する、写真 URI を指定します(http://staffphoto.example.com/sAMAccountName.jpg など)。

                写真 URI の代替を設定するには、PhotoUriSubstitutionToken の値としてディレクトリ属性を設定します。

                メモ: UDS で連絡先の写真を解決するには、連絡先の写真の URL のフォーマットを PhotoUriWithToken パラメータの値として指定する必要があります。

                連絡先の写真のサポートされるファイル形式、寸法、およびその他の要件を確認するには、連絡先の写真の形式と寸法の項を参照してください。

                ドメイン フェデレーション パラメータ

                次の表に、ドメイン内フェデレーションのパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                UseSIPURIToResolveContacts

                true

                false

                ユーザが SipUri パラメータでマッピングした属性から、クライアントが連絡先情報を取得するかどうかを指定します。

                デフォルトでは、SipUri パラメータは msRTCSIP-PrimaryUserAddress にマッピングされます。

                true

                SipUri パラメータにマッピングされている属性から連絡先情報を取得します。

                ディレクトリの連絡先ユーザ名が username@domain の形式でない場合、この値を設定します。

                false
                SipUri パラメータにマッピングされている属性を使用しません。 これがデフォルト値です。
                UriPrefix

                テキスト文字列

                SipUri パラメータにマッピングされている属性の値にプレフィックスを定義します。

                プレフィックスは、ユーザ名の前にあるテキストです。

                たとえば、SipUri パラメータに msRTCSIP-PrimaryUserAddress 属性がマッピングされているとします。

                ディレクトリで、msRTCSIP-PrimaryUserAddress 属性の値が sip:username@domain であるとすると、

                プレフィックスは、sip: です。

                デフォルト値はありません。

                詳細は、ドメイン フェデレーションのセクションを参照してください。

                ディレクトリ サーバの設定例

                ここでは、Cisco Jabber for Windows がサポートする特定の統合シナリオについて説明し、設定例を示します。

                メモ: OpenLDAPAD LDS、または ADAM とのディレクトリ統合を設定するには、サポートされるシナリオに設定 XML が従っていることを確認する必要があります。

                ディレクトリ サーバとの統合に関する詳細については、オンプレミス導入のディレクトリ サービスの項を参照してください。

                ドメイン コントローラの接続

                Cisco Jabber for Windows を設定してドメイン コントローラに接続するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI EDI 統合を使用します。
                ConnectionType 1 ドメイン コントローラに接続します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <ConnectionType>1</ConnectionType>
                </Directory>

                手動サーバ接続

                ディレクトリ サーバへの手動接続を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI EDI 統合を使用します。
                PrimaryServerName

                FQDN

                IP アドレス

                プライマリ サーバのアドレスを指定します。
                ServerPort1 ポート番号 プライマリ サーバのポート番号を指定します。
                SecondaryServerName

                FQDN

                IP アドレス

                セカンダリまたはバックアップ サーバのアドレスを指定します。
                ServerPort2 ポート番号 セカンダリ サーバのポート番号を指定します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <PrimaryServerName>primary-server-name.domain.com</PrimaryServerName>
                  <ServerPort1>1234</ServerPort1>
                  <SecondaryServerName>secondary-server-name.domain.com</SecondaryServerName>
                  <ServerPort2>5678</ServerPort2>
                </Directory>

                UDS 統合

                UDS と統合するため Cisco Jabber for Windows を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType UDS UDS 統合を使用します。
                PhotoUriWithToken 接続の写真の URL 接続の写真が解決する URL を指定します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>UDS</DirectoryServerType>
                  <PhotoUriWithToken>http://server-name/%%uid%%.jpg</PhotoUriWithToken>
                </Directory>

                OpenLDAP統合

                Cisco Jabber for Windows は匿名バインドおよび認証済みバインドを使用して OpenLDAP との統合をサポートします。

                匿名バインド
                匿名バインドを使用した OpenLDAP との統合を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI LDAP ディレクトリ サービスに接続する。
                ConnectionType 1 ドメイン コントローラ に接続します。
                PrimaryServerName IP アドレス

                ホスト名

                プライマリ サーバを指定します。
                UseWindowsCredentials 0 Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。
                UseSecureConnection 1 ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用しないでください。
                SearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート 検索が開始されるディレクトリ サービスの場所を指定します。
                UserAccountName uid または cn などの固有識別子 ユーザ アカウント ID を保持するディレクトリ属性を指定します。
                BaseFilter ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。 検索ベースを参照するときにどのオブジェクトが返されるかを指定します。
                PredictiveSearchFilter uid または他の検索フィルタ 検索文字列の曖昧さを取り除き、ディレクトリ サービスの Ambiguous Name Resolution(ANR)用に設定された属性と一致する結果を返します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <ConnectionType>1</ConnectionType>
                  <PrimaryServerName>11.22.33.456</PrimaryServerName>
                  <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                  <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                  <SearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</SearchBase1>
                  <UserAccountName>uid</UserAccountName>
                  <BaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BaseFilter>
                  <PredictiveSearchFilter>uid</PredictiveSearchFilter>
                </Directory>
                認証済みバインド
                認証済みバインドを使用した OpenLDAP との統合を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI LDAP ディレクトリ サービスに接続する。
                ConnectionType 1 ドメイン コントローラ サーバに接続します。
                PrimaryServerName IP アドレス

                ホスト名

                プライマリ サーバを指定します。
                UseWindowsCredentials 0 Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。
                UseSecureConnection 0 ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用します。
                SearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート 検索が開始されるディレクトリ サービスの場所を指定します。
                UserAccountName uid または cn などの固有識別子 ユーザ アカウント ID を保持するディレクトリ属性を指定します。
                BaseFilter ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。 検索ベースを参照するときにどのオブジェクトが返されるかを指定します。
                PredictiveSearchFilter uid または他の検索フィルタ 検索文字列の曖昧さを取り除き、ディレクトリ サービスの Ambiguous Name Resolution(ANR)用に設定された属性と一致する結果を返します。
                ConnectionUsername ユーザ名 認証用のユーザ名を指定します。
                ConnectionPassword パスワード 認証用のパスワードを指定します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <ConnectionType>1</ConnectionType>
                  <PrimaryServerName>11.22.33.456</PrimaryServerName>
                  <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                  <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                  <SearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</SearchBase1>
                  <UserAccountName>uid</UserAccountName>
                  <BaseFilter>(&amp;(objectClass=inetOrgPerson)</BaseFilter>
                  <PredictiveSearchFilter>uid</PredictiveSearchFilter>
                  <ConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</ConnectionUsername>
                  <ConnectionPassword>password</ConnectionPassword>
                </Directory>

                AD LDS統合

                Cisco Jabber for Windows は、特定の設定を使用して、Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービスAD LDS)、または Active Directory アプリケーション モードADAM)との統合をサポートします。

                AD LDS による匿名バインド
                匿名バインドを使用した AD LDS または ADAM との統合を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI LDAP ディレクトリ サービスに接続する。
                ConnectionType 1 ドメイン コントローラ サーバに接続します。
                PrimaryServerName IP アドレス

                ホスト名

                プライマリ サーバを指定します。
                UseWindowsCredentials 0 Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。
                UseSecureConnection 0 ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用します。
                SearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート 検索が開始されるディレクトリ サービスの場所を指定します。
                UserAccountName uid または cn などの固有識別子 ユーザ アカウント ID を保持するディレクトリ属性を指定します。
                BaseFilter ディレクトリ サービスが使用するオブジェクト クラス(inetOrgPerson など)。 検索ベースを参照するときにどのオブジェクトが返されるかを指定します。
                PredictiveSearchFilter uid または他の検索フィルタ 検索文字列の曖昧さを取り除き、ディレクトリ サービスの Ambiguous Name Resolution(ANR)用に設定された属性と一致する結果を返します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <PrimaryServerName>11.22.33.456</PrimaryServerName>
                  <ServerPort1>50000</ServerPort1>
                  <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                  <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                  <SearchBase1>dc=adam,dc=test</SearchBase1>
                </Directory>
                Windows のプリンシパル ユーザ認証
                Microsoft Windows プリンシパル ユーザとの認証を使用して AD LDS または ADAM との統合を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI LDAP ディレクトリ サービスに接続する。
                PrimaryServerName IP アドレス

                ホスト名

                プライマリ サーバを指定します。
                ServerPort1 ポート番号 プライマリ サーバのポート番号を指定します。
                UseWindowsCredentials 0 Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。
                UseSecureConnection 1 ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用しないでください。
                ConnectionUsername ユーザ名 認証用のユーザ名を指定します。
                ConnectionPassword パスワード 認証用のパスワードを指定します。
                UserAccountName uid または cn などの固有識別子 ユーザ アカウント ID を保持するディレクトリ属性を指定します。
                SearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート 検索が開始されるディレクトリ サービスの場所を指定します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <PrimaryServerName>11.22.33.456</PrimaryServerName>
                  <ServerPort1>50000</ServerPort1>
                  <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                  <UseSecureConnection>1</UseSecureConnection>
                  <ConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</ConnectionUsername>
                  <ConnectionPassword>password</ConnectionPassword>
                  <UserAccountName>cn</UserAccountName>
                  <SearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</SearchBase1>
                </Directory>
                AD LDS のプリンシパル ユーザ認証
                AD LDS プリンシパル ユーザとの認証を使用して AD LDS または ADAM との統合を設定するには、次のパラメータを設定する必要があります。
                パラメータ 説明
                DirectoryServerType EDI LDAP ディレクトリ サービスに接続する。
                PrimaryServerName IP アドレス

                ホスト名

                プライマリ サーバを指定します。
                ServerPort1 ポート番号 プライマリ サーバのポート番号を指定します。
                UseWindowsCredentials 0 Microsoft Windows 認証情報を使用しないでください。
                UseSecureConnection 0 ディレクトリ サービスとの接続に単純な認証を使用します。
                ConnectionUsername ユーザ名 認証用のユーザ名を指定します。
                ConnectionPassword パスワード 認証用のパスワードを指定します。
                UserAccountName uid または cn などの固有識別子 ユーザ アカウント ID を保持するディレクトリ属性を指定します。
                SearchBase1 ディレクトリ サービスまたは組織単位(OU)のルート 検索が開始されるディレクトリ サービスの場所を指定します。
                次に設定例を示します。
                <Directory>
                  <DirectoryServerType>EDI</DirectoryServerType>
                  <PrimaryServerName>11.22.33.456</PrimaryServerName>
                  <ServerPort1>50000</ServerPort1>
                  <UseWindowsCredentials>0</UseWindowsCredentials>
                  <UseSecureConnection>0</UseSecureConnection>
                  <ConnectionUsername>cn=administrator,dc=cisco,dc=com</ConnectionUsername>
                  <ConnectionPassword>password</ConnectionPassword>
                  <UserAccountName>cn</UserAccountName>
                  <SearchBase1>ou=people,dc=cisco,dc=com</SearchBase1>
                </Directory>

                オプション パラメータ

                オプションのパラメータを使用すると、クライアントの [オプション(Options)] ウィンドウの特定の設定に対してデフォルト値を変更できます。 また、ユーザは [オプション(Options)] ウィンドウで独自の値を指定し、設定ファイルで設定したデフォルトを上書きすることもできます。

                次の表に、オプション要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                Set_Status_Away_On_Inactive

                true

                false

                ユーザが非アクティブになったときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更するかどうかを指定します。
                true

                ユーザが非アクティブになったときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更します。 これがデフォルト値です。

                false

                ユーザが非アクティブになったときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更しません。

                Set_Status_Inactive_Timeout

                分単位での時間

                ユーザが非アクティブになった場合にアベイラビリティ ステータスが [退席中(Away)] に変更される前の時間を分単位で指定します。

                デフォルト値は 15 です。

                Set_Status_Away_On_Lock_OS

                true

                false

                ユーザが、オペレーティング システムをロックしたときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更するかどうかを指定します。
                true

                ユーザが、オペレーティング システムをロックしたときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更します。 これがデフォルト値です。

                false

                ユーザが、オペレーティング システムをロックしたときにアベイラビリティ ステータスを [退席中(Away)] に変更しません。

                StartCallWithVideo

                true

                false

                ユーザがコールを発信したときのコールの開始方法を指定します。 コールは音声のみ、または音声およびビデオで開始できます。
                true
                コールは常に音声およびビデオで始まります。 これがデフォルト値です。
                false
                コールは常に音声のみで始まります。
                Start_Client_On_Start_OS

                true

                false

                オペレーティング システムが起動したときに、クライアントが自動的に起動するかどうかを指定します。
                true

                クライアントは自動的に起動します。

                false

                クライアントは自動的に起動しません。 これがデフォルト値です。

                AllowUserCustomTabs

                true

                false

                ユーザが、独自のカスタム埋め込みタブを作成できるかどうかを指定します。
                true

                ユーザはカスタム埋め込みタブを作成できます。

                false

                ユーザはカスタム埋め込みタブを作成できません。 これがデフォルト値です。

                カスタム埋め込みタブの詳細については、カスタム埋め込みタブのトピックを参照してください。

                ShowContactPictures

                true

                false

                連絡先リストに連絡先の写真が表示されるかどうかを指定します。
                true

                連絡先リストに連絡先の写真が表示されます。 これがデフォルト値です。

                false

                連絡先リストに連絡先の写真は表示されません。

                ShowOfflineContacts

                true

                false

                連絡先リストにオフラインの連絡先が表示されるかどうかを指定します。
                true

                連絡先リストにオフラインの連絡先が表示されます。 これがデフォルト値です。

                false

                連絡先リストにオフラインの連絡先は表示されません。

                DockedWindowVisible

                TRUE

                FALSE

                クライアントが起動したときに、ドックウィンドウが表示されるかどうかを指定します。
                TRUE

                クライアントが起動したときに、ドックウィンドウが表示されます。 これがデフォルト値です。

                FALSE

                クライアントが起動したときに、ドックウィンドウは表示されません。

                DockedWindowPosition

                TopCenter

                TopLeft

                TopRight

                ユーザの画面で、ドックウィンドウの位置を設定します。
                TopCenter

                ドックウィンドウは画面の上部中央に表示されます。 これがデフォルト値です。

                TopLeft

                ドックウィンドウは画面の左上に表示されます。

                TopRight

                ドックウィンドウは画面の右上に表示されます。

                電話パラメータ

                次の表に、電話要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                TftpServer1

                IP アドレス

                ホスト名

                FQDN

                TFTP サーバのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                • ホスト名(hostname
                • IP アドレス(123.45.254.1
                • FQDN(hostname.domain.com

                電話機モード で導入する場合、TFTP サービスからデバイス設定を取得する際に、クライアントはこのパラメータが必要です。

                詳細については、TFTP サーバ アドレスを参照してください。

                CtiServer1

                IP アドレス

                ホスト名

                FQDN

                CTI サーバのアドレスを指定します。

                このパラメータは、CTI サーバ アドレスが TFTP サーバ アドレスと同じでない場合にのみ必要です。

                CcmcipServer1

                IP アドレス

                ホスト名

                FQDN

                CCMCIP サーバのアドレスを指定します。

                このパラメータは、CCMCIP サーバ アドレスが TFTP サーバ アドレスと同じでない場合にのみ必要です。

                関連コンセプト

                ポリシー パラメータ

                ポリシー パラメータにより特定のクライアントの機能を制御できます。

                オンプレミス ポリシー

                次の表に、オンプレミス 導入の ポリシー 要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                Screen_Capture_Enabled

                true

                false

                ユーザが画面キャプチャを取得できるかどうかを指定します。

                true
                ユーザは画面キャプチャを取得できます。 これがデフォルト値です。
                false
                ユーザは画面キャプチャを取得できません。
                File_Transfer_Enabled

                true

                false

                ユーザが他のユーザとファイルを交換できるかどうかを指定します。

                true
                ユーザは他のユーザとファイルを交換できます。 これがデフォルト値です。
                false
                ユーザは他のユーザとファイルを交換できません。
                Disallowed_File_Transfer_Types

                ファイル拡張子

                ユーザによる特定のファイルの交換を禁止します。

                値としてセット ファイル拡張子(.exe など)を設定します。

                複数のファイル拡張子(.exe、.msi、.rar、.zip など)を区切るには、セミコロンを使用します。

                重要:

                Cisco Unified Communications IM and Presence でのファイル転送および画面キャプチャは、Enable file transfer パラメータを使用して無効にできます。

                サーバ上で設定を無効にした場合は、クライアント設定でもファイル転送と画面キャプチャを無効にする必要があります。

                共通のポリシー

                次の表に、オンプレミス 導入およびハイブリッド クラウドベース 導入の両方で ポリシー 要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                EnableVideo

                true

                false

                ビデオ機能を有効または無効にします。
                true
                ユーザはビデオ コールを発信および受信できます。 これがデフォルト値です。
                false
                ユーザはビデオ コールを発信または受信できません。
                InitialPhoneSelection

                deskphone

                softphone

                クライアントの初回起動時にユーザの電話タイプを設定します。 ユーザは初回起動後、これらの電話タイプを変更できます。 クライアントはユーザ設定を保存し、その後の起動に使用します。
                deskphone
                コールに デスクフォン デバイスを使用します。
                softphone
                コールに ソフトフォン デバイスを使用します。 これがデフォルト値です。
                クライアントはデバイスを次の順序で選択します。
                1. ソフトフォン デバイス
                2. デスクフォン デバイス
                ソフトフォン デバイスを持つユーザをプロビジョニングしない場合、クライアントは自動的に デスクフォン デバイスを選択します。
                UserDefinedRemoteDestinations

                true

                false

                ユーザは、クライアント インターフェイスを介してリモート接続先を追加、編集、および削除できます。
                true
                ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できます。
                false
                ユーザはリモート接続先を追加、編集、および削除できません。 これがデフォルト値です。

                CTI リモート デバイスだけを持つユーザをプロビジョニングする場合、このパラメータの値を設定します。 このパラメータは、ユーザが CTI リモート デバイスとして ソフトフォン デバイスまたはデスクフォン デバイスを備えている場合は有効になりません。

                enableLocalAddressBookSearch

                true

                false

                ユーザはローカル Microsoft Outlook 連絡先を検索したり連絡先リストへ追加できます。
                true

                ユーザはローカル Microsoft Outlook 連絡先を検索したり連絡先リストへ追加できます。 これがデフォルト値です。

                false

                ユーザはローカル Microsoft Outlook 連絡先を検索したり連絡先リストへ追加できません。

                EnableAccessoriesManager

                true

                false

                クライアントでアクセサリ マネージャ API を有効にします。 この API により、アクセサリのベンダーはヘッドセットなどのデバイス用のコール管理機能を有効にするためのプラグインを作成できます。
                true

                アクセサリ マネージャ API を有効にします。

                false

                アクセサリ マネージャ API を無効にします。 これがデフォルト値です。

                ForceFontSmoothing

                true

                false

                クライアントがテキストを滑らかにするためにアンチエイリアスを適用する場合に指定します。
                true

                クライアントは、テキストにアンチエイリアスを適用します。 これがデフォルト値です。

                false

                オペレーティング システムは、テキストにアンチエイリアスを適用します。

                Cisco WebEx ポリシー

                ハイブリッド クラウドベース 導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用してクライアントのポリシーを設定できます。 使用可能なポリシーおよびその説明については、「Using policy actions available in Cisco WebEx」を参照してください。

                プレゼンス パラメータ

                次の表に、プレゼンス要素内で指定できるパラメータを示します。
                パラメータ 説明
                PresenceServerType

                CUP

                WebEx

                プレゼンス サーバのタイプを定義します。 次のいずれかの値を設定します。
                CUP
                Cisco Unified Presence または Cisco Unified Communications IM and Presence
                WebEx
                Cisco WebEx Messenger
                PresenceServerAddress

                ホスト名

                IP アドレス

                FQDN

                プレゼンス サーバのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                • ホスト名(hostname
                • IP アドレス(123.45.254.1
                • FQDN(hostname.domain.com

                プレゼンス サーバがドメイン ネーム システム サービス レコード(DNS SRV)をサポートしていない場合は、この引数の値を指定する必要があります。 たとえば、Cisco Unified Presence 8.5.2 では DNS SRV をサポートしていません。

                PresenceServerDomain

                ドメイン名

                プレゼンス サーバのドメイン名を識別します。 この引数の値として、ドメイン名を指定します。たとえば、domain.com などです。

                プレゼンス サーバのドメインが、クライアントがインストールされているワークステーションのドメインと同じではない場合は、この引数を指定する必要があります。

                次のようにプレゼンス サーバのドメインを確認できます。
                1. 次のいずれかを実行します。
                  • Cisco Unified Presence:[Cisco Unified Presence の管理(Cisco Unified Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
                  • Cisco Unified Communications IM and Presence:[Cisco Unified CM IM/Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
                2. [システム(System)] > [クラスタ トポロジ(Cluster Topology)] を選択します。
                3. [設定(Settings)] を選択します。
                4. [ドメイン名(Domain Name)] フィールドの値としてドメイン名を確認します。

                サービス認証情報パラメータ

                ユーザが特定のサービスに対して認証する必要がないように、設定ファイルでサービス認証情報パラメータを指定できます。

                ボイスメール サービスの認証情報

                ボイスメール 要素内でボイスメール サービスの認証情報を設定するには、次のパラメータを指定します。
                パラメータ 説明
                VoiceMailService_UseCredentialsFrom 電話

                クライアントが電話サービスの認証情報を使用してボイスメール サービスにアクセスすることを指定します。

                ユーザの電話サービスの認証情報とボイスメール サービスの認証情報が同じであることを確認します。 この設定を行うと、ユーザはクライアント インターフェイスでボイスメール サービスの認証情報を指定することはできません。

                このパラメータはデフォルトでは設定されていません。

                重要:

                このパラメータは、ハイブリッド クラウドベース による導入でのみ設定できます。

                オンプレミス 導入では、ボイスメール サービスに対する認証情報ソースをプレゼンス サーバ上で設定します。 詳細については、Cisco Jabber for Windows Server Setup Guide』ボイスメールのセットアップの項を参照してください。

                次に、ボイスメール サービスの認証情報パラメータの例を示します。
                <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
                <config version="1.0">
                  <Voicemail>
                    <VoicemailService_UseCredentialsFrom>phone</VoicemailService_UseCredentialsFrom>
                  </Voicemail>
                </config>

                ボイスメール サービス パラメータ

                デフォルトのオンプレミス 導入では、クライアントはサービス プロファイルからボイスメール サービスの設定を取得します。 クライアントを 電話機モード で導入する場合、設定ファイルでボイスメール サービス パラメータを指定できます。 クライアントは TFTP サーバからボイスメール サービスの設定を取得できます。

                次の表に、ボイスメール 要素内で指定できるボイスメール サービスの設定パラメータを示します。
                キー 説明
                VVM_Mailstore_Server_0

                ホスト名

                IP アドレス

                FQDN

                メールストア サーバのアドレスを指定します。 値として次のいずれかを設定します。
                • ホスト名(hostname
                • IP アドレス(123.45.254.1
                • FQDN(hostname.domain.com
                VVM_Mailstore_PollingInterval 秒数
                クライアントが削除済みメッセージについてメールストア サーバをポーリングする秒数を指定します。
                0

                クライアントは、メールストア サーバをポーリングしません。

                メールストア サーバは、ユーザがボイスメール メッセージを削除したときクライアントに通知しません。 値として 0 を設定すると、クライアントは、ユーザがボイスメール メッセージをいつ削除したかを検出できません。 その結果、クライアントは、ユーザが次回サインインするまでユーザが削除するボイスメール メッセージを除外できません。

                1 以上

                クライアントは、指定した間隔でメールストア サーバをポーリングします。

                デフォルト値は 60 です。

                メモ:

                クライアントが電話サービスの認証情報を使用してボイスメール サービスにアクセスできるよう、認証情報を設定することもできます。 詳細については、サービス認証情報パラメータを参照してください。

                自動更新の設定

                自動更新を有効にするには、最新バージョン(HTTP サーバのインストール パッケージの URL を含む)の情報が含まれている XML ファイルを作成します。 クライアントは、ユーザがサインインしたり、コンピュータをスリープ モードから再開したり、[ヘルプ(Help)] メニューから手動による更新要求を実行すると、クライアントによって XML ファイルが取得されます。

                (注)  


                ハイブリッド クラウドベース 導入では、Cisco WebEx 管理ツール を使用して自動更新を設定する必要があります。


                はじめる前に
                • HTTP サーバ をインストールして設定し、XML ファイルおよびインストール パッケージをホストするようにします。
                • ユーザがワークステーションにソフトウェア アップデートをインストールする権限があることを確認します。 ユーザがワークステーションで管理者権限を持っていない場合、Microsoft Windows は、場合によっては更新のインストールを停止します。
                手順
                  ステップ 1   HTTP サーバ で更新インストール プログラムをホストします。
                  ステップ 2   任意のテキスト エディタを使用して更新の XML ファイルを作成します。

                  自動更新用の XML ファイルの構造は次のとおりです。

                  <JabberUpdate>
                   <LatestBuildNum>value</LatestBuildNum>
                   <LatestVersion>value</LatestVersion>
                   <Message><![CDATA[your_html]]></Message>
                   <DownloadURL>value</DownloadURL>
                  </JabberUpdate>
                  ステップ 3   次のように XML で値を指定します。
                  LatestBuildNum

                  更新のビルド番号。

                  LatestVersion

                  更新のバージョン番号。

                  Message
                  次の形式の HTML:
                  <![CDATA[your_html]]>
                  DownloadURL

                  HTTP サーバ へのインストール パッケージの URL。



                  例:

                  次に、自動更新用の XML の例を示します。

                  <JabberUpdate>
                   <LatestBuildNum>12345</LatestBuildNum>
                   <LatestVersion>9.x</LatestVersion>
                   <Message><![CDATA[<b>This new version of Cisco Jabber lets you do the following:</b><ul><li>Feature 1</li><li>Feature 2</li></ul>For 
                  more information click <a target="_blank" href="http://cisco.com/go/jabber">here</a>.]]></Message>
                   <DownloadURL>http://http_server_name/CiscoJabberSetup.msi</DownloadURL>
                  </JabberUpdate>
                  ステップ 4   更新の XML ファイルを保存して閉じます。
                  ステップ 5   HTTP サーバ上で更新の XML ファイルをホストします。
                  ステップ 6   設定ファイルの UpdateUrl パラメータの値として更新の XML ファイルを指定します。

                  問題レポートの設定

                  問題レポートをセットアップすると、ユーザは、クライアントの使用中に発生した問題の概要を送信できるようになります。 次のように、問題レポートを送信する方法は 2 つあります。
                  • ユーザがクライアント インターフェイスを通じて問題レポートを直接送信する。
                  • 問題レポートをローカルに保存し、後でアップロードする。

                  クライアントは、HTTP POST 方式を使用して問題レポートを提出します。 POST 要求を受け入れるカスタム スクリプトを作成し、設定パラメータとして HTTP サーバ 上のスクリプトの URL を指定します。 ユーザは問題レポートをローカルに保存できるため、ユーザが問題レポートをアップロードできるようにするフォームを含む HTML ページを作成する必要もあります。

                  はじめる前に
                  環境の準備を行うには、次の手順を実行します。
                  1. HTTP サーバ をインストールおよび設定します。
                  2. HTTP POST 要求を受け入れるカスタム スクリプトを作成します。
                  3. HTTP サーバ 上でホストする HTML ページを作成し、ユーザが、ローカルに保存されている問題レポートをアップロードできるようにします。 HTML ページには、.ZIP アーカイブとして保存された問題レポートを受け入れ、カスタム スクリプトを使用して問題レポートを送信するアクションが含まれているフォームがあります。

                  次に、問題レポートを受け入れるフォームの例を示します。

                  <form name="uploadPrt" action="http://server_name.com/scripts/UploadPrt.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
                   <input type="file" name="zipFileName" id="zipFileName" /><br />
                   <input type="submit" name="submitBtn" id="submitBtn" value="Upload File" />
                  </form>
                  手順
                    ステップ 1   HTTP サーバ 上でカスタム スクリプトをホストします。
                    ステップ 2   設定ファイルの PrtLogServerUrl パラメータの値としてスクリプトの URL を指定します。

                    カスタム埋め込みタブ

                    カスタム埋め込みタブでは、Microsoft Internet Explorer レンダリング エンジンを使用して、クライアント インターフェイスに HTML コンテンツが表示されます。

                    カスタム埋め込みタブ定義

                    次の XML の抜粋は、クライアント コンフィギュレーション ファイルのカスタム埋め込みタブの基本構造を示します。
                    <Client>
                     <jabber-plugin-config>
                      <browser-plugin>
                       <page refresh="" preload="">
                        <tooltip></tooltip>
                        <icon></icon>
                        <url></url>
                       </page>
                      </browser-plugin>
                     </jabber-plugin-config>
                    </Client>
                    次の表に、カスタム埋め込みタブを定義するための要素および属性を示します。
                    パラメータ 説明
                    browser-plugin

                    カスタム タブのすべての定義

                    カスタム埋め込みタブのすべての定義が含まれます。

                    page

                    カスタム タブの 1 つの定義

                    カスタム埋め込みタブの 1 つの定義が含まれます。

                    refresh

                    true

                    false

                    埋め込みタブのコンテンツが更新されるタイミングを制御します。 次のいずれかの値を指定します。
                    true
                    ユーザが埋め込みタブを選択するたびにコンテンツが更新されます。
                    false
                    コンテンツは、ユーザがクライアントを再起動するか、サインアウトして再度サインインする場合だけ更新されます。 これがデフォルト値です。

                    このパラメータはオプションです。

                    refreshpage 要素の属性です。

                    preload

                    true

                    false

                    埋め込みタブのコンテンツがロードされるタイミングを制御します。 次のいずれかの値を指定します。
                    true
                    クライアントが起動すると、コンテンツがロードされます。
                    false
                    ユーザが埋め込みタブを選択すると、コンテンツがロードされます。 これがデフォルト値です。

                    このパラメータはオプションです。

                    preloadpage 要素の属性です。

                    tooltip

                    Unicode 文字の文字列

                    ユーザが埋め込みタブ上にカーソルを移動したときに表示されるテキストを定義します。

                    このパラメータはオプションです。

                    icon

                    URL

                    埋め込みタブのアイコンの位置を指定します。 ローカル アイコンまたはホステッド アイコンを指定できます。
                    ローカル アイコン

                    file://path/icon_name のようにローカル アイコンの URL を指定します。

                    例:<icon>file://c:/icons/icon.png</icon>

                    ホステッド アイコン

                    http://full_path/icon_name のようにホステッド アイコンの URL を指定します。

                    例:<icon>http://domain/icons/icon.png</icon>

                    Microsoft Internet Explorer で描画可能なアイコン(.JPG、.PNG、.GIF など)を使用できます。

                    カスタム アイコンの寸法と形式については、カスタム アイコンを参照してください。

                    このパラメータはオプションです。 アイコンを指定しない場合、クライアントによって HTML ページから favicon がロードされます。 HTML ページに favicon が存在しない場合、クライアントによってデフォルトのアイコンがロードされます。

                    url

                    URL

                    埋め込みタブに表示される HTML ページ(つまり、他のコンテンツ)の URL を指定します。

                    ${UserID} トークンを url パラメータの値の一部として指定できます。 詳細については、「UserID のトークン」のトピックを参照してください。

                    クライアントでは、Internet Explorer レンダリング エンジンを使用して埋め込みタブのコンテンツを表示します。 このため、Internet Explorer でサポートされているコンテンツの URL を指定できます。

                    (注)     

                    Cisco Jabber for Windows では、Internet Explorer バージョン 9 またはそれ以前のバージョンをサポートしています。 それ以降のバージョンの Internet Explorer をワークステーションにインストールしている場合は、クライアントでは Internet Explorer をバージョン 9 モードで使用します。

                    このパラメータは必須です。

                    ユーザのカスタム タブ

                    ユーザは、クライアント ユーザ インターフェイスを使用して、独自のカスタム埋め込みタブを作成できます。

                    ユーザがカスタム埋め込みタブを作成できるようにする必要があります。 次の手順で、設定ファイルの AllowUserCustomTabs パラメータの値として true を設定します。
                    <オプション>
                      <AllowUserCustomTabs>true</AllowUserCustomTabs>
                    </オプション>

                    (注)  


                    ユーザのカスタム埋め込みタブはデフォルトでは無効になっています。 詳細については、「オプション パラメータ」のトピックを参照してください。


                    カスタム アイコン

                    カスタム埋め込みタブのアイコンには、1 つのイメージ ファイル内の各状態に対して 10 個のフレームがあります。


                    (注)  


                    最適な結果を得るには、カスタム アイコンは次のガイドラインに準拠する必要があります。
                    • 寸法:20 x 20 ピクセル
                    • 各フレーム間に 1 ピクセルのパディング。 1 ピクセルのパディングにより、実際に使用できるアイコンの領域は 19 x 19 ピクセルになります。
                    • トランスペアレント背景
                    • PNG ファイル形式

                    アイコンの各フレームは次の状態を示します。
                    1. 通常
                    2. 押されている
                    3. ホバー
                    4. ディセーブル
                    5. フォーカス済み
                    6. 選択済みおよび標準
                    7. 選択済みおよび押されている
                    8. 選択済みおよびホバー
                    9. 選択済みおよびディセーブル
                    10. 選択済みおよびフォーカス済み
                    次に、アイコンの例を示します。




                    次に、前述のアイコンの各フレームの 16 進数カラー コードを示します。 カスタム アイコンで一貫した外観を保つにはこれらのカラー コードを使用します。
                    1. #4f6b7c
                    2. #2aa6c7
                    3. #99b5c7
                    4. #FFFFFF
                    5. #19bae3
                    6. #19bae3
                    7. #2aa6c7
                    8. #99b5c7
                    9. #FFFFFF
                    10. #19bae3

                    カスタム タブからのチャットおよびコール

                    プロトコル ハンドラを使用して、カスタム埋め込みタブからチャットおよびコールを開始できます。
                    • チャットを開始するには XMPP: または IM: プロトコル ハンドラを使用します。
                    • 音声通話およびビデオ コールを開始するには、TEL: プロトコル ハンドラを使用します。

                    詳細については、プロトコル ハンドラのトピックを参照してください。

                    UserID のトークン

                    ${UserID} トークンを url パラメータの値の一部として指定できます。 ユーザがログインすると、クライアントにより、${UserID} トークンがログインしたユーザのユーザ名に置き換えられます。


                    ヒント


                    また、クエリー文字列に ${UserID} トークンを指定することもできます(例:www.cisco.com/mywebapp.op?url=${UserID})。


                    次は、$ {USERID} トークンの使用方法を示しています。
                    1. カスタム埋め込みタブで次の内容を指定します。
                      <url>www.cisco.com/${UserID}/profile</url>
                    2. Mary Smith がサインインします。 Mary のユーザ名は msmith です。
                    3. クライアントにより、次のように ${USERID} トークンが Mary のユーザ名に置き換えられます。
                      <url>www.cisco.com/msmith/profile</url>

                    JavaScript 通知

                    カスタム埋め込みタブに JavaScript 通知を実装できます。 このトピックでは、JavaScript 通知用にクライアントが提供するメソッドについて説明します。 また、通知のテストに使用できる JavaScript フォームの例についても説明します。 非同期サーバ コールに対する JavaScript 通知の実装方法と他のカスタム実装に関する説明は、このマニュアルでは取り扱いません。 詳細については、該当する JavaScript のマニュアルを参照してください。

                    通知メソッド

                    Cisco Jabber for Windows には、JavaScript 通知の次のメソッドを提供するインターフェイスが含まれています。
                    SetNotificationBadge
                    JavaScript でクライアントからのこのメソッドを呼び出します。 このメソッドは、次のいずれかの文字列値が取得されます。
                    • 空 空の値は、既存の通知バッジを排除します。
                    • 0 ~ 999 の数字
                    • 2 桁の英数字の組み合わせ(A1 など)
                    onPageSelected

                    クライアントは、ユーザがカスタム埋め込みタブを選択するとこのメソッドを呼び出します。

                    onPageDeselected

                    クライアントは、ユーザが別のタブを選択するとこのメソッドを呼び出します。

                    JavaScript の例

                    次に、1 ~ 999 の数字を入力できるフォームを表示するために JavaScript を使用する HTML の例を示します。
                    <html>
                      <head>
                        <script type="text/javascript">
                          function onPageSelected()
                          {
                            window.external.SetNotificationBadge("");
                          }
                          function onPageDeselected()
                          {
                            window.external.SetNotificationBadge("");
                          }
                          function addBadge() 
                          {
                            var cell = document.getElementById("badgeid");
                            window.external.SetNotificationBadge(cell.value);
                          }
                        </script>
                      </head>
                      <body>
                        <form onsubmit="addBadge()" >
                        Badge: <input type="text" name="value" id="badgeid"/><br />
                        <input type="submit" value="Submit">
                        </form>
                      </body>
                    </html>

                    この例の JavaScript フォームをテストするには、前述の例を HTML ページにコピーしてから、そのページをカスタム埋め込みタブとして指定します。

                    カスタム埋め込みタブの例

                    次に、2 つのカスタム埋め込みタブの基本的な例を示します。

                    <jabber-plugin-config>
                     <browser-plugin>
                      <page refresh="false" preload="false">
                       <tooltip>Cisco WebEx</tooltip>
                       <icon></icon>
                       <url>http://www.webex.com/</url>
                      </page>
                      <page refresh="true">
                       <tooltip>Cisco</tooltip>
                       <icon>http://cisco.com/icon.png</icon>
                       <url>http://www.cisco.com/</url>
                      </page>
                     </browser-plugin>
                    </jabber-plugin-config>