Cisco Jabber for Windows 9.0.x 環境設定ガイド
9.0 オンプレミス環境のセットアップ
9.0 オンプレミス環境のセットアップ
発行日;2012/12/19   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

9.0 オンプレミス環境のセットアップ

この章は、Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.0 以降の環境設定の手順についてのタスクベースの情報を提供します。


(注)  


Cisco Unified Communications Manager のインストールと設定に関わるすべてのタスクの情報については、このマニュアルでは説明していません。 この章の目的は、Cisco Jabber for Windows の環境をセットアップするために完了しなければならないタスクの高レベルなワークフローを提供することにあります。 詳細や、配置固有のインストールと設定を行っていることを確認するには、対応する Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。


前提条件

この章のタスクを実行する前に、次の操作が完了している必要があります。
  • Cisco Unified Communications Manager のインストールおよび設定。
  • Cisco Unified Communications IM and Presence のインストールおよび設定。
メモ:

Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified Communications IM and Presence のインストール時には、サーバ間の通信を有効にするために必要な詳細情報を指定する必要があります。 通信には、Cisco Unified Communications ManagerCisco Unified Communications IM and Presence の在席ステータスの同期を行う SIP パブリッシュ トランクが含まれます。

セットアップ プロセスの確認

ここでは、Cisco Unified Communications Manager バージョン 9.0 以降を使用した環境設定プロセスについて概説します。

手順
    ステップ 1   必須サービスを有効化し、開始します。

    Cisco Unified Communications IM and Presence 上で必須サービスが有効であり、かつ実行されていることを確認する必要があります。 これらの必須サービスにより、Cisco Jabber for Windows で必要となるさまざまな機能が実現されます。

    ステップ 2   環境にディレクトリを追加します。
    環境にディレクトリを追加すると、次のような処理が行われます。
    • ディレクトリ サーバ上に保存されているユーザ データが Cisco Unified Communications Manager データベースに格納される。
    • プロファイルに追加したり、さまざまな機能をプロビジョニングしたりする環境内のユーザを Cisco Unified Communications Manager で管理できるようにする。
    ステップ 3   TFTP サーバを準備します。

    Cisco Jabber for Windows では TFTP サーバから設定内容が取得されます。 Cisco Jabber for Windows からそれらの設定内容を取得できるようにするためには、Cisco Unified Communications IM and Presence 上で TFTP サーバの IP アドレスを指定する必要があります。

    ステップ 4   サービス プロファイルを作成します。

    サービス プロファイルは 1 つ作成すれば、それを複数のユーザに適用することが可能です。 サービス プロファイルには、ユーザにプロビジョニングするさまざまなサービスに関する設定の詳細が保持されています。 たとえばサービス プロファイルにより、プライマリ ボイスメール サーバ、セカンダリ ボイスメール サーバ、およびターシャリ ボイスメール サーバを指定できます。

    注目:

    Cisco Jabber for Windows は、サービス プロファイルに指定できる設定をすべてサポートしているわけではありません。 たとえば、Cisco Jabber for Windows では、サービス プロファイルからディレクトリの統合設定が取得されることはありません。 ディレクトリの統合は、XML ファイルを使用して設定する必要があります。

    サービス プロファイル作成の詳細については、Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』「Service profile setup」の項を参照してください。

    ステップ 5   インスタント メッセージングとプレゼンスをセットアップします。

    インスタント メッセージングとプレゼンスをセットアップし、配置を開始します。 チャットと在席ステータスの機能のセットアップに成功した後は、他のサービスを追加し、音声、ビデオ、ボイスメールなどの追加機能をセットアップすることで、配置を構築できます。

    ステップ 6   ユーザの設定を行います。

    ユーザの設定を行う際は、サービス プロファイルにユーザを追加したうえで、インスタント メッセージおよびプレゼンスに対してそのユーザを有効にします。 さらに、目的のサービスの設定を行い、そのサービスをサービス プロファイルに追加することで、音声機能やビデオ機能などその他のオプションを現在の展開環境に追加することができます。

    ステップ 7   (任意)ユニファイド コミュニケーションをセットアップします。
    ステップ 8   (任意)ボイスメールをセットアップします。
    ステップ 9   (任意)Microsoft Office との統合に関する設定を行います。

    必須サービスの有効化と開始

    必須サービスを通じて、サーバ間の通信が可能になるほか、Cisco Jabber for Windows に対してさまざまな機能が実現されます。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified IM and Presence のサービスアビリティ(Cisco Unified IM and Presence Servicability)] インターフェイスを開きます。
      ステップ 2   [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。
      ステップ 3   [サーバ(Server)] ドロップダウン リストから適切なサーバを選択します。
      ステップ 4   次の各サービスが開始され、かつ有効になっていることを確認します。
      • Cisco SIP Proxy
      • Cisco Sync Agent
      • Cisco XCP Authentication Service
      • Cisco XCP Connection Manager
      • Cisco Presence Engine
      ステップ 5   [ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。
      ステップ 6   [サーバ(Server)] ドロップダウン リストから適切なサーバを選択します。
      ステップ 7   Cisco XCP Router Service が実行されていることを確認します。

      次の作業

      必要に応じて、その他のサービスも開始します。 利用可能なサービスを確認したり、現在の展開においてその他のサービスが必要かどうかを判断したりする場合は、Cisco Unified Communications Manager に関する適切なマニュアルを参照してください。

      環境にディレクトリを追加する

      環境にディレクトリを追加すると、ディレクトリ サーバ上に保存されているユーザ データが Cisco Unified Communications Manager データベースに格納されます。 この処理が完了すると、プロファイルに追加したり、さまざまな機能をプロビジョニングしたりする環境内のユーザを Cisco Unified Communications Manager で管理できるようになります。

      手順
        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
        ステップ 2   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP システム(LDAP System)] を選択します。

        [LDAP システムの設定(LDAP System Configuration)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 3   [LDAP システム情報(LDAP System Information)] セクションに移動します。
        ステップ 4   [LDAP サーバからの同期を有効にする(Enable Synchronizing from LDAP Server)] を選択します。
        ステップ 5   次の各ドロップダウン リストから適切な値を選択します。
        • LDAP サーバ タイプ(LDAP Server Type)
        • ユーザ ID の LDAP 属性(LDAP Attribute for User ID)
        ステップ 6   [システム(System)] > [LDAP] > [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] を選択します。
        ステップ 7   [新規追加(Add New)] を選択します。

        [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] ウィンドウが開きます。

        ステップ 8   [LDAP ディレクトリ(LDAP Directory)] ウィンドウで必要な詳細情報を指定します。

        指定できる値および形式の詳細は、Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』「LDAP directory setup」というトピックを参照してください。

        ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。
        ステップ 10   [完全同期を今すぐ実施(Perform Full Sync Now)] を選択します。
        (注)     

        同期プロセスの完了までに要する時間は、ディレクトリ内のユーザの数によって異なります。 ユーザ数が数千にもなる大規模なディレクトリの同期を実施する場合、そのプロセスにはある程度の時間がかかると予想されます。

        ディレクトリ サーバのユーザ データは、Cisco Unified Communications Manager データベースに同期されます。 さらにそれらのユーザ データは、Cisco Unified Communications Manager によって Cisco Unified Communications IM and Presence データベースに同期されます。


        次の作業

        ディレクトリ内のユーザが Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications IM and Presence において有効かどうかを確認します。

        Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications IM and Presence において有効なユーザのリストを返す手順は次のとおりです。
        1. [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択します。
        2. [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで [検索(Find)] を選択します。

        ディレクトリ内のユーザが有効なユーザのリストとして返されれば、環境にディレクトリを正しく追加できたことになります。

        TFTP サーバの準備

        Cisco Jabber for Windows は TFTP サーバから設定とデバイス設定を取得します。 Cisco Jabber for Windows からそれらの設定内容を取得できるようにするためには、Cisco Unified Communications IM and Presence 上で TFTP サーバの IP アドレスを指定する必要があります。

        手順
          ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
          ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [レガシー クライアント(Legacy Clients)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

          [レガシー クライアントの設定(Legacy Client Settings)] ウィンドウが開きます。

          ステップ 3   [レガシー クライアントのセキュリティ設定(Legacy Client Security Settings)] セクションを探します。
          ステップ 4   次のフィールドで、プライマリおよびバックアップの TFTP サーバの IP アドレスを指定します。
          • プライマリ TFTP サーバ(Primary TFTP Server)
          • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
          • バックアップ TFTP サーバ(Backup TFTP Server)
          ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

          サービス プロファイルの作成

          Cisco Unified Communications Manager で追加したサービスの設定を含むサービス プロファイルを作成します。 Cisco Jabber for Windows ユーザのエンド ユーザ設定にサービス プロファイルを追加します。 Cisco Jabber for Windows はその後利用可能なサービスの設定をサービス プロファイルから取得できます。

          はじめる前に

          サービス プロファイル作成の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「Service profile setup」の項を参照してください。

          手順
            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
            ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

            [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

            [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

            ステップ 4   [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウに次のように設定を入力します。
            1. [名前(Name)] フィールドにサービス プロファイルの一意な名前を指定します。
            2. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
            3. 必要に応じて、[システム デフォルトのサービス プロファイルに設定(Make this the default service profile for the system)] を選択します。
            ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

            次の作業

            インスタント メッセージングとプレゼンスのセットアップ手順を実行します。 インスタント メッセージングとプレゼンスを有効にするのと同時に、エンド ユーザ設定にサービス プロファイルを追加できます。

            インスタント メッセージングとプレゼンスのセットアップ

            インスタント メッセージングとプレゼンス機能は Cisco Jabber for Windows の基本機能です。 ユーザはインスタント メッセージの送受信と共に、在席ステータスを公開および表示できます。

            インスタント メッセージングとプレゼンスをセットアップし、配置を開始します。 チャットと在席ステータスの機能のセットアップに成功した後は、他のサービスを追加し、音声、ビデオ、ボイスメールなどの追加機能をセットアップすることで、配置を構築できます。

            メッセージングの設定の有効化

            このタスクの手順を実行して Cisco Unified Communications IM and Presence でインスタント メッセージングを有効にし、インスタント メッセージングの設定を指定します。

            手順
              ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
              ステップ 2   [メッセージング(Messaging)] > [設定(Settings)] の順に選択します。
              ステップ 3   次のオプションを選択します。
              • インスタント メッセージを有効にする(Enable instant messaging)
              • クライアントでのインスタント メッセージ履歴のログ記録を可能にする(Allow clients to log instant message history)
              ステップ 4   他のメッセージング設定も適切に選択します。
              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

              プレゼンス サブスクリプション要求のプロンプト設定

              社内の連絡先からのプレゼンス サブスクリプション要求のプロンプトを有効、無効のいずれかにすることができます。

              Cisco Jabber for Windows は、社外の連絡先からのプレゼンス サブスクリプション要求には、ユーザに許可を求めるプロンプトを常に表示します。

              ユーザは、Cisco Jabber for Windows のプライバシー設定を次のように指定します。
              社内(Inside Your Organization)

              Cisco Jabber for Windows ユーザは社内の連絡先を許可するかブロックするかを選択できます。

              • ユーザがプレゼンス サブスクリプション要求を許可することを選択し、
                • [確認プロンプトなしで、ユーザが他のユーザのプレゼンス ステータスを表示できるようにする(Allow users to view the availability of other users without being prompted for approval)] を選択した場合、Cisco Jabber for Windows はユーザにプロンプトを表示せずに、すべてのプレゼンス サブスクリプション要求を自動的に許可します。
                • [確認プロンプトなしで、ユーザが他のユーザのプレゼンス ステータスを表示できるようにする(Allow users to view the availability of other users without being prompted for approval)] を選択しない場合、Cisco Jabber for Windows はすべてのプレゼンス サブスクリプション要求でユーザにプロンプトを表示します。
              • ユーザが連絡先をブロックすることを選択した場合、既存の連絡先のみがそれらのユーザの在席ステータスを参照できます。 つまり、ユーザのプレゼンスにサブスクライブ済みの連絡先のみが在席ステータスを確認できます。

              (注)  


              組織内で連絡先を検索する際は、組織内のすべてのユーザの一時的な在席ステータスが表示されます。 しかし、ユーザ A がユーザ B をブロックした場合、ユーザ B には、検索一覧内のユーザ A の一時的な在席ステータスは表示されません。


              社外(Outside Your Organization)

              Cisco Jabber for Windows ユーザは、社外の連絡先に対する処理を次のオプションから選択できます。

              • Cisco Jabber for Windows がプレゼンス サブスクリプション要求ごとにプロンプトを表示する。
              • 既存の連絡先のみが在席ステータスを参照できるよう、すべての連絡先をブロックする。 つまり、ユーザのプレゼンスにサブスクライブ済みの連絡先のみが在席ステータスを確認できます。
              手順
                ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
                ステップ 2   [プレゼンス(Presence)] > [設定(Settings)] の順に選択します。

                [プレゼンスの設定(Presence Settings)] ウィンドウが開きます。

                ステップ 3   [確認プロンプトなしで、ユーザが他のユーザのプレゼンス ステータスを表示できるようにする(Allow users to view the availability of other users without being prompted for approval)] を選択し、プロンプトを無効にして、社内からのすべてのプレゼンス サブスクリプション要求を自動的に許可します。
                このオプションには、次の値があります。
                オン

                Cisco Jabber for Windows はプレゼンス サブスクリプション要求ではユーザにプロンプトを表示しません。 Cisco Jabber for Windows はユーザにプロンプトを表示せずに、すべてのプレゼンス サブスクリプション要求を自動的に許可します。

                クリア済み

                Cisco Jabber for Windows はユーザが許可するかどうかのプロンプトを表示します。 この設定では、ユーザの在席ステータスを社内のほかのユーザが見られる状態である必要があります。

                ステップ 4   [保存(Save)] を選択します。

                インスタント メッセージ/プレゼンス サービスを追加する

                インスタント メッセージ/プレゼンス サービスにより、Cisco Jabber for Windows ユーザはインスタント メッセージ機能や在席ステータス機能などを使用することができます。

                手順
                  ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                  ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                  [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                  ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                  [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                  ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [IM および Presence(IM and Presence)] を選択します。
                  ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                  ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                  1. [製品のタイプ(Product Type)] ドロップダウン リストから [Unified CM (IM および Presence)(Unified CM (IM and Presence))] を選択します。
                  2. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                    入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                  3. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                  4. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスのアドレスを入力します。
                  ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                  次の作業

                  サービス プロファイルにインスタント メッセージ/プレゼンス サービスを追加します。

                  インスタント メッセージ/プレゼンス サービスを適用する

                  Cisco Unified Communications Manager 上でインスタント メッセージ/プレゼンス サービスを追加した場合は、Cisco Jabber for Windows からその設定を取得できるように、そのインスタント メッセージ/プレゼンス サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

                  はじめる前に

                  サービス プロファイルを作成します。

                  手順
                    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                    ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                    [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                    ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                    [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                    ステップ 4   [IM/プレゼンス プロファイル(IM and Presence Profile)] セクションで、次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
                    • プライマリ(Primary)
                    • セカンダリ(Secondary)
                    • ターシャリ(Tertiary)
                    ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                    ユーザの設定を行う

                    ユーザの設定を行う場合は、インスタント メッセージおよびプレゼンスを有効にし、サービス プロファイルをユーザに追加します。

                    ユーザの設定を個別に行う

                    インスタント メッセージおよびプレゼンスを有効にし、個々のユーザにサービス プロファイルを追加します。

                    手順
                      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                      ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択します。

                      [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

                      ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                      ステップ 4   対象のユーザ名をリストから選択します。

                      [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                      ステップ 5   [サービスの設定(Service Settings)] セクションに移動し、以下の操作を行います。
                      1. [ユーザに対して Unified CU IM and Presence を有効にする(Enable User for Unified CU IM and Presence)] を選択します。
                      2. [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] ドロップダウン リストからサービス プロファイルを選択します。
                      ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。

                      関連情報

                      複数ユーザの設定を一括で行う

                      インスタント メッセージおよびプレゼンスを有効にし、複数のユーザにサービス プロファイルを追加します。

                      手順
                        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                        ステップ 2   [一括管理(Bulk Administration)] > [ユーザ(Users)] > [ユーザの更新(Update Users)] > [クエリー(Query)] を選択します。

                        [更新するユーザの検索と一覧表示(Find and List Users To Update)] ウィンドウが表示されます。

                        ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                        ステップ 4   [次へ(Next)] を選択します。

                        [ユーザの更新(Update Users Configuration)] ウィンドウが開きます。

                        ステップ 5   2 つある [ユーザに対して Unified CU IM and Presence を有効にする(Enable User for Unified CU IM and Presence)] チェックボックスをどちらもオンにします。
                        重要:

                        [ユーザに対して Unified CU IM and Presence を有効にする(Enable User for Unified CU IM and Presence)] チェックボックスは 2 つあります。 インスタント メッセージおよびプレゼンスを無効にする場合は、いずれか一方のチェックボックスを選択します。 インスタント メッセージおよびプレゼンスを有効にする場合は、両方のチェックボックスを選択します。

                        ステップ 6   [UC サービス プロファイル(UC Service Profile)] チェックボックスをオンにし、そのドロップダウン リストからサービス プロファイルを選択します。
                        ステップ 7   [ジョブ情報(Job Information)] セクションで、ジョブをただちに実行するか後で実行するかを指定します。
                        ステップ 8   [送信(Submit)] を選択します。

                        関連情報

                        予定表イベントに対する自動在席ステータスの有効化

                        予定表イベントのプレゼンス状態の自動更新を有効にするには、Cisco Jabber for Windows ユーザは [Cisco Unified CM IM and Presence ユーザ オプション(Cisco Unified CM IM and Presence User Options)] インターフェイスで個別に設定を有効にする必要があります。
                        重要:
                        • この設定はデフォルトでは無効になっています。
                        • このリリースでは、各 Cisco Jabber for Windows ユーザが配置後に設定を個別に有効にする必要があります。 複数のユーザの設定を、管理者が一括タスクとして有効にすることはできません。
                        サポート済みブラウザを含めた [Cisco Unified CM IM and Presence ユーザ オプション(Cisco Unified CM IM and Presence User Options)] インターフェイスの詳細については、対応する Cisco Unified Communications IM and Presence のマニュアルを参照してください。

                        このトピックは、予定表イベントの自動プレゼンス状態更新を有効にするために、Cisco Jabber for Windows ユーザが配置後に実行しなければならないタスクについて説明します。

                        手順
                          ステップ 1   次の手順を実行し、Cisco Jabber for Windows ユーザに提供する必要のある情報を収集します。
                          1. [Cisco Unified CM IM and Presence ユーザ オプション(Cisco Unified CM IM and Presence User Options)] インターフェイスの URL を決定します。

                            URL のフォーマットは次のとおりです。https://server_name:port_number/cupuser/showHome.do

                          2. 対象の Cisco Jabber for Windows ユーザに [Cisco Unified CM IM and Presence ユーザ オプション(Cisco Unified CM IM and Presence User Options)] インターフェイスのURL とクレデンシャルを提供します。
                          ステップ 2   Cisco Jabber for Windows ユーザに次の手順を実行するように指示します。
                          1. [Cisco Unified Presence ユーザ オプション(Cisco Unified Presence User Options)] インターフェイスにログインします。
                          2. [ユーザ オプション(User Options)] > [設定(Preferences)] の順に選択します。 [初期設定(Preferences)] ページが開きます。
                          3. [初期設定(Preference)] ページの [予定表の設定(Calendar Settings)] セクションに移動します。
                          4. [自分のプレゼンス ステータスに予定表情報を含める(Include Calendar information in my Presence Status)] フィールドのドロップダウン メニューで [オン(On)] に設定します。
                          5. [保存(Save)] を選択します。
                          6. ログアウトし、[Cisco Unified CM IM and Presence ユーザ オプション(Cisco Unified CM IM and Presence User Options)] インターフェイスを終了します。

                          在席ステータスが予定表と統合されました。 予定表でミーティングが予定されている場合、Cisco Jabber for Windows のステータスはミーティングが開始すると [ミーティング中(In a meeting)] に自動的に設定されます。

                          ユニファイド コミュニケーションのセットアップ

                          ユニファイド コミュニケーションをセットアップすることで、Cisco Jabber for Windows の音声機能とビデオ機能が有効になります。

                          はじめる前に
                          • Cisco Unified Communications Manager のライセンス要件を、付属ライセンスも含めて確認します。
                          • Cisco Unified Communications Manager のデバイス名の設定ガイドラインを確認します。

                          ソフトフォン デバイスの作成

                          ソフトフォン を使用することにより、Cisco Jabber for Windows はコンピュータを通じた音声とビデオの送受信が可能になります。

                          SIP プロファイルの作成

                          ソフトフォン デバイス作成の最初の手順では、SIP プロファイルを作成し、ビデオのデスクトップ共有を有効にします。 Client Service Framework(CSF)デバイス、つまりソフトフォンデバイスには、SIP プロファイルが必要です。 しかし、デフォルトの SIP プロファイルを編集または設定することはできません。 そのため、新たに SIP プロファイルを作成する必要があります。

                          手順
                            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                            ステップ 2   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [SIP プロファイル(SIP Profile)] の順に選択します。

                            [SIP プロファイルの検索と一覧表示(Find and List SIP Profiles)] ウィンドウが開きます。

                            ステップ 3   次のいずれかを実行し、新規 SIP プロファイルを作成します。
                            • デフォルトの SIP プロファイルを検索し、編集可能なコピーを作成します。
                            • [新規追加(Add New)] を選択し、新規 SIP プロファイルを作成します。

                            ビデオのデスクトップ共有の設定

                            Cisco Unified Communications Manager は、Binary Floor Control Protocol(BFCP)を通じてビデオのデスクトップ共有機能を提供します。 Cisco Jabber for Windows ユーザにビデオのデスクトップ共有機能を提供するには、対象の CSF デバイスで BFCP を有効にする必要があります。


                            (注)  


                            Cisco Jabber for Windows は、ソフトフォン デバイスでのみビデオのデスクトップ共有をサポートします。 デスクフォン デバイスでは、Cisco Jabber for Windows のビデオのデスクトップ共有を有効にできません。


                            重要:
                            ハイブリッド クラウドベース 配置では、Cisco WebExCisco Unified Communications Manager の両方がデスクトップの共有機能を提供します。
                            • Cisco Jabber for Windows ユーザがインスタント メッセージング セッション中にデスクトップ共有セッションを開始した場合、Cisco WebEx がデスクトップ共有機能を提供します。
                            • Cisco Jabber for Windows ユーザが音声会議またはビデオ会議中にデスクトップ共有セッションを開始した場合、Cisco Unified Communications Manager がデスクトップ共有機能を提供します。
                            手順
                              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                              ステップ 2   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [SIP プロファイル(SIP Profile)] の順に選択します。

                              [SIP プロファイルの検索と一覧表示(Find and List SIP Profiles)] ウィンドウが開きます。

                              ステップ 3   [SIP プロファイルを次の条件で検索(Find SIP Profile where)] フィールドで対象のフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択して SIP プロファイルの一覧を取得します。
                              ステップ 4   対象の SIP プロファイルを一覧から選択します。

                              [SIP プロファイルの設定(SIP Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                              ステップ 5   [トランク固有の設定(Trunk Specific Configuration)] セクションを探します。
                              ステップ 6   [BFCP を使用するプレゼンテーション共有を許可(Allow Presentation Sharing using BFCP)] を選択します。
                              ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                              CSF デバイスの作成

                              CSF デバイスは Cisco Jabber for Windowsソフトフォン 機能を提供します。

                              手順
                                ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
                                ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから [Cisco Unified Client Services Framework] を選択し、続いて [次へ(Next)] を選択します。
                                ステップ 5   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで設定を適切に指定します。

                                [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの設定の詳細については、Cisco Unified Communications Managerのマニュアルを参照してください。

                                ステップ 6   [SIP プロファイル(SIP Profile)] ドロップダウン リストでビデオのデスクトップ共有を有効にした SIP プロファイルを選択してください。
                                ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                デバイスが正常に追加されたとのメッセージが表示されます。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで [割り当て情報(Association Information)] セクションが利用可能になります。


                                次の作業

                                デバイスに電話番号を追加し、設定を適用します。

                                デバイスに電話番号を追加する

                                Cisco Unified Communications Manager で、デバイスに電話番号を追加する必要があります。 このトピックでは、デバイスの作成後に [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用して電話番号を追加する手順について説明します。 このメニュー オプションから表示されるのは、電話機モデルまたは CTI ルート ポイントに適用される設定のみです。 電話番号を設定するためのさまざまなオプションについては、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

                                手順
                                  ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] セクションに移動します。
                                  ステップ 2   [新規 DN を追加(Add a new DN)] を選択します。

                                  [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                  ステップ 3   [電話番号(Directory Number)] フィールドで、電話番号を指定します。
                                  ステップ 4   その他に必要な設定があれば、それらをすべて指定します。
                                  ステップ 5   次の手順に従って、エンド ユーザに電話番号を関連付けます。
                                  1. [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)] セクションに移動します。
                                  2. [エンド ユーザの関連付け(Associate End Users)] を選択します。

                                    [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ダイアログボックスが開きます。

                                  3. [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                  4. 対象のユーザをリストから選択します。
                                  5. [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                                    選択されたユーザがボイスメール プロファイルに追加されます。

                                  ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。
                                  ステップ 7   [設定の適用(Apply Config)] を選択します。

                                  [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                  ステップ 8   [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウに表示されるプロンプトに従って設定を適用します。

                                  デスクフォン デバイスの作成

                                  Cisco Jabber for Windows ユーザは自分のコンピュータを使ってデスクフォンをコントロールし、音声通話を発信できます。 このトピックでは、Cisco Unified Communications Manager でのデスクフォン デバイスの作成方法について説明します。

                                  手順
                                    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                    ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                    [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                    ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
                                    ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから適切なデバイスを選択し、続いて [次へ(Next)] を選択します。

                                    [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                    ステップ 5   [デバイス情報(Device Information)] セクションで次の手順を実行します。
                                    1. [説明(Description)] フィールドに分かりやすい説明を入力します。

                                      Cisco Jabber for Windows はデバイスの説明をユーザに表示します。 Cisco Jabber for Windows ユーザが同じモデルのデバイスを複数所有している場合、説明によって複数のデバイスを区別することができます。

                                    2. [CTI からデバイスを制御可能(Allow Control of Device from CTI)] を選択します。

                                      [CTI からデバイスを制御可能(Allow Control of Device from CTI)] を選択しない場合は、Cisco Jabber for Windows ユーザはデスクフォンを制御できません。

                                    ステップ 6   次の手順を実行し、デスクフォン のビデオ機能を有効にします。
                                    1. [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションを探します。
                                    2. [ビデオ機能(Video Capabilities)] ドロップダウン リストから [有効(Enabled)] を選択します。

                                    デスクフォン ビデオの詳細については、「デスクフォン ビデオの設定」を参照してください。

                                    ステップ 7   必要に応じて、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのその他の設定も指定します。

                                    [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの設定の詳細については、Cisco Unified Communications Managerのマニュアルを参照してください。

                                    ステップ 8   [保存(Save)] を選択します。

                                    デバイスが正常に追加されたとのメッセージが表示されます。 [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで [割り当て情報(Association Information)] セクションが利用可能になります。


                                    次の作業

                                    デバイスに電話番号を追加し、設定を適用します。

                                    関連情報

                                    デスクフォン ビデオの設定

                                    デスクフォン ビデオ機能を使用すると、ユーザは Cisco Jabber for Windows を介してコンピュータ上のデスクフォン デバイスに転送されたビデオを受信することができます。

                                    デスクフォン ビデオを設定する
                                    デスクフォン ビデオを設定する手順は次のとおりです。
                                    1. コンピュータを デスクフォン デバイス上のコンピュータ ポートへ物理的に接続します。 Cisco Jabber for Windows によってデスクフォン デバイスへの接続を確立できるようにするためには、そのデバイスに対してコンピュータをコンピュータ ポート経由で物理的に接続する必要があります。 デスクフォン デバイスへのワイヤレス接続によりデスクフォン ビデオ機能を使用することはできません。
                                    2. Cisco Unified Communications Manager の [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウで、デスクフォン デバイスのビデオ機能を有効にします。 手順については、「デスクフォン デバイスの作成」を参照してください。
                                    3. コンピュータ上に Cisco Medianet をインストールします。
                                      Cisco Medianet に用意されているドライバにより、Cisco Jabber for Windows では以下のような処理を行うことができます。
                                      • デスクフォン デバイスの検出。
                                      • CAST プロトコルによるデスクフォン デバイスへの接続の確立と維持。
                                    デスクフォン ビデオでの考慮事項
                                    Cisco Jabber for Windows ユーザに対してデスクフォン ビデオ機能をプロビジョニングする前に、以下の考慮事項および制限事項を確認してください。
                                    • Cisco Unified IP Phone 9971 など、ビデオ カメラを接続したデバイスでは、デスクフォン ビデオ機能を使用することはできません。
                                    • CTI をサポートしていないデバイスでは、デスクフォン ビデオ機能を使用することはできません。
                                    • デスクフォン ビデオでは、BFCP プロトコルを使用したビデオ デスクトップ共有はサポートされていません。
                                    • SCCP を使用するエンドポイントでビデオの受信のみを行うことはできません。 SCCP エンドポイントでは、ビデオの送信と受信を行う必要があります。 SCCP エンドポイントからビデオが送信されないインスタンスでは、コールが音声のみとなります。

                                    デバイスに電話番号を追加する

                                    Cisco Unified Communications Manager で、デバイスに電話番号を追加する必要があります。 このトピックでは、デバイスの作成後に [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用して電話番号を追加する手順について説明します。 このメニュー オプションから表示されるのは、電話機モデルまたは CTI ルート ポイントに適用される設定のみです。 電話番号を設定するためのさまざまなオプションについては、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

                                    手順
                                      ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] セクションに移動します。
                                      ステップ 2   [新規 DN を追加(Add a new DN)] を選択します。

                                      [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                      ステップ 3   [電話番号(Directory Number)] フィールドで、電話番号を指定します。
                                      ステップ 4   その他に必要な設定があれば、それらをすべて指定します。
                                      ステップ 5   次の手順に従って、エンド ユーザに電話番号を関連付けます。
                                      1. [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)] セクションに移動します。
                                      2. [エンド ユーザの関連付け(Associate End Users)] を選択します。

                                        [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ダイアログボックスが開きます。

                                      3. [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                      4. 対象のユーザをリストから選択します。
                                      5. [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                                        選択されたユーザがボイスメール プロファイルに追加されます。

                                      ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。
                                      ステップ 7   [設定の適用(Apply Config)] を選択します。

                                      [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                      ステップ 8   [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウに表示されるプロンプトに従って設定を適用します。

                                      ビデオ レート適合の有効化

                                      Cisco Jabber for Windows はビデオ レート適合を利用し、最適なビデオ品質を調整します。 ビデオ レート適合は、ネットワークの状態に合わせてビデオ品質を動的に向上または低下させます。

                                      ビデオ レート適合を使用するには、Cisco Unified Communications Manager で Real-Time Transport Control Protocol(RTCP)を有効にする必要があります。

                                      (注)  


                                      ソフトフォン デバイスでは、デフォルトで RTCP が有効になっています。 しかし、デスクフォン デバイスで RTCP を有効にする必要があります。


                                      共通の電話プロファイルに対する RTCP の有効化

                                      共通の電話プロファイルで RTCP を有効にし、そのプロファイルを使用するすべてのデバイスでビデオ レート適合を有効にできます。

                                      手順
                                        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                        ステップ 2   [デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [共通の電話プロファイル(Common Phone Profile)] の順に選択します。

                                        [共通の電話プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Common Phone Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                        ステップ 3   [共通の電話プロファイルを次の条件で検索(Find Common Phone Profile where)] フィールドで対象のフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してプロファイルの一覧を取得します。
                                        ステップ 4   対象のプロファイルを一覧から選択します。

                                        [共通の電話プロファイルの設定(Find and List Common Phone Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                        ステップ 5   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションを探します。
                                        ステップ 6   [RTCP] ドロップダウン リストから [有効(Enabled)] を選択します。
                                        ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                        デバイス設定に対する RTCP の有効化

                                        共通の電話プロファイルの代わりに、特定のデバイス設定で RTCP を有効化できます。 共通の電話プロファイルで指定したすべての設定は、特定のデバイス設定で上書きされます。

                                        手順
                                          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                          ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                          [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                          ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択して電話の一覧を取得します。
                                          ステップ 4   対象の電話を一覧から選択します。

                                          [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                          ステップ 5   [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] セクションを探します。
                                          ステップ 6   [RTCP] ドロップダウン リストから [有効(Enabled)] を選択します。
                                          ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                          CTI サービスを追加する

                                          CTI サービスを使用すると、Cisco Jabber for Windows ユーザはデバイスを制御することができます。

                                          手順
                                            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                            ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                                            [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                                            ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                            [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                            ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [CTI] を選択します。
                                            ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                                            ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                                            1. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                                              入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                                            2. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                                            3. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、CTI サービスのアドレスを入力します。
                                            4. [ポート(Port)] フィールドに、CTI サービスに使用するポート番号を入力します。
                                            ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                            次の作業

                                            サービス プロファイルに CTI サービスを追加します。

                                            関連情報
                                            CTI サービスを適用する

                                            Cisco Unified Communications Manager 上で CTI サービスを追加した場合は、Cisco Jabber for Windows からその設定を取得できるように、その CTI サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

                                            はじめる前に

                                            サービス プロファイルを作成します。

                                            手順
                                              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                              ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                                              [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                              ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                                              [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                              ステップ 4   [CTI プロファイル(CTI Profile)] セクションで、次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
                                              • プライマリ(Primary)
                                              • セカンダリ(Secondary)
                                              • ターシャリ(Tertiary)
                                              ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                              CTI リモート デバイスの作成

                                              Cisco Jabber for WindowsCisco Unified Communications Manager の拡張機能と接続機能を使用して、公衆電話交換網(PSTN)の電話や構内交換機(PBX)などのデバイスへの通話を制御します。

                                              このセクションでは、Cisco Jabber for Windows の拡張機能と接続機能について説明し、Cisco Jabber for Windows ユーザに拡張機能と接続機能でプロビジョニングするために実行すべき手順について説明します。 さらに、このセクションでは、Cisco Jabber for Windows で拡張機能と接続機能を使用する際の既知の問題と制限についての情報を提供します。

                                              拡張機能と接続機能の詳細については、対応する Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

                                              重要:

                                              拡張機能と接続機能は、Cisco Unified Communications Manager 9.0.1 以降でのみサポートしています。

                                              Cisco Jabber for Windows の拡張機能および接続機能

                                              リモート接続先は、ユーザが Cisco Jabber for Windows 内から直接入力することができます。 Cisco Jabber for Windows ユーザに代わってリモート接続先を入力する必要はありません。 ただし、ユーザに対してモビリティを有効にし、適切なユーザに対して CTI リモート デバイスをプロビジョニングする必要があります。 また、Cisco Unified Communications Manager では CTI サービスを介してサードパーティのデバイスが制御されるため、ユーザ用のサービス プロファイルに CTI サービスが追加されていることを確認することも必要です。

                                              Cisco Jabber for Windows と CTI リモート デバイスを併用する

                                              Cisco Jabber for Windows にログイン中のユーザがリモート デバイスを有効にした場合、ユーザが自身の電話番号に対する着信コールを受信すると、そのデバイスの呼出音が鳴ります。 さらに Cisco Jabber for Windows では、ユーザがログインすると、有効なデバイスに対する発信コールのルーティングが行われます。

                                              Cisco Jabber for Windows にログインしていないユーザが自身の電話番号に対する着信コールを受信した場合は、リモート接続先として設定されているすべてのデバイスで呼出音が鳴ります。 ユーザがログインしていない場合は、リモート デバイスへの発信コールは行えません。

                                              制限事項と既知の問題点

                                              ここでは、Cisco Unified Communications Manager の拡張機能および接続機能に関する現時点での制限事項および既知の問題点について説明します。

                                              • 個々のリモート接続先は、ただ 1 人のユーザに対してのみ設定することかできます。 2 人以上の Cisco Jabber for Windows ユーザに対して、同じリモート接続先を設定することはできません。
                                              • Cisco Jabber for Windows ユーザは、1 つのリモート接続先を複数のデバイスに対して使用することはできません。
                                              • 多くのインスタンスでは、Cisco Jabber for Windows を使用してリモート接続先への着信コールに応答することはできません。 リモート接続先への着信コールには手動で応答する必要があります。
                                              • Cisco Unified Communications Manager クラスタ上のエンドポイントとして設定したデバイスに対しては、拡張機能および接続機能をプロビジョニングすることはできません。
                                              • CTI 上では、デュアル トーン多重周波数(DTMF)シグナリングはサポートされていません。

                                              ユーザ モビリティの有効化

                                              Cisco Jabber for Windows ユーザに CTI リモート デバイスのプロビジョニングをするには、モビリティを有効にする必要があります。 ユーザのモビリティが有効でない場合、そのユーザを CTI リモート デバイスの所有者として割り当てることはできません。

                                              手順
                                                ステップ 1   [ユーザを次の条件で検索(Find Users where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                                ステップ 2   ユーザを一覧から選択します。

                                                [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                                                ステップ 3   [モビリティ情報(Mobility Information)] セクションを探します。
                                                ステップ 4   [モビリティの有効化(Enable Mobility)] を選択します。
                                                ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                                CTI リモート デバイスの作成

                                                CTI リモート デバイスは、Cisco Jabber for Windows ユーザのリモート接続先を監視し、通話をコントロールする仮想デバイスです。

                                                手順
                                                  ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                  ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                                  [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                                  ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。
                                                  ステップ 4   [電話のタイプ(Phone Type)] ドロップダウン リストから[CTI リモート デバイス(CTI Remote Device)] を選択します。続いて [次へ(Next)] を選択します。

                                                  [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                  ステップ 5   [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] ドロップダウン リストから対象のユーザ ID を選択します。
                                                  (注)     

                                                  [オーナーのユーザ ID(Owner User ID)] ドロップダウン リストには、モビリティの有効化が利用可能なユーザのみが表示されます。 詳細については、「ユーザ モビリティの有効化」を参照してください。

                                                  Cisco Unified Communications Manager は [デバイス名(Device Name)] フィールドをユーザ ID と [CTRID] 接頭辞から生成します。例としては、[CTRID ユーザ名(CTRIDusername)] となります。

                                                  ステップ 6   必要に応じて、[デバイス名(Device Name)] フィールドのデフォルト値を編集します。
                                                  ステップ 7   [説明(Description)] フィールドに分かりやすい説明を入力します。

                                                  Cisco Jabber for Windows はデバイスの説明をユーザに表示します。 Cisco Jabber for Windows ユーザが同じモデルのデバイスを複数所有している場合、説明によって複数のデバイスを区別することができます。

                                                  ステップ 8   必要に応じて、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのその他の設定も指定します。

                                                  詳細については、Cisco Unified Communications Managerの「CTI リモート デバイスのセットアップ」のトピックを参照してください。

                                                  ステップ 9   [保存(Save)] を選択します。

                                                  電話番号を関連付け、リモート接続先を追加するには、[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウのフィールドから設定します。


                                                  デバイスに電話番号を追加する

                                                  Cisco Unified Communications Manager で、デバイスに電話番号を追加する必要があります。 このトピックでは、デバイスの作成後に [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] メニュー オプションを使用して電話番号を追加する手順について説明します。 このメニュー オプションから表示されるのは、電話機モデルまたは CTI ルート ポイントに適用される設定のみです。 電話番号を設定するためのさまざまなオプションについては、Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [割り当て情報(Association Information)] セクションに移動します。
                                                    ステップ 2   [新規 DN を追加(Add a new DN)] を選択します。

                                                    [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                    ステップ 3   [電話番号(Directory Number)] フィールドで、電話番号を指定します。
                                                    ステップ 4   その他に必要な設定があれば、それらをすべて指定します。
                                                    ステップ 5   次の手順に従って、エンド ユーザに電話番号を関連付けます。
                                                    1. [回線に関連付けられているユーザ(Users Associated with Line)] セクションに移動します。
                                                    2. [エンド ユーザの関連付け(Associate End Users)] を選択します。

                                                      [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ダイアログボックスが開きます。

                                                    3. [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                                    4. 対象のユーザをリストから選択します。
                                                    5. [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                                                      選択されたユーザがボイスメール プロファイルに追加されます。

                                                    ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。
                                                    ステップ 7   [設定の適用(Apply Config)] を選択します。

                                                    [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                    ステップ 8   [設定の適用(Apply Configuration)] ウィンドウに表示されるプロンプトに従って設定を適用します。

                                                    リモート接続先の追加

                                                    リモート接続先は、Cisco Jabber for Windows ユーザが利用可能な CTI 制御可能デバイスを表します。

                                                    メモ:

                                                    Cisco Jabber for Windows ユーザは、Cisco Jabber for Windows 内、または [Cisco Unified CM のユーザ オプション(Cisco Unified CM User Options)] ウィンドウから、固有のリモート接続先を追加できます。

                                                    手順
                                                      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                      ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                                      [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                                      ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択して電話の一覧を取得します。
                                                      ステップ 4   一覧から CTI リモート デバイスを選択します。

                                                      [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                      ステップ 5   [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。
                                                      ステップ 6   [新規リモート接続先の追加(Add a New Remote Destination)] を選択します。

                                                      [リモート接続先情報(Remote Destination Information)] ウィンドウが開きます。

                                                      ステップ 7   電話番号を [接続先番号(Destination Number)] フィールドに入力し、他の値も適切に設定します。

                                                      Cisco Unified Communications Manager のマニュアルの「Remote destination configuration settings」トピックを参照してください。

                                                      ステップ 8   [保存(Save)] を選択します。

                                                      次の作業

                                                      次の手順を実行してリモート接続先を確認し、CTI リモート デバイスに設定を適用します。
                                                      1. 手順を繰り返し、CTI リモート デバイスの [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウを開きます。
                                                      2. [関連付けられたリモート接続先(Associated Remote Destinations)] セクションを探します。
                                                      3. リモート接続先が利用可能であることを確認します。
                                                      4. [設定の適用(Apply Config)] を選択します。

                                                      (注)  


                                                      [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [デバイス情報(Device Information)] セクションには、[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] フィールドが含まれています。

                                                      ユーザが Cisco Jabber for Windows でリモート接続先を選択すると、[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] の値として表示されます。

                                                      次の場合、[アクティブなリモート接続先(Active Remote Destination)] の値として [none] が表示されます。
                                                      • Cisco Jabber for Windows でユーザがリモート接続先を選択しない。
                                                      • ユーザが退出したか、Cisco Jabber for Windows にサインインしていない。

                                                      CTI サービスを追加する

                                                      CTI サービスを使用すると、Cisco Jabber for Windows ユーザはデバイスを制御することができます。

                                                      手順
                                                        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                        ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                                                        [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                                                        ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                        [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                        ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [CTI] を選択します。
                                                        ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                                                        ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                                                        1. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                                                          入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                                                        2. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                                                        3. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、CTI サービスのアドレスを入力します。
                                                        4. [ポート(Port)] フィールドに、CTI サービスに使用するポート番号を入力します。
                                                        ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                                        次の作業

                                                        サービス プロファイルに CTI サービスを追加します。

                                                        CTI サービスを適用する

                                                        Cisco Unified Communications Manager 上で CTI サービスを追加した場合は、Cisco Jabber for Windows からその設定を取得できるように、その CTI サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

                                                        はじめる前に

                                                        サービス プロファイルを作成します。

                                                        手順
                                                          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                          ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                                                          [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                          ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                                                          [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                          ステップ 4   [CTI プロファイル(CTI Profile)] セクションで、次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
                                                          • プライマリ(Primary)
                                                          • セカンダリ(Secondary)
                                                          • ターシャリ(Tertiary)
                                                          ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                                          ユーザの関連付けに関する設定

                                                          Cisco Unified Communications Manager では、ユーザを ソフトフォンデスクフォン デバイスと関連付ける必要があります。 デバイスをユーザと関連付けると、ユーザはデバイスにアクセスし、音声通話やビデオ通話の着信や送信ができるようになります。

                                                          ユーザとデバイスとの関連付けに加え、ユーザを適切なアクセス コントロール リストに割り当てる必要があります。

                                                          手順
                                                            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                            ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択します。

                                                            [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウが開きます。

                                                            ステップ 3   [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                                            ステップ 4   対象のユーザをリストから選択します。

                                                            [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                                                            ステップ 5   [デバイス情報(Device Information)] セクションを探します。
                                                            ステップ 6   [デバイスの割り当て(Device Association)] を選択します。

                                                            [ユーザ デバイス割り当て(User Device Association)] ウィンドウが開きます。

                                                            ステップ 7   ユーザを割り当てるデバイスを選択します。
                                                            ステップ 8   [選択/変更の保存(Save Selected/Changes)] を選択します。
                                                            ステップ 9   [ユーザ管理(User Management)] > [エンド ユーザ(End User)] の順に選択し、[ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ウィンドウに戻ります。
                                                            ステップ 10   一覧から同じユーザを探し、選択します。

                                                            [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウが表示されます。

                                                            ステップ 11   [権限情報(Permissions Information)] セクションを探します。
                                                            ステップ 12   [アクセス コントロール グループに追加(Add to Access Control Group)] を選択します。

                                                            [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ダイアログボックスが開きます。

                                                            ステップ 13   ユーザを割り当てるアクセス コントロール グループを選択します。
                                                            ユーザを、少なくとも次のアクセス コントロール グループに割り当てる必要があります。
                                                            • Standard CCM End Users
                                                            • Standard CTI Enabled
                                                            電話機のモデルによっては、次のコントロール グループが追加で必要となります。
                                                            • Cisco Unified IP Phone 9900 または 8900 シリーズでは、[標準 CTI による接続時の転送および会議をサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Connected Xfer and conf)] を選択します。
                                                            • Cisco Unified IP Phone 6900 シリーズでは、[標準 CTI によるロールオーバー モードをサポートする電話の制御(Standard CTI Allow Control of Phones supporting Rollover Mode)] を選択します。
                                                            ステップ 14   [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                                                            [アクセス コントロール グループの検索と一覧表示(Find and List Access Control Groups)] ウィンドウが終了します。

                                                            ステップ 15   [エンド ユーザの設定(End User Configuration)] ウィンドウで [保存(Save)] を選択します。

                                                            デバイスのリセット

                                                            ソフトフォンデスクフォンの追加後にデバイスをリセットし、それらのデバイスにユーザを割り当てます。

                                                            手順
                                                              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                              ステップ 2   [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                                              [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                                              ステップ 3   [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してデバイスの一覧を取得します。
                                                              ステップ 4   対象のデバイスを一覧から選択します。

                                                              [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                              ステップ 5   [割り当て情報(Association Information)] セクションを探します。
                                                              ステップ 6   対象の電話番号設定を選択します。

                                                              [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                              ステップ 7   [リセット(Reset)] を選択します。

                                                              [デバイス リセット(Device Reset)] ダイアログボックスが開きます。

                                                              ステップ 8   [リセット(Reset)] を選択します。
                                                              ステップ 9   [閉じる(Close)] を選択して、[デバイス リセット(Device Reset)] ダイアログボックスを閉じます。

                                                              CCMCIP プロファイルの作成

                                                              Cisco Jabber for Windows では、Cisco Unified Communications Manager からのデバイス設定の取得に CCMCIP プロファイルが必要です。

                                                              手順
                                                                ステップ 1   [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                ステップ 2   [アプリケーション(Application)] > [レガシー クライアント(Legacy Clients)] > [CCMCIP プロファイル(CCMCIP Profile)] の順に選択します。

                                                                [CCMCIP プロファイルの検索と一覧表示(Find and List CCMCIP Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                                ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                                [CCMCIP プロファイルの設定(CCMCIP Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                ステップ 4   CCMCIP プロファイルの設定の詳細を次のように指定します。
                                                                1. プロファイルの名前を [名前(Name)] フィールドに指定します。
                                                                2. プライマリ Cisco Unified Communications Manager インスタンスのホスト名または IP アドレスを [プライマリ CCMCIP ホスト(Primary CCMCIP Host)] フィールドに指定します。
                                                                3. バックアップ Cisco Unified Communications Manager インスタンスのホスト名または IP アドレスを [プライマリ CCMCIP ホスト(Primary CCMCIP Host)] フィールドに指定します。
                                                                4. [サーバ証明書の確認(Server Certificate Verification)] はデフォルト値のままとします。
                                                                ステップ 5   CCMCIP プロファイルに次のようにユーザを追加します。
                                                                1. [プロファイルにユーザを追加(Add Users to Profile)] を選択します。

                                                                  [ユーザの検索と一覧表示(Find and List Users)] ダイアログボックスが開きます。

                                                                2. [ユーザを次の条件で検索(Find User where)] フィールドで適切なフィルタを指定した後、[検索(Find)] を選択してユーザのリストを取得します。
                                                                3. 対象のユーザをリストから選択します。
                                                                4. [選択項目の追加(Add Selected)] を選択します。

                                                                  選択されたユーザが CCMCIP プロファイルに追加されます。

                                                                ステップ 6   [保存(Save)] を選択します。

                                                                ボイスメールのセットアップ

                                                                ボイスメールをセットアップすることで、Cisco Jabber for Windows ユーザはボイスメール メッセージを受信し、音声通話の着信をボイスメール サービスにリダイレクトすることができます。 ボイスメールのセットアップ タスクの一環としてメールストアを設定し、Cisco Jabber for Windows で表示によるボイスメールを有効にできます。

                                                                Cisco Unity Connection の設定

                                                                このタスクは、Cisco Jabber for Windows を使用してボイスメール用の Cisco Unity Connection の設定に必要なタスクの高レベルの概要を提供します。 配置固有の設定タスクの詳細については、対応する Cisco Unity Connection のマニュアルを参照してください。

                                                                手順
                                                                  ステップ 1   Cisco Unity Connection で対応するユーザ プロファイルを作成します。
                                                                  ステップ 2   ユーザに IMAP アクセスを提供します。
                                                                  1. Cisco Unity Connection 管理インターフェイスを開きます。
                                                                  2. [サービス クラス(Class of Service)] を選択します。

                                                                    [サービス クラスの編集(Edit Class of Service)] ウィンドウが開きます。

                                                                  3. [ライセンスされた機能(Licensed Features)] セクションを探します。
                                                                  4. [IMAP クライアントやシングル インボックスを使用したボイスメールへのアクセスをユーザに許可する(Allow Users to Access Voice Mail Using an IMAP Client and/or Single Inbox)] を選択します。
                                                                  5. [メッセージ本文へのアクセスを IMAP ユーザに許可する(Allow IMAP Users to Access Message Bodies)] を選択します。
                                                                  6. [保存(Save)] を選択します。

                                                                  ボイスメール サービスを追加する

                                                                  Cisco Jabber for Windows ユーザは、ボイスメール サービスにより、ボイスメール メッセージを受け取ることができます。

                                                                  手順
                                                                    ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                    ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                                                                    [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                                                                    ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                                    [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                    ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [ボイスメール(Voicemail)] を選択します。
                                                                    ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                                                                    ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                                                                    1. [製品のタイプ(Product Type)] ドロップダウン リストから [Unity Connection] を選択します。
                                                                    2. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                                                                      入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                                                                    3. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                                                                    4. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、ボイスメール サービスのアドレスを入力します。
                                                                    5. [ポート(Port)] フィールドに、ボイスメール サービスに使用するポート番号を入力します。
                                                                    6. [プロトコル(Protocol)] ドロップダウン リストで、次のいずれかを選択します。
                                                                      • HTTP
                                                                      • HTTPS
                                                                    ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                                                    次の作業

                                                                    サービス プロファイルにボイスメール サービスを追加します。

                                                                    ボイスメール サービスを適用する

                                                                    Cisco Unified Communications Manager 上でボイスメール サービスを追加した場合は、Cisco Jabber for Windows からその設定を取得できるように、そのボイスメール サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

                                                                    はじめる前に

                                                                    サービス プロファイルを作成します。

                                                                    手順
                                                                      ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                      ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                                                                      [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                                      ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                                                                      [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                      ステップ 4   [ボイスメール プロファイル(Voicemail Profile)] セクションで、以下のような設定を行います。
                                                                      1. 次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
                                                                        • プライマリ(Primary)
                                                                        • セカンダリ(Secondary)
                                                                        • ターシャリ(Tertiary)
                                                                      2. クレデンシャルとボイスメール サービスを同期させる場合は、[ボイスメール サービスのクレデンシャル ソース(Credentials source for voicemail service)] ドロップダウン リストから [Unified CM - IM/Presence] を選択します。

                                                                        [Unified CM - IM/Presence] を選択した場合、ボイスメール サービスへのログインにはインスタント メッセージおよびプレゼンスのクレデンシャルが使用されます。 そのため、Cisco Jabber for Windows ユーザはクライアントでボイスメール サービスのクレデンシャルを入力する必要はありません。

                                                                        (注)     

                                                                        [Web 会議(Web conferencing)] は選択しないでください。 このオプションを選択した場合、ボイスメール サービスへのログインには、会議のクレデンシャルが使用されます。 Cisco Jabber for Windows では現在、会議のクレデンシャルとの同期はサポートされていません。

                                                                      ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                                                      メールストア サービスを追加する

                                                                      メールストア サービスにより、Cisco Jabber for Windows ユーザはビジュアル ボイスメール機能を使用することができます。

                                                                      手順
                                                                        ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                        ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                                                                        [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                                                                        ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                                        [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                        ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [メールストア(MailStore)] を選択します。
                                                                        ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                                                                        ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                                                                        1. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                                                                          入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                                                                        2. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                                                                        3. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、メールストア サービスのアドレスを入力します。
                                                                        4. [ポート(Port)] フィールドに、メールストア サービスに使用するポート番号を入力します。
                                                                        ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                                                        次の作業

                                                                        サービス プロファイルにメールストア サービスを追加します。

                                                                        メールストア サービスを適用する

                                                                        Cisco Unified Communications Manager 上でメールストア サービスを追加した場合は、Cisco Jabber for Windows からその設定を取得できるように、そのメールストア サービスをサービス プロファイルに適用する必要があります。

                                                                        はじめる前に

                                                                        サービス プロファイルを作成します。

                                                                        手順
                                                                          ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                          ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                                                                          [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                                          ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                                                                          [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                          ステップ 4   [メールストア プロファイル(MailStore Profile)] セクションで、以下のような設定を行います。
                                                                          1. 次のドロップダウン リストから、サービスを最大 3 つ選択します。
                                                                            • プライマリ(Primary)
                                                                            • セカンダリ(Secondary)
                                                                            • ターシャリ(Tertiary)
                                                                          2. 次の各フィールドに適切な値を指定します。
                                                                            • Inbox フォルダ(Inbox Folder)
                                                                            • ごみ箱フォルダ(Trash Folder)
                                                                            • ポーリング間隔(Polling Interval)
                                                                          3. メールストアが IMAP の UIDPLUS 拡張子をサポートしている場合は、[デュアルフォルダモードを使用可能にする(Allow dual folder mode)] を選択します。
                                                                          ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                                                          取得とリダイレクションの設定

                                                                          取得とリダイレクションを使用し、Cisco Jabber for Windows はクライアント インターフェイスからボイスメール メッセージにアクセスし、音声通話の着信をボイスメール サービスにリダイレクトすることができます。 ボイスメールの取得とリダイレクションは Cisco Unified Communications Manager で設定します。

                                                                          手順
                                                                            ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                            ステップ 2   ボイスメール パイロットを設定します。
                                                                            1. [拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [ボイスメール パイロット(Voice Mail Pilot)] の順に選択します。

                                                                              [ボイスメール パイロットの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Pilots)] ウィンドウが開きます。

                                                                            2. [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                                              [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                            3. [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウで必要な詳細情報を指定します。
                                                                            4. [保存(Save)] を選択します。
                                                                            ステップ 3   ボイスメール パイロットをボイスメール プロファイルに追加します。
                                                                            1. [拡張機能(Advanced Features)] > [ボイスメール(Voice Mail)] > [ボイスメール プロファイル(Voice Mail Profile)] の順に選択します。

                                                                              [ボイスメール プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                                            2. [次のボイスメール プロファイル名でボイスメール プロファイルを検索(Find Voice Mail Profile where Voice Mail Profile Name)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してプロファイルの一覧を取得します。
                                                                            3. 対象のプロファイルを一覧から選択します。

                                                                              [ボイスメール パイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                            4. [ボイスメール パイロット(Voice Mail Pilot)] ドロップダウン リストでボイスメール パイロットを選択します。
                                                                            5. [保存(Save)] を選択します。
                                                                            ステップ 4   電話番号設定でボイスメール プロファイルを指定します。
                                                                            1. [デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。

                                                                              [電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウが開きます。

                                                                            2. [電話を次の条件で検索(Find Phone where)] フィールドに適切なフィルタを指定し、[検索(Find)] を選択してデバイスの一覧を取得します。
                                                                            3. 対象のデバイスを一覧から選択します。

                                                                              [電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                            4. [割り当て情報(Association Information)] セクションを探します。
                                                                            5. 適切なデバイス番号を選択します。

                                                                              [電話番号設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                            6. [電話番号の設定(Directory Number Settings)] セクションを探します。
                                                                            7. [ボイスメール プロファイル(Voice Mail Profile)] ドロップダウン リストからボイスメール プロファイルを選択します。
                                                                            8. [保存(Save)] を選択します。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center と統合する

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center は、Cisco Jabber for Windows でのミーティング サービスと会議サービスを提供します。

                                                                            設定可能なさまざまなタイプの Cisco WebEx Meeting Center の配置について説明します。 認証のセットアップ方法と、Cisco Jabber for WindowsCisco WebEx Meeting Center の通信を有効にする方法についてはこちらを参照してください。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center との統合

                                                                            このリリースでは、Cisco Jabber for Windowsオンプレミス展開における Cisco WebEx Meeting Center との統合には、次の 2 つのタイプがあります。
                                                                            • クラウドベース 統合
                                                                            • ハイブリッド クラウドベース統合

                                                                            クラウドベース統合

                                                                            クラウドベース統合とは、Cisco WebEx Meeting Center からCisco Jabber for Windows に対して次のようなサービスが実現される環境のことです。
                                                                            • 参加者のチャット リストや参加者リストなどのデータ
                                                                            • 音声機能およびビデオ機能

                                                                            ハイブリッド クラウドベース統合

                                                                            ハイブリッド クラウドベース統合とは、次のような特徴を持った環境のことです。
                                                                            • Cisco WebEx Meeting Center により、参加者のチャット リストや参加者リストなどのデータが提供される。
                                                                            • 会議ブリッジにより、音声機能およびビデオ機能が実現される。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center による認証

                                                                            Cisco Jabber for Windows でサポートされている Cisco WebEx Meeting Center による認証のタイプは次のとおりです。
                                                                            直接認証

                                                                            ユーザ クレデンシャルを Cisco Jabber for Windows から Cisco WebEx Meeting Center に直接渡すことができます。

                                                                            直接認証を有効にする手順は次のとおりです。
                                                                            1. Cisco WebEx 管理ツールを使用して、Cisco WebEx Meeting Center 用のユーザ アカウントを作成します。 直接認証の場合は、Cisco WebEx Meeting Center でユーザ クレデンシャルの確認を行う必要があります。 ユーザ クレデンシャルはユーザ アカウント内に保持されており、Cisco Jabber for Windows での認証の際には Cisco WebEx Meeting Center によりその確認が行われます。
                                                                            2. Cisco WebEx Meeting Center のユーザ クレデンシャルを Cisco Jabber for Windows に設定します。 詳細は、「Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルの提供」を参照してください。

                                                                            詳細は、「Overview of Loosely Coupled Integration」を参照してください。

                                                                            アイデンティティ プロバイダーによる認証

                                                                            Cisco Jabber for Windows では、Cisco WebEx Meeting Center からアイデンティティ プロバイダーへ認証をリダイレクトすることができます。

                                                                            アイデンティティ プロバイダーによる認証を有効にする手順は次のとおりです。
                                                                            1. それぞれの目的に応じたアイデンティティ プロバイダーを設定します。 Cisco Jabber for Windows ユーザが Cisco WebEx Meeting Center による認証を受けようとすると、その認証は Cisco Jabber for Windows からアイデンティティ プロバイダーにリダイレクトされます。 アイデンティティ プロバイダーでは、クレデンシャルの確認が行われた後、Cisco Jabber for Windows へ認証トークンが返されます。 さらにそのトークンは Cisco Jabber for Windows から Cisco WebEx Meeting Center へ渡されます。これで認証プロセスは完了します。
                                                                            2. Cisco WebEx Meeting Center のユーザ クレデンシャルを Cisco Jabber for Windows に設定します。 詳細は、「Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルの提供」を参照してください。

                                                                            Cisco WebEx Messenger サービスによるユーザ アイデンティティ管理についての詳細は、「Using SSO with the Cisco WebEx and Cisco WebEx Meeting applications」を参照してください。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルの提供

                                                                            Cisco Jabber for WindowsCisco WebEx Meeting Center に直接認証します。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center にクレデンシャルを提供するには、次のメソッドの 1 つを選択します。
                                                                            • Cisco Jabber for Windows ユーザは [オプション(Options)] ウィンドウで Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルを個別に指定します。
                                                                            • Cisco Unified Communications Manager で、Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルのソースを指定します。 サービス プロファイルに会議サービスを適用する際にクレデンシャルのソースを指定します。 詳細は、「サービス プロファイルに Cisco WebEx Meeting Center サーバを追加する」を参照してください。

                                                                            Cisco Jabber for Windows での Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルの指定

                                                                            Cisco Jabber for Windows ユーザは、[オプション(Options)] ウィンドウの [ミーティング(Meetings)] タブで Cisco WebEx Meeting Center のクレデンシャルを指定します。 [オプション(Options)] ウィンドウを開くには、Cisco Jabber for Windows[ファイル(File)] > [オプション(Options)] の順に選択します。

                                                                            Cisco WebEx Meeting Center サーバを追加する

                                                                            Cisco Unified Communications Manager 上で会議を設定する場合は、最初に Cisco WebEx Meeting Center サーバの詳細情報を追加します。

                                                                            手順
                                                                              ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                              ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [UC サービス(UC Service)] を選択します。

                                                                              [UC サービスの検索と一覧表示(Find and List UC Services)] ウィンドウが開きます。

                                                                              ステップ 3   [新規追加(Add New)] を選択します。

                                                                              [UC サービスの設定(UC Service Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                              ステップ 4   [UC サービスの追加(Add a UC Service)] セクションで、[UC サービス タイプ(UC Service Type)] ドロップダウン リストから [会議(Conferencing)] を選択します。
                                                                              ステップ 5   [次へ(Next)] を選択します。
                                                                              ステップ 6   次の手順に従って、インスタント メッセージ/プレゼンス サービスの詳細情報を設定します。
                                                                              1. [製品のタイプ(Product Type)] ドロップダウン リストから [WebEx(会議)(WebEx (Conferencing))] を選択します。
                                                                              2. [名前(Name)] フィールドにサービスの名前を入力します。

                                                                                入力した名前は、プロファイルにサービスを追加する際に表示されます。 入力する名前は必ず、一意的でわかりやすく、かつ意味が通じるものにしてください。

                                                                              3. 必要であれば、[説明(Description)] フィールドに説明を入力します。
                                                                              4. [ホスト名/IP アドレス(Host Name/IP Address)] フィールドに、会議サービスのホスト名を入力します。
                                                                                (注)     

                                                                                IP アドレスではなく、必ずホスト名を指定してください。

                                                                              5. [ポート(Port)] フィールドに、会議サービスに使用するポート番号を入力します。
                                                                              6. [プロトコル(Protocol)] ドロップダウン リストから [HTTPS] を選択します。
                                                                              7. Cisco WebEx をシングル サインオン(SSO)プロバイダとして使用する予定がない場合は、[Web 会議サーバを SSO アイデンティティ プロバイダーとして使用(Use web conference server as SSO identity provider)] チェックボックスをオフにします。
                                                                                (注)     

                                                                                このフィールドは、[製品のタイプ(Product Type)] ドロップダウン リストから [WebEx(会議)(WebEx (Conferencing))] を選択した場合にのみ有効です。

                                                                              ステップ 7   [保存(Save)] を選択します。

                                                                              次の作業

                                                                              サービス プロファイルに Cisco WebEx Meeting Center サーバを追加します。

                                                                              サービス プロファイルに Cisco WebEx Meeting Center サーバを追加する

                                                                              Cisco Unified Communications Manager 上に Cisco WebEx Meeting Center サーバを追加したら、それをサービス プロファイルに追加する必要があります。これにより、Cisco Jabber for Windows は、その Cisco WebEx Meeting Center サーバの詳細情報をプロファイルから取得できるほか、会議機能にアクセスすることもできます。

                                                                              はじめる前に

                                                                              サービス プロファイルを作成します。

                                                                              手順
                                                                                ステップ 1   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified CM Administration)] インターフェイスを開きます。
                                                                                ステップ 2   [ユーザ管理(User Management)] > [ユーザ設定(User Settings)] > [サービス プロファイル(Service Profile)] の順に選択します。

                                                                                [サービス プロファイルの検索と一覧表示(Find and List Service Profiles)] ウィンドウが開きます。

                                                                                ステップ 3   目的のサービス プロファイルを検索し、それを選択します。

                                                                                [サービス プロファイルの設定(Service Profile Configuration)] ウィンドウが開きます。

                                                                                ステップ 4   [会議プロファイル(Conferencing Profile)] セクションで、以下のような設定を行います。
                                                                                1. [プライマリ(Primary)] ドロップダウン リストからサービスを選択します。
                                                                                  (注)     

                                                                                  Cisco Jabber for Windows では、[プライマリ(Primary)] ドロップダウン リストから選択したサービスのみ使用されます。 [セカンダリ(Secondary)] ドロップダウン リストおよび [ターシャリ(Tertiary)] ドロップダウン リストからサービスを選択する必要はありません。

                                                                                2. [サーバ証明書の検証(Server Certificate Verification)] ドロップダウン リストから適切な値を選択します。
                                                                                3. [Web 会議サービスのクレデンシャル ソース(Credentials source for web conference service)] ドロップダウン リストから次のいずれか 1 つを選択します。
                                                                                  未設定(Not set)

                                                                                  ユーザには、自身の Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルに一致するクレデンシャル ソースはありません。

                                                                                  Unified CM - IM/Presence
                                                                                  ユーザの Cisco Unified Communications IM and Presence クレデンシャルが、各ユーザの Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルと一致します。
                                                                                  ボイスメール(Voicemail)
                                                                                  ユーザの Cisco Unity Connection クレデンシャルが、各ユーザの Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルと一致します。
                                                                                  制約事項:

                                                                                  Cisco WebEx Meeting Center による認証にアイデンティティ プロバイダーを使用している場合は、クレデンシャル ソースを指定することはできません。

                                                                                  重要:

                                                                                  クレデンシャル ソースを選択した場合は、それらのクレデンシャルがユーザの Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルに合致することを確認する必要があります。

                                                                                  Cisco Unified Communications Manager で指定したクレデンシャルと Cisco WebEx Meeting Center で指定したクレデンシャルとを同期させるメカニズムはありません。 たとえば、あるユーザのインスタント メッセージおよびプレゼンスの各クレデンシャルと、そのユーザの Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルが同期するよう指定した後で、 そのユーザのインスタント メッセージおよびプレゼンスの各クレデンシャルが変更されたとします。 この場合、そのユーザの Cisco WebEx Meeting Center クレデンシャルは、変更内容に合わせて更新する必要があります。

                                                                                ステップ 5   [保存(Save)] を選択します。

                                                                                Microsoft Office との統合に関する設定を行う

                                                                                Cisco Jabber for WindowsMicrosoft Office と統合することにより、Microsoft Office アプリケーション スイートの他のユーザと在席ステータスを共有することが可能になります。 Microsoft Office との統合により、Cisco Jabber for Windows ユーザは他の Microsoft Office のユーザとのチャットや、音声通話やビデオ通話が簡単に行えるようになります。

                                                                                Microsoft Outlook で在席ステータスを有効にする

                                                                                Cisco Jabber for WindowsMicrosoft Outlook の統合を有効にするには、Microsoft Active Directory の proxyAddresses 属性の値として SIP:user@cupdomain を指定します。 Cisco Jabber for Windows ユーザは Microsoft Outlook の在席かどうかを共有できるようになります。

                                                                                proxyAddresses 属性は、次の方法で変更できます。
                                                                                Active Directory ユーザとコンピュータなどの Active Directory 管理ツールを使用する
                                                                                Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールを使用し、Microsoft Windows Server 2008 以降の属性を編集できます。
                                                                                ADSchemaWizard.exe ユーティリティを使用する

                                                                                ADSchemaWizard.exe ユーティリティは、Cisco.com 上の Cisco Jabber for Windows 管理パッケージ から入手できます。 ユーティリティは LDIF ファイルを生成します。このファイルはディレクトリを変更し、SIP:user@cupdomain という値で各ユーザの proxyAddresses 属性を追加します。

                                                                                ADSchemaWizard.exe ユーティリティは、Microsoft Windows Server 2003 などの Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールの属性編集機能をサポートしないサーバで使用します。 ADSI Edit などのツールを使用して、ADSchemaWizard.exe ユーティリティを使用して適用した変更を確認できます。

                                                                                ADSchemaWizard.exe ユーティリティの使用には、Microsoft .NET Framework バージョン 3.5 以降が必要です。

                                                                                Microsoft Windows PowerShell でスクリプトを作成する

                                                                                Microsoft Outlook でのプレゼンスを有効にするスクリプトの作成については、対応する Microsoft のマニュアルを参照してください。

                                                                                次の手順を実行し、Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールを使用して Microsoft Outlook で個別ユーザのプレゼンスを有効にします。

                                                                                手順
                                                                                  ステップ 1   Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールを起動します。 Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールを実行するには、管理者権限が必要です。
                                                                                  ステップ 2   メニューバーで [表示(View)] を選択し、ドロップダウン リストから [拡張機能(Advanced Features)] オプションを選択します。
                                                                                  ステップ 3   Active Directory ユーザとコンピュータ管理ツールの対象ユーザに移動します。
                                                                                  ステップ 4   ユーザをダブルクリックして [プロパティ(Properties)] ダイアログボックスを開きます。
                                                                                  ステップ 5   [属性エディタ(Attribute Editor)] タブを選択します。
                                                                                  ステップ 6   [属性(Attributes)] リスト ボックスで proxyAddresses 属性を探し、選択します。
                                                                                  ステップ 7   [編集(Edit)] を選択し、[複数値文字列エディタ(Multi-valued String Editor)] ダイアログボックスを開きます。
                                                                                  ステップ 8   [追加する値(Value to add)] テキストボックスで、値 SIP:user@cupdomain を指定します。

                                                                                  例: SIP:msmith@cisco.com

                                                                                  user@cupdomain 値はユーザのインスタント メッセージング アドレスです。 cupdomain 値は、Cisco Unified Presence のドメインです。