音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Mac

FAQ:Cisco Jabber for Mac リリース 9.2(1)(WebEx Connect)

FAQ
発行日; 2014/01/07 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック


Frequently Asked Questions

FAQ


Q. 

Cisco Jabber for Mac の概要

A. 

Cisco Jabber for Mac は、1 つのアプリケーションからインスタント メッセージ、ビデオ、音声、プレゼンス、ビジュアル ボイス メールおよび Web 会議機能のすべてを提供する、Mac プラットフォーム用の Unified Communication および Collaboration アプリケーションです。


(注)  


これらの機能へのアクセスは、お客様の組織における製品のセットアップ方法によって異なります。


基本


Q. 

[Password Sign-In] ステップで [server] フィールドが表示されるのはなぜですか。

A. 

[Service Type] として [Cisco Unified Presence] を選択しています。 これが意図したものでない場合、ログイン プロセスでいくつか前のステップに戻り、[Cisco WebEx Connect] を選択します。

Q. 

Cisco Jabber は Mountain Lion オペレーティング システム OS X 10.8.1 と互換性がありますか。

A. 

はい。 Cisco Jabber では、Mac OS X 10.7.4(Lion)および 10.8.1(Mountain Lion)がサポートされますが、10.7.4 よりも前のリリースはサポートされません。

Q. 

[Address Book] から検索を実行すると、連絡先が表示されません。 なぜですか。

A. 

Mac OS X 10.7.4(Lion)Address Book フレームワークでの Apple の既知の不具合により、Cisco Jabber が不安定になり、突然終了する可能性があります。 Cisco Jabber では 10.7.4 以降のバージョンで、この機能はデフォルトでディセーブルです。 [Address Book] をイネーブルにすると、安定性に問題が生じる可能性があります。 この問題は、Address Book プラグインには影響がなく、別個にインストールできるため、お使いの環境に電話機サービスが配置されている場合 Mac Address Book から直接 Cisco Jabber を使用してダイヤルすることができます。

Address Book プラグインをインストールするには、[Cisco Jabber] > [Install Mac Address Book Plug-in] を選択します。 アドレス帳プラグインを有効にするには、[Cisco Jabber] > [Preferences] > [General] > [Enable "Mac Address Plug-in"] を選択し、影響するクライアントを起動する必要があります。

Q. 

他のアプリケーションの使用中に、Cisco Jabber 機能にアクセスできますか。

A. 

Cisco Jabber を実行すると、別の Mac のアプリケーションが使用中でも、予測検索インタフェースなどのいくつかの主要な Cisco Jabber 機能にアクセスするための Cisco Jabber メニューを開くことができます。 メニューを開くには、[Cisco Jabber] ステータス項目をクリックするか、Ctrl、Command、Space キーを同時に押します。 ユーザの検索、ステータスの変更、チャットの開始、電話番号をダイヤルする場合にもこのメニューを使用できます。

Cisco Jabber は、各種マニュアルおよび Web ページで参照できるテレフォニー(tel:)およびチャット(xmpp: and jabber:)リンクをサポートしています。 たとえば、tel: リンクに表示される電話番号または xmpp: リンクで表示される IM アドレスをクリックすると、それぞれその番号への Cisco Jabber コールが開始されるか、ユーザへの Cisco Jabber チャット ウィンドウが開きます。

Q. 

受信したチャット メッセージまたは会議への招待などのベントに関する通知は、どのように変更またはディセーブルにできますか。

A. 

イベント通知を修正するには、[Cisco Jabber] > [Preferences] > [Events] を選択します。

Q. 

Cisco Jabber ではどんなキーボード ショートカットを使用できますか。

A. 

次の表に、使用可能なショートカットの一部を示します。

ショートカット

説明

Ctrl+Command+Space

グローバル Cisco Jabber メニューを開きます。

Command+/

チャット ウィンドウなどの別のウィンドウがアクティブな場合、前面にメイン Cisco Jabber ウィンドウを表示します。

Command+,

[Preferences] ウィンドウが開きます。

Command+F

メイン ウィンドウから検索します。

Shift+Command+N

メイン ウィンドウからダイヤルします。

Command+D

コンタクトを追加します。

Shift+Command+H

オフラインの連絡先の表示しと非表示を切り替えます。

Shift+Command+0(ゼロ)

選択したテキストをダイヤルします。
(注)     

任意の Mac のアプリケーション内で使用できます。 一連の番号を強調表示して、Cisco Jabber で電話をかけるためのショートカットを使用します。


(注)  


Cisco Jabber メニューには、その他のキーボード ショートカットも含まれます。 Cisco Jabber キーボード ショートカットの全リストについては、『Cisco Jabber for Mac Accessibility Guide』を参照してください。


Q. 

カスタマイズ可能な Cisco Jabber キーボード ショートカットはありますか。

A. 

はい、次のキーボード ショートカットに独自のキーの組み合わせを指定できます。

デフォルトのキーの組み合わせ

説明

Ctrl+Command+Space

グローバル Jabber メニューを表示します。

Ctrl+Command+L

着信コールに応答します。

Ctrl+Option+Command+↓

アクティブ コールのミュートを消音解除に切り替えます。
  1. [Jabber] > [Preferences] > [General] を選択します。 次に、[Global Shortcuts] をクリックします。
  2. 現在のキーボード ショートカット横の [X] をクリックします。
  3. Shift、Ctrl、Command および Option のいずれかの組み合わせとともに、文字または数字を使用して独自のキーボード ショートカットを作成します。

セットアップ


Q. 

電話サービスおよびボイスメール情報はどこで入力すればいいですか。

A. 

アカウント情報を入力するには、次の操作を実行します。

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Accounts] を選択します。 次に、任意のアカウントを選択します。 可能であれば、Cisco Jabber ではシステム管理者により提供されたアカウント情報が自動的に入力されます。
  2. ユーザ名やパスワードなど残りの情報を入力し、[Apply] をクリックしてアカウントに接続します。 ユーザ名とパスワードの取得でサポートが必要な場合は、システム管理者にお問い合わせください。

Q. 

Web 会議アカウントをセットアップするにはどうすればよいですか。

A. 

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Accounts] を選択します。
  2. [Accounts Preferences] ウィンドウで、[WebEx Meeting] を選択します。
  3. [Meeting Site] ドロップダウン メニューをクリックします。 次に、[Edit Meeting Site] を選択します。
  4. 表示されたウィンドウで、[+] ボタンをクリックします。
  5. サイト URL を入力します。
  6. ユーザ名とパスワードを入力します。
  7. [Verify] をクリックします。 情報がすべて正しければ、Cisco Jabber は会議のサイト アカウントの確認を行います。
  8. [Done] をクリックします。 それ以外は、アカウント情報が正しく入力されていることを確認します。
  9. [Apply] をクリックして新しい会議サイト アカウントを有効にします。

情報がすべて正しければ、[Accounts] の [WebEx Meeting] の横に、Web 会議アカウントに正しく接続できたことを示す緑色のチェック マークが表示されます。

Q. 

どのようなプライバシー オプションを設定できますか。

A. 

Cisco Jabber では、連絡先リストへの追加を求めるリクエストを受け取った場合のリクエストの処理方法を指定できます。 プロファイルは参照および更新できます。また、設定内容を表示したり、連絡の拒否を管理したりできます。

  • 社内のユーザ
  • 社外のユーザ

プライバシー オプションを設定するには、次の操作を実行します。

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Privacy] を選択します。
  2. [Policies] を選択します。
  3. グループ「For people in my company」には、[Automatically accept requests] または [Prompt me for each request] のいずれかを選択します。
  4. グループ「For people outside my company」には、[Automatically accept requests] または [Prompt me for each request] のいずれかを選択します。
  5. プロファイルの参照を許可するユーザを制限する場合は、ドロップダウン メニューから適切なグループを選択します。
  6. [Manage Blocked People] をクリックして、全般プライバシー ポリシーの例外として設定する個人の IM アカウント アドレスを追加します。 [+] をクリックしてアカウント アドレスを追加し、設定が終わったら [Done] をクリックします。
  7. 社内のセットアップによりこのオプションがサポートされている場合は、[Observers] をクリックすると、自分を連絡先リストに追加しているのに自分の連絡先リストにはないユーザ(オブザーバ)の一覧を参照できます。 任意のオブザーバを連絡先リストに追加するには、[Action] メニュー ボタンをクリックし、その連絡先のグループを選択します。

Q. 

ヘッドセットまたは他のオーディオ デバイスをセットアップするにはどうすればよいですか。

A. 

オーディオ デバイスが現在設定されているデバイスではない場合、Cisco Jabber で使用するためにオーディオ デバイスをセットアップしなければならないことがあります。

ヘッドセットまたは他のオーディオ デバイスを Cisco Jabber で使用できるようセットアップするには、次の操作を実行します。

  1. ヘッドセットまたは他のオーディオ デバイスを適切な USB ポートに差し込みます。
  2. [Jabber] > [Preferences] > [Audio/Video] を選択します。
  3. ハードウェアが認識されたら、ドロップダウン リストからオーディオ デバイスを選択します。 マイクの音量は調整できます。 また、音声通話および着信の音量も調節できます。

(注)  


Cisco Jabber はコンピュータのスピーカとマイクを使用するため、ヘッドセットまたは他のオーディオ デバイスは必要ありません。


Q. 

ボタンの意味を教えてください。

A. 

サインインすると、メイン ウィンドウが表示されます。 メイン ウィンドウにあるアイコンからは、様々な機能に簡単にアクセスできます。

ボタン 説明

[Contacts]:連絡先リストを表示します。 接続を追加するには、[Jabber] > [Contact] > [Add Contact] を選択するか、または Command+D キーボード ショートカットを使用できます。

[Chats]:不在時受信のチャットなど、チャットの履歴を表示します。
(注)      1 対 1 の IM チャット履歴のみ表示されます。

[Calls]:着信、発信および不在着信といった通話履歴を表示します。

[Voicemail]:ビジュアル ボイス メッセージを表示します。 [Play] ボタンをクリックすると、Cisco Jabber から直接ボイス メッセージを聞くことができます。 管理者がボイスメール アカウントで音声テキスト変換を有効にしている場合、[Voicemail] タブで変換されたテキストを参照することもできます。

[Meetings]:予定されている Cisco WebEx 会議を表示します。

デフォルトでは、当日の会議の予定がカレンダーに表示されます。 [Today] ボタンをクリックします。そこから、別の日付の会議を参照できます。 インスタント ミーティングを開始するには、[Instant Meeting] をクリックします。

[Search]:ユーザの予測検索が可能な検索フィールドを開きます。連絡先、最近の通話、Address Book に登録されている個人用連絡先、社内ディレクトリ内のユーザを検索できます。 電話番号を入力すると、通話の発信も可能です。

[Phone and Call Forwarding Preferences]:通話を発信および着信するコンピュータまたはデスクの電話を選択できます。 また、通話を転送することもできます。[Calls Preferences] ウィンドウを開くと、お使いの電話の情報を参照できます。

Q. 

サウンドと受信する通知を制御するにはどうしたらよいですか。

A. 

通知を送信するすべてのイベントに対し、サウンドとドック バウンスを指定できます。

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Events] を選択します。
  2. イベントを選択し、サウンドを再生させるかどうか、あるいは再生するタイミングを指定します。 また、ドック バウンス時の動作や各イベントの Growl 通知を選択することもできます。 Growl はアプリケーションの通知を表示してくれる、Mac OS X 用のサードパーティ アプリケーションです。

Q. 

プロファイルに変更したい情報があります。 情報を変更するにはどうしたらよいですか。

A. 

写真の登録または変更、連絡先電話番号の追加、あるいはその他のプロファイル情報の編集が可能です。ただし、システム管理者がこの機能を有効にしている場合に限ります。

  1. プロファイルを参照するには、[File] > [View My Profile] を選択します。
  2. [Edit] ウィンドウを開くには、[Edit] をクリックします。
  3. 次のいずれかの変更を行います。 変更を行ったら、[Save] をクリックして変更内容を保存します。
  • 写真を追加または変更するには、写真をダブルクリックします(あるいは、写真の登録が済んでいない場合は、写真アイコンをダブルクリックします)。 次に、登録したい写真のファイルを参照し、[Open] をクリックします。
  • 連絡先電話番号を追加するには、緑色の [Plus] アイコンをクリックし、新しい電話番号を入力します。 次に、[Phone Number] フィールド横のドロップダウン メニューをクリックして、連絡先電話番号の種類を選択します(例:家または職場)。
  • アドレスなどのフィールドを編集するには、フィールド内でクリックし、情報を編集します。

プレゼンスのステータス


Q. 

プレゼンスのステータスとは何ですか。

A. 

プレゼンス ステータス情報では、連絡先がチャット、電話、会議に対応可能またはデスクから退席していることを示します。 連絡先名の横に表示されるアイコンまたはステータス メッセージにより、ステータスを判断できます。

プレゼンスのステータス情報を使用することで、連絡のタイミングと手段を状況に応じて選択できるため、コミュニケーション上の時間的ロスを軽減できます。

Q. 

ステータスを変更するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. [Cisco Jabber] ウィンドウ上部に表示されているステータス メッセージの横にあるドロップダウン メニューをクリックするか、Cisco Jabber のグローバル メニューを開きます。
  2. デフォルトのステータス一覧から選択します。 また、[Cisco Jabber] ウィンドウのドロップダウン メニューから [Custom] オプションを選択すると、独自のステータス メッセージを作成できます。

(注)  


Cisco Jabber グローバル メニューを開くには、キーボードで Control+Command+スペースバーを押します。


Q. 

ステータスは自動的に変更されるのですか。

A. 

はい。たとえば、通話の開始や WebEx Connect 会議への参加、あるいは一定時間コンピュータが操作されない状態などが検出されると、Cisco Jabber はステータスを自動的に変更します。 詳細については、次の表を参照してください。

Q. 

Cisco Jabber で表示されるステータス インジケータにはどのようなものがありますか。

A. 

次の表は、連絡先の横に表示される可能性のあるすべてのステータス インジケータとそれぞれの意味を説明しています。

アイコン

ステータスの説明

[Available]:そのユーザが連絡可能であることを示します。 また、ユーザは、アイコンの横に表示するカスタム Available メッセージを作成できます(例:「今日は一日チーム ミーティングです」)。

このインジケータは自動的に次のメッセージを表示します。
  • [Away]:コンピュータが一定時間アイドル状態にある場合に表示
  • [On a call]:ユーザが通話中の場合に表示
  • [In a WebEx meeting]:ユーザが WebEx Connect 会議に参加中に表示
  • [In a meeting]:Microsoft Outlook の予定表の情報を元に、ユーザが取り込み中の場合に表示

ユーザは、手動でステータスを [Away] に変更したり、アイコンの横に表示するカスタム Away メッセージ(例:「昼休みのため外出中」)を作成することもできます。

このインジケータは次のステータス情報を表示できます。
  • [Do Not Disturb]:ユーザが連絡してほしくない状態を示します。 ユーザは、アイコンの横に表示するカスタム Do Not Disturb メッセージ(例:「午後 5 時で退社します」)を 作成することもできます。
  • [Presenting]:ユーザがデスクトップ共有セッションまたは WebEx 会議で共有を開始すると自動的に表示されます。

[Offline]:ユーザが Cisco Jabber にサイン インしていないことを示します。 オフライン ユーザはチャット メッセージを受信できません。

Q. 

どれくらいの時間が経過すると Cisco Jabber が不在ステータスを表示しますか。

A. 

デフォルトでは、コンピュータが非アクティブになってから 15 分が経過すると、Away にステータスが変更されます。 自動ステータス変更をオフにする、あるいはタイマー値を変更するには、タイマー設定を使用します。

退席中タイマーの値を変更するには、次の手順に従います。

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Status] を選択します。

    (注)  


    [Show me as Away] チェック ボックスをオフにすると、ステータスは自動的に Away に変更されなくなります。 デフォルトでは、このチェックボックスはオフになっています。


  2. 矢印を使用するか、または値を入力して、タイマーの値を変更します。

Q. 

カスタム ステータス メッセージを作成または削除するにはどうすればよいですか。

A. 

カスタム ステータス メッセージを作成すると、より詳しい在籍情報を表示できます。

カスタム ステータス メッセージを作成するには、次の操作を実行します。

  1. [Cisco Jabber] ウィンドウでステータスをクリックします。
  2. [Custom Available][Custom Away] または [Custom Do Not Disturb] をクリックします。
  3. 表示するメッセージを入力します。
  4. Return キーを押します。 作成したメッセージが新しいステータスとして表示されます。 このメッセージはドロップダウン リストに表示されるので、任意に使用できます。

カスタム ステータス メッセージを削除するには、次の操作を実行します。

  1. [Cisco Jabber] ウィンドウでステータスをクリックするか、Cisco Jabber ステータス アイテムをクリックします。
  2. [Edit Status Menu] を選択します。
  3. 削除するメッセージを選択します。
  4. [-](マイナス)ボタンをクリックします。
  5. [Done] をクリックするとウィンドウが閉じられ、変更が保存されます。

(注)  


新しいカスタム ステータス メッセージは、[Edit Status Menu] で [+](プラス)ボタンをクリックすることで作成できます。


Q. 

ステータスが [Do Not Disturb] に設定されています。受信しなかったメッセージはどうすれば見ることができますか。

A. 

[Do Not Disturb] ステータスでは受信メッセージと招待の配信が継続されますが、通知は表示されず音声もオフにされます。

連絡先


Q. 

連絡先を追加するにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco Jabber では、社内ディレクトリから連絡先を連絡先リストに追加できます。

社内ディレクトリから連絡先を追加するには、次の手順を実行します。

  1. [Contacts] > [Add Contact] を選択します。
  2. 名前の入力を開始すると、社内ディレクトリの検索が始まります。
  3. 検索結果から名前を選択します。
  4. (オプション)[Display Name] フィールドで、連絡先リストでの名前の表示方法を編集します。
  5. (オプション)[Add to Group] ドロップダウン メニューをクリックして、この連絡先に対して既存グループのいずれかを選択するか、メニューの [Add New Group] をクリックして新しいグループを作成します。
  6. [Add] をクリックします。

(注)  


検索機能を使用しているときにも連絡先を追加できます。 検索結果に目的の連絡先が見つかったら、名前または写真にカーソルを移動します。 次に、メニューから [Add to Group] を選択し、サブメニューから連絡先を所属させるグループを選択します。


Q. 

外部の IM サービスから連絡先を追加できますか。

A. 

はい。 Cisco Jabber では、AOL から連絡先を追加できます。 通常どおり連絡先を追加します(たとえば、[Jabber] > [Contacts] > [Add Contact] を選択します)。 IM のフィールドで、新しい連絡先の IM ユーザ名を入力し(myfriend@aol.com など)、[This is an AOL contact] チェックボックスをオンにします。 必要に応じて、この連絡先の表示名も入力し、連絡先をグループに割り当てます。


(注)  


Cisco Jabber では、AOL の連絡先や他の外部 IM サービスのステータス情報を表示できません。


Q. 

連絡先カードでは、各種通信用オプションはどのように動作しますか。

A. 

連絡先リストで、連絡先の写真にカーソルを移動します。 セットアップされているサービスに応じて、通信方法を選択できるボタンが連絡先カードに表示されます。 通話する、会議を開始する、チャットする、または電子メールを連絡先に送信することができます。

通話の場合、複数の電話番号を表示できます。 [Phone] ボタンをクリックし、サブメニューから番号を選択して連絡先の電話番号に発信します。 利用可能な場合、この番号は固定電話、携帯電話、または指定した別の番号を表す場合があります。 また、Web 会議に参加していない場合は、連絡先と会議を開始することもできます。

Q. 

連絡先一覧で画像を非表示にするにはどうすればよいですか。

A. 

管理者がこの機能を有効にしている場合は、[View] メニューから画像表示の表示と非表示を切り替えることができます。 連絡先一覧が長い場合は、画像の表示をオフにしてスペースを節約できます。

[View] > [Show Expanded Contacts View] を選択して、画像の表示と非表示を切り替えます。

Q. 

連絡先を検索するには、どうしたらよいですか。

A. 

検索フィールドを表示するには、グローバル [Cisco Jabber] メニューを開くか、[Search or Call] バーを使用できます。


(注)  


Cisco Jabber グローバル メニューを開くには、キーボードで Control+Command+スペースバーを押します。


Q. 

連絡先のうち 1 件をニックネームに変更しました。検索機能で検索できますか。

A. 

名前が変更されていても、連絡先リストにある連絡先は検索できます。 また、[Search] フィールドで電子メール アドレスを入力しても、連絡先を検索できます。

Q. 

他のアプリケーションを使うために、よく Cisco Jabber を最小化しています。 アプリケーション ウィンドウが表示されていない状態でも、検索を利用して誰かに連絡する方法はありますか。

A. 

はい。 このために Cisco Jabber には Mac のメニュー バーのアイコンがあります。 Cisco Jabber グローバル メニューをクリックしてください。連絡先、最近の通話、Address Book に登録されている個人用連絡先、社内ディレクトリ内のユーザを検索できます。 電話番号を入力すると、通話の発信も可能です。


(注)  


Cisco Jabber グローバル メニューは、Control+Command+スペースバーのショートカットを使用しても開くことができます。


Q. 

連絡先を整理するにはどうすればよいですか。

A. 

グループを作成することで連絡先を整理できます。 連絡先を追加するときにグループを割り当てることもできます。 Cisco Jabber のデフォルトでは、各グループの連絡先はアルファベット順で表示されます。 グループを作成したら、ショートカット メニューのオプションを選択することで、グループ チャットを開始します。

(注)  


グループは、連絡先一覧でアルファベット順に表示されます。


新しいグループを追加するには、次の操作を実行します。

  1. ウィンドウの左下にある [Action] ボタンをクリックし、[Add Group] を選択します。 あるいは、[Contacts] > [Add Group] を選択します。
  2. [Group name] フィールドに名前を入力します。
  3. [OK] をクリックします。 グループ名が連絡先リストに表示されます。
  4. 既存の連絡先を、リストからグループにドラッグしてグループに追加します。 この新しいグループは、連絡先を追加するときにも選択できます。

Q. 

連絡先を複数のグループに表示することはできますか。

A. 

はい、連絡先は複数のグループに表示できます。

連絡先を別のグループに追加するには、次の操作を実行します。

  1. 連絡先名を選択します。
  2. [Contacts] メニューから、[Add to Group](連絡先を別のグループにコピーします)または [Move to Group] を選択します。
  3. グループ名を選択します。

Q. 

Cisco Jabber でグループから連絡先を削除した場合、その連絡先は連絡先リストからも削除されてしまいますか。

A. 

Cisco Jabber の予測検索の検索結果で連絡先を削除した場合、その連絡先が登録されているグループがあれば、そのグループからも自動的に削除されます。 Cisco Jabber の連絡先リストから連絡先名の選択により連絡先を削除した場合は、選択した連絡先のみが削除されます。 つまり、その連絡先が複数のグループに登録されている場合、Cisco Jabber はその人を選択したグループからのみ連絡先を削除します。

Q. 

連絡先を拒否するにはどうすればよいですか。

A. 

個人連絡先を拒否すると、Cisco Jabber からはその連絡先とのインスタント メッセージの送受信ができなくなります。 Cisco Jabber が拒否できるのは、別の組織またはドメインに所属するユーザのみです。

連絡先を拒否するには、次の操作を実行します。

  1. 連絡先リストで名前を選択します。
  2. [Contacts] > [Block] を選択します。

Q. 

Cisco Jabber では、Mac のアドレス ブックで連絡先情報を検索できますか。

A. 

Cisco Jabber は次のような方法でアドレス ブックの情報を使用します。

  • Mac OS X 10.7 (Lion) の Address Book フレームワークには、Cisco Jabber の動作不安定や予期せぬ終了の原因となる既知の不具合があります。 このため、Lion については、Cisco Jabber とアドレス ブックとの統合をデフォルトで無効にしています。
  • Cisco Jabber では、別途インストールして使用する、Address Book プラグインを提供しています。このプラグインをインストールすると、Cisco Jabber を使用して Mac アドレス ブックから直接ダイヤルできます。 Address Book プラグインをインストールするには、[Cisco Jabber] > [Install Mac Address Book Plug-in] を選択して、Address Book プラグインを有効にするには、[Cisco Jabber] > [Preferences] > [General] > [Enable "Mac Address Plug-in"] を選択します。これを反映するにはクライアントを再起動する必要があります。

チャット


インスタント メッセージ

Q. 

チャットを開始するにはどうすればよいですか。

A. 

連絡先リストの連絡をダブル クリックすると、Cisco Jabber はすぐに会話を開始するチャット ウィンドウを開きます。 あるいは、Cisco Jabber の検索機能により、先に連絡先リストおよび社内ディレクトリ、アドレス ブック、最近の通話から、チャット相手の連絡先を検索することもできます。

  1. [Search] をクリックし、メイン ウィンドウの [Search] フィールドに名前または電子メール アドレスを入力します。 Cisco Jabber グローバル メニューからも検索を実行できます。
  2. 検索結果の連絡先名をダブルクリックしてチャットを開始します。

Q. 

チャット リクエストの受信時に鳴るサウンドをオフにするにはどうすればよいですか。

A. 

デフォルト設定では、サウンドをサポートするイベントのチャット アラート音はオンになっています。 [Events Preferences] メニュー([Jabber] > [Preferences] > [Events])から、チャット アラート音が鳴るタイミングと方法を変更します。

通知を送信するすべてのイベントに対し、サウンドとドック バウンス、Growl 通知を指定できます。

Q. 

不在時のチャット リクエストを参照するには、どうしたらよいですか。

A. 

アプリケーションにサイン インしている場合、アプリケーション上にアイコンが表示されています。メイン ウィンドウの [Chat] タブを参照すると、対応できなかったチャットが表示されています。

Q. 

チャット ウィンドウにあるボタンは何のボタンですか。

A. 

チャット ウィンドウ上のボタンを使用すると、チャットに音声や Web 会議を追加できます。

ボタン

説明

[Place Call]:音声コールを開始します。

[Start Meeting]:Cisco WebEx Meeting Center を開始し、チャットの参加者に会議出席依頼を送信します。

[Start Desktop Share]:チャットの参加者にデスクトップの共有通知を送信します。

[Send Email]:チャットの参加者を宛先とした、電子メール メッセージ ウィンドウを新規に開きます。

[Action]:次のオプションを含むメニューが表示されます。
  • Send File
  • Add to Group
  • Block
  • Get Info

[Invite Contact]:ユーザ検索を実行し、そのユーザを現在のチャットに招待できます。

[Participant Panel]:チャットの参加者を一覧表示するパネルを開いたり閉じたりします。

[Font attributes]:フォント、フォント サイズ、色を割り当てます。

[Font color]:テキストの色を選択できます。

[Emoticons]:顔文字パレットから選択できます。

[File transfer]:ファイルを参照し、そのファイルを連絡先に送信できます。

Q. 

Growl 通知からチャットを開始できますか。

A. 

連絡先がオンラインである、あるいはメッセージを受信済みという通知が表示されたら、Growl 通知をクリックします。Cisco Jabber が最前面に表示され、その連絡先とのチャット ウィンドウが開きます。

Q. 

チャットの履歴はどこで参照できますか。

A. 

社内でこの機能をサポートしている場合、連絡先とのチャットを新規に開始すると、チャット ウィンドウに前回のチャット メッセージが表示されます。 [Jabber] > [Preferences] > [Chat] を選択して、チャット ウィンドウに表示される前回のチャット メッセージの数を調整します。 また、チャットをファイルにアーカイブし、Cisco Jabber のメイン ウィンドウの [Chats] タブからチャット履歴として参照できます。


(注)  


チャットのアーカイブはシステム管理者のみが有効化できます。 社内環境によってはこの機能を有効化していない場合があります。 アーカイブの利用については、システム管理者に確認してください。


Q. 

チャットで使用するテキストのフォーマットを変更できますか。 Cisco Jabber では顔文字を使用できますか。

A. 

会話ウィンドウで、さまざまなフォント、色、顔文字を選択してチャット中に適用できます。 着信、発信に関係なく、すべてのチャット メッセージに対してフォーマット オプションを設定することもできます。

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Chats] を選択します。
  2. [Set Font] をクリックし、メッセージのフォントを選択します。 また、チャットのテーマ、フォント サイズ、および色も選択できます。

Q. 

最近のファイルの送受信はどうやって確認できますか。

A. 

[Window] > [File Transfers] を選択して、[File Transfers] ウィンドウを開きます。 このウィンドウには、Cisco Jabber チャット セッションで受信または送信したファイル、および送信者または受信者の名前が一覧表示されます。 ファイル名をダブルクリックするとファイルを開くことができます。 また、ファイルの横にある検索アイコンをクリックすると、ファイルが保存されている Downloads フォルダが開きます。

グループ チャット

Q. 

グループ チャットとは何ですか。

A. 

インスタント メッセージを使用するチャットには、1 対 1 のチャットとグループ チャットと呼ばれるチャットがあります。 3 人以上の参加者がいるときはグループ チャットになります。 グループ チャットは、チャットの参加者が 1 名でもいる限り、アクティブとなります。 すべての参加者が退室すると、グループ チャットは終了します。

Q. 

グループ チャットを開始するにはどうすればよいですか。

A. 

グループ チャットを開始する方法は数通りあります。
  • [Jabber] > [File] > [New Group Chat] を選択します。 次に、[Invite to Chat] ウィンドウの [People] フィールドにグループ チャットに招待する連絡先の名前を入力します。
  • 連絡先リストで複数の連絡先を選択し、右クリックして、[Start Group Chat] を選択します。

ヒント


グループ内のすべてのユーザをグループ チャット招待するには、連絡先一覧でグループ名を右クリックし、[Start Group Chat] を選択します。


コール


発信および受信

Q. 

Cisco Jabber でコールを発信するためにコンピュータまたはデスク フォンを使用する場合ではどのように異なりますか。

A. 

Cisco Jabber は(マイク、スピーカ、USB ヘッドセットの使用を含めて)コンピュータを電話機として使用するか、またはお使いの Cisco IP Phone でコールを発信および受信するように制御できます。 デスク フォン制御モードで Cisco Jabber を使用すると、一部のコール制御オプションはアプリケーション自体からは利用できず、次の操作を実行するにはデスク フォンを使用する必要があります。

  • モバイル デバイスにコールを送信する
  • マイクロフォンをミュートにする
  • 音声を受信するときのボリュームを調整する

Q. 

コールを開始するにはどのような方法が利用可能ですか。

A. 

コールを発信するには、次の方法のいずれかを使用します。

  • 目的のユーザを見つけるには [Cisco Jabber] ウィンドウの [Search] フィールドを使用して、サブメニューから電話番号の 1 つを選択します。
  • グローバル [Cisco Jabber] メニューを開き、目的のユーザを検索するには [Search] フィールドを使用します。 次に、サブメニューから電話番号の 1 つを選択します。
  • 連絡先リストの連絡先の [Phone] アイコンをクリックし、コールする電話番号の 1 つを選択します。
  • 連絡先リストの連絡先を右クリックし、コンテキスト メニューから [Call] を選択します。 その後、コールする電話番号を選択します。
  • リスト中の連絡先の 1 つにの上にマウスポインタを置き、連絡先カードが表示されたら [Phone] アイコンをクリックします。
  • リストで連絡先を選択するにはクリックします。 次に、[Contacts] > [Place Call] を選択します。
  • [Keypad] ボタンをクリックして番号を入力します。 コールを開始するには、Return キーを押すか、[Call] ボタンをクリックします。

Q. 

Cisco Jabber では自身の Mac Address Book を使用できますか。

A. 

Cisco Jabber は、2 つのレベルのネイティブ Address Book のアドレス帳の統合を提供しています。 Cisco Jabber はアドレス帳から情報を収集し、一致する場合既存の連絡先にそれを追加します(Mac OS X 10.6 のみ)。 また、Cisco Jabber は検索結果から Address Book エントリを表示します。

さらに、Cisco Jabber は Address Book プラグインを提供しています(Cisco Jabber メニューから [Cisco Jabber] > [Preferences] > [General] を選択して [Install Mac Address Book Plug-in] をクリックしてインストールします)。 Address Book プラグインをインストールしたら、Address Book から直接 Cisco Jabber 経由でコールを発信することができます。 電話番号をクリックして、[Address Book] > [Services] > [Dial with Cisco Jabber] を選択します。


(注)  


Mac OS X 10.7(Lion)Address Book フレームワークでの Apple の既知の不具合により、Cisco Jabber が不安定になり、突然終了する可能性があります。 このため、Lion については、Cisco Jabber とアドレス ブックとの統合をデフォルトで無効にしています。 この問題は、Address Book プラグインには影響しません。


Q. 

[Active Conversation] ウィンドウのアイコンについて説明してください。

A. 

[Active Conversation] ウィンドウのアイコンを使用すると、コール機能にアクセスできます。

アイコン

説明

[Mute]:アクティブ コールのマイクをミュートにします。

[Video Stop/Start]:現在ビデオを送信している場合、コールでのビデオの送信を停止します。 ご自身と参加者の両方でビデオが有効になっている場合、現在まだこれを送信していない場合はビデオを開始するにはここをクリックします。

[Adjust Call Volume]:アクティブなコールの音量を調整するスライダを開きます。

[Hold Call]:アクティブ コールを保留にします。 [More] ボタンから保留機能にアクセスします。

[Keypad]:アクティブ コールにトーンを入力するキーパッドを開きます。 PIN、パスワード、またはボイス メニュー ナビゲーションを入力するには、キーパッドを使用します。 たとえば、[Call Actions] メニューから [Add Call] 機能を使用する場合も、このキーパッドを使用できます。

[Contact Options Menu]:次の機能にアクセスできるメニューを開きます。
  • [Send Email]:この連絡先宛ての新しい電子メール メッセージを開きます。 複数の連絡先との会議の場合、参加者全員にメッセージが送信されます。
(注)     

[Contact Options Menu] ボタンは、社内電話帳の中の誰かとアクティブな電話コール中である場合にのみアクティブになります。

[End Call]:アクティブ コールを終了します。 [Active Conversation] ウィンドウを閉じると、コールを終了できます。 保留中のコールを終了するには、コールを終了する前に([Hold] アイコンをクリックして)コールに復帰する必要があります。

[More]:次の機能にアクセスできるサブメニューを開きます。

  • [Hold]:1 人または複数の他の発信者との電話会議を作成します。
  • [Merge]:プロファイルにリストされているモバイル デバイスにコールを送信します。

[Merge]:2 つアクティブ コールを 1 つの電話会議へマージします。 [More] ボタンからマージ機能にアクセスします。

[Phone and Call Forwarding Preferences]:通話を発信および着信するコンピュータまたはデスクの電話を選択できます。 またコールを転送し、[Calls Preferences] メニューを開いて電話機に関する情報を確認することができます。

[Chat]:この連絡先とのチャットを開きます。 複数の連絡先との会議の場合、参加者全員でのチャットになります。

[Start WebEx Meeting]:この連絡先に対して WebEx Meeting Center 会議を開始します。 複数の連絡先との会議の場合、参加者全員が会議に招待されます。

[Start Screen Share]:連絡先が画面の共有セッションを受け入れると、この連絡先との画面共有を開始します。 複数の連絡先との会議の場合、参加者全員が画面共有に招待されます。

[Send Email]:この連絡先宛ての新しい電子メール メッセージを開きます。 複数の連絡先との会議の場合、参加者全員にメッセージが送信されます。

[Audio Video Preferences]:[Audio Video Preferences] ウィンドウを開き、カメラ、マイク、スピーカー、呼出音を選択および調整できます。

Q. 

「オフライン」の連絡先が連絡先リストに表示されない場合、コールするにはどうしたらいいですか。

A. 

次の 2 つのオプションから選択できます。

  • 連絡先を検索します。 検索結果では、オフラインのものも含め連絡先リストのすべての連絡先を表示します。 結果から、連絡先にコールすることができます。
  • [View] > [Show Offline Contacts] を選択します。

Q. 

コールを受信した場合、どのような選択肢がありますか。

A. 

コールを受信すると、通知ウィンドウで表示され次のオプションから 1 つ選択します。
  • 音声応答
  • ボイス メール サービスにコールを転送
  • チャットを使用した応答
  • 呼出音をの停止

Q. 

電話会議を作成するには、どうしたらよいですか。

A. 

  1. 最初の連絡先とコールを開始します。 こちらが会議を開始したことを発信者に通知し、発信者はこちらが他の発信者を追加するまで保留中になります。
  2. [Show Actions] ボタンをクリックします。 次に、[Add Call] をクリックします。
  3. [Search] フィールドに次の参加者の名前を入力するか、手動で電話番号を入力します。 検索結果では、オフラインのものも含め、プロファイルに関連付けられた電話番号を持つ連絡先リストのすべての連絡先を表示します。
  4. 連絡先情報から、対象となる連絡先の名前をクリックして、ダイヤルする番号を選択します。

    (注)  


    Cisco Jabber が新しい連絡先へのコールを開始すると、元のコールの参加者が保留になり、新しい連絡先はこちらとの間でのみ回線が通じます。 相手は、次の手順が完了するまで会議参加することはできません。
  5. コールを確立した後、[More] > [Merge] または、[Conversation] > [Merge With] をクリックします。
  6. (任意)[Show Actions] > [Add Call] 再度クリックして、会議に他の発信者を追加します。 この方法では、必要に応じた数の参加者を追加できます。

Q. 

コールを保留にするには、どうしたらよいですか。

A. 

アクティブなコール中に、[Active Conversation]ウィンドウで [More] > [Hold] をクリックします。

Q. 

コール中にマルチ タスクを行う場合、コール ウィンドウがどこにあるかわからなくなります。 再度表示するにはどうすればいいですか。

A. 

Cisco Jabber アプリケーションがアクティブでない場合は、Dock で [Cisco Jabber] アイコンをクリックします。 それでも電話ウィンドウが表示されない場合は、再度表示できるように [Window] > [Call Window] ウィンドウを選択します。

また、常に電話ウィンドウを表示するように Cisco Jabber を設定できます。 [Jabber] > [Preferences] > [Calls] を選択して、[Advanced] ボタンをクリックします。 [Keep phone window on top of all other windows] オプションを選択します。

Q. 

不在着信を参照するにはどうすればよいですか。

A. 

不在履歴がある場合、数値をともなった赤い不在時イベント カウンタがメイン ウィンドウの [Calls] アイコン上に表示されます。

  1. メイン ウィンドウの [Calls] アイコンをクリックします。
  2. 不在着信だけを表示するには、[Missed] ボタンをクリックします。 デフォルトでは、コール履歴には着信コールと発信コールをすべて表示します。
  3. リスト中のコールをクリックして強調表示します。 [Call] をクリックして折り返し電話するか、[Delete] をクリックしてリストからコールを削除します。

Q. 

通話相手の声が聞こえず、通話相手にはこちらの声が聞こえないのはなぜですか。

A. 

正しい音声モードかどうかを確認します。 メイン メニューの左下にある [Phone and Call Forwarding Preferences] をクリックします。 また、Cisco Jabber 内の [Audio/Video Preferences] で設定を確認します([Jabber] > [Preferences] > [Audio/Video] を選択します)。

Q. 

音量ボタンやミュート ボタンはどこですか。

A. 

正しい音声モードに切替える必要があります。 デスク フォン モードの場合、Cisco Jabber はデスク フォンの音量またはミュートを変更できません。 これらの制御は、Cisco Jabber がコンピュータから音声を送信する場合にのみ使用できます。 設定を変更するには、ウィンドウの左下にある [Phone and Call Forwarding Preferences] をクリックします。

Q. 

電話モードを切替えるにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco Jabber のメイン ウィンドウの下部にあるアイコンは現在のモードを示します。

あるモードから別のモードに切替えるには、[Phone and Call Forwarding Preferences] メニューをクリックし、新しいモードを選択します。

  • Use my computer for calls
  • Use my desk phone for calls
  • Disable phone services

Q. 

チャット ウィンドウからコールを発信するには、どうしたらよいですか。

A. 

チャットの参加者にコールを発信する:

  1. チャット ウィンドウの [Phone] ボタンをクリックします。
  2. サブメニューから、発信番号を選択します。

Q. 

他のアプリケーションの使用中に、Cisco Jabber から電話をかけることはできますか。

A. 

はい。 Cisco Jabber を実行している場合、別の Mac アプリケーションがアクティブな場合でも、電話の発信を含むいくつかの主要な Cisco Jabber 機能にアクセスするために、Cisco Jabber メニューを開くことができます。

Cisco Jabber は、各種マニュアルおよび Web ページで参照できるテレフォニー(tel:)およびチャット(xmpp: and jabber:)リンクをサポートしています。 たとえば、tel: リンクに表示される電話番号をクリックすると、Cisco Jabber はその番号に対してコールを開始します。

コールをグローバル Cisco Jabber メニューから開始するには:

  1. グローバル [Cisco Jabber] メニューを開き、目的のユーザを検索するには [Search] フィールドを使用します。
  2. 次に、サブメニューから電話番号の 1 つを選択します。

A. 

アプリケーションから直接コールを開始するには:

電話番号がリンクとして表示される場合は、Cisco Jabber でコールを開始するにはリンクをクリックします。 電話番号がリンクで表示されない場合は、コールを発信するには次の方法の 1 つを使用します。

  • 現在のアプリケーションのアプリケーション メニューから(Safari 使用中の場合は [Safari] メニュー)、[Services] > [Dial with Cisco Jabber Safari] を選択します。
  • Shift+Command+0(ゼロ)キーを押します。
  • アプリケーションで電話番号を強調表示して右クリックし、メニューから直接 [Dial with Cisco Jabber] を選択します。

リダイレクト

Q. 

コールを転送するにはどうすればよいですか。

A. 

他の番号にコールを転送するために Cisco Jabber を使用します。 コールを転送するには:

  1. [Phone and Call Forwarding Preferences] ボタンをクリックします。
  2. [Forward Calls To] を選択し、サブメニューから番号を選択します。

Q. 

コール転送のための電話番号のリストを追加するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. [Jabber] > [Preference] > [Calls] を選択します。
  2. [Call Forward] をクリックします。
  3. [Forward Calls to] をクリックします。
  4. 転送リストに番号を追加するには、[Add Number](+)ボタンをクリックします。
  5. 国番号と市外局番を含む電話番号を入力します。

Q. 

Cisco Jabber で選択した番号にコールが転送されないのはなぜですか。

A. 

コール転送機能はシステムに設定されていない可能性があります。

確認のため、デスク フォンからコールを転送してみてください。 デスク フォンからコールを転送できない場合、Cisco Jabber でもコールを転送できません。 Cisco Unified Communications Manager の設定に関する情報については、管理者に問い合わせてください。

ビデオ


Q. 

Cisco Jabber for Mac 9.2 ユーザに対してのみビデオ コールを発信できますか。

A. 

また、次のビデオ電話機を持つユーザとのビデオ コールも可能です。
  • Tandberg EX90
  • Cisco 9971

Q. 

コールが常にビデオで開始します。 音声のみでコールを開始するように Cisco Jabber を設定するにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco Jabber for Mac はデフォルトで自動的にコールのビデオをイネーブルにします。 音声のみでコールを開始する場合は、[Jabber] > [Preferences] > [Calls] を選択します。 次に、[Advanced] ボタンをクリックします。 [Always start my calls with video] オプションをオフにします。

Q. 

アクティブ コール中に新しいコールを受信するとどうなりますか。

A. 

Cisco Jabber for Mac は複数のコールを処理することができます。 アクティブ コール中に新しいコールを受信すると、着信コールを受け付けることができ、Cisco Jabber はアクティブ コールを保留にします。 アクティブ コールは新しいコールを開始した場合、保留状態になります。

Q. 

コールをマージできますか。

A. 

はい。 Cisco Jabber は保留中のコールについて発信者の名前または番号を持つオレンジ色のバーを表示します。 保留中コールをアクティブ コールにマージするには、[More] > [Merge] を選択します。 複数のコールを保留にすると、アクティブ コールに対して保留中のコールを一度に追加します。

Cisco Jabber は新しい発信者のイメージを、ビデオ ウィンドウの他のコール参加者の隣または下に追加します。

Q. 

ビデオ ウィンドウの音量は Mac の音量を調整しますか。または Cisco Jabber だけの音量を調整しますか。

A. 

音量コントロールを使用すると、Cisco Jabber のみボリュームを調整できます。 コンピュータのマスターの音量を調節するには、Mac のオーディオ プリファレンスを開きます。

Q. 

保留中のコールとミュート ボタンしか表示されないことがあります。 他のコール制御はどこにありますか。

A. 

Cisco Jabber は数秒後に、ミュートと保留コールを除き、コール制御を非表示にします。 再度表示させるには、コール制御の上にカーソルを置きます。

Q. 

ビデオ コールを全画面モードで表示することはできますか。

A. 

はい。 ビデオ ウィンドウを拡大するには [Full Screen] ボタンをクリックします。 ビデオ ウィンドウを元のサイズに戻すには、Esc キーを押すか、または [View] > [Exit Full Screen] を選択します。

Q. 

私はビデオ コールでデスク フォンを使用できますか。

A. 

デスク フォン モードでは、デスク フォンがビデオ コールをサポートする場合は、ビデオ コールを表示します。

Q. 

コール中にデスク フォンとコンピュータ間の切替えはできますか。

A. 

電話機またはコンピュータを使用している場合にモードを切り替えるには、最初にアクティブ コールを終了する必要があります。 モードを切り替えた後で、再びコールを開始します。

Q. 

ビデオ デバイスを変更する場合、現在のコールを終了する必要がありますか。

A. 

いいえ、コール中に音声またはビデオ デバイスを切替えることができます。 [Audio and Video Preferences] ウィンドウを開くには、[Jabber] > [Preferences] > [Audio/Video] を選択し、新しいオーディオまたはビデオ デバイスを選択します。 Cisco Jabber for Mac は [OK] をクリックすると変更を開始します。

ボイスメール


Q. 

新しいボイス メッセージの着信を確認するにはどうすればよいですか。

A. 

発信者がメッセージを残した後、不在時イベント カウンタ(数)がメイン ウィンドウの [Voicemail] ボタンの上に赤く表示されます。 このカウンタは、新しいボイス メッセージの合計件数を表示します。

Q. 

ボイス メッセージを聞くにはどうすればよいですか。

A. 

ボイス メッセージにアクセスするには、[Voicemail] ボタンをクリックします。

Cisco Jabber は電子メール メッセージと同様の方法でボイス メッセージの一覧を表示します。 メッセージの再生、一時停止、巻き戻しおよび消去するためにビジュアル ボイス メール機能を使用できます。

発信者に応答するには、[playback] ウィンドウで [Call] をクリックします。 発信者がディレクトリに存在する場合は、その発信者の連絡先カードを表示するためにプロファイルの画像の上にカーソルを置きます。 これは、相手に電話、電子メール、チャット メッセージ、または WebEx への招待といった連絡をすることができます。

Q. 

ボイス メール サーバが接続されていないようです。

A. 

これは、サーバまたはネットワーク関連の問題が原因と考えられます。 ボイス メール サーバ管理者にお問い合わせください。 サーバまたはネットワークの問題が解決した後で、再度接続、サインアウト、サインインするためのボイス メール設定を再適用します。

Q. 

ボイス メッセージでは他にどのようなアクションを実行できますか。

A. 

Cisco Jabber は電子メール メッセージと同様の方法でボイス メッセージの一覧を表示します。 次のタスクを実行できます。

  • Mark a message as new:メッセージを右クリックし、メニューから [Mark as Unread] を選択します。 この場合、Cisco Jabber は、メッセージをメイン ウィンドウの [Voicemail] ボタンの上の不在時イベント カウンタに戻します。
  • See any new voice messages:すべての新しいメッセージの横にドット付が付いて太字で表示されます。
  • Respond to a voice message:発信者名の上にカーソルを置き、表示される名刺から連絡方法を選択します。
  • Delete a message:メッセージを破棄するには、[Delete] をクリックします。 [Trash] ボタンで、削除されたボイス メッセージのリストを表示できます。

(注)  


アカウントのボイス メール テキストに変換オプションをイネーブルにした場合、Cisco Jabber で受信するボイス メッセージの変換テキストを表示できます。


Q. 

ボイス メッセージを削除するにはどうすればよいですか。

A. 

メッセージを削除する場合、永久に削除はされません。 代わりに、Cisco Jabber は [Trash] フォルダにメッセージを移動します。 [Trash] にメッセージを移動した後でも、ボイス メッセージのリストにメッセージを復元できます。 また、すべての削除済みメッセージを完全にパージできます。

  • [To delete a message]:メッセージをクリックして、[Delete] ボタンをクリックします。 キーボードで [Delete] ボタンを押すこともができます。
  • To permanently delete a message:削除済みメッセージを参照するには、[Trash] ボタンをクリックします。 [Trash] のすべてのメッセージを削除するには、[Edit] > [Empty Voicemail Trash] を選択します。

システム管理者が Cisco Jabber をどのように設定したかによって、削除したメッセージを復元できない、またはメッセージを完全に削除する可能性があります。

Q. 

誤ってボイス メッセージを削除してしまいました。 戻すにはどうしたらよいですか。

A. 

  1. [Voicemail] をクリックします。
  2. 削除済みボイス メッセージを表示するには、[Trash] ボタンをクリックします。
  3. 受信トレイに戻すには、メッセージを選択して [Undelete] を選択します。

Q. 

ボイス メールのユーザ名とパスワードはどこで入力できますか。

A. 

  1. [Jabber] > [Preferences] > [Accounts] を選択します。
  2. ユーザ名とパスワードを入力します。
  3. [Apply] をクリックします。

会議とデスクトップ共有


Q. 

デスクトップの共有中、デスクトップに注釈を追加するには、どうすればよいですか。

A. 

画面上の緑色の共有タブにカーソルを置き、[Desktop Sharing] ボタン バーを開きます。 次に、[Annotate](鉛筆)ボタンをクリックして、デスクトップ共有セッション中に注釈を付けます。

デスクトップの共有中にデスクトップ上のアイテムに注釈を追加するには、次のツールを使用します。

ツール 説明

ポインタ:デスクトップ上のテキストやグラフィックを指示します。 ポインタは、あなたの名前を表示した注釈カラーの矢印を表示します。

テキスト:デスクトップ上でテキストを入力します。

ライン ツール:共有されているデスクトップ上で線や矢印を描画します。

シェイプ ツール:共有されているデスクトップ上で、丸や四角などの形を描画します。

ハイライタ:共有されているデスクトップ上でオブジェクトを強調表示します。

カラー ツール:共有されているデスクトップ上の注釈に色を付けます。

消しゴム:共有されているデスクトップ上で注釈を消します。

Q. 

デスクトップ共有セッションを終了するにはどうすればよいですか。

A. 

画面上の緑色の共有タブにカーソルを置き、[Desktop Sharing] ボタン バーを開きます。 次に、[Stop Sharing] ボタンをクリックします。

Q. 

デスクトップを共有しているときに、カーソルの制御を共有先に渡すには、どうすればよいですか。

A. 

デスクトップの共有中に、共有先にカーソルの制御を渡すことができます。

  1. 画面上の緑色の共有タブにカーソルを置き、[Desktop Sharing] ボタン バーを開きます。 次に、[Options] ボタンをクリックします。
  2. [Offer Control of Cursor] を選択します。
  3. カーソルの制御を自分に戻すには、自分のマウス ボタンをクリックします。

Q. 

デスクトップの共有セッション中、共有先のデスクトップに別のユーザを招待したいのですが、どうすればよいですか。

A. 

  1. 画面上の緑色の共有タブにカーソルを置き、[Desktop Sharing] ボタン バーを開きます。 次に、[Options] ボタンをクリックします。
  2. メニューから、[Invite guest to share desktop] を選択します。

Q. 

予定されている会議を Cisco Jabber から開始または参加するには、どうすればよいですか。

A. 

予定されている会議は、会議リマインダまたは [Meetings] タブにリストされている会議から開始または参加できます。

Q. 

[Instant Meeting] ボタンをクリックしましたが、WebEx Meeting Center が起動しませんでした。 なぜですか。

A. 

Cisco WebEx の [Meeting Options] で、インスタント ミーティングの設定に誤りがある可能性があります。 設定を確認するには:

  1. [Preferences] > [Accounts] > [WebEx Meeting] をクリックします。 次に、[User Settings] の下で [Configure] をクリックします。
  2. [Cisco WebEx On-Click Setup] ページの、[Meeting Options] セクションで、サービス タイプの設定を確認します。 ドロップダウン メニューをクリックし、[Meeting Center Pro meeting] を選択して、[Instant Meeting] ボタンが正常に機能していることを確認します。

Q. 

会議が表示されません。なぜですか。

A. 

Cisco Jabber では、Cisco Jabber で設定された会議サイトにスケジュール設定した WebEx Meeting Center の会議のみが表示されます。

トラブルシューティング


Q. 

システム管理者より通話統計情報を求められています。通話統計情報はどこにありますか。

A. 

通話にコンピュータを使用する場合、Cisco Jabber が進行中のコールの音声トラフィックをどのように送信するかについて統計を表示するには、[Help] > [Show Call Statistics] を選択します。

必要な情報が収集できたら、エラー レポートを作成して、システム管理者に送信します。 エラーレポートの作成の詳細については、「エラー レポートとは何ですか。また、作成する方法を教えてください。」を参照してください。

Q. 

Cisco Jabber 機能でダイヤルを使用すると、Cisco Jabber for Mac 動作に問題が発生します。

A. 

この問題は、システムに Cisco Jabber for Mac の複数のバージョンがある場合に発生する可能性があります。 Cisco Jabber 機能でダイヤルを使用すると、Mac OSX は Mac 上にあるさまざまなバージョンの Cisco Jabber 中から任意で選択します。 したがって、Mac 内の Cisco Jabber の古いバージョンを見つけて使用すると、結果的に動作が予期したものではない可能性があります。

この問題を解決するには、最新バージョンを除く Cisco Jabber for Mac のインスタンスをすべて削除します。 Cisco Jabber のすべてのバージョンを特定する最も簡単な方法は、Mac OS X Spotlight 機能を使用して検索することです。

Q. 

正しく動作しない機能があります。 対処方法を教えてください。

A. 

最初に、接続状態を確認します。 [Jabber] > [Preferences] > [Accounts] を選択して、サーバのステータスを参照します。 たとえば、ボイス メッセージにアクセスできない場合、ボイスメール サーバのステータスを確認してください。

  1. [Help] > [Show System Diagnostics] を選択します。
  2. 接続が正しくセットアップされているようであれば、[Save to Logs] をクリックして情報を取得します。
  3. 取得した情報をシステム管理者に送信するには、エラー レポートを作成します。 エラーレポートの詳細については、「エラー レポートとは何ですか。また、作成する方法を教えてください。」を参照してください。

Q. 

Cisco Jabber for Mac でプロファイルの画像が正しい方向に表示されません(顔が上下逆になります)。 グラフィック アプリケーションの 1 つで画像が正しく表示されることは確認しました。

A. 

画像に関してはすべてのグラフィック アプリケーションで同じような動作になるわけではありません。 Cisco Jabber for Mac では、プレビューおよび Finder など他の Apple プログラムと同じ画像表示技術を使用しています。 Cisco Jabber で写真を表示すると、ソフトウェアは画像を保存された方向の設定を使用します。 ただし、場合によっては、写真の向きの設定に誤りがあり、プレビューなどのプログラムおよび Cisco Jabber for Mac で写真が正しく表示されない原因になります。

写真を正しく表示するアプリケーションでは、方向の設定を使用していません。

問題を修正するには、向きの設定を調整するために [Preview] で回転してファイルを保存します。

  1. [Preview] で写真ファイルを開きます。
  2. [Preview] メニューで [Tools] > [Rotate] を選択します。
  3. 写真が正しく表示されたら、Ctrl キーを押した状態で S キーを押します(バージョンを保存します)。

Q. 

エラー レポートとは何ですか。また、作成する方法を教えてください。

A. 

Cisco Jabber for Mac で問題が発生した場合に、エラー レポートを作成します。 問題の説明を入力すると、その内容がレポートとして自動生成されます。

また、レポート処理中に Problem Reporting Assistant の指示に従うことで、関連する電子メール メッセージが作成されます。

レポートにはコンピュータから収集したログが含まれています。生成されたレポートは Cisco Jabber によりデスクトップに保存されます。 このファイルをシステム管理者に送信します。システム管理者は、このログ ファイルを参考に問題の分析を行います。

エラー レポートを作成する前に、詳細なログを有効にする必要があるかどうか、システム管理者に問い合わせてください。 ログ情報の収集を開始するには、[Help] > [Enable Detailed Logging] を選択します。

  1. [Help] > [Report a Problem] を選択します。 次に、[Continue] をクリックします。
  2. [Collect Problem and System Information] フィールドに、発生している問題に関する詳細情報を入力します。
  3. [Continue] をクリックし、続いて [Generate] をクリックします。 Cisco Jabber によりレポートのコピーがデスクトップに保存されます。
  4. Problem Reporting Assistant で [Send Report] ボタンをクリックすると、ユーザがシステム管理者に送信できる事前入力された電子メールのエラー レポートが作成されます。

 

このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。 このマニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。 このマニュアルに記載されている製品の使用は、すべてユーザ側の責任になります。

対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されています。 添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。

The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating system. All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.

ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されます。 シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をはじめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものとします。

このマニュアルで使用している IP アドレスおよび電話番号は、実際のアドレスおよび電話番号を示すものではありません。 マニュアル内の例、コマンド出力、ネットワーク トポロジ図、およびその他の図は、説明のみを目的として使用されています。 説明の中に実際のアドレスおよび電話番号が使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。

Cisco and the Cisco logo are trademarks or registered trademarks of Cisco and/or its affiliates in the U.S. and other countries. To view a list of Cisco trademarks, go to this URL: http:/​/​www.cisco.com/​go/​trademarks. Third-party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1110R)