Cisco Jabber for Android 10.5 ユーザ ガイド
ボイス メッセージ
ボイス メッセージ

ボイス メッセージ

ボイスメール アカウント

基本的なボイスメール アカウントを使用すると、ボイス メールボックスにダイヤル インして、音声プロンプトに応答できます。

システム管理者は、アカウントのビジュアル ボイスメール機能を有効にすることもできます。 ビジュアル ボイスメールでは、音声プロンプトに応答する代わりに、デバイスの画面を使用してメッセージを操作します。 ボイス メールボックスにダイヤル インしなくても、メッセージのリストを確認できます。

ボイス メッセージ画面

電話の場合

Cisco Jabber[Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面に表示されるオプションは、システム管理者が行ったボイスメール アカウントの設定によって異なります。

  • ダイヤルイン ボイスメールの場合、Cisco Jabber には [Call Voicemail(ボイスメールに発信)] ボタンが表示され、ボイスメール システムに直接発信することができます。

  • ビジュアル ボイスメールの場合、Cisco Jabber にはボイス メッセージのリストが表示されます。

(注)     

アプリが電話サービスに接続できない場合、[Call Voicemail(ボイスメールに発信)] ボタンは表示されません。

ビジュアル ボイスメールを使用すると、次の操作を実行できます。

  1. ボイス メッセージの詳細を開きます。

  2. ボイスメール システムに直接発信します。

  3. メッセージを再生または一時停止します。

デフォルトでは、ボイスメールの音声はデバイスのスピーカーから再生されます。 ヘッドセットまたはイヤホンを接続すると、出力先がそれらの機器に自動的に変更されます。 ボイスメールの音声は自動的に、接続されたヘッドセットまたは Bluetooth デバイスから再生されます。

ボイス メッセージの [Details(詳細)] 画面

ボイス メッセージの [Details(詳細)] 画面には、ボイス メッセージの詳細とそのメッセージを残した相手の詳細が表示されます。 この画面は、ボイスメール アカウントでビジュアル ボイスメールが有効になっている場合にのみ表示されます。

[Details(詳細)] 画面では、次の操作を実行できます。
  1. メッセージを再生または一時停止します。

  2. チャットを開始します。

  3. 連絡先にコールバックします。

  4. メッセージを開封済みまたは未開封としてマークします。

  5. テキスト メッセージを送信します。

  6. メッセージをごみ箱に移動します。

タブレットの場合

Cisco Jabber[Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面に表示されるオプションは、システム管理者が行ったボイスメール アカウントの設定によって異なります。

  • ダイヤルイン ボイスメールの場合、Cisco Jabber には [Call Voicemail(ボイスメールに発信)] ボタンが表示され、ボイスメール システムに直接発信することができます。

  • ビジュアル ボイスメールの場合、Cisco Jabber にはボイス メッセージのリストが表示されます。

ビジュアル ボイスメールを使用すると、次の操作を実行できます。

  1. 削除されたメッセージを表示します。

  2. 現在のメッセージのリストを表示します。

  3. チャットを開始するか、連絡先にコールバックします。

  4. メッセージを再生または一時停止します。

  5. メッセージを開封済みまたは未開封としてマークします。

  6. メッセージをごみ箱に移動します。

  7. ボイスメール システムに直接発信します。

ボイス メッセージ アイコン

表 1 ボイス メッセージ アイコン
アイコン 説明
未開封メッセージ
重要なメッセージ
セキュア メッセージ
プライベート メッセージ

ボイス メッセージから連絡先へのコールバック

この手順は、ボイスメール アカウントにビジュアル ボイスメール機能が設定されている場合に使用します。

手順
    ステップ 1   [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、ボイス メッセージのユーザ名をタップしてメッセージの詳細を表示します。
    ステップ 2   をタップします。
    ステップ 3   Dial via Office を使用している場合は、次の手順に従います。
    1. [Answer(応答)] をタップして通話を受け入れます。
    2. 指示されたら、キーパッドで番号を押します。

    通話の受け入れ後、社内通話システムはダイヤルされた番号に発信します。 ネイティブの電話アプリで Dial via Office 通話が開始されます。


    ボイスメール システムへの直接発信

    手順
      ステップ 1   [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、[Call Voicemail(ボイスメールに発信)] をタップします。
      ステップ 2   Dial via Office を使用している場合は、次の手順に従います。
      1. [Answer(応答)] をタップして通話を受け入れます。
      2. 指示されたら、キーパッドで番号を押します。

      通話の受け入れ後、社内通話システムはダイヤルされた番号に発信します。 ネイティブの電話アプリで Dial via Office 通話が開始されます。


      ごみ箱内のボイス メッセージの管理

      この手順は、ボイスメール アカウントにビジュアル ボイスメール機能が設定されている場合に使用します。
      1. [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、[Trash(ごみ箱)] タブを選択します。

      2. 次のいずれかの操作を実行します。

        1. 項目を長押ししてごみ箱アイコンを選択し、メッセージを完全に削除します。

        2. 項目を長押しして円形矢印アイコンを選択し、メッセージを受信箱に復元します。

        3. [Empty Trash(ごみ箱を空にする)] を選択し、すべてのメッセージを完全に削除します。

      ボイス メッセージの [Details(詳細)] からの連絡

      連絡先へのコールバック

      この手順は、ボイスメール アカウントにビジュアル ボイスメール機能が設定されている場合に使用します。
      1. [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、ボイス メッセージをタップしてメッセージの詳細を表示します。

      2. ボイス メッセージの [Details(詳細)] 画面で、 をタップします。

      3. Dial via Office を使用している場合は、次の手順に従います。
        1. [Answer(応答)] をタップして通話を受け入れます。

        2. 指示に従って、キーパッドで番号を押します。

        通話の受け入れ後、社内通話システムはダイヤルされた番号に発信します。 ネイティブの電話アプリで Dial via Office 通話が開始されます。

      テキスト メッセージの送信

      この手順は、ボイスメール アカウントにビジュアル ボイスメール機能が設定されている場合に使用します。
      1. [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、ボイス メッセージのユーザ名をタップしてメッセージの詳細を表示します。

      2. ボイス メッセージの [Details(詳細)] 画面で、[Menu(メニュー)] > [Message(メッセージ)] > [Text(テキスト)] をタップします。

      チャットの開始

      この手順は、ボイスメール アカウントにビジュアル ボイスメール機能が設定されている場合に使用します。
      1. [Voice Messages(ボイス メッセージ)] 画面で、ボイス メッセージのユーザ名をタップしてメッセージの詳細を表示します。

      2. ボイス メッセージの [Details(詳細)] 画面で、 をタップします。