Cisco Jabber for Android Release 9.x アドミニストレーション ガイド
Cisco Jabber for Android
Cisco Jabber for Android
発行日;2013/03/12   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco Jabber for Android

Cisco Jabber for Android を使用すると、社内 Wi-Fi ネットワークに接続した状態でエンタープライズ VoIP による発信および社内ディレクトリへのアクセスが可能になります。

Cisco Jabber for Android では次のことができます。
  • Cisco Unified Communications Manager(Unified CM)を介し、モバイルデバイスを使用して社内の電話番号で VoIP コールを発信および受信できます。
  • 新規メッセージが存在する場合は、Cisco Jabber for Android のホーム画面またはステータス バーからボイスメールにアクセスできます。 Visual Voicemail 機能を有効にすると、メッセージのリストを表示してリストからメッセージを再生できます。
  • SIP ダイジェスト認証を使用して Unified CM でデバイスを認証できます。
  • Android のネイティブの電話アプリケーションを使用して、[キーパッド(Keypad)]、[履歴(Logs)]、[お気に入り(Favorites)]、または [連絡帳(Contacts)] タブから業務上のコールを発信できます。
  • 最大 2 つの VoIP コールを実行できます(コール ウェイティング、新しいコールの追加、アクティブ コール間の切り替え)。
  • 保留、転送、会議など、Unified CM が提供する標準の通話機能の多くを使用できます。
  • Cisco Jabber for Android のアクティブな VoIP コールをモバイル ボイス ネットワークに転送できます。
  • Cisco Jabber for Android のアクティブな VoIP コールをデバイスからデスクフォンに転送できます。
  • 社内ディレクトリを検索できます。
  • オフィスの電話番号に残された新規のボイス メッセージがあることをメッセージ インジケータで確認できます。
  • Cisco Jabber for Android をバックグラウンドで実行している間は、業務用の電話番号宛のコールを受信できます。 Cisco Jabber for Android は使用可能になると自動的に Unified CM に登録されます。
  • VPN クライアントに接続してセキュアなリモート アクセスを行う場合は、社外の Wi-Fi またはモバイル データ ネットワークを使用して社内の電話番号で VoIP コールを発信および受信できます。

    (注)  


    ユーザがリモートの場所から社内の Wi-Fi ネットワークに接続できるようにするには、VPN をサポートするようシステムをセットアップする必要があります。 Cisco Jabber for Android と Cisco AnyConnect Secure Mobility Client の組み合わせがサポートされます。 他の VPN クライアントは正式にはサポートされませんが、他の VPN クライアントも Cisco Jabber for Android で使用できる可能性があります。


関連資料

次の資料には Cisco Jabber に関連した情報が記載されています。