Cisco Emergency Responder 8.6 トラブルシュー ティング ガイド
クラスタ間の電話機の移動
クラスタ間の電話機の移動
発行日;2012/06/18 | 英語版ドキュメント(2011/06/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,014KB) | フィードバック

目次

クラスタ間の電話機の移動

クラスタ間の電話機の移動

次のシナリオは、Cisco Emergency Responder(Emergency Responder)クラスタの動作と、クラスタ間を移動する電話機を Emergency Responder で処理する方法を示しています。

Server Group A(SGA)には、SGA 以外に移動する電話機(Phone_1)があります。

Emergency Responder は Server Group B(SGB)で Phone_1 を検出します。

SGA の [Unlocated Phones] ページに SGB の電話機が表示されます。

SGB の両方の Emergency Responder サーバ(パブリッシャとサブスクライバ)が停止した後も、SGA には引き続き SGB の Phone_1 が表示されます。

この間に Phone_1 から発信されたコールは SGB にリダイレクトされ、Emergency Responder は、SGB 内に Emergency Responder サーバがない場合と同じ手順でこの緊急コールをルーティングします。

また、両方の SGB Emergency Responder サーバが停止している場合、Phone_1 は SGB 内の他の電話機と同様に扱われます。

Phone_1 が Server Group C(SGC)に移動した場合:

次の増分電話機トラッキングが SGA で実行され、続いて SGC でも実行されると、Phone_1 が検出されます。

[Unlocated Phones] ページで、Phone_1 と SGC の関連付けが変更されます。

Phone_1 が元の SGA に戻ると、この Phone_1 は次回の増分電話機トラッキングで検出され、対応するスイッチ ポートの下に表示されます。