Cisco Emergency Responder 8.6 トラブルシュー ティング ガイド
パフォーマンスの管理
パフォーマンスの管理
発行日;2012/06/18 | 英語版ドキュメント(2011/06/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,014KB) | フィードバック

目次

パフォーマンスの管理

パフォーマンスの管理

サポート対象の Cisco MCS Unified CM Appliance プラットフォームとその Cisco Emergency Responder(Emergency Responder)の拡張性については、『 Release Notes for Cisco Emergency Responder 8.6 』を参照してください。

Emergency Responder が WAN リンク上のスイッチを管理している場合、Emergency Responder のパフォーマンスに影響が出ることがあります。Emergency Responder は管理対象のスイッチに SNMP 要求を送信する必要があるため、WAN の遅延は SNMP タイムアウトの原因になり、電話機とスイッチの変更を追跡するために必要な時間が増加する可能性があります。場合によっては、SNMP パラメータの調整が必要です。詳細については、『 Cisco Emergency Responder 8.6 Administration Guide 』の「 Configuring the SNMP Connection 」を参照してください。