Cisco Emergency Responder 8.6 トラブルシュー ティング ガイド
コール履歴ログの収集
コール履歴ログの収集
発行日;2012/06/18 | 英語版ドキュメント(2011/06/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,014KB) | フィードバック

目次

コール履歴ログの収集

コール履歴ログの収集

Cisco Emergency Responder(Emergency Responder)では、処理された各緊急コールのエントリを含め、大量のコール履歴ログが保守されます。コール履歴情報は、管理インターフェイスとユーザ インターフェイスから表示できます。

Emergency Responder では、発信された緊急コールの履歴がデータベースに保存されます。プライマリ Emergency Responder サーバ(パブリッシャ)がアクティブではない場合、緊急コールはバックアップ Emergency Responder サーバ(サブスクライバ)によって処理されます。これら両方のサーバがアクティブになると、レプリケーションによって両方のコール履歴レコードは同期されます。そのため、コール履歴はどちらの Emergency Responder サーバでも表示できます。

コール履歴レコードをダウンロードするには、コール履歴を表示するテーブルの上部にある[Download] ボタンをクリックします。これらのレコードは Excel(.xls)形式でダウンロードできます。