Cisco Emergency Responder アドミニストレー ション ガイド 8.5
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/06/24 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

はじめに

概要

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

シスコ製品のセキュリティ

通知

はじめに

ここでは、このマニュアルの対象読者と表記方法について説明します。

また、次のトピックについて取り上げます。

「概要」

「対象読者」

「マニュアルの構成」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

「シスコ製品のセキュリティ」

「通知」

概要

Cisco Emergency Responder アドミニストレーション ガイド 8.5 』には、Cisco Emergency Responder(Cisco ER)8.5 の理解、インストール、設定、管理、および使用に必要な情報が記載されています。

対象読者

ネットワーク エンジニア、システム管理者、および電気通信エンジニアはこのガイドを読み、ネットワークで Cisco ER を適切に設定するために必要な手順について習得する必要があります。また、Cisco ER と Cisco Unified Communications Manager 間には密接なやり取りがあるため、Cisco ER を配置する前に、Cisco Unified Communications Manager に精通しておきます。

セキュリティ担当者は『 Cisco Emergency Responder User Guide 8.5 』を読む必要があります。

マニュアルの構成

次の表にこのガイドの構成を示します。

 

トピック
説明

第 1 章「Cisco Emergency Responder 8.5 の計画」

緊急コールの規則、Cisco ER を使用してその規則を守る方法、および Cisco ER を適切に配置するために必要なことを理解するために役立つ情報を提供します。

第 2 章「Cisco Emergency Responder 8.5 のインストール」

Cisco ER 8.5 のインストールまたはアップグレードに関する詳細情報を提供します。

第 3 章「Cisco Emergency Responder 8.5 での Cisco Unified Communication Manager Versions 6.1 以降の設定」

Cisco Unified CM 4.1、4.2 および 4.3 を Cisco ER 8.5 用に設定する手順について説明します。

第 4 章「Cisco Emergency Responder 8.5 の設定」

緊急コールの管理が開始されるように Cisco ER を設定する方法について説明します。

第 5 章「Cisco Emergency Responder の Intrado V9-1-1 Enterprise Service との併用」

Intrado V-9-1-1 Enterprise と相互運用するように Cisco ER を設定する方法について説明します。

第 6 章「Cisco Emergency Responder 8.5 Serviceability の設定」

Cisco ER 8.5 Serviceability 機能を設定および使用する方法について説明します。

第 7 章「Cisco Emergency Responder 8.5 向け Cisco Unified オペレーティング システムの設定」

Cisco ER 8.5 にバンドルされている Cisco Unified Communications Operating System を設定および使用する方法について説明します。

第 8 章「Cisco Emergency Responder 8.5 Disaster Recovery System の設定」

Cisco ER 8.5 Disaster Recovery System を設定する方法について説明します。

第 9 章「Cisco Emergency Responder 8.5 Admin Utility の使用」

Cisco ER Admin Utility を使用する方法について説明します。

第 10 章「Cisco Emergency Responder の準備」

Cisco ER ユーザの多様なロールについて説明します。

第 11 章「Cisco Emergency Responder のトラブルシューティング」

Cisco ER で発生する可能性がある問題に対処し、解決方法を提示します。また、問題の特定と解決に関連するその他の作業も示します。

第 12 章「ALI フォーマット ツールの使用」

ALI Formatting Tool(AFT)について説明します。また、AFT の使用方法とトラブルシューティングに関する情報も提供します。

付録 A「Cisco Emergency Responder の管理 Web インターフェイス」

Cisco ER 管理者の Web インターフェイスのページ上のフィールドについて説明します。

付録 B「Cisco Emergency Responder のサービスアビリティ Web インターフェイス」

Cisco ER サービスアビリティ Web インターフェイスのページ上のフィールドについて説明します。

付録 C「Cisco Emergency Responder の Cisco Unified オペレーティング システム管理 Web インターフェイス」

Cisco Unified Operating System(OS)Administration Web インターフェイスのページ上のフィールドについて説明します。

付録 D「Cisco Emergency Responder の Disaster Recovery System Web インターフェイス」

Cisco ER Disaster Recovery System Administration Web インターフェイスのページ上のフィールドについて説明します。

付録 E「Cisco Emergency Responder の Admin Utility Web インターフェイス」

Cisco ER Admin Utility Web インターフェイスのページ上のフィールドについて説明します。

付録 F「コマンド ライン インターフェイス(CLI)」

使用できるコマンド、コマンド構文、パラメータなど、Cisco Unified OS Administration コマンドライン インターフェイスに関する情報を提供します。

付録 G「特定のサービス プロバイダーに対する AFT の使用」

AFT と連携するためのサービスプロバイダー固有の情報を提供します。

付録 H「イベント ログ メッセージ」

CER ベースの Event Log メッセージと管理アラートについて説明します。

付録 I「Cisco ER のポートの使用」

Cisco ER で使用するポートに関する情報を提供します。

関連資料

Cisco Emergency Responder(Cisco ER)、Cisco Unified CallManager、および Cisco Unified Communications Manager の詳細については、次のマニュアルを参照してください。

すべての Cisco ER マニュアルは次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps842/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified CallManager のインストールに関するマニュアルは次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_installation_guides_list.html

Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified CallManager オペレーティング システムのインストールに関するマニュアル、ならびにバックアップと復元に関するマニュアルは次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/prod_maintenance_guides_list.html

Cisco Unified Operations Manager 1.0 に関する情報は、次の URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6535/index.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

シスコ製品のセキュリティ

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を順守する責任があります。本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。米国および他の国の法律を順守できない場合は、本製品を至急送り返してください。

米国の輸出規制については、次の URL で参照できます。
http://www.access.gpo.gov/bis/ear/ear_data.html

通知

This product includes software developed by Justin Wells and Semiotek Inc. for use in the WebMacro Servlet Framework (http://www.webmacro.org).

You may use WebMacro for use under the GNU General Public License.You may also use WebMacro under the terms of the Semiotek Public License.The terms of the Semiotek Public License are as follows:

Copyright (c) 1997, 1998, 1999, 2000 Semiotek Inc.

All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgment: "This product includes software developed by Justin Wells and Semiotek Inc. for use in the WebMacro Servlet Framework (http://www.webmacro.org)."

4. The names "Semiotek Inc." and "WebMacro" must not be used to endorse or promote products derived from this software without prior written permission.For written permission, please contact justin@webmacro.org

5. Products derived from this software may not be called "WebMacro" nor may "WebMacro" appear in their names without prior written permission of Justin Wells.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following acknowledgment: "This product includes software developed by Justin Wells and Semiotek Inc. for use in the WebMacro Servlet Framework (http://www.webmacro.org)."

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY SEMIOTEK INC. ``AS IS'' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES OR CONDITIONS, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OR CONDITIONS OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.IN NO EVENT SHALL SEMIOTEK INC. OR ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.