Cisco Cius アドミニストレーション ガイド リリース 9.2(1)
Cisco Cius のセットアップ
Cisco Cius のセットアップ
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2011/12/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Cius のセットアップ

はじめる前に

ネットワーク要件

の設定

のコンポーネントについて

上でのアクセサリのサポート

USB ポートと USB シリアル コンソールのデータ情報

ヘッドセット

オーディオの品質に対するユーザの主観

有線ヘッドセット

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセット

Advanced Audio Distribution(A2DP)プロファイル

ハンズフリー プロファイル

ヘッドセット タイプに関する重要な注意事項

外部デバイスの使用方法

ビデオ ディスプレイ

の設置

の起動プロセスの確認

起動時のネットワーク設定値の設定

上のセキュリティの設定

Cisco Cius のセットアップ

この章では、IP テレフォニー ネットワークへの Cisco Cius の設置について説明します。この章は次のトピックで構成されています。

「はじめる前に」

「Cisco Cius のコンポーネントについて」

「Cisco Cius の設置」

「Cisco Cius の起動プロセスの確認」

「起動時のネットワーク設定値の設定」

「Cisco Cius 上のセキュリティの設定」


) Cisco Cius を設置する前に、ネットワーク内で Cisco Cius をどのように設置するかを決める必要があります。その後、Cisco Cius を設置し、機能を確認できます。詳細については、「ネットワークに Cisco Cius を設置するための準備」を参照してください。


はじめる前に

Cisco Cius を設置する前に、次の各項の要件を確認してください。

「ネットワーク要件」

「Cisco Unified Communications Manager の設定」

ネットワーク要件

Cisco Cius がネットワーク内でエンドポイントとして正常に動作するには、ネットワークで次の要件が満たされている必要があります。

Voice over IP(VoIP)ネットワークが動作

Cisco ルータおよびゲートウェイ上で VoIP が設定されている。

Cisco Unified Communications Manager がネットワークにインストールされ、呼処理用に設定されている。

IP ネットワークが DHCP をサポートしているか、IP アドレス、ゲートウェイ、およびネットマスクの手動割り当てをサポートしている。


) Cisco Cius では、日付と時刻が Cisco Unified Communications Manager からデフォルトで取得されます。


Voice over Wireless LAN

Voice over WLAN(VoWLAN)をサポートするための Cisco Aironet アクセス ポイント(AP)が設定されている。

VoWLAN をサポートするためのコントローラおよびスイッチが設定されている。

ワイヤレス音声デバイスおよびユーザを認証するためのセキュリティが実装されている。

Cisco Unified Communications Manager の設定

Cisco Cius では、Cisco Unified Communications Manager が呼処理を行う必要があります。Cisco Cius を管理し、コールのルーティングと処理を適切に行うよう、Cisco Unified Communications Manager を正しくセットアップするために、『 Cisco Unified Communications Manager Administration Guide 』または Cisco Unified Communications Manager アプリケーションの状況依存ヘルプを参照してください。

自動登録を使用する場合は、Cisco Cius をネットワークに接続する前に、自動登録が Cisco Unified Communications Manager の管理で有効になっていて、正しく設定されていることを確認します。自動登録を有効にし、設定する方法については、『 Cisco Unified Communications Manager Administration Guide 』を参照してください。また、「Cisco Unified Communications Manager データベースへの Cisco Cius タブレットの追加」も参照してください。

テレフォニー機能を設定し、Cisco Cius タブレットに割り当てるには、Cisco Unified CM の管理を使用する必要があります。「Cisco Cius で使用可能なテレフォニー機能」 を参照してください。

Cisco Unified CM の管理では、ユーザをデータベースに追加し、特定の Cisco Cius タブレットに関連付けることができます。これを行うと、ユーザが自分の Unified CM ユーザ オプション ページにアクセスして、自分の Cisco Cius に対するオプションを設定できるようになります。詳細については、「リセット オプション/ロード アップグレードの設定」を参照してください。

Cisco Cius のコンポーネントについて

Cisco Cius には、次のコンポーネントまたはアクセサリがあります。

「Cisco Cius 上でのアクセサリのサポート」

「USB ポートと USB シリアル コンソールのデータ情報」

「外部デバイスの使用方法」

「ビデオ ディスプレイ」

Cisco Cius 上でのアクセサリのサポート

表 3-1 に、Cisco Cius でサポートされるアクセサリを示します。

 

表 3-1 Cisco Cius のアクセサリ サポート

アクセサリ
タイプ

ヘッドセット:「ヘッドセット」を参照してください。この項には、各ヘッドセット タイプに関する情報が記載されています。

アナログ

内蔵マイクの統合された 3.5 mm 単一プラグ アナログ ワイドバンド

(注) RJ11 アナログ ヘッドセットはサポートされていません。

Bluetooth

ビデオ ディスプレイ:「ビデオ ディスプレイ」を参照してください。

外部 PC

USB ポートと USB シリアル コンソールのデータ情報

Cisco Cius は、装置の上部に micro-USB ポートを 1 つ備えています。さらに Cisco Cius は、メディア ステーションを併用することもできます。メディア ステーションは、タブレットの機能を拡張するものであり、3 つの標準 USB ポート(装置の背面に 2 つ、右側面に 1 つ)備えています。Cisco Cius は、これらの USB ポートに接続されているデバイスを合計で 15 台までサポートできます。Cisco Cius に接続されている各デバイスは、最大デバイス数に含まれます。サポートされるアクセサリには、USB シリアル ケーブル、USB マウス、USB キーボード、USB 電源供給ハブ、USB メモリ スティックなどがあります。

USB 接続は、Android Debug Bridge(ADB)アクセスに使用することもできます。ADB の使用方法の詳細については、 http://developer.android.com/index.html を参照してください。

USB コンソールのトラブルシューティングについては、「USB コンソールのトラブルシューティング」を参照してください。

図 3-1 に、ハンドセット付きメディア ステーションの前面図を示します。

図 3-1 ハンドセット付きメディア ステーション:前面図

 

表 3-2 に、メディア ステーションの前面にある機能の説明を示します。

 

表 3-2 ハンドセット付きメディア ステーションの機能:前面図

No.
項目
No.
項目

1

ハンドセット

5

スピーカー ボタン

2

スピーカー

6

音量ボタン

3

USB ポート

7

ミュート ボタン

4

ドッキング ポート

図 3-2 に、ハンドセット付きメディア ステーションの背面図を示します。

図 3-2 ハンドセット付きメディア ステーション:背面図

 

表 3-3 に、メディア ステーションの背面にある機能の説明を示します。

 

表 3-3 ハンドセット付きメディア ステーションの機能:背面図

No.
項目
No.
項目

1

盗難防止用セキュリティ ロック コネクタ(ロックはオプション)

5

PC ポート

2

フット スタンド

6

DisplayPortTM 接続

3

AC 電源コンセント

7

USB ポート

4

ネットワーク ポート

8

ハンドセット接続

USB シリアル コンソールでは、メディア ステーション上の USB ポートをコンソールとして使用できます。そのため、シリアル ポートは不要です。 表 3-4 に、USB コンソールの設定を示します。

 

表 3-4 USB コンソールの端末設定

パラメータ
設定

ボー レート

115200

データ

8 ビット

パリティ

なし

停止

1 ビット

フロー制御

なし


) Cisco Cius はドライバをプリロードして納入されるため、シスコでサポートされるケーブル タイプの種類は限られています。シスコでは、IOGEAR USB シリアル アダプタの使用を推奨しています。


USB コンソール ケーブルは、一端に USB インターフェイス、もう一端にシリアル インターフェイスを備えています。USB インターフェイスは、Cisco Cius 上の 3 つの USB ポートのいずれにも接続できます。シリアル インターフェイスは、PC 上のシリアル ポートに接続します。


ヒント PC/ラップトップ上にシリアル ポートがない場合は、背中合わせにした 2 本の USB コンソール ケーブルを、それらの間にヌル モデム ケーブルを挟んで接続できます。

USB コンソールを使用するには、次の手順を使用します。

手順


ステップ 1 Cisco Unified Communications Manager で、デバイス ページにクレデンシャルを設定します。

ステップ 2 [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration)] ウィンドウで [USB デバッグ(USB debugging)] を有効にします。

ステップ 3 USB シリアル ケーブルを Cisco Cius に接続します。Cisco Cius のコンソール出力が、端末画面に表示されます。

ステップ 4 出力が停止したら、[<Return>] をタップしてサインインに進みます。

ステップ 5 デフォルトのパスワードを使用してデフォルトとしてサインインします。

ステップ 6 「$」プロンプト画面になったら、debugsh などのツールを使用して Cisco Cius の問題を診断できます。


 

USCB コンソールのトラブルシューティングについては、「USB コンソールのトラブルシューティング」を参照してください。

ヘッドセット

シスコでは、Cisco Cius で使用するサードパーティ製ヘッドセットについて社内でテストを実施していますが、ヘッドセットやハンドセットのベンダーの製品については動作の保証やサポートは行っていません。

Cisco Cius を使用すると、ヘッドセットのマイクロフォンが検出するバックグラウンド ノイズの一部が軽減されますが、さらにこのバックグラウンド ノイズを削減して全体的なオーディオ品質を改善するには、ノイズを遮断するヘッドセットを使用することを推奨します。

シスコでは、不要な無線周波数(RF)および可聴周波数(AF)が遮蔽された高品質のヘッドセットなどの外部デバイスの使用を推奨しています。ヘッドセットの品質や、携帯電話および双方向ラジオなど他のデバイスとの間隔によっては、ノイズやエコーが入ることもあります。またハム音が、相手方だけに聞こえる場合もあれば、相手方と Cisco Cius ユーザの両方に聞こえる場合もあります。ハム雑音やブザーのような雑音は、電灯、電気モーター、大型の PC モニタなど、外部ソースに原因があることがあります。詳細については、「外部デバイスの使用方法」を参照してください。


) 場合によっては、ローカル電源キューブやパワー インジェクタを使用することにより、ハム雑音を軽減または除去することができます。


このように、Cisco Cius の展開場所では、環境やハードウェアによるそれぞれ固有の不整合が発生する可能性があるので、すべての環境に適した単一のヘッドセットは存在しません。

ヘッドセットの購入を決定しシステム全体に展開する前に、それらのヘッドセットについて予想される環境でテストしパフォーマンスを測定することを推奨します。

オーディオの品質に対するユーザの主観

物理的、機械的、および技術的な性能以上に、ヘッドセットの音質がユーザと通話相手の双方にとって良質である必要があります。音質の判断は主観によるので、シスコが特定のヘッドセットのパフォーマンスを保証することは不可能です。しかし、大手メーカーのさまざまなヘッドセットについて、シスコ デバイスで良好に作動することが報告されています。詳細については、各メーカーのサイトを参照してください。

有線ヘッドセット

Cisco Cius では、3.5 mm 単一プラグのヘッドセットがサポートされています。有線ヘッドセットを Cisco Cius に接続する場合は、ヘッドセットを Cisco Cius の下部にあるヘッドセット ポートに差し込んでから、そのヘッドセットを使用してコールの発信や応答を行います。単一プラグの有線ヘッドセットは、メディア ステーションの左側にあるヘッドセット ポートに接続することもできます。

有線ヘッドセットでは、音量ボタンやミュート ボタンなど、Cisco Cius 上のすべての機能を使用できます。これらのボタンを使用して、ヘッドセットの音量を調整したり、ヘッドセット マイクからの音声が相手に聞こえないようにしたりすることができます。

ヘッドセットがアナログの場合は、ワイドバンド コーデックの設定方法について、を参照してください。

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセット

Cisco Cius では、ヘッドセットで Bluetooth がサポートされている場合、Bluetooth バージョン 2.1+EDR テクノロジーがサポートされます。Bluetooth を使用すると、30 フィート(10 m)の範囲内で低帯域幅のワイヤレス接続が可能になります。最高のパフォーマンスが得られるのは、3 ~ 6 フィート(1 ~ 2 m)の範囲内です。5 台以上のヘッドセットをペアリングできますが、最後に接続されたヘッドセットだけがデフォルトとして使用されます。

潜在的な問題として、干渉が発生する可能性があります。シスコでは、他の 802.11b/g デバイス、Bluetooth デバイス、電子レンジ、大型の金属製の物体を近くに置かないように推奨しています。可能であれば、他の 802.11 デバイスで 802.11a チャネルを使用するように設定してください。

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットを動作させるには、Cisco Cius タブレットから可視範囲内にヘッドセットを直接設置する必要はありませんが、壁やドアといった障害物や電気製品からの干渉が接続に影響する場合があります。

Cisco Cius への Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットの追加

Cisco Unified Communications Manager 上では、Cisco Cius に対して Bluetooth はデフォルトで有効になっています。


) Cisco Unified Communications Manager から Bluetooth を無効にするには、[デバイス(Device)] > [電話(Phone)] を選択します。[電話の検索と一覧表示(Find and List Phones)] ウィンドウで、変更する Cisco Cius タブレットの検索条件を入力し、[検索(Find)] を選択します。[電話の設定(Phone Configuration)] ウィンドウの [プロダクト固有の設定(Product Specific Configuration Layout)] 部分で、Bluetooth まで下方向にスクロールし、下矢印をクリックし、[無効(Disabled)] を選択します。


Cisco Unified Communications Manager 上で Bluetooth が有効になっている状態で、次の手順を実行して、ヘッドセットをアクセサリとして Cisco Cius に追加します。

手順


ステップ 1 ヘッドセットを検出/ペアリング モードにします。


) ヘッドセットを検出/ペアリング モードにする手順は、使用するヘッドセットにより異なります。各ヘッドセット メーカーのペアリング手順に関するマニュアルを参照してください。



) Cisco Cius がヘッドセットとのペアリングおよび接続を正常に行うために、ヘッドセットは検出/ペアリング モードである必要があります。


ステップ 2 Cisco Cius 上で Bluetooth と Bluetooth 設定がまだ有効になっていない場合は、それらを有効にします。Bluetooth と Bluetooth 設定が有効になっているかどうかを確認するには、Cisco Cius のメイン画面から、メニュー キーを押し、[設定(Settings)] > [無線とネットワーク(Wireless & networks)] > [Bluetooth 設定(Bluetooth settings)] を選択します。


) [Bluetooth 設定(Bluetooth Settings)] ダイアログボックス内の [Bluetooth] の隣にチェック マークが付いていれば、Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットが有効になっていることがわかります。



) [機内モード(Airplane Mode)] が有効になっている場合、Bluetooth と Bluetooth 設定は無効です。


ステップ 3 [端末をスキャン(Scan for devices)] を選択します。

Bluetooth デバイスが検出されると、その名前がウィンドウに表示されます。

Cisco Cius は、自動的に PIN「0000」を使用してヘッドセットとのペアリングを試みます。ヘッドセットで使用されている PIN が異なる場合は、ヘッドセットに付属するユーザ ガイドを参照して正しい PIN を入力します。


) ヘッドセットのペアリングと接続の詳細について、ヘッドセットのユーザ ガイドを参照することを推奨します。



) ペアリングに失敗すると、Cisco Cius は、正しい PIN の入力を要求します。



 

Cisco Cius は、PIN が正しければ、アクセサリへの接続を試みます。アクセサリへの接続試行中、Cisco Cius はユーザにフィードバックを返します。接続できない場合、Cisco Cius は、エラー アラートを表示してユーザにエラーの理由を知らせます。Cisco Cius タブレットがアクセサリへの接続を試行するために、10 秒のタイムアウトが発生します。接続に成功せずにタイマーが時間切れになると、エラー アラートが表示されます。

Cisco Cius は、共有キーによる認証と暗号化方式を利用してヘッドセットと接続します。Cisco Cius は、5 台以上のヘッドセットと同時に接続できます。最後に接続されたものがデフォルトとして使用されます。通常、ペアリングはヘッドセットごとに 1 回実行されます。

デバイスがペアリングされた後、その Bluetooth 接続は、両方のデバイス(Cisco Cius とヘッドセット)が有効なままで、互いの圏内に存在する限り維持されます。この接続は通常、一方のデバイスの電源が切断された後、再び電源が投入されると、自動的に接続を再確立します。ただし、一部のヘッドセットでは、ユーザによる接続の再確立が必要です。

Bluetooth ステータス インジケータは、デバイスが接続されているかどうかを示します。

ヘッドセットが Cisco Cius の通信圏外にある場合、Bluetooth は 15 ~ 20 秒のタイムアウト後に接続をドロップします。ペアリングされているヘッドセットが Cisco Cius の通信圏内に戻ると(および Cisco Cius が別の Bluetooth ヘッドセットに接続されていないと)、圏内の Bluetooth ヘッドセットは自動的に再接続します。ユーザは、再接続プロセスを開始するために、ヘッドセットの操作ボタンをタップしてヘッドセットを「ウェイクアップ」しなければならない場合があります。

ユーザが Bluetooth ヘッドセットを使用して通話している最中に、何らかの理由でそのヘッドセットが電源オフ、圏外、または接続解除になると、アラートが表示され、そのコールはスピーカー/ヘッドセット上で続行されるか、切断されます。30 秒経過してもユーザからアクションがなければ、そのコールは終了されます。

Cisco Cius タブレットからの Bluetooth デバイスの取り外し

Bluetooth デバイスを Cisco Cius から取り外すには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ホーム画面から、メニュー キーを押し、[設定(Settings)] > [無線とネットワーク(Wireless & networks)] > [Bluetooth 設定(Bluetooth settings)] を選択します。

ステップ 2 [端末名(Device name)] をタップします。

ステップ 3 取り外すデバイスを選択し、オプションが表示されるまでその選択を押し続けます。

ステップ 4 [接続を解除(Disconnect)] または [切断してペアを解除(Disconnect and Unpair)] をタップします。


 

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットの関連資料

Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットの使用方法については、次の資料を参照してください。

Cisco Cius User Guide

ヘッドセットに付属しているユーザ ガイド

Advanced Audio Distribution(A2DP)プロファイル

Cisco Cius では、音楽プレーヤーから A2DP 対応 Bluetooth ヘッドセットへの A2DP オーディオ ストリーミングがサポートされています。ユーザは、A2DP を無効にすることができます。[Bluetooth 端末(Bluetooth devices)] サブメニューから、接続されているヘッドセットを選択し、[オプション(Options)] > [A2DP を無効にする(Disable A2DP)] を選択します。

ハンズフリー プロファイル

Cisco Cius では、ハンズフリー デバイス(Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットなど)の使用を可能にするさまざまなハンズフリー プロファイル機能がサポートされています。この機能により、一部の作業を実行する際に Cisco Cius タブレットを手で持つ必要がなくなります。たとえば、Cisco Cius 上で [リダイヤル(Redial)] をタップする代わりに、Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットからそのメーカーの手順に従って電話番号をリダイヤルできます。

Cisco Cius で使用される Bluetooth ワイヤレス ヘッドセットには、次の一般的なハンズフリー機能が適用されます。

着信通知

コールへの応答

コールの終了

音量コントロール

最後の番号のリダイヤル

コール ウェイティング通知

転送/拒否

3 者間コール処理

スピード ダイヤル

各種ハンズフリー デバイスは、それぞれ機能のアクティブ化方法が異なります。デバイスのメーカーが、同じ機能を指す上で異なる用語を使用している可能性もあります。

詳細については、各メーカーのマニュアルを参照してください。

ヘッドセット タイプに関する重要な注意事項

常に 1 つのヘッドセット タイプしか機能しないため、Bluetooth ヘッドセットとアナログ ヘッドセットの両方を Cisco Cius タブレットに接続している場合は、Bluetooth ヘッドセットを有効にするとアナログ ヘッドセットが無効になります。アナログ ヘッドセットを有効にする場合は、Bluetooth ヘッドセットを無効にします。

外部デバイスの使用方法

シスコでは、不要な無線周波数(RF)信号および可聴周波数(AF)信号を遮断(遮蔽)する高品質の外部デバイスの使用を推奨しています。

これらのデバイスの品質や、携帯電話および双方向ラジオなど他のデバイスとの間隔によっては、雑音が入ることもあります。その場合は、次のいずれかの方法で対処してください。

RF または AF の信号源から外部デバイスを離す。

RF または AF の信号源から外部デバイスのケーブルの経路を離す。

外部デバイス用にシールドされたケーブルを使用するか、シールドおよびコネクタが高品質のケーブルを使用する。

外部デバイスのケーブルを短くする。

外部デバイスのケーブルに、フェライトまたは同様のデバイスを適用する。

シスコでは、外部デバイス、ケーブル、コネクタの品質については制御できないため、システム パフォーマンスの保証ができません。良品質のケーブルおよびコネクタを使用して適切なデバイスを接続すると、十分なシステム パフォーマンスを得られます。


注意 欧州連合諸国では、EMC Directive 89/336/EC に完全に準拠した外部ヘッドセットだけを使用してください。

ビデオ ディスプレイ

Cisco Cius では、タブレットの下部にある micro-HDMI ポート経由で外部ディスプレイ デバイスがサポートされています。モニタをタブレットに接続するには、HDMI ケーブルの一端を micro-HDMI ポートに差し込み、もう一端をモニタの HDMI ポートに差し込みます。

Cisco Cius の設置

Cisco Cius は、使用する前にネットワークと電源に接続する必要があります。Cisco Cius への電力は、Cisco Cius 上の AC アダプタ経由で直接か、メディア ステーション経由の Power over Ethernet(PoE+ 802.3at)によって供給できます。

外部デバイスを使用する場合は、「外部デバイスの使用方法」を読んで、安全性およびパフォーマンスに関する情報を確認しておいてください。


) Cisco Cius タブレットは、設置する前に Cisco Unified Communications Manager に追加しておく必要があります。詳細については、「Cisco Unified Communications Manager データベースへの Cisco Cius タブレットの追加」を参照してください。Cisco Cius は、必ず最新のファームウェア イメージにアップグレードしておいてください。



) ワイヤレス接続の品質と帯域幅によっては、WLAN インターフェイスを通じたファームウェアのアップグレードは、有線インターフェイスより時間がかかることがあります。一部のアップグレードでは完了までに 1 時間を超える場合があります。


Cisco Cius を設置するには、 表 3-5 に示されているタスクを実行する必要があります。

 

表 3-5 Cisco Cius の設置

タスク
関連項目

Cisco Cius を AC アダプタ CP-PWR-CUBE 4 経由で外部電源に接続します。

(オプション)Cisco Cius をメディア ステーション経由で Power over Ethernet(PoE+ 802.3at)に接続します。

(注) Cisco Cius では、AC アダプタ CP-PWR-CUBE 4 または PoE+(802.3at)のいずれかの電源が必要です。PoE+ では、メディア ステーションが使用されます。メディア ステーションに接続されているアクセサリ(マウスやキーボードなど)は、電力をネゴシエートします。アクセサリ用に十分な電力がなければ、Cisco Cius の画面にエラー メッセージが表示されます。

詳細については、『 Cisco Cius User Guide 』を参照してください。

Cisco Cius を充電します。

詳細については、『 Cisco Cius User Guide 』を参照してください。

ヘッドセットをヘッドセット ポートに接続します。

(オプション)ヘッドセットはこの段階で接続しなくても、後から追加できます。

詳細については、『 Cisco Cius User Guide 』と、ヘッドセットに付属しているユーザ ガイドを参照してください。

(オプション)Cisco Cius でワイヤレス ローカルエリア ネットワーク(WLAN)の使用を有効にします。

「ワイヤレス LAN の設定」「[ワイヤレスとネットワークの設定(Wireless & network settings)] メニュー」を参照してください。

ネットワークの設定値を設定します。

「[TFTP サーバの設定(TFTP Server Settings)] メニュー」を参照してください。

機能を設定します。

詳細については、『 Cisco Cius User Guide 』を参照してください。

関連項目

「Cisco Cius の起動プロセスの確認」

「起動時のネットワーク設定値の設定」

Cisco Cius の起動プロセスの確認

Cisco Cius の充電後、装置の上部にある電源ボタンを押してタブレットを起動します。Cisco Cius は、タブレットのハードウェアをチェックするために起動診断プロセスを開始します。ホーム画面には 2 つの画面が繰り返されます。最初の画面には「Cisco Cius」が表示され、2 番目の画面には青色のシスコ ロゴが点滅します。その後、Cisco Cius は起動してロック解除画面になります。この画面には、時計、不在着信履歴とボイスメール数のアイコン、およびロック解除へのスワイプの矢印が表示されます。

Cisco Cius は、これらの段階を正常に完了していれば、正常に起動したことになります。Cisco Cius が正常に起動しなければ、Cisco Unified Communications Manager はそのタブレットを未登録として表示し、Cisco Cius はステータス バーの左上に未登録アイコン(赤い「X」)を表示します。さらに、ユーザが電話アプリケーションを起動する際に、そのタブレットが登録されていないことを示すメッセージが表示されます。起動の問題を解決する方法については、「一般的なトラブルシューティング」を参照してください。

起動時のネットワーク設定値の設定

ネットワーク内で DHCP を使用していない場合、Cisco Cius をネットワークに設置する前に、次のネットワークの設定値を設定する必要があります。

IP アドレス

Gateway

ネットマスク

ドメイン名

TFTP サーバの IP アドレス

必要ならば、DNS サーバの設定値も設定できます。

これらの情報を収集し、「Cisco Cius 上での設定値の設定」の説明を参照してください。

Cisco Cius 上のセキュリティの設定

セキュリティ機能を使用すると、なりすましやデータ改ざんの脅威から Cisco Cius を保護できます。これらの機能によって、Cisco Cius と Cisco Unified Communications Manager サーバ間で認証された通信ストリームが確立および維持され、デジタル署名されたファイルのみが Cisco Cius で使用されるようになります。Cisco Cius タブレット上にあるデータは、暗号化されたファイル システムによって保護されます。

Cisco Unified Communications Manager(Release 8.5(1) 以降)には、デフォルトでセキュリティが含まれています。これにより、CTL クライアントを実行しなくても、Cisco Cius タブレットに次のセキュリティ機能が提供されます。

Cisco Cius コンフィギュレーション ファイルの署名

Cisco Cius コンフィギュレーション ファイルの暗号化

Tomcat および他の Web サービスでの HTTPS


) シグナリングおよびメディア機能を保護するには、引き続き、CTL クライアントを実行し、ハードウェア eToken を使用する必要があります。


セキュリティ機能の詳細については、「Cisco Cius のセキュリティ機能について」を参照してください。また、『 Cisco Unified Communications Manager Security Guide 』も参照してください。

Certificate Authority Proxy Function(CAPF)に関連した必要なタスクの実行後、ローカルで有効な証明書(LSC)が Cisco Cius にインストールされます。LSC は Cisco Unified CM の管理で設定できます。詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager Security Guide 』を参照してください。

あるいは、Cisco Cius 上の [エンタープライズ セキュリティの設定(Enterprise Security Settings)] メニューから LSC のインストールを開始することもできます。このメニューでは、LSC の更新および削除も実行できます。

はじめる前に

Cisco Unified Communications Manager と CAPF のセキュリティ設定が適切に行われていることを確認します。詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager Security Guide 』と『 Cisco Cius Wireless LAN Deployment Guide 』を参照してください。

Cisco Cius 上で LSC を設定するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 CAPF の設定後に設定された CAPF 認証コードを入手します。

ステップ 2 Cisco Cius 上のホーム画面から、[アプリケーション メニュー(Applications Menu)] > [設定(Settings)] > [現在地情報とセキュリティ(Location & security)] > [エンタープライズ セキュリティの設定(Enterprise security settings)] を選択します。

ステップ 3 [LSC] をタップします。

認証文字列を要求するプロンプトが Cisco Cius に表示されます。

ステップ 4 管理者から要求されている場合は認証文字列を入力し、[送信(Submit)] をタップします。


) LSC がインストール、アップグレード、または削除された後、Cisco Cius は再起動します。


CAPF の設定に応じて、Cisco Cius で LSC のインストール、更新、または削除が開始されます。この作業の間、[セキュリティ設定(Security Configuration)] メニューの [LSC] オプション フィールドに一連のメッセージが表示されるので、進捗状況をモニタできます。この作業が正常に完了すると、Cisco Cius は [インストール済み(Installed)] または [未インストール(Not Installed)] を表示します。

LSC のインストール、更新、または削除プロセスは、完了するのに長時間かかることがあります。このプロセスは、[キャンセル(Cancel)] をタップすることでいつでも中止できます。

インストール作業が正常に完了すると、Cisco Cius は [インストール済み(Installed)] を表示します。Cisco Cius が [未インストール(Not Installed)] を表示した場合は、認証文字列が間違っているか、Cisco Cius でアップグレードが有効になっていない可能性があります。CAPF 操作により LSC が削除された場合、Cisco Cius は [未インストール(Not Installed)] を表示して、操作が成功したことを示します。CAPF サーバ上で生成されるエラー メッセージを確認し、適切な処置を講じてください。