Cisco Unified Contact Center ソリューション リリース 11.0(1) ポート使用状況ガイド
MediaSense のポート使用状況
MediaSense のポート使用状況

MediaSense のポート使用状況

ポート使用状況表の列

このドキュメントに含まれるポート使用状況表の列について、次に説明します。

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

サーバまたはアプリケーションを表す値と、(必要に応じて)オープンまたは独自のアプリケーション プロトコル。

リスナー プロトコルおよびポート

サーバまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

プロトコルで指定されるサーバまたはサービスに接続するリモート アプリケーションまたはデバイス、またはリモート プロトコルおよびポートでリッスンするリモート アプリケーションまたはデバイス。

リモート プロトコルおよびポート

リモート サービスまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

トラフィックの方向

ポートを通過するトラフィックの流れる方向(着信、双方向、発信)。


(注)  


オペレーティング システムは、ローカル アプリケーションまたはサービスがリモート デバイスの宛先ポートへの接続に使用する送信元ポートを動的に割り当てます。ほとんどの場合、このポートは、TCP/UDP 1024 より大きい番号でランダムに割り当てられます。


MediaSense のポート使用状況

表 1 MediaSense のポート使用状況

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

(注)

HTTPS

TCP 443、8443

Web ブラウザ

いずれか(Any)

管理、サービスアビリティで使用

HTTPS

TCP 8440

クライアント アプリケーション

いずれか(Any)

API アクセスで使用

HTTPS

TCP 9443

クライアント アプリケーション

いずれか(Any)

認証された要求をリダイレクトするためにメディア デバイスによって使用される。

HTTPS

TCP 8446

Web ブラウザ、API クライアント

いずれか(Any)

コール制御サービスで使用。

HTTPS

TCP 9081

クライアント アプリケーション

いずれか(Any)

認証された要求をリダイレクトするためにメディア デバイスによって使用される。

HTTP

TCP 80、8080

Web ブラウザ

いずれか(Any)

管理、サービスアビリティで使用

HTTP

TCP 8081

Web ブラウザ、API クライアント

いずれか(Any)

コール制御サービスで使用

HTTP

TCP 8085

別の CMS のノード

いずれか(Any)

コール制御サービスで使用

HTTP

TCP 8087

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

システム サービスで使用

HTTP

TCP 8088

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

コンフィギュレーション サービスで使用

RTSP

TCP 554、8554

RTSP メディア プレーヤー

いずれか(Any)

SM エージェントで使用

RTSP

TCP 9554

クライアント アプリケーションまたはメディア プレーヤー

いずれか(Any)

認証された要求をリダイレクトするためにメディア デバイスによって使用される。

SIP

TCP 5060

UDP 5060

Unified Communications Manager または Unified Border Element

TCP 5060

UDP 5060

コール制御サービス。

TCP/IP

TCP 1543

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

プライマリ サーバとセカンダリ サーバ間の接続を確立するために Informix ER によって使用される。

JDBC を Informix と接続するために API サービスまたはコンフィギュレーション サービスによって使用される。

キープアライブ ハートビート

UDP 8091

CMS クラスタ ノードのみ

UDP 8091

他のコール制御サービスのアベイラビリティを検出するためにコール制御サービスによって使用される。

JMS

TCP 61610

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

API サービスで使用

JMS

TCP 61612

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

コール制御サービスで使用

JMS

TCP 61616

CMS クラスタ ノードのみ

いずれか(Any)

SM エージェントで使用

エフェメラル ポート範囲

UDP 32768 ~ 61000

RTP メディア ストリームを送信する電話機またはゲートウェイ。

いずれか(Any)

RTP メディア ストリームを受信するためにメディア サービスによって使用されるポート範囲。