Cisco Unified Contact Center ソリューション リリース 11.0(1) ポート使用状況ガイド
Unified CVP のポート使用状況
Unified CVP のポート使用状況

Unified CVP のポート使用状況

ポート使用状況表の列

このドキュメントに含まれるポート使用状況表の列について、次に説明します。

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

サーバまたはアプリケーションを表す値と、(必要に応じて)オープンまたは独自のアプリケーション プロトコル。

リスナー プロトコルおよびポート

サーバまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

プロトコルで指定されるサーバまたはサービスに接続するリモート アプリケーションまたはデバイス、またはリモート プロトコルおよびポートでリッスンするリモート アプリケーションまたはデバイス。

リモート プロトコルおよびポート

リモート サービスまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

トラフィックの方向

ポートを通過するトラフィックの流れる方向(着信、双方向、発信)。


(注)  


オペレーティング システムは、ローカル アプリケーションまたはサービスがリモート デバイスの宛先ポートへの接続に使用する送信元ポートを動的に割り当てます。ほとんどの場合、このポートは、TCP/UDP 1024 より大きい番号でランダムに割り当てられます。


Unified CVP のポート使用状況

表 1 Cisco Unified Customer Voice Portal のポート使用状況 

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

TCP

2000 ~ 2002

電話機に登録

コール サーバ JMX

2098

JConsole

JConsole によるコール サーバへの JMX アクセス

CVP メッセージング レイヤ

TCP 23000 ~ 28000(最初に使用可能)

CVP サブシステム

CVP メッセージ バス通信

7960-CUVA ビデオ

UDP 5445

7960-CUVA

Cisco 7960-CUVA Video Phone

CVP SIP サブシステム、SIP プロキシ サーバ、ゲートウェイ、Unified CM:SIP(Session Initiation Protocol)

UDP 5060

TCP 5060

SIP エンドポイント

受信した SIP 要求のリッスン ポート。ポートは設定可能。

VXML Server:HTTP

TCP 7000

IOS VXML ゲートウェイ

VXML over HTTP。HTTP サーバがポート 7000 で応答したコール/セッション(HTTP サーバはローカル システム ポート 9080 の WAS に要求をリレーする)。

VXML Server:HTTPS

TCP 7443

IOS VXML ゲートウェイ

VXML over HTTPS。HTTPS サーバがポート 7443 で応答したコール/セッション。

Tomcat を含む VXML Server

TCP 7005

ローカル マシン

ローカル アクセスだけに制限されるポート

TCP 7009

AJP/1.3 Connector

VXML Server JMX

TCP 9696

JConsole

JConsole による VXML Server への JMX アクセス

VXML Server

TCP 10100

ローカル VXML Server の管理スクリプト

ローカル アクセスだけに制限されるポート

CVP IVR サブシステム:HTTP

TCP 8000

音声ブラウザ

VXML over HTTP

CVP IVR サブシステム:HTTPS

TCP 8443

音声ブラウザ

VXML over HTTPS

CVP IVR サブシステム:HTTP

TCP 8005

ローカル マシン

ローカル アクセスだけに制限されるポート

CVP IVR サブシステム:HTTP Admin

TCP 8008

WAS と HTTP サーバは、ポート 8008 の HTTP Admin 経由で相互に通信します。

CVP OPSConsole:HTTP

TCP 9000

Web ブラウザ

CVP コンポーネントを設定するための Web ベース インターフェイス

CVP OPSConsole:HTTPS

TCP 9443

Web ブラウザ

SSL を使用して CVP コンポーネントを設定するための Web ベース インターフェイス

CVP OPSConsole

TCP 9005

ローカル マシン

ローカル アクセスだけに制限されるポート

CVP OPSConsole

TCP 9009

AJP/1.3 Connector

CVP OPSConsole

TCP 1529

ローカル マシン

ローカル アクセスだけに制限されるポート

CVP Resource Manager の FTP サーバ

TCP 21

コンテンツ サービス スイッチ

CVP OPSConsole と同じマシンに配置された Resource Manager のみで開く

CVP Resource Manager

TCP 2099

CVP OPSConsole

OPSConsole からリモート デバイス上の CVP Resource Manager への JMX 通信

CVP Resource Manager の Java サービス ラッパー

TCP 32000 ~ 32999(最初に使用可能)

ラッパーが起動する JVM インスタンス

CVP Resource Manager サービス ラッパーは、最初の JVM インスタンスを接続した後は接続を受け入れません。

MRCP V1(RTSP)

TCP 554

VXML ゲートウェイ

ゲートウェイ音声ブラウザと MRCP サーバ間の MRCP セッション。これはシグナリング パスです。メディア パスは RTP を使用します。

Helix ストリーミング オーディオ/ASR/TTS(MRCP/RTSP)も同様

MCRP V2(SIP)

TCP 5060

VXML ゲートウェイ

ゲートウェイ音声ブラウザと MRCP サーバ間の MRCP セッション。これはシグナリング パスです。メディア パスは RTP を使用します。

RTP/RTCP

UDP 16384 ~ 32767

UDP 16384 ~ 32767

音声メディア

通常、RTP は偶数番号のポートに割り当てられ、RTCP はその次に大きいポート番号になります。

CVP SNMP サブエージェント

UDP 5517、5519、5521、5523、5525、5527、5529、5531、5533、5535、5537、5539、5541、5543、5545、5547、5549、5551、5553、5555

CVP SNMP サブシステム

CVP SNMP サブエージェントは CVP SNMP サブシステムからのローカル要求を処理します

CVP SNMP サブシステム

UDP 5516、5518、5520、5522、5524、5526、5528、5530、5532、5534、5536、5538、5540、5542、5544、5546、5548、5550、5552、5554

CVP SNMP サブエージェント

CVP SNMP サブシステムは CVP SNMP サブエージェントからのローカル要求を処理します

CVP ICM サブシステム

TCP 5000

IPCC Enterprise VRU CTI(ICM/IVR メッセージ インターフェイス)

CVP ICM サブシステム(コール サーバ)と Unified CCE/ICM VRU PG の間。ポートは設定可能。

Web サーバ:HTTP

TCP 80

音声ブラウザ

音声ブラウザは、メディア サーバからメディアと「外部 VXML」ファイルを取得します。ポートは設定可能

Web サーバ:HTTPS

TCP 443

音声ブラウザ

音声ブラウザは、メディア サーバからメディアと「外部 VXML」ファイルを取得します。ポートは設定可能

IBM Informix

TCP 1526

CVP レポート サブシステム

データベース接続

IBM Informix Storage Manager

TCP 7939 ~ 7942 TCP 111

IBM Informix Storage Manager サービス

IBM WAS コンソール

TCP 9043、9060

CVP Web Services Manager:HTTP

TCP 8101、8110、8111

TCP 10002

Unified System CLI、診断ポータル、カスタム エージェント デスクトップ

REST Web サービス

表 2 ネットワーク管理およびリモート管理

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

SNMP マスター エージェント

UDP 161

SNMP 管理アプリケーション

SNMP マスター エージェントは、リモートの SNMP 管理アプリケーションからの要求をリッスンし、UDP ポート 161 で応答を送信します。

SNMP マスター エージェント

TCP 7161

ローカル SNMP サブエージェント

SNMP マスター エージェントは、ローカル SNMP サブエージェントからの TCP 接続をリッスンします。

SNMP トラップ

UDP 162

SNMP マスター エージェント

SNMP マスター エージェントは、SNMP 管理アプリケーションに SNMP トラップを送信します。

Syslog

UDP 514

 

syslog プロトコルは、マシンがイベント通知メッセージを IP ネットワーク経由でイベント メッセージ コレクタに送信するためのトランスポートを提供します。ポートは設定可能。

SSH

TCP 22

 

ポート 22 は AIX に対して telnet ではなく SSH を使用するユーザ用。

Telnet

TCP 23

 

RDP(TerminalServices)

TCP 3389

 

pcAnywhere

TCP 5631

UDP 5632

 

VNC

TCP 5900

TCP 5800

 

表 3 Windows 認証およびリモート管理ポート

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

RPC

TCP 135

NetBIOS セッション

TCP 139

NetBIOS 名前解決

TCP 137

UDP 137

NetBIOS Netlogon/ブラウズ

UDP 138

SMB

TCP 445

UDP 445

Microsoft CIFS

DNS

TCP 53

UDP 53

NTP

UDP 123


(注)  


Windows 認証およびリモート管理ポートの詳細については、『"Service overview and network port requirements for the Windows Server system"』(Microsoft サポート技術情報の記事 Q832017)を参照してください。