Cisco Unified Contact Center ソリューション リリース 11.0(1) ポート使用状況ガイド
Unified CCE および Packaged CCE のポート使用状況
Unified CCE および Packaged CCE のポート使用状況

Unified CCE および Packaged CCE のポート使用状況

ポート使用状況表の列

このドキュメントに含まれるポート使用状況表の列について、次に説明します。

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

サーバまたはアプリケーションを表す値と、(必要に応じて)オープンまたは独自のアプリケーション プロトコル。

リスナー プロトコルおよびポート

サーバまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

プロトコルで指定されるサーバまたはサービスに接続するリモート アプリケーションまたはデバイス、またはリモート プロトコルおよびポートでリッスンするリモート アプリケーションまたはデバイス。

リモート プロトコルおよびポート

リモート サービスまたはアプリケーションがリッスンしている TCP または UDP ポートの ID と、サーバとして動作している場合の着信接続要求の IP アドレス。

トラフィックの方向

ポートを通過するトラフィックの流れる方向(着信、双方向、発信)。


(注)  


オペレーティング システムは、ローカル アプリケーションまたはサービスがリモート デバイスの宛先ポートへの接続に使用する送信元ポートを動的に割り当てます。ほとんどの場合、このポートは、TCP/UDP 1024 より大きい番号でランダムに割り当てられます。


Unified CCE および Packaged CCE のポート使用状況

次の表に、Unified CCE と CTI OS の情報を示します。

一部のポート定義には数式を使用しています。次に例を示します。

TCP 40007 + (インスタンス番号 * 40)

この例では、インスタンス 0 がポート 40007、インスタンス 1 がポート 40047、インスタンス 2 がポート 40087(以下同様)を使用します。

表 1 Unified CCE のポート使用状況:ルータ、PG、管理およびデータ サーバ、ロガー

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

ルータ(B 側)(MDS)

プライベート低:

  • TCP 41004 + (インスタンス番号 * 40)

プライベート中:

  • TCP 41016 + (インスタンス番号 * 40)

プライベート高:

  • TCP 41005 + (インスタンス番号 * 40)

CIC の状態転送:

  • TCP 41022 + (インスタンス番号 * 40)

HLGR の状態転送:

  • TCP 41021 + (インスタンス番号 * 40)

  • TCP 41032 + (インスタンス番号 * 40)

RTR の状態転送:

  • TCP 41020 + (インスタンス番号 * 40)

UDP 39500 ~ 39999

DBAgent の状態転送:

  • TCP 41033 + (インスタンス番号 * 40)

ルータ(A 側)(MDS)

中央コントローラ サイトのプライベート ネットワーク

(注)     

ルータのプライベート インターフェイスで QoS が有効になっている場合、UDP ポートは使用されません。

ルータ(B 側)(MDS)

MDS プロセス ポート

TCP 41000

MDS プロセス クライアント

ルータ(B 側)(MDS)

MDS 状態転送ポート

TCP 41001

MDS プロセス クライアント(同期)

ICM PG(B 側)(pgagent)

TCP 43006 + (インスタンス番号 * 40)

ICM PG(A 側)(pgagent)

パブリック ネットワーク(テストの相手側)

ICM PG(B 側)(MDS)

MDS プロセス ポート

TCP 43000

MDS プロセス クライアント

ICM PG(B 側)(MDS)

MDS 状態転送ポート

TCP 43001

MDS プロセス クライアント(同期)

ICM PG1(B 側)(MDS)

  • プライベート低:

    TCP 43004 + (インスタンス番号 * 40)

  • プライベート中:

    TCP 43016 + (インスタンス番号 * 40)

  • プライベート高:

    TCP 43005 + (インスタンス番号 * 40)

  • OPC の状態転送:

    TCP 43023 + (インスタンス番号 * 40)

UDP 39500 ~ 39999

ICM PG1(A 側)

プライベート ネットワーク

(注)     

ICM PG のプライベート インターフェイスで QoS が有効になっている場合、UDP ポートは使用されません。

ICM PG2(B 側)(MDS)

  • プライベート低:

    TCP 45004 + (インスタンス番号 * 40)

  • プライベート中:

    TCP 45016 + (インスタンス番号 * 40)

  • プライベート高:

    TCP 45005 + (インスタンス番号 * 40)

  • OPC の状態転送:

    TCP 45023 + (インスタンス番号 * 40)

UDP 39500 ~ 39999

ICM PG2(A 側)

プライベート ネットワーク

(注)     

ICM PG のプライベート インターフェイスで QoS が有効になっている場合、UDP ポートは使用されません。

ルータ(A 側)(MDS)

MDS プロセス ポート

TCP 40000

MDS プロセス クライアント

ルータ(A 側)(MDS)

MDS 状態転送ポート

TCP 40001

MDS プロセス クライアント(同期)

ICM PG(A 側)(MDS)

MDS プロセス ポート

TCP 42000

MDS プロセス クライアント

ICM PG(A 側)(MDS)

MDS 状態転送ポート

TCP 42001

MDS プロセス クライアント(同期)

ルータ(A 側)DMP(ccagent)

  • パブリック低:

    TCP 40002 + (インスタンス番号 * 40)

  • パブリック中:

    TCP 40017 + (インスタンス番号 * 40)

  • パブリック高:

    TCP 40003 + (インスタンス番号 * 40)

UDP 39500 ~ 39999

ICM PG(pgagent)

5.0 以前の PG 通信に対する中央コントローラ ルータに

PG を接続するパブリック ネットワーク。

(注)     

ICM PG のプライベート インターフェイスで QoS が有効になっている場合、UDP ポートは使用されません。

ルータ(B 側)DMP(ccagent)

  • パブリック低:

    TCP 41002 + (インスタンス番号 * 40)

  • (インスタンス番号

    パブリック中:

    TCP 41017 + (インスタンス番号 * 40)

  • パブリック高:

    TCP 41003 + (インスタンス番号 * 40)

UDP 39500 ~ 39999

ICM PG(pgagent)

5.0 以前の PG 通信に対する中央コントローラ ルータに

PG を接続するパブリック ネットワーク。

(注)     

ICM PG のプライベート インターフェイスで QoS が有効になっている場合、UDP ポートは使用されません。

ルータ A(rtfeed)

TCP 40007 + (インスタンス番号 * 40)

Administration & Data Server

リアルタイム フィード

ルータ B(rtfeed)

TCP 41007 + (インスタンス番号 * 40)

Administration & Data Server

リアルタイム フィード

ロガー(A 側)

TCP 40026 + (インスタンス番号 * 40)

TCP 40028 + (インスタンス番号 * 40)

管理およびデータ サーバの Historical Data Server(HDS)

Replication

ロガー(B 側)

TCP 41026 + (インスタンス番号 * 40)

TCP 41028 + (インスタンス番号 * 40)

管理およびデータ サーバの Historical Data Server(HDS)

Replication

プライマリ管理およびデータ サーバ(rtfeed)

TCP 48008 + (インスタンス番号 * 40)

管理クライアント

リアルタイム フィード

セカンダリ管理およびデータ サーバ(rtfeed)

TCP 49008 + (インスタンス番号 * 40)

管理クライアント

リアルタイム フィード

Contact Sharing

TCP 61616

ライブ データ用の ActiveMQ

TCP 61616

双方向

CICM ルータ(A 側)(INCRPNIC)

UDP 40025 + (インスタンス番号 * 40)

NAM ルータ(CIC)

CICM に NAM を接続するパブリック ネットワーク

CICM ルータ(B 側)(INCRPNIC)

UDP 41025 + (インスタンス番号 * 40)

NAM ルータ(CIC)

CICM に NAM を接続するパブリック ネットワーク

CSFS

TCP 40015

CSFS デュプレックス構成ピア

CSFS イベント同期リンク

ロガー(A 側)

40013 + (インスタンス番号 *40)

リカバリ

ロガー(B 側)

41013 + (インスタンス番号 *40)

リカバリ

診断フレームワーク

TCP 7890

このサービスアビリティ コンポーネントは、主要な CCE コンポーネント サーバ(ルータ、ロガー、PG、管理およびデータ サーバなど)にインストールされます

表 2 Unified CCE のポート使用状況:ディストリビュータおよび Internet Script Editor

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

MSSQL

ロガー

ディストリビュータ

TCP 1433

HTTPS

TCP 443

CCE Web Administration と Internet Script Editor クライアント

表 3 Unified CCE のポート使用状況:CCE Outbound Option Dialer

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

SIP

Cisco Unified Communications ManagerUnified CMUnified CMCisco Unified CallManager

UDP 58800

SIPDialerPortBaseNumber レジストリ キーで設定します。

RTP for SIP

次の式に基づく範囲の UDP ポート:

  • RangeStart = RTPPortRangeStart + (instNum * 2000)

  • RangeEnd = RangeStart + 2000

RTPPortRangeStart は、RTPPortRangeStart レジストリ キーで設定できます。instNum は、ダイヤラのインスタンス番号です。

音声ゲートウェイ

予約コール用の受信ポート。

UDP ポートを選択して設定するには、RTPPortRangeStart レジストリ キーを使用します

TFTP

TFTP サーバ

UDP 69

TFTP ファイル転送

エフェメラル

MR PG

TCP 38001 + (インスタンス数)

MR PG は、このポートを使用して SIP ダイヤラに接続します。

MR PG(SIP)

5060 および SIPDialerPortBaseNumber + インスタンス番号

このポートは、Unified Communications Manager、音声ゲートウェイ、または SIP プロキシで使用されます。

表 4 Unified CCE のポート使用状況:CTI および CTI Object Server

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

GED-188(CTI サーバ)

A 側

TCP 42027 + (インスタンス番号 * 40)

B 側

TCP 43027 + (インスタンス番号 * 40)

ARM インターフェイス

CTI OS サーバ

CAD サーバ

CTI OS サーバ

TCP 42028

CTI OS クライアント

CTI OS サーバ ピア

CAD デスクトップ

Cisco Sync Service

最初の CTI OS インスタンスに適用可能。複数インスタンスの CTI OS および Cisco Unified Contact Center Hosted については、カスタム ポートを定義する必要があります。

CTI OS スーパーバイザ デスクトップ

UDP 39200

CTI OS クライアント

デスクトップ サイレント モニタリング

CTIOS サイレント モニタ サービス

TCP 42228

Cisco Enterprise Data Store

TCP 42228

Siebel サーバ

スクリーン コール コンテキストのサポート

表 5 Unified CCE のポート使用状況:Packaged CCE

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

データ サーバおよび外部 HDS

HTTPS 443

ESXi ホスト

HTTPS 443

表 6 Unified CCE のポート使用状況:TDM/IP ペリフェラル

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

IP プロセス通信

CTI/QBE

Unified CM

TCP 2748

JTAPI

PG、VRU PIM(GED-125)

TCP 5000 ~ 5001

Customer Voice Portal(または ISN)

Cisco Unified IP IVRUnified IP IVR

Unified ICM/IVR メッセージ インターフェイス、VRU PIM

CCE PG

TCP 2789

Unified CM

JTAPI アプリケーション サーバ

MR PIM

TCP 2000

メディア ルーティング プロセス

TDM プロセス通信

(注)     

ペリフェラル通信の詳細については、使用しているスイッチの『"ACD Supplement"』ユーザ マニュアルを参照してください。

Aspect PIM

Aspect ACD

TCP 8000

リアルタイム ブリッジで使用

Aspect Contact Center サーバ PIM

Aspect Contact Center サーバ

TCP 6101

TCP 6102

TCP 9001

アプリケーション ブリッジ

イベント リンク

Avaya PIM

TCP 6060 ~ 6070

Avaya ACD

CMS

TCP 5678

イベント リンク

MIS プロセス

TCP 3000 ~ 3030

VRU

CTI サーバに接続し、VRU PIM をリッスンします

Avaya Aura Contact Center(AACC)PIM

Avaya ACD

TCP 3000

UCCX ゲートウェイ PIM

Unified CCX

TCP 12028

ポート番号は設定可能


(注)  


ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC)のポート使用状況については、『TCP/IP-based NIC System Management Guide Supplements』および NIC または SCP 接続の設定パラメータを参照してください。


表 7 Unified CCE のポート使用状況:Windows 認証およびリモート管理ポート

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

RPC

TCP 135

UDP 135

NetBIOS セッション

TCP 139

NetBIOS 名前解決

TCP 137

UDP 137

NetBIOS Netlogon/ブラウズ

UDP 138

SMB

TCP 445

UDP 445 1

LDAP

TCP 389

UDP 389

LDAP SSL

TCP 636

LDAP GC

TCP 3268

LDAP GC SSL

TCP 3269

DNS

TCP 53

UDP 53

Kerberos

TCP 88

UDP 88

NTP

UDP 123

SQL Server

TCP 1433

UDP 1434

Q287932 を参照

1 名前付きパイプ接続でも使用。

(注)  


Windows 認証の詳細については、『Service overview and network port requirements for the Windows Server system』(Microsoft サポート技術情報の記事 Q832017)を参照してください。


表 8 Unified CCE のポート使用状況:ネットワーク管理およびリモート管理

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

SNMP

UDP 161

SNMP トラップ

UDP 162

Syslog

UDP 514

Telnet

TCP 23

RDP(ターミナル サービス)

TCP 3389

pcAnywhere

TCP 5631

UDP 5632

VNC

TCP 5900

TCP 5800(Java HTTP)

RealVNC

表 9 Unified CCE のポート使用状況:カスタマー インタラクション アナライザ

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

HTTP ファイル転送

TCP 80

通話録音サーバ

TCP 80

HTTP データ レプリケーション

TCP 8080

通話録音サーバ

TCP 8080

VPN/ターミナル サービス

TCP 3389

通話録音サーバ

表 10 Unified CCE のポート使用状況:ライブ データ

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

ルータ(A 側および B 側)(TIP イベント)

ルータ A:40034 + (インスタンス数 * 40)

ルータ B:41034 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ イベント。

ルータ(A 側および B 側)(TIP TOS)

ルータ A:40035 + (インスタンス数 * 40)

ルータ B:41035 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ テストの相手側。

ICM PG1(A 側および B 側)(TIP イベント)

A 側:42034 + (インスタンス数 * 40)

B 側:43034 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ イベント。

ICM PG2(A 側および B 側)(TIP イベント)

A 側:44034 + (インスタンス数 * 40)

B 側:45034 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ イベント。

ICM PG1(A 側および B 側)(TIP TOS)

A 側:42035 + (インスタンス数 * 40)

B 側:43035 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ テストの相手側。

ICM PG2(A 側および B 側)(TIP TOS)

A 側:44035 + (インスタンス数 * 40)

B 側:45035 + (インスタンス数 * 40)

CUIC/ライブ データ

パブリック ネットワークのライブ データ テストの相手側。

Socket.IO のセキュアでないポート

TCP 12007

CUIC/ライブ データ

Socket.IO

双方向

 

Socket.IO のセキュア ポート

TCP 12008

CUIC/ライブ データ

Socket.IO

双方向

 

CCE ライブ データ Cassandra サービス

TCP 12000

ライブ データ Cassandra のコマンドおよびデータ用 TCP ポート

CCE ライブ データ Cassandra サービス

TCP 12001

ライブ データ Cassandra の暗号化通信用 SSL ポート。(暗号化オプションで有効にしないかぎり未使用)

CCE ライブ データ Cassandra サービス

TCP 9160

Thrift がクライアントをリッスンするのに使用するライブ データ Cassandra ポート

CCE ライブ データ Storm DRPC サービス

TCP 3772

ライブ データ DRPC ポート

CCE ライブ データ Storm DRPC サービス

TCP 3773

ライブ データ DRPC 呼び出しポート

CCE ライブ データ Zookeeper サービス

TCP 2181

ライブ データ レポート

CCE ライブ データ Web サービス

TCP 12004 ~ 12006

ライブ データ レポート

CCE ライブ データ Storm Nimbus サービス

TCP 6627

ライブ データ Nimbus Thrift ポート

CCE ライブ データ ActiveMQ サービス

TCP 61616

ライブ データ ActiveMQ Openwire トランスポート コネクタ ポート

CCE ライブ データ ActiveMQ サービス

TCP 61612

ライブ データ ActiveMQ Stomp トランスポート コネクタ ポート

OAMP

TCP 8080

HTTP - OAMP

Unified Intelligence Center

TCP 8081

HTTP - Unified Intelligence Center

Unified CCMP のポート使用状況

表 11 Cisco Unified Contact Center Management Portal のポート使用状況

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

トラフィックの方向

注意

ブラウザ

HTTP

TCP 80

CCMP Web サーバ A/B

標準の HTTP Web クライアント接続

HTTPS

TCP 443

CCMP Web サーバ A/B

SSL Web クライアント接続

CCMP Web/アプリケーション サーバ A

SQL

TCP 1433

CCMP DB サーバ A/B

標準の SQL 接続

LDAP

TCP 389

Domain Controller

UDP 389

スーパーバイザがプロビジョニングで使用する AD アカウント情報を読み取るために使用

CCMP Web/アプリケーション サーバ B

SQL

TCP 1433

CCMP DB サーバ A/B

標準の SQL 接続

LDAP

TCP 389

Domain Controller

UDP 389

スーパーバイザがプロビジョニングで使用する AD アカウント情報を読み取るために使用

CCMP データベース サーバ A

SQL

TCP 1433

CCMP DB サーバ B

SQL レプリケーション用

TCP 1433

CCE/CCH 管理およびデータ サーバ A 側

CCE/CCH ディメンション データのインポート用

TCP 1433

CCE/CCH 管理およびデータ サーバ B 側

CCE/CCH ディメンション データのインポート用

HTTP

TCP 80

Unified CM

AXL プロビジョニング要求で使用される HTTP 接続

HTTPS

TCP 443

Unified CM

AXL プロビジョニング要求で使用される HTTP 接続

*MSDTC

TCP 135

CCMP DB サーバ B

TCP 1024 ~ 5000

CCMP 監査アーカイブ ジョブ用

SMB over IP

UDP 445*

TCP 445

CVP ファイル アップロードおよびファイル レプリケーション用

*名前付きパイプ接続でも使用。

CCMP データベース サーバ B

SQL

TCP 1433

CCMP DB サーバ A

SQL レプリケーション用

TCP 1433

CCE/CCH 管理およびデータ サーバ A 側

CCE/CCH ディメンション データのインポート用

TCP 1433

CCE/CCH 管理およびデータ サーバ B 側

CCE/CCH ディメンション データのインポート用

HTTP

TCP 80

Unified CM(x)

AXL プロビジョニング要求で使用される HTTP 接続

HTTPS

TCP 443

Unified CM(x)

AXL プロビジョニング要求で使用される HTTP 接続

*MSDTC

TCP 135

CCMP DB サーバ A

TCP 1024 ~ 5000

CCMP 監査アーカイブ ジョブ用

SMB over IP

UDP 445*

TCP 445

CVP ファイル アップロードおよびファイル レプリケーション用

これらは、すべてのサーバ名が TCP/IP アドレスまたは DNS 名である(したがって NetBIOS ポートは不要である)ことを前提としています。

サポート上の理由で、すべての Unified Contact Center Management Portal サーバにアクセスする場合にもポートが必要です(pcAnywhere とターミナル サービスのどちらでも)。


(注)  


このリストには、DNS や Kerberos などの標準の Windows ポートは含まれていません。


* MSDTC 応答ポートは、デフォルトでは 1024 ~ 5000 の範囲で動的に割り当てられたポートを使用します。この範囲を設定するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Rpc\Internet location レジストリ キーを作成し、次のレジストリ値を追加します。

  • Ports(REG_MULTI_SZ)- 1 行に 1 つのポート範囲(3000-3005 など)を指定します

  • PortsInternetAvailable(REG_SZ)- この値は常に "Y" に設定します(引用符を含みません)

  • UseInternetPorts(REG_SZ)- この値は常に "Y" に設定します(引用符を含みません)

Unified CRM Connector のポート使用状況

表 12 Cisco Unified CRM Connector for SAP

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

CRM Connector for SAP

TCP 8080

SAP ICI 接続

このポートはレジストリで調整できます。

CRM DataStore for SAP

TCP 42029

CRM Connector for SAP

表 13 Cisco Unified CRM Connector for Microsoft CRM、Oracle PeopleSoft、Salesforce.com

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

CRM Connector サーバ

TCP 80

.NET アダプタ、管理ツール

IIS マネージャの「既定の Web サイト」。

MSCRM サーバ

TCP 81

MSCRM クライアント

MSCRM のみ

CRM Connector サーバ

TCP 5666

CRM アダプタ

\Program Files\Cisco\CRM Connector\MCIS\Config.ini で設定可能

.NET アダプタ

TCP 5558

エージェント デスクトップ

リモート処理ポート

CRM Connector サーバ

TCP 42027

Cisco CTI サーバ

A 側のデフォルト ポート。Config.ini ファイルの [CTIModule Setting] の Port_A で設定可能。

CRM Connector サーバ

TCP 44027

Cisco CTI サーバ

B 側のデフォルト ポート。Config.ini ファイルの [CTIModule Setting] の Port_B で設定可能。

CRM Connector サーバ

TCP 65372

サーバ管理ツール

\Program Files\Cisco\CRM Connector\MCIS\Config.ini および \Program Files\Cisco\CRM Connector\Server Administration Tool\WebComponent\server.config で設定可能

Cisco Agent Desktop(CAD)のポート使用状況

重要:

Unified CCE 11.0(1) では、Cisco Agent Desktop は推奨されません。


(注)  


Agent Desktop クライアントが Citrix 環境で動作している場合、Citrix サーバは CAD/CTIOS クライアントのポートをランダムに選択します。Citrix が Windows 2008 で動作している場合、ランダムに割り当てられるポート番号は Internet Assigned Numbers Authority(IANA)の標準の範囲である 49152 ~ 65535 に含まれます。


表 14  Cisco Agent Desktop(CAD)のポート使用状況

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

Cisco Agent Desktop

デスクトップ モニタ

TCP 59020

Cisco Supervisor Desktop

FCCServer

TCP 3002

スーパーバイザ デスクトップ

TCP 3101

チャット

TCP 59020

Cisco Desktop Base Services

CTI OS

 

CTI OS サーバ

TCP 42028

SIP

UDP/TCP 5060 *

Unified CVP および Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービスを含む)

UDP/TCP 5060 *

CA は SIP over TLS をサポートしません

AXL(SOAP)

HTTPS 443

Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service

Cisco Supervisor Desktop

チャット

TCP 59021

Cisco Desktop Base Services

チャット

Cisco Unified Presence

TCP 5060

Cisco Desktop Base Services

Unified CVP および Unified Communications Manager(Cisco Unified CM IM and Presence サービスを含む)

RTP

UDP 59010

UDP 59012

Cisco Desktop VoIP Monitor Service

VoIP

RTP

UDP 59014

UDP 59016

Cisco Desktop Recording Server

再生

Cisco Desktop Base Services

LRM

TCP 65431

TCP 65432

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

チャット

TCP 59000

TCP 37350

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

エンタープライズ

TCP 59004

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

エンタープライズ

TCP 3004

OmniOrbUsePort(サーバ)

Rascal

TCP 59003

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

ディレクトリ

TCP 38983

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

LDAP

TrueUpdate

TCP 8088

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

Tomcat

LRM

TCP 65431

TCP 65432

Cisco Desktop Base Services

冗長用

MSL

UDP 27871

Cisco Desktop Base Services

冗長用

ディレクトリ

TCP 38983

Cisco Desktop Base Services

冗長用

LRM

TCP 65431

Cisco Desktop VoIP Monitor Service

LRM

TCP 65432

License Server

LDAP

TCP 38983

Cisco Desktop VoIP Monitor Service

チャット

TCP 3002

LDAP VPN クライアント

チャット

TCP 3100

LDAPOmniOrbUsePort(クライアント)

チャット

TCP 59000

LDAPOmniOrbUsePort(サーバ)

LRM

TCP 65431

TCP 65432

Cisco Desktop Recording Service

LDAP

TCP 38983

Cisco Desktop Recording Service

LRM

TCP 65431

TCP 65432

Cisco Desktop Administrator

エンタープライズ

TCP 59004

Cisco Desktop Administrator

ディレクトリ

TCP 38983

Cisco Desktop Administrator

TAI

TCP 59010

Cisco Desktop Administrator

同期

TCP 59011

Cisco Desktop Administrator

同期

TCP 27872

TrueUpdate

TCP 8088

Cisco Desktop Administrator

Tomcat

IPPA

TCP 59012

Cisco Agent Desktop Browser Edition

IPPA

TCP 59010

Tomcat

TCP 8088

Cisco Agent Desktop Browser Edition

GED-188

CTI サーバ

A 側:TCP 42027

B 側:TCP 43027

コール イベント

MSSQL

ディストリビュータ

TCP 1433

Rascal

AXL(SOAP)

Dynamic

Unified CM

TCP 80

Cisco Desktop VoIP Monitor Server

プライマリ サーバ

TCP 59002

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

Cisco Desktop Base Services

OmniOrbUsePort(サーバ)

IP 検出

TCP 37606

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

VPN ポート(サーバ)

TCP 37606

AXL(SOAP)

Dynamic

Unified CM

TCP 80

電話機の MAC アドレス ルックアップ

Cisco Desktop Recording Server

プライマリ サーバ

TCP 59005

Cisco Agent Desktop

Cisco Supervisor Desktop

Cisco Desktop Base Services

OmniOrbUsePort(サーバ)

IP 検出

TCP 59027

Cisco Supervisor Desktop

Cisco Desktop Base Services

VPN サーバ ポート

TCP 59027

RTP

UDP 59500 ~ 59700

Cisco Agent Desktop

Cisco Desktop VoIP Monitor Server

59500

ポート範囲の開始(クライアント)

59700

ポート範囲の終了(クライアント)

RP サーバ

プライマリ サーバ

59005

VPN サーバ ポート

59027

クライアント ポートへ

59014

クライアント

クライアント ポートから

59016

クライアント

Genesys コール センターへの Cisco Voice の統合

リスナー(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リスナー プロトコルおよびポート

リモート デバイス(プロセスまたはアプリケーション プロトコル)

リモート プロトコルおよびポート

トラフィックの方向

注意

Genesys System Interoperability Manager

TCP 2555

Genesys T-Server Alcatel A4400

CSTA

このポートはレジストリで調整できます。