Cisco TelePresence System 管理ガイド
インターフェイスのフィールドについて
インターフェイスのフィールドについて
発行日;2015/04/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

インターフェイスのフィールドについて

目次

TelePresence IX5000 管理者ユーザ インターフェイスへのアクセス

[モニタリング(Monitoring)] 領域のフィールド

システム ステータス(System Status)

コール統計

ネットワーク データ

[設定(Configuration)] 領域のフィールド

ネットワーク

Call Control Manager

証明書(Certificates)

[初回セットアップ(First Time Setup)] 領域のフィールド

[ログ(Logs)] 領域のフィールド

システムオペレーションのログ(System Operations Log)

SIP ログ(SIP Log)

レポート

キャプチャ(Captures)

[再起動/リセット(Restart/Reset)] 領域のフィールド

システム再起動

工場出荷時の状態へのリセット

次の作業

インターフェイスのフィールドについて

作成日:2014 年 12 月
改訂日:2015 年 4 月 6 日

TelePresence IX5000 管理者ユーザ インターフェイスへのアクセス

TelePresence IX5000 管理者ユーザ インターフェイスでは、IX システムの監視、構成、セットアップ、トラブルシューティング、ログ、再起動またはリセットが行えます。

システムの Cisco TelePresence デバイスに関する情報を表示するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 次の手順に従って、管理者ユーザ インターフェイスにログインします。

a. このマニュアルの「 Web ブラウザのサポート」の項のリストからインターネット ブラウザを選択します。

b. ブラウザ ウィンドウを開き、[URL] フィールドに IX システムの IP アドレスを入力し、 Enter キーを押します。[管理者用のログイン(Administrator Login)] 画面が図 2-1 のように表示されます。

図 2-1 [管理者用のログイン(Administrator Login)] 画面

 

c. [ユーザ名(Username)] フィールドに admin と入力します。

d. [パスワード(Password)] フィールドに cisco と入力します。


) Unified CM でデフォルト パスワードを変更できます。『Cisco Unified Communications Manager Configuration Guide for the Cisco TelePresence System』を参照してください。


e. [サインイン(Sign In)] をクリックします。

[管理者(Administrator)] ホーム ページが図 2-2 のように表示されます。

図 2-2 [管理者(Administrator)] ホーム ページ

 

ステップ 2 [管理者(Administrator)] ホーム ページから、次の領域のさまざまな管理者タスクのデータ フィールドに移動してアクセスできます。

[モニタリング(Monitoring)] 領域のフィールド

[設定(Configuration)] 領域のフィールド

[初回セットアップ(First Time Setup)] 領域のフィールド

[ログ(Logs)] 領域のフィールド

[再起動/リセット(Restart/Reset)] 領域のフィールド


) [管理者(Administrator)] ホーム ページは、ユーザ インターフェイスの [モニタリング(Monitoring)] 領域に常に開いています。


[モニタリング(Monitoring)] 領域のフィールド

[モニタリング(Monitoring)] 領域には、IX システムと Unified CM で設定済みの構成に関する詳細が含まれています。ここでは、[モニタリング(Monitoring)] 領域に表示されるデータ フィールドについて説明します。次のシステム モニタリング情報が使用可能です。

システム ステータス(System Status)

コール統計

ネットワーク データ


) 管理インターフェイスの [モニタリング(Monitoring)] 領域にアクセスした後、データ フィールドを表示するにはページを下にスクロールします。


システム ステータス(System Status)

[システム ステータス(System Status)] セクションから IX システムのハードウェア コンポーネントの現在の動作状態を確認します。図 2-3 は、[システム ステータス(System Status)] のコンポーネント ステータス インジケータが表示されるインターフェイス ホーム ページの右上部分の例を示しています。

図 2-3 [モニタリング(Monitoring)] > [システム ステータス(System Status)] セクション

 

 

[システム ステータス(System Status)] 領域には、IX システム デバイスの動作状態が表示されます。設定済みで動作中のコンポーネントは緑色のチェック マークで示されます。接続されていない、または設定されていないコンポーネントは赤色の X で示されます。

表 2-1 は [システム ステータス(System Status)] のフィールドについて説明しています。

 

表 2-1 [システム ステータス(System Status)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

表示内容

メインおよび補助用のビデオ ディスプレイの動作状態を示します。非動作状態は、ビデオ ケーブルが接続されていない、またはディスプレイに電源が入っていないことが原因である可能性があります。

カメラ

システム カメラの動作状態を示します。非動作状態は、ビデオ ケーブルが接続されていなかったりたるんでいる、またはイーサネット ケーブルが接続されていないことが原因である可能性があります。

マイク

システム マイクの動作状態を示します。非動作状態は、マイクがオフラインになっていることが原因である可能性があります。

Touch デバイス

システムの Touch 10 デバイスの動作状態を示します。

Call Control Manager

IX システムが Call Control Manager(Unified CM)に登録されているかまたは登録されていないかを示します。

コール統計

コーデックによって収集された音声とビデオの統計情報を表示するには、[ コール統計(Call Statistics) ] を使用します。レポートには、収集された情報の種類の把握に役立つ情報が含まれています。

[コール統計(Call Statistics)] を表示するには、[モニタリング(Monitoring)] を選択し、[コール統計(Call Statistics) ] までスクロールします。[コール統計(Call Statistics)] のフィールドの特定のセットを表示するには、該当するタブをクリックします。 表 2-2 は、ストリーミング ビデオ/音声コールを含む送受信されたすべてのコールの履歴が提供される [コール統計(Call Statistics)] のフィールドについて説明します。

図 2-4 [モニタリング(Monitoring)] > [コール統計(Call Statistics)] セクション

 

 

 

表 2-2 [コール統計(Call Statistics)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

一般

一般的なシステム コール データと値が提供されます。次の項目に関する現在および累積的なシステム コール情報が含まれます。

システムの有効期間内のコールの総数

システムの有効期間内の総通話時間

最後の通話時間

リブート以降の総通話時間

最後のコール開始時刻

最後のリブート以後に行われたコールの総数

通話ステータスが最後にクリアされた時刻

AV コールビデオ(AV Call Video)

右、中央および左のディスプレイのマルチポイント音声/ビデオ コールに関する TelePresence ビデオ ストリームの統計情報を表示します。

AV コールオーディオ(AV Call Audio)

右、中央および左のディスプレイのマルチポイント音声/ビデオ コールに関する TelePresence オーディオ ストリームの統計情報を表示します。

音声のみ

右、中央および左のディスプレイの IP 電話の音声のみのコールに関するストリーム統計情報を表示します。

ネットワーク データ

[ ネットワーク データ(Network Data) ] セクションのネットワーク名とアドレス情報を表示します。図 2-5 に、[モニタリング(Monitoring)] ページの [ネットワーク データ(Network Data)] セクションを示します。

[ネットワーク データ(Network Data)] を表示するには、[モニタリング(Monitoring)] を選択し、[ネットワーク データ(Network Data)] までスクロールします。IX システムの [ネットワーク データ(Network Data)] のフィールドについては 表 2-3 で説明します。

図 2-5 [モニタリング(Monitoring)] > [ネットワーク データ(Network Data)] セクション

 

 

 

表 2-3 [ネットワーク データ(Network Data)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

Call Control Manager

Cisco Unified Communications Manager の IP アドレス。

MAC アドレス(MAC Address)

IX システムを一意に識別する Media Access Control ハードウェアのアドレス。

ホストネーム(Hostname)

システム コーデックのホスト名。

ドメイン名(Domain Name)

システム コーデックのドメイン名。

DHCP設定(DHCP Setting)

DHCP アドレッシングが [フル(Full)]、[混合(Mixed)] または [スタティック(Static)] に設定されているかを示します。

IP アドレス(IP Address)

プライマリ システム コーデックの場所(IP アドレス)。

ゲートウェイ

別のネットワークへのアクセス ポイントとして機能するネットワーク上のルータの位置(IP アドレス)。

サブネット

IX システムの IP サブネット マスク。

DNS サーバ 1(DNS Server 1)

IP アドレスによるプライマリ ネットワーク サーバ。

DNS サーバ 2(DNS Server 2)

プライマリ サーバが利用できない場合に 2 番目の DNS サーバのアドレスを提供します。

接続先 VLAN(Operational VLAN)

標準の IEEE 802.1Q で使用される仮想 LAN。この値は表示専用の VLAN ID です。

 

[設定(Configuration)] 領域のフィールド

[設定(Configuration)] 領域では、DHCP および TFTP 設定を行い、IX システムの 802.1X 認証証明書をアップロードできます。この項には、[設定(Configuration)] 領域のデータ フィールドに関する情報が含まれます。次のシステム構成情報が使用可能です。

ネットワーク

Call Control Manager

証明書(Certificates)


) [設定(Configuration)] 領域にアクセスした後、データ フィールドを表示するにはページを下にスクロールする必要がある場合があります。


ネットワーク

[設定(Configuration)] 領域の [ネットワーク(Network)] セクションでは、IP アドレス設定を表示または設定することができます。

図 2-6 に、ユーザ インターフェイスの [ネットワーク(Network)] セクションの例を示します。 表 2-4 に、主な [ネットワーク(Network)] のフィールドとボタンを示します。

図 2-6 [設定(Configuration)] > [ネットワーク(Network)] セクション

 

 

 

表 2-4 [ネットワーク(Network)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

DHCP

DHCP をイネーブルにするか、またはイネーブルにしないことで、ネットワーク アドレッシングをどのように設定するかを選択します。DHCP アドレッシングを設定するオプションは、[フル(Full)]、[混合(Mixed)] または [スタティック(Static)] です。システムが DHCP を使用する場合は、[フル(Full)] または [混合(Mixed)] を選択します。DHCP を使用しない場合は、[スタティック(Static)] を選択します。

IP アドレス(IP Address)

3 つの IP アドレスの設定オプションが使用可能です。

[フル(Full)]:ネットワークが DHCP を使用する場合は、このオプションをクリックして DHCP をイネーブルにし、ネットワークがネットワーク アドレスを動的に割り当て、すべてのアドレスを設定できるようにします。

[混合(Mixed)]:ネットワークが DHCP を使用する場合は、このオプションをクリックすることで、IP アドレスを手動で割り当て、ネットワークが残りの設定を割り当てるようにすることもできます。

[スタティック(Static)]:ネットワークが DHCP を使用しない場合は、このオプションをクリックしてすべてのネットワーク アドレス設定を手動で割り当てます。(ネットワークはこれらの値を提供しません。)

このフィールドの詳細については、「ネットワーク設定(Network Settings)」を参照してください。

サブネット

システム IP アドレスのサブネット マスクを特定します。

ゲートウェイ

別のネットワークへのアクセス ポイントとして機能するネットワーク上のルータの位置(IP アドレス)を特定します。

DNS サーバ 1(DNS Server 1)

IP アドレスで識別されるプライマリ ネットワーク サーバ。

DNS サーバ 2(DNS Server 2)

IP アドレスで識別されるセカンダリ ネットワーク サーバ。

Call Control Manager

TFTP サーバ設定を表示または設定するには、[設定(Configuration)] 領域の [Call Control Manager] セクションまでスクロールします。Call Control Manager を使用して、TFTP サーバの場所を指定し、システムで利用可能な設定のリストを表示します。4 つの TFTP オプションと [証明書信頼リストの削除(Delete Certificate Trust List)] ボタンによって、TFTP サーバに対する追加の設定オプションが提供されます。

図 2-7 に、管理者ユーザ インターフェイスの [Call Control Manager] セクション([手動(Manual)] モード)の例を示します。 表 2-5 に、主な [Call Control Manager] のフィールドとボタンを示します。

図 2-7 [設定(Configuration)] > [Call Control Manager]


 

 

表 2-5 [Call Control Manager] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

TFTP

TFTP サーバ アドレッシングを設定するオプションは、[自動(Automatic)] または [手動(Manual)] です。

[自動(Automatic)]:システムがすべての TFTP サーバ アドレスを設定することを許可します。デフォルトの状態に設定する場合(TFTP サーバがオプション 150 の DHCP 要求に応答します)、または Unified CM コンフィギュレーション ファイルがシステムに存在するネットワーク内のエンドポイントを指す TFTP サーバのリストの場合にクリックします。

[手動(Manual)]:手動で特定の TFTP アドレスを設定できます。Unified CM サーバの IP アドレスを手動で提供する場合にクリックします。

TFTP サーバ 1(TFTP Server 1)

[手動TFTP(Manual TFTP)] オプションを選択した場合は IP アドレスを入力します。

TFTPサーバ 2~5(TFTP Server 2 - 5)

最大 4 つの追加の TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

証明書信頼リストの削除(Delete Certificate Trust List)

証明書信頼リスト(CTL)のすべてのエントリを削除するには、[ 証明書信頼リストの削除(Delete Certificate Trust List) ] をクリックします。このボタンは、IX システムに混合認証モードで設定された Unified CM から CTL が提供されている場合にアクティブになります。

証明書(Certificates)

802.1x セキュリティ認証を設定および表示するには、ユーザ インターフェイスの [設定(Configuration)] 領域の [証明書(Certificates)] セクションまでスクロールします。証明書と 802.1x セキュリティの設定の詳細については、「802.1X 認証」を参照してください。

図 2-8 に、ユーザ インターフェイスの [証明書(Certificates)] セクションの例を示します。 表 2-6 に、主な [証明書(Certificates)] のフィールドとボタンを示します。

図 2-8 [設定(Configuration)] > [証明書(Certificates)]


 

 

 

表 2-6 [証明書(Certificates)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

ファイル名(Filename)

IX システムに現在ダウンロードされている証明書ファイルを識別します。

タイプ(Type)

ダウンロードされた証明書ファイルのタイプを識別します。内容:

[CAPF証明書(CAPF Certificate)]:Unified CM 内の CAPF サーバを識別します。

[Call Manager証明書(Call Manager Certificate)]:システムのエンド ポイントに対する Unified CM を識別します。

[その他の証明書(Misc Certificate)]:MIC を使用しない場合は、システムによって作成されたローカルで有効な証明書(LSC)。詳細については、「802.1X 認証」を参照してください。

[MIC証明書(MIC Certificate)]:製造元でインストールされたセキュリティ証明書。

読み取り(Read)

その証明書の詳細を表示できます。

ダウンロード (Download)

ローカル コンピュータのソースから MIC または LSC をダウンロードできます。[ダウンロード(Download)] ボタンが選択不可の場合は、使用できる証明書がないことを示します。

証明書をアップロードするにはここをドラッグまたはクリックします(Drag or Click Here to Upload Certificate)

[アップロードする予定の証明書(Certificates Scheduled For Uploadd)] フィールドから証明書をこのブロックにドラッグするか、またはクリックしてローカル コンピュータから IX システムに証明書をアップロードします。

アップロードする予定の証明書(Certificates Scheduled For Upload)

システムへのアップロードが予定されている証明書を表示します。予定されている証明書がない場合は、「アップロードする予定の証明書はありません(No Certificates Scheduled For Upload)」が表示されます。

リセット (Reset)

[設定(Configuration)] ページのフィールドに対してたった今行った変更をキャンセルするには、[リセット(Reset)] をクリックします。フィールドが変更が行われる前の値にリセットされます。しかし、[適用(Apply)] を選択して変更を受け入れてしまうと、[リセット(Reset)] を使用してその変更をリセットまたはキャンセルすることはできなくなります。

適用(Apply)

証明書フィールドの変更をアクティブにするには、[適用(Apply)] をクリックします。

[初回セットアップ(First Time Setup)] 領域のフィールド

IX システムのセットアップ プロセスを開始するには、[初回セットアップ(First Time Setup)] タブをクリックします。図 2-9 に、管理者インターフェイスの [初回セットアップ(First Time Setup)] 領域を示します。

図 2-9 [初回セットアップ(First Time Setup)] セクション

 

表 2-7 では、管理者ユーザ インターフェイスの [初回セットアップ(First Time Setup)] 領域の主なセットアップ フィールドとテストについて説明します。

この設定手順の詳細については、次の URL の『 IX5000 and IX5200 First-Time Setup 』のマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/telepresence/ix5000/
first_time_setup/ix5000_first_time_setup.html [英語]

 

表 2-7 [初回セットアップ(First Time Setup)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

ディスプレイの接続(Display Connection)

メインおよび補助用(使用可能な場合)ディスプレイのレイアウトと接続を確認します。

カメラの設定(Camera Setup)

システム テーブルでカメラをそのターゲットに合わせて配置します。

ホワイトボードの設定(Whiteboard Setup)

システム ディスプレイのホワイトボードの画像領域を把握します。

スピーカーの設定(Speaker Setup)

システム スピーカーの出力をテストし確認します。

マイクロフォン接続(Microphone Connection)

システムのマイクの配線を確認分析します。

マイクバーの場所(Mic Bar Location)

システムのマイク バーが正しく配線されているか確認検証します。

ノイズレベル(Noise Level)

ビデオ会議室のノイズ レベルを把握およびチェックして、ノイズ レベルの統計情報を分析します。

残響(Reverberation)

ビデオ会議室内の家具および人物両方の物体の表面からの音の反射に関する統計情報を把握および作成します。

[ログ(Logs)] 領域のフィールド

[ログ(Logs)] 領域には、IX5000 システムと Unified CM で設定済みの構成に関する詳細が含まれています。このマニュアルの項では、[ログ(Logs)] 領域の主な 4 つのタブについて説明します。表 2-8 および 2-9 では、これらのタブとそのデータ フィールドおよびアクション ボタンについて説明します。

[ログ(Logs)] ページ内の 4 つのタブは次のとおりです。

システムオペレーションのログ(System Operations Log)

SIP ログ(SIP Log)

レポート(Reports)

キャプチャ(Captures)

3 つのアクション ボタンも、[ログ(Logs)] ページのタブに表示されます。

ログの生成(Generate Logs)

ログのダウンロード(Download Logs)

レポートのダウンロード (Download Reports)

システムオペレーションのログ(System Operations Log)

コール情報、コール統計情報、コール エラーなどの、システム オペレーション(sysop)メッセージの実行中のログを表示するには、[システムオペレーションのログ(System Operations Log)] タブをクリックします。最大 20 個の個別のファイルを IX システムに保存でき、各ファイルには 100,000 文字まで含めることができます。図 2-10 に、[システムオペレーションのログ(System Operations Log)] ウィンドウのサンプルを示します。

各 sysop ログ メッセージの詳細な説明については、『 Cisco TelePresence System Message Guide 』を参照してください。

sysop ログ ファイルを生成するには、ページ右上の [ログの生成(Generate Logs)] ボタンをクリックします。sysop ログ ファイルをダウンロードするには、[ログの生成(Generate Logs)] の下にある [ログのダウンロード(Download Logs)] ボタンをクリックします。その後、IX5000 管理ソフトウェアから次のいずれかを行うよう求められます。

開いて sysop ログ ファイルを表示します:ログの最後の 100,000 バイトが表示されます。Sysop ファイルをダウンロードすると、使用可能なすべての Sysop ファイルがダウンロードされます。

sysop ログ ファイルを保存します。

図 2-10 [ログ(Logs)] > [システムオペレーションのログ(System Operations Log)] セクション

 

表 2-8 [システムオペレーションのログ(System Operations Log)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

ログの生成(Generate Logs)

システム オペレーションのログを生成するには、このボタンをクリックします。

ログのダウンロード(Download Logs)

生成されたシステム オペレーションのログをダウンロードするには、このボタンをクリックします。

SIP ログ(SIP Log)

Session Initiation Protocol(SIP)の要求および応答方法は、ネットワーク内のコンポーネント間の通信を確立し、最終的に 2 つのエンドポイント間のコールまたはセッションを確立するために使用されます。

コールのセットアップおよび終了時の SIP ネゴシエーションに関連するメッセージの実行中のログを表示するには、[SIPログ(SIP Log)] をクリックします。新しい SIP ログを作成するためにパラメータの [方向(Direction)]、[タイプ(Type)]、[コールID(Call ID)]、[送信先(To)] および [送信元(From)] を変更することでログの内容をカスタマイズするには、ログ フィルタを使用します。SIP ログにフィルタを適用する以外に、ログを生成およびダウンロードすることもできます。

図 2-11 [ログ(Logs)] > [SIPログ(SIP Log)] セクション

 

 

 

表 2-9 [SIPログ(SIP Log)] のフィールド

フィールドまたはボタン
設定または説明

[Filter By:(フィルタ条件:)] で以下のいずれかを選択します。

タイプ(Type)

生成されるログの SIP プロトコル タイプを選択します。オプション:[100]、[200]、および[登録(REGISTER)]。

方向(Direction)

生成されるログのメッセージの方向を選択します。オプション:[TX(送信)(TX (transmit))]、[RX(受信)(RX (receive))]、または両方向。

コールID (Call ID)

特定のコールのログを表示します。

目的 (To)

特定のシステム/デバイスへ送信されるコールのみで構成されるログを生成します。

送信元(From)

特定のシステム/デバイスから着信するコールのみで構成されるログを生成します。

IS (次に合致する)

生成中の SIP ログがフィルタとして選択されたフィールド パラメータのみで構成されていることを示します。

次に合致しない(IS NOT)

生成中の SIP ログに指定したフィールド パラメータがないことを示します。

フィルタ適用(Apply Filter)

上記のフィールドで選択または選択解除されたフィルタを適用するには、このボタンをクリックします。

ログの生成(Generate Logs)

指定した SIP ログを生成するには、このボタンをクリックします。(選択した SIP ログをダウンロードするには、このボタンをクリックします。)

ログのダウンロード(Download Logs)

SIP ログをダウンロードするには、このボタンをクリックします。(選択した SIP ログを削除するには、このボタンをクリックします。)

詳細については、 Cisco.com で Session Initiation Protocol(SIP)のホーム ページ を参照してください。

レポート

初回セットアップ時に実行されるノイズ レベルと反響テストに関する生成されたレポートを表示するには、[レポート(Reports)] をクリックします。図 2-12 に、ダウンロードして確認できるレポート ファイルの例を示します。

図 2-12 [ログ(Logs)] > [レポート(Reports)]

 

キャプチャ(Captures)

ハードウェア(トラブルシューティング)の診断中に生成されたログ ファイルを表示するには、[キャプチャ(Captures)] をクリックします。キャプチャされるログには次のものがあります。

エコー キャプチャ

プレゼンテーション オーディオのキャプチャ

Touch 10 の診断

図 2-13 [ログ(Logs)] > [キャプチャ(Captures)] セクション

キャプチャしたログ ファイルをデバイスにコピーするには、[レポートのダウンロード(Download Reports)] をクリックします。

[再起動/リセット(Restart/Reset)] 領域のフィールド

[再起動/リセット(Restart/Reset)] 領域では、IX システムを即座に再起動したり、システムを元の工場出荷時の設定に戻すことができます。

この項には、[再起動/リセット(Restart/Reset)] 領域内の 2 つのオプション、[システム再起動(System Restart)] および [初期設定へのリセット(Factory Reset)] に関する情報が含まれます。

システム再起動

IX システムを即座に再起動するには、[システム再起動(System Restart)] をクリックします。だたし、コール中の場合は、この操作によってそのコールが即座に終了することに注意してください。

工場出荷時の状態へのリセット

IX システムの設定を元の工場出荷時の設定値に戻すには、[初期設定へのリセット(Factory Reset)] をクリックします。この再起動プロセスは完了までに最大 2 時間かかる場合があるので、Touch デバイスの再起動の状態を定期的に確認する必要があります。

初期設定へのリセットが完了した後は、初回セットアップを再実行し、IX システムを Unified CM に再登録する必要があります。


) システムをデバイスとして Unified CM に登録する詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Configuration Guide for the Cisco TelePresence System』の「Configuring a Cisco TelePresence Device」の項を参照してください。


次の作業

IX システムのソフトウェア機能の概要と設定情報については、「IX ソフトウェア機能」に進んでください。