コラボレーション エンドポイント : Cisco Virtualization Experience Client 4000 シリーズ

Cisco VXC 4000 Release 1.0 アドミニストレーション ガイド

Cisco VXC 4000 Release 1.0 アドミニストレーション ガイド
発行日; 2013/01/24 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック

Cisco VXC 4000 Release 1.0 アドミニストレーション ガイド

概要

Cisco VXC 4000 Release 1.0 は、Cisco Virtualization Experience Infrastructure(VXI)の一部であり、仮想デスクトップとリッチ メディア1を一体化することで次世代の仮想ワークスペースを提供する Windows ベースのソフトウェア アプライアンスです。 Cisco VXC 4000 は、仮想環境でのピアツーピア通信を可能にし、データセンターを介したコールのルーティングの効率を改善して、高品質のボイスコールと最適なユーザ エクスペリエンスを実現します。

Cisco VXC 4000 の展開は通常、Windows PC に Citrix Receiver または VMware View Client をインストールし、リモートにあるホストされた仮想デスクトップ(HVD)への接続を有効にして開始します。 Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、HVD 内の Cisco VXC 4000 と対話し、あらゆる場所からのプレゼンス、インスタント メッセージ、ボイスメール、Web 会議の音声通信を向上します。

Cisco VXC 4000 は、再利用される PC や、HVD と接続した専用 PC を使用する遠隔地の職員および請負業者にとって理想的なソリューションです。



1Cisco VXC 4000 Release 1.0 は、音声通信のみをサポートしています。 このリリースではビデオはサポートされていません。

互換性

Cisco VXC 4000 は、Cisco Unified Communications Manager Assistant(旧称 Cisco Unified CallManager Assistant および Cisco IP Manager Assistant(IPMA))ではサポートされません。

Cisco VXC 4000 は、Cisco Web Dialer と相互運用できません。

ネットワーク要件


(注)  


このマニュアルに記載されている要件は Cisco VXC 4000 だけに適用されます。 Cisco VXC 4000 の動作中に別のアプリケーションを実行するには、追加のリソースが必要になる場合があります。


Cisco VXC 4000 がエンド ポイントとして正常に動作するには、ネットワークが次の要件を満たしている必要があります。

  • Cisco ルータおよびゲートウェイの VoIP が設定されている必要があります。
  • Cisco VXC 4000 がファイアウォールの背後にある場合は、ファイアウォールのポートを開く必要があります。 Cisco Unified Communications Manager での TCP および UDP ポートの使用方法の詳細については、次の URL を参照してください。 http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​voicesw/​ps556/​prod_​maintenance_​guides_​list.html
  • Cisco Unified Communications Manager で TFTP サーバを自動検索するには、TFTP サーバのアドレスで設定された Cisco Option 150 によって、IP ネットワークが DHCP をサポートする必要があります。
  • Cisco Emergency Responder と統合するには、シスコ イーサネット スイッチでイーサネット ポートを使用できる必要があります。 詳細については、『Cisco Emergency Responder Administration Guide』を参照してください。

    (注)  


    Cisco VXC 4000 を実行しているコンピュータが Cisco Unified IP Phone の背面の PC ポートに接続されている場合、Emergency Responder ソフトウェアでは Cisco VXC 4000 は検出されません。 この場合は、Cisco Discovery Protocol(CDP)がブロックされるため、CER で検出されません。 この問題を回避するには、Cisco VXC 4000 をスイッチ ポートに直接接続してください。


サーバ要件

Cisco VXC 4000 は、コール処理に Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express が必要です。 ユーザに Cisco VXC 4000 を展開する前に、Cisco VXC 4000 デバイスを管理してコールをルーティングおよび処理するために Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unified Communications Manager Express が正しく設定されていることを確認します。

(注)  


Cisco Unified Communications Manager に正常に登録するために、Cisco VXC 4000 Release 1.0 の Cisco IP Communicator にデバイス タイプを設定する必要があります。


詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』または Cisco Unified Communications Manager Administration の状況依存ヘルプを参照してください。

クライアント PC の要件

Cisco VXC 4000 の最小要件は、ベース オペレーティング システム イメージの一部であるアプリケーションおよびサービスのみが実行されているシステムに基づいています。 管理者は、ワーク ステーション上の他のアプリケーションを考慮してシステム(特に CPU 速度および RAM)を設定し、PC 上で、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性がある他のアプリケーションと同時に、正常に動作するようにする必要があります。

Citrix Receiver または VMware View Clients は個別にインストールされているため、管理者は、これらのアプリケーション用のメモリおよびディスク領域を個別に考慮する必要があります。

ハードウェア要件
  • ディスク領域:アプリケーションを開始する前に 350 MB、実行中に 1 GB の空きディスク容量
  • メモリ:1 GB RAM
ソフトウェア要件
  • Microsoft Windows オペレーティング システム
    • XP Service Pack 3(32 ビット)
    • Vista Service Pack 2 Ultimate、Enterprise、または Business Edition(32 ビットまたは 64 ビット)
    • 7 Pro、Enterprise、または Ultimate Edition(32 ビットまたは 64 ビット)

  • (注)  


    正常に動作させるには Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable Package Version 8.0.5919 が必要です。 これより後のバージョンではインストールが失敗する可能性があります。


  • Cisco Unified Communications Manager 7.1.x、8.0.x、8.5.x、または 8.6.x
  • 次の仮想デスクトップ クライアントのいずれかが必要です。
    • Citrix Receiver for Windows 3.x
    • VMware View Client for Windows 5.x
  • 次のソフトクライアント サポート アプリケーションのいずれか(HVD 内で CTI 制御で動作)が必要です。
  • 標準の Windows 音声デバイス ドライバ、および追加の音声デバイス(USB ヘッドセットなど)に必要なドライバ
  • Cisco AnyConnect を実行する場合は、Version 2.5 以降が必要です。

展開

Cisco VXC 4000 を展開するには、次の作業を実行します。

1

Cisco Unified Communications Manager の設定

  • Cisco IP Communicator の電話機タイプで新しい電話デバイスを追加します。 Cisco Unified Communications Manager Administration で、ディレクトリ番号およびエンド ユーザを新しいデバイスと関連付けます。 デバイスを選択すると、Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、そのユーザの電話機の設定データの転送を開始します。
  • Cisco VXC 4000 は、ユーザが所有する他の電話機(Cisco IP Phone など)と同じ番号を共有するように設定できます。 このシナリオでは、ユーザは Cisco IP Phone の着信コールに応答したり、着信コールを保留してからクライアント アプリケーション(Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync)を使用して Cisco VXC 4000 で応答(またはその逆)したりできます。 ただし、このリリースではマルチライン機能はサポートされていません。明示的にモニタされるボタン上のコール以外は HVD の UC クライアントによって制御できないため、Cisco VXC 4000 を他のユーザと同じ回線を共有するように設定しないでください。また、Cisco IP Communicator に複数のボタンを設定しないでください。 共用回線のサポートは、クライアント アプリケーション(Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync)の機能により制限され、クライアントがテレフォニー機能を提供するクライアント オプション内の 1 つの回線しか選択できません。
2

クライアント PC で次のいずれかの仮想デスクトップ クライアントを設定します。

3

HVD で次のいずれかのクライアントを設定します。

4

ユーザは、デスクフォンを CTI 対応デバイスとだけ見なします。 Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync の CSF デバイスは設定しないでください。

DeskphoneStartupMode のレジストリ設定を「1」に設定し、デスクフォンをデフォルト モードに設定します。 このサブキーは、HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Cisco Systems, Inc.\Client Services Framework\AdminData にあります。

5

必要に応じて、クライアント マシンにデフォルトの Windows 音声ドライバ、および追加の音声デバイス(USB ヘッドセットなど)のドライバをインストールします。

6

インストール アプリケーションをローカルまたはリモートで実行して(下記を参照)、Cisco VXC 4000 ソフトウェア アプライアンスをインストールします。 シスコでは、コマンドラインからのインストールを推奨します。

(注)     

展開方法(ローカルまたはリモート)に関係なく、デバイス名または TFTP アドレスを設定することをお勧めします。 例:

msiexec /i CiscoVXC4000Setup.msi /qb FREEFORMDEVICENAME=devicename
TFTP1=10.10.10.10
または
CiscoVXC4000Setup.exe /v"FREEFORMDEVICENAME=devicename
TFTP1=10.10.10.10"
ここで、デバイス名は、Cisco Unified Communications Manager Administration で設定された Cisco IP Communicator デバイスの名前と同じです。

6(続き)

ローカル インストール



クライアント PC に実行可能ファイルまたは MSI パッケージを直接展開し、インストーラを実行して、インストール ウィザードに従ってインストールすることができます。 必要に応じて、この作業に管理者アカウントを使用します。

MSI パッケージを使用する場合は、クライアント PC のコマンドラインを使用してインストールをカスタマイズすることができます。

6(続き)

リモート インストール

ソフトウェア配布テクノロジーを使用して、企業全体を対象に Cisco VXC 4000 をインストールできます。 この方法では、クライアント PC のユーザの特権が必要に応じてインストールのために一時的に引き上げられます

ソフトウェア展開ツールを使用して、クライアント PC に Cisco VXC 4000 を配布できます。 ユーザがコンピュータに対して管理者権限を持っていない場合(各クライアント PC へのアプリケーションの手動インストールを回避する場合)、この展開方法を使用する必要があります。 ソフトウェア展開ツールには、Active Directory などのグループ ポリシーベースのツールや Systems Management Server(SMS)などのより高度なツールが含まれています。

システムにコマンドラインを渡すことができるソフトウェア展開ツールを使用することにより、Windows インストーラ パッケージを使用でき、展開中にデバイス名や TFTP サーバ アドレスなどの値をカスタマイズできます。 展開中にこれらの値を指定すると、インストール後にユーザがこれらの設定を行う必要がなく、インストール後のプロセスが大幅に簡素化されます。

(注)      Cisco VXC 4000 は、管理者がデスクトップに置いたアイコンをユーザが開いてアプリケーションをインストールする「アドバタイジング」展開または「パブリッシュ」展開はサポートしていません。
7

Cisco Unified Communications Manager にログインし、すべての Cisco VXC 4000 ユーザの CTI 制御を有効にします。 詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』または Cisco Unified Communications Manager Administration の状況依存ヘルプを参照してください。

仮想環境での相違

Cisco VXC 4000 を仮想環境で Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync とともに使用する場合のユーザ エクスペリエンスは、標準のインストールによって提供されるエクスペリエンスに非常によく似ていますが、次のような違いがあります。

  • 仮想マシンのホスト サーバのパフォーマンスが影響を受ける可能性があります。 詳細については、次の URL のマニュアルにある「Application Characterization Results」を参照してください。 http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​solutions/​Enterprise/​Data_Center/​VXI/​CVD/​VXI_​CVD_​Citrix.html
  • 音声の音量をミュート、ミュート解除または調節するには、ユーザが HVD を終了する必要があります。 ヘッドセットでサポートされている音量コントロールおよびミュート機能が動作している可能性があることに注意してください。
  • Visual Voicemail はサポートされていません。
  • 仮想環境では Cisco IP Communicator Administration Tool にアクセスできません。
  • コンタクト センター機能はサポートされていません。
  • 一部のメニューおよびオプションは異なります。 次の Cisco VXC 4000 と対話する各アプリケーションのマニュアルにユーザがアクセスできることを確認してください。

音声デバイス

サポートされている音声フォーマット

Cisco VXC 4000 は次の音声フォーマットをサポートしています。
  • Internet Speech Audio Codec(iSAC)
  • iLBC
  • G.711a
  • G.711u
  • G.722
  • G.729a
  • G.729ab(SCCP のみ)

(注)  


シスコのリニア ワイドバンド音声コーデック(未圧縮のワイドバンド、16 ビット、16 kHz)はサポートされていません。


サポートされている音声デバイス

シスコでは、一部のサードパーティのヘッドセットと受話器について、Cisco VXC 4000 で使用するための基本的なテストは行っています。ただし、最終的にはお客様の責任において、それぞれの機器をお客様の環境でテストし、適切なパフォーマンスを判断してください。

Cisco VXC 4000 で使用できることが確認されているのは、次の音声デバイスです。
  • ClearOne Chat 50 USB
  • Polycom XC 100 Speakerphone USB
  • Jabra GN8110 USB、GN8120 USB、GN2100、GN2000、GN9350、GN5390
  • Plantronics 製デバイス:
    • Blackwire USB 有線ヘッドセット ファミリ
    • Calisto USB ハンドセット/スピーカーフォン ファミリ(Calisto 800 を除く)
    • CS50 および CS60 USB ワイヤレス ヘッドセット システム ファミリ
    • Plantronics H シリーズ ヘッドセット(H トップ ヘッドセット)に使用する DA45 USB アダプタ ファミリ
    • Savi Office ワイヤレス ヘッドセット システム ファミリ、DECT
    • Voyager PRO UC Bluetooth ヘッドセット システム ファミリ

これらのデバイスに対し、シスコからの品質保証およびサポートは受けられません。 サポートの質問についてはすべて、デバイスの製造元にお問い合わせください。


(注)  


Cisco VXC 4000 は、Microsoft 用に特別に設計された Plantronics 製または Jabra 製のヘッドセット(デバイス名に「-M」が含まれる Plantronics 製デバイスなど)はサポートしていません。


音質

Cisco VXC 4000 は、さまざまな条件下で最高品質の音声を提供できるように設計されています。状況によって、音声伝送の中断や音声の一時的な歪み(「アーティファクト」)が発生する場合がありますが、これらはアプリケーションの通常の動作とみなされます。

アーティファクトを最小限に抑えるには、次を使用します。
  • 推奨されている設定要求を満たすワークステーション上の Cisco VXC 4000
  • Cisco Unified Communication Solution Reference Design Document で推奨されている品質基準を満たすネットワーク

シスコでは、音質の干渉を最小限に抑えるように Cisco VXC 4000 がオペレーティング システムおよびアプリケーションと対話する方法を採用しています。 ただし、これらの製品を実行するシステム環境に共通する特性は Cisco IP Phone などの閉鎖された環境と非常に異なるため、同等のパフォーマンスを実現できるという保証はありません。

アーティファクトの原因となりうる条件を次に示します。
  • アプリケーションやシステム プロセスの起動、または、他のアプリケーションの実行中にシステム処理が発生することに起因する PC の CPU 使用率のスパイク(CPU 使用率が 75 ~ 100% に達する場合)。
  • システムで使用できる物理メモリが不足している。
  • 他のアプリケーションがワークステーションとネットワークの間で大量の帯域幅を使用している。
  • 他のネットワーク帯域幅に障害がある。
  • 電源管理ポリシーにより CPU クロック速度が大幅に低減する(バッテリで稼働しているラップトップなど)、または断熱システムにより負荷の非常に高い状況で CPU が実行される。
  • サードパーティ製ソフトウェアからの干渉など、アプリケーションがネットワークや音声システムにタイミングよくアクセスできない原因となるその他の条件。

ユーザへの周知

Cisco VXC 4000 の展開中にユーザ ベースに次の情報が提供されます。

  • USB ハンドセットまたはヘッドセットなどのサポートされる音声デバイスのリスト。
  • インストール時に Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync で設定したコール機能のリスト(該当する場合)。
  • ボイスメールにアクセスするための手順(該当する場合)。
  • ユーザ マニュアル。 緊急コールの発信にコンピュータを電話として使用することに対し、警告を強めてください。
  • 次のリマインダ:
    • ユーザがコンピュータまたはホストされた仮想デスクトップ(HVD)を変更する場合は、Cisco VXC 4000 デバイスを最初にリリースして、新規の場所で使用可能にする必要があります。
    • HVD に音声デバイスをリダイレクトしないでください。 ユーザの音声デバイスは、Cisco VXC 4000 の機能にアクセスするために、HVD 外の Windows で使用可能である必要があります。
  • 問題をレポートする方法の手順:
    • Quality Reporting Tool の使用タイミングと使用方法
    • ロギングを有効にする方法
    • Problem Reporting Tool の使用方法

トラブルシューティング

問題    アプリケーションの登録に時間がかかります。
次のシステム レジストリ設定を「0」に変更し、HTTP ダウンロードを無効にします。
HKEY_LOCAL_MACHINE > Cisco System, Inc .> Communicator > EnableHttpDownload 
問題    アプリケーションが突然リセットされます。
解決法    Cisco VXC 4000 は、Cisco Unified Communications Manager サーバとの接続が失われるとリセットされます。 次の条件は、接続が失われる原因になります。
  • ケーブルの破損、スイッチの停止、スイッチのリブートなどによるネットワークの接続の中断
  • 無線ネットワーク接続の使用時での範囲外のローミング
  • Cisco Unified Communications Manager へのアクセス権を持つ別のシステム管理者がデバイスを意図的にリセットする可能性があります。
問題    アプリケーションが Cisco Unified Communications Manager に正常に登録されません。
解決法    Cisco Unified Communications Manager の設定の Cisco IP Communicator にデバイス タイプが設定されていることを確認します。
問題    アプリケーションのロードに時間がかかります。
解決法    Cisco VXC 4000 がインストールされているデスクトップ システムが Cisco Unified Communications Manager と同じドメイン内にあることを確認します。 Cisco VXC 4000 がインストールされているデスクトップ システムが、完全修飾ドメイン名(FQDN)および名前で Cisco Unified Communications Manager を解決できることも確認できます。 解決法    Cisco VXC 4000 がインストールされているデスクトップが Cisco Unified Communications Manager を名前で解決できない場合は、[Control Panel] > [Network Connections] > [choose your network connection > ][Internet Protocol (TCP/IP)] > [Properties] > [Properties] > [Advanced] > [DNS] > [Append These DNS Suffixes] に移動します。 DNS エントリ内の Cisco Unified Communications Manager に対応するサフィックスを追加します。
問題    アプリケーションで数字が認識されません。
解決法    ユーザ側に DTMF 遅延が発生しています。数字を入力するときの速度を遅くする必要があります。
問題    ユーザがコールを発信したり、受信したりできません。
解決法    CTI 制御がユーザに対して有効になっていることを確認します。 解決法    ユーザが 2 つ以上の場所で Cisco VXC 4000 の使用を試みていないか確認してください。CTI が制御できるのは一度に 1 インスタンスのみです。 ユーザは、新しい HVD または別のコンピュータで Cisco VXC 4000 を発信デバイスとして選択する前に、Cisco Unified Personal Communicator または Cisco UC Integration for Microsoft Lync で Cisco VXC 4000 を選択解除する必要があります。
問題    音声デバイスを使用できません。
解決法    仮想デスクトップ クライアントによって音声デバイスが HVD にリダイレクトされていないか確認してください。 これは、ユーザが Cisco VXC 4000 の機能にアクセスできるように、HVD 外の Windows で使用可能である必要があります。
問題    マルチタスキング時に、アプリケーションのパフォーマンスが低下します。
解決法    Windows のパフォーマンス ツールを使用して、そのような状況での CPU 使用率を確認します。