Cisco Unity Connection パーソナル着信転送ルール Web ツール ユーザ ガイド(リリース 10.x)
パーソナル着信転送ルール Web ツール
パーソナル着信転送ルール Web ツール
発行日;2014/01/22   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

パーソナル着信転送ルール Web ツール

パーソナル着信転送ルール Web ツールについて

Cisco Unity Connection では、パーソナル着信転送ルール Web ツールで設定したルールに従って、着信コールを転送または発信者名確認することができます。

Connection は、パーソナル着信転送ルールを使用して、特定の着信コールを発信者の識別情報、時刻、および会議スケジュールに従って転送したり、着信コールをボイスメールまたは別の電話番号に転送することができます。 着信コールを単一の電話番号、複数の電話番号、または電子メールベースのポケットベル アドレスに転送するルール、または SMS メッセージを SMS デバイスに送信するルールを設定することができます。 さらに、着信の一部または全部の発信者名を確認するルールを設定することもできます。

単一の電話番号からの着信コールをボイスメールに転送するというような、ごく単純なパーソナル着信転送ルールを作成することや、次のコンポーネントを使用してより複雑なルールを作成することができます。

連絡先リスト Connection は、連絡先リストを使用して、着信コールの転送や、ボイス コマンド使用時のコール発信を行います (連絡先リストは Messaging Assistant Web ツールで管理します)。
発信者グループ 発信者をグループにまとめて、1 つのルールを複数の発信者に適用することができます。そのため、ルールを何回も作成し直す必要はありません。 発信者グループには、他の Connection ユーザ、連絡先リストの連絡先、および管理者が定義した連絡先を含めることができます。
個人の通知先 Connection で着信コールを転送できる連絡先電話番号のディレクトリを作成できます (この通知先は通知デバイスに付加されます)。
通知先グループ 個人通知先と通知デバイスをグループにまとめることで、Connection が着信コールを各通知先にリストの順序で転送できます。この動作は、応答があるまで、発信者が電話を切るまで、またはグループの最後の通知先に達するまで続けられます。 グループ内の通知先の順序や、各通知先の応答があるまで Connection が待機する時間を指定できます。

ルールは、作成後に電話またはパーソナル着信転送ルール Web ツールを使用して有効にします。

パーソナル着信転送ルール Web ツールへのアクセス

手順
    ステップ 1   http://<Cisco Unity Connection サーバ名>/ciscopca にある Cisco PCA のサインイン ページに移動します。 URL の大文字小文字は区別されます。

    Cisco PCA の URL をブックマークすると、パーソナル着信転送ルール Web ツールにアクセスするたびに Web アドレスを入力する必要がなくなります。

    ステップ 2   ユーザ名とパスワードを入力します。

    Cisco PCA のパスワードを忘れた場合は、Connection の管理者に問い合わせてください。

    ステップ 3   [サインイン] を選択します。
    ステップ 4   Cisco PCA のホーム ページで、[パーソナル着信転送ルール] リンクを選択します。
    ステップ 5   作業終了後、[パーソナル着信転送ルール] ページの右上隅にある [サインアウト] を選択します。

    パーソナル着信転送ルール Web ツールのヘルプへのアクセス

    手順
      ステップ 1   パーソナル着信転送ルールの任意のページで、[ヘルプ] メニューを選択します。
      ステップ 2   [ヘルプ] メニューから、次の適切なリンクを選択します。
      オプション 説明
      [コンテンツ]

      ヘルプのトピックがリスト表示されます。

      [インデックス]

      ヘルプのインデックスが表示されます。

      [このページ]

      表示するページに対応したヘルプ トピックが表示されます。

      アイコンのヘルプが必要な場合は、カーソルをアイコンの上に置いてツールチップを表示させます。