電子メール アプリケーション内で Cisco Unity Connection ボイス メッセージにアクセスするためのユーザ ガイド リリース 10.x
ViewMail for Outlook について(バージョン 8.0 のみ)
ViewMail for Outlook について(バージョン 8.0 のみ)
発行日;2014/01/21 | 英語版ドキュメント(2013/10/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 852KB) | フィードバック

目次

ViewMail for Outlook について(バージョン 8.0 のみ)

ViewMail for Outlook について(バージョン 8.0 のみ)


) この内容は ViewMail for Outlook バージョン 8.0 にのみ適用されます。ViewMail の新しいバージョンの場合は、『Quick Start Guide for Cisco ViewMail for Microsoft Outlook(リリース 8.5 以降)http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/vmo/quick_start/guide/85xcucqsgvmo.html)を参照してください。


Cisco Unity Connection ViewMail for Microsoft Outlook では、Outlook からボイス メッセージを送信したり、聞いたり、管理したりすることができます。ViewMail for Outlook フォームでは、Media Master のコントロールを使用してボイス メッセージを再生、録音します。

ViewMail for Outlook を使用して、ボイス メッセージを他のユーザ、Connection 以外のユーザ、およびパブリック同報リストに送信できます。

Outlook のプレビュー ペインでは、ViewMail は使用できません。ViewMail for Outlook を使用するにはメッセージを開く必要があります。

ViewMail for Outlook の設定を変更して次の操作を実行できます。

新しいボイス メッセージがあることを通知するサウンドを選択する。

Outlook フォルダに送信されたボイス メッセージを保存するための設定を構成する。

自動再生を設定して、ボイス メッセージを開くとすぐにボイス メッセージの再生が開始されるようにする。

ViewMail for Outlook のヘルプにアクセスするには


ステップ 1 Outlook の [ヘルプ] メニューで、[ViewMail ヘルプ トピック] をクリックします。

ステップ 2 左側のペインに示されたトピック リンクをクリックします。