Cisco Unity Connection でのユーザによる移動、追加、および変更に関するガイド リリース 9.x
Cisco Unity Connection 9.x でのロケーション間のユーザの移動または移行
Cisco Unity Connection 9.x でのロケーション間のユーザの移動または移行
発行日;2013/07/18 | 英語版ドキュメント(2013/07/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Connection 9.x でのロケーション間のユーザの移動または移行

ネットワーク接続された ロケーション間での単一または複数ユーザの移動

ロケーション間のユーザ移行、ネットワークに接続されていない ロケーション間のユーザ移行、または大規模なユーザ グループのロケーション間の移行

COBRAS ブリーフケース モードを使用してユーザを移行するためのタスク リスト

Cisco Unity Connection 9.x でのロケーション間のユーザの移動または移行

まれに、ロード バランシングまたはその他の理由のため、1 台の Connection サーバまたはクラスタから別のサーバまたはクラスタへの、1 つまたは複数のユーザ アカウントの移動が必要になることがあります。あるいは、1 台のサーバまたはクラスタから別のサーバまたはクラスタへの、多数のユーザまたはすべてのユーザの移行が必要になることがあります。この章では、ユーザの移動元となるサーバまたはクラスタをソース ロケーションと呼び、ユーザの移動先となるサーバまたはクラスタをターゲット ロケーションと呼びます。

次の項を参照してください。

「ネットワーク接続された Cisco Unity Connection ロケーション間での単一または複数ユーザの移動」

「Cisco Unity Connection ロケーション間のユーザ移行、ネットワークに接続されていない Connection ロケーション間のユーザ移行、または大規模なユーザ グループのロケーション間の移行」


) この章の情報は、Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE) には適用されません。


ネットワーク接続された Cisco Unity Connection ロケーション間での単一または複数ユーザの移動


) この項の情報は、Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE) には適用されません。


Cisco Unity Connection ロケーション(ここでロケーションはネットワーク上のサーバまたはクラスタを表す)間でボイス メールボックスがあるユーザを移動するには、Cisco Object Backup and Restore Application Suite(COBRAS)ホット モードを使用します。ホット モードでは、ソース ロケーションからターゲット ロケーションにユーザ プロファイル情報およびユーザ メールボックス(新しいボイス メッセージと保存されたボイス メッセージのすべてが含まれますが、削除されたボイス メッセージ、受信者、ファクスや電子メール メッセージは含まれません)を移動します。処理中、移動されるユーザの情報はソース ロケーションとターゲット ロケーションの両方で変更され、複製が完了すると、サイト内または組織内のすべてのロケーションが適切に更新されます。ホット モードを使用するには、ソースおよびターゲットの両方のロケーションで Connection が実行されていて、ロケーションがサイト内またはサイト間ネットワーキングを介してネットワークされている必要があります。

ホット モードは、一度に単一のユーザまたは小規模のユーザ グループに対して使用するよう設計されています。COBRAS ブリーフケース モードと比較すると、ホット モードにはオブジェクト間の関係を維持できるという利点があります(たとえば、移動されるユーザを参照している他のユーザのプライベート同報リストやパーソナル着信転送ルールが、新しいロケーションをポイントするように自動的に更新されます)。ただし、ホット モードでの移動には時間がかかる場合があります。大規模なユーザ グループの移動やサーバの移行の際にこのような関係を維持する必要がない場合は、「Cisco Unity Connection ロケーション間のユーザ移行、ネットワークに接続されていない Connection ロケーション間のユーザ移行、または大規模なユーザ グループのロケーション間の移行」で説明されている COBRAS ブリーフケース モード方法の使用を検討してください。このような関係を維持する必要がある場合は、ホット モードの使用時に大規模なユーザ グループを小集団に分割してください。

ホット モードを使用するには、 http://www.ciscounitytools.com/Applications/General/COBRAS/COBRAS.html から最新バージョンの COBRAS をダウンロードし、トレーニング ビデオとヘルプを参照してください。


注意 ユーザを移動する前に、COBRAS のヘルプ ファイルと『COBRAS Hot Mode for Connection to Connection』ヘルプ ファイルをよくお読みください。

Cisco Unity Connection ロケーション間のユーザ移行、ネットワークに接続されていない Connection ロケーション間のユーザ移行、または大規模なユーザ グループのロケーション間の移行


) この項の情報は、Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE) には適用されません。


ソース サーバまたはターゲット サーバのいずれかで Connection の以前のバージョンを実行している場合、またはロケーションがサイト内またはサイト間ネットワーキングを介してネットワーク接続されていない場合、Cisco Object Backup and Restore Application Suite(COBRAS)ツールのブリーフケース モードを使用して、ボイス メールボックスのあるユーザを移動します。ブリーフケース モードでは、1 つのロケーションから別のロケーションに関連するすべてのオブジェクトを移動し、元のロケーションが自動的にクリーンアップされるわけではありません。そのため、ソース ロケーションから情報をコピーし、オブジェクトを削除し、ターゲット ロケーションで復元する必要があります。

ブリーフケース モードでユーザを移行するときに、ユーザの音声名およびボイス メッセージをコピーするかどうかを選択できます。

COBRAS ブリーフケース モードを使用してユーザを移行するためのタスク リスト

ブリーフケース モードでユーザを移行するには、次の概略的なタスク リストを使用します。

1. http://www.ciscounitytools.com/Applications/General/COBRAS/COBRAS.html から COBRAS の最新バージョンをダウンロードし、トレーニング ビデオとヘルプを参照してください。


注意 ユーザを移行する前に、COBRAS のヘルプ ファイルと『COBRAS Briefcase Mode』ヘルプ ファイルをよくお読みください。

2. ディザスタ リカバリ システムを使用してソース ロケーションとターゲット ロケーションをバックアップします。ソース バックアップはターゲット ロケーションでデータを復元するためには使用されません。必要な場合にロケーションを以前の状態に戻せるように、各ロケーションだけをバックアップすることを推奨します。詳細については、『 Disaster Recovery System Administration Guide for Cisco Unity Connection 』( Release 9.x )を参照してください。このドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/connection/9x/drs_administration/guide/9xcucdrsag.html にあります。

3. COBRAS ブリーフケース モードを使用して、ソース ロケーションから移動するユーザをエクスポートします。手順については、COBRAS ブリーフケース モードのヘルプ ファイルを参照してください。

4. ソース ロケーションおよびターゲット ロケーションが、何らかのタイプのネットワークを通じて接続されている場合は、ソース ロケーションから移動するユーザを削除します。アカウントを一度に 1 つずつ削除するには、html?bid=0900e4b18337ccc9#79043" CLASS="cXRef_Color">を参照してください。一括管理ツールを使用して複数のアカウントを一度に削除する方法については、を参照してください。


) ソースとターゲットが何らかのタイプのネットワークを通じて接続される場合は、ターゲット ロケーションにユーザをインポートする前に、ユーザを削除し、ネットワークに接続されたすべてのロケーションで削除が完了していることを確認することが重要です。


5. COBRAS ブリーフケース モードを使用して、ターゲット ロケーションにユーザをインポートします。手順については、COBRAS ブリーフケース モードのヘルプ ファイルを参照してください。

6. タスク 4. でソース ロケーションから元のユーザ アカウントを削除していない場合は、ここで削除します。アカウントを一度に 1 つずつ削除するには、を参照してください。一括管理ツールを使用して複数のアカウントを一度に削除する方法については、を参照してください。