Cisco Unity Connection Survivable Remote Site Voicemail(SRSV)完全リファレンス ガイド リリース 9.1(1)
Cisco サバイバブル リモート サイト ボイスメール(SRSV)の制限事項と制約事項
Cisco サバイバブル リモート サイト ボイスメール(SRSV)の制限事項と制約事項
発行日;2013/06/14 | 英語版ドキュメント(2013/03/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco サバイバブル リモート サイト ボイスメール(SRSV)の制限事項と制約事項

ボイスメールの制限事項と制約事項

自動アテンダントの制限事項

ネットワーク アドレス変換(NAT)の制限事項

バックアップと復元の制限事項

同報リスト

Cisco サバイバブル リモート サイト ボイスメール(SRSV)の制限事項と制約事項

この章の内容は、次のとおりです。

「ボイスメールの制限事項と制約事項」

「自動アテンダントの制限事項」

「ネットワーク アドレス変換(NAT)の制限事項」

「バックアップと復元の制限事項」

「同報リスト」

ボイスメールの制限事項と制約事項

次の機能は Cisco Unity Connection SRSV ではサポートされていません。

ファクス サポート

連絡先のアドレス指定

ディスパッチ メッセージ

スケジュール ベースのサービス(オプション グリーティングや通知など)

高度なテレフォニー機能(通話の発信者名確認など)

タッチトーン カンバセーション ユーザ機能を使用した音声名、同報リスト、または PIN の更新

タッチトーン カンバセーション ユーザ管理インターフェイス(ブロードキャストやグリーティングの管理など)

プライベート同報リスト

音声合成または音声認識機能

Connection SRSV のタッチトーン カンバセーション ユーザ(TUI)のボイスメール フローのカスタマイズ

VPIM

IMAP

シングル インボックス

Cisco Personal Communication Assistant(CPCA)および Web Inbox

ボイス メッセージの作成、転送、および返信機能は Connection SRSV ではサポートされていません。無応答/話中転送機能のみサポートされています。

ボイスメールの同期は、中央の Connection サーバ経由でのみサポートされています。中央の Connection サーバで受信されたボイス メッセージは、Connection SRSV にレプリケートされません。

Connection SRSV のメッセージ受信インジケータ(MWI)はサポートされていません。

ボイス メッセージのアップロードは、Cisco Unified Communications Manager にリホームされる電話とは同期されません。

中央の Connection サーバのいくつかのサービス クラス(COS)機能(同報リスト アクセスやメッセージの削除動作など)は、すべての Connection SRSV のユーザに対してプロビジョニングされます。

ユーザは、それぞれのボイスメールの設定を中央の Connection サーバで設定するまで、Cisco Unity Connection SRSV の管理にログインできません。

ライブ録音およびライブ応答機能はサポートされていません。

自動アテンダントの制限事項

自動アテンダントの設定は、ブランチ サイトでのみ行われます。中央の Connection サーバから同期を行う必要はありません。

次の自動アテンダント機能がサポートされています。

ローカル ユーザのみの検索

次の自動アテンダント機能に対するサポートはありません。

パーティションまたはサーチ スペース

高度な発信機能(通話の発信者名確認など)

インタビュー ハンドラ

ディスパッチ メッセージ

ネットワーク アドレス変換(NAT)の制限事項

NAT はブランチ ロケーションでのみサポートされていて、中央の Connection サーバではサポートされていません。

各 NAT サイトでは、1 つの Connection SRSV のみプロビジョニングできます。

スタティック NAT およびポート アドレス変換(PAT)のみサポートされています。ダイナミック NAT はサポートされていません。

バックアップと復元の制限事項

重複した電子メール メッセージの作成を防ぐために、Connection SRSV のデータのバックアップの作成はお勧めしません。

同報リスト

サバイバル モードで同報リストに送信されたボイス メッセージは、WAN の復旧後に初めてメンバーに送信されます。

音声名での同報リストのプロビジョニングは行われません。

同報リストの録音名のプロビジョニングは行われません。

パブリック同報リストのみサポートされています。